オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
山下町、デリーダイニングのゴーシトアチャリ
IMG_3823.jpg

久々にカレーが食べたくなって夕方仕事引けてから中華街方面へ。
日が落ちたらそんなに暑くないなぁ、と思いつつ歩いてたのですが
5分も歩かぬうちにうだるような暑さに…やめときゃよかった。

そんな感じでダルダルながらも到着、デリーダイニング

IMG_3809.jpg

こちらが嬉しいのは
夜におひとり様でもリーズナブルに頂けるディナーセットがあることです。

そこらのお店だとセットあったとしても
安い代わりにランチ同様の基本のカレーしかないのですが
こちらは全種類オッケー。

というわけで取りあえずはランチ同様のサラダとオマケのパパド。

IMG_3810.jpg

焼き物枠にタンドリーチキン、シークカバブ以外に
サモサとパニールティッカのセットがあるので試してみました。
ベジタリアンメニューですね。

こちらはミントチャトニをたっぷり用意してくれるのも嬉しい。

IMG_3812.jpg

サモサはジャガイモと豆をすり潰して生地で包んで揚げたもの。
春巻きのインド版…と捉えてもいいのかな?
インド料理店がお祭りなどに参加すると定番のメニューです。

イモと豆でぽくぽくした食感でちょいスパイシー、安定して美味しいんですよね。

パニールティッカは水牛のカッテージチーズにスパイスヨーグルトをつけて
タンドリーで焼いたもの。
これが食感がもきゅもきゅとして高野豆腐みたいなのが面白い。

同じくスパイスでマリネしたタマネギ、トマト、ピーマンが一緒なのが嬉しい。
ただパニール自体はスパイスで味付けてもなおちょっぴり淡白気味。

ピーマンと一緒に食べると、青っぽい苦みがいいアクセントになって丁度良し。

なのでついついミントチャトニ多めにつけて食べたくなります。

IMG_3819.jpg

カレーのお供はライスと決めてたのですが
通常ジャポニカ米なのを100円割り増しでバスマティライスに変えられるというので
お願いしてみました。

おおお、バスマティ大盛!!
100円プラスでこれって、めちやめちゃオトクじゃないですか!

IMG_3821.jpg

カレーはゴーシトアチャリ。

辛酸っぱいピクルスと、更にグリーンチリを羊肉と煮込んだ
ハイデラバード式のカレーです。

お昼のランチバイキングでも時々これのチキン版が出ることがあるのですが
爽やかな辛味酸味とオイルが合わさってめちゃ好みなんですよね。

IMG_3826.jpg

ディナー用だけに塊のアチャールもしっかり入ってて
酸っぱくも美味し。

なんだろ、奈良漬けから甘みとアルコールを抜いて
酸味を強くした感じといって通じるかしら?

クリーミーになったスパイスの塊と
辛い油っけと
そこにほろほろに煮込まれた羊肉。

さらにさらにさらっさらなバスマティライスの組み合わせがめちゃめちゃ美味い!!

バスマティにして正解。
粘り気少ない代わりにしらすのような口当たり
米なのにこの不思議なのど越しとでも言おうか。

これがまたカレーに合うこと。

もちろんこのカレー
ジャポニカ米にも合うと思うけど

ビリヤニになる一歩手前、みたいなのもいいなぁ。

IMG_3829.jpg

そしてセットだからお米のデザートのキールと
ドリンクもついてきます。

もう暑いのでラッシーを頂きました。
こちらのラッシーはそこらの飲むヨーグルトっぽいのでない
乳脂の粒が泡だったような濃いめの仕上がり。

ちょっぴり酸味が強くほの甘い味が非常に好みです。

公式フェイスブック
参考ページ

この暑いさ中に汗かいて歩いてきて
カレー食べて更に汗かいて
その後も汗かいて歩いて帰るのもどうかとは思うけど

でも時々無性に食べたくなるんだよなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

野毛、36スパイスのキーマドーサセットほか
IMG_3609.jpg

野毛の某お店に入ろうとしたらお休み

なんか無性にカレー腹になったので中華街のインド料理屋へ
大人数の宴会中だったのでパス

しかしどうにもインド料理が食べたくなったので
意地で流れ流れて野毛のインド料理店へ落ち着きました。

1時間もの放浪…何をやってるんだ俺は、と思わなくもないけど
放浪のお陰でカロリーの消費が出来たと思えばいいさ!

IMG_3597.jpg

つうことでビールが美味い。

外はじめじめ蒸し暑いので
冷房効いた店内で頂くキングフィッシャーに潤います。

IMG_3600.jpg

メニューを見て気になっていた
マッシュルームにチーズを詰めた焼き物が売り切れとのことで
頼んだのはムルグチャット

インド式チキンサラダと言えばいいんでしょうか?
胡麻ダレと辛いスパイスを合わせたドレッシングが何か不思議な味。

唐辛子以外にもクローブとかカルダモンとかの
インドらしいスパイスを使ってはいるんだけど
胡麻の甘さと相まってインドっぽくない。

例えようのない無国籍な感じの味。
これはゆで卵入れるといい感じになるんじゃないかな。

IMG_3602.jpg

そして気になっていた料理ゴビマンチュリアン注文。
ゴビとはカリフラワーのこと。

マンチュリアンは満州が語源。
つまりはインドアレンジの中国四川料理ってなところです。

衣つけてカリカリに揚げたカリフラワーに
甘辛酸っぱソースをかけたもの。

これは確かに中華っぽい。
エビチリの中身をカリフラワーにしたような。
でもスパイスの複雑さはやはりインドっぽいバイアスを感じます。

面白いクロスオーバー料理です。
だけど一人で頼むには多すぎてちょい飽きる(笑)

IMG_3610.jpg

トドメに頼んだのはキーマドーサ。
カレーもいいけど、ドーサが食べられる機会はそうそうないんだし
やはり食べておきたいですよ。

こちらのキーマは羊肉使用だそうで、その辺も選択した理由です。

何度も頂いてるんですが
改めてやっぱり

でっけーーーーー!

キングフィッシャーの瓶が小さく見えますよ。

IMG_3614.jpg

ココナッツチャトニと野菜カレーがついてきます。

チャトニはすりおろしたココナッツがヨーグルトソース状になったものですが
これもいつ食べてもなんか形容しにくい
美味しいんだけど不思議な調味料です。

野菜カレーは野菜が形を留めなくなってくる頃合いにとろけた
クリーミーで辛さ控えめ、ほんのちょっとの酸味で

パリンパリンの米粉焼きのドーサに合います。

IMG_3615.jpg

甘辛の味付けの羊ミンチと玉ねぎピーマン。
期せずしてこれも味付けがインドというより中華っぽい。

コンビニなんかで見かけるイタリアンまんのような
あるいはナポリタンっぽいような気もしてきた。

いずれにしても巨大おこげみたいなドーサを頂くのに丁度いいおかずになってくれます。

公式ページ
参考ページ

しかしやはり量が多かった。

1人で食べるには最初っからドーサだけでよかったんや。
3品も食べてすっかりハラ満杯。

1時間強の彷徨で消費した分の何倍ものカロリー摂取してしまいましたが
運動一切せずに食べたわけじゃないからまだいいか、と
そう一人納得して帰途につきました。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

東白楽(西神奈川)、ジョジョロパのBネパールダルバートセット
IMG_1814.jpg

久々に白楽近辺を歩いていたら、またインド・ネパール系のお店が出来ていました。

もはや珍しくもない光景ではありますが
チラシを見てみたら、ダルバートもやってるみたいだったので
入ってみることにしました。

店名は、何イイイイイィィィィ、ジョジョロパだとぉおおおお!
ジョジョベラーに続くジョジョのムック第2弾の名前なのかアアアアアアア!

いやぜんぜん関係ないんですけどね。
検索するとネパール語らしいことはわかるのですが
その意味まではわからず。

IMG_1808.jpg

同じくインド・ネパール系のヒマラヤの居抜き、だったっけな?
もはや珍しくもないせいかネットに情報を上げる人さえいないので不明です。

脇からロフトに上がれる構造になってるようですが
そちらはスタッフルームとして使ってるようです。

IMG_1809.jpg

すくティとかいう漫画に出てくる外人の訛りの表現のような表記がナイス。

スクティやチョエラはエミネパールアジアンダイニング&バー辺りでも扱ってますが
ブータンはジブロ等はまだ横浜界隈で扱っているお店は少ないです。

IMG_1805.jpg

セットメニューの半分はインド系ですが
残りはネパール系。

ロキシーはネパールの焼酎
そこに酒のつまみとしてチョエラやアチャールと纏めたのがロキシーセット。

ダルバートはネパールの定食的なものです。
こちらはセットのドリンクにアルコールが選べる辺りがよそのお店とちょっと違う。

とはいえ、こころもちお値段高めではあります。

IMG_1810.jpg

ドリンク枠にはビールを頼み
パパドをぽりぽり食べながら料理が出るのを待ちます。

テレビではネパール版のMTV的な番組が流れています。
人種が微妙にインドと違うんだなぁ。
音楽自体はほぼ変わんないのですが。

IMG_1813.jpg

インド式のアルミのターリー皿とは違うネパールの真鍮製のカトリで出てきました。
これが指で弾くと仏壇の鐘みたいなチーンっていい音するんですよね。

IMG_1815.jpg

さてさて内容は刻みココナッツ入りのヨーグルトがテザート。
小さな器に入っているのはネパールのソース、ゴルベラアチャール。

こちらのお店のは山椒は使ってなくて
酸味と辛みのあるマヨネーズ的な感じです。

IMG_1816.jpg

ほうれん草の炒めものは
刻みショウガとニンニクがガッツリ効いた味。
おー、これはダイレクトにネパールの味だ!

そういえば料理が出てくる直前に「パクチーダイジョウブデスカ?」と聞かれましたが
カレーにパクチー乗せるのはインドではあまり見かけませんよね。

野菜カレーは基本的にはインドのと変わりなさそうですが
ブロッコリーのような菜の花のような食感の野菜が入ってたのが特徴的。

まさかカイランではないだろうし…なんだろう?

IMG_1817.jpg

手前のダルカレー…豆のカレーは

この手のインド・ネパールのお店で
インド式の場合ほぼひよこ豆のことが多いのですが
レンズ豆も使われています。

しかしジンブー等のハーブは使われていないようなので
インド式のような…ネパール式のような…どっちだろう?

もう一つのチキンカレーも
シャバシャバではなくクリーミーな仕上がりなので
インド系かという気もするのですが

チキン自体は骨付き肉を骨ごとバラバラにして入れてあります。

こちらもこの手のお店のインド式の場合は
初めから骨なしの肉を後から入れるケースが多いので

こちらもインド式なのかネパール式なのか
ちと判断に悩むところです。

まぁ、いずれにしても美味しいんですけどね。

IMG_1799.jpg

個人的にはシャバシャバの山羊カレー、カシコマスとか
ジンブーがしっかり入ったダルカレー等が頂けることを願っていたのですが
残念ながらそれは果たせず。

横浜界隈では未だ大久保にあるような純ネパール料理店は開店ならず。
その辺は蒲田か大森辺りまで出てくしかないかなぁ。

とはいえ、インド料理だけではないネパール料理が頂ける貴重なお店ではあります。

公式フェイスブック

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

鶴見中央、アムラパーリーのランチCセット
IMG_0989.jpg

京急鶴見駅と第一京浜の間の路地にあるインド料理屋さん。
前を通りかかった時ランチのセットにラッサムがあるのに気づいて注目していました

時々コメント頂いてるShiraさんもオススメされてたので
次鶴見に行った時は絶対行こうと思ってたんです。

IMG_0979.jpg

見ての通りモモやチョウメンはないのでネパール系ではなく
折りたたんで重ね焼きするパロータがあり
ビリヤニもちゃんと「炊き込み」と書いてあります。

あ、牡蠣スープカレーなんて美味しそう。
でも季節はもう終わりだし、頼むとしたら秋以降かな。

IMG_0982.jpg

先にラッシー。
この日はもう外歩いてると暑かったので
冷えたドリンクがめちゃ美味い。

IMG_0983.jpg

カレー3種と焼き物のセットがCランチ。
こちらのランチカレーは毎日3種日替わりで
この日はバターチキンにポークほうれん草、ジャガイモとカリフラワーの3つ。

IMG_0984.jpg

ライスこそジャポニカ米のサフランライスですが
南インドのスープ、ラッサムがついているのが非常に嬉しい。

トマトベースの酸っぱ辛いスープ。
南インドにおいては定食の味噌汁的立ち位置。
トマト+タマリンドの丁度いい酸味が美味し。

IMG_0987.jpg

焼き物はタンドリーチキンとシークカバブの2点。
作り置きをレンジで温めたものですが
レンジ用蒸し器のような入れ物に入れて温めてました。

充分に美味いです。
そしてタンドリーチキンよりシークカバブが断然いい。

グリーンチリが練り込んであって
その辛さがすごくいいアクセントになっていて非凡な味わい。
かなり好きな味に仕上がってます。

バターチキンは甘ったるいクリームではなく
こちらもトマトとタマリンド?の酸味を強く出したコクのあるカレー。

酸味のあるバターチキンって初めて食べたけど
これも結構いい味してます。

IMG_0986.jpg

ジャガイモとカリフラワーのアルゴビカレー?でいいんだっけ
辛さ控えめの癒しの味がまたいい感じ。

ポークとほうれん草は
ほうれん草が完全な液状にはなっていない
刻み野菜の状態になっています。

ポークも柔らかいのがゴロゴロ入っていて食べ応えあり。

そこらの量産型インド・ネパール系のお店とは一線を隔してる
素晴らしい出来のカレーですよ。

IMG_0992.jpg

辛いのがお好きでしたらどうぞ、と
ガラスの器に入った漬物。

こういうのって大抵辛みのあるタマネギが来ることが多いんですが
ダイコンです。

他のテーブルから「キムチだ」と聞こえてきましたが
キムチでも通りそうな、ドロッとした唐辛子メインの漬け汁に漬け込まれたアチャール。

これだけで茶碗一杯のご飯頂けそう。

IMG_0976.jpg

見ての通り飲み屋街の裏手のアパート併設のお店で
8卓×2席くらいのちっちゃいお店ではありますが
お昼はほぼ満席。

チューボーですよ!に何度か出たことがあるそうですが
単純にテレビの影響のみならず

ちゃんと美味しいインドカレーなので
満席になるのもむべなるかなという感じです。

参考ページ

しかし思ったより量多かったので
ハシゴで使うにはちょっと重いかな。
ハシゴ前提ならAセットあたりに留めておくのがいいかも。

そして牡蠣スープカレー…半年後に是非食べに訪れなければ!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

山下町、デリーダイニングのパヤとラムチョップ
IMG_0094.jpg

北インド、パキスタン方面の羊料理がほぼレギュラーメニュー化しているデリーダイニング
あとまだ食べてないのはパヤとラムチョップ!
そろそろ夜で歩いても寒くないので歩いて食べに行こう、と中華街方面までてくてく。

IMG_0089.jpg

この辺のニッチなメニューもサラダ、ナン、ドリンク等付のセットに出来るのが
こちらのお店の嬉しいところ。

ちなみにカレーにタンドリー等つけたセットも始めたみたいですよ。

IMG_0090.jpg

先に来たのはラムチョップ。
味のしっかりしたミントチャトニもついてくるのが嬉しい。
これはパパドやナンにつけて食べるのも美味しいです。

あばら肉をカットしてスパイスでマリネして
タンドリーで焼いたものです。

うーん、美味しそう。

IMG_0092.jpg

タンドリーチキンと同じくらいしっかり効いたスパイスの味つけなんで辛いです。
辛ウマ。
そして肉の旨味もしっかり。

これはホント一切余さず食べつくしたい。

でも骨ごとスライスしたものなので骨も結構残ってます。
だからナイフとフォークだけでは難しい。
最後には手掴みの出番になります。

この手を汚してでも、骨に残った肉を最後まで味わい尽くしたい。
そんな美味さです。

IMG_0095.jpg

そしてパヤですよ。
ナンの代わりに頼んだのはロティ。

こちらの場合は全粒粉を使ったナンといったところ。
スリランカやパキスタンレストランだと結構油っこくなる焼き方しているお店もありますが
こちらはタンドリーで焼いてるのでさっぱりしています。

IMG_0097.jpg

パヤは羊の足のスパイシー煮込み。
カレーに比べると水気多めなので
イメージ的には豚足入りスープカレー的なものかな。

いや、豚じゃなくて羊ですけどね。

イスラム寄りの料理で、ラダマンのあとなんかに食べたりするらしいです。

IMG_0101.jpg

ひづめの骨ごとまるっと足煮込んで
コラーゲンとろとろなんで豚足に例えましたが

結構スパイシーに煮込んでいるにもかかわらず
足から骨から羊の旨味がきちんとで出るんですよね。

骨の髄のダシも溶けだして、それがまた味わい深いのです。

足のコラーゲンそのものを口にした時のこってり感は
ショウガや添えられたレモンを絞るとなおスッキリとした味わいに。

IMG_0102.jpg

いいお店のカレー、インド料理は
ちゃんと素材の旨味をきっちり活かした調理をしてくれるんだということを
改めて再確認。

街中で多く見かけるインド・ネパール系のお店の安価なカレーは
ベースの共通したカレーを違う食材で使いまわすのが常なので
こんな領域まで来ないのですが

まぁ、あれはあれでそれなりに美味いから困ったところなんですよね。
いや別に困りはしないけど。

公式フェイスブック
参考ページ

取りあえず特別の羊料理は全部頂いたことになるので
次は元からのレギュラーメニューのマトン・ロガン・ジョッシュとかゴシト・アチャリなんかの
羊カレーを頂いてみようかな。

ランチのカレーやバイキングで出て来るカレーもめちゃめちゃ美味しいから
その辺の単品料理もも絶対美味いに違いないですから。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR