オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、京味居の拉条子…あとハシゴ、浜虎の蘭州風六香麺とか
IMG_0354.jpg

またまた突発飲み喰い敢行。

今回はあとでもう一人合流してのハシゴが確定していたので
軽く…にとどめておこう、ということで

軽く……羊串だな…ということで京味居へ。

まぁ、いつものごとく、最初は羊串とジャガイモサラダこと炝拌土豆丝
あととパクチーサラダこと老虎菜の3点セット。
この三位一体は外せませんね。

IMG_0348_2018022321332468a.jpg

しばらくぶりに来てみりゃ
テーブルにこんなモンが備え付けになっております。

ヒマワリの種にピーナッツミルクキャンディ。
ますます日本から遠ざかって中国本土に近くなってきたな!

それはそうと、この日は新しくフロアに若いおねーちゃんが入ってました。
今日から初めての登板だそうで、いろいろ社長が手順を手ほどきしてました。

IMG_0357_20180223213644c04.jpg

普段重めなものに流れがちなので
なかなか手を出す機会のなかった他の串モノ。

これは羊舌。
コリッコリな食感に羊特有の脂の美味さとスパイスがいい具合で
これはまた食べたいと思う、かなりウマウマな出来でしたよ。

IMG_0361_201802232139270f9.jpg

そして羊ハツ。
ハツだけに内臓と肉の中間のような味わいがなかなか良いですよ。

IMG_0362.jpg

そして最後に羊マメ……。
これだけなんでこう異質なんだろう?
豚マメは普通に頂けるのになぁ。

…内臓なのに何故磯の香りがするのだろう?

例えるならアレだ…
サザエのしっぽの部分。
香りも味もあれにかなり近い気がします。

珍味ではあります。

IMG_0365.jpg

〆はラグマンと決めているものの
…ハシゴを前提にしてもまだイケそう…かな?

ということで久々に羊の水餃子を頂きました。
羊の挽肉と肉汁に酸菜っぽい酸味が加わってこれまたウマー。

IMG_0367.jpg

そして拉条子…つまりラグマン。
中央アジアほぼ全域で食されている手延べ和え麺です。

以前頂いた時に、辛い味付けでも出来ますよ、と聞いていたので
次来た時は是非試してみたかったのですよ。

しかしこの色合い…小学生の頃の学校給食の酢豚を思わせます。
場合によってはマズさがトラウマになっている方もいらっしゃるもですね。

IMG_0368.jpg

実は甘酢+トマトの甘み酸味を感じる味わいはアレと遠からず、ではあります。

でもケチャップと違ってトマトならではの爽やかさがあって
そこに青唐辛子やニンニクの風味が相まって、なかなか美味かったりします。

さらにはウイグルの手延べ麺よりももっと幅広でもちもちな麺がウマいです。
中華でトマト、という組み合わせを知らない方には
初めては抵抗があるかもしれませんが、これがまたなかなか。

参考ページ

んで思ったよりしっかり飲み食いした後

まいちん

横浜駅は狸小路の味珍(まいちん)に移動してテールだのカシラだの頂いてたりするわけで。

ちなみにアテに頼みたい辣白菜はありませんでした。
今白菜高いからね!

参考ページ

IMG_0374_20180223220931d3f.jpg

これで終わりのハズだったのですが
浜虎はすっかり行列店になっちゃってるんだよね~とか話をして
冷やかしついでに寄ってみたら

季節の麺に蘭州風六香麺なんてのが出てるじゃありませんか!

気が付いたら食券を購入していたっっっ!!

IMG_0375.jpg

一部で流行っている蘭州牛肉麺に目をつけるとは…
しかも八角まるまる乗せてるよ!

初期からの得意技の鶏チャーシューは
低温調理でピンク色を残しつつも生っぽさは皆無の
かなりイケてる出来になってます。

スープは最初の内は澄まし塩スープの美味さを感じるのですが
食べてるうちにどんどん辛くなっていく。

トッピングされている焦がし粒のようなものは唐辛子?
それらが溶けてスープがどんどん辛く。

IMG_0377.jpg

細めストレートなのに、微妙にバラつきのあるコシの美味い麺。
手延べ麺になんとなく近い感じなのが不思議。

そしてどんどん辛くなるスープの味はまるでカレー。
スープカレー…マジスパを彷彿とさせるような。

シナモン、クローブ、カルダモン等々の組み合わせ。
中華のスパイシーなスープ麺ってこういう味あるんですよね。

メチャ辛だけど美味い。

参考ページ

牛肉スープでも手延べ麺でもないけれど
それ以外は結構な再現度だと思います。

次の季節麺も楽しみですね。

それにしても…調子に乗って食い過ぎた…。
スポンサーサイト
伊勢佐木町、Iseyaのトルコライス
IMG_9817.jpg

伊勢佐木町6丁目交差点をモールに入ってすぐのところにある
ライブハウス兼ダイニングバーのIseya

と書くとカッコよく見えますが
実際はカラオケスナックに楽器の置かれたステージがあるような
場末のバー的な佇まい。

だけどその場末っぽさがまた味でもあるんですよねぇ。

IMG_9816.jpg

場末に拍車をかけるかの如く
ワンコインを下回る400円ランチがどんどん拡充されていきます。

ちょっとだけ豪華版?500円の自家製ハンバーグランチなんかもあります。

そしてトルコライスとな?
こんなお店に似つかわしい料理と言えますよね。

IMG_9818.jpg

スナックらしい低めのソファに腰かけてのんびり待つ。

一番大きいテレビはニュース番組を流していますが
ステージ脇のモニターはジェームズ・ブラウンのライブの映像が。

音は出てないけど、大概のヒット曲は覚えてるので
脳内で音再生するのは余裕です。

さてさて、プラ盆に乗ってやってきました。
味噌汁にオレンジ色のたくあん添えという、いかにもな内容。

IMG_9819.jpg

いちおうトルコライスの定義は
デミグラソースがけの豚カツにピラフとナポリタンスパの3つの組み合わせということになってます。

ナポがないですね。
別に原理主義者じゃないのでそれはそれでよし。
大阪式の場合はナポがない代わりに薄焼き卵敷だったりするケースもあるので
厳密なルールはあってなきがごとし。

こちらのカツは、どちらかというか衣の仕上がりがコロッケのそれなんですよね。
薄くきめ細かなサクサク揚げ。

カツに馴染んだデミソースで衣の軽さ加減が引き立つ感じ。
そしてピラフは昔ながらのチキンライス。
もちろん鶏肉もしっかり入ってます。

非常に学食チックな一品ではありますが
こういうお店ではそんなご飯こそ「らしい」ってなモンです。

IMG_9823.jpg

食後にはコーヒーまでついてくる
等身大の至れり尽くせり

カラオケスナックに毛が生えたくらいのライブハウスで
とーちゃんの作るB級食。

時々無性にこんなのが食べたくなったりするもんです。

参考ページ

テーマ:トルコライス - ジャンル:グルメ

弥生町、牛肉拉麺 王記のエビタマ
IMG_9525_20180124200036996.jpg

大通公園のバーグと濱龍の間に突如開店した蘭州牛肉拉麺のお店、王記

もちろん蘭州式の手延べ麺がいちばんの売り物ですが
牛肉の調理が非常に美味いんですよね。

開店からひと月ほどして
ランチメニューが加わってたようです。

IMG_9512.jpg

舌の上で味じ
丁寧の作る

この誤った日本語のキャッチフレーズ
手書きの看板にまで書かれるようになってしまいました。

まぁ、言いたいことは通じなくもない。

IMG_9516_20180124200039ecf.jpg

壁に新メニューが。
ハチノス和えはあったけどスナギモはなかったはず。
牛肉の冷菜…これ多分牛スネ肉のルースイ漬けですね!

ハーフサイズがあったらビールのお供に絶対頼むんだけど。

IMG_9518_201801242000408ee.jpg

今回はあえて週替わりのエビタマをチョイス。
まずハズレることのない定番料理ではあります。

牛肉料理があればベストだったんだけど
週替わりなので週明けて来れば肉料理になる可能性はありますね。

IMG_9521_20180124200042719.jpg

濃い味のザーサイ美味し。
サラダはさっぱりした酸味の醤油ドレ。
口あたり柔らかな味なので、多分前菜のネギ醤油味のものと共用かな?

悪くはないけど、サラダよりスープ付けてくれると嬉しい。
ここのスープ美味いしさ。

IMG_9523_201801242000434fc.jpg

たっぷり卵なのでシンプルな塩味でもしっかり濃厚。
プリプリプリな海老もいい火加減で美味い。

但しエビタマに限っては比較的近くの杜記の方がランチ定番な上にリーズナブルなので
コスパの上ではちょい溝を開けられるといったところか。

麺以外にご飯のお供として強い武器が回ってくる週にあたるといいなぁ。

参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

鎌倉材木座、香菜軒 寓の野菜カレー(冬)
IMG_9715.jpg

前回鎌倉に来た時には新規開拓でジジコに流れたため
久々の香菜軒
といいつつも前回記事にしてから春、夏にも行ってたりしてますけどね!

IMG_9710.jpg

風干し野菜のつもりだったのですが
この日は切らせていたようなので普通の野菜カレーで。

まぁ自家製で、仕込みに時間がかかるだけに、ない時があるのはしょうがないです。

んが、注文した後で野菜定食に秋冬バージョンなんてのがあるのを発見。
ここ来たら、ついカレー食べたくなっちゃうけど
あえて野菜定食もアリだったかな。

IMG_9712.jpg

先ずはセットの野菜プレート。
いつもの味わい深い糠漬け、特にカブが美味しいなぁ。

手前はサトイモにゴマ味噌をあわせたもの。
赤いのは津田かぶのピクルス。

最近はこちらと同じくご夫婦で運営されてる藤沢の柿右衛門農場さんから仕入れてるそうです。
HP見たら柿右衛門農園 印度化計画とか言って
野菜を使ったミールズのワークショップなんてやってるみたいです。
ちょっと行ってみたいなぁ。

津田かぶのピクルスさっぱりして美味しかったので追加持ち帰りお願いしちゃいました。
気に入った野菜総菜1点から買って帰れるのもこちらのいいところの一つです。

IMG_9716.jpg

さてさて、インドの揚げパン、プーリーと
ご飯にたまねぎのアチャール。

ここのプーリーって油しっかり切ってあるので
揚げ物の割にさっぱりしてて美味しいんですよね。

IMG_9717.jpg

さっさと写真撮らないと萎んじゃう。
さー、アツアツの内に食べようっと。

IMG_9719.jpg

こちらのカレーはスパイスをしっかり使っていながらも
ピリッとくるような刺激は抑えた味わい。

いい野菜の旨味をしっかり味わうのに丁度いいチューニングで
本当に野菜が美味しい。

冬場なのでじゃがいも、ニンジン、キャベツ、カブ等に偏りがちですが
夏場の夏野菜も美味しければ
寒いからこそ甘みを蓄えた冬の時期の野菜もまた美味い。

カレーの中に入れても、やはり真っ赤な津田かぶの美味さは特筆ものでした。
松江まで出かけなくても近場の農場でしっかり育ててくれていること。

農業も多様化している現代ならではの恩恵ですね。

公式ツイッター
参考ページ

基本的にはヴィーガン系の料理中心のお店。
エビやカツオも扱ってますけどね。

基本的にはカレーもやっぱり肉だよなぁ、というワタシですが
ここの野菜だけはガチ!ということで時々訪れずにはおられません。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大口通、武蔵屋の平政刺身ほか
IMG_0049_20180211095722471.jpg

大口通一番街から大口通に出る交差点脇の和食居酒屋、武蔵屋
いぶし銀の大将の調理する丁寧な料理が魅力のお店です。

普段エスニック系ばかり好んで食べてるワタシですがたまには和食。
というか前から狙ってる品がありまして。

IMG_0039.jpg

ヒラマサ……
スズキ目アジ科に属するお魚、好きなんですよね。

煮て良し焼いて良し、もちろん刺身も良し。
ずいぶん前に頂いて以来首ったけで
機会があれば頂きたいと思ってる魚。

でもブリやスズキと違ってお目にかかれる機会、ほとんどないのです。

ここしばらく晩メシの買い出しに信号待ちする間
ちょいとお店の看板のチェックを欠かしてなかったところ
ようやくのお目見え。

IMG_0041_20180211095718256.jpg

基本日本酒の合いそうな地魚料理が並んでるわけですが
まぁ取りあえずはビールで頂くことにします。

IMG_0044_20180211095719c81.jpg

なんとお通しが煮魚。
ちょっと気が効いてていいですね。
ホウボウかな?

落ち着いた甘辛の汁と煮込まれて
木の芽を軽く散らした煮魚はやっぱりウマい。

IMG_0048.jpg

クイックメニューにあったうどのきんぴら。
しっかり味が沁みた炒り煮で食感もよく美味し。

IMG_0052.jpg

キタキタ平政!!
ブリに近いけれど脂がもっとさっぱりして上品な感じ。

身に歯を落とした時のぷりんとした食感がまたたまらないので
こうやって厚めに切ってくれるのがまた嬉しいこと。

紫蘇の芽紫蘇の実紫蘇の葉、と3つ揃った薬味もまた良し。

丁寧な仕事といい品質に舌鼓を打ちました。
ポンポンポン。

IMG_0055.jpg

最後に選んだのは江戸前穴子の天ぷら。
買い物途中、魚屋の店先にあった穴子天に惹かれたのですが
ガマンしてよかった。

軽いサクッとした衣にふんわりの身がたまらん。

ナス天とニラ天が添えてあります。

アナゴにニラ…?と思ったけど
これが薬味として意外と合うんですね。

一緒に食べるとまた新たなる組み合わせの妙が。

IMG_0059_2018021109571479b.jpg

やや薄めながらダシのしっかりした天つゆに軽めの仕上がりの穴子天
合う合う。

こういう時は日本人でよかった~としみじみ思ってしまうのでありました。

もちろん穴子のフリットとかも美味しいですけどね。

公式ページ
参考ページ

基本味覚がお子様なもので
日本酒の美味しさに目覚めたらまた味わい方が変わるんだろうなぁ、とは思いますが
取りあえずはビールで一献。

冬は体冷えるけどな!

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR