FC2ブログ
オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
弁天通、ヌーベルシノワ醐杜羽の牡蠣と春菊の四川黒酢辛子炒め
IMG_7987.jpg

ヌーベルシノワの中華料理店、醐杜羽
今の時期なら多分牡蠣料理があるんじゃないか、と取りあえず店頭の看板でメニューを確認。

IMG_7981.jpg

うん、あったあった。
けど数年前に比べると大分料理の傾向は尖ったのから
比較的馴染みやすいのに落ち着いてきたような感があります。

マーケットに合わせたところはあるんでしょうね。
でも良質なのは相変わらずです。

IMG_7982_20181118101529f2d.jpg

珍しく窓側の席に通されました。
窓際に妖精のようなものが…というか
森薫のあとがき漫画に出てくるマメたんにしか見えません。
ただし鼻があるんだね、この子ら。

IMG_7986_201811181015308ea.jpg

とかバカやってるうちに料理が来ました。
副菜やスープは大分シンプルなものになってますが…景気が悪くなって住みにくい世界になってるなぁ(笑)

お茶はなんか一風不思議な香り…ジャスミン茶じゃないんですね。

IMG_7992_201811181015366cb.jpg

炒め煮した春菊のタワーというのもちょっと不思議な感じです。

アミノ酸を含んだ黒酢はまろやなか酸味
そこに唐辛子と花椒の混じった四川らしい麻辣が加わっていい味。

このソースをたっぷり含ませた春菊が実に美味いこと。
春菊はすき焼きやヤギ鍋が至高と思いましたが
四川の味付けもイケますよ!

IMG_7994_20181118101526b01.jpg

衣をまとった牡蠣はきっちり火が通っていて旨味が内部熟成されたよう。
数は少なめなれどやはり美味し。
四川の辛い味付けの中でもその存在感は輝いています。

しかしこの料理の場合は
春菊は鍋の添え物的存在ではなく
牡蠣と春菊のダブルヘッダーだな、と思える内容。

出来ることなら辛酸っぱいソースひたひたの春菊に
大盛ごはんで心ゆくまで味わいたいという気分でした。

公式ページ
参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

中華街、OKINA'S 海南鶏飯のシンガポールカレーライス
IMG_7851.jpg

中華街に来て中華以外を頂く!
ということでシンガポール料理店、OKINA'S 海南鶏飯へ。

カレー好きなワタシが意外にレギュラーメニューにカレーのあるこの店で
まだカレーを食べたことがなかった!

シンガポールでカレーというとフィシュヘッドとかビーフンとかが有名です。

普通にカレーライス的なものの場合は
ココナッツミルク強めなイメージがあります。
というのは主にレトルトカレーでの印象ですけどね。

IMG_7850.jpg

先ずはスープ。
こちらは海南鶏飯がメインのお店なだけに
しっかりとした鶏ダシの出たスープも特徴。

む…今日はちょっとスープが薄い。
それでも凡百のお店に比べてしっかりダシでてはいるんですけどね。

IMG_7852.jpg

鶏スープ炊きしたご飯と一緒にポット入りで来ましたカレー。
どの料理頼んでもついてくるご飯はこの鶏めしなのが嬉しいところ。

そーいえばいつの間にかパクチーサラダバイキングは止めちゃったようで。
スープの件といい、ちと苦戦の片鱗が見え隠れ。

IMG_7855.jpg

初めてこのお店に入った時に頂いた鶏肉のココナッツ煮込みは
鶏肉が少なかったのが残念でしたが
こちらはめちゃめちゃたっぷり肉入ってます!

切り方から察するにチキンライスの鶏と同じところ使ってると思われますが
カレーの中の鶏胸肉は結構美味いです。
カレー味の海南鶏飯食べてるかのような。

IMG_7856.jpg

カレーのお味は…予想外に酸味強し。
多分タマリンドあたりをガッツリ効かせてるのだと思います。

爽やかな酸味の加わったココナッツミルクのコクたっぷりのカレー
めちゃウマ。
クリーミーながらも酸味とのバランス良し。
他所のお店とは違った独特の味加減が素敵です。

そしてタロ芋と鶏肉ゴロゴロ。
ルー自体もたっぷりなので、十二分に味わって
なおご飯のお代わりが楽しめます。

IMG_7857.jpg

もちろんお代わりしましたとも!
だってお椀に入ってる分、皿盛りよりもホカホカ加減が味わえて
お代わりの方が一層美味しいんだもの。

公式ページ
参考ページ

相変わらずまったりした空気の店内。
のんびりご飯食べられるのはありがたいのですが
折角美味しいシンガポール料理が頂けるお店なのに
閑散としているのはどうにも勿体ないと思います。

テーマ:東南アジア料理 - ジャンル:グルメ

日本大通り(南仲通)、横濱KANの牛すじトマトカレー
IMG_7384_20181027203349ad9.jpg

アリゴジップのある建物の1階に出来たシチューとカレーのお店。
日曜は定休なようなので、予定のない土曜に入ってみました。

当初は別のお店に行くつもりでしたが、そちらがお休みだったためこちらに。
しかし開店時間が12時からなので、それまで関内周辺をうろうろ。
はらが…へった…。

IMG_7381.jpg

まあまあ若いにーちゃんお二人で営業してます。
土曜はアラカルトなんで基本ディナーメニューから。

IMG_7378-2.jpg

外にあるランチメニューは平日のものですが
税込が税抜きになるだけで注文は出来るとのこと。

先ほどのアラカルトの牛すじトマトカリーが
ランチのものとどう違うか知りたくて注文してみたのですが。

IMG_7383.jpg

うん、どうやら同じものみたいだわ。
他のお客さんの注文していたまるごとトマトのビーフカリーと同じでした。

アボカドと野菜もそれぞれトッピング違いで基本のカレーは1種みたい。
シチューもベースは同じだと店員さんが言ってました。

IMG_7386_201810272033523de.jpg

まるごと焼いてチーズを乗せたトマトは
水分含有量が多いだけに、食べてみるとアチアチアチ。

トルコ料理のようにガッツリ火が通って水分が飛んでるのわけではないので
口の中に熱湯と化したトマト果汁がっ!

ポテサラはカボチャも入ってます。
オレンジ風味のあるマヨが美味く
これはアラカルトでも割と美味しいのが頂けるのでは、と思いました。

IMG_7387.jpg

牛すじは完全にスジがほどけてほろほろになり
ルーと混然一体と化しています。

居酒屋的な牛すじカレーよりはしっかりした辛さがあるけど
でも基本は変わらない感じ。

ビーフシチューもベースは同じらしいです。
炊きムラのあるご飯もこういうカレーとは相性良いですね。

IMG_7378.jpg

強力な個性を発揮する味ではありませんが
でも基本、ハマではこういうカレーの方が支持集める傾向にありますから
これで正解なのかも?

店名に横濱、とありますし
そういうコンセプトのお店なんだと思います。

公式ページ
参考ページ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

東白楽(西神奈川)、アヌちゃんのネパールエスニックセット
IMG_7430.jpg

東白楽のインド・ネパール系居酒屋、アヌちゃん
店長自ら調理をするようになっていますが
元々飲食店業務歴のわりと長い人なので問題なく営業できています。

しかもフェイスブック見たら、最近ダルバートを始めたようなので
そちら目当てで行ってみました。

レコメンドメニューが特に作られてないようなので聞いてみたら
冷蔵庫の様子を見に行かれました。

いつも必ず用意してあるというわけではないのかな。

IMG_7429.jpg

少々時間頂きます、ということでビール飲みつつ待ち
なかなかいい感じのが出てきましたよ。

IMG_7431.jpg

ダルバート用のご飯って
インド式のプレートに乗ってる小ぶりだけどこんもり、というのと違って
平べったく広がってるタイプですよね。
専用の盛り型とかあるのかな?

パパドはいつもとは違う丸めたタイプ。
ほうれん草はしっかりニンニクが効いてます。

IMG_7434_201811011533387fb.jpg

生野菜と添えられたペーストは
モモ用のゴルベラアチャールとは違う辛味づけ用のアチャール。
ガッツリ辛いやつなので少しずつ使うのが吉。

IMG_7432.jpg

スパイシーなじゃがいも炒めにダルカレー。

こちらのダルは完全に豆が濾されてポタージュ状にっなったもの。
独特の塩気が好きです。
そしてこれもニンニクがガッツリ効いてます。

お店によって結構味が違うもんですね。

IMG_7433_20181101153336ae1.jpg

いつも頂いているのと同じ漬物、アチャールと
チキンはカレーというよりは、オニオンと合わせた炒め煮風。
とろっとろのタマネギがまた好みに合います。

個性の際立つ蒲田、大森のお店のもの
B級定食感の強い横浜ダイエーのプルニマ
それと比べるとこちらのダルバートは
ご家庭の垢ぬけなさがありますが
それもまた良し。

IMG_7436_201811011533295e5.jpg

そしてニンニク多用しているので結構残ります。
翌日まで(笑)

ワンドリンク付きなのでそちらはホットのネパールチャイでニンニクを流す!
取りあえず口の中からはミルク分で洗い流しましたが
胃腸には翌日まで存在感が残りました。

そんなところも良し。

公式ページ
参考ページ

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

末吉町、ペリートのタイ風ハンバーグ
IMG_7144.jpg

黄金町駅から太田橋を渡って一本目の脇道
タイ料理も扱っているダイニングバーのペリート

この界隈、本格的なタイ料理なら裏道にぽつぽつ隠れていますが
男の創作料理的な緩さが逆にいい感じで時々ランチに寄らせてもらってます。

IMG_7143.jpg

基本のランチは洋食、タイ問わず、なスタートでしたが

IMG_7142.jpg

気が付いたらタイ料理のレパートリーが大分席巻してますね。
オムレツと卵焼きはどう違うんだろう?

IMG_7145.jpg

頂いたのは日替わりランチ。
ホントに毎日何が出てくるかわからない
ジャンルも毎回てんでばらばらな日替わりで

今回はタイ風ハンバーグとな。

IMG_7147.jpg

糠漬けとサラダでキュウリが被ってるけど
味の方向性が全然違うので問題なし。

味噌汁は、数年前に比べてずいぶん美味しくなったなぁ、としみじみ。
味もダシもしっかりになってきました。

IMG_7149.jpg

さてハンバーグですが
みっちり手ごねにコーンとシャキリタマネギの入ったタイプ。
ナンコツも入ってるっぽく、ちょいとつくね感あり。

スイートチリソースがタイ分かな、というところ。
酸味辛み甘みは強すぎず、肉汁とタマネギの旨味を寄り添うようにサポートするレベル。

思いっきり家庭料理的な手ごね感と焼け具合がいい作用していて十分に美味し。

IMG_7152.jpg

お値段700円ながらドリンクが付くのも嬉しいところ。
昼めし旅を眺めながら、ゆったりしたランチが楽しめる
いいお昼時の休憩所です。

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR