オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、天龍菜館の骨付き鶏とキクラゲと百合の花
IMG_3464.jpg

中華街番外地の天龍菜館
何度か夜に宴会はしていますが、ランチタイムに利用するのは初めてだったかな?

先代のおじいちゃんの時代に頂いて
懐かしさもある美味さにヤられました骨付き鶏とキクラゲと百合の花
久々にこれを頂いてみるか、と決め打ちで来ました。

IMG_3460.jpg

それにしても今の時代、全品500円は安いよね。
他のレストランに比べて維持費が比較的低いってこともあるにはあるでしょうが。

IMG_3466.jpg

…うわ!何この量!!
500円とは思えないボリューム。
ご飯も漫画みたいな山盛りです。

IMG_3467.jpg

先代の頃とは違い、結構明確に味がついてます。

先代のは薄味だけど素材の滋味がしっかり出ており
これホントに中華?日本の料理じゃなくて?という味でした。

こちらはもう明らかに中国の煮込み料理。
豆鼓の味がしっかり。

だけどキクラゲと百合の花自体はもう滋養の塊、みたいな味なのは前と同じ。
めちやめちゃ美味いです。

IMG_3468.jpg

鶏肉は多分蒸し鶏流用。
しっかりの煮込みでなく、むっちむちですよ。
それだけでなく手羽先もちらほら。

IMG_3469.jpg

そして色の違う塊も。
お、これ鴨肉だ!

むちむちの度合いが鶏以上だし、脂の風味が完全に違います。
ちょっと宝さがしてアタリを引いた気分で楽しめます。

というわけで、ある意味余り物ごった煮的な料理ですが
でもだからこその美味さもあります。
更に500円だし(笑)

IMG_3471.jpg

独特な甘みにつるつる食感な杏仁豆腐もついてきます。
オトク過ぎる。

参考ページ

じっくりの煮込み料理の美味さは先代に及ばないところがあるとはいえ
でも今の代ならではの美味さもあります。

中華料理らしい分かりやすい美味さとボリューム。
今の方が一般的なウケはいいかもしれません。

でもキクラゲと百合の花はホントに美味しい。
機会ありましたら是非食べてみてください。

砕けた骨も入っているので、そこだけは注意。
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、寅騰の四川碗雑麺と鶏レバー
IMG_3482.jpg

イセザキモール内に進出した鴨の首肉屋さんの寅騰
鴨の首、手羽、足などの
日本人からすると外道にも見える骨周り肉の調理品をメインとする
中国ではポピュラーな飲食店形態の一つだったりします。

そしてこちらも寅の字が示す通り、富寅馬、寅馬と同じくの
華隆餐館の系列だそうで
やはりか!

IMG_3473.jpg

ようやく手書きでないちゃんとしたメニューが出来ました。

写真の手前は清湯牛肉麺だと思われます。
重慶小麺の辛くないやつじゃなくて、見た目も別物なんですね。

牛肉はスライスか。
手前のはダイコン?

IMG_3474.jpg

鴨の部位も日本語の注釈がつきました。

これでおおよその内容はつかめるぞ…でも
今日はどの部位があってどの部位が売り切れかわからないので

IMG_3472.jpg

やはりウィンドウを直接見るのが早道。

上から砂肝、レバー、タン、手羽
首、アバラ、それと豚耳かな?
足、湯葉、レンコン、昆布…かな、多分。

メニューにないものもあるので、要チェックですね。

そーいえば店頭のデジタルサイネージには麻婆豆腐なんて出てましたし
そちらも追加される可能性があります。

いちばん想像つかない腸を食べてみたかったけどないようだし

IMG_3478.jpg

レバーをお願いしました。

しっかり漬け込んだルースイと麻辣の味のおかげで
レバーというよりは砂肝っぽい引き締まった弾力。

レバーでこれだと砂肝はもっとコリコリなのかな?
いずれにしても美味いですよ!

IMG_3480.jpg

どんな麺かわからないまま頼んだ四川碗雑麺。
雑の文字からするとジャージャー麺かモツ煮入り麺かどちらかかな…
前者でした。

しかし赤い。
赤い油に麺が漬かっている。

見た目通りの辣油、上の肉そぼろと汁なし麺の組み合わせは
ほぼジャージャー麺なのですが、でも甘辛ではなくて辛いのです。

IMG_3483.jpg

汁無し坦々麺とジャージャー麺の相の子のような。
むしろ好みから言えばフツーのジャージャー麺より好きだ!

辛さは重慶小麺よりは控えめです。
でもしっかり山椒が入ってるのでピリピリ。

悶絶はしない程度のピリ辛味、なかなかいい辛さの汁なし麺です。
重慶小麺は「今日はだらだら汗かいても平気」という気合いが必要ですが
こちらはなくてもへーき!

グーグルレビュー

逆に汁なし坦々麺との違いは何なのか気になります。
単純に辛いとか?

まだまだ他にも食べたい鴨の部位はあることだし、点心も食べたいし
この界隈の晩飯にいいお店が出来てくれました、ホント。

テーマ:四川料理 - ジャンル:グルメ

弥生町、食里香の油淋鶏
IMG_3401.jpg

いつの間にか公園度俺沿いの韓国料理のChikensが閉店しており
居抜きで中華料理屋が出来ておりました。

外見こそベタな新華僑系中華料理店ですが
中身はちょいとオサレ系だったチキンズの内装を引き継いでキレイな店内。

IMG_3400.jpg

非常にスタンダードな週替わりランチメニューに

IMG_3394.jpg

定番も正に定番な内容。

IMG_3397.jpg

ざっとメニューを見る限りも
ドコ、と得意分野を定めないオールラウンドな取り扱い。

IMG_3398.jpg

福建と思われるメニューはなし
広東に四川を混ぜたような、という一番多いタイプのお店ですね。
でも品数は凄く多いです。

IMG_3402.jpg

油淋鶏を注文しました。
しかしデカいな!
キャベツやネギで多少底上げはしているとははいえ
それでもずいぶんボリュームあります。

IMG_3403.jpg

ザーサイは不思議と甘い。
キムチから酸味を抜いて、辛さと甘さに特化したような、ちょっと不思議な甘辛さです。

コーンスープはよくあるコーンの甘みを活かした味。
杏仁豆腐がちゃんと豆腐なのがポイント高し、そしてこれも量多めなのが嬉しい。

IMG_3404.jpg

サクッサクの衣に覆われた鶏。
ほんのり甘みを感じる香ばしい衣に醤油系のソースとネギ、キャベツを絡めて頂くと美味い。

定番の間違いない味る
ガッツリボリュームでこれだけのモノを頂けるなら十分です。

昼ガッツリ食べなきゃ、な仕事をしている方々にオススメ出来そうな
優秀な補給線だと思います。

IMG_3392.jpg

やや人の集まりにくい立地ではありますが
すぐ近所にバーグもあるし、導線はそれなりにあるかも?

グーグルマップ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

東神奈川(二ツ谷町)、餃子や東神奈川店の三種焼き餃子+ワンタン
IMG_2668.jpg

東神奈川駅近所、第二京浜沿いに餃子推しの中華料理店が出来ていました。
牡蠣小屋だったところですね。

食べ放題のオーダーバイキングで餃子が食べられるというのはちょっと面白いなと
看板を見て思ってました。

IMG_2661.jpg

ランチ営業もしているようなので偵察がてら入店。
ちなみに新橋のお店の支店で
かつ本店は鶴見の福盈門のようです。

ただし本店のHPは長らく更新してないようなので
東神奈川店は載っておりません。

IMG_2663.jpg

チーズ牛肉やらしそチーズなんてのもあるのは面白いですね。
でもその2種って水餃子にしても美味しいもんなのかは謎だ。

IMG_2667.jpg

食べ放題コースの注釈をよく見ると
「料理はコース通りにお出しします。
餃子の追加は雑炊の後でお願いします。」とな。

えーー、それは食べ放題という考え方とはちょっと違う気がするなぁ。
お値段の調整は必要でしょうが、餃子オンリー食べ放題のコースとかあってもいい気がするんだ。

IMG_2669.jpg

先によそでサンドイッチを食べた後だったのでご飯は少なめで注文。
餃子のボリューム自体そんなにないから少なめで十分っぽいです。

IMG_2670.jpg

3種類だけど一括にまとめて羽根つきにして焼いてるんですね。
内訳はスタンダードなニラ入り餃子らしいと大葉入りと高菜入りの3種。

IMG_2675.jpg

ニラ入りは裏側から見るとと緑色
どうもニラが片方に寄ってるっぽい。

IMG_2674.jpg

当然大葉入りも寄り、んで高菜も寄ってました。

つまるところ、基本の肉餡を作った後に別の具材を上に載せて
皮で包みこんでるんでしょうね。

基本の肉餡はどれも全く同じ味。
冷凍餃子さながらの個性のない均質な出来上がり。

それでも十分美味いのが焼き餃子ってモンですが
もーちょいこのお店ならではの個性が欲しいかなと思わなくもない。

IMG_2678.jpg

ワンタンもスープも普通。
小腹満たすのに十分な出来栄えではあります。

IMG_2679.jpg

結局餃子以外一切の料理を頂いてないので
評価を下すのは早計ではあるのですが
肝心の餃子がちょっとフツー過ぎるかな。

高菜はいいまあまあいい感じでしたが。

本店公式ページ
参考ページ

餃子ファミレスと割り切って使うのがいいのかなと思います。
中華料理屋ってのは料理人が個性出すようになってからが本番、という考えなので
壁に新規メニューが多数貼り出されるような展開を期待。

テーマ:餃子 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、寅騰の重慶小麺と鴨手羽煮込み
IMG_3124.jpg

丁度ひと月前にイセザキモールに鴨脖、の文字を見つけて小躍りし
一日千秋ってほどじゃないけど開店を待ち望んでおりました。

鴨の首やら頭やらの部位をスパイシーに漬け込んでしっかり煮込んだ
四川の庶民料理のひとつ。

まぁ基本的に捨てちゃうような
肉より骨の方が多いような安い部位を
なんとか美味しく頂いちゃおうという工夫の料理であります。

IMG_3104.jpg

開店当日は献花でお店が見えないような状態。
杜記や鵬天閣等から花が送られてました。

あけて翌日夜も中国人の若い女性客を中心に賑わっておりました。

IMG_3118.jpg

メニューは四川ならではの麺類
つっても清湯牛肉麺と担々麺以外は何ものだかよく知りません。

IMG_3119.jpg

ワンタンと焼売、水餃子

IMG_3120_20180529205042935.jpg

そして鴨…しかし×のついているメニューが多い。
テイクアウトもやってることだし、人気の部位は早々に売り切れてるのですね。

といっても実はどの字がどの部位だかよくわからない。
舌は当然タン
翅はハネ、つまり手羽
肝はハツ
爪はもみじ…それはわかるけど
左側はさっぱり。

後で調べたら
斗と大の中間みたいな字が頭
脖が首
珍が砂肝
月に勿みたいなのが腸のようです。

IMG_3123.jpg

首は前に横浜橋の延明で買ったら可食部分がほぼなかった覚えがあったので
食べやすそうな手羽を。

表面がぷるんぷるんになるまで煮込まれた手羽。
麻辣な辛さだけでなく何処か甘さを感じる味がしっかり馴染んでいて
これかなりウマいですよ。

圧力なべで煮ているのか、気にしなければ
骨もバリバリ食べられそうなくらいに柔らかいです。

これはビールのアテに良さそう。

IMG_3126.jpg

そして重慶小麺。
おおお、久々に見る四川の本気モード。

もうスープというより辣油そのものに浮かぶ麺といった感じです。
表面に幕張ってギットギト。
そしてどこまでも赤い。

スープはむせるのをギリギリなんとかガマン出来るレベル。
めっちゃ辛いです。

山椒は気持ち控えめながら
唐辛子と油の辛さは香港で頂いた四川料理店の辛さに匹敵します。

もはや先ほどの手羽の辛さがまったく気にならず
むしろ箸休めに食べると甘く感じるレベル。

IMG_3127.jpg

自家製面は細めの中華麺+冷や麦のような軽い口当たり。
そう云うとたいしたことないように聞こえますが
これが妙に後をひく美味さ。

砕いたピーナッツとグリーンピースとパクチーという
ちょっと変わった取り合わせの具材が妙に合っていてます。

そして牛肉がまたえらく美味いです。
こちらも滷水か何かに漬け込んで柔らかくなるまで煮込んだものかな?
この牛だけ前菜にしてビールと頂きたい。

IMG_3117_20180529205043aec.jpg

めちゃ辛かったけどほんと美味しかった~。
予想に違わぬ新たな四川特区がまた伊勢佐木町の中に生まれたのですよ。

鴨脖自体は実は横浜橋の延明や
近所の長者町の華美宴でも頂けますが
こっちのが美味いです。

軽く鴨にかじりついて麺啜って、と
使いやすいお店の選択肢が増えました。

今度は点心も頂いてみよう。
ちなみに麺と点心のミニセットもあるみたいですよ。

グーグルレビュー

IMG_3129_20180529205035a64.jpg

気が付いたらやましょうが閉店してました。
ここもテナントあんまし長続きしませんね。

中華→中華→中華→中華→インド・ネパール→カレー、と変遷している記憶があります。
本格インド料理、と書いてありますが
多分インド・ネパール系のお店でしょうね。

※関内駅前第一ビル地下のグルメプラザにも支店のあるサイノみたいです。

テーマ:四川料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR