オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木町、ばんぶーのカツ丼プレート
IMG_3636.jpg

居酒屋ならではのサービス感がかなりいい方向に機能した
お昼の定食が魅力的なばんぶー

定番のからあげ定食と
本日の日替わりは…カツ丼プレート
カツ丼は丼物のハズなんだけどプレートという表現は何なんだろう?

IMG_3637.jpg

……なんかめちゃ豪快なシロモノが来ちゃったぞ。
丼に乗りきらないサイズのカツ卵とじが
カツカレーのカツよろしくどっかんと乗ってる一品。

IMG_3638.jpg

カツ丼には一定数、更に生卵の追いがけ、というのもありまして
結果的にこのカツ丼、卵いくつ使ってるんでしょうか?

豚ロースの厚さに負けないくらいボリュームの卵です。
卵とじというよりオムレツにカツ放り込んだような。

相変わらず豪快な定食ですっかりおなかいっぱいですよ。

IMG_3642.jpg

カウンターに置いてあって気になった銘柄の酒。

栃木の酒造の純米酒ならしいですが
このフレーズ、どう考えても80年代のイギリスのエレポップユニット
ソフトセルのファーストアルバム以外に元ネタがあるはずないよなぁ。

ガキの時分に小遣いはたいて買ったアルバムのうちの1枚でしたが
純な子供だった自分は親がいる場所ではジャケットを隠さねばならなかったし(特にジャケ裏)

そして5曲目はヘッドホンして聴かなければいけなかったり、と(笑)
難儀なアルバムでございましたよ。

参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:カツ丼 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、フォーエバーのブンチャーハノイ
IMG_3911.jpg

イセザキモールのピアゴの向かい辺りに突如出来たベトナム料理屋フォーエバー
店名が示す通りにベトナムの麺料理フォーがメインのお店であります。

ちょっぴり違ったものが食べたいなと思ったので
今回食べてみたのはブンチャーハノイ
ベトナムの首都ハノイ名物のつけ麺的な料理です。

IMG_3907.jpg

フォーよりちょっぴり出来上がりに時間がかかります。
お店の奥ではベトナム人の奥様方3人ほどで調理をしてらっしゃっいます。

ほぼ満席の中、お客さんも女性率高し。
ヘルシーっぽい見た目から女性受け良さそうだなと思ってましたが
ホントに予想通りの展開です。

しかし出て来た料理
フォー以上に女性受けする要素の詰まった見た目ですね。

IMG_3908.jpg

フォーに比べると麺やや少なめ。
ヤロウにはちょい物足りなさげに見えますが
炭水化物少なめが昨今の女性ニーズにはあってますね。

IMG_3910.jpg

いちょう切りのダイコンにギザギサの飾り切りのニンジン
そして肉団子に黄金色のスープ。

この皿だけ見たらどう見ても日本の料理だよなぁ。

実際味の方も
ニョクマムベースだけど
日本の肉じゃがとか牛スジ煮込みとか

あの辺に通じる肉の脂と甘い醤油の混じった
日本人ならみんな大好きな味。

IMG_3913.jpg

肉団子の下にはスジ煮込みのようなトロトロ煮込みの脂混じりの豚バラ。
これが味のもう一つのベースなんですね。

そこに中太の米麺生野菜を浸して食べるという

日本人に馴染みがある様でない
だけどこの美味しさは共通、という料理です。

美味しかったけど
それだけにこれ大盛りで頼みたいところだなぁ。

満足感高い料理でありながら
微妙に物足りなさを感じるという。
そこだけがちょい惜しい。

参考ページ

参考ページによると
最初の頃安かったのはランチ値段なのではなく
開店セール中だったらしいのとこと。

ビールもグラスが小さかったらしいですし
333とか置いてない辺りからすると
飲みに適したお店ではないってことなんでしょうね。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

扇町、鼎食軒のコーローハンと大桟橋、T'sキューバサンドのモヒート
IMG_3975.jpg

寿町近辺に出来た台湾式軽食カフェ鼎食軒
仕事帰りに軽く食べてから花火でも見て
その後モヒートでも、という目論見で生温い夕暮れのヨコハマをてくてく

わりとまったりしたムードのお店に到着。

IMG_3972.jpg

メニュー見てみると塩漬け豚なんてものも

IMG_3973.jpg

そしてサンペイチーも写真入りで。
そろそろ本格的にメニューが揃いつつあるのかな。

IMG_3974.jpg

そしてパイコーハンとチンジャオロースーハンも新メニューにという話で
カウンター奥の棚に乗っているパイコーがめちゃ美味しそうです。

IMG_3976.jpg

んが今回は軽くしてハシゴ前提なんでコーローハンに

台湾語だと扣肉飯
豚角煮丼、という感じの台湾のどんぶり飯です。

IMG_3977.jpg

副菜にセロリときくらげの和え物

パクチーも乗っていて
台湾ならではの独特の発酵味で美味し。

これ酒のアテに丁度よさそう。

IMG_3980.jpg

トロトロ柔らかで味もキッチリ染みてる豚バラももちろんいいお味。
ご飯との相性も抜群です。

これは日本人にも通じる
民族的に馴染むタイプの美味さです。

IMG_3981.jpg

そして何気にメンマがまた美味しいんですよ。
台湾のは日本人の知るラーメンの添え物のメンマとは全然違って
発酵味、酸味が強めで

これも単品で酒のアテに丁度いい味わい。
肉とご飯の関係に新たなアクセントを齎してくれるのがまたいい。

IMG_3982.jpg

そして気になっていたヤクルト緑茶も頂いてみました。
カウンターの様子が見えるのですが
まさに我々の知るヤクルトのプラ瓶を開けて使ってましたよ。

味は…ほのかにヤクルトの酸味と甘み
緑茶はペットボトルのお茶以上にクセのない感じ。

ミルクティのミルクがヤクルトになっているような
でもかなり薄まった味で………

微妙(笑)

これ台湾では定番の飲み方らしいんですが…うーん。

台湾は日本よりヤクルトの瓶が大きいらしいので
その辺の違いなのかな?

公式フェイスブック
参考ページ

ちなみにマンゴーかき氷も始めた模様。
調理の様子見てたらちゃんと台湾産らしいむき身のでっかいマンゴーを切ってらっしゃいました。
次はアレを狙おう。

IMG_4025.jpg

そろそろ時間なので山下公園へ。

昨年を最後に神奈川新聞主催の花火大会は行われないことになったので
開港祭とスパークリングトワイライトが残った大会になるのかな。

30分と短かったですが、山下公園の端っこで楽しませていただきました。

IMG_4028.jpg

そして即大桟橋たもとのT'sキューバサンドへ。
お、ラッキー、席空いてる、と思ったんですが

どうやら予約客待ち状態らしく
入り口の折り畳みカウンターでモヒートを頂きました。

いその爺さま、ヌシさま情報によると
こちらのモヒートはキューバ本国同様のイエルバブエナの葉を使ったモヒートだとのことで
是非頂いてみたかったんです。

実のところ本場で飲んだ経験はなく
よそのイベントで飲んだモヒートはミントに全然香りがなくてこんなもんか、だったんですが

こちらは鉢植えから採ったイエルバブエナをごりごりとすりこぎで擂って
ハバナクラブにトニックウォーター、ライムを入れたちゃんとした作りのモヒート。

おおお、概ねミントなんですが
しかし香りが強いというかかなりワイルドな風味で美味いよ!!

氷たっぷりでも薄まった印象はなくて
しっかり最後まで味わえました。

公式フェイスブック
参考ページ

一応これでハシゴは果たしてる…かな。

つまみもなしに一杯だけでしたが
程よく気持ちよい酔い加減で帰途に。

IMG_4033.jpg

ハマスタでもばばばばばばばっ、と大量に花火が上がってました。
横浜公園の木に遮られて写真撮る前に終了しちゃいましたが
煙はまだ残ってます。

うおっ、硫黄くさっ!!

後で調べたらKinki Kidsのイベントだったらしいですね。
そうかキンキももう20周年か…時の流れが経つのは早いなぁ。

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

蒲田、ディデアンのランチブッフェ(今月いっぱいで終了)
IMG_4057.jpg

昨日は仲間内で蒲田で美味いもん食ってたらしい
むむむむ、うらやますぃ。

そーいえば蒲田はご無沙汰してるなぁ、と
お店をいろいろ調べてたら

ホテルのダイニングになっているスリランカ料理のディデアンの
ランチブッフェが今月いっぱいで終了になるらしい。

えーーー!!!
月イチのディナーブッフェも一度行こう行こうと思いつつ
果たせてなかったというのに…

取りあえず昼食うか!と突発的に蒲田へ。

IMG_4065.jpg

ココナッツ振りかけのサンボルをベースとした野菜の和え物中心で
カレー自体の品数は少ないので
基本的には軽くなります。

IMG_4058.jpg

スリランカのご飯といえば
真ん中にライスを配して、おかずをまわりに少しずつよそっていくのがスタンダード

混ぜて食べると美味しいというのがスリランカのスタンダードみたいです。
豆カレーはほぼ辛さないので
ライムのピックル混ぜて辛味酸味足すと一層美味しい。

唯一の肉っけのチキンカレーに
茄子の煮込みが結構美味しいです。

IMG_4060.jpg

そして以外に美味しいのがジャックフルーツのカレー。

他のお店で食べると大抵めちゃ酸っぱいのですが
こちらは酸味控えめで
じゃがいものような、里芋のような
不思議な食感。

IMG_4062.jpg

こちらはオマケの魚カレー。
これも辛さはほとんどなくて
ココナッツ煮込み、的な料理です。

IMG_4063.jpg

皿に乗り切らなかった分を2周目に

ツナのコロッケはさっきは品切れだったし
初めてこちらに来た日は無いうえに追加されなかったから
その分も仇を討っておこう。

サラダのドレッシングが不思議な味。
甘くて酸味のあるクリーミーな

少なくともサラダの味付けてとして頂いた経験のない味でした。

IMG_4067.jpg

スープは酸味強めのトマト味
カボチャやナスがクタクタに煮込まれてますが
その他になんかカスのようなものが
…おからを粥の代わりに入れた様な……なんだろう。

IMG_4066.jpg

デザートにバナナケーキやマンゴープリン。
丁度いい甘み酸味に乳脂分。

十二分に堪能しました。

IMG_4071.jpg

最後にスリランカのお茶を頂いてのんびり。

しかしこれが頂けるのも今月いっぱいかぁ。
その後はなんかスリランカのお粥とアフターヌーンティのお店になるらしいです。

公式フェイスブック
参考ページ

来週は出かける時間取れなさそうだし
これが食べ収めかなぁ。

IMG_4073.jpg

腹ごなしに辺りをぶらぶら。
蒲田駅西口の路地
ネパール料理屋のロイラ
サラ・個室ダイニングになり
その後またロイラに戻ったらしかったのですが

ナングロ
ナングロ・ガルとも書いてあるけど
ひょっとして大久保の純ネパールのお店の支店??

草を編んだ器が同じっぽいし
これはソルマリ同様に蒲田ネパール化の流れなのか!

今日は無理だけど
次は絶対食べに行こう!!

IMG_4075.jpg

そして同じビルの1階上にまたネパール系のお店が!
チョウタリという店名は二子新地葛西に見かけますが関係は不明。

ネパール語で休憩所を意味するので有りがちな名前なんでしょうけど。

ちなみに昼行った人の書いた情報見ると
結構怪しげなお店っぽい?
夜行った人の話だと更に異文化感満載らしいですよ。


……あ、あと怪しげなベトナム料理屋の場所確認しておくの忘れた。

テーマ:スリランカ料理 - ジャンル:グルメ

弁天通、ヌーベルシノワ醐杜羽の牛スジ肉の唐辛子煮込み
IMG_2468.jpg

モダンな中華料理の頂ける関内の醐杜羽
当初別のお店行くつもりだったのですが
建物の配管修理だかなんかでビルごとお休み。

ということで流れてはきたものの

IMG_2466.jpg

ああ悩ましい。
イカセロリと麻婆豆腐は今日でなくてもいいや、と除外したものの
スペアリブとインゲン豆の豆鼓炒め
マグロホホ肉とアスパラのXO醤炒め
牛スジ肉の唐辛子煮込み

どれを選ぶ?
どれが正解だ?

いや正解なんてないんですが
それでも選べるのは一つだけ
ああ悩ましい。

IMG_2469.jpg

散々悩んだ挙句牛スジを選択。
これは予想外のボリュームできましたね。

スープは三ツ葉っぽく乗せられたクレソンが活きる優しい醤油味。
小鉢は酢の効いた四川風のナスの和え物。
酢で引き締まった味がいい。

IMG_2471.jpg

唐辛子煮込みとは言うものの
四川のようなガツッと辛いタイプの煮込みではなく

酸味のある発酵調味料でまとまった酸っぱ、ちょい辛な味。
クセのある匂いがまたたまりません。

ダメな人はまったくダメなんでしょうが
こういう発酵臭は大好きです。

IMG_2475.jpg

タケノコのような板状に刻んでるのは煮込み浅めなダイコン。

牛スジにダイコン、とろみ醤油ベース、あれば
日本の牛スジ煮込みに近いタイプではあるのですが
酸味のおかげでまったく別物の味になるのが面白いです。

そして牛スジ自体の量がこれかなり多め。

1頭分のアキレス腱入ってる?くらいに思えるボリュームで
十二分に味わい尽くせるので

中華街のランチと比べて高めと思うかもしれませんが
実はかなりお値打ちです。

公式ページ
参考ページ

隣りのお客さんが頼んでたスペアリブも結構なボリュームで
めちゃめちゃ美味しそうだったけどね。

平行世界の何処かには
ここでスペアリブを選んだ自分もいるはず

カドがサンサをもたらしてくれれば
平行世界で違う料理を選んだ自分と味覚を分け合うことが出来るんだろうか?

そんなことは出来ない現実世界では
悩みも悔やみも
楽しみの一つと認識するのが精神衛生上良い…かな。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR