オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木町、上海味道の上海大ワンタンほか
IMG_6186.jpg

伊勢佐木モールのドンキの真裏にある上海居酒屋。
つまるところ風俗店がすずなりの親不孝通りの中なので見つけにくい場所。
食い物求めて通る道じゃないものね。

恰幅の良い彼へのタレコミで知った次第です。

焼き鳥屋の居抜の店内はおそらくほぼ元のまんまで居酒屋風。

でもお子様が何人かいて、どういう光景かと悩みましたが
どうも近隣で働いてる中国人家族の子供を短時間預かってたっぽい。

そんなわけでめちゃ家庭的な
一見の日本人客から見てもあったかい雰囲気のお店です。

IMG_6174.jpg

まだネット上にあまり情報が上がってないので
メニューをつらつら見ていきましょう。

外公紅焼肉…じいちゃんの豚角煮
上海咸鸡…上海風塩漬け鶏
糖醋排骨…黒酢酢豚

IMG_6171.jpg

目鱼大烤…上海風イカ煮付け
炸鸡块…鶏の唐揚げ
辣子鸡…四川風唐揚げ
上海素鸡…上海スゥジー
拌黄瓜…きゅうり和え
上海烤麩…上海カオフー
拌干丝…パクチーと干し細切り豆腐和え
鸡爪…鶏の爪

IMG_6173.jpg

茶叶蛋…茶葉卵
拌海蜇皮…中華クラゲの和え
油炸花生…揚げピーナッツ
毛豆…枝豆
皮蛋豆腐…ピータン豆腐
麻辣猪肚…マーラー豚ガツ
上海大餛飩(虾仁鮮肉、香菇菜肉)…上海大ワンタン(エビ入り、シイタケ入り)
季节青菜炒…季節野菜炒め
麻婆豆腐
干煎帯鱼…太刀魚の唐揚げ

IMG_6175.jpg

肉末粉丝煲…麻婆春雨
油面筋塞肉…上海麩肉入り
麻婆茄子
香酥小黄鱼…石持の唐揚げ
肉團…肉団子
蛋餃…卵餃子
醉虾…酔いどれ車エビ

IMG_6176.jpg

上海重鱼…上海風燻製魚
螺虫帅(これだけ漢字見つからず)…タニシの炒め
香辣犮虾…小龍虾 聞いたことない料理ですけど海老の香り揚げ的なもの?
奶茶…タピオカミルクティ
葱抓餅…台湾風ネギ餅
台湾芋團…台湾芋団子

というわけで
中国には日本のような居酒屋文化は存在しないのですが
実に上海人好みの酒のつまみ的な軽食が揃っています。

そそる人には非常にそそると思います。

IMG_6182.jpg

上海風塩漬け鶏
ルースイに漬け込んですっかり皮がぷりんぷりんになった鶏
やや塩強めですが、おかげでビールの進むこと進むこと。

IMG_6184.jpg

きゅうり和えは辛くできますがどうします?と聞かれて
辛くお願いしました。

パクチーも載ってるし辛いし大丈夫かどうかしきりに気にされましたが
老虎菜だって美味しく食べれる人種なのでオッケーです。
これも辛ウマ。

大丈夫とあって店員さん、ホッとした様子。

IMG_6178.jpg

お昼は雲吞と麻辣湯を出しているようで
ディスプレイ式の冷蔵庫に選べる食材が揃ってます。

IMG_6185.jpg

貼ってあるポスターの絵柄がちょっと気になります。
蟹の字の扇子に蟹爪の槍

武侠モノか何かに元ネタがあるのか
絵柄はちょっぴりしげの秀一の影響が見て取れます。

IMG_6187.jpg

〆に上海大ワンタン
つるつるピロピロの雲吞とは違い
どちらかというと麺類に近い生地でしっかり包んでいます。

といっても水餃子ともちょっと違うんですよね。
花のように包んだワンタンは中華風のラビオリ的。

IMG_6190.jpg

それを醤油系ではない、白湯スープにたっぷり浮かべて食べる料理。
麻辣湯のベースになる白湯と共用っぽい気がします。

軽く辣油垂らしてもらうとなお美味し。
しっかりもっちりした生地に包れた香ばしい肉餡。

これはもはや麺類に分類していいのではないかというボリュームと食感です。

日本で広く親しまれているのは広東式のワンタンであり
上海式はこんな感じなのらしいです。

これは美味いですよ。
また近々食べに行こうっと。

IMG_6169.jpg

また新たに面白いお店が出来たもんです。
マニアックなようでいて、でも日本人のよく知る中華と被るところもあり

でも日本の居酒屋同様の温かい雰囲気の中華小料理屋、的な
入りにくそうで入りやすいいいお店です。

参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

渋谷猿楽町、華記茶餐廰の金錢腩湯粉
IMG_6044.jpg

コメントでつちころりさんに教えていただいた香港式軽食のお店です。
飯田橋の贊記に続いての茶餐廰開店というのが嬉しい。

こちらは早々に市谷、渋谷、心斎橋、と3店舗も出来てるようです。
贊記とは関係なく、というか結構ライバル意識があるみたい(笑)

IMG_6036.jpg

半地下の店内は親子連れのアメリカ人に
英語で会話してる中国人…香港人かな?
あとはサブカル系女子グループ

渋谷中心部から外れた場所ながら既に好きな人たちに認知されてるんですね。

IMG_6034.jpg

ランチのメニューは
蒸し鶏ネギソースがけ

サナギタケの蒸し鶏ご飯……え?
冬虫夏草の仲間みたいなヤツですか?

あとはパイコーハンに牛バラ大根飯に炒飯
黒胡椒と醤油煮込みの鶏か豚

茶餐廰ならではのミルクティは練乳のものもあり
レモンとカシスのジュースに
レモンとクレソンのジュース
鴛鴦茶(コーヒーとお茶のミックス)
ミロにココアにホットレモンジンジャーコーラ、杏仁茶などなど

IMG_6035.jpg

粥類に腸粉類
雲吞麺に牛バラ汁ビーフン、ハチノス入り汁ビーフン、四川風煮込みビーフン

贊記とはメニューが結構違ってるので使い分け出来ますね。

しかし何食べるか迷いますわこれ。

IMG_6046.jpg

道路の看板風の壁メニュー類
牛腩米粉の細麺って英訳するとバーミセリになるのか!

IMG_6043.jpg

注文したのは金錢腩湯粉
つまるところハチノス煮込み入り麺
米粉と河粉が選べるので後者で。

店員さんはきしめん、と呼んでいましたが
東南アジアでいうところのクイティオ、潮州式の平打ちビーフンです。

食感的にはカップヌードルをきしめん風にしたような感じ。

IMG_6042.jpg

醤油煮込みのハチノスたっぷり
あと緑色だけど黄ニラみたいな柔らかなニラもいい感じ。

肉類の煮込みが入っているけど
ベースのスープは干しエビダシが効いてて
これが美味い!

辣醤の唐辛子が効いてて結構辛いです。
そして刻みニンニクの量結構多し。

B級的な味の素材を多々組み合わせた雑多さが実に香港らしくて
これが結構イケてるんです。

好きだなぁ、こういう味。

IMG_6045.jpg

クールダウンに港式奶茶、つまりホンコンミルクティのアイスをいただきました。
こちらは普通のミルクと練乳を選べるのでミルクで

アイスも値段が変わりません(香港だとアイスは値段増しが当たり前)

茶の渋み加減は贊記のより好きだなぁ。
渋みが強いけど結構ゴクゴク飲めちゃうミルクティ。

香港への旅愁がじわじわ募ってくる味です。

IMG_6033.jpg

オレンジ一色のお店にブルース・リーの看板は目立ちます
何気に出前もやってるんだ?

公式フェイスブック
参考ページ

そして数軒先にはカフェハバナがあるので
ハシゴは不可避な立地です(笑)

しかしハマっ子としては茶餐廰、中華街にも出来ないもんかなぁ、と思う。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

弁天通、ヌーベルシノワ醐杜羽の柔らかい牛モツのパン粉揚げ 豆鼓ソース
IMG_5456.jpg

西洋料理の用法を取り入れた攻めの姿勢の中華
ヌーベルシノワ式の料理が頂ける関内の中華料理店、醐杜羽

日曜はお休みなので土曜のランチタイムにチャンスがあれば行っておきたいお店。
他の日曜お休みのお店の候補を眺めてから
やっぱりここがいいな、と戻ってきて入店。

IMG_5465.jpg

決定的だったのは牛モツのパン粉揚げ、という文字。

大衆向けのお店ならシロコロ揚げとかハチノス揚げなんてのは見かけますが
パン粉揚げは中国に於いては新しい分野の料理ですからね。

どんなもんが出てくるのか楽しみ。

IMG_5457.jpg

漬物に卵スープというこちらでは逆にあまり見かけなかった
オーディナリーな中華の定食の定番。
でもやっぱりどこかしら垢抜けた味わいを感じます。

IMG_5460.jpg

野菜タワー盛りの下におわしますのはメンチカツのような大きめの揚げ物。
ひたひたになったソースは
ちょいと舐めてみるとラーメンスープを濃縮したような味。

豆鼓ソースというけど豆鼓自体は見当たらず
完全に溶いて作ったのかな?

モツ茹でた出汁と醤油、油等混ぜて作ったものなのかな?
ちょいとB級寄りな味わいではありますが
揚げ物のソースに使うのも予想外にイケてる味になってます。

IMG_5464.jpg

衣の中はカットしたハチノスがたんまり。
これがラーメンっぽい脂のスープに結構あってて美味いんです。

これは言ってみれば、リヨン料理のタブリエ・ド・サプールの中華版といったところでしょうか?
アレは概ね丸揚げみたいにする料理ですが
これはトリッパ・メンチカツ的な作り。

フレンチ+中華という、ヌーベルシノワならではの料理になっていて面白いです。
こういう攻めの工夫が好きでちょくちょく寄りたくなるのですよね。

公式ページ
参考ページ

IMG_5454.jpg

辺りを歩いていて見つけた看板。
チャーコルスタンド・ベンテンの新しい店舗みたい
ランチやってるのはいいなぁ、と思ったのですが

実は平日昼にしか開いておらず
夜寄ろうにもそもそも夜は営業していないという、入店難度の高いお店のようで。

夜はベンテンかノゲ行けってことなんですね。
平日時間作んなきゃいけないお店がまた一軒。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

長者町、翔威飯店の叉焼入り和え麺
IMG_5948_2017090616123265e.jpg

何処にでもあるフツーの大衆中華料理屋のように見えて
ちょっと非凡な料理の片鱗も見え隠れ

でもやっぱりいかにもB級C級な様子もあり、と
得体が知れないけど気になる翔威飯店

興味を惹かれたアニキとだらだら飲みを敢行してみることにしました。

いや、富寅馬の予定だったけど開いてなかったから2次候補なんですけどね。
最近開いてる様子がぜんぜんないんだけど、どうしちゃったのやら。

IMG_5936_201709061612352ee.jpg

取りあえずは生と突出しの枝豆という様式美。
……予想はしていたけど生はサーバーの清掃が徹底できてないっぽいな。
次から瓶だ。

IMG_5937_20170906161236ab9.jpg

モツと餃子を注文しだけど料理が出来るまでの繋ぎにメンマを
もう日高屋飲みみたいな流れですよ。

IMG_5939_201709061612388ca.jpg

焼き餃子。
ラーメン屋、大衆中華の焼き餃子って何でこんなに美味いんだろうねぇ、といいつつ瓶ビール。

ちなみに餃子すぐ後にもう一皿頼んでます(笑)

IMG_5940_20170906161239e80.jpg

件のおつまみメニュー400円均一の黒豆味噌の豚白モツ炒め

あ?え?そう来ましたか。

400円だけに酒の肴に向いた小皿なのかと思いましたが
これはモツ炒め定食のご飯抜き、みたいな内容。

つまみに頼むにはヘビーな量ゆえ
小皿だけばんばん頼む、をしないで正解でした。
してたら大変なことになってたな(笑)

量あるからもくもくと食べてしまいます。
フツーに美味しいフツーの炒めもの。

逆に考えると小皿にご飯つけて安上がりに定食が出来上がるなこれ。

IMG_5943_20170906161241d6a.jpg

中華風ハンバーグとメニューにあったのを見て

獅子頭(肉団子)のことか
あるいは肉餅(挽肉蒸し)のことか…とワクワクしながら注文して出て来たものは

もやしの餡かけ炒めはともかく

間違えようのない冷凍ハンバーグに冷凍ポテト!!

そう来たか!
これは一本取られたわい。

もう、頬杖ついてた片肘を、ロングシュート決めるような勢いでガツッと蹴り外されたかのような
いっそ清々しいですわ。

こんなんでもテーブル備え付けの餃子用の具入り辣油まぜると美味しかったり。

IMG_5945_201709061612309ac.jpg

しかしこれだけのためにハンバーグ常備しておくかね?
あるいは壁メニューの効き慣れない肉団子ラーメンとやらもこれが乗ってたり??

いやいやいや
さすがに真偽を確かめるだけの勇気は我々にはありませんでした。

この分だとカレーライスも多分レトルトだな。

IMG_5944_20170906161242a76.jpg

既視感のあるメニュー
この写真決して天龍菜館で撮ったわけではないのですよ。

レイアウトといいフォントといい、まんまですね。
何らかの関係があるのか
あるいはメニューの作成を取り仕切ってるところが同じなのか。

IMG_5946_20170906161231351.jpg

大盛りも出来ますよ、と言われて調子に乗って頼んだらこんなボリュームのが!
正に大盛り山盛り…というか二皿分ですよね?

そして和え麺と書いてありましたが、これ焼きそばですよね?
写真と全然違いますよね?

いわゆる香港焼きそばと呼ばれるタイプに似てますが
麺はさらに細く、かん水も使ってない硬めのタイプ。

味噌のようなコクも感じる汁気多めの醤油系の味つけの細麺

予想と違った料理ではあったものの
これが結構美味しくてあっとゆーまに2人の胃に収まってしまいました。

一緒に出してくれた酢で割ったっぽいカラシを混ぜるとまた美味しくて。

IMG_5950_201709061612332cd.jpg

サービスで杏仁豆腐出してくれました。

いろいろと肩すかしはあったものの
なんかそのダマされ(?)具合が逆に気持ちいいという
稀有な経験でございましたよ。

うひゃひゃひゃひゃと笑いつつビール飲んでメシ食って
楽しいひと時でした。

海原雄三とか連れていけないタイプのお店ではありますけど。
連れてったら怒りでこめかみから血ぃ吹き出しそうですよ(笑)

参考ページ

けものフレンズのアライさん連れてったらきっと喜んでくれるんじゃないかなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、杜記 海鮮火鍋菜館の蒸し鶏のピリ辛ソースかけ
IMG_5833.jpg

ランチの値段が700円から800円に値上がり。
それでも客足はさして減った印象のなかった杜記の伊勢佐木町店。

でも軽い改装のあとまた700円に戻りました。

その頃に四川料理人の募集の張り紙がされていたのですが
しばらくぶりに行くと張り紙はなくなっていました。

新しい料理人さん、入ったのかな?

IMG_5832.jpg

いつも通りのメニューですが
あれ?

蒸し鶏の辛いソース、中国語だと今までは口水鶏だったはず
椒麻鶏丁ってことは、今までと違う料理なのかしらん?

ということで興味が出てきて注文。

IMG_5834.jpg

前よりも涼やかな見た目。
おおお、明らかに違う系統の料理ですよこれ。

前は

IMG_3343.jpg

こんな感じでした。
土台は大量の茹でもやし
唐辛子だらけで見るからに辛そうでしたが。

IMG_5835.jpg

きゅうりとセロリときくらげが彩る皿
夏向けですごく涼やかな見た目。

でもそんな爽やかな外見の下には結構な辛さが隠されていました。

IMG_5838.jpg

酸味のある汁に
辛さは唐辛子だけでなく山椒がしっかり効いてる!

前は香港寄り広東あたりのバイアスのかかってた四川でしたが
これ、前より四川料理を専門にやってた料理人が入ってきたという感じです。

辛くて鼻の頭や頭頂部に汗が噴き出てきますが
これは美味い。

前のよだれ鶏タイプのも好きではありましたが
こっちも病みつきになりそうな味です。

翌朝のお通じがよくなるくらいに効きますけどね!

参考ページ

隣の中国人の方がインゲンと豚の炒めを頼んでいましたが
肉厚なインゲン山盛りで見るからに四川かあるいは湖南あたりの様相。

これは…今まで食べたことのある料理も
中国語表記を注意深く見ていかねばなるまい。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR