オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木町、Iseyaのトルコライス
IMG_9817.jpg

伊勢佐木町6丁目交差点をモールに入ってすぐのところにある
ライブハウス兼ダイニングバーのIseya

と書くとカッコよく見えますが
実際はカラオケスナックに楽器の置かれたステージがあるような
場末のバー的な佇まい。

だけどその場末っぽさがまた味でもあるんですよねぇ。

IMG_9816.jpg

場末に拍車をかけるかの如く
ワンコインを下回る400円ランチがどんどん拡充されていきます。

ちょっとだけ豪華版?500円の自家製ハンバーグランチなんかもあります。

そしてトルコライスとな?
こんなお店に似つかわしい料理と言えますよね。

IMG_9818.jpg

スナックらしい低めのソファに腰かけてのんびり待つ。

一番大きいテレビはニュース番組を流していますが
ステージ脇のモニターはジェームズ・ブラウンのライブの映像が。

音は出てないけど、大概のヒット曲は覚えてるので
脳内で音再生するのは余裕です。

さてさて、プラ盆に乗ってやってきました。
味噌汁にオレンジ色のたくあん添えという、いかにもな内容。

IMG_9819.jpg

いちおうトルコライスの定義は
デミグラソースがけの豚カツにピラフとナポリタンスパの3つの組み合わせということになってます。

ナポがないですね。
別に原理主義者じゃないのでそれはそれでよし。
大阪式の場合はナポがない代わりに薄焼き卵敷だったりするケースもあるので
厳密なルールはあってなきがごとし。

こちらのカツは、どちらかというか衣の仕上がりがコロッケのそれなんですよね。
薄くきめ細かなサクサク揚げ。

カツに馴染んだデミソースで衣の軽さ加減が引き立つ感じ。
そしてピラフは昔ながらのチキンライス。
もちろん鶏肉もしっかり入ってます。

非常に学食チックな一品ではありますが
こういうお店ではそんなご飯こそ「らしい」ってなモンです。

IMG_9823.jpg

食後にはコーヒーまでついてくる
等身大の至れり尽くせり

カラオケスナックに毛が生えたくらいのライブハウスで
とーちゃんの作るB級食。

時々無性にこんなのが食べたくなったりするもんです。

参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:トルコライス - ジャンル:グルメ

大口通、武蔵屋の平政刺身ほか
IMG_0049_20180211095722471.jpg

大口通一番街から大口通に出る交差点脇の和食居酒屋、武蔵屋
いぶし銀の大将の調理する丁寧な料理が魅力のお店です。

普段エスニック系ばかり好んで食べてるワタシですがたまには和食。
というか前から狙ってる品がありまして。

IMG_0039.jpg

ヒラマサ……
スズキ目アジ科に属するお魚、好きなんですよね。

煮て良し焼いて良し、もちろん刺身も良し。
ずいぶん前に頂いて以来首ったけで
機会があれば頂きたいと思ってる魚。

でもブリやスズキと違ってお目にかかれる機会、ほとんどないのです。

ここしばらく晩メシの買い出しに信号待ちする間
ちょいとお店の看板のチェックを欠かしてなかったところ
ようやくのお目見え。

IMG_0041_20180211095718256.jpg

基本日本酒の合いそうな地魚料理が並んでるわけですが
まぁ取りあえずはビールで頂くことにします。

IMG_0044_20180211095719c81.jpg

なんとお通しが煮魚。
ちょっと気が効いてていいですね。
ホウボウかな?

落ち着いた甘辛の汁と煮込まれて
木の芽を軽く散らした煮魚はやっぱりウマい。

IMG_0048.jpg

クイックメニューにあったうどのきんぴら。
しっかり味が沁みた炒り煮で食感もよく美味し。

IMG_0052.jpg

キタキタ平政!!
ブリに近いけれど脂がもっとさっぱりして上品な感じ。

身に歯を落とした時のぷりんとした食感がまたたまらないので
こうやって厚めに切ってくれるのがまた嬉しいこと。

紫蘇の芽紫蘇の実紫蘇の葉、と3つ揃った薬味もまた良し。

丁寧な仕事といい品質に舌鼓を打ちました。
ポンポンポン。

IMG_0055.jpg

最後に選んだのは江戸前穴子の天ぷら。
買い物途中、魚屋の店先にあった穴子天に惹かれたのですが
ガマンしてよかった。

軽いサクッとした衣にふんわりの身がたまらん。

ナス天とニラ天が添えてあります。

アナゴにニラ…?と思ったけど
これが薬味として意外と合うんですね。

一緒に食べるとまた新たなる組み合わせの妙が。

IMG_0059_2018021109571479b.jpg

やや薄めながらダシのしっかりした天つゆに軽めの仕上がりの穴子天
合う合う。

こういう時は日本人でよかった~としみじみ思ってしまうのでありました。

もちろん穴子のフリットとかも美味しいですけどね。

公式ページ
参考ページ

基本味覚がお子様なもので
日本酒の美味しさに目覚めたらまた味わい方が変わるんだろうなぁ、とは思いますが
取りあえずはビールで一献。

冬は体冷えるけどな!

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

吉野町(高砂町)、ステーキR357ヨコハマの中落ちステーキ丼
IMG_9979.jpg

睦橋と千歳橋の中間、飲食店の少ないこの通りに
ステーキハウス、R357があります。

クルマ好きのオーナーの趣味のを前面に押し出したバー的な
独特の空気が心地よかったのですが

そちら方面をさらに突き詰めちゃったようで

IMG_9973.jpg

なんかスゴいの置いてある―ーー!!
3画面のドライブシミュレーター。

椅子も油圧で動くゲーセン並みの仕様で
VRにも対応してるみたい。

ここは一体何のお店なんだと(笑)

IMG_9977.jpg

今回もランチはハンバーグか中落ちステーキ丼か
ビーフカレーの3択の模様。

今回はステーキかな。

IMG_9975.jpg

セルフで鎌倉野菜入りのサラダに
牛ひき肉ダシの効いたスープを頂きます。

今回はスープ多めに取った。
結構ウマいですこれ。

IMG_9980.jpg

サラダと被り気味なレタスにレモンの切り身
そしてキムチを伴ってきました中落ちステーキ丼。

牛肉でいうところの中落は、肋骨と肋骨の間。

普通の赤身に比べて脂が多く
同時に呼吸をする時に動いてる部位でもあるのできめ細かい肉です。

IMG_9981.jpg

そんなわけでB級感ありながらも
柔らかくて脂がノッてて非常にウマいです。

やっぱ骨周りの肉って美味いんだよなぁ。
塩ダレ味の具合もいい感じ。

美味い分逆に味の濃いキムチは余計かなという気もあり。
別々に楽しみたいので

キムチはレタスで巻いて食べて
肉はご飯オンリーで頂くのが丁度いいですね。

あとご飯は大盛で頼んだ方がよさげです。

公式フェイスブック
参考ページ

お店に行ったのは先週のことでしたが
T3Rレーシングシミュレータは17日…つまり今日お披露目みたいですよ。

テーマ:ステーキハウス - ジャンル:グルメ

大口、スパイスナインの上ラム丼ほか
IMG_0117.jpg

買い出しの途中、大口駅西口脇の
スープカレー屋兼北海道バルのスパイスナインの前を通りかかってみたら

IMG_0105.jpg

初めて伺ったのは2年前の秋でしたが
その1年以上前にオープンしてたんですね。

いつかラム目当てで夜に行こう行こうと思いつつ伸び伸びだったので
この機会に入ってみるか!と夜に行ってみました。

前お昼に伺った時はおばさまとおねーさんでやっておられましたが
夜はキレイなおねーさん3人でまわしておられる模様。

IMG_0111.jpg

ビールにお通しのえだまめ頂きつつ初手のラムロース串待ち。
1本190円とのことで一気に3本注文。

北海道産だと思います。
生から焼いた肉は美味し。

しかし北海道産って流通してるのはほぼロース肉なので
見ただけですぐわかるんですよね。

道民の友人が札幌で羊食べようとしても
ジンギスカン以外選択肢がないと言ってたわけだ。

甘辛ダレに枝豆絡めるのも美味し。

IMG_0114.jpg

材料は北海道仕入れなのでこまいの一夜干しなんてのがありますよ!
ちなみにかすべも置いてあります。

こういうところがスープカレーオンリーのお店とは違うところ。

基本はタラなわけですが
一夜干しただけで燻製みたいな身の引き締まり方で美味い。

七味マヨで油気足すとこれがまた一層味わい深く
そして小さい魚なだけに、皮まわりがまたイイんですよね。

IMG_0116.jpg

ラムのお供にラムハイ、地味に効きます。
そのあとガラナハイも頂きました。

ソフトドリンク枠には北海道ガラナ、ってありましたが
南米の飲料が北海道に根付いているとは…。

調べたらかつてコーラに対抗すべく全国展開したコアップガラナは夢破れたものの
何故か北海道でのみ定着したという背景があるらしいです。

IMG_0119.jpg

〆のメシに上ラム丼
ちなみにノーマルのラム丼と上ラム丼の違いは肉質だそうです。

なるほど見ただけできめ細かで良さそうな肉だとわかります。
食べてみると当然ウマー。

IMG_0121_20180212094435c05.jpg

思ってたよりご飯も野菜もボリュームあるのでおなかいっぱい頂けます。
たっぷりのたまねぎにもやしもちゃんと美味いんですよ。

ラムのお供にも良いし
たまねぎもやしご飯だけでもタレの良さ相まって十分いい味してます。

公式ページ
参考ページ

結局限定の500円均一料理には一切手を出さず
前々から気になっていた料理群…主に羊だけど…ばかり重点的に頂きました。

ラム丼の存在は有難いですね~。
飲みばかりでなく、夜羊とメシを食う、という選択肢もあるわけで。

それは個人的に利用価値高し、ということで。



そうそう、余談ですが帰りがけにセブンイレブン寄ったら
ルマンドアイス入荷していたのでデザート代わりに買ってきました。
新潟で食べて以来1年半ぶりの再会。
ようやく関東でも発売されましたね~。

まぁ、まんまアイスモナカにルマンド入れただけのシロモノですけど(笑)

テーマ:羊(ラム・マトン)料理 - ジャンル:グルメ

関内(相生町)、コーボリッコのリブロースステーキ丼
IMG_9689.jpg

関内を歩いていたら新店発見。
場所はドイツ料理のアムラインの1階。
トヨタの隣のビル、と言った方がわかりやすいか。

そーいえばアムラインも一度機会逸してからそのまんまだなぁ。
ドイツの階下にイタリア…か。

IMG_9681.jpg

ともあれランチ営業をしているというのなら偵察しやすい、ということで入店。
寒いからラザニアも美味しそうだけど

リブロースステーキは夜のメニューにもない料理のようなので
昼頼むにはいいかな、と決定。

IMG_9682.jpg

夜のメニュー見ると、品数は絞り込んでる感じ。
イタリアンサモサって何ぞ?
本来インド料理なんですが、検索してみたらこれがぽろぽろ引っかかる。

といってもクックパッドとその亜流みたいなトコばかりなんだけどね。

ソフトクラブとキャベツのアヒージョなんてのも美味しそう。

IMG_9685_201801271832330ab.jpg

スープは洋食屋で出てきそうな、エノキとブイヨンのダシ味の効いたもの。

サラダもドレッシング自体は既製品っぽいけど
多分鎌倉か三浦あたりの野菜っぽいシャッキリしたカブも
マヨの効いたポテサラもいい感じで美味しいです。

IMG_9690_2018012718322684a.jpg

ロコモコでも乗ってそうな木のボウルでリブロースステーキ丼登場。

丼モノ注文した時点でわかってはいたけど
イタリアン要素がまるでないジャパニーズドンブリ。

食べてみると肉、美味い。

薄めにカットされてながらも
肉と脂のバランスよい柔らかい牛リブロース。

赤身の残る火加減もいい感じで
ローストビーフ丼なんかよりもずっっっと気が利いています。

IMG_9693.jpg

だがそれだけに、野菜類が惜しまれる。

白ネギ青ネギパプリカ生もやし、と使われているのですが
これらの素材があまりにもフツー過ぎる。

居酒屋どころか祭りの露店のようなネギともやしの仕上がり。
それが出来の良い肉の足を引っ張ってる。

ほんのちょっと手を入れれば
それだけで結構いい塩梅になるんじゃないかと思うのですが

IMG_9679_2018012718322906e.jpg

普通にイタリアン寄りの料理選ぶべきだったのかもしれないなぁ。
イタリアンたる所以にまだ手が触れてないもの。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

ラザニア頼んでおくんだったなぁ。

でもステーキ自体は結構美味しかったんだけど。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR