オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
高根町、キッチンプラスワンの牡蠣のガーリックバター醤油ライス
IMG_0855.jpg

医大通り脇の住宅のダイニングで頂けるランチが魅力のキッチンプラスワン

ホントは新規開拓に出る予定だったんですが
前を通りかかったら「牡蠣」の2文字。
しかも下に赤字で「大粒」とか書かれてるんですもの。

もう牡蠣の季節も終わりかと思ってたところに大粒!
そらもう寄ってくしかありませんね。

IMG_0851.jpg

小鉢はコーンと野菜の和え物
ちょい辛なもやし
もずく酢。

IMG_0862.jpg

ミニサラダにもずくの味噌汁。
一部材料被ってるので30品目とはいかないけど
野菜たっぷりで美味しく健康的な食事。

外食中心の生活していると
こういうのがとても有難いです。

IMG_0854.jpg

おお
大粒の文字に偽りなし!

もう季節も終わりだというのに
これだけのサイズが頂ける僥倖。

ガーリックバター醤油ライスは牡蠣の味を邪魔しない適度な濃さ。

片栗粉コーティングのとろみ付牡蠣はやっぱり美味い。

IMG_0857.jpg

大粒で身がぷっくりした牡蠣
それを十二分に味わい尽くせるだけでもう嬉しいです。
寄り道してよかった。

家庭料理的なご飯ですが
ご家庭でこんな大粒牡蠣が食卓にあがる事なんてそうないし。

そういうところも含めてのいいお店に
いいタイミングで入れたな、と。

IMG_0509_201704131641343ee.jpg

ちなみにこちらに拝見させて頂いたのは過去のメニューのメモ。
この辺からまたローテーションで頂ける料理があるかもしれないし

IMG_0510_2017041316413531d.jpg

またあるいは新しいメニューが来るかもしれません。
取りあえずはこんな感じの料理の出るお店ですよ、ということで。

グーグルマップリンク

仕入れられればまだこの大粒牡蠣に出会えるかもしれないそうですよ。
スポンサーサイト

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

野毛、チャーコルスタンド・ノゲの豚アワビほか
IMG_0479.jpg

もつ肉店ライセンスのもつ焼き
その他炭火焼のお店チャーコルスタンド・ノゲ

羊の串焼きやらつくねやらが楽しめるとあって出かけて
すっかり満足出来たお店でした。

なので再び訪れました。

IMG_0452.jpg

何気にメニューにちょっと変化が。
旬の食材を取り入れてるんですね。

ということは最低でも季節の替わるころには出かけなきゃいかんわけだ。
…いや義務じゃないけど、行きたいです。

IMG_0455.jpg

前菜代わりに頼んだのは豚ミノと新玉ねぎのオニオンスライス。
甘みのある新たまねぎにくにくにのミノを醤油系ドレでさっぱりと。
口火を切るのにちょうどいい爽やかな一品です。

IMG_0461.jpg

父さんのレバーパテ。
ハーフが出来るというのでハーフでお願いしました。
バゲットもつけてもらいましたが、バゲットのハーフはないので当然余りまする。

まぁ後の焼き物のお供にするのもいいか。

ねっとりしたと旨味の塊のパテ美味し。
ハーフでなくフルでもよかったか。

バゲットは焼きなのに、何故か揚げたような風味も。

IMG_0463.jpg

鶏レバーを味噌で。
おおぅ、火は通っているけどねっとりトロトロな食感がイイ。
そして味噌がとても素材に馴染んでます。

なんかヤバいくらい美味い。

IMG_0464.jpg

そしてふわふわ白。
ふわふわというか、白モツの脂がとろんとろんで素敵な口溶け。
そしてこちらも味噌の馴染み具合がハンパなくいい。

なんだよこの店!
本家の焼きの腕軽く越えてんじゃんかよ!

まぁ本家はあの値段であのクオリティというのが驚異的なわけですが
取りあえずレバーと白に関して言えば
あたしゃ断然こっちで食べるのをオススメするね!

IMG_0469.jpg

そしてメリーさんのつくねこと羊肉団子。
メルゲーズにも似た肉と脂の旨味がたまりません。
こいつは1本でなく2本注文しました。

IMG_0476.jpg

次の繋ぎに頼んだのはニタマヨ。
メニューにある名前からゆでたまサラダみたいなのを想像しましたが
そう来たか!

マヨの土台に煮卵を乗せ
タレかけて青ネギ散らしたという…

これはなんというかどういう立ち位置で扱っていいか悩むなぁ。
コンビニとかでとんこつスープ煮込みのご飯に煮卵入れたおにぎりがあるけど
アレのご飯抜きという感じか。

IMG_0480.jpg

ラストに頼んだのは希少部位の焼き物。
今回あったのは豚あわびと上ガツ、両方とも醤油で。

こっっっれがまたホントにイキが良いというレベルでコリッコリ
なるほどあわびにたとえるのもよくわかる

表面の焼き目の香ばしさもありつつ
硬くなりすぎていない絶妙な加減。

これはのんきの本店の焼き加減にも迫る勢いの出来です。

経営母体公式フェイスブック
参考ページ

前回はこちらのお店の真価の30%くらいしか味わえてなかったんですね。

まぁこの辺りの串焼きモノというジャンルにあたしゃそんな明るくはないので
詳しい人に言わせれば「この店を知らずして」という名店がまだまだ山とあるんでしょうけど

店が広いのであぶれる心配も少なく
気軽に楽しめるこちらは非常にいい選択肢だと思いますですよ。

テーマ:もつ焼き・焼きとん・煮込み - ジャンル:グルメ

東神奈川(二ッ谷町)、かたおかの五島の刺身三点盛り定食
IMG_0107.jpg

またまた横浜泥酔ことmoudaさん情報
東神奈川に魚の美味しい和食屋があるというので行ってみましたよ。

場所は東神奈川駅から第二京浜を横浜方面へ。
石材屋とわらわらの間を右折してずっとまっすぐ…10423さんの横を通り過ぎ
今度はダンススタジオと税理士事務所の間を左折

緑地に白の和食、の文字が目指す先です。

IMG_0106.jpg

日曜はお休みですが、土曜もランチ営業しております。
弁当や漬けも気になるけど
ここはmoudaさんオススメの長崎は五島から仕入れた刺身の定食で!

IMG_0108.jpg

コンニャクって自分的にはハズレ食材なんですが
しっとり味が馴染んで美味し。

味噌汁に香の物も十分にいい出来。

そして刺身……ていうか、どうしてもスライムとベスに目が行くな!

それはともかく五島のまぐろとかんぱちとひらまさの三点盛り。
やったー!ヒラマサ大好きなんですよ。

IMG_0110.jpg

当の刺身はあれ?光沢のある赤やピンクや白じゃない!
鮮度が!と思われる方もおられるかもですが

こちらはエイジングビーフならぬエイジングフィッシュ
寝かせて熟成させたタイプの刺身なんです。

鮮度高くコリコリで瑞々しい食感を求めるのでなく
熟成して旨味成分であるイノシン酸が出てきたところを頂くという調理。

水分が抜けてカピカピになったり細胞の破壊が進んでべっちょりするかと思いきや
これが意外とむちっとした食感。

ぷりぷりはしていないけど舌に馴染むような美味さがあるんですね。
不思議不思議。

〆鯖から酢を抜いたような、引き締まった食感と味わい。

しかしこうなると逆にほかほかご飯と頂くのが勿体ない気もしてきます。

酒の肴に頂くか
あるいは寿司にした方が美味しいんじゃないかと思ったり。

IMG_0104.jpg

基本的には熟成は白身の魚向きと言われてますが
青魚を熟成で頂いてみたいなぁ。
北海道から仕入れてるからニシンなんかもあるらしい。

参考ページ

ともあれ美味しい刺身でした。
この美味さが本当か否かは、自分の舌で味わってみられるとよろしいかと思います。

……それはそれとして
メシ食ってる間に店にかかってる曲がどうにも気になり…

鉄血2期後半のオープニングだったり
幼女戦記のエンディングだったり

多分USENのアニメチャンネルだと思うんですが
「諸君!我々の任務は何だ!殲滅だ!」とか
デクレチャフ少尉の幼女声のアジテーションが
刺身食ってる横で流れているというのもなんか妙な感覚で。

オヤジさん、隠れオタなんですかね?
あるいは孫がチャンネルセットしてそのまんまとかいうオチもあるだろうけど

…ちょっと気になるなぁ(笑)

テーマ:鮮魚 - ジャンル:グルメ

横浜橋、市場食堂の海老フライ定食
IMG_0344.jpg

すっかり横浜橋の顔の一つとなった市場食堂

魚料理の定食屋としても飲み屋としても使いやすいですから
連日昼からほぼ満席なのもむべなるかな。

IMG_0345.jpg

そろそろカキフライの季節も終わりだなぁ、と嘆いていたところに
新たなる救世主が颯爽と登場!

えびふりゃあ!

IMG_0346.jpg

大衆食堂、洋食屋ではお馴染みで新鮮味もない料理ですが
このお店で出るということの意味はちょっと違う。

カキフライでさえ6コも更に乗っかるお店ですから
エビフライだってこの通り、4コもあるんですよ。

中のエビのサイズはこちらと変わらずに
衣ばかりデカいお店もあるというのに
こちらはこそこのサイズで4コ!

IMG_0348.jpg

あっという間に食べ終えてしまう悲しみは今日はなく
タルタルで、ソースでご飯と味わい尽くせる幸せ。

衣の中には幸せがつまっている!

わりかしお手軽にささやかな幸せが
牡蠣の季節以降にも楽しめます。

参考ページ

但しいつもあるとは限らないんですねこれが。

昼食った後に店の外のメニュー看板に名前を見つけ
翌日の楽しみにしてたらなかったとか
そういうこともしばしば。

ある日に当たったら大吉、みたいな
そんなえびふりゃあ。

テーマ:エビフライ - ジャンル:グルメ

南幸、味珍(まいちん)の豚舌ほか
IMG_0307.jpg

少人数で飲みに出よう、河岸は好きに選んで良し、というので
久々に横浜駅近所のまいちん行きたいなーと希望しました。

いやー、何年ぶりだろう?
5年? ……よくよく調べたら前に行ったの2005年でした。
12年振りかよ!
そらトシも食うわけですよ。

思えば初めて訪れたオトナの空気のあるお店でした。

IMG_0289.jpg

ドラマのセットかと思うくらいに見事な飲み屋横丁。

ジョイナス解体に伴ってきっとこの狸横丁も取り壊されるものかと思ってましたが
どっこい息づいている!

IMG_0295.jpg

2軒向かい合って並んでる狭い方。
1階こそ満席でしたが、連休明け平日なせいか2階はまだガラガラ。

消防法的にヤバいんじゃないかというかなり急な階段を昇っていくと
この味わい深い店内。

何度か改装はしていると思われますが
なんたって創業60年の老舗ですもの。

IMG_0292.jpg

呑み助界隈には説明不要なくらい有名ではありますが
豚の頭や尾などの珍味専門のお店。

かけつけビール頂いてしっぽから。
中華の滷水漬け煮込みとほぼ同じタイプの加工肉
でもちょっと違う和風ダレに漬け込んだコラーゲンとろとろのしっぽです。

美味すぎるけど、痛風製造機とも呼ばれますね、これ。

IMG_0293.jpg

肉、コラーゲン、脂等が混じり合っているのはカシラ肉。
顔の部分です。

もはや天然パテ・ド・カンパーニュとも言える複合部位の肉が美味い!

テーブルに醤油、酢、辣油、ニンニク、カラシが置かれていますので
自分の好きに配合してマイタレを作って頂きます。

お店のオススメは
からし小さじ1、酢大さじ1、 しょうゆ小さじ1だそうです。

IMG_0298.jpg

辣白菜。
お店の人曰くラーパーサイ。

キムチが一般化する前は朝鮮漬けとか言われていたタイプの漬物。
軽い唐辛子の辛さの加わった浅漬け、美味いんですよねこれが。

IMG_0299.jpg

ガツ。
漬け込み具合の美しさが見事な一品です。
これももうたまんないなぁ、もう。

IMG_0301.jpg

ここに来たからには焼酎頼まないと!
受け皿にこぼれるくらいの注ぎ方、ってこちらのお店で初めて知りました。

強くてこれ一杯だけで結構気持ちよく酔えます。

IMG_0303.jpg

名物と呼ばれる理由の一つ。
この通称「ヤカン」で注がれること。

そして各テーブルに置いてあるシロップを好きに入れて
好みの甘さで頂きます。

甘くしても強いのは変わんないんだけどな!

IMG_0305.jpg

こんなに見事な色の豚耳は初めてですよ。
飴色の表皮に綺麗なピンクの中身。

ナンコツはもはやコリコリ感さえもなくなるくらいに
柔らかく煮こまれています。

IMG_0306.jpg

滑らかな舌先に、脂と肉の繊維混じりの舌元。
舌の上で舌がとろけます。
文章にすると何だか訳分かりませんわね。

IMG_0309.jpg

そしてトドメにまた痛風製造機豚足。
もはや表面は半透明になりかけてます。
これがまた酢とカラシのよく合うこと。

IMG_0312.jpg

腐乳も頼みました。
スパイシーカッテージチーズとして酒のアテにするのもいいですが
これを調味料にするのもなかなか美味いです。

IMG_0313.jpg

更にピータン。
白身ぷるぷる、黄身はねっとり。
日本人客向けに売ってきただけあって臭みはなし。

IMG_0315.jpg

最後に牛スジ煮込み。
じゃがいもが入ってるのが嬉しいですね。

肉の美味さもさることながら
旨味をしっかり吸込んだジャガイモがまた美味いこと。

IMG_0290.jpg

結局部位コンプリート。
後から友人が合流して最終的に4人で頂きました。

4人だったらもっといい店行けたんじゃないかというハナシもありますが
12年ぶりにオトナの店を味わい尽くせたんだもの、後悔なんてありません。
満ち足りた満ち足りた。

参考ページ
参考ページ

この佇まいも含めての味です。
狸小路、横浜駅の改装が完全に終わっても残って欲しい横丁です。

テーマ:豚肉料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR