オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
第5回関内フード&ハイカラフェスタ
01IMG_2263.jpg

前日に会場の通りに貼られたポスターに気が付いて
関内フード&ハイカラフェスタに参加することが出来ました。

一応毎回皆勤で参加させて頂いております弁天通り近辺で行われるイベント。
関内界隈の飲食店の出店が楽しみなんです。

02IMG_2272.jpg

最初は前回このイベントでお店の存在を知って伺ったオステリア・アウストロ
ジビエ料理も扱っているイタリアンのお店です。

03IMG_2273.jpg

スパイシーラムフリット
そらラムと来たら手を出さぬわけにいかぬ。

衣は薄めで素揚げに近い揚げ方。
中東からシルクロードを経由して中国に行きかけてるような
そんな感じのスパイシーさに羊の肉と脂の美味さが相まってサイコーです。

紙コップ入りだから少なめに見えましたが
なかなかどうしてボリュームたっぷり。

04IMG_2281.jpg

店名ヴェールって書いてありましたが、ヴェール・パル・ナオミ・オオガキのことかな。
アルザスと南フランスの料理、というので入ってみたいけど
ランチ営業してないんで、ちょっぴりフトコロに余裕がある時でないと。

05IMG_2283.jpg

だからお祭り出店は歓迎ですよ。

こちらはパテ・アンクルート。
パテをパイ生地で包み込んだ料理。

なんか懐かしい味。
子供の時、外食はほとんどしない家庭でしたが
年に数回家族の誕生日にはいいお店で食事をしたものです。

まだ昭和と呼ばれる時代だった頃に営業していたフランス料理のお店で頂いた
パテ・アンクルートの味を思い出します。
昔ながらのフランスの田舎料理的な味がイイ。

今食べるとアレだ
気持ち渋めの赤ワインで頂くとすごく良さそう。

06IMG_2277.jpg

成城石井プロデュースのル・バーラ・ヴァン・サンカン・ドウ
こちらは毎回ラムチョップとスパークリング一択ですね。

07IMG_2287.jpg

肉は選ばせてくれたので一番デッカイやつを。
いい焼き具合のオージーラムを骨付きで齧り付ける嬉しさよ。
ああ、たまんないなぁ。

08IMG_2289.jpg

肉のたっぷりしたパスタに魅せられたグラスリヴィエール
ああ、平日以外もランチ営業してくれないかなぁ…。

09IMG_2291.jpg

ハンバーガー頂いてみました。
これは合い挽き肉の豚多めですね。
むしろ肉団子的。

ケチャップとソテーしたオニオンたっぷりという
昭和的なヤボッたいハンバーガー。

だけどボリュームあるし、その野暮ったさがまた良し。

10IMG_2292.jpg

相生町のベトナム料理、フォーサイゴンも来てます。
雑居ビルの4階という、お店の存在を気付いてもらい難い立地だから
こういうイベントでお店の存在をアピールするのは良いこと。

あー…バインミー置いてないのか…残念。

11IMG_2293.jpg

ということでベトナム式の焼き鳥。
バーベキューソースかスイートチリソース的なものつけてくれると嬉しかったんですが
まぁなくてもシンプルながら美味い焼き鳥ではございました。

12IMG_2262.jpg

〆にご飯もの…といきたいところでしたが
思ったよりボリュームのあるもの頂いてきたおかげでここで打ち止め。

んではマクガフィンのドリンクメニューに
ドラゴンフルーツリキュールなるものを見つけたので
これを最後に一杯。

13IMG_2298.jpg

要はサボテンの一種だから、酒にするとどんなもんかと思いましたが
赤いリキュールをサイダーで割ったところ

…なんだろ、元々糖度低めのところに味も薄めだし
炭酸の刺激と相まって
メロンの皮に近いところみたいな感じ。

微妙にピリッとくる刺激と薄甘いところがなんか似てて
悪くはないけどビミョーな(笑)

14IMG_2295.jpg

秋の開催に比べると若干おとなしめな印象のイベント
だけど初夏に向かう陽気と共に野外で飲み食い

イイ感じでまったり楽しめました。

関内フード&ハイカラフェスタ公式

しかし関内濃縮158%って数字…どこから出たものやら…あ
開港からの年数分か。

来年は1%追加ってことですね。

15IMG_2302.jpg

帰り際にラーメンの太田屋があった場所に雲吞専門店なんてのが!
賢記…記の字が店名にあるあたりが非常に香港らしい。

気になるのは麺がゴワゴワ麺か否かだ!

見た感じ、中華街の食べ放題店よろしく金メダルシェフの腕組み写真とか
日本のラーメン同様の丼の大きさとか

全然香港じゃない感じがうーん…だけど
取りあえず一度食べてみないことにはなんとも。

賢記 参考ページ

今日は…本格的に香港の麺の量でももう胃に入りません(笑)
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

馬車道(太田町)、パスタ アローラの小柱とヤリイカのアンチョビ風味
IMG_1553.jpg

ノープランで馬車道近辺をフラフラ
なるべくならこのタイミングでしか入れないタイプのお店に入っておきたいな、と
おぼろげに考えて久々に辿り着いたのはアローラ

イタリア食材輸入店の始めたイタリアン。

IMG_1546.jpg

こちらのランチの特色はやはり前菜ビュッフェ。
一品一品の出来が割といいので
メインが来るまでの間の腹ごしらえに最適で
かつ待たなくて済む!

完全なビュッフェよりも前菜くらいに留めておいた方が
つい無茶して食べないで済むというのも有難い(笑)

IMG_1548.jpg

トマトのサラダにキノコのマリネ
春ならではのタケノコ
モルタデッラに

プロシュートの切り落としたっぷりのリゾット
そしてゴーヤ。

生ハム満載の冷製リゾットはつい食べ過ぎたくなります。
したらパスタが入らなくなるので自制しないとだ。

IMG_1552.jpg

パスタはアローラの小柱とヤリイカのアンチョビ風味。
こちらのパスタはわりとあっさり仕上げで
オイリーでもなければアンチョビの風味も薄し。

和パスタ、京風パスタのような健康的なバランスなのが
個人的には残念と言えば残念なんだけど

IMG_1551.jpg

ついツルッと簡単に胃に収まってしまうのが特徴でもあります。

小柱もヤリイカも小ぶりなだけに
量はたっぷりだけどこれもするする胃に入ってしまいます。

まぁ、前菜食べ過ぎがちなのでバランスは取れているといえば取れてるのかも。

IMG_1555.jpg

コーヒーとデザートもついてきます。

ピスタチオのアイスがかなり出来がいいです。

ピスタチオの豆の風味がしっかり出つつも
ナッツ特有の油っけは控えめ。

大抵のお店だと味が濃いと油っこいか
そうでなければ油薄ければ味も薄かったりすることが多かったので

こちらのは非常にバランスよい
いい味だと思います。

公式ページ
参考ページ

関内界隈を歩いていたら、関内フード&ハイカラフェスタの告知ポスターを発見。
あぶないあぶない、翌日になって開催を知って涙した石川町裏フェスの二の舞にならなくて済んだわ。

明日は忘れず出かけようっと。

あと散歩してて気づいたこと数点。

IMG_2252.jpg

火事のあおりを食らってセルテから撤退した三熙
連休明けに太田町にオープンしてたみたいです。
メディアセンターの向かいの通り
オリンピアの並びで、前はモツ鍋のハイカラがあった場所ですね。

麻婆豆腐と餃子推しの様子です。
取りあえずお店再開めでたし。
今度食べに行こう。

IMG_2253.jpg

長者町の鉄板DINERの後にすし元が移転してくるみたいです。

ゆで太郎の2階、といった方が通じやすいかな?
6月上旬の予定だそうで、こちらも思ってたより早く営業再開なって嬉しいです。


テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

曙町、富寅馬の陳麻婆豆腐
IMG_2061.jpg

よそで昼メシ食べた後に華隆餐館の姉妹店である富寅馬の前を通りかかったら
麺類以外に定食類も看板メニューに書かれており
回鍋の字もありました。

肉って書いてないけど、多分ホイコーローだよね?
そっか、華隆にはホイコーローってメニューになかったし
本場四川式のが食べられるかそうか、是非行かねば

IMG_2060.jpg

と思った翌日…うーーん。
本日はナシか…ザンネン。

鶏肉麺も気になるけど
華隆の麻婆美味しいんだよね。

いずれ回鍋肉にあたることもあるだろう
今日は華隆ゆずりの麻婆豆腐がお昼から食べられることを喜ぶとしましょうか。

IMG_2062.jpg

ほらきた、本店の華隆とほぼ同様のルックス。
こりゃぁかなりキそうですよ。

IMG_2063.jpg

何気に華隆系のお店で辛くない中華の溶き卵スープというのも初めて。
杜記のものに近いですが
卵の量多めで味のコクも深め。

漬物は四川の泡菜とは違って辛さ控えめ。
ちょっぴり辛いけど、このレベルなら麻婆の箸休めに使えます。

IMG_2065.jpg

こりゃ辛そうです。
華隆は痺れる辛さの花椒は粉にしてシャリシャリですが
こちらは実のまんま使ってます。

おかげで痺れる味覚は若干抑えめ。
とはいえやっぱり麻で辣でめちゃ辛、めちゃウマ。

IMG_2067.jpg

量も結構多いからだんだん感覚が麻痺してきます。
首筋から汗が、毛穴が開く
鼻の奥に湿り気が
おおぅ。

しかし美味い。
辛みに対してご飯の量が心許なくなってきますが
これでおかわり頼んだらいくらなんでも食べ過ぎ。

そして辣醤と挽肉の脂と共に調理されてしんなりした
ネギがこうも美味いものか。
倍くらい入っててもいいんじゃないかと思います。

IMG_2069.jpg

完食後に杏仁豆腐、と豆腐に豆腐が被るのは四川では当たり前…か?
汁なしタイプだけど味蕾が癒されます。

なんか四川とかタイ料理とかって
食べることで内部から体を鍛えるような感覚があるよなぁ。

IMG_2070.jpg

満腹してハラをさすりながら店を出たら…

ああっ!回鍋肉追加されてるじゃんよ!
魚香レバなんてのも!
つまり魚香肝片のことか。

叉焼ラーメン…はいいや。

なんと、店開けてまだ支度が済む前にお客が入ってきたから
看板書きかけだったわけか。

華隆のシェフ兄の方がペン片手に入ってきて麺食ってると思ったら
そういう…。

参考ページ

ま、いいさね。
楽しみはまだまだ先に伸びただけのことと思えば。
次また食べに来れば良いだけのことですわ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

若葉町、江戸屋大将の特製海鮮丼
IMG_2051.jpg

横浜泥酔moudaさんからコメントでタレコミ頂きました
若葉町に出来た寿司屋…というか魚菜割烹のお店。
ランチ営業もしているというので行ってみました。

イセザキモールからはふく龍の奥、屋たん右衛門の隣り

前は現役アイドルが営むお店、という触れ込みのカフェだったと記憶してます。
建物自体が古いので華やかさに欠けるお店だったと(汗)

IMG_2047.jpg

開店したのは3月らしいのですが
ランチ営業が始まったのは5月からなのかな。

海鮮鉄火ネギトロ三択。
お茶おしぼりはセルフで、と書いてますが
おばさまが丁寧に出してくださいましたよ。

ちなみに店主はわりと恰幅のいいあんちゃんでした。

寿司割烹系のお店には珍しい風体ですが
きっと食いしん坊の気持ちがかわかる人に違いない、とふんだ(笑)

IMG_2050.jpg

寿司一貫のリストの他にはこんなお品書き。
え?マグロぬたの隣りのマグロガレットって何ぞ?

あとデザートがチーズケーキにフレンチトーストにカタラーナに
フォンダンショコラにミルクレープにアイス…って
気合入り過ぎ!

IMG_2049.jpg

本日のお勧めのアヒージョとかカルパッチョとか!
和泉屋どころではない先進万能っぷりですな。

IMG_2052.jpg

お出ましいたしました特製海鮮丼。
しっかりボリュームの盛り沢山が来ましたよ。

実に予感通りです。
小さな器に美しくまとまる様に、というよりは
しっかり食べさせてくれる
海のような懐の広さを見せてくれる盛りがイイ。

IMG_2053.jpg

副菜の青菜タケノコも良し。
あさりの味噌汁は、ダシなのか味噌なのか
ちょっと不思議な濃い味わいがしました。

なんだろ…ニンニクにも似たふくよかさのある味。
正体不明だけど美味しいですわ。

IMG_2056.jpg

玉子焼き、かまぼこに
赤身からトロにかわるグラデーション部分
エビにこはだに

IMG_2057.jpg

イカ、サーモン、ハマチ、とびっこ。

こちらは刺身醤油と生醤油の2種出してくれたので
ちょっぴり甘めな刺身醤油で攻めてみました。

充分な厚みの刺身に濃口甘めの味がまたなんともたまりません。

そしてこちらの丼は酢飯を完全に刻み海苔で覆ってから刺身を乗せたタイプ。
というわけで海苔の旨さも加わっての丼。

格式だ伝統だ言う前に食ってみなよ、満足感は高いですよ、と。

IMG_2046.jpg

気持ちのいい接客に
お客さんを満足させてやろうという気概のあるお店。

参考ページの様子によると夜は寿司と魚介割烹で飲める
普段使いの出来る居酒屋、的な様子らしいです。

ビールはギネスだのヒューガルデンやらもあるってマジか!

公式フェイスブック
参考ページ

バル系のお店で挽き出しの底が知れないお店ってのは
昨今珍しくはないですが
寿司屋系で、というのは面白いなぁ。

一本裏手のちょっと目立たない場所にあるお店ですが
俄然興味出てきましたよ。

テーマ:海鮮丼 - ジャンル:グルメ

黄金町、グライドカフェのハヤシライス
IMG_2029.jpg

相変わらず外看板はマンチーズのまんま
黄金町駅向かいの西海岸風カフェ&グリルのグライドカフェ

桜祭り以降だいぶお店も認知されたようで
自分以外のお客さんを数組見かけることも珍しくなくなりました。

こちらのランチタイムで好きなのは1にBLTドッグ
2にブラジルソーセージ使用のグライドドッグですが

IMG_2024.jpg

ご飯モノ食べたことがまだなかったからハヤシライスを頂こう!

ハヤシってのもお店によってアタリハズレ大きかったりする料理ですが(量的なイミで)
こちらのお店ならではの工夫は…なるほどこんな感じですか。

こちらのお店はリエットの上にピースマーク書いてピースリエットとか呼んでますが
ご飯もピースマーク描いてます。

IMG_2027.jpg

相変わらずのトロピカル仕様で具の種類たくさんのサラダ付
焼きパインにニンジン
リンゴにオレンジ
アーモンドにカシューナッツ
生スライスのカリフラワーなチェダーチーズ
そして厚切り自家製ベーコン。

何でもござれですね。

IMG_2030.jpg

ハヤシはというと、結構しっかり煮つめたデミグラタイプ。
牛とタマネギの旨味しっかりを更に煮て濃縮って感じです。

ルーがやや少なめに感じますが
その分肉が結構ボリュームあります。

大抵のお店だと薄切り牛の切れ端が精々ですが
こちらはそこそこ厚切りのブロックがごろんごろん。

こんな食べ甲斐のある肉肉したハヤシって初めてですよ。
これはこちらのお店ならではのオンリーワンですね。
イケてます。

IMG_2034.jpg

直接日が射さない天気だったので久々の窓際
行き交う人々の上に大きな鮫がぷかぷか泳いでる…みたいな錯覚も楽しいです。

そーいえば桜の咲いてる時に訪れようと思ってたのに
すっかり忘れちゃってたなぁ。

公式ページ
参考ページ

まぁ、まだまだ来年もあるさ。

といううことでそこにあることが嬉しいいいお店です。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR