オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
曙町、富寅馬の陳麻婆豆腐
IMG_2061.jpg

よそで昼メシ食べた後に華隆餐館の姉妹店である富寅馬の前を通りかかったら
麺類以外に定食類も看板メニューに書かれており
回鍋の字もありました。

肉って書いてないけど、多分ホイコーローだよね?
そっか、華隆にはホイコーローってメニューになかったし
本場四川式のが食べられるかそうか、是非行かねば

IMG_2060.jpg

と思った翌日…うーーん。
本日はナシか…ザンネン。

鶏肉麺も気になるけど
華隆の麻婆美味しいんだよね。

いずれ回鍋肉にあたることもあるだろう
今日は華隆ゆずりの麻婆豆腐がお昼から食べられることを喜ぶとしましょうか。

IMG_2062.jpg

ほらきた、本店の華隆とほぼ同様のルックス。
こりゃぁかなりキそうですよ。

IMG_2063.jpg

何気に華隆系のお店で辛くない中華の溶き卵スープというのも初めて。
杜記のものに近いですが
卵の量多めで味のコクも深め。

漬物は四川の泡菜とは違って辛さ控えめ。
ちょっぴり辛いけど、このレベルなら麻婆の箸休めに使えます。

IMG_2065.jpg

こりゃ辛そうです。
華隆は痺れる辛さの花椒は粉にしてシャリシャリですが
こちらは実のまんま使ってます。

おかげで痺れる味覚は若干抑えめ。
とはいえやっぱり麻で辣でめちゃ辛、めちゃウマ。

IMG_2067.jpg

量も結構多いからだんだん感覚が麻痺してきます。
首筋から汗が、毛穴が開く
鼻の奥に湿り気が
おおぅ。

しかし美味い。
辛みに対してご飯の量が心許なくなってきますが
これでおかわり頼んだらいくらなんでも食べ過ぎ。

そして辣醤と挽肉の脂と共に調理されてしんなりした
ネギがこうも美味いものか。
倍くらい入っててもいいんじゃないかと思います。

IMG_2069.jpg

完食後に杏仁豆腐、と豆腐に豆腐が被るのは四川では当たり前…か?
汁なしタイプだけど味蕾が癒されます。

なんか四川とかタイ料理とかって
食べることで内部から体を鍛えるような感覚があるよなぁ。

IMG_2070.jpg

満腹してハラをさすりながら店を出たら…

ああっ!回鍋肉追加されてるじゃんよ!
魚香レバなんてのも!
つまり魚香肝片のことか。

叉焼ラーメン…はいいや。

なんと、店開けてまだ支度が済む前にお客が入ってきたから
看板書きかけだったわけか。

華隆のシェフ兄の方がペン片手に入ってきて麺食ってると思ったら
そういう…。

参考ページ

ま、いいさね。
楽しみはまだまだ先に伸びただけのことと思えば。
次また食べに来れば良いだけのことですわ。
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

大口(松見町)、モチマルのワンタンメンと一口スペアリブの豆鼓蒸し
IMG_1496.jpg

大口駅北側のちょい先に出来た良質中華のお店モチマル
まだ若いあんちゃんとご両親の温かい接客もあって
少しずつ大口民の支持を得つつあります。

IMG_1492.jpg

しばらく見ないうちに限定メニューが増殖しております。
これは…迷う。

煮込みとかどんなんだろ?
値段から考えると酒の肴とかいうタイプの料理じゃなさそうだし。

IMG_1495.jpg

考えた挙句麺とワンタン両方とも味わえるエビワンタン麺に。

チャーシューが4つも載っているのは非常に嬉しいですが
ワンタンは2コなんだなぁ。

つまるとこ、ラーメンにワンタンのミニセットを頼んだ扱いになるわけだ。
チャーシュー減らしてもワンタン増やして欲しかった気もするので悩ましい。

ワンタン自体はエビにタケノコ等の餡の出来が良くて美味しいです。

チャーシューは厚めで柔らかくも弾力のある食べ応えあるタイプ。

IMG_1497.jpg

麺は細ちぢれ麺というのはワンタンメン的に正しいっぽく感じたり。
さすがにゴワゴワの麺じゃないけど。

とはいえノーマルのラーメンも多分この細麺なんだと思います。

スープはしっかりした鶏ガラ出汁。
軽く醤油を加えてるもののほぼ鶏の味。

後から油や化調を加えてないっぽい、すごくナチュラルな味わいです。

おかげで食べててラーメン特有の
体に悪いモン食ってる背徳感的なものがまるでないという(笑)

洗練はされてないけれど
すごく体に優しく美味いラーメンです。

IMG_1498.jpg

蒸すので時間のかかったスペアリブ。

噛むとむちっとした歯応えの肉を
口の中で骨から剥がしていく感じが楽しく美味い。

IMG_1501.jpg

こちらも油っけはそう強くはなく
肉から溢れ出た脂に、クセの比較的少なめな豆鼓でまとめた味わい。

ああ、チャーシューとスペアリブで地味に豚と豚が被ってしまいましたね。
スペアリブラーメンとかやってみると美味しいと思います。

というか少しスペアリブをラーメンにくぐらせて麺と食べてみると美味しかったですよ。

IMG_1503.jpg

やはりピントを合わせるのが難しい杏仁豆腐。
クセの少なめなこちらの料理の中で
一等異彩を放つこの味がクセになる。

柑橘かあるいは丁子かなんかを感じさせる不思議な味の汁に
軽くえぐみのある杏仁。

これがどうにもクセになって
来る度頼まずにはいられないという。

フェイスブック・ローカルビジネスページ
参考ページ

ご家族でコンビニの経営をしてらっしゃったおかげか接客は丁寧で
温かみのある人柄溢れる空気が良いです。

大衆中華や居酒屋の下町系の空気とはちょっと違ったその雰囲気が客を呼ぶのか
ご近所のご老人方の憩いの場になっております。

取りあえずは点心類を中心に攻めていきたいと思います。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

新子安(入江町)、紫悦軒のバリバリ皮の鴨と角煮肉チャーハン
IMG_1294.jpg

一国沿いにある居酒屋的中華料理店の紫悦軒
三が日以来の訪問になります。
予定外の仕事に忙殺された疲れはビールで癒すか、と入ってみました。

IMG_1283.jpg

あ、流石にアルコール半額セールはもう終わってたか。
通常値段ですが生をグビッと。

突き出しのピーナッツの塩が強くてビール進みますわ。

IMG_1293.jpg

パリパリ皮の鴨だから焼きかな、と思ってたんですが
厨房からジュージューと油の跳ねる音。

あ、素揚げ鴨なんだ。
メニューよく見たら「パリパリ」ではなく「バリバリ」でした。

味付けは添えられた香味塩で、ということみたいですね。

IMG_1295.jpg

コンフィのような低温揚げではなく
高温で一気に揚げるタイプの料理で皮はバリンバリン。

肉もすっかり硬めに仕上がっており
ジューシーとかいう感じではないですね。
紹興酒を共に頂くのに丁度い料理かなという気がします。

これはこれで悪くはないけど
普通に滷水煮を頂いた方が好みにあってたな、と思いました。

IMG_1297.jpg

サービスで生春巻き頂きました。

中華だけど北京ダック用の薄皮餅じゃなくて
ちゃんとライスペーパーです。

具材は青ネギと煮豚の切れ端だけ。

そこにマヨ系のカクテルソースをかけただけの
非常にシンプルな品ですが
これがなんか妙にウマい。

鴨よりこっちの方が美味しいぞ?
というのがなんか釈然としないものもあり。

IMG_1299.jpg

ビールにピーナッツに鴨と生春巻き、と頂いたので
あとは胃の容量的に頼めるのはチャーハンが精々。

軽くオイスターソースで味つけた大衆中華系チャーハン。

角煮というか、煮豚の切れ端…だけどそこそこ量多し。
青菜に…タマネギも荒っぽいざく切り、あと卵という、洗練には程遠い炒飯。

だけどこの炒飯、妙に美味しい。
これはなんか好きな味だ。

しかもこの炒飯580円…安い。
この炒飯のためにリピートありと思わせる意外なダークホース。

公式ブログ
参考ページ

このお店の真価にたどり着くにはまだまだかかりそうです。
そこそこボリュームもあるから1人じゃ品数増やせないし。

でも徒歩10分くらいの場所なんで
機会を見つけてまた試してみたいと思ってます。

そーいえばこちらのすぐ裏手の北京+四川のお店もまだ入ったことないんだよなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

日ノ出町、まめなカフェの鳥チャーシュー玉子ご飯
IMG_1157.jpg

日ノ出町界隈でアテにしていためし処が2か所とも満席だったところ
近所にこちらのお店があることを思い出しました。
そうそう、ランチもやっているんだった。

IMG_1149.jpg

昼メシ時はちょい過ぎてるけど先客ナシ。
グリーンとブラウンの配色やいぐさのクッションなど
和の匂いの感じられる可愛い内装です。

IMG_1146.jpg

ガパオが入り豆腐?
豆腐ハンバーグもあったりと、なんか妙に豆腐推しのお店です。
HPにも「旬の野菜と豆腐を楽しむカフェ。」と書いてあったり。

なんか豆腐マイスターのお店らしいですよ。

経営者が元々豆腐屋だとかいうのはありそうだな。
わかんないけど。

IMG_1152.jpg

でも日替わりに鳥チャーシューご飯というのがあったから
そちらを頼んでみました。

玉子って煮卵かと思ったら目玉焼きの方でしたか。
酔来丼みたいなタイプなのですね?

IMG_1155.jpg

この鳥チャーシューが予想外に美味しいです。
低温調理してるんじゃないかな?

鶏ってしっかり火を通すと繊維が鶏以外の何物でもない感じになるもんですが
低温調理することできめ細かいままで
鶏なのか豚なのかよく分かんなくなるような噛み応え。

これは面白い食感。

あともーちょいタレの味が濃いとよかったんだけど
でも鳥チャーシュー自体は美味しかったです。

IMG_1150.jpg

のんびりしたいのでコーヒーもつけてもらうことに。
あとイチゴのチョコドラというのも気になったのでついでに。

IMG_1162.jpg

残念ながらチョコが材料切れということで
イチゴと生クリーム入りのどらやきになりました。

IMG_1165.jpg

作り置きじゃなくて生地はほかほか
でも当然生クリームと苺は冷えてるので
注文受けてから挟んでるんですね。

どら焼きと生クリームに生イチゴというのも合うもんです。

IMG_1145.jpg

チョコが加わるとどうなるのかわからなかったのが心残りではありますが
優雅なティータイムを楽しめました。

公式ページ
参考ページ

自分が呼び水になったのか
あるいは元から固定層があったのか
数組お客さんがやって来ました。

こんな場所でカフェの需要ってあるのかなぁ、と思ってましたが
それなりにあるようです。

今度はもっとデザートの方に比重をおいた利用をしてみたいです。

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

中華街、南粤美食の干し豚バラと腸詰め釜飯
IMG_2007.jpg

香港の食堂そのままの味が頂ける南粤美食
一見そこらの大衆中華みたいな佇まいの中で
香港フリークが仰天するような料理が飛び出すこともあって目が離せません。

IMG_2000.jpg

お、まだ干し豚がありました。
今こちらの厨房に吊るされている分が最後ですよ、とおねーさんに言われて
それは絶対食べておかねば、と決意。

IMG_2001.jpg

もうすぐ土鍋ご飯食べるには暑くなってくるから
食べ納めな気分で頂いてみようか。

そして腸詰も自家製になってからまだ頂いてないから
両方頂けるのが丁度いいです。

IMG_2003.jpg

炊けるまで時間がかかるのでサービス頂いちゃいました。
キュウリを塩とニンニクと油で和えただけのシンプルな料理ですが
これが美味しいんですよね。

ビール飲みたくなってくるな。

IMG_2004.jpg

そしてセットのスープを挟んで

IMG_2006.jpg

中国式の土鍋炊きご飯、ポーチャイファンの登場です。
何時もにも増して干し豚多めなのがとても嬉しい。

冬の天日干しで凝縮された脂の旨味がほんとにたまりません。

IMG_2008.jpg

水分が抜けて蝋のようなテラテラな豚バラに腸詰
腸詰は噛みしめると酒と砂糖の甘さがじわっと

特製ダレの染み込んだご飯は器側のおこげに包まれてほっこり。
ここに来ればいつでもこれが頂ける幸せよ。

干し豚は多分もう最後だけど
腸詰めやハムユイはこれからもまた頂けると思います。

IMG_2011.jpg

今開発中のメニュー、鴨の煮込みだそうです。
塩、砂糖、酒、醤油でじっくり煮込んだ料理。

首回りの肉を少しお裾分け頂きました。
ほろっと崩れる肉がめちゃウマ。

これを焼き鴨の代わりにしようかという目論見だそうで
うーん、焼きも美味しいし煮込みも美味しいし

どっちがいい?って聞かれましたがもの凄く悩ましいですよ。
非常に酷な2択ですってば。

IMG_2022.jpg

鶏もご無沙汰してたので持ち帰りで頂きました。
600円で半羽まるっと楽しめるんですもの
これはホントお値打ちです。

骨ごとだから食べるのに時間かかりますが
その分楽しめる時間も長いわけで。

参考ページ

そして一部の香港マニアの人には朗報。
香港式の麺使ったワンタンメンを来月辺りに出す計画があるそうですよ!

麺を仕入れてくれる?作ってくれる?会社の社長さんと相談中だとか。

アレも日本で食べられる場所ってほとんどないから
叶ってくれるととても嬉しいです。

気になる方はシェフに是非とも、と伝えて後押しするといいと思います!

いや是非ともと思ってるのはワタシなんですけどね
実現して頂けるよう、後押ししてくれる方を募集中(笑)

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR