オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
2016酉の市 一の酉、夜の部
01r_IMG_6310.jpg

昨日昼にあげた昼の分に続いて夜の部です。
写真は見ての通り福美の前のトック行列の様子です。

次回の開催は23日、休日ですので
昼も夜も更なる行列が予想されます。

トック自体より、オマケで入れられるキムチが本命みたいなモンですね。
福美のキムチはダントツで美味しいですから。

しかし振る舞うキムチをあれだけ大量に漬け込むのって
ものすごく大変な気がします。

…そーいえばもう牡蠣キムチ売ってるんだった。
今年は買ってみようかな。

02r_IMG_6311.jpg

中華美食から華美楼に名前が変わったけど
お店の様子はほとんど変わってません。

03r_IMG_6313.jpg

腸詰は自家製だそうです。
いつも売ってるハーブソーセージに比べてやや中身の密度薄めですが
水飴使用の甘めの中華式の腸詰はやっぱり美味しいです。

04r_IMG_6317.jpg

福蔵寿司も地味に毎年酉の市注目のお店の一つです。

05r_IMG_6318.jpg

今年は漬けマグロ巻き。
そこそこ大きめのを漬け汁にしっかり浸して一本150円。
コストパフォーマンスいいし、大きさ的にも手ごろです。

06r_IMG_6321.jpg

昼に続いてアヴァンティでトリッパ。
夜はイタリア式のモツ煮込みが追加されてましたよ。

屋台のモツ煮と違って中身全部モツ!
去年より味もボリュームもパワーアップして
いろんな部位の入ったトマト味のモツに、粉チーズが合う。

07r_IMG_6330.jpg

いつもながら屋台の出回る通りは移動が大変です。
まぁ牛歩の歩みの要因はお互い様なんだから
あせらずのんびり。

08r_IMG_6328.jpg

夜はあいてるソムタム。
この日ばかりはお店の中も、外に出したテーブルにもお客さんが溢れてます。

メニューは概ね毎年通り。
カレーにタイ式のモツ煮に焼き鳥、ソーセージ
ラープにソムタムに春雨サラダ、ガパオ、ネーム(生ソーセージ)などなど。

09r_IMG_6327.jpg

こんなでっかい焼き鳥が頂けるのもこちらならでは。
焼きたてアツアツうまうま。

10r_IMG_6371.jpg

ラープ・ガイ。
鶏肉ミンチサラダです。

肉と皮とスナギモと取り混ぜて
酸っぱ辛いドレッシングで頂くタイ北部とラオスの料理。

これ好きなんですよね。
食感のそれぞれ違った部位の合わさった美味さ。

ビールのアテにも、ご飯に合わせても美味しいですよ。

11r_IMG_6275.jpg

福美か延明かどちらかでは頂きたいな、と
再び出向いたけど

やっぱり行列は避けて延明へ。

ちなみに写真は昼撮ったものです。
夜は人多すぎて…流れに飲まれたまま撮り損ねました(笑)

12r_IMG_6342.jpg

水餃子頂きました。
キムチとザーサイ盛り放題。
もはや水餃子だかなんだかわからない絵柄になっちゃいましたが
水餃子とキムチの相性だって悪くありません。

体しっかり温まります。

13r_IMG_6336.jpg

今年のお面のラインナップはこんな感じ。
ややブームに遅れての充実の妖怪ウォッチ

戦隊やプリキュアは人数多いから場所とりますが
人気下位側のキャラってどの程度捌けが見込めるんだろうなぁ。

新ライダーのエクゼイドはお面としてはとても子供に似合ってます。

14r_IMG_6344.jpg

久々に興味ひかれたテキ屋屋台。
もともと少数派だけど更に扱う店も少なくなった揚げもんじゃ。
横浜橋出店は4年振りだとおにーさんが言ってました。

15r_IMG_6349.jpg

仕込み済みでなく餡を記事に載せて
こうして折りたたんでいく様が見られるのが醍醐味です。

16r_IMG_6358.jpg

キッチンペーパーのように見えた生地も揚がってみるとこのとおり。
パリパリサクサクのこの状態
ブラジルのパステルを彷彿とさせます。

考えてみればパステルと揚げもんじゃも異母兄弟的なものなのかもしれませんね。
南米に入植した日本人の始めた屋台料理だという話ですし。

17r_IMG_6361.jpg

タマネギや桜エビなどを使った和風とろみスープの詰まったもんじゃ。
チーズとキムチとネギの選択でネギ選んだのですが

味の傾向からしてチーズは合うのかな?
キムチは良さそうな気がします。
ネギは相性いいけど合い過ぎて地味な組み合わせかもしれません。

18r_IMG_6368.jpg

熊手売りの向かいの串カツ屋台
そーいえば黒はんぺんってまだ食べたことなかった。
100円なんで食べてみました。

19r_IMG_6369.jpg

思えばその存在を知ったのは静岡のローカルアイドルの漫画のつぶららでした。
黒はんぺんうまいらー。

白いはんぺんのふわふわ加減とは違って
青魚を使ってるので身が詰まってて
関東人からするとこれはんぺんなんだ?さつまあげじゃないんだ?という感じ。

串カツ屋だけに衣ばっちりつけてソースによく浸して
これもなかなか悪くない味です。

20r_IMG_6364.jpg

と、夜になってからまた雨が降ってきたので退散。
寒さがなおさら堪えますね。

二の酉は23日。
休日だから一日ゆったり楽しめますが
その分客足も増えそうな予感。

タイミングあえばまた出かけたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

酉の市速報 2016年一の酉
01r_IMG_6298.jpg

SNSじゃなしに速報は大変ですよ。
今年も一の酉の様子を最速で……他にやる人がいないだけのハナシだ…お送りします。

02r_IMG_6276.jpg

昼前に雨はあがったものの寒いです。
金曜なせいかは知りませんが、福美のトックは既に行列が!
少し後にはも行列なくなってましたが。

03r_IMG_6279.jpg

アバンティは昨年と同じ生ハムのほかにミートソーススパ
ソーセージ、そしてアサリとムール貝のワイン蒸しを出してました。

04r_IMG_6282.jpg

アサリと小さめとはいえムール貝もたんまりで
満足感高い一品。
スープがまた美味いこと!

05r_IMG_6280.jpg

中国東北料理も扱うことになって再出発の華星。
初の酉の市出店は串焼きと麻辣串鍋で数々の食材扱ってます。

06r_IMG_6285.jpg

東北だけあって羊の串焼き出してますよ!
もち美味い!

07r_IMG_6286.jpg

そして多分羊モツ、これも美味い。
あー、串にピントあってないっ!

08r_IMG_6287.jpg

宝水産は昼はまだサバの焼き寿司を出しているだけでした。
しっぽの細い部分が来ているのは350円、まるまる身が来てるのは380点。

09r_IMG_6289.jpg

ふっくらの身に脂がのってこれもウメー!

お店横にテーブル出していたので
夜は他にも何か出してるんじゃないかと思いますが。

10r_IMG_6291.jpg

正直屋は毎度の通り格安のフグのから揚げ
今回は運よくありつけた!

11r_IMG_6292.jpg

例年より身が大きいのがヒジョーに嬉しい。
ふっくらほくほく、揚がり立てでいい塩梅。

12r_IMG_6274.jpg

昨年は一の酉では何も出してなかった市場食堂ですが

13r_IMG_6302.jpg

今年はいわしつみれ汁。
しっかり身の詰まったいわしダンゴと優しいスープ美味し。

14r_IMG_6293.jpg

台湾料理の銭爺も酉の市がとても楽しみなお店です。

15r_IMG_6299.jpg

これだけいろいろ惣菜というか、酒のつまみ…?出してくれますから。
どれも美味しそうで目移りします。

16r_IMG_6307.jpg

牛スネ肉は外せませんね!
筋肉とコラーゲン質の丁度よく合わさった部位の醤油煮込み。
大好き!

今回はご亭主も顔を出していて
パクチーと豆板醤も乗せる用指示してくれてました。

17r_IMG_6308.jpg

そして久々に復活の大腸麺線。
台湾の屋台料理の定番、モツ煮込みソーメンです。
1コだけど牡蠣もつけてくれます。

モツのダシの出たとろみスープと麺の組み合わせがたまりません。
モツも入ってます。
クセのある豆板醤をしっかり混ぜて辛くして頂くのもイイですね。

18r_IMG_6290.jpg

他には松井水産がイカ焼きとうなぎの肝焼きを出してました。

灘屋、ソムタムはまだ準備は出来てなかった模様。

というわけで今回はニューカマーメインで攻めてみました。

余力残しておかないと
夜何も食べられなくなるし。

と、いうわけで夜の部は夜半か明日アップします。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

大・羊フェスタ2016
01r_IMG_6027.jpg

コメントで週末に羊フェスなるイベントをやることを教えて頂きまして

ホントは日曜に行こうかどうしようか迷ってて
土曜に様子見てレポしてくれ、って要望だったのかもしれませんが
土曜は仕事で出かけられなかったんですよ、すみません。

そんなわけで日曜の午前中、開催地の中野まで行ってきました。
帰りにブロードウェイ寄れるな、と。

こちらのイベントの主催は羊齧協会という
営利団体ではない一般の羊フリークの集まりです。

身内で数々の羊を食べるイベントを開催していたようですが
好きが高じてとうとうフェスまでやるようになっちゃったという。

02r_IMG_6037.jpg

羊好きとして聞いたことがあるあのお店、この店が一堂に!

こちらは大森のネパール料理屋タカリバンチャ

メニューは羊のすいとん
羊のモモ(水餃子)
カプセ(羊のカレー)とチウラ(干し米)。

03r_IMG_6039.jpg

すいとんで温まることにしました。
なんかこの日、寒かったんですよ。

晴れてたけど完全にビルの影で
しかもずーーーっとビュービュー風が吹いてました。

すいとんのような塊ではなく
なんか塩も砂糖も使わない小豆粥っぽいとろみのあるスープに
ダイコンと羊肉が入っているというシンプルな料理です。

04r_IMG_6040.jpg

武蔵小山のアイリッシュバーSeamus O’Hara
シェイマスと言われるとWWEの赤毛色白の巨人を思い出してしまいます。

05r_IMG_6041.jpg

土曜は早々に売り切れたというアイリッシュシチュー。
とろとろにとけたジャガイモと羊肉の組み合わせは抜群!
こら美味いですわ。

06r_IMG_6035.jpg

中華茶房8の青山店
秘宝館のような怪しげな内装と
宴会向けの大ボリュームの現地屋台料理が頂ける中華のお店。
こちらも好きモノには外せないお店です。

07r_IMG_6046.jpg

羊スペアリブの煮込み
肉がとろとろでたまりませんわ。

醤油に唐辛子を漬け込んだ辛い汁がまたウマい。
しかし風でキャベツが飛ぶ! どうにもならんわ。

目の前で横倒しになったスチール椅子が
風にあおられてズリズリ動くくらいの突風なんだもの!

08r_IMG_6047.jpg

味坊集団は神田のガード下のラーメン屋のような佇まいながら
黒竜江省出身のオーナーの作る東北料理に魅せられてファン急増中。
味坊、味坊鉄鍋荘、羊香味坊と増えた店舗それぞれから料理人が来ています。
オーナーも自ら来てますよ。

09r_IMG_6034.jpg

红焖羊肉、ラム肉と大根の醤油煮込み。
HPには干し筍も使っているように書いてありましたが
カレー味の煮込みに変わってました。

でもカレーというほど風味はなく、ちょっと麻辣の煮込みでした。
ゴロゴロの角煮は食べ甲斐があります。

10r_IMG_6055.jpg

赤坂の白碗竹筷樓、このお店の名前は初めて聞きました。
こちらもディープな北京料理のお店なんですね。

11r_IMG_6057.jpg

羊肉バーガーこと羊肉夾馍。
叩いて炒め煮にしたような羊肉を焼餅に挟んだ料理。
仕上げに煮込み汁を軽くかけるあたりがミソ。

パリッパリの焼き加減の餅がウマイし
美味さのしっかりのったやわらかほぐれ肉がまた美味。

これはいずれお店の方も行ってみないとだ。

12r_IMG_6061.jpg

こちらはお店ではなく日本麻辣党という秘密結社(笑)
つまるところ、こちらも有志の集まりによる出店です。

13r_IMG_6063.jpg

干鍋羊肉という四川の辛い煮込み料理。
告知では猪血糕と米肠子のトッピング別売りのようでしたが
全部まとめてセット。

豚の地の煮凝りと糯米を合わせた
ちよっとお揚げのような塊と
羊肉と糯米の入ったソーセージ入り。

これが美味いんですが……麻辣党を名乗るだけあって本気で辛い!

水が欲しいけど
うかつに歩き回ると突風で手から紙皿が吹っ飛びかねないので
まずはガマンして干した唐辛子共々全部食う!

唇をぷっくり腫らしながら自販機を探す……ああっ!何処にもない!
コンビニ発見……えー!工事のため休業だって。

みず…みず……
探し回って会場の反対側にようやくコンビニ見つけて一息(笑)

14r_IMG_6067.jpg

中央ステージではジンギスカンのゆるキャラ、ジンくんのパフォーマンス。
なかなか可愛いです。
食材だけど(笑)

15r_IMG_6075.jpg

日本中の羊スキーの集まるイベントではありますが
ほとんどのお店は並ぶことなくすぐに料理を買うことが出来ていました。

並ぶのは食券売り場と、お店では唯一、こちらラムバサダーのみ。

こちらもお店の母体はなく
オーストラリアの食肉生産者集団を代表する組織から任命された大使の集まり。

16r_IMG_6069.jpg

この豪快なオージーラムの調理
こりゃ当然みんな魅せられて並びますよ。

そしてただでさえじっくり焼くのに時間かかるところ
風強くて火力が安定しませんし。

17r_IMG_6077.jpg

タイミング悪くちょっとだけ小さい塊が来ちゃった。
でも香りといい味といい、たまりませんですわ。

添えられたディップはババガナッシュという茄子とゴマディップらしいです。
ゴマの脂コクはしっかり出ているけど、味はわりと淡泊。
バゲットに塗って食べたいですね。

18r_IMG_6083.jpg

正直都内の食券制イベントというと
新宿の肉フェス等の悪名のおかげで懐疑的になっていましたが

営利団体でない、有志のイベントだからこそ
来てくれたお客さんに楽しんでもらおうという運営の頑張りが感じられましたし
魅力的なお店が多々来ていたので楽しめました。

食券1枚300円でほとんどの料理が2枚ということで
割高といえば割高ではあるんですが
でもたらふく羊を頂けて満足です。

不満に思うようなら、このイベントは向いていない、ということなんじゃないかと。
コミケ同様、買い手も客でなく参加者、と心構えるべきなのかもしれません。

しかし熱意持ち出しの手作りイベントなので
知名度が高くなって来場者がグッと増えたりすると
イベントとして破綻しかねない危うさは多少ありますね。

羊メインだからそこまで大きくはならないだろうという予想が出るのは
ホッとするべきなのか、残念と思うべきなのか
ちょっと悩みどころではあります。

公式ページ

ともあれすっかり羊臭くなった体を抱えての帰途となりました。
うーん、しやわせ。
周囲の人…匂ったらゴメン。

……会場の外に出たら日が照ってて暖かいよ!
しかも電車乗ると暑い!

11月開催だと、陽のあたる会場の方がいい気がするなぁ(笑)

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第39回市民祭り
01r_IMG_5994.jpg

文化の日の終わった週末
またイベントが目白押しなんですが
本日はお仕事抜けられず涙飲みつつ仕事

どのみち川崎に用事があったので終了間際に駆けつけ、となりました。

02r_IMG_5986.jpg

入口のイベント広場ではアイドルのライブ中
次が最後の曲です~、とか言ってますが
まぁ見てる余裕はナシ。

残された時間は30分ちょい。

03r_IMG_5988.jpg

まだまだお客さん多いですが
でもほとんどの方がもう既に帰途にあります。

もう日も落ちかけちゃってるし。

04r_IMG_5992.jpg

ブラジル式のバーベキューやら軽食やら扱ってるお店
ブラジル式コロッケのコッシーニャを頂きたいなと思って注文
のぼりにはコシニャー、看板にはコンシヤ…どう注文したらいいものやら。

05r_IMG_5997.jpg

焼きおにぎりではありません。
ましてや白黒饅頭でもありません。

方や揚げ甘め、方や揚げ過ぎなだけです。
ほぐしたチキンの入ったもちもちコロッケ。

まぁ乾きモノは食べてる時間も惜しいのでお持ち帰りです。
昼ヌキで来てるのでハラは減ってますが
まぁ、止む無し。

06r_IMG_5995.jpg

茶思味と書いてジャスミンと読む
川崎区役所裏手の台湾料理のお店です。

今回は麺線とか茶葉蛋は置いてないのですね。

07r_IMG_6000.jpg

ということで水煎餅、いわゆる焼き小籠包と腸詰を頂きました。
揚げネギと揚げニンニクがまぶしてあるのがこちらのお店式なんですね。

標準的な台湾の屋台料理の鉄板な料理です。
こちらもお持ち帰りで。

08r_IMG_5996.jpg

川崎に2店、蒲田に1店あるホルモン焼きのお店おさやん
しかし本店と総本店って…どういう区分けなんだ。

看板メニューのホルモン焼きは既に売り切れです。

09r_IMG_6002.jpg

ということで韓国式の鶏カルビ焼き的なもの
タッカルビ頂きました。

これは容器から汁が溢れるのでその場で頂きました。
コチュジャンのコク比較的薄めだけど唐辛子はしっかり効いてる。

いい炒め煮具合の鶏としんなりした野菜が美味いです。
こういう料理は出来てから時間が経っちゃってもなお美味しいからいいね!

10r_IMG_6003.jpg

ふるさと交流広場の熊本ブースは馬推し。
馬の煮込みに串焼きにソーセージ、とすべて馬肉ですよ。

11r_IMG_6004.jpg

馬か鍋という名前の煮込み。
馬肉にスジにモツに
終わり際だからかかなりの大盤振る舞いでボリュームあります。

脂をすっかり取り払った煮込みなのか
臭みは全くないけど脂コクの旨味もあんましない

モツも入ってる煮込みなのにあっさり味噌仕上がりという不思議な出来。
まぁそれでも美味しかったけどね。

12r_IMG_5999.jpg

丸山印度カレーとかいう聞いたことのないお店。
検索してもスパイシー丸山しか出てきませんが
多分何の関係もないんだろうなぁ。

13r_IMG_6008.jpg

ドライカレーに温泉卵乗せというスタンダードな仕様。

粗挽き肉たっぷりの弾力が嬉しくなる仕上がりでしたが
ただ辛さがほぼないのでラグーライスとでもいうべき料理になってました。

それでも美味いっちゃ美味いんですが
もっと辛さ追求すると更に美味くなると思うんだけどなぁ。

14r_IMG_6013.jpg

というところでスピーカーから蛍の光が流れてきました。
あら閉会10分前?
と思ったらもうすでに終了時間でしたよ。

この辺りのブースはもうとっくに入り切れなお店も多々あったので
既に片付けを始めてましたが

15r_IMG_6015.jpg

しかしまだまだギリギリ許されるまで売り切ろうというお店も
氷見の大漁鍋
混む時間帯には行列も出来る、カニの入ってる鍋を毎年出しているのですが

「とうとうすり身汁になっちゃいました、100円でーす」と

16r_IMG_6014.jpg

完全に鍋の残り汁状態ですが
100円ならそれもいいか、と頂いてみました。

ちいさいつみれがちらほら
あとは白身の魚が数切れ。

カニなんて影も形もありませんが
それでも十分に汁にエキスは流れ出てますので
十分美味しかったです。

17r_IMG_6017.jpg

そろそろゴミ箱も回収に入っちゃってるので
片付けのおっちゃん追いかけて引き取ってもらいました。
もうとっくに終了時間なのにすまんね~。

ということでホントに駆け足で終わってしまいましたが
相変わらずの賑わいでした。

公式ページ

明日日曜が今年最後の開催となります。
競輪場一帯全部使っての大規模なお祭り
秋晴れの中存分に楽しめるイベントですよ。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第4回関内フード&ハイカラフェスタ
00r_IMG_5876.jpg

今回で4回目となる、関内弁天通りとメディアセンターの辺りを中心に行われる
関内まちづくり振興会主催のイベント。
今回も楽しみにしておりましたよ。

そんなに広くはない通りですが
この日ばかりは出店のテントで賑わい、人通りもグッと増えます。

もちろん私はもっぱら食う方に専念です。

02Ar_IMG_5868.jpg

新山下のドンキの向こう辺りにあるバー、フタ・バ
山手近辺というと雙葉学園がありますが、店員はあんちゃんだから関係ないか(笑)

03Ar_IMG_5870.jpg

ハワイ料理のお店というわけではないそうですが
ロコ家庭料理のチキンヘッカという鶏の煮込みが美味しそうだったので頂きました。

醤油と鶏ガラダシのオイリーなちょっと和風交じりの煮込み。
よく煮込まれた鶏とガラの脂でめっちゃウマ。

04Br_IMG_5879.jpg

北仲通のオステリア・アウストロ
ジビエのランチもあるということで気にしてたお店だったんですよ。

てか、今回弁天通り外からも誘致してるんですね。

05Br_IMG_5881.jpg

ということで早速イノシシの煮込みを頂きましたよ。
しっかりガッツリ煮込まれてほろりと崩れるくらいのイノシシ、美味し!

臭みはなく、ヨーロッパの郷土料理的な味わいや良し。

06Cr_IMG_5885.jpg

仲通り脇道の隠れ家的ロケーションのビストロマール

07Cr_IMG_5888.jpg

鶏と羊のクスクスを頂きました。
鶏の煮え具合がすごくマグレブっぽい
向こうって焼くにしろ煮るにしろ、こういう風味のある仕上がりになるんですよね。
何が違うんだろ?

添えられた辛いディップとソースを混ぜて頂くともう
堂に入った北アフリカの味になって美味し。

イタリアンとフレンチの店なんですよね。
意外な引き出しが…。

08Dr_IMG_5890.jpg

ステイツは太田町、景記の隣のビルの2階っぽい。

09Dr_IMG_5895.jpg

牛スジのワイン煮込みを頂きました。
おお、肉肉したスジがゴロゴロたんまり入ってて
これがもうとろっとろでたまらん!

10Er_IMG_5904.jpg

関内アペロは地産地消のフレンチのお店。
GALAと同じビルですね。
GALA自体は今回参加してないっぽいですが。

11Er_IMG_5906.jpg

パテ・ド・カンパーニュがえらい美味そうだったんですもの。
これが見た目と名前にピッタリの田舎風の荒々しいパテ。

細かく練り過ぎてない
ブツ切り肉をレバーと油脂と力任せにグッとまとめた様な塊なのがめっちゃイイ!

12Fr_IMG_5910.jpg

厚労大臣賞まで取ってるような日本料理の店空海
でもわりかし親しみやすい料理も出してるようで。

…カニクリームコロッケは特性うにソース…だと…!

13Fr_IMG_5913.jpg

祭りメニューでもちゃんと後からカニ肉のトッピングまでつけてくれちゃってますよ。
酒が欲しくなるような濃厚なウニの味がします。

あー…今すぐ人気のないところに行って紙皿ぺろぺろ嘗め回したいわ。

14Gr_IMG_5917.jpg

アンテナアメリカはアメリカのクラフトビールの輸入会社ですが
吉田町の興産ビルの5階にビアバーも持ってます。

しかしネーミングが…トーピード、ファットタイヤ、レンジャー、スナップショット
シトラデリック、パンプキック…さっぱりわからんわ!

15Gr_IMG_5919.jpg

ファットタイヤは初心者向けと言われたんだけど
ハリボーのシュネッケンみたいな味だったらどうしよう?と思って頼めませんでした(笑)

んで飲んだのはカボチャの絵の描かれたパンプキック
カボチャの味はしなかったけど、シナモンとナツメグが香って
ビールなのに焼き菓子のような風味のあるスパイスビール。

なかなか面白い味でしたよ。

16Hr_IMG_5928.jpg

テントなしにテーブルだけのお店で出していたのは水餃子。
セロリ餃子とエビ餃子と白菜餃子。

お店の名前はCOCORO……エステ屋じゃん!
中華のお店じゃない…てことは後でお店で頂くことは出来ないわけで

まさかエステのコース受けたら、サービスで水餃子がついてくる…とか
んなわけないよな。

17Hr_IMG_5932.jpg

ということでセロリ水餃子頂きました。
300円だけど6コ、と大盤振る舞い。

ラオガンマーつけて頂いたこともありますが
セロリっぽい感じはほとんどなし。
豚挽き肉とモチモチ皮のウマい水餃子でした。

18Ir_IMG_5866.jpg

羽衣町のコンパスはまだ今年開店したばっかりでしたね。
気にはなってたんですが、ランチ平日以外もやってくれればなぁ。

19Ir_IMG_5935.jpg

カンパチと平政と浅利のアクアパッツァ。
ヒラマサ好きだから頼まないわけにいかないのですよ!

アクアパッツァとはいうけどトマトは使わず
塩と魚介のダシだけでまとめたシンプルかつ優しい味。
むしろヒヨコ豆が入ってなかったら日本の魚汁で済んでたんじゃないかという。

優しい味で〆ました。

20Jr_IMG_5901.jpg

ヴェールパル ナオミ オオガキという長い名前のお店は
宇都宮にあるプロヴァンス・アルザス料理のお店の2号店だそうで。
ミスターヨーロッパのある通りの角に作ってたお店か!

21Jr_IMG_5931.jpg

もう食べきれないので後はお持ち帰りして食べた分です。
メゾンカイザーのパンを使った特製パテサンド。

これが美味かった。
たっぷりしたパテもさることながら
自家製マヨネーズとピクルスの味のバランスが素晴らしい!

枝豆のようで枝豆でない三角の緑色の豆はピスタチオかな?
これがまたいいアクセントで美味しかった。

22Kr_IMG_5921.jpg

住吉町のフレンチ、リパイユ
こちらも気にしつつもいつも通り過ぎてたお店でした。

23Kr_IMG_5938.jpg

南仏カスレ風サンド。
煮込みをパンに挟むというヨーロッパらしい料理です。
ほろほろに崩れるくらいよく煮込んだ豚とソーセージを挟んだだけのシンプル料理。
だけどこれがまた素晴らしく美味しかった。

昼もずいぶんいいもの頂いたはずなんだけど
夜のサンドイッチ2品の美味さに持ってかれた感じです。

24r_IMG_5893.jpg

そんなわけで
今回弁天通り外からもずいぶん魅力的なお店が集まって
他にも気になりつつも逃したお店がちらほら。
1日じゃ回り切れませんわ。

ということで次回はまた5月頃だと思われるのですが
また待ち遠しいイベントでございました。

コース出すようなフレンチのお店とか
気軽にサンドイッチとか食べることが出来る機会ないものね。

関内周辺のお店の見識を広げるのに格好のイベントだと言えましょう。

フード&ハイカラフェスタ公式ページ

25r_IMG_5945.jpg

馬車道まつりも同時開催中でしたが、すっかり素通り。
今年はJRAが例年以上に積極的に頑張ってて
馬車の数が例年より多かったような?

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR