オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
阪東橋(白妙町)、釜飯と炉ばた焼 隼の鮭いくら釜飯
IMG_3801.jpg

医大通りの釜飯と炉ばた焼きのお店
いつもランチの松花堂弁当を楽しませて頂いてますが
久々に釜飯が食べたくなって注文。

時間にゆとりのある時向けのいいご馳走です。

IMG_3800.jpg

先に豆腐とニンジンの煮物に菜っ葉のお浸し
あと漬物などの小鉢が先付け的にやってきました。

IMG_3802.jpg

なめこの味噌汁と本体の釜飯がやってきました。
普段あんまし和食系を頂く機会の少ないワタシですが
この光景は非常にそそるなぁ。

IMG_3804.jpg

そもそも頂ける場所の少ない釜飯
それをお昼っから頂ける贅沢。

炊けるまでの繋ぎの品と酒と、と考える必要がないのが
これまた気軽でよいのです。

IMG_3805.jpg

更にアップ。
山菜にしゃけの切り身にいくら。
シンプルだけどこの組み合わせは盤石。

ご飯に程よい味が乗っていて
もうそれでけでめちやめちゃ美味しいのね。

以前牡蠣バター釜飯を頂きましたが
個人的にはバター使わない和寄りのこっちの味の方が好きだなぁ。

急須にお出汁も添えてくれますが
こちらは最後まで使わずに頂くのがいいですね。

なんか勿体ない感じ。

IMG_3807.jpg

というわけで余った漬物をお出汁に漬して
茶漬けご飯なし、みたいな感じにして食べてみる。

ちょっと冷や汁の暖かいバージョンみたいで
これがまた意外と美味しかったり。

…日本語として破綻してるな(笑)

公式フェイスブック
グーグルマップリンク

そのうち夜に炉ばた焼きも頂いてみたいと思いつつもまだ宿題のうち。

お昼に気軽に入れてるお陰で
この手の居酒屋的な佇まいの割には
気分的に敷居低めなのも自分には有難いです。
スポンサーサイト

テーマ:釜飯 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ばんぶーのカツ丼プレート
IMG_3636.jpg

居酒屋ならではのサービス感がかなりいい方向に機能した
お昼の定食が魅力的なばんぶー

定番のからあげ定食と
本日の日替わりは…カツ丼プレート
カツ丼は丼物のハズなんだけどプレートという表現は何なんだろう?

IMG_3637.jpg

……なんかめちゃ豪快なシロモノが来ちゃったぞ。
丼に乗りきらないサイズのカツ卵とじが
カツカレーのカツよろしくどっかんと乗ってる一品。

IMG_3638.jpg

カツ丼には一定数、更に生卵の追いがけ、というのもありまして
結果的にこのカツ丼、卵いくつ使ってるんでしょうか?

豚ロースの厚さに負けないくらいボリュームの卵です。
卵とじというよりオムレツにカツ放り込んだような。

相変わらず豪快な定食ですっかりおなかいっぱいですよ。

IMG_3642.jpg

カウンターに置いてあって気になった銘柄の酒。

栃木の酒造の純米酒ならしいですが
このフレーズ、どう考えても80年代のイギリスのエレポップユニット
ソフトセルのファーストアルバム以外に元ネタがあるはずないよなぁ。

ガキの時分に小遣いはたいて買ったアルバムのうちの1枚でしたが
純な子供だった自分は親がいる場所ではジャケットを隠さねばならなかったし(特にジャケ裏)

そして5曲目はヘッドホンして聴かなければいけなかったり、と(笑)
難儀なアルバムでございましたよ。

参考ページ

テーマ:カツ丼 - ジャンル:グルメ

中華街、美・伊豆のわさび丼
IMG_3663.jpg

中華街の一角、長安道でいいのかな?
上海豫園の建物の後に春頃伊豆のアンテナショップがしばらく前に開店しました。

酔華さん情報によるとランチにわさび丼があるという話で

孤独のグルメのシーズン3で紹介されて以来
心に引っかかっていた料理だったんですよね。

IMG_3660.jpg

上に上がってみると、誰もいねー!
清潔で手入れが行き届いてますが

アンテナショップとは言うけど、維持費とか大丈夫なの?
観光協会が出すからいい…のか?

じょりじょりと奥でわさび擂ってる音を聞きつつ待ちました。
そうか、自分で擂るんじゃないんですね。

まぁかどやみたく当時400円、現550円で1本って採算取れなさすぎだし(笑)

IMG_3664.jpg

900円というお値段ですが
結構いろいろついてくるんですね。
おかけで割高感はまったくありません。

このお吸い物、小さめのえびちりめんがたくさん入っていて
海老の風味豊かでめちゃめちゃ美味いです。

IMG_3666.jpg

おろしたてのワサビはツンとした香りが良いですね。
1本まるまる近く使ってるくらいの量です。

IMG_3671.jpg

おかかのせご飯の真ん中に落として
醤油をたらしておもむろにかき混ぜて頂きます。

………ぐわああああああああ
効く、めっちゃめちゃ辛くて効く!!!

もう一口…ぐわああああああ!!

ツーンなんてレベル通り越して悶絶。

もう今の心境はネタにされるときのクロコダインですよ。

IMG_3665.jpg

こちらのわさびは辛味がバッチリ来るタイプみたいで
次々とダイレクトアタック食らいまくりです。

これは…大根おろしを投入するのがいいみたい。
だいぶ辛味が緩和されました。

昆布の佃煮にタケノコ煮
そしてかつら剥きニンジンのクミンオレンジハツミツがけ
これが非常にありがたい友となりました。

IMG_3672.jpg

そしてオマケでつけてくれた夏みかんゼリーが癒しですね。
甘みで九死に一生を得た気分です。

IMG_3658.jpg

孤独のグルメ放送当時、ねりわさびは危険だから生わさびで、と言われてましたが

生わさびでも種類なのか、育て方なのか
心地よい辛味のレベルを突破した鮮烈なタイプだと
丼には向いてないんだなぁ、と思いました。

公式ページ
参考ページ

しかしお吸い物や副菜の数々は結構美味しかったので
これは釜揚げしらす丼とか、干物定食とかはかなりイケるんじゃないかと思いました。

中華街という立地で和食食べたり
伊豆の土産物買う層というのも少なさそうだけど
ちょいと干物食べてみたくなりました。

あ、金目鯛コロッケとかいうのもあるんだったな。
それもちょっと食べてみたい。

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木長者町、すし処 元の海鮮丼
IMG_3696.jpg

長者町八丁目共同ビル解体予定に伴い閉店したすし元
とはいいつつも移転して再出発する、とフェイスブックにて告知はされておりました。

結局閉店から2か月を経ずして
屋号をすし処 元と変えての営業が始まりました。

IMG_3693.jpg

場所は公園通り近辺、NTTの道路向かい
ゆで太郎の2階にあたります。
500m程度の移転ですね。

IMG_3697.jpg

年期の入った前の店内と違い、真新しくも清潔な雰囲気の店内は
カウンターこそ前と同じ程度の席数ですが
広いのでテーブルが多くなりました。

11時半開店と思っていたら11時開店。
半に到着するとカウンターが満席だったのでテーブルへ。

この日は海鮮丼とにぎりと鉄火丼の3択で
かま焼きは単品販売になっていました。

新装開店の初手は海鮮丼にて。
前と同じくの副菜満載の盆です。

IMG_3700.jpg

サラダの隣りはベビー帆立ときのこ餡かけ
バターを加えている餡で
洋風のような、和風のような不思議ながらいい感じのおばんさいです。

IMG_3699.jpg

茶碗蒸しみたいな玉子豆腐に
冬瓜のそぼろ餡かけ。

冬瓜は煮過ぎない火加減で
気持ち固めだけどこれがまた美味しい。

IMG_3703.jpg

すし元は海鮮丼の満足度が群を抜いて高いんですよね。
世間一般の海鮮丼は小ぶりにまとまった印象がありますが

IMG_3704.jpg

こちらはそもそもお皿がでっかいし

鮮度のいい身を厚切りしているので
プリッとした食感を十二分に堪能できるのですよ。

だからマグロの赤身に白身魚の切り身が特に美味いこと!
それがわりとリーズナブルなお値段でいただけるのだから
ファンが多いのも当然のことです。

IMG_3692.jpg

ランチ営業は日曜のみのようです。

その代わり11時から営業なので
うまいこと客の側で時間を調整するのがいいかなという感じです。

今のところまだ超満席、という流れにはなってませんが
いずれ混みだすのは必至でしょう。

公式フェイスブック
参考ページ

取り合えずは、来年の正月の昼を心配する必要はなくなってよかったよかった。

ちなみにこれランチ初日のことでしたが
もちろんお先にカウンターにあの方がいらしてましたよ。
うーん、鉄火丼もめちゃめちゃ美味しそう。

テーマ:お寿司 - ジャンル:グルメ

大口、たん熊の串盛り合わせほか
IMG_0361.jpg

地元寄りの方々からオススメされていたお店がありまして
場所は確認したままずっと宿題のまんまでした。

大口駅西口から県道に沿って北側にちょいと進んだ場所にある
昔ながらの居酒屋の佇まい。

こういう場所に入るには自分は未だに大人度が足りない、と
勝手に思ってどうも入りにくい。

IMG_0351.jpg

でも地元だし、なんてこたぁないはず!と戸を
戸を…

何故だ!こんなに戸が重いのは
こんなにも自分は苦手意識が強かったのか…

って、たまたま滑りが悪くなって引っかかってるだけでした(笑)

とりあえずは生中
お通しはかんぱちのたたきとワカメ酢

外は火が通ってて中は生のかんぱちがえらく美味い。

IMG_0357.jpg

2階に団体さんが入ってるようだったので
時間がかかるの見越して最初はたこわさ。

そういえばたこわさって食べるの初めてだったような。
刻みわさびの軽いつーんとした辛みと生タコの相性はいいですね。

これが当初罰ゲームから生まれた料理だっていうのが面白いもんです。

IMG_0360.jpg

焼き物5点盛りをお供にビールをのんびり。
いかだに皮にモモ、レバー、つくね。

こちらのお店は表面がパリパリになるような焼き方。
焼き立てはやっぱり美味い。
そしてパリパリした食感が楽しい。

つくねはほくほくふわふわタイプです。

IMG_0369.jpg

普段あんまり食べない鶏のから揚げをメインにチューハイと。
地元のカラアゲニストの評判の高いから揚げは如何なるものであるか。

これは…昨今流行りの外サクサク中むちむちジューシータイプとは違いますね。
昔の総菜屋、居酒屋にあったような

衣が皮みたいに一定の厚さでぴったり包んでいて
中の鶏はしっかり火が通っています。

IMG_0370.jpg

言わばからあげクラシック
あるいはオールドタイムからあげ、と云うべきか。

こういうタイプってすっかり冷めているものを供される場の方が多いだけに

食べるペース加減しないと火傷しそうな
出来立てアツアツは格別に美味い気がするなぁ。

サクサクというよりはパリッパリッとした衣に
しっかり歯応えの鶏は懐かしさを感じつつも新鮮。

こういうタイプのから揚げはレモン絞るのも美味いんだよなぁ。

IMG_0374.jpg

こういう普遍的な居酒屋もたまにはいいなぁ。

昭和初期の年期を感じる佇まいでもなく
かといって昨今の流行りを取り入れた若向けでもなく
すごく当たり前のお店。

それでも仕事帰りのリーマンを何年も引き寄せ続けてきた引力ってのがあるもんです。

参考ページ

そしてこういうお店は夜遅くまでやっているので
遅くの帰り途中でも安心して寄れるというのが魅力。

普通だから普通に寄れるお店は
日々の戦いに疲れた戦士たちの安らぎの場所足り得るのです。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR