オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
山下町、ゼイティンのクイマル・ピデ
IMG_0139.jpg

神奈川芸術劇場と県民ホールの間の細道を歩いていたら
建物の2階に知らぬ間にトルコ料理のお店が出来ているのを発見!

この辺はあんまり通らないから開店から半年過ぎてるというのに全く気が付きませんでした。
残念ながら見つけた日曜日は定休日なのですが、今週は月曜日がお休みでした。

フェイスブック等見たら、日替わりにラムケバブやらギュベッチが出ることもあるそうで。
ますます行かぬわけにはいかんじゃないですか!
ということで祝日にGO!

IMG_0131_20180212153332329.jpg

調理場を中心に丸く作られ、そのまま横にずいーっと伸びたカウンターが
地中海方面のお店らしくて良し。

オーナーシェフらしいトルコ人のにーちゃんとフロアの日本人のあんちゃんが迎えてくれます。
そこそこお客さんが入ってるので、もう既に近辺での評判は確定してる様子。
出遅れたわ。

IMG_0127_2018021215333128c.jpg

ランチはケバブ、ケバブロール、ムサカ、チキンのシシケバブが固定
その他日替わりが入る模様。

本日はクイマル・ピデ。
ピデは中東式のピザだと言われますが
それはむしろラフマジュンのことを指すのでは?と思いましたが

ラフマジュンがローマピッツァで、ピデはナポリピッツァ
という形容をもって説明してるページがあり
なるほど、と納得。

ともあれピデもラフマジュンも知識として知ってるだけで食べたことなかったから
これもいい機会だ、と注文。

IMG_0133.jpg

スープはほんのりスパイシー
香草の風味しっかり効いててチキン、チーズ、ヌードルが軽く入ってます。
他のお店で頂いた豆系のスープとは違うけどこれも美味しい。

IMG_0135_20180212153335f80.jpg

ワインビネガー系のドレッシングの効いたさっぱり味のサラダもなかなか。

IMG_0137.jpg

小舟のような姿のピデ。
頂いてみるとピザのバリエーションというよりはパイに近いような。

いやパイとも違うな。
むしろ総菜パンとかに近い、カリッと焼けた耳の部分がめちゃ美味い。

IMG_0141.jpg

細かく挽いてある肉は脂の具合や柔らかさが
シークケバブなんかに近い。
つまり羊肉!

クミンその他パンチのあるスパイスが効いててめちゃんこ美味い。

IMG_0142.jpg

分かりやすく説明するなら
パン屋で売ってる総菜パンのミートパイをもっともっと豪華にしたという感じかな。

そういう例えだと安っぽく感じるかもですが

ドラクエ2に例えるなら、フツーのお店のパンは
下は序盤スライム相手に戦ってるレベルから
上はムーンブルグ城の沼地を抜けるのに苦労するレベルなところ

こちらはアトラス、パズズ、ベリアルを楽々倒せるレベル
くらいの強さの開きがあるって感じですか。

ゲーム知らん人には余計分かり辛いか(笑)

カリカリホクホクの生地も香ばしい肉の部分も
わざわざ千数百円払ってでも食べたくなるの必至な、幸せになるような美味さ。

ケバブ選ばずに、こちらにして良かった~。
そうか、ピデってこんな美味いもんだったんだ。

IMG_0145.jpg

食後のチャイも香りも味も良し。
日本で飲む紅茶に比べて渋みも強く淹れるのがトルコ式ですが
こちらはその渋み含めて美味い。

IMG_0123_2018021215332959e.jpg

お店の雰囲気も味も良し。
再訪確定です。

ランチに羊モノが来るタイミングにまた来れることを大いに期待したいところです。

公式ページ
参考ページ

IMG_0173.jpg

帰りに石川町をつらつら歩いていたらの向かい側に新店準備中。
ランチもやるのか、気にしておこう。

………って、え!!!!!

フラテッロのあったとこじゃん!!!

あああああ、いつの間に閉店してたんだ!!!
秋に伺った時にはそんな様子まるでなかったのに。
ホームページもフェイスブックも跡形もなくなっとる!!

もうあのパスタを頂くことは出来ないのか~。
スポンサーサイト

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ

鎌倉小町、サンドイッチショップ・ピギーズのトリプルテ・サンドイッチ
IMG_9729.jpg

鎌倉は雪乃下のちょい奥まった、まったりした場所にあった
ペルーサンドイッチのお店、ピギーズ

昨年11月にすぐ手前、小町通りの脇道に移転しています。

IMG_9723.jpg

店内はカウンター数席、後はテイクアウトメインにシフトしてきたこともあり
今はライスものを休止して、その分サンイドイッチのメニューとサイドメニューが拡充されています。

ただ、今店内にそのメニューがないので写真に収めてません。
アボカド入りやら、チョリパンにチリを加えたものやらありました。

IMG_9738.jpg

気が付いたら真新しいプレスヒーターが!
これでキューバサンドイッチも本格的になりますね。

他のサンドもこれ使うことで、結構効率的に作れるようになったそうですよ。

IMG_9725.jpg

今回頼んだのはトリプルテ。
前回来た時にちょいとお話しされていた、プエトリルコ式のサンドイッチです。
トリプルテというのは読んで字のごとく3種の具材を使ったもの。

IMG_9726.jpg

Tripleta Sandwichで検索をかけたところによると
本来は鶏とハムと牛という組み合わせがスタンダードのようですが

こちらの場合は鶏肉と豚肉とソーセージ。
更にオニオンと一緒に炒め
トマトケチャップとマヨネーズを混ぜたソースで味付けたものです。

しかしいろいろたんまり入ってるからサンドいいつつ背の高いこと。

IMG_9730.jpg

ポテトもたっぷりなのでこれかなり食べ甲斐がありますね!
プルトリコ式だけどペルーのアヒソースもついてきます。

これがイモと実に相性いいんですよね。

IMG_9732.jpg

というわけで鶏、豚、ソーセージの豪快な三重奏。
ケチャップとマヨのオーロラソースというわかりやすい味つけ。
南米の豪快さが一身に集まったかのような大雑把さが醍醐味です。

まぁ、パンコンチチャロン(ペルーの鶏サンド)のバジルソースとか
チョリパンのチミチュリソース(パセリとニンニクのソース)とかの
繊細かつ丁度いい辛さの味わいの方が好みではあります。

ソーセージがブラジルソーセージでないのがちょい残念。

IMG_9734.jpg

サービスでトッピング用のチリ頂きました。
これがトマトのコク、酸味の効いた結構好みの味。

次はこのチリを使ったチョリパンでも頂いてみようかな。

IMG_9735.jpg

マグにたっぷりのコーヒーを頂いてひと心地。
丁度テイクアウト客の流れが一段落したタイミングで世間話に花が咲きました。

友人である大さん橋のT'sキューバサンドのオーナーが大型のフードトラック買ったとか(笑)
鎌倉の年末年始の人の流れが今年と去年でぜんぜん違ってたとか。
いろいろ貴重な話を聞かせて頂きました。

公式フェイスブック
旧店舗参考ページ
グーグルマップリンク

鎌倉と南米…なかなかイメージ的に結び付けにくいかもしれませんが
小町に移っても相変わらずまったりしたムード

カウンターだけの小さなお店ですが
それだけにバーで飲むかのような語らいの楽しみというのも今のお店ならではの醍醐味です。

あ、調理場にいいちことか置いてあったけど
バー営業始めたのかどうか聞くの忘れてた!

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ

新子安、ラティのナシゴレン
IMG_9662_20180127195643d26.jpg

京急新子安駅すぐ隣りのビルの入り口をふと覗いてみたら
バリ料理、の文字。

なんと!子安界隈でもインドネシア料理を食べられるようになったのか!

IMG_9653.jpg

1階がちゃんぽん屋の浪漫食堂
2階が洋食屋のピッコロ。
3階はスナックかな?

IMG_9655.jpg

ということでエレベーターもない雑居ビルの狭い階段を4階までてくてく
ちなみにこのビル、トイレはそれぞれの踊り場にあります。

IMG_9657.jpg

実はバリから仕入れたアロマやコスメを扱っているオリエンタル雑貨店
それがついでにカフェも営んでいるというお店みたいです。

IMG_9659_2018012719563892b.jpg

しかし新子安駅前ロータリーノ4階という立地ならでは
神奈川産業道路インターの出口カーブが目前に!
絶景といえば絶景だけどちょっとコワイ(笑)

IMG_9661_20180127195640e6b.jpg

ランチタイムの選択肢は以上2点。
以降の時間はサテ単品とかパスタとかたこやきとかあるみたいです。

でもこちらコンロは1つしかないので
2種注文すると少々待つことになります、そこはしゃーない。

IMG_9663.jpg

じっくり時間かけて調理してくれました、ナシゴレン。
バリから仕入れたサンバル等で長いこと調理すると、店内結構香りが充満します。

ちなみにセットのスープはフリーズドライのお味噌汁でした。

IMG_9666.jpg

インドネシア料理につきもののえびせんは結構大きめサイズでパリッと美味しい
ついでに大豆で作られたテンペゴレンも添えてあります。
これがまた美味いんだ。

サテの鶏肉は業務用の焼き鳥を使ってるっぽくて
辛いのが好きなら、と置いてくれたABC社のサンバルアスリの出番となります。
濃い味の辛いソースあれば気持ち味気ない業務焼き鳥も美味いよ。

IMG_9668.jpg

青梗菜とニンジンと海老と一緒に炒められたナシゴレンは
ご飯にしっとり味がのってます。

インドネシアのケチャップマニス同様の甘みのあるダークソイソースベースで
日本人にも馴染む甘辛さです。

インドネシア料理って辛いんでしょ?と思われるかもしれませんが
ナシゴレンにミーゴレン、どちらもちょっと中華寄りの食べやすい料理です。

現地で仕入れた料理の素をベースにしたご家庭料理的なモノですが
それでも十分に美味しいんですよね。

ホントに本格的なのを食べたければ反町まで出かけるのが良し。

ともあれ地元徒歩圏内で気軽に頂けるのが非常に有難いです。

IMG_9672.jpg

バリコーヒーも扱っているようなので
折角なので頂くことにしました。

わりかし酸味の強いバリコーヒー。
でもその酸味が爽やかでいいですね、これ。

ココナッツの香りのしっかりついたクッキーと
自家製のキャラメルナッツもつけて頂きました。

ほろ苦く甘いキャラメルがコーヒーのお供にいい塩梅です。

IMG_9675_20180127195631ef0.jpg

カウンター5席にテーブル1卓のこじんまりとしたお店ですが
のんびり寛げるいい空間です。

何より駅出てホントすぐ隣りですので
帰宅前の軽い一休みに良さそう。

ビンタンビールも置いてあるけど
バリのコーヒーで一服出来るのがいいですね。

但し終日禁煙ですよ。

IMG_9676_20180127195634c06.jpg

ホラほんと駅隣り。
ちなみに踏切渡るとすぐ京浜東北線の新子安駅です。

公式ページ
参考ページ

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

若葉町、クァーサイヤムのバイキング
IMG_9777.jpg

ウォーマー入りの料理選択方式のランチの
日替わり内容が楽しみなタイ料理屋のクァーサイヤム
さて今回も2品から選ぼうかなーと物色

IMG_9787.jpg

シェフのあんちゃんにこれとこれ、とお願いしたら
バイキングですよー、とのこと。

IMG_9783.jpg

あ、ホント、マジだ。
後で気が付いたけど
店の外にもちゃんとバイキング、って貼り紙してありました。

慣れのまま入っちゃうと気づかないモンだなぁ。

IMG_9780.jpg

曙町の方がお昼の営業なくなって久しいと思ったら
今度はこっちがバイキングになったんですね~。

しかしウォーマー入りの料理が8品。
そしてスープにサラダにソムタムもある、となると
一品一品の量をセーブしつつまんべんなく食べるのがいい頂き方かな、ということで。

鶏肉のグリル、ガイヤーンに
蒸し鶏とスープ炊き込みご飯セットのカオマンガイ
煮卵と厚揚げ煮込み、という日本の居酒屋的な料理に

青菜と豚肉のレッドカレー炒め

鶏肉と玉ねぎの辛くない炒め物…
これはアメリカでいうところのチャプスイの従妹みたいなモンかな

それと魚とナスのグリーンカレー炒め。

IMG_9781.jpg

充実の内容過ぎて、皿に普通のご飯盛るスペースがありませんわ。

辛さの特に強い料理以外は炭水化物控えつつそれぞれを味わってくのが良さそう。

個人的には魚とナスの炒め物が特に美味しかったなぁ。

IMG_9779.jpg

乗り切らなかったご飯はレッドカレーとセットにしちゃいました。
そこまで皿数ケチる必要もないんだけど、なんとなく、ね。

辛さだけでなく発酵したエビの調味料とタケノコの美味さのあるレッドカレーうまうま。

IMG_9784.jpg

ソムタムはレジ脇だったので最初気が付かなくて
お代わりの時に頂きました。

煎りピーナッツ入りかつ青パパイヤの熟成具合もいい爽やかソムタム。
ここのは食べやすさが魅力ですね。

参考ページ

食べてくうちに品数が増えていって食べ過ぎになりがちだった曙町店に比べて
最初から全部揃ってるので食べる量のコントロールがちゃんと出来るのがありがたい(笑)

タイ人のママのご家庭的心づくし的な曙町の内容と違って
やや洗練された感じのあるこちらのバイキング。

少しずついろいろ食べられるので
タイ料理入門にはもってこいだと思います。

美味しいので食べ過ぎ注意。
曙町ではペース掴めず注意のしようがなかったんだけどな(笑)

ママさんは今どうしてらっしゃるのかな?

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

吉野町、元気になるキムチ屋のハラミ丼定食
IMG_9395_201801200945085da.jpg

久しく吉野町方面には出かけてなかったのですが
ある昼向かってみると鶏喰の隣に韓国料理店が出来ていました。
検索してインスタの履歴見ると、昨年の7月頃出来てたみたいですね。

IMG_9394_20180120094507fad.jpg

サンマーメンのお店の居抜きで
カウンターとテーブル1つの小さな店内。
カラオケセットも用意してあるあたり、夜はカラオケスナック的なものになるのかな?

ともあれ、飲食の方も定食がわりと充実しています。
いろいろ悩んだ末、ハラミ丼にしてみました。

IMG_9396.jpg

丼モノだけど耐熱ガラスの丼で出てくるのは予想外!
しかしこういうところがまた韓国の文化を感じさせて面白いですね。

なんというか、日本スレしていない
韓国のフツーの食堂的な飾らない素朴さが気に入りました。

IMG_9398_20180120094511e6c.jpg

ダイコンとワカメのスープ、落ち着いた醤油系の味で温まります。
その奥はジャガイモの細切り炒め。

ちょいとシャッキリした食感を残す胡麻油と唐辛子で味付けた
きんぴら炒め的な味がなかなか。

IMG_9399_2018012009451345e.jpg

手前はちょっぴり辛く味付けたきんぴら。
肉厚なゴボウとニンジンが結構いい味してます。

そして色鮮やかなキムチ
これはそのままでも美味いけど、豚キムチ炒めのベースにしたら
美味さ存分に発揮するタイプだ!

次来た時に頼むものは決まった!

IMG_9401_20180120094514ba7.jpg

気持ち硬めの焼き加減のハラミ。
スジっぽさを感じつつも
素朴な辛さと炒め油の沁みた肉がご飯と合わさっていい感じ。

技ありな出来ではないですが
田舎っぽい、家庭料理っぽい素朴さがすごく胃袋に染み入る。

特別なところはないんだけど
なんか妙に好きです、この味。

IMG_9393_20180120094505109.jpg

定食を片っ端から試していきたい衝動に駆られるお店です。

お店のオバちゃんと近所のオバちゃんとの世間話をBGMにしつつのくつろぎ飯。
何故こうも惹きつけられるのか、ちよっと不思議なお店です。

グーグルマップリンク
インスタグラム 参考タグ

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR