オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
野毛(宮川町)、チャオ・イタリアンバルのカルツォーネ
IMG_1868.jpg

野毛界隈でちょいと気になっていたお店の1軒。
日ノ出町側から野毛こうじを進んで
野毛に入る手前あたり。

焼きそばセンターまるきの隣りに
バルのようだけど表に料理の飾られたショーケースがあるお店。

開店したのは今年の3月らしいです。
同じくイタリアンバルであるロザリオの支店。

ロザリオは店長さんがイタリア人ですが
こちらのお店の店長さんは日本人女性。

IMG_1855.jpg

外からこんな料理の様子が見えたら
そら入りたくなるってモンで。

開店から2か月度ですが、もう常連が出来てるようで盛況な様子。
店長が女性なこともあってか、女性客多めです。

IMG_1859.jpg

イタリアのビール、モレッティがあるので頂いてみました。
殊更にイタリア料理の前菜類に合う気がします。

ちなみにこちらのお店
ワイン類はグラスから溢れそうになるくらいなみなみ注がれてます。

IMG_1861.jpg

お通しは春雨サラダ…って和寄りだ。
けどウマい。

IMG_1864.jpg

イカとブッロコリーの和えたやつ
…やつって何だ?と思われるかもしれませんが
そういう品名なんだからしょうがない。

日常の食卓にのぼってそうなフツーさがいい感じ。

IMG_1866.jpg

さんまさん。
ええ、これもそういう品名なんですよ。
缶詰の蒲焼を自作したような感じの料理。

そもそも地中海辺りでさんまは水揚げされないんで
これもイタリアンと呼んでいいのか微妙ですが
安いし美味いし言うことなし。

IMG_1869.jpg

ピザにしようか、カルツォーネにしようか
悩んでカルツォーネにしました。

こちらは生地に胡麻の入ったしっかり焼きの
カリッカリのカルツォーネ。

中にはアツアツトロトロのチーズ
ハムにナス等の野菜にキノコ。

アツアツの具材がしみじみと美味し。

「イタリアン」、という改めて構えるような特別な感じはないけど
なんかその普通さが逆にいい味わいでステキだと思います。

きっとイタリアの人も普段はウチでこういうもの食べてるんじゃないか、みたいな。

IMG_1854.jpg

それと何より女性店長さんの明るいきっぷのよいキャラが魅力。
こりゃ早いうちに常連さんつくのも頷けるわ、と。

公式フェイスブック
参考ページ

サングリアやらケーキやらもあるし
ショーケースがあることからわかると思いますがお持ち帰り販売もアリ。

野毛の中ながら身構えず入れる優しい空気があるので
新規お1人様とかでも入りやすいことと思います。

喫茶店で茶菓子を頂くような気軽さで楽しめるバルなので
特に女性にオススメですよ!
スポンサーサイト

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

鎌倉雪乃下、サンドイッチショップ・ピギーズのポヨ・パリジェロ
IMG_1478.jpg

鎌倉に来たら寄っておきたい、ペルーサンドイッチのお店ピギーズ
前回は念願のロモ・サルタードを頂いたのですが
今回来てみたらまた新メニューが!

IMG_1471.jpg

ポヨ・パリジェロ。
えーっと、バリチェロはF1パイロット
パジェロは三菱

というボケはおいといて、スペイン語でバーベキューのことのようです。
ポヨは鶏なんでチキンバーベキュー。

まだ食べたことのない料理は頼んでみたくなるが性。

IMG_1475.jpg

この日はジュースがマンゴーと洋梨の2種。
マンゴーは大好きだけど、南米で洋梨、という組み合わせが面白かったので頼んでみました。

確かに洋梨特有の味なんですが
何処となくトロピカルフルーツ的な味がするのが不思議。

やはり育つ土地の気候にあわせて味も変質していくもんなんですかね。

IMG_1477.jpg

ジュージュー焼ける音を聞きながら待つと
いかにも南米系のお店らしい豪快なヤツが来ましたよ!

ご飯にフライドポテトもしっかり盛ってあるから
食べる前からこりゃハラが膨れそうだという様相。

IMG_1480.jpg

もちろんチーズとイエローマスタードベースのアヒソースもついてきます。
これイモとの相性抜群なんですよね。
大好き。

「足りなかったら追加しますんで言ってくださいね」と嬉しい申し出も。

IMG_1479.jpg

パリッといく手前に留めた皮は柔らかく
鶏の身は香ばしく、そしてむっちりと焼き上がってます。

パプリカ等のスパイスで十分についた下味で
ピリッとした南米らしい辛さがまた食欲をそそります。

アヒをつけるのもまた美味しいし
ご飯にイモに、とパートナーを換えつつのスーパースター振りが楽しめます。

いやー、ホント美味しいですわこれ。

IMG_1473.jpg

レイアウトを弄った店内はいまこんな感じ。
前より使えるテーブルが増えたところに
もう温かいからテラス席も使えて、次々やってくるお客にも十分対応できるキャパ。

公式フェイスブック
参考ページ

今後もメニューを増やしていくつもりだそうで
また行くのが楽しみです。

そうそう、店長さん、肉ガッツリ系がお好きなようで
どこか心当たりないですか?と言っておられました。

この界隈でそういうお店が分からなかったので答えられませんでしたが
ご存知の方は教えてあげるときっと喜ばれる事と思います。

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ステーキハウスTERAのサイコロステーキ
IMG_1741.jpg

数週前、世間一般的にはゴールデンウィークの最中…という日のこと
こちとらフツーに仕事です。

というわけでゴールデンウィークに出かけない人の強い味方、と仰りますTERAでランチを。

とかいいつつ平日もランチタイム営業を考えてるみたいですよ。

IMG_1738.jpg

いつも通りサラダを頂きつつ
ハラは肉に備える万全の体勢だ!

IMG_1740.jpg

今回はサイコロステーキ。
そこらのフランチャイズ店とは違って結着剤は使ってない
ちゃんとした肉の塊ですよ。

IMG_1744.jpg

ランチタイムだからソースは特製鉄板焼きソース一択。
今までまだ手を出していなかったソースだからこそ好都合。

かけると油一層跳ねるから、その前にカメラは退避せな。

IMG_1742.jpg

肉うまっ!
ソースもうまっ!

そこらのステーキ屋だとあからさまに醤油の強いステーキーソースだったりしますが
こちらは胃袋鷲掴みのB級味と上等な欧風ステーキソース
双方の特徴を併せ持ったいいチューンしてます。

これは更にご飯放り込むしかないわ。

肉もミディアムレアの赤身と脂がバランスよく配置されてるので
これまた満足感高いです。

夜頂いた上質なチャックフラップも美味かったですが
これはこれでイイ!

思わずサムズアップしたくなるような美味いステーキでございました。

公式フェイスブック
参考ページ

取りあえずランチメニューは一旦制覇完了。

カレーがなんか一時ストップの模様ですが
頼む人あんましいなかったのかな。
美味しいんだけど。

まぁ、わざわざこの店選んではいってきた時点で
大方『肉!』腹になるという気持ちはよくわかーる。

テーマ:ハンバーグ - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、Iseyaのポークソテー定食
IMG_1272.jpg

お店のフェイスブック上の分類はライブハウスになっているIseya
韓国料理屋から昼飲みできるバーになって
今はなんと400円ランチをやっているわけです。

ワンコインでも冒険だというのにこの価格破壊。

IMG_1275.jpg

この日の日替わりはポークソテー。
しかもあとから餃子もついてきました。

IMG_1278.jpg

よくある何の変哲もない餃子ですが
それでも手数ならぬ飯の友数を増やしてくれる強力な副菜です。

お、結構ニンニク効いてる。

IMG_1276.jpg

そしてポークソテーもわりと厚切りですよ。
マッシュルームもたっぷり。

これだけの内容持って来て400円って
原価率幾らよ!と近所の飲食店の人達が呆れてしまいそうなこの値段づけ。

家庭料理レベルの内容ではありますが
それでもコンビニめしよりはずっと豪華でハラも膨れます。

公式フェイスブック
参考ページ

浮いた分のカネは夜の酒代に出来るな、と皮算用。
そんな昼の選択もアリ。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

新子安(入江町)、紫悦軒のバリバリ皮の鴨と角煮肉チャーハン
IMG_1294.jpg

一国沿いにある居酒屋的中華料理店の紫悦軒
三が日以来の訪問になります。
予定外の仕事に忙殺された疲れはビールで癒すか、と入ってみました。

IMG_1283.jpg

あ、流石にアルコール半額セールはもう終わってたか。
通常値段ですが生をグビッと。

突き出しのピーナッツの塩が強くてビール進みますわ。

IMG_1293.jpg

パリパリ皮の鴨だから焼きかな、と思ってたんですが
厨房からジュージューと油の跳ねる音。

あ、素揚げ鴨なんだ。
メニューよく見たら「パリパリ」ではなく「バリバリ」でした。

味付けは添えられた香味塩で、ということみたいですね。

IMG_1295.jpg

コンフィのような低温揚げではなく
高温で一気に揚げるタイプの料理で皮はバリンバリン。

肉もすっかり硬めに仕上がっており
ジューシーとかいう感じではないですね。
紹興酒を共に頂くのに丁度い料理かなという気がします。

これはこれで悪くはないけど
普通に滷水煮を頂いた方が好みにあってたな、と思いました。

IMG_1297.jpg

サービスで生春巻き頂きました。

中華だけど北京ダック用の薄皮餅じゃなくて
ちゃんとライスペーパーです。

具材は青ネギと煮豚の切れ端だけ。

そこにマヨ系のカクテルソースをかけただけの
非常にシンプルな品ですが
これがなんか妙にウマい。

鴨よりこっちの方が美味しいぞ?
というのがなんか釈然としないものもあり。

IMG_1299.jpg

ビールにピーナッツに鴨と生春巻き、と頂いたので
あとは胃の容量的に頼めるのはチャーハンが精々。

軽くオイスターソースで味つけた大衆中華系チャーハン。

角煮というか、煮豚の切れ端…だけどそこそこ量多し。
青菜に…タマネギも荒っぽいざく切り、あと卵という、洗練には程遠い炒飯。

だけどこの炒飯、妙に美味しい。
これはなんか好きな味だ。

しかもこの炒飯580円…安い。
この炒飯のためにリピートありと思わせる意外なダークホース。

公式ブログ
参考ページ

このお店の真価にたどり着くにはまだまだかかりそうです。
そこそこボリュームもあるから1人じゃ品数増やせないし。

でも徒歩10分くらいの場所なんで
機会を見つけてまた試してみたいと思ってます。

そーいえばこちらのすぐ裏手の北京+四川のお店もまだ入ったことないんだよなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR