オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
弥生町、Chikensの韓国唐揚げランチ
IMG_9257.jpg

大通公園沿い、ムーンズキッチンの後に入ってきた韓国系ダイニングのお店です。
チキンズの店名が示すように、韓国式のフライドチキンを売り物にしています。

去年だか、メディアが流行りものにしようとして
ほぼ見向きもされなかった、アレです。

福富町にも1軒出来てたと思いますが
まぁあんまし話題にはならなかったですね。

日本人はケンタッキーの洗礼を受けてるから
その牙城を崩すのは難しかったということでしょうか?

IMG_9256.jpg

開店してから半年くらいは経ってたかと思いますが
最近ランチを始めるようになったみたいなので
それならばいい機会、是非味を試してみるとしよう、と入店。

韓国料理店、ではなくコリアンダイニングと謳ってるだけあって
ダイニングバー的な綺麗な店内はほぼ満席。

横浜橋も近いこの場所、在日韓国人の人数も多いのですが
同様にその手のお店も少なくはありません。

そこを、あえてこちらを選んだのは
やはりオサレめな内装に惹かれてのことなんでしょうか?

IMG_9258.jpg

わかめスープ、キムチ、サラダ付という標準的な韓国定食。
かぶのスライスも入ったサラダはごま油の香ばしい醤油ドレ。

さて、当のから揚げの出来は…
これはえっらくカリッカリに揚がってます。

カンペキにクリスピー揚げ。
粉が違うのかなと思ったけど、レシピとか見ると2度揚げしてるみたいですね。

IMG_9261.jpg

その割に油っ濃くなってないサラサラな感じなのはいいですね。
カリカリの歯触りよく香ばしいから揚げ。

ただ、プレーンだとちと味が物足りない。
塩胡椒振って頂きたい気分。
添えられたマヨネーズを加えると丁度いい塩梅。

こちらも選択メニューだとホットとか
ヤンニョム漬けとか、ニンニク醤油漬けとかがあるみたい。

カリカリ感を味わうにはプレーンが最適だけど
調味料+があると嬉しいかな。

クレイジーソルトあたりかけたらメチャ美味いんじゃないかと思いました。

IMG_9264.jpg

コーヒーも付いてきます。
大衆的な猥雑な空気でないお店で韓国料理
落ち着いて食後のコーヒーも楽しめるというのは
やっぱ得難い店なのかもしれないですね。

IMG_9265.jpg

HPのメニュー見ると、概ねは他の韓国料理店と一緒ですが
プルコギピザとか、コリアンバーベキュータコスとか
そういう西洋文化と融合した昨今の韓国料理が頂けるみたいです。

つぶ貝ヌードルとはなんじゃらほい?
そして一番下のチュクミというのは、どうやら韓国人にとっても辛いタコ料理らしいです。

公式ページ

HPにはまだ記載されてませんが
ランチは火~金の平日のみのようです。

韓国では食堂街に1軒は必ずある、というフライドチキンのお店。

店内にカールスバーグのネオンがあったから、多分飲めるんでしょう。
あとショーケース冷蔵庫に遠目にバドやコロナの瓶が見えました。

カリカリのチキン、ビールに合いそうですね。
ともあれこのカリッカリ具合はなかなかいいですよ。
スポンサーサイト

テーマ:チキン・鶏肉 - ジャンル:グルメ

野毛、庄兵衛の牡蠣焼きほか
IMG_9248.jpg

ヌシさんの牡蠣ラッシュ見てたらこっちも気分が牡蠣づいてきました。
去年も庄兵衛の牡蠣焼きの記事見て行こうと思って
結局果たせなかったんですよね。

よし、思い立ったが吉日、とその夜出撃!

いつも日ノ出町駅への帰り際、支店の方を脇目に通り過ぎてましたが
今回も通り過ぎて野毛の奥の本店へ。

IMG_9239.jpg

昔ながらの居酒屋然とした店内はすっかり賑わってましたが
隅の席が空いてたので滑り込み。
取りあえずはおしんこと生ビール。

おしんこは寿司屋的なネタケースから出すと
多分ハイミーをさっと一振りしてます。
今見るまで存在をすっかり忘れてました。
あったな、そいうや。

さーて、ハナッから牡蠣食うつもりで来てるわけですが
そのメインまでどう繋ぐか…。

IMG_9236.jpg

とか言いつつ
実は昼からカキフライ食べてました、この日。
もっと頻繁に食べるつもりで食べそびれてた、市場食堂のカキフライ定食。

最近すっかり人気店になっちゃったから
いつも昼満席で入れないんですよね。

今日はたまたま空きがあったので
かぶりつくと熱い汁の飛び出すたんまりのカキフライ、堪能しました。

IMG_9242.jpg

こちらは焼き物は基本2本からの注文。
しっかり焼きのハツはしっかり噛みしめて味わいます。

IMG_9245.jpg

続いて人気メニューの満州焼き。
カシラを味噌焼きにしたのがそれ。

きもち控えめな甘味噌とジューシーなカシラの相性はばっちり!

何故満州焼きという名前か…
戦中か戦後か満州から引き上げた人が始めたとかなんでしょうか?
後でゆっくり調べよう。

ちなみに横須賀の大衆居酒屋だとこれを羊でやってるそうな。
それは食べてみたい。

IMG_9246.jpg

鳥ピーマン。
軽く焼き目のついたピーマンのほろ苦さがいい感じだけど
鶏がタンパクでちょい弱し。
七味か山椒の力を借りるのがいいかな。

IMG_9253.jpg

さてお待ちかねの、まずは牡蠣の味噌焼き。
先程の甘味噌と同じものに漬け込んで焼いた牡蠣は
小振りなれども牡蠣の旨味に味噌の甘みが加わってイイ。

ヌシさんのアドバイスに従って山椒振りかけると一層良し!

IMG_9250.jpg

しかし個人的には塩焼きの方が好き。

シンプルな塩だけの方が
表面の焼き上がりの美味さと中のジューシーな部分を
ダイレクトに味わうことが出来て
その自然の恵み感がとてもいいなぁ、と思うのです。

IMG_9238.jpg

満ち足りたので長っちりせずに引き上げました。

まだ宵の口、と2軒目を目指すのが野毛ラーなんでしょうが
楽しみは後日に譲ることにしました。

参考ページ

ようやく今年は忘れてた宿題を果たすことが出来ましたよ。
来年もまた今くらいに食べに来たいな。

扱っている時期は実はそう短いものではありませんが
気分的に短い旬の味覚と捉えたい感じですよね、これ。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

関内(真砂町)、トマト酒場のロザリオポークのソテー
IMG_8108.jpg

長らくテナント不在だったセルテ6階食堂街の西側奥。
いつの間にかトマト酒場というビアホール系の店舗が入ってました。
11月頭にオープンしてたみたい。

トマト料理が得意なわけではなくてトマト酒場って
90年代前後のセンスですな。

ともあれ、食べてみなければ真価はわからないわけでして
ランチをやっているようなので入ってみました。

r_IMG_8102.jpg

ビアホールという古めかしい形容が使われてはおりますが
昨今のお店らしく内装はシックだけど華やかさもあります。
フロアの従業員の接客もわりと良し。

r_IMG_8106.jpg

窓側席は眺めが…
近所にそこそこ高いビルがあるから眺望良しとは言い難いけど
見慣れた風景を上から見下ろせるのは新鮮。

…高所恐怖症の方、ゴメンナサイ。

r_IMG_8098.jpg

ランチにはスープバー付き…いや1択だから
単なるセルフサービスですよね?

しめじと青菜入りのシンプルなスープ。
一杯頂けば十分ですよ。

r_IMG_8109.jpg

この日のランチは宮崎産の鶏のから揚げと
マルゲリータと
ロザリオポークのソテー、ということでポークソテー選択。

ソテーには味はついてますが
お好みでジンジャーソースをどうぞ、と添えられています。

r_IMG_8112.jpg

ポテサラはクリーミーでマヨ味のくっきりしたわかりやすい味。
子供のころはこういう味のしっかりしたタイプ好きだったなぁ。

ロザリオポークって何ぞ?と調べたら
天草産のブランド豚だそうで。

適度にハーブと塩の効いた
こころもち厚めの豚バラ…これもわかりやすく美味しいな!

r_IMG_8113.jpg

孤独のグルメで「これは子供のころ嫌いだった味だ」というセリフがありましたが
これは真逆
子供のころごちそうだった味だ。

しっかり噛みしめられるくらいの厚みはあるけど
ステーキほどの厚さではない豚
目玉焼きの裏のようなパリパリ焼きの表面。

ソースは生姜の辛さに甘さもしっかりわかりやすい味
ポテサラの味もそうだったけど
これは子供のころに食卓にあがるとご機嫌だったタイプの味わいです。

でもお子様向けと侮るなかれ。
ガツッと食べて一番充足感得やすいのは
オトナになっても時としてこういう味だったりするんです。

r_IMG_8117.jpg

コーヒーはまぁ普通。

r_IMG_8097.jpg

お店の情報見ると味付け5種あるスペアリブとかなかなかそそられますね。
体育会上がりのリーマンの宴会とかに向いた感じかな。

グダグダ考えるより、ともかく迷わず食って飲んで欲満たしたい、という時に向いたお店かなーと。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

行って暫く後に例のモティティでの火事がありました。

お隣の三熙さんのツイッターに詳細が記されています。

そんなわけで2店とも休業中。
でも他のお店は無事だったみたいです。

しかし世の中何が起こるかわからんもんですね。

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

山下町、デリーダイニングの骨付きマトンビリヤニ
rIMG_8417.jpg

前回団体客のパーティとかち合ったため食べ損ねた羊料理
頂くためにやって来ました中華街入口のインド料理屋デリーダイニング

今回頂こうと目論んでいたのは骨付きマトンビリヤニ。
こちらのお店はランチでもビリヤニを頂くことが出来るのですが

マトンビリヤニと骨付きマトンビリヤニがどの程度違うものなのか
気になっていたものでつい。

IMG_8412.jpg

前回同様マトンスペシャルメニューからセットで注文
ということでランチと同様のサラダにパパド付。

パパドを割ってサラダにかけて頂くのもよし。

IMG_8415.jpg

ビリヤニにつきもののライタ
刻み野菜のヨーグルトサラダ的なものですが
ビリヤニの辛さを緩和しつつ頂くような役割。

でもカレーよろしく全部一気にかけると
ヨーグルトライスになってしまうので
適度にかけて混ぜつつ

余ればそのまま食べればよし。

IMG_8419.jpg

スパイスとカレーグレイビーと炊き込んだバスマティライスの香しいことったら!
もうビリヤニ大好きだから、この香りだけでもたまりません。

概ねの見た目はランチのマトンやチキンと変わりありません。
肉はご飯の中に隠しているという奥ゆかしい?盛り方。

ご飯の中の余熱で肉を蒸らすのに丁度いいってことなんでしょうね。

IMG_8423.jpg

肉の量自体は普通のマトンビリヤニとそう変わらないかな?
骨付ブツ切り肉がゴロゴロ。

骨周りの弾力のある羊肉は
羊肉の数ある部位の中でも特に好きなので
やっぱり美味さ格別。

口の中で骨から肉をこそげるにも限界はあるので
最終的には手掴みの出番となります。

はしたなくはありますが
こういうところが美味いんだからそこは甘んじて楽しむべし。

IMG_8425.jpg

セットのドリンクはホットチャイを
ライスプディングのデザートもつきます。

インド、パキスタン方面の料理がサラダ、ドリンク付きで手軽に楽しめるのが素晴らしい。
インド料理の醍醐味はカレー、ナン、タンドリーチキンのみにあらず。

ちなみにこちら
東京で人気のカーン、ハリマ、サイーファ等のインド料理屋とは兄弟店的な間柄。
店長さんは向こうのフロアスタッフ出身だし、シェフも向こうと行き来してたりするらしいです。

基本的には近いレシピですがこちらの方は辛さは控えめ。
まぁ向こうは「普通」でお願いしてもかなり辛いし
量もとんでもないので
手軽に楽しめるという意味でも非常に有難いお店です。

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

蒲田、ユルディズのアダナケバブ
IMG_8958.jpg

蒲田まで出る用事があったので昼はディデアンソルマリか…と考えていたら
昨年11月にトルコ料理がオープンしたらしいと知って偵察に。

場所は蒲田駅東口から真っすぐ出たバス通りの2階。
インネパ系のお店が撤退したあとかな?と思ったらそっちのお店も残ってました。

IMG_8942.jpg

2階なんでエレベーター使わずに階段で
料理の写真がワクワクしますね。

IMG_8944.jpg

細長い店内はスッキリしていて
トルコのランプ等で飾られています。

奥の液晶テレビにはトルコの観光地の写真などが映し出されていますが
トプカプ宮殿の全景が舐めるようにカメラ横移動してる様は
どうもスターウォーズのナブー宮殿に見えてしょうがない。

IMG_8947.jpg

ランチはチキンケバブ、日替わり、ピザ、イスケンディルケバブ、アダナケバブの5択。
サラダとスープ付き。
サラダの盛り付けとか結構丁寧な仕事してます。

スープは赤レンズ豆。
程よい辛みと酸味の加わったクリーミーな豆のスープ美味し。

IMG_8953.jpg

トルコの中空パン、エキメッキは結構しっかり焼いたタイプ。
発酵のクセは少なく、万人に美味しく頂けるパンです。

IMG_8957.jpg

こちらのアダナケバブは牛肉。
スパイスを混ぜて焼いた挽肉がみっちり
いい焼き上がりで美味しいですよ。

色の薄いトルコのピラフとかパンで食べるのも良し。

ピーマンは焼き甘めですが
これは生ピーマンとつくねの組み合わせが美味しいのは
日本人でも分かることです。
ほんのりのピーマンの苦みが肉の脂と絡んでたまらんのですよね。

辛いタマネギのペーストも〇

IMG_8962.jpg

トルコ料理の〆と言えばチャイ!
渋みは薄く飲み易し。

そして1杯おかわり無料なのが嬉しい。

IMG_8966.jpg

デザートはカバック・タトゥルス というかぼちゃのデザート。
ココナッツと上白糖を混ぜたペースト的なもの。
丁度いい甘みとニコニコな盛り方がいいですね。

IMG_8941.jpg

調理は白髪頭のシブいトルコ人のお父さんに
トルコの民族衣装を着こんだお母さん。

するとお父さんオーナーで
超丁寧なイケメンなフロア担当が息子さんかな?

参考ページの写真とか見るにどう見ても親子だし。

公式フェイスブック
参考ページ

と、思ったらオーナーは息子さんの方らしいです。

絶対にシェフ歴長いって見た目のお父さんは元トルコ政府の専属シェフ
大地震のあと自分の店も閉めて日本に移ってきたそうで

息子さんにオーナーとしての経験を積ませようっていう親心なんですかね。

そんなわけで料理美味いし
丁寧なイケメンの息子さんの接客も良し、のなかなかいいお店です。

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR