オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
福富町東通、金満楼の干竹の子と豚肉の炒めほか
IMG_4223.jpg

中華系新規開拓。
アニキが福富町に気になるお店があるというので乗ってみました。
美紀のすぐそばの福建料理店。
前も福満楼という福建料理のお店でした。

今はもう美紀もないくなっちゃいましたね。

IMG_4218.jpg

メニューはノーマルな中華の後ろに四川の欄
そしてその後に福建の欄あり。
福満園グループを彷彿とさせるようなレイアウトです。

福建菜ばかり注文したので
おねーさんが大丈夫?と聞いてきました。

聞いてくれるのは有難いですね。
大好きだから本場式でお願いします、と言えますから。

日本人客相手だから気を利かせたつもりで酸筍とか酸菜などの
クセのある素材を控えめにされちゃうのは悲しいですもの。

IMG_4226.jpg

特製醤油漬け盛り合わせ、滷味拼盆。
つまるとこルースイ漬けの前菜盛り合わせです。

予想外にたっぷり乗ってます。
2人で食べるには多いな!

鶏の足にガツに豚耳にレバー。
そのまんまでもしっかり味付いてますが
添えてくれたニンニク蜂蜜唐辛子のソースにつけるとなお美味し。

IMG_4224.jpg

これが食べたかった!
竹の子と豚肉の炒め、笋干炒肉。

コリッとした食感と色合いから
キノコかあるいはマコモ等の菌類っぽい感じさえしますが
これはタケノコ。

タケノコと豚とピーマン、パプリカ、唐辛子を炒めた料理。
燻製のように旨味の凝縮されたやわらかタケノコと肉の脂と油のよく合うこと。

これはご飯欲しくなる料理です。
めちゃウマ。

IMG_4228.jpg

福建なら海苔料理も食べたい、と頼んだのが
岩海苔と豚肉の煮込み、紫菜悶肉。

悶えるの字は、多分火ヘンがつくのが正しい表記だと思います。
煮込みの一種。

見た目はほとんど桃屋のごはんですよですが
もっと素朴な味つけです。
とろんとした海苔に豚肉と唐辛子とニンニクとセロリ入り。

海苔から栄養を取れるのは日本人だけ、なんて言いますが
福建人も普通に食べてるし
イギリスの一部地方では煮込んでパンに塗って食べるところもあるとか。

これもご飯欲しいぜ。

IMG_4231.jpg

丑の日だったからってわけじゃないけど
前から一度食べてみようと思いつつ逃していたうなぎの天ぷらを頼んでみました。

中国語だと炸海鰻。

かりんとうのような揚げ具合は中国、特に福建ならではですね。
ほとんどガヴァドンAの群れだ

IMG_4232.jpg

パリパリの衣の中は
紅麹で赤く染めたうなぎの切り身。

骨も残ってますが
アンコウの骨みたいなヒゲっぽい骨。
フワフワかつむっちりな身の口解けが良いなぁ。

これも先程の前菜と同じような
ニンニク蜂蜜ソースをつけて頂きます。
うま。

IMG_4233.jpg

ボリュームも多めだったので
たった2人だとご飯モノにたどり着けないなぁ、といいつつ

ピーナッツ入り揚げもち餃子
花生餃子をデザートに頼んでたり。

これがまた摩訶不思議な味わい。

IMG_4235.jpg

サツマイモ入りの餅に包まれているのは
砕いたピーナッツと白胡麻と黒糖と芹?パクチー?

そこにカレーっぽいスパイス
丁子とシナモンあたりだと思うのですが
もう我々の舌にはカレーとしか感じられない。

カレーっぽいのに甘い揚げ餅餃子。

そしてモノによってカレー味の濃いもの
サツマイモの風味の強いもの、といろいろ。

皿見ると餃子の大きさが2種あるように見えます。
多分作った人が違ってて
一緒に冷蔵していたんだろうなぁ。

明らかにクセの違いが出てるのが面白い。

IMG_4243.jpg

お店の外に蒸し牡蠣料理の扱いがあることを書いたポスターが貼ってあったのですが
こちらの似顔絵…東神奈川にある山海楼という中華料理店の店長の似顔絵ロゴと一緒!

ローカルな話題で通じる人が少ないかもですが
つまりそこの系列店なのかな?
東神奈川に支店で牡蠣小屋も出してるし
そういう繋がりなんだろうなぁ。

IMG_4217.jpg

中華街だと福満園の本店も
味臨軒もだいぶ洗練されてきたので

伊勢佐木界隈のこの辺りのお店の方が
素朴な福建料理が頂けるのです。

美味しいから、もーちょい認知得てもいいと思うんだけどな
福建料理。

参考ページ

しかし、生ビールはダメでした。
伊勢佐木界隈の他の中華料理屋同様
清掃が甘いらしく味に違和感が。

華隆といい、どうもその辺だけはアカンのですよね。
いずこも料理は美味いのに。
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

新橋、モンゴリアン・チャイニーズ BAOの羊の塩ゆで他
IMG_4157.jpg

新橋にモンゴル料理のお店があると聞き
骨付きで塩茹でした肉食いたい!と仲間内で強行偵察敢行

……んが、お店の場所をプリントした紙を忘れてきてしまい
場所がわからず合流できない始末。

記憶に残ってる「SL公園から桜田公園に向かう」というキーワードだけが頼り
焦ってる時って視野狭窄してるもんで
公園の南側ばかり探し回ってました。

交番で聞いてもタクシーの運ちゃんに聞いても分らず。
電話ボックス探しても今は電話帳、置いてないんですね。

今は携帯端末を持っていることが前提の世の中になっちゃっていることを思い知りつつ
30分ほど彷徨ったあと、ようやく公園の西側にあるのを発見。

IMG_4150.jpg

大遅刻なんで既に骨付きは半分くらい頂かれております。
しかしそれでもこのワイルドっぷりといったら!

塩で茹でただけの肉ですが
こっれがもうううううう、美味いこと美味いこと。

羊の脂自体が豊かな天然の香味なんで
これさえあれば他に何もいらん、という美味さ。

山椒と生姜醤油もつけてくれます。
それで頂くのもまたオツ。

IMG_4149.jpg

パクチー入り辛いサラダ。
いわゆる老虎菜に比べるとパクチーの量は控えめな作り。
唐辛子で辛いんだけど
これがまた美味いんだ。

IMG_4151.jpg

彷徨い歩いた喉を癒すのに頼んでみたのは自家製ヨーグルトのハイ。
酵母はモンゴルから持ち込んだものだそうです。

砂糖は使ってない自家製ヨーグルトなので
酸味と軽い塩味っぽい風味のあるサワー。

アルコールは控えめにしてあるようで
結構ガブガブ飲めます。

乳脂の塊の荒さがいいアクセント。

IMG_4152.jpg

羊たまねぎクミン炒め。
我々にとっては定番の料理。

中東、中央アジア、中国東北地方、と
アジアの真ん中を横断して広まった肉野菜炒め料理。

クミンと羊肉の相性は抜群です。

IMG_4154.jpg

紅油餃子。
四川寄りの料理。

辛ーいスープで煮込んだもちもち皮の餃子の中身は……ニラ玉だ!

延辺地方のお焼きや肉まん、餃子で定番の具材ですが
四川風のスープで頂くのは初めてです。
これもいいなぁ。

IMG_4153.jpg

次に頂いたのはサジーサワー。
モンゴル語ではチャチャルガンと呼ばれる栄養価の高いグミ科の果実。
サジーは中国語読みで沙棘と書くみたいです。

果実の見た目はオレンジ色のサクランボというか
プチトマトというか。

だけど味はパッションフルーツのような爽やかな柑橘系っぽいです。
これもほぼジュースみたいにガブガブいけますね。

IMG_4158.jpg

まだまだ茹で肉食べ足りない、と
今度は骨なしで注文。

トロッと茹で上がった肉と脂
それだけで俺は十分なんですよ。

IMG_4162.jpg

メニューにあった白菜の漬物入り田舎煮込み。
残念ながら漬物が今切れてるとのことで
普通の白菜で代用。

羊と春雨とジャガイモと豆腐としめじときくらげの煮込み。
日本料理にも似た優しい味と組み合わせの煮込み料理。

凝固しかけた脂とほろほろじゃがいもの組み合わせが素晴らしいです。

IMG_4164.jpg

そして羊のモツ炒め。
レバーとハチノスがメインで
レバーは細かく切ってよく焼いた調理方。

しっかり火通したレバーってなんか懐かしい感じがします。

IMG_4167.jpg

そして〆に汁無し坦々麺。
もちろんこれも挽肉の替わりに茹で羊が入っているわけで

辛くて酸味のある坦々麺の味を
羊の脂が緩和してくれるよう。

IMG_4169.jpg

よーく混ぜました。
手延べ麺っぽいピロンとした麺がまたいい感じです。

どの料理もいい意味で田舎っぽい素朴さがあって
そこがまたたまんないのです。

IMG_4171.jpg

スタートはドタバタでしたが
しっかり羊を味わい尽くして満足です。

こちら、お店が小さいこともありますが
予約必須のお店と言われましたが
土曜日のこの日は他にお客無し。

新橋だからですかね。

公式フェイスブック
参考ページ

帰りに腹ごなしに東京駅まで歩きましたが
新橋駅近くの飲み屋を通りすがりに見てみたら
何処もわりとヒマそうです。

リーマンの街だけに土日はそんなもんなんですね。

ちなみにこちらのお店、日曜日はお休みです。

テーマ:羊肉 - ジャンル:グルメ

弁天通、ヌーベルシノワ醐杜羽の牛スジ肉の唐辛子煮込み
IMG_2468.jpg

モダンな中華料理の頂ける関内の醐杜羽
当初別のお店行くつもりだったのですが
建物の配管修理だかなんかでビルごとお休み。

ということで流れてはきたものの

IMG_2466.jpg

ああ悩ましい。
イカセロリと麻婆豆腐は今日でなくてもいいや、と除外したものの
スペアリブとインゲン豆の豆鼓炒め
マグロホホ肉とアスパラのXO醤炒め
牛スジ肉の唐辛子煮込み

どれを選ぶ?
どれが正解だ?

いや正解なんてないんですが
それでも選べるのは一つだけ
ああ悩ましい。

IMG_2469.jpg

散々悩んだ挙句牛スジを選択。
これは予想外のボリュームできましたね。

スープは三ツ葉っぽく乗せられたクレソンが活きる優しい醤油味。
小鉢は酢の効いた四川風のナスの和え物。
酢で引き締まった味がいい。

IMG_2471.jpg

唐辛子煮込みとは言うものの
四川のようなガツッと辛いタイプの煮込みではなく

酸味のある発酵調味料でまとまった酸っぱ、ちょい辛な味。
クセのある匂いがまたたまりません。

ダメな人はまったくダメなんでしょうが
こういう発酵臭は大好きです。

IMG_2475.jpg

タケノコのような板状に刻んでるのは煮込み浅めなダイコン。

牛スジにダイコン、とろみ醤油ベース、あれば
日本の牛スジ煮込みに近いタイプではあるのですが
酸味のおかげでまったく別物の味になるのが面白いです。

そして牛スジ自体の量がこれかなり多め。

1頭分のアキレス腱入ってる?くらいに思えるボリュームで
十二分に味わい尽くせるので

中華街のランチと比べて高めと思うかもしれませんが
実はかなりお値打ちです。

公式ページ
参考ページ

隣りのお客さんが頼んでたスペアリブも結構なボリュームで
めちゃめちゃ美味しそうだったけどね。

平行世界の何処かには
ここでスペアリブを選んだ自分もいるはず

カドがサンサをもたらしてくれれば
平行世界で違う料理を選んだ自分と味覚を分け合うことが出来るんだろうか?

そんなことは出来ない現実世界では
悩みも悔やみも
楽しみの一つと認識するのが精神衛生上良い…かな。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

中華街、錦里のエビとれんこんのニンニク辛味ソース
IMG_3269.jpg

大珍楼本館の後に入ってきた四川料理メインのお店錦里

先に夜軽い宴会の様子を挙げてしまいましたが
時系列的にはこのランチが先。

ランチが美味しかったから夜食べてみようということになったんですよ。

IMG_3241.jpg

ランチは四川一択ではございません。
でも…どれも魅力的でそそる内容ですよね。

好物の一つな鶏の梅ソースがけが気を惹いたけど
ここはやはり偵察としては四川料理だろう、ということで

IMG_3259.jpg

頼んだのはエビとれんこん
この組み合わせはえびしんじょを思わせますが
逆に中華だとどんな味になるのか微妙に想像つかないから

これは見た目からグッとくるランチです。
彩りのいい料理配置ながら
やや田舎的な野暮ったい器が逆にいい。

カクテルグラス入りの杏仁豆腐がいいアクセント。

IMG_3262.jpg

蒸し鶏はマスタード入りソースがけっぽいけど
辛さはほとんどなし。
わかめも添えられて、なんとなく和惣菜っぽい。

IMG_3260.jpg

スープが美味い。
細切りタケノコにえのきに貝柱に春雨。
とろみスープに貝柱と野菜の旨味がよく出ている濃いめの味。

スープが美味い店は期待できる!

IMG_3264.jpg

衣をまとったエビに唐辛子とすりおろしニンニクのソース。
お店によってはエビチリと名づけて出すことも多いだろうこの味。

唐辛子は細いのとまん丸いのと2種使っています。
丸いのは意外と辛くないんですが
種は入ったまんまなので、種も食べるとかなり辛いです。

IMG_3268.jpg

たっぷり入ったエビはクセのないタイプで
むきエビなのにしんじょのようなあっさりタイプ。

サクッとした歯通りのいいレンコンとも相性抜群。
ちょっぴり甘み酸味もあるけど
じんわりくる辛いソースは、これは本格的な四川料理をきちんと踏まえてるお店だな、と思わせます。

手加減してるけど、押さえるところは押さえてる、本気出したらスゴそうだ、という味。

IMG_3261.jpg

そして杏仁…じゃなかった、自家製の豆花。
しっとりねっとり濃厚な口触りでえっらい美味し。

そういえば店頭にテイクアウト用の豆花デザートのブースがあるんですよね、この店。
これはちゃんと稼働してくれたら人気になりそうな
そんな素晴らしい出来なんだけど

ブース内に人がいたのを見たことがないという…。

いろいろまだ機能していない部分がある辺り
企画とコーディネートが上手くいってない様子はあるんですが

ハッキリと言えることは
腕のいい料理人がいい仕事しているお店だということです。

フロアのにーちゃんたちがまだ経験不足っぽいところはあるんですけどね。

参考ページ

ともあれ夜突入の時に書きましたが
本格的な四川料理と同様に
変面ショーは必見です。

テーマ:四川料理 - ジャンル:グルメ

中華街、南粤美食の香港海老雲呑麺
IMG_3832.jpg

遅ればせながら南粤美食の香港海老雲呑麺、頂いてきました。

試作のポスターだと香港ピンポン海老雲呑麺とか書かれてましたが
結局それは使わなかったみたいですね。

以前伺った時、この器使うんだよ、と
小さめの丼や大量に乾麺の詰まった袋等見せて頂きましたが
ようやく、ですね。

元来は潮州料理店式の雲呑麺。

IMG_3833.jpg

余人には理解してもらい難いかもしれませんが
香港に渡航してハマッた経験のある人間には
これはもはや郷愁と言ってもいい味わいなんです。

ほぼ透明なスープは干し海老から出たダシの味が
そうそう、この味です。

IMG_3835.jpg

ぷりっぷりの大きめの海老の詰まった大きめのワンタン
もちろんピロピロの生地もちゃんと。

そして白ネギと一緒に黄ニラが入っているのもポイント。

麺は春雨以上に細くちぢれて、弾力少なくプチッと切れる感じ
そしてゴワゴワ気味なのが一番のポイント。

日本人の麺の好みからいくとゴワゴワなのはマズい、という認識になると思いますが
これが慣れると結構ウマい。

IMG_3836.jpg

ゾゾっと口に入れて
のど越しを楽しむのでなくしっかり噛んで食べる麺。

渡港する機会なく10数年が過ぎてしまいましたが
懐かしいなぁ、この味。

日本国内でも東京なら新記糖朝あたりで頂けますが
横浜は先日オープンした賢記が近いけどなんか違う

中華街はお店多くとも一軒も見つからず。
大珍楼の別館でさえも違うモンだったので
ようやく、です。

香港では小腹がすいたときに食べるような料理なので
ガッツリ食べるには気持ち少なめではあります。

980円というのは、割高に感じるかもしれませんが
海老の原価が香港と違って高いから、そのへんはまぁしゃーない。

香港に旅行するのに比べれば安いもんだ。
というわけでまた食べに行こうっと。

参考ページ

あとは超巨大なつみれの乗っかった麺が食べたいなぁ。

旦那さんに言っても通じなかったけど
あのつみれ麺、広東語だとなんて言うんだろう?

IMG_3837.jpg

オマケ
中華街散策して見つけた看板です。

マレー・アジアン・クイジーンの斜め向かい辺りの2階にあるみたいですが
店名がエロガッパって!

普通の喫茶店らしいですが、一度覚えたら忘れない店名とはいえ
それでいいんだ?(笑)


プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR