オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
2017 大鷺神社酉の市 三の酉
01IMG_8319.jpg

今年は三回の酉の市もとうとう最終日
三の酉が終わったら本格的に冬……って、寒っっっ!!

朝はそう寒くなかったのに昼は風吹いてめっちゃ寒いです。
もう冬じゃん!

ちなみに昼より雨の降り出した夜の方が若干温かっかたりしましたけどね。

そして最後だけあって昼から横浜橋商店街は激混み!
高齢者の多い南区ナメてました。

この日に限ってはむしろ夜より夜の方が福美の行列が長かったりしました。

02IMG_8321.jpg

まず正直屋を覗いてみたら、丁度揚げ立てが出てきた様子。

03IMG_8322.jpg

運が良ければ出会えるフグの唐揚げ。
残念ながらタイミング悪くて骨付きですが
まぁ、もはや自分にとっては縁起モノのレベル。

骨周りのむちむちの身を楽しむのもオツです。

04IMG_8325.jpg

中華料理と弁当の和記食坊
3回通してほぼ同じラインナップですが

05IMG_8324.jpg

食べ損ねていた海鮮かた焼きそばを。

麺は普通のラーメンの麺を揚げてるのでバリボリ食感が面白い。
中華ならではの醤油系とろみ餡が栃木屋とはまた違った味わい。

06IMG_8326.jpg

魚範の生牡蠣の行列はまだ出来てないようなので
串に刺した燻製の方を

しかし魚屋さんがインスタ始めましたって…。

07IMG_8327.jpg

牡蠣は生より火を通した方が好き。
噛んだ時の味の凝縮感がもう幸せで。

08IMG_8328.jpg

福蔵寿司が久々にまぐろ漬巻やってます。
注文受けてから目の前で巻いてくれるのがいいですね。

09IMG_8329.jpg

漬けのタレをたっぷり吸った酢飯とマグロの赤身とトロひっかきのバランスもナイス。

但し福蔵、夜は閉めちゃってました

10IMG_8332.jpg

また銭爺で総菜パックを物色しに来ました。
毎度毎度何頼むかひじょーに悩ましい。

11IMG_8335.jpg

買い求めたのはイカの姿焼きと老酒の蒸し鶏

イカは硬すぎず柔らかすぎずの焼き加減に
乗せた生姜とネギの組み合わせが絶妙。

そして蒸し鶏、珍しくとろみのついたネギダレの載った蒸し鶏ですが
こっっっれがめちゃめちゃウマ!!!

結構しっかり老酒の効いたタレと鶏で
これ目当てに夜飲みに行きたい!と思うくらい。

残った汁を飲むと明らかに酒の味。

うおー、午後も仕事あるのにしっかりアルコール頂いちゃって
大丈夫かオレ?

12IMG_8334.jpg

前回頂き損ねたソムタムのセンマイのサラダ
コリコリの湯引きセンマイに酸っぱ辛い生野菜は美味い…

と思ってたら、めちゃ辛っっっっ!
マジで辛い。

ジュースが欲しい。
唇がヒリヒリに…。

という感じで休憩時間終了。

13IMG_8337.jpg

30日になってようやくお店が開いているのを確認、梅月。
外では玉コンニャクともつ煮込みを売ってて
店内は普通に営業されてましたが満席。

つーてもこのハラ具合で揚げ物食べるのは無理そうなんで
長い間ご苦労様でした、と陰ながらにお辞儀をして去りました。

14IMG_8351.jpg

夜もやっぱり混雑してる商店街。
でも福美の行列は数人程度でした。
昼の方が多かったかな。

買い物客も多い昼に比べて
夜は酉の市目当ての人が多いので
その分人の流れは掴みやすいのが安心、というか。

15IMG_8344.jpg

華騰では台湾の豆花なんて売ってますよ。
早々にデザートというのもなんですが
折角のチャンスなので頂きました。

16IMG_8343.jpg

5種の具から3つを選択するタイプ。
何が何だかわからなかったけど
全部タピオカ系のくにくにしたものを選んでしまったのが失敗。

でも素朴な薄甘い豆腐のデザートはなかなかオツでした。

17IMG_8341.jpg

イタリア料理のアバンティも、酉の市限定のメニューを
一、二、と食べ逃していたので、ようやくのタイミングで頂きました。

18IMG_8346.jpg

ワタリガニのトマトスパゲッティ。
やや水っぽいですが、思った以上にソースにカニの味がしっかり出ていてなかなかいい味。
出来立てだともっと美味しいんだろうけど、その辺はしょーがない。

19IMG_8349.jpg

つけもの屋の灘屋もここ数年ご無沙汰してたので

20IMG_8348.jpg

豚ナンコツの煮込みを頂きました。
骨まわりの柔らか肉とつるつるコラーゲンに
ニンジンとインゲンのほかほかスープを合わせて暖まる一品。

お好みで乗せる大根おろしとネギと酢醤油がまたよく合うこと。

21IMG_8352.jpg

パチンコ屋の前に韓国料理の出店がありました。
お店の従業員なのかはたまた間借りしているのかわかりませんが

22IMG_8350.jpg

カレートッポギなんてのが出ていたので頂いてみました。
昔懐かしの学食風カレー。
とろみ強く、具は魚のすり身っぽい。
その辺が韓国式なのかしら?

懐かしくもジャンクなおやつ感のあるカレーと餅…
なかなかオツです。

23IMG_8354.jpg

そろそろ胃に積載過多の警告が…
本年も十二分に楽しませていただきました。

ありがとうお酉さま。

ということで霜月最後の夜は暮れていきました。

明日から師走…また慌ただしい年末の始まりです。
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

2017 大鷺神社酉の市 二の酉
IMG_8041.jpg

今年の二の酉は土曜開催なので前回より人出多め。

ちょいと夕方早めに出ようかと思ったのですが
なんか夕方無性に眠くなって寝てしまい、結局到着は7時前後でした。

相変わらず福美の前は人多いですね。

そーいや梅月は今月末閉店と新たに貼り紙されたのですが
その後開いているのを見たことがありません。

酉の市のみ開けるのかなと思ったけど今日も閉まったまま。
一の酉の営業が最後だったのかなぁ。

IMG_8042.jpg

アバンティはまだワタリガニのスパとパニーニをまだ頂いてない…
けど混んでる中の食べ歩きでカニのカラが面倒かな、と思い

IMG_8044.jpg

パニーニの方を頂きました。
生ハムとモッツァレラとトマトのシンプルなパニーニ。
そんだけで十二分に美味かったですよ。

IMG_8043.jpg

今回は福蔵寿司もトック出してました。

キムチも準備してありますが
まぁキムチの出来だけは福美に勝りようはないよね(笑)

IMG_8045.jpg

あ、前回和記食坊で準備してたのって北京ダックだったんですね。
ちょいと気になりますが、その前に牛すじ煮込みの方で暖まろう。

IMG_8047.jpg

スジとダイコン、ニンジン等は別調理。
ちょい辛のスープにとろとろ牛すじを投入していい感じに美味くて暖まります。

IMG_8051.jpg

そして北京ダック。

本来の北京ダックはパリパリの皮だけを
餅に甜面醤とネギと一緒に丸めて頂くものなんで
これは正確にはローストダック巻きになるわけですが

でも香港のいくつかの名店でもこの食べ方してるし、これはこれでアリ。
脂のよくのったローストダック美味いですもん。

IMG_8053.jpg

更に豚の角煮を割包に波さんだ和記バーガー。
こちらもとろとろの角煮と零れ落ちそうな甘めのタレがイイ。
アツアツだったら最高なんだけどね。

あと海鮮かた焼きそば出しててそれも美味しそうでしたが
今回はまだ後があるので余力残すために断念。

IMG_8055.jpg

そしてまた銭爺に向かってるわけです。
ハラ一杯手前なのでそんなには食べられない…厳選せねば。

IMG_8057.jpg

でも牡蠣麺線は食べちゃう。
値段上がってましたが、麺線が前より太めの麺で

牡蠣と豚モツの味がしっかり出たとろみ醤油のスープと
パクチーと豆板醤、台湾黒酢、ネギ醤油等々混ぜ合わせて
前より美味さが上がってます。

IMG_8063.jpg

そしてお土産にした豚タンも柔らかいところとコリコリの部分の組み合わせで美味し。

IMG_8039.jpg

最後にソムタムへ。
あ、持ち帰りしようと思ってたセンマイが売り切れてる…

IMG_8059.jpg

それならそれでタイ煮込みで〆ることにしよう。
ナンコツにモツに、スジに、モツなのにナンコツのようなコリコリが合わさってるのは、ハツモトか!
というわけで予想外に豪華?なたっぷり煮込みでしっかり味わって帰途に着くことにしました。

IMG_8038.jpg

ちょい疲れてたので今回は軽く軽く…
最後の三の酉は30日、また平日になります。

酉の市が終わったら冬…なんですが、もう寒いですね。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

2017年酉の市 一の酉 夜の部
01IMG_7696.jpg

昼あれだけ食ってまだ夜も出かけるんですか?
はい、出かけるんです。

タイ料理のソムタムは夜しかお店出してないし、
夜店には夜店の風情がありますからね。

今年は三の酉まであるおかげか
参拝客の行列はまだそう多くはないみたいです。

02IMG_7675.jpg

参拝客と同じくらいの人出なのが福美のトック。
もうこれも長年の酉の市の風物詩ですね。

ちなみに正直屋のフグの唐揚げはタイミング悪く頂けず。

03IMG_7679.jpg

香港美味の後を継いて入ってきた華味楼
今年は煎餅果子、中華式のクレープを出していました。

04IMG_7682.jpg

見た目はほとんどお好み焼きですが

05IMG_7683.jpg

卵と独特の生地とネギとパクチー?を混ぜて薄焼きして丸めたもの。
というかこちらのは折りたたんでるのでルマリロティのよう。

具材を入れてるわけでもないのに、濃い味付けをしたこの生地自体が美味しいんですよ。

全粒粉のチャパティとかそば粉クレープのような不思議な食感。
そこに醤油系の甘辛さと辛さのない豆板醤を合わせたような味。

大した事ない料理なんですが、妙にハマる味です。

06IMG_7686.jpg

餅つき。
こうして写真で見るとかなり危険な様子に見えちゃうけど
早業で難なくやられてるんですよね。

07IMG_7691.jpg

今年のニューカマー2種。
ハンドスピナーは昨年末急速に流行って急速に失速していったので
すでに今更感がありますね。

今年の春先から流行りだした電球ソーダは
LEDでピカピカ光る華やかさが実に夜店向き。

これは今後定番になりそう。

08IMG_7694.jpg

今年は戦隊もののキュウレンジャーが9人編成なので
昨年のジュウオウジャーと合わせてかなりのスペースを占めてます。
エクゼイドのメンツが残る一方でビルドはまだ主人公のみのようです。

09IMG_7698.jpg

さて、お目当てのソムタム、毎度の通り
超ジャンボ焼き鳥にソーセージ
パッタイに煮込み、等々。

こちらは祭りの日でも店内で食べる人の方が主流っぽいです。

10IMG_7702.jpg

大通公園だと暗くて何だかわかりませんね。
でっかりタイソーセージは春雨入り。
辛さはほとんどない代わりに酸味のある味。

しっかり焼いた春雨は焼きビーフンみたいで
炭水化物兼蛋白質の組み合わせ。
酸味がクセになります。

11IMG_7713.jpg

お土産にしたのは豚肉の酸っぱいサラダ、ラープムー。
ミンチと豚耳をライムの汁やレモングラスで味付けたこの料理
タイ料理の中でもお気に入りの一つです。

胃に余裕あったらもち米と頂きたいもんだなぁ。

12IMG_7706.jpg

〆は夜だけ販売の市場食堂のつみれ汁。

ちなみに宝水産は一の酉では特に限定料理の販売はありませんでした。

13IMG_7705.jpg

いわしのつみれが優しい味の汁に漬かってて美味し。
ちょいとアツアツ過ぎてフーフー言いながら味わいました。

14IMG_7708.jpg

とまぁ、そんな調子で夜もしっかり楽しませていただきました。
今年は二の酉が18日の土曜
最後が産の酉、30日の木曜です。

終わったらもう冬、今年ももうあとわずかですね。
2017年酉の市 一の酉速報
01IMG_7661.jpg

昼間は時間がなかったので本文抜きでアップしてしまいましたので
夜になってちょっぴり補足を入れたいと思います。

02IMG_7645.jpg

一の酉の昼だけあって、福美はまだ行列が出来ていません。
でも横の通りはほぼ飲食スペースと化してましたけどね。

03IMG_7647.jpg

栃木屋のあんかけ焼きそばも毎年の風物詩です。

04IMG_7648.jpg

灘屋は例年通り豚なんこつの塩煮込み
これ結構ウマいんですよね。
酉の市にしか頂けないのが勿体ない。

05IMG_7651.jpg

弁当販売も板についてきたアバンティだけに
昼から早くも準備万端。

ムール貝のスープ煮にワタリガニのトマトスパ
生ハムにソーセージ、トリッパを売ってました。

06IMG_7652.jpg

トリッパのトマト煮込み。
イタリアンのお店だけにトマトにチーズにとろとろモツのバランスよく美味し。

07IMG_7654.jpg

南華楼改め華騰
東北料理、四川料理の組み合わせというこの界隈の新華僑系に多い組み合わせ

08IMG_7660.jpg

実は麻辣湯は普段からレギュラーで扱ってます。
日本のおでんよろしく具材を選んで煮てもらうのですが
この日は肉団子とうずらの卵ときくらげ固定。

ダシ取りになのかシイタケや豚バラの切れ端がちょいと入ってました。
肉団子の量は結構大盤振る舞い。

辛さは控えめだけどアツアツ過ぎてちょいと火傷しそう。

09IMG_7659.jpg

和記食坊はほぼ普段と売ってるものは変わらず…
と思ったら100円のソーセージ売ってた!

10IMG_7658.jpg

切れ目を入れたソーセージは安物ではあるんですが
中国東北料理の揚げ物に使う油で調理したようで
その油が沁み込んで意外と面白い風味。

衣もないのにホットドッグみたいな味です。

11IMG_7662.jpg

福美の陰に隠れて目立たない台湾料理の銭爺ですが
毎年この時期は沢山の台湾小食出してくれるので
もう何を選んだものか迷います。

12IMG_7665.jpg

コレもんですから。

13IMG_7668.jpg

とろみ醤油漬けにした湯葉の塊がめっちゃウマ!
もきゅもきゅした食感といい、味といい、最高です。

14IMG_7669.jpg

そしてハツは初めて出てきたメニューかな?
ハツをとろみ醤油で味付けるのって初めて食べました。
ぷりんぷりんの食感に優しい味わい。

そして添えられたダイコンの漬物の軽い酸味も結構ウマいです。

15IMG_7672.jpg

この辺にて引き上げ
夜の部に続きます。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

羊フェスタ2017
01IMG_7620.jpg

今年も行ってきました、日本全国から羊料理好きが集まる羊フェスタ
末弟からの誘いがあってノコノコ中野くんだりまで出かけていきましたよ。

誘った本人は病み上がりだとか言ってますが大丈夫か?

02IMG_7599.jpg

天候のコンディションがほぼ昨年と同じ。
ただでさえ強い風が吹く中、会場は大きな建物の狭間の公園で
丁度ビル風が吹き荒れるし、午前中はぜんぜん日が当たらないし。

さっむぅぅぅぅぅぅい!

しかも強風のせいで1時間開城が伸び!
ほとんどのお店の準備がまだ出来てません。

03IMG_7607.jpg

というわけでしばらく中野ブロードウェイをブラブラしてみたり
…でもほとんどのお店が11時以降開店なのでほとんど電気さえついてなかったり。

そのあと同じ会場で開催されているチャランケ祭という
アイヌと沖縄民の合同のお祭りをしばし観覧。

04IMG_7644.jpg

エイサーなんかもやってたり。

05IMG_7636.jpg

そうこうしているうちに
11時までまだ間があるけど料理の提供を始めたお店が何軒か。
ハラ空かせてきたので早速いろいろ買い出しに。

06IMG_7613.jpg

月下爐という神楽坂の北京料理店
7月に開店して、グランドメニューにウイグル料理があるらしいので気になる!

07IMG_7614.jpg

羊肉油条という、油条…つまり中国の揚げパンに茹でた羊と
パクチーとニンジンの細切りを挟んだサンドイッチ。

揚げ立ての油条をハサミで切って
中に焼きでなく茹で羊が入るというのが面白いです。

脂と油の相乗効果がイイ。

08IMG_7610.jpg

新宿、六本木、恵比寿、赤坂、青山という一等地に似合わない
ゲテモノチックな佇まいのお店を出している中国茶房8

しかし庶民的なお値段で現地風のイカした料理を出してくれるお店です。

9IMG_7621.jpg

羊肉焼売、これがめっっっちゃウマ!

羊の脂に香草等の味付けが抜群で
これはお店が近かったら週に1度は必ず食べたくなるような美味さ。

10IMG_7622.jpg

中華風ラム肉焼きそばは刀削麺と羊肉を中華のたまり醤油で炒めたもの
その組み合わせは鉄板です。

そして羊焼肉はちょっと辛めに、カリッカリに焼いたもの。
余裕があったらビール欲しいわ。

12IMG_7616.jpg

お店ではないラムバサダー
豪州食肉家畜生産者事業団の提供によるラムチョップ。

さすがにこれは分けて食べるのには量が足りないので
買った末弟に頂いてもらいましたが

その後活躍するのはオリジナルの生姜ソースの方!

11IMG_7615.jpg

こちらのラムの唐揚げはヴィルゴビールという墨田区の地ビールメーカーのもの。

この唐揚げに先ほどの生姜がガッツリ効いているのに乳化した甘めのソース。
唐揚げとの相性も最強に抜群!

13IMG_7617.jpg

おいしい中央アジア協会は羊フェス主催の羊齧協会同様、
中央アジア料理の振興団体。

14IMG_7619.jpg

カザンカボブというウズベキスタン近辺の羊の肉じゃがと
ルーリャカボブという蒸し煮した羊つくね串

どちらも中央アジアならではの野暮ったさが
すごくいい塩梅で満ち溢れていて、これもまた大好きな味です。

15IMG_7624.jpg

昨年に引き続いて松尾ジンギスカンのゆるキャラ、ジンくんが来てます。
※コメントにて間違いだと指摘がありました。
 北海道遺産ジンギスカン応援隊隊員ではありますが、松尾ジンギスカン所属ではないそうです。

何気に全国的に人気が高いらしく
ツーショット写真を撮るために女性陣が行列作ってました。

末弟もグッズ買いに走ってるし…すごいな。

16IMG_7627.jpg

先日宴会したモンゴリアン・チャイニーズ BAOも来てます。
羊の塩ゆで一択ですが、これシンプルながらもめちゃめちゃ美味いんだから
もう食えるだけでしあわせですよ。

ぷるっぷるの柔らか肉もさることながら
ゆで汁も美味いんだこれが。

17IMG_7631.jpg

インド系フェス常連のインド料理のナワブも店舗出してます。
いつも食べられるものばっかじゃないか、と思いきや
このイベントだけに羊料理特化!

18IMG_7633.jpg

タカタクが羊肉仕様!
スパイス効いててこれもたまらん!

末弟が懐かしい味だ、とか言ってます。
オマエはパキスタン出身だったのかと。

代々木のひつじやの羊焼きに味付けが似てるって
あー、言われてみれば確かに。
ガッツリ効いたクミン、カルダモン、クローブ等の辛さと香りは通じるものがありまする。

19IMG_7635.jpg

そしてラムサモサ。
通常サモサの中身はジャガイモと豆類を練ったペーストですが
これが羊の挽肉とタマネギを炒めたものに。

おかげで中東の揚げ餃子的な独特の味わいがナイス。

20IMG_7638.jpg

羊SUNRISEという麻布十番のジンギスカン屋さん
この日のメインの売り物は北海道産のサフォーク種使用のジンギスカンとかいう
フェスなのに本気度高い料理。
おかげで一皿2000円とか!
それでも完売したらしいですが…。

21IMG_7640.jpg

さすがにそれは手が出なかったので
頂いたのはシュウパウロウ。

つまるところ先ほどのBAOの羊の塩ゆでと同じ料理です。
アッツアツ過ぎて火傷しそうでしたが
脂控えめでフツーに飲める羊肉スープとなってました。
もちろん肉もゴロゴロ。

いや、BAOの茹で汁も飲み干したけどさ。

22IMG_7637.jpg

今年は食券制廃したおかげで料理にバリエーションが出来たし
気分で好き勝手に食べることが出来たし
一人じゃないのでシェアしていろんな料理頂けたし、と
いいことずくめでした。

まぁ、昨年同様に風が強くて寒いのはどうにもなりませんでしたけどね。

午後1時くらいからようやく一部に日が差し込んできて
もう、日なたにいるだけで幸せになれるような温かさ。

寒い日陰に移動すると、自分は何やってんだ、って気分になってしまったり。

もっと温かい会場がいいなぁ。
でも非営利団体による熱意持ち出しのイベントだから、その辺はしょうがないかな。

あと、味坊集団はずっと行列が絶えなかったので、今回はスルーしました。

公式ページ

しっかり食ってしっかり楽しみました。
明日は酉の市じゃありませんか。

3、5、6、とタガ外れまくってます。
しばらく体重計を視界に入れないようにしよう。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR