オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
川崎区東田町、ラジ・ダイニングのムルギプラウほか
IMG_8005.jpg

先日のいいじゃんかわさきの時に見つけたインド料理店。
某ログの登録上はインド・トルコ料理となっています。

ドネルケバブとインド料理のセットのお店の場合
大抵はパキスタン人の運営なのですが、こちらはバングラデシュ人っぽいです。

ケバブの中にサバケバブとかあるし、バングラチャイがあるし
でも他にイスラムのシチュー、ハリームやらパキスタンの肉煮込みパヤやらがあるので
どうしても気になって行ってきました。

IMG_7997.jpg

取りあえずメニューと首っ引きで注文を決めるために
時間稼ぎにチャナサラダを。

ひよこまめにキュウリ、ニンジン、タクネギを加えた辛い味付けのサラダ。
いい感じに辛くてビールが進みます。

IMG_7993.jpg

バングラは意外と魚を使ったカレーが特徴の一つ。
大エビ使ったカレーとか見た目から美味しそうだし
フィッシュカレーはバングラ式なのかインド式なのか、さてどっちだろう?

IMG_7994.jpg

バングラローストチキンってどんなだろう?
そしてエビだけでなくイカにホタテにサンマにサバもタンドリーで焼いちゃう。

IMG_8002.jpg

したら珍しいサンマを頼むしか!
タンドリー焼き料理特有のスパイスで味付けたサンマはやっぱり美味い。

ただスパイスはそんな効き過ぎてもいないので
日本人が普通に頂くサンマ焼きとそう変わらない感じで頂けます。

IMG_8003.jpg

サンマは素材の味がやっぱり強いんですよね。

独特のあぶら加減にちょっとした臭み、苦み
この辺も日本人のDNAにはしっかり刻まれているから
旨味に感じるんだよなぁ。

IMG_7995.jpg

一番楽しみにしていたハリームを頼もうと思ったのですが
今は扱ってないそうです。

同じくパヤ、ラムのパヤも今はやってないとか。

ガーーーーーン、この辺目当てだったのに
早々に封じられてしまい、深い悲しみに包まれた。

代わりに何を頼んだものやら。

IMG_7992.jpg

ああ、ホームページ上には掲載されてなかったビリヤニ類がありますよ!

普通のビリヤニとは別にハイデラバード・カチ・ビリヤニなんてのも!
とはいうけど、ハイデラバード式って本式にやると結構調理に時間かかるはずなんだけど。

でも隣りにあるプラウがこの界隈じゃ珍しいですよ。
これは今も扱ってるみたいです、では注文。

IMG_8008.jpg

こんもりと盛られたプラウ
ピラフの原型にあたる中東、インドの米料理です。

でもビリヤニとプラウはどう違うのかというと、あんまし明確な答えはないらしいんですけどね。

こちらのはちゃんと長粒米を使ったパラパラ仕上げ。
色もまばらな本格的なタイプっぽい。

ホールスパイスを使ったっぽい刺激と香りが鼻に抜け心地よし。
いい感じに辛くて美味いですよ。

IMG_8010.jpg

ムルギーは鶏のこと。
タンドリーチキンっぽいドラムスティックが2本米の下に隠れてます。
こちらもいい火の通り加減、ほこほこで美味し。
みちっとした噛み応えの後に追いついてくるスパイシーな味。

しかしこんもりご飯盛ってる下に入れてるところ
皿があんまし大きくないので
取り出そうとすると米が溢れるのが難です。

ポロリ…あ、ちょっと床にこぼれて勿体ない。

でもめちゃ美味い。
わざわざ食べに来てよかった。

ハリームもパヤもなかったけど
これならビリヤニも食べに来たいです。

カレーも食べたい。

IMG_7986.jpg

場所は仲見世通りのいちばん奥の方。
夜はこの通りは客引きだらけなので、行く場合は他の通りを迂回するのがよさげです。

そしてこのお店、24時間営業だそうで、夜遅くにカレー食べたい時にも使えるみたいです。

公式ページ
参考ページ

24時間制ということは、シェフの交代も当然あるわけで
もしかして時間帯によってはハリームやってたり…しないかな?
スポンサーサイト

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ばんぶーのカツカレー定食
IMG_6758_2017100711072322d.jpg

鶏料理と全国各地のカップ酒がメインの売り物な居酒屋ばんぶー
ボリュームのあるランチお目当てで時々利用させていただいてます。

カツカレー定食なるものが出ていたので注文。
ここでカレーは初めてでした。

IMG_6757.jpg

カップ酒のお店だけにお水もカップで。

パンダ柄のなんてあるんだなぁ、と調べてみたら
岐阜の御代桜醸造のものらしいです。

IMG_6759.jpg

相変わらずのデッカいさらにしっかり盛ってますよ。

お吸い物は豚の細切り入り
ポテサラも結構たっぷり。

そして和定食、洋食のカレーにつきものの福神漬けとらっきょも標準装備です。

IMG_6765.jpg

もちろんこちらの定食の常、からあげも1つセットで。
いつもちゃんと揚げたてなのが嬉しいです。

IMG_6760.jpg

カツこそ標準サイズより小さめではありますが

でも皿デカいから山盛りにしなくても
かなりのボリュームだとわかっていただけると思います。

居酒屋の昼のカレーというと
ハンバーグで頂いたデミグラ系を思い浮かべましたが

IMG_6762.jpg

とろりとサラッの中間くらいのルー。
豚バラに小さめにカットしたニンジン、原形の完全になくなったタマネギ
あとシイタケも刻んで入ってます。

辛さは控えめで、和を感じるダシの味わい。

これどちらかというとおそば屋さんのカレーの味ですね。

麺つゆのベースに使うダシをカレーと併せて使ってるタイプの
日本ならではの味です。
結構ウマいな!

このタイプはたいていそばのセットの小どんぶりで、とか
カレー南蛮そばとして頂くタイプですが
ライスでたっぷり、そしてツクツクのトンカツ添えで、というのがまたイイ。

参考ページ

堪能しました。
うーん、おなかいっぱい。

ガッツリで満足度の高い居酒屋ランチ。
しっかり食べて力つけたい時のいい選択肢です。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

阪東橋(伊勢佐木町)、みんぐるまんぐるのスリランカ風カレープレート
IMG_7077.jpg

しばらくお昼の営業が休止されていたみんぐるまんぐるですが
久々に前を通りかかるとランチを再開していました。

そしてスリランカ風カレープレートなる料理が!

IMG_7071.jpg

ああ、関西を中心にスリランカカレーが静かなブームになって
東京にも派生したと聞いていたのですが
ようやく横浜にも…。

みんぐるまんぐるといえば豚汁…というわけじゃないけど
カレーに豚汁がついてくるのがまた野暮ったくも嬉しいサービス。
お代わり自由ですぜ。

IMG_7072.jpg

ホットコーヒーもアイスコーヒーもアイスティも
そして豚汁も、セルフでスタンバイ状態。

IMG_7074.jpg

お代わり自由の立場でありながらも豚バラたんまりの豚汁。
大根、ゴボウ、お麩に味噌と豚の脂の旨味の相乗効果で美味し

体温まるゥ。

IMG_7079.jpg

スリランカカレープレートではなくスリランカ風カレープレート。

つまりみんぐる風の翻訳の入った
日本のご家庭にも馴染みそうな優しい味の組み合わせです。

IMG_7083.jpg

サラダはノンオイルのさっぱりドレですがパクチー入り。
おかげで辛くないのにタイっぽい味わいなのが面白い。

カボチャはココナッツ煮込みで甘さとコク深め。

IMG_7081.jpg

キーマというよりはスパイシー鶏そぼろなドライカレー。
タマネギの甘さが活きてます。

そしてお隣はタマネギとインゲンのドライカレー。
ココナッツオイルで炒め煮にした感じ。

IMG_7085.jpg

こちらも鶏とタマネギとさらにピーマン等で煮込んだカレー。
つまり総じてタマネギの甘みが支配するタイプですね。

これはタマネギ嫌いなお子さんに食べさせるための
お母さんの工夫…的な

そんなスリランカ発だけど日本のお母さんによる翻訳の入った優しい味です。

カラピンチャだのサンボルだの、そういうこと言い出す余地はないけれど
でもこれはこれで美味しいカレープレートです。

それに豚汁おかわりOKだし(笑)

IMG_7091.jpg

食後は店内の大きな液晶に移る槍ヶ岳の映像を眺めつつコーヒー。
はちみつ掛けヨーグルトもデザートについてきます。
この組み合わせもスリランカっぽい(笑)

参考ページ

ともあれ優しいご飯を食べたい時の選択肢が復活してくれたことが
非常に嬉しいのです。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

和田塚(由比ヶ浜)、鎌倉バワンの2種盛り定食
IMG_6708.jpg

過ごしやすい天候になってきて
鎌倉界隈の観光客の人数も増えてきました。

でも和田塚まで足を延ばすとその喧騒も程遠く

古都鎌倉でもカレーを食うぜ優雅に、ということで鎌倉バワン

IMG_6704.jpg

見ての通り週末はホリデーミールズ仕様
実質値上げです。

ガッツリ3種盛り気分でいましたが
ポークビンダルーも150円増ししているので
前回よりトータル650円増しに…2種でいいや。

IMG_6707.jpg

この日のカレーはミントキーマ、ポークビンダルー、ベジタブル、あさりココナッツの4種
んでキーマとビンダルー選択。

カレーだから全部茶色ですが
ここのミールは比較的色合いが明るいですね。

IMG_6712.jpg

ペースト状のアチャールは
唐辛子ベースではありますが、以外と辛さは少なめ。
そのまま舐めても平気なくらい。

おかず枠はジャガイモとシシトウのクミン炒め。
しっかり馴染んでる油がいい具合でかなり美味し。
これだけお替り頼もうかと思うくらい。

IMG_6710.jpg

キャベツのポリヤルはシンプルにキャベツの甘みを湛え
オレンジ色のラッサムはタマリンドの酸味爽やか
野菜とろとろのサンバルは今回はとろけたダイコンが辛さを程よく中和しています。

IMG_6709.jpg

ポークビンダルーは前より発酵味は抑え目になってるみたいです。
この方が万人受けする味だと思いますが
前みたいな発酵臭ばしばしみたいなヤツの方が好きなんだけどな。

たっぷりの厚めの豚バラ肉はとろーりと柔らかく
熟成されたビンダルーと旨味がしっかりマッチしています。

ミントキーマはミント自体は控えめ

でも肉の挽き具合がすごく良くて
口の中でぷりんぷりんに弾けます。
こんな噛み応えの楽しいキーマは初めて!

ここに来たら是非食べたいものがまた増えてしまいました。

公式フェイスブック
参考ページ

ポークビンダルーも大好きだし
2種盛りなんだから今後の選択完全に決まっちゃっいましたよ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

野毛(花咲町)、ハナサキ・ブッチャーズストアのバラエティ・ブッチャーズ・スパイシーカレー(コフタ)
IMG_6553.jpg

野毛の外れ、花咲町
昔ながらの居酒屋ばかりが目立つ通りに
南米のバーベキューをフィーチャーした肉バル、ハナサキ・ブッチャーズストアがあります。

知らぬうちに開店1周年。
こんないいお店を1年も知らずにいたとは不覚!

IMG_6547.jpg

さて今日はスモーキーラムのタコライスでも…って、え?
グラタンに差しかわっとる!

そろそろ涼しくなってきたから、確かにグラタンは美味しかろうて。
でもラム食べたかったんだよなぁ、残念。

今日のカレーは何か聞いてみたら「コフタです」と。

今何て言いました?
「コフタ」「それでお願いします!」
「羊の挽肉ですが大丈夫ですか?」

いや羊と分かったからこそ注文したんですよ!

IMG_6556.jpg

ホットなラテン系辛ウマスープを頂きつつ
カレーが出来るのを待ちます。

IMG_6548.jpg

鉄鍋でグツグツいってて実に美味そうじゃないですか。

IMG_6551.jpg

あまり火は通し過ぎずに提供。
十分に鉄鍋が熱を蓄えてますので
グツグツいったままの提供。

IMG_6552.jpg

コフタというのは中東方面の香草をしっかり使ったハンバーグですが
こちらの場合は粗挽き羊肉そのまんま、みたいな作りです。

多分夜のメニューのチリコンと共用なんだろうとは思いますが
でも予想を遥かに越える肉の量なのが非常に嬉しいです、はい。

IMG_6555.jpg

そんなわけでカレールーと肉の配分をほぼ考えなくていい
それがホントに嬉しい。

何処から食べてもカレー!肉!ご飯!
均等に楽しめます。

粗挽きの中に旨味と脂を蓄えた羊肉が素敵。
タコミートとも団子状のコフタとも違う食感が魅力のカレーでございました。

公式フェイスブック
参考ページ

次はポルケッタか、あるいはビーフステーキか
いや、夜出かけて一杯ひっかけるべきか、悩ましい。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR