オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
スリランカフェスティバル2017
01IMG_3498.jpg

待望のスリランカフェスティバルが開催されました。

この手のイベントは毎年秋に集中して開催だったのですが
デング熱以来リスク分散の為かどんどんずれて行きましたね。

02IMG_3369.jpg

昨年、一昨年と都合が合わず逃し
今年は4年ぶりに代々木公園に戻っての開催。

別に渋谷はホームグラウンドではないけど
代々木公園自体はホームグラウンドと化している自分にとってはお帰りなさい、な気分。

今年はHP上では飲食店舗がたった6店しか記載されてなかったので
ひょっとしたら大幅に縮小?と思ったのですが

そんなことはなくて毎年通り
いやここ数年で増えたスリランカ料理屋の分増えている感じです。

03IMG_3380.jpg

隅っこの方のこのお店
アハサ食堂コジコジカルパシの合同だそうで

カルパシはインド、ネパール、スリランカ等々
いろんな国のカレー料理プレートを週替わりで出す
都内のカレーマニアの注目の的のお店です。

お店が浅草での間借りから千歳船橋の実店舗での営業、と
情報は得てたものの、東京自体にあんまし出かける機会少ないので
未だに訪れられずにいたんですよね。

こら絶対お昼までに大行列になる、と来て早々買い求めました。

04IMG_3383.jpg

手羽元のカレー、レンズ豆のカレー
ココナッツ振りかけポルサンボル
じゃがいもっぽく見えるのはジャックフルーツの煮込み
うずらの卵のアチャール、キノコの炒め物
どれがどのお店の味かはわかりませんがどれも非常に美味し。

イベント用でもちゃんとバスマティライス、と本気度高し。
混ぜて食べるとキノコの辛い味付けが全てを覆ってしまうので
控えめに食べたほうが良さげです。

05IMG_3389.jpg

実店舗は小さいけど
イベントではいつも大行列の大店舗なセイロン・イン

こちらも行列出来る前にさっさと食うべし!

06IMG_3392.jpg

ホントはポークBBQも欲しかったんですがまだ出来てないとのこと。
出来るころには大行列だろうなぁ…残念。

こちらはどの料理も美味しそうで
実際美味しいから行列出来るのも無理ないんだよなぁ。

07IMG_3395.jpg

大好きなコットゥロティと
イベントのみのフィッシュフライ。

フライはイワシの素揚げ的なもの。
しっかり火が通ってて外は真っ黒、中はほこほこ。
でもスパイシーな味付けとかではないので意外とフツー。

パン生地のスパイス炒め
つまりスリランカの焼うどん的なコットゥロティは相変わらず美味しかったです。
ああ、久しぶりに頂いてちょっと感動。

08IMG_3411.jpg

麻布の焼肉屋、炭焼き屋も参加。
なんで焼肉屋が?

こちらスリランカ人が店長で
焼肉屋だけどハラル対応なんだとか。

焼肉はもちろん、スリランカカレーも美味しいそうです。
不思議なお店だなぁ。

09IMG_3412.jpg

ガリガリに衣が揚がってたロルスが気になって買ってみました。
中は魚フレークのとろみ付煮込み。

スパイシーではない味付けだったので
ちとメリハリにかけるかなぁ。

シニサンボル入りのパンが美味しそうだったので
このあと買って晩のおかずに。
とろとろ煮込みの辛いタマネギ入りで美味しかったです。

10IMG_3414.jpg

佐久のスジャータが来てます。
母方の田舎が同じく佐久なのでちょいと親近感があるお店です。

11IMG_3416.jpg

キーマカレーを頂きました。
トマトっぽい甘みのある大粒挽肉のカレー。

わりとカフェのカレー的な味わいです。

12IMG_3418.jpg

カレクックの集団が!

カレーハンター協会とかいう方々がニコ生中継を行ってました。
よく知らんけど、YOUTUBE芸人の方みたいな人なのかな?

13IMG_3419.jpg

タンビリという、ココナッツの一種を販売しているブース。
一般に知られているココナッツは白ですが
こちらはオレンジ色なんですね。

14IMG_3439.jpg

シウヘラという茨城は八千代のスリランカ料理屋さん。

つくばを中心にしてこちらの方には意外とスリランカ料理屋さんが多いみたいです。

15IMG_3424.jpg

ご飯少なめでお願いしたマトンカレー。
小さく切った羊ゴロゴロにカレーリーフの効いた辛めのカレー美味し。

ご飯は長粒米ではなかったのですが
さらさらした炊き上がりが汁気多めのカレーに合ってました。

16IMG_3440.jpg

あ、こっちのお店は肉入りゴーダンバもマトンなんだ?と
ツナフレーク入りコロッケなカトレットと
野菜ゴーダンバとマトンゴーダンバまとめ買い。

折りたたんだロティ生地にどれもジャガイモ多め。
肉は少なかったけど、ショウガが効いてる味がちょっと面白い。

17IMG_3425.jpg

フェス常連だけどいつもお店の名前がわからない
水牛ヨーグルトとキトリシロップのお店。

18IMG_3436.jpg

いつもとはいうけど、去年、一昨年と自分が参加できなかったから
頂くのは3年振りか。

水牛のヨーグルトに孔雀椰子の花の蜜をかけたミーキリ。
濃厚ヨーグルトとスッキリ甘いシロップの組み合わせは相変わらずナイス。

19IMG_3437.jpg

水道橋に店舗があるスリランカ紅茶屋のセイロンドロップ
横浜のイベントでもおなじみのお店ですね。

20IMG_3438.jpg

いつもの通りスリランカ版のチャイ、キリテを頂きました。
意外と日差し強めだったので飛ぶように売れてました。

濃いめの紅茶に爽やかスパイスとミルク
体がいい感じに冷えて潤います。

21IMG_3432.jpg

貴賓席が撤去されたので舞台の踊りを見物させていただきました。
浅黒い肌が奇麗で目の保養です。

22IMG_3495.jpg

スリランカの仮面舞踊
ナーガだと言っていたような。

頭部に蛇の頭がたくさん見えますね。
すると後ろのはガルーダかな?

派手に踊り狂う2体の怪物。
なんかウルトラマンタロウの怪獣を思わせるような立ち回りです(笑)

というか、タロウのころの怪獣が東南アジアの舞踊を取り入れてるんだろうなぁ、と。

23IMG_3448.jpg

この辺はペットの散歩コースにされてる方も多いので
象の模型の前に置いて撮影してる飼い主さんが。

犬もおとなしいし、ナイス(笑)

24IMG_3455.jpg

土産物屋の風景もエキゾチック。
丸く平べったい青いのはアンコウ?
じゃない、象か!

25IMG_3501.jpg

もういっちょ甘いものが欲しくなって
多分ランディワ、こちらも茨城のスリランカ料理屋さんのドリンクブースに。

スキンヘッドのおっちゃんたちの頭にすだれの影が落ちて
まるでそういう入れ墨かのような(笑)

26IMG_3503.jpg

ファルーダというドリンク兼スイーツ。
ローズシロップをミルクに溶いて
バジルシードとゼリーを入れたものです。

ローズというけど、イチゴジャムから酸味を抜いたような甘さ。
駄菓子的な味わいもまた良し。

27IMG_3452.jpg

梅雨時だけどいい具合に晴れて
しかも湿度わりと低めで過ごしやすかったです。

とはいえ日差し強めでそろそろ体力切れ。
コートロッジでカレーまとめ買いして帰途につきました。

意外と粉モノ多いからたくさん食べられないのが惜しいですね~。
とはいえ久々のスリランカフェス、十二分に楽しめました。

28IMG_3464.jpg

明日日曜も開催しておりますが
今のところ明日は降水確率高め。

まぁ一応梅雨入りしてるからね。
お坊さんに頼んで晴れ祈願の祈祷をしてもらうとか?

明日も雨以外の恵みがあると、いいなぁ。

スリランカフェスティバル公式ページ
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

ベトナムフェスィバル2017
01IMG_3083.jpg

今年も代々木で開催されましたベトナムフェスティバル
本当は土曜に出かけてレポすれば日曜にそれ見て出かける方がいるかもですが
土曜日、最高気温32度、日曜は26度………うん、土曜はヤメだ(笑)

代々木公園って体感気温的に道玄坂+2度くらいなんで
無理したらへばりそうなのでくじけて日曜にしました。

02IMG_2959.jpg

会場到着10時40分頃
今回はちょっと出遅れましたね。
タイフェスほどではないものの、もうお客さんいっぱいです。

03IMG_2976.jpg

高田馬場のベトショップと早稲田のベトバルの共同ブース
こちらのお店が一番メニューが異彩放ってた感じでした。

04IMG_2983.jpg

気になったのはオススメメニューの
豚ひき肉とベトナムハーブの腸詰揚げ。

タイのソーセージとも違う独特の香草使いで
めちゃ香ばしく美味いです。

05IMG_3016.jpg

タニシの串焼き。
別のメニューではサザエの串焼きと書いてあったんだけど、どっち?

多分食用に出来るタニシを大量に仕入れるのは難しいと思うので
サザエで代用してるんだと思います。

独特のもきゅもきゅコリコリの食感に
刻みニンニクと唐辛子の辛い味付けがイイ。

貝にこんな味付けは初めてだけど美味いですわこれ。

06IMG_2994.jpg

あっちこっちにもう行列が出来ています。
並ぶのが面倒なヒトとしては
並ばずに面白そうな料理を探そう、と躍起になるのです。

07IMG_2997.jpg

店名はマット・トロイ、とあるけど
パンフ見るとカフェサンズと書いてあります。
どちらも検索してもかからず。

08IMG_3002.jpg

スックシックガーという鶏のソーセージ。
中にニンジンやグリーンピースが入ってるあたり
ちょっと巻き揚げっぽいところもある不思議なさっぱりめのソーセージでした。

09IMG_3005.jpg

バインミー ハントルン。
こちらもお店の詳細不明。
多分ハノイのハントロン地区から名前を取ってるんだと思うんですが。

10IMG_3007.jpg

ベトナム風サラミ、というのが面白そうで買ってみました。
サラミというけど香辛料も強くなく乾燥させた様子もあんまりなし。

肉肉した肉団子でしたので
むしろベトナムの皮なしシュウマイの一種ではないかと。
むっちりしてこれも美味しい。

11IMG_3009.jpg

こちらも馬場のオリエンタルテラス

馬場ってミャンマーだけでなく
いろんな人種の坩堝なんですね。

12IMG_3011.jpg

豚肉角煮のティットコーンか、ピリ辛チキンサラダのゴイ・ガーか
どちらか悩んだ末、想像のつかないゴイガーを…。

ピリ辛サラダというか
もやしとニンジンとチキンの甘酢和え、唐辛子もあり、な感じ。

鶏肉えらい少ないし…料理的に突き出し感が否めない。
これで500円は高いわ。
フォーでも添えて一人前って気がする。

ああああ、角煮頼むべきだった。
他の人が食べてるの見たら、600~700円払っても良さそうな内容だったんですもの。

13IMG_3017.jpg

何処のお店だか忘れちゃいましたが
こうして山と積まれてる料理、そそるなぁ。

14IMG_3018.jpg

池袋のフォーチュン
ここはほかのお店よりも値段付けが低めでした。

15IMG_3019.jpg

カニうどん400円なり。
ようはベトナム料理のカニみそとトマトソースの汁ビーフンの変形的なものだと思うんですが
カニっぽさはほとんどなし。

短く切ったうどんのような麺を
とろみのある甘辛スープで煮込んだもの。

カニこそかすらないものの
ハムに鶏肉に揚げパンに具材その他いろいろで
安くても食べた人を満足させようという気概に溢れた料理でしたよ。

16IMG_3031.jpg

そろそろラストにバインミーで〆よう、といろいろ物色
元住吉のタオズ
現在営業休止状態のT.G.T.キッチンも来てましたが

大久保百人町のベトナムバインミーに決めました。

17IMG_3033.jpg

焼豚とパテのバインミー。
珍しくこちらのバインミー、パンも具材もアツアツです。
チリソース味が強くてパテの存在感なし。

使ってる具材はベトナム式のレシピなのに
まったくベトナム感のない味。

むしろフランスの街角で売ってそうな
ちとヨーロピアンなサンドイッチでした。

18IMG_3028.jpg

在日ベトナム人仏教会のブース
こちらのメニューはすべて精進料理です。

19IMG_3030.jpg

デザートは別腹
チェバマウというチェーっぽいデザートを頂きました。

ゼリーと白いんげん豆と粟とタピオカなどをココナッツミルクで煮て
氷でガツツリ冷やしたものです。

上に大量に氷乗ってるので、どうやって食べようかと。
手の熱で氷溶かしつつ味わいました。

さっぱりしてて程よく体が潤います。

20IMG_3053.jpg

最後にステージイベントをちらりと
フルートの演奏に合わせて女二人、はしゃいでる様を表すような
傘を持っての踊り。

21IMG_3059.jpg

舞台終わってのカーテンコールなので
どんな演目をしたのかわかりませんが

このノースリーブのアオザイみたいなの…アオザイと呼んでいいのか?
伝統的に存在する衣装なのか否か。

ともかくちょっとエロいな(笑)

22IMG_3062.jpg

そしてアオザイショー。
色っぽさでは他の追随を許さぬ民族衣装と言われてますが
すごく健康的な美しさですね、これは。

23IMG_3012.jpg

と、そんな感じで楽しんで来ました。

ベトナムフェスティバル公式ページ

次回は来年になりますが。
現在18時ですので、上げた直後に見てればまだ間に合う、か(笑)

あとは今年も多分横浜で秋にベトナムフェスタをやるんじゃないかと。

あと再来週は4年ぶりにスリランカフェスが代々木に帰ってくるっ!

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第5回関内フード&ハイカラフェスタ
01IMG_2263.jpg

前日に会場の通りに貼られたポスターに気が付いて
関内フード&ハイカラフェスタに参加することが出来ました。

一応毎回皆勤で参加させて頂いております弁天通り近辺で行われるイベント。
関内界隈の飲食店の出店が楽しみなんです。

02IMG_2272.jpg

最初は前回このイベントでお店の存在を知って伺ったオステリア・アウストロ
ジビエ料理も扱っているイタリアンのお店です。

03IMG_2273.jpg

スパイシーラムフリット
そらラムと来たら手を出さぬわけにいかぬ。

衣は薄めで素揚げに近い揚げ方。
中東からシルクロードを経由して中国に行きかけてるような
そんな感じのスパイシーさに羊の肉と脂の美味さが相まってサイコーです。

紙コップ入りだから少なめに見えましたが
なかなかどうしてボリュームたっぷり。

04IMG_2281.jpg

店名ヴェールって書いてありましたが、ヴェール・パル・ナオミ・オオガキのことかな。
アルザスと南フランスの料理、というので入ってみたいけど
ランチ営業してないんで、ちょっぴりフトコロに余裕がある時でないと。

05IMG_2283.jpg

だからお祭り出店は歓迎ですよ。

こちらはパテ・アンクルート。
パテをパイ生地で包み込んだ料理。

なんか懐かしい味。
子供の時、外食はほとんどしない家庭でしたが
年に数回家族の誕生日にはいいお店で食事をしたものです。

まだ昭和と呼ばれる時代だった頃に営業していたフランス料理のお店で頂いた
パテ・アンクルートの味を思い出します。
昔ながらのフランスの田舎料理的な味がイイ。

今食べるとアレだ
気持ち渋めの赤ワインで頂くとすごく良さそう。

06IMG_2277.jpg

成城石井プロデュースのル・バーラ・ヴァン・サンカン・ドウ
こちらは毎回ラムチョップとスパークリング一択ですね。

07IMG_2287.jpg

肉は選ばせてくれたので一番デッカイやつを。
いい焼き具合のオージーラムを骨付きで齧り付ける嬉しさよ。
ああ、たまんないなぁ。

08IMG_2289.jpg

肉のたっぷりしたパスタに魅せられたグラスリヴィエール
ああ、平日以外もランチ営業してくれないかなぁ…。

09IMG_2291.jpg

ハンバーガー頂いてみました。
これは合い挽き肉の豚多めですね。
むしろ肉団子的。

ケチャップとソテーしたオニオンたっぷりという
昭和的なヤボッたいハンバーガー。

だけどボリュームあるし、その野暮ったさがまた良し。

10IMG_2292.jpg

相生町のベトナム料理、フォーサイゴンも来てます。
雑居ビルの4階という、お店の存在を気付いてもらい難い立地だから
こういうイベントでお店の存在をアピールするのは良いこと。

あー…バインミー置いてないのか…残念。

11IMG_2293.jpg

ということでベトナム式の焼き鳥。
バーベキューソースかスイートチリソース的なものつけてくれると嬉しかったんですが
まぁなくてもシンプルながら美味い焼き鳥ではございました。

12IMG_2262.jpg

〆にご飯もの…といきたいところでしたが
思ったよりボリュームのあるもの頂いてきたおかげでここで打ち止め。

んではマクガフィンのドリンクメニューに
ドラゴンフルーツリキュールなるものを見つけたので
これを最後に一杯。

13IMG_2298.jpg

要はサボテンの一種だから、酒にするとどんなもんかと思いましたが
赤いリキュールをサイダーで割ったところ

…なんだろ、元々糖度低めのところに味も薄めだし
炭酸の刺激と相まって
メロンの皮に近いところみたいな感じ。

微妙にピリッとくる刺激と薄甘いところがなんか似てて
悪くはないけどビミョーな(笑)

14IMG_2295.jpg

秋の開催に比べると若干おとなしめな印象のイベント
だけど初夏に向かう陽気と共に野外で飲み食い

イイ感じでまったり楽しめました。

関内フード&ハイカラフェスタ公式

しかし関内濃縮158%って数字…どこから出たものやら…あ
開港からの年数分か。

来年は1%追加ってことですね。

15IMG_2302.jpg

帰り際にラーメンの太田屋があった場所に雲吞専門店なんてのが!
賢記…記の字が店名にあるあたりが非常に香港らしい。

気になるのは麺がゴワゴワ麺か否かだ!

見た感じ、中華街の食べ放題店よろしく金メダルシェフの腕組み写真とか
日本のラーメン同様の丼の大きさとか

全然香港じゃない感じがうーん…だけど
取りあえず一度食べてみないことにはなんとも。

賢記 参考ページ

今日は…本格的に香港の麺の量でももう胃に入りません(笑)

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第18回 タイ・フェスティバル 2017
01IMG_1970.jpg

連休の週が過ぎるとやってくるのがタイフェスの季節です。
しかし今回初日の土曜は降水確率90%。
どうなるかわからないし、取りあえず早起き。

会社に出かける時間に目覚ましかけて起きてみたら雨はぽつぽつ。
この程度なら問題なし!と出かけてみたら
会場に着いた頃に雨がちょい強くなってきました。

02IMG_1895.jpg

というわけで開場30分前の光景。
おお、例年ならもう結構人で溢れてる時間なんですが
雨のスタートとあって珍しくのどかな光景です。

とはいえ、毎年スタートダッシュの方々は
既にカートにマンゴー4ケースくらい載せてお帰りなんですけどね。

03IMG_1903.jpg

ベイクォーターにも支店のあるチャオタイ
スタッフ全員の記念撮影中。

大手ともなるとこのくらいのスタッフ配してるわけですよ。
すごいな~。

04IMG_1899.jpg

もう準備万端のお店は…と
新小岩のバンコクオーキッド
ミシュランガイドにも乗ったお店らしいです。

05IMG_1902.jpg

ドォン・ガン・ユアン・プー
カニ団子の包み揚げで口火を切ってみました。

パリパリの揚げワンタンの中にはふわふわカニのほぐし身。
スイートチリソースの味の濃さが独特です。

06IMG_1908.jpg

関わったお店が全て人気店になるというカリスマタイ料理シェフ、タムさんのお店バーン・タム
自己顕示欲も強くてお店には自分のご尊顔の写真がででん、と。

07IMG_1905.jpg

ガイヤーンを頂いてみました。
タイの焼き鳥、まるまる焼いてるの見たらおいしそうだったもので。

こちらはあばら回りのお肉。
骨もパリパリ頂けちゃう焼き加減。
むっちりしてて美味しいですよ。

そしてネギや唐辛子などの薬味入りのタレがまたいいお味。

08IMG_1911.jpg

ちょっとでも変わり種の料理はないかと探して目にとまったのは
ときわ台のお店タイサコン

09IMG_1913.jpg

ムーヤーンタカーイ
焼き豚のお値段タカーイ、ではなく
多分レモングラスのことなんじゃないかと思われますが

こちらはスパイシーな豚つくね焼き。
みっちり詰まった豚肉に程よい辛さの味付けで美味。

追加注文してお持ち帰りにしたい一品。

10IMG_1917.jpg

自由が丘のタイカフェピーマイ
こちらでちょいと気になったメニューが

11IMG_1920.jpg

スパイシー目玉焼きサラダ
2種盛りOKだというのでレモングラス味の鶏のから揚げとセットで。

たっぷりのタマネギに青ネギ、鶏ひき肉
そして黄身たっぷりの卵。

味付けはラープみたいな酸っぱ辛いタイプ。
ラープに目玉焼きブチ込んだような料理ですがこれが地味にウマい。

ちなみにもう1店舗、他のお店で同じメニューを見かけたので
オリジナル料理というわけではなさそう。

酸っぱさの緩和に目玉焼き、なかなかいい組み合わせ。

12IMG_1953.jpg

落ち着いてきたのでステージの様子を。

3人がかりで動かしてるハヌマーン。
客席の女性のカバンとってったりナンパしたり。

神様だけどやはり品性はサルとして扱われているようです。

13IMG_1975.jpg

キョンシーみたいに項垂れて出てきたのは
いやタイにそういう文化なかったから
白い神様…ヴィシュヌ?

人間が扮しているけど操り人形扱いでのパフォーマンス。
時々動かなくなって叩かれたり。

14IMG_1987.jpg

この時点で11時頃。
人は増えてきましたが、雨も強くなってきたので
例年に比べればまだまだです。

15IMG_1988.jpg

大久保のルン・ルアン
今はレストラン営業を終了して食材、雑貨販売店になっているそうですが
テイクアウトの弁当の販売はしている模様。

16IMG_1990.jpg

プーパッポンカレーを出しているお店がほかに見当たらなかったので試してみました。
これが結構ボリュームあります。

しかもソフトシェルクラブがゴロッと入ってるんですよ。
カラもハサミもパリパリ食べられます。

卵とカニタップリのカレー炒めご飯。
これは非常にお値打ちで美味し!

17IMG_1991.jpg

大分雨もひどくなってきたので〆に選んだのは
小岩のチェンマイ食堂マイホーム

いかにも辛い田舎料理が楽しめそうな名前じゃないですか。

18IMG_1994.jpg

ラープとソーセージ、豚のバーベキューともち米ご飯のセット。

ラープクアーというチェンマイのラープは
酸っぱいタレではなく、辣油みたいな辛いオイリーなソースで和えた挽肉サラダ。
もはや四川の担々麺の挽肉そぼろと変わりない辛い味です。

ソーセージはチェンマイ式だけあって
こちらもご飯とキャベツの助けが必要な辛ーい味。
でもクセになる、好きな味です。

その中ではムーピーン、豚のバーベキューの甘さは癒しになります。

19IMG_1998.jpg

こちらの写真で11時半。
ムエタイも見たかったのですが
もう雨が本格的に降って来たのでこれで撤退。

例年はこの時間けやき並木はまっすぐ歩けないくらい人で溢れてるのですが
雨のお陰で逆に人はそこそこ。

ちなみに気温は18℃でしたが
人そこそこ多いお陰でそんなに寒くはありませんでした。

タイフェス公式ページ

明日も朝から開催しております。
雨は降らなさそうなので
今日雨で見送った人も来そうで、かなりの人出になりそうな気がしますが

でも年に一度のイベント、せっかくの機会だから楽しまれてはいかがでしょうか?

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

サンモール・インターナショナルスクールのフードフェア2017と石川町、アレッタのダブルカップ
01IMG_1406.jpg

毎年4月の29日といえば
楽しみにしているサンモール・インターナショナルスクールのフードフェアです。
もう10年近く毎年参加しちゃってます。

インターナショナルスクールの父兄さんたちが
プロ顔負けの料理で食を彩ってくれるお祭りです。

今年は中野方面にちょっと惹かれるモノがありましたが
ブース数が少なかったからかなり行列するだろうなぁ、と思ってパスしたら
やっぱり行列してたみたいですね。

まぁ、そちらは酸っぱい葡萄ということで。

02IMG_1378.jpg

気持ちを切り替えて最初は今年も東ヨーロッパブースへ
ハンガリーとドイツで食べられているグーラッシュを。

今年はビーフとビーガン向けのビーンズグーラッシュなんて出してましたが
ビーガンって牛乳もダメだったと思うんで
サワークリームの代わりも豆から出してるんだろうか?

03IMG_1380.jpg

でも注文するはビーフの方。
相変わらず売り切りペース配分を全く考えてない牛肉ゴロゴロの盛り。
この写真だとわからないですが、肉の塊が15、6個くらいたんまりと沈んでます。

都内のハンガリー料理のお店で1200円払って食べるものより
肉の量が4倍以上入ってるという、素敵すぎるのが350円!
そしてトロトロに柔らかい牛もパプリカ入りのクリーミーなスープも美味しい!

04IMG_1377.jpg

東ヨーロッパブースはロシア方面の料理も扱っておりますよ。

05IMG_1385.jpg

スモークコッドサンドイッチ。
つまりタラの燻製のオープンサンド。

本来クセのない白身なタラですが
燻製することで熟成味が合わさって
ほぐし身に卵も加えてかなり美味しいサンドになってます。

06IMG_1416.jpg

そしてコールドボルシチ。
冷たくてもビーツでまっ赤っか。
じゃがいもに卵にキュウリにディルの味。

ガスパッチョのロシア版って感じでこれもなかなか。

07IMG_1390.jpg

体育館の中では毎年同様にフランスの菓子やらキッシュやら売ってます。
数が少なかったとある菓子をデザート用に先に確保。

08IMG_1389.jpg

なるほど、パテ・ド・カンパーニュってこんな風に出来上がるんですね。
こんなのを見たら欲しくなる、ってことで。

09IMG_1412.jpg

赤ワインとセットで頂きました。
脂肪分とレバーのねっとりした塊に胡椒のアクセントがいい。
実にワインがすすむ一品ですよ。

10IMG_1397.jpg

今年はアルアインは参加してない模様。
お子さん方が卒業したってことなんかいな?

ということでオージーブースでひたすら焼かれているソーセージをチェック。

11IMG_1400.jpg

静かにして、ソーセージがジュージューいってるからブース
という名前のブースなのか!

食パンにソテーしたオニオンと載せてそのまんまの提供。
あ、皿なしなんですね。

ということで掴む手の下にもう一方の手を添えて
オニオンが落ちないようにしつつ食べないといけない、と
そういうあたりが実に大雑把なオージー的でよろし。

気持ち焼きすぎ部分もあったけど
焦げかけた苦みもフレーバーの一つに感じる味なのがまた面白い。

12IMG_1423.jpg

今年はニューカマーのバンド…というかユニット有り。
ロメロスペシャルというボーカル2人にギター1人+オケの変則編成。

おっちゃんの方はクール&ザ・ギャングの時はアフロのカツラにブルーのシャツ
クイーンの時はぴちぴち黒シャツ
スティービー・ワンダーシンディ・ローパーの時はテカテカ紫のシャツ
ショッキング・ブルーの時はもこもこのファーコート
アース・ウィンド&ザ・ファイアABBAの時はもっとでっかいアフロ

と重ね着着替えする用意周到さがなんとも。

13IMG_1431.jpg

ヴィーナスの曲が始まったときになんかアテられたのか
お子さんたちがバルーンの剣でチャンバラを。

ちびジェダイたちの飛び入り
ちょっとウケました。

14IMG_1376.jpg

さてそろそろ〆の一品を探そうか、とやって来たのはメキシコブース。

15IMG_1405.jpg

ピビルチキンとメキシカンライスのセット。
ピビルって名前の響きがちとコリアンっぽいけど
ユカタン半島の料理らしいです。

シトラスにベニノキをあわせたソースで調理したチキン胸肉のバーベキュー。
ほんのり辛く、味の傾向もなんとなく韓国の焼肉ソースに通じるものが。
肉以上にタマネギが美味い。

16IMG_1410.jpg

確保しておいたフランスのデザート。
Bras de Vénus à l'orangeと札には書かれてましたが
ドルチェ類はさっぱりわかりません。

オレンジの味のしっかり乗ったプディング的なデザートで
これかなり美味しかったです。

17IMG_1435.jpg

今年は天候に恵まれ
暑すぎず寒すぎず、過ごしやすい中での楽しいお祭りでした。

山手のあたりってこういうイベントがちょくちょくあるから嬉しいですよね~。
連休中にユニオンチャーチでもイベントがあったはず。

その前に3日には今年も吉田町のビアガーテンがありますね!

18IMG_1443.jpg

フードフェアの後はまたコペラニでコナコーヒーソフトを…と思ってたんですが
濃厚ミルクソフトにさし変わってた模様。

うーん…ミルクソフトなら何処でも食べられるし、と
宿題にしたまま数年ほったらかしだったジェラテリア・アレッタへ。
リセンヌ小路にあるジェラート屋さんです。

19IMG_1439.jpg

この日のフレーバーはこんな感じ。
当然ダブルで2種は味わうとして、何を選んだものか悩むなぁ。

20IMG_1440.jpg

頼んだのはでこぽんソルベとハニークリームチーズ。
みかんともオレンジとも違うデコポンの清涼感のあるソルベに
ほどほどの甘さの冴えるハニークリーム。

ソルベ、ハニー、共にクリームチーズの塊のような強いねっとり感があるのが新鮮。
よそのジェラート屋よりも一歩抜きんでてる出来栄えですね。

これから夏場過ぎあたりまでは石川町、中華街近辺を歩いた時は
ちょっいと足を延ばしてこちらまで来る習慣をつけようか。

アレッタ公式フェイスブック
アレッタ参考ページ

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR