オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
山下町、デリーダイニングの骨付きマトンビリヤニ
rIMG_8417.jpg

前回団体客のパーティとかち合ったため食べ損ねた羊料理
頂くためにやって来ました中華街入口のインド料理屋デリーダイニング

今回頂こうと目論んでいたのは骨付きマトンビリヤニ。
こちらのお店はランチでもビリヤニを頂くことが出来るのですが

マトンビリヤニと骨付きマトンビリヤニがどの程度違うものなのか
気になっていたものでつい。

IMG_8412.jpg

前回同様マトンスペシャルメニューからセットで注文
ということでランチと同様のサラダにパパド付。

パパドを割ってサラダにかけて頂くのもよし。

IMG_8415.jpg

ビリヤニにつきもののライタ
刻み野菜のヨーグルトサラダ的なものですが
ビリヤニの辛さを緩和しつつ頂くような役割。

でもカレーよろしく全部一気にかけると
ヨーグルトライスになってしまうので
適度にかけて混ぜつつ

余ればそのまま食べればよし。

IMG_8419.jpg

スパイスとカレーグレイビーと炊き込んだバスマティライスの香しいことったら!
もうビリヤニ大好きだから、この香りだけでもたまりません。

概ねの見た目はランチのマトンやチキンと変わりありません。
肉はご飯の中に隠しているという奥ゆかしい?盛り方。

ご飯の中の余熱で肉を蒸らすのに丁度いいってことなんでしょうね。

IMG_8423.jpg

肉の量自体は普通のマトンビリヤニとそう変わらないかな?
骨付ブツ切り肉がゴロゴロ。

骨周りの弾力のある羊肉は
羊肉の数ある部位の中でも特に好きなので
やっぱり美味さ格別。

口の中で骨から肉をこそげるにも限界はあるので
最終的には手掴みの出番となります。

はしたなくはありますが
こういうところが美味いんだからそこは甘んじて楽しむべし。

IMG_8425.jpg

セットのドリンクはホットチャイを
ライスプディングのデザートもつきます。

インド、パキスタン方面の料理がサラダ、ドリンク付きで手軽に楽しめるのが素晴らしい。
インド料理の醍醐味はカレー、ナン、タンドリーチキンのみにあらず。

ちなみにこちら
東京で人気のカーン、ハリマ、サイーファ等のインド料理屋とは兄弟店的な間柄。
店長さんは向こうのフロアスタッフ出身だし、シェフも向こうと行き来してたりするらしいです。

基本的には近いレシピですがこちらの方は辛さは控えめ。
まぁ向こうは「普通」でお願いしてもかなり辛いし
量もとんでもないので
手軽に楽しめるという意味でも非常に有難いお店です。

公式フェイスブック
参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

蒲田、ユルディズのアダナケバブ
IMG_8958.jpg

蒲田まで出る用事があったので昼はディデアンソルマリか…と考えていたら
昨年11月にトルコ料理がオープンしたらしいと知って偵察に。

場所は蒲田駅東口から真っすぐ出たバス通りの2階。
インネパ系のお店が撤退したあとかな?と思ったらそっちのお店も残ってました。

IMG_8942.jpg

2階なんでエレベーター使わずに階段で
料理の写真がワクワクしますね。

IMG_8944.jpg

細長い店内はスッキリしていて
トルコのランプ等で飾られています。

奥の液晶テレビにはトルコの観光地の写真などが映し出されていますが
トプカプ宮殿の全景が舐めるようにカメラ横移動してる様は
どうもスターウォーズのナブー宮殿に見えてしょうがない。

IMG_8947.jpg

ランチはチキンケバブ、日替わり、ピザ、イスケンディルケバブ、アダナケバブの5択。
サラダとスープ付き。
サラダの盛り付けとか結構丁寧な仕事してます。

スープは赤レンズ豆。
程よい辛みと酸味の加わったクリーミーな豆のスープ美味し。

IMG_8953.jpg

トルコの中空パン、エキメッキは結構しっかり焼いたタイプ。
発酵のクセは少なく、万人に美味しく頂けるパンです。

IMG_8957.jpg

こちらのアダナケバブは牛肉。
スパイスを混ぜて焼いた挽肉がみっちり
いい焼き上がりで美味しいですよ。

色の薄いトルコのピラフとかパンで食べるのも良し。

ピーマンは焼き甘めですが
これは生ピーマンとつくねの組み合わせが美味しいのは
日本人でも分かることです。
ほんのりのピーマンの苦みが肉の脂と絡んでたまらんのですよね。

辛いタマネギのペーストも〇

IMG_8962.jpg

トルコ料理の〆と言えばチャイ!
渋みは薄く飲み易し。

そして1杯おかわり無料なのが嬉しい。

IMG_8966.jpg

デザートはカバック・タトゥルス というかぼちゃのデザート。
ココナッツと上白糖を混ぜたペースト的なもの。
丁度いい甘みとニコニコな盛り方がいいですね。

IMG_8941.jpg

調理は白髪頭のシブいトルコ人のお父さんに
トルコの民族衣装を着こんだお母さん。

するとお父さんオーナーで
超丁寧なイケメンなフロア担当が息子さんかな?

参考ページの写真とか見るにどう見ても親子だし。

公式フェイスブック
参考ページ

と、思ったらオーナーは息子さんの方らしいです。

絶対にシェフ歴長いって見た目のお父さんは元トルコ政府の専属シェフ
大地震のあと自分の店も閉めて日本に移ってきたそうで

息子さんにオーナーとしての経験を積ませようっていう親心なんですかね。

そんなわけで料理美味いし
丁寧なイケメンの息子さんの接客も良し、のなかなかいいお店です。

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ

大口通、イグニスの鮮魚のグリエ、ソーズヴァンブラン
r_IMG_8850.jpg

鎌倉から大口に電撃移転?なフレンチのお店イグニス
多分大口界隈では一番垢抜けたお店なこともあって
ランチタイムは結構繁盛しているようです。

この日もお子さん連れの家族数組が来てらっしゃいました。
確かに子連れでは遠出の外食にちょっぴり難があるっていうなら
もってこいのお店ではあるわけですね。

r_IMG_8843.jpg

今回はパスタでなく肉料理か魚料理を、と目論んで来ました。
グラマラスサラダランチって名前になってるのか!

r_IMG_8847.jpg

パスタの普通のサラダと違ってごちそうサラダと名付けられるだけあります。
ハテ・ド・カンパーニュ乗せ。

今回のパテはナッツ控えた分レーズンを入れてます。
ちょいとした甘みが肉に花を添えますね。

実際に花びらも散らしてあるし
カブに黒丸大根も使ってます。

この黒丸大根…フォークが刺さらん!(笑)
シャッキリして美味しいけど。

r_IMG_8852.jpg

アグー豚の赤ワイン煮も美味しそうだったけど
頼んだ魚はメダイのグリル、白ワインソースがけ。

一見ホワイトソースだけどバタークリームのコクと
白ワインの風味とほんのりの酸味がめっさ美味し。

r_IMG_8854.jpg

当然パン頂いて残さず頂く所存。
自家製のパンは大きめ。

しかし…何故か干しエビみたいな風味がする???

そんなん使ってるわけがないんですが
どんな酵母使って発酵させてるんだろう?

ともあれパン単体でも結構おいしいです。

r_IMG_8853.jpg

目鯛はパリッパリな皮が香ばしく
身はむっちりでソースの味と絡めて頂くと素晴らしいです。
ワインも頂きたいところ。

まぁ、ちょっぴりボリューム足りないけどね。

金剛行ってガツッと鯛のグリル頂きたくなっちゃうな。

r_IMG_8857.jpg

食後はコーヒーに
ベリー各種乗せのとぅるんとぅるんなブラマンジェ。

こんな楽しみは大口とは最も縁遠いシチュだったわけですが

この場所を選んで店を移してくれたオーナーに感謝ですな。

参考ページ

それはそれとして検索するとウチが一番上に来ちゃう状態は早いトコ改善されないもんかしら。
レティ、イェルプ、食べログ、もーちょいきばっとくれ!

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地のもち豚塩パイ包み
IMG_8934.jpg

先週、週の仕事をすべて終えた夜
さーて飲みに行こうかと思ったら吹雪いてやんの。
寒すぎるしこのまま雪が酷くなったら面倒だな、と地元まで真っすぐ。

最近いつも混んでる金剛商店は…さすがに無理かなと思いつつ覗いたら
1時間半程度なら滑り込める様子。

IMG_8928.jpg

ラッキー、と入店。
さて金目鯛にするかラムにするか、と思ったら
もち豚塩パイ包みをお勧めされたので乗ってみました。

IMG_8923.jpg

メインが肉なので前菜は魚
ということでマグロの生ハムとタコのジェノベーゼ。

食用花とアスパラ菜の使い方にイグニスの影響を感じる(笑)
グンちゃんも行ってきたそうですし。

マグロはハモンセラーノの切り落としと魚の燻製の中間のような
ちょっと不思議な味わい。
そのまま前菜の調味料にもなるところが面白い。

タコのジェノベーゼはお得意の料理の一つ
相変わらず美味しいですね。

IMG_8931.jpg

ハンバーガーのような見た目で出てきたもち豚の塩パイ包み。
あえて硬めの調理、しっかり噛みしめるタイプの豚肉です。

IMG_8933.jpg

別皿にソースも別にしたグリル野菜。
いつもと違って姿がはっきり見えるタイプなのもまたよし。

IMG_8935.jpg

しかしパイはガチガチでえらく塩がキッッッツい…
軽めのスペインの赤ワインでやっつけたら
「食べちゃったんですか!?」と。

え?
これ食べるモノじゃなかったの?
岩塩を擦り込んで包み焼きにするためのモノなんだって。

うーん。
食べ物は残さず食べるように教育されてたもんで
食べないという選択肢なかったんですよ。

お母さん、あなたの息子はこんないやしいオトナに育ってしまいました。
ベッコフの蓋止めのパンだって食べちゃうくらいなのだぜ。

IMG_8938.jpg

口直しにパスタお願いしちゃいました。
牛の煮込みはかつおぶし風味。

これはピメント…ではなく、鰹粉を使ったそうでして
ちょっと和風なトマト煮込みが面白い味です。

参考ページ

うーん、口の中がまだしょっぱい。
これはあれだ、流行りの塩水洗浄ダイエットだと思えば…
いやいやいや、アレ嘘ニュースだから!
健康に悪影響あるからイカンですよ!

そんなわけで寝るまで口の中から塩味が消えなくて
水ガブ飲みすることになりました。

と、無知を曝しましたが、みなさんは同じ轍を踏みませんよう。
…いないよね、こんな馬鹿たれは他には(笑)

さて健康被害のほどは…
幸いにして胃腸は丈夫なので特には…
ああ、鼻の下に一つだけ吹き出物が出来ました。

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ばんぶーの煮込みハンハーグ定食
IMG_9072.jpg

イセザキモールのへび屋とNOB美容室の間に
ばんぶーという居酒屋が年末オープンしていました。
鶏と肴とカップ酒、という内容。

昼から通し営業のようですが
昼飲みシュミはさしてないのであんまし用ないかなぁ、と思ってたら
ランチを始められたようでしたので伺ってみることにしました。

IMG_9071.jpg

元々吉田町で営業されていたらしく
おかみさんと娘さんらしい営業はなかなか板についています。

カップ酒のお店なだけにカウンターにいろいろ取り揃えてあります。
まぁ私はこの手のはほぼ飲むことないんですけどね。

IMG_9074.jpg

予想外にご立派なハンバーグが来ました。
単体でシチューになりそうなたっぷりのデミグラに浸かったハンバーグ。
今にもとろけだしそうな目玉焼きも!

IMG_9075.jpg

汁枠が味噌汁でも中華スープでもなく
コーンポタージュだというのがなかなか面白い。
しっかりコクあってコーンもゴロゴロ。

揚げ物もお得意のお店とあってコロッケ…ではない
やや、これボロニアソーセージのハムカツだ。
しっかりの厚切りで、これもオマケにしてはデラックス。

IMG_9076.jpg

レタスには一応ドレッシングはかかっていますが
マヨもたっぷり。

これは生クリームよろしくデミグラに混ぜるって手もあるわけですな。

日本人にもお馴染みデミグラソースがけハンバークの味
たまねぎもたっぷりにコク深いどろっとしたデミグラがたっぷりたっぷり。

IMG_9079.jpg

ハンバーグは合挽きだけど
合挽きだからこその肉たっぷり肉汁たっぷり
子供の頃から大好きな噛み応え。
そしてサイズも結構デカくて満足のいく食べ応え。

これ洋食屋だとここからハムカツ抜いて1200円とかになりそうなボリューム
それが750円…破格だ。

お店を信じて再訪して良かった。
え?そうそう、実は2度目なんです、ここ来たの。

r_IMG_8825.jpg

豚肉のぷるぷる焼きという正体不明な料理に釣られて
一度入ったんですが

牛丼屋の豚汁に入ってるクズのような豚が
蒸し鶏よろしく胡麻とネギとキャベツに併せて
醤油ダレに浸かった一品。

天カスのカスに等しい豚カスというか

……なんだろな、肉料理だって気がぜんぜんしない。
食感がぷるぷるしているわけでもないので
何故ぷるぷるなんだろうか、という疑問が消えないままにランチ完食。

IMG_9063.jpg

おかみさんの話によるとから揚げ定食が固定で
もう一つは日替わりだとのこと。

副菜類もから揚げも結構美味しかったんで
これはきっと選択がハズレだったんだろうな、と考えて

んで再訪したんですが
今回は大当たりでした。

参考ページ

いやー、ホントに満足。
胃も心も満ち足りて多幸感に包まれつつ仕事に戻りました。

杜記のランチが100円値上がりしちゃった分
こっちにシフトする率高くなりそうな。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR