オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
鎌倉御成町、ワンダーキッチンの島ナスと牛タンのオイスター炒め
IMG_5328.jpg

鎌倉駅近く、御成通り脇道にある古民家リノベ+世界の料理が日替わりで頂ける
センスオブワンダーなカフェ、ワンダーキッチン

前回訪れてからちょいと期間あいちゃいました。
というのも鎌倉、訪れたら必ず行きたい馴染みのお店が増えてしまったので
なかなか…これが。

しかしこの日は月曜、ピギーズ鎌倉バワンもお休みで
香菜軒も早仕舞いという話。

雨も降って来ちゃったし、これはワンダーキッチンに行くいいチャンスだ。

IMG_5311.jpg

平日雨ということもあって、お1人様でも2階席OKなようで
初めて訪れる事が出来ました、ラッキー。

IMG_5305.jpg

階下を見下ろせるソファ席あり、お子様向けに木馬のある小あがりスペースあり
飴色になった古材のいい味わいの壁に外の見えるベランダ。

一人じゃなかなか来れませんが、いい雰囲気の部屋です。

IMG_5294.jpg

遅めの時間だったのでスペアリブとチースーファンは売り切れ。
でもまだまだ気になる料理がたくさんあって目移りします。

IMG_5324.jpg

今回頂いたのは島ナスと牛タンのオイスター炒め
島ナスというからには沖縄料理?
オイスター炒めだから中華?

IMG_5323.jpg

しかし頂いてみるとどちらとも違う味わい。
粗挽き胡椒たっぷりのピリ辛味
オイスターソースも中華とは違ったかなり濃いめの味付け。

むしろアメリカ南部っぽいような?

IMG_5333.jpg

身のしっかりした島ナスの美味いこと。
牛タンはかなり荒く刻んであり、ちょいコリコリした食感の楽しい食べ応え。

そこにニラともやしが入っているのに
全然中華っぽい気がしないのが不思議です。

IMG_5334.jpg

部屋の奥の本棚にその辺のからくりが。

海外で販売されているレシピ本が何冊か。
文章は英語ですが、書かれている料理レシピは
インド、タイ、シンガポール、フランス、メキシコ、クレオール、と
多岐にわたっています。

そうか、こちらの欧米アジア問わずのメニューの取り合わせって
欧米のバイアスのかかったエスニック料理本が元になってるんですね。

エスニックをよく食べてる自分にとってもちょっと不思議に感じる
面白いアレンジのレシピはそういうところから来てるんですね。

IMG_5337.jpg

他にお客さんもいないのでお子様席でアイスコーヒー飲んでみたり。

しかし外は雨がかなりザーザー降っていて
止みそうな気配がぜんぜん。

公式ページ
参考ページ

散歩は諦めて
美味いもん食べる機会があっただけ良い休日だったとしますか。
スポンサーサイト

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

巣鴨、プルジャダイニングのネパールセット
IMG_5126.jpg

ウルフェスに行くために池袋まで出てきたので
ネパール料理店のプルジャダイニングで昼を食べることにしました。

以前スタンプラリーの時に夜行こうとしたら
宴会の最中だったため入店断念したので実はリベンジなんですよね~。

リベンジ果たす前に実は大塚にも支店が出来たらしいのですが
そちらは豚料理中心ならしいです。

IMG_5121.jpg

素朴な食堂然とした佇まいがいいですね。
店長さんの人好きのする人柄もあって
こちらのお店はファンが多いみたいです。

この日も料理や材料のおすそ分け合戦してる様が(笑)

ツイッターでもその純朴な人柄が垣間見えますよ。

IMG_5122.jpg

干し野菜かスパイスか
なんなのかちょっと気になりますね。

IMG_5130.jpg

ランチメニュー的なものはないけれど
オールタイム定食的なメニューは提供されているようで
ダルバート+カレー1種のネパールセットを注文。

IMG_5129.jpg

調味用のアチャールは自家製なのかな?
インド料理のものよりだいぶまろやかな印象。

芋と豆の和え物は
じゃがいもでなく、里芋を使ってるっぽい。
辛い味付けでも結構合うもんですね。

IMG_5127.jpg

青菜はグンドゥルック…でいいのかな?
干したものを戻したような旨味の凝縮と軽い酸味が良し。
ソルマリで食べた様なカサカサなものと違い、しっかり戻してあってこれはすごく美味い。
酸味+干したからこその味の濃縮具合が素晴らしいです。

ダイコンの和え物も辛さは控えめで素朴な感じがいいです。
辛ーいのも好きだけどこれも美味い。

IMG_5128.jpg

ダルスープは豆がとってもクリーミーでポタージュみたいです。
ネギのようなひじきのようなジンブーの風味もよくて美味し。

いろんなお店でこの料理食べてますが
日本のご家庭の味噌汁よろしく、各々の味の違いがあって面白いです。

IMG_5131.jpg

マトンカレーはトマトシチューっぽくもあり
でもぷるぷるに煮込まれた肉からしっかり旨味も出ており
それがベースの味と馴染んで完成度高し。

肉がけっこうたっぷり入ってるのも嬉しい。

IMG_5132.jpg

今までに食べたことのある純ネパール系のお店は
辛さが引き立っているバランスのところが多かったのですが
こちらは味のバランスは落ち着いていながらもかなり味わい深い感じです。

日本人の味覚にも親和性が高く
初めての人にオススメ。

公式ツイッター
参考ページ

社長である奥さんの人柄も相まって
普通に馴染みの居酒屋のおかみさんに会いに行く、レベルで入り浸れそうな空気です。

あー、近所にこういうお店が欲しいなぁ。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、フォーエバーの牛肉フォー
IMG_4252.jpg

ピアゴ向かいに出来たベトナムの麺料理フォーのお店フォーエバー
在日ベトナム人のおかあさんたちが集まって作るベトナム料理、という
店内の綺麗さとは違ったいい具合の垢抜けなさが魅力のお店です。

IMG_4248.jpg

お昼がお値段的に使い辛いかなと思ったら
ランチタイムの割引が始まったようです。

1000円の料理が900円
それ以下は50円引きと、そう大きく引いてはいませんが
これで十分ランチタイム予算の許容範囲内。

IMG_4250.jpg

そして料理が数点追加。

肉をフードプロセッサーにかけて寝かせ
更に挽いてクリーム状にして蒸すという
独特な作り方のベトナムハム。

しかしここまできたらもう一声。
フランスパンに挟んでバインミーにして欲しいと思ったり。

IMG_4251.jpg

挽肉オムレツを焼くのでなく蒸した、
みたいな作りなのがベトナム茶碗蒸しらしいです。

これもちょっと気になりますね。

IMG_4254.jpg

牛肉フォー
いつも通りもやしなどの生野菜はあとのせ式。

予想外に薄切り牛肉はたっぷりで
麺に対して肉がなくなることはないバランスなのが嬉しいです。

IMG_4257.jpg

澄まし味のスープにツリシコのフォー
夏にもするする胃に収まる優しい麺類です。

おかあさんが後から持って来てくれるチリソースや海鮮ソースを
少しずつスプーンに溶いてスープに混ぜていくのが
また味に変化をもたらしてくれていい感じ。

参考ページ

お昼の選択肢にタイ、ベトナム、中華、韓国、インドネパール、ロシア、などなど
この界隈はバリエーションに恵まれていて有難い限りです。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

大口仲通、ビリケン大口ダイニングのカレーうどん
IMG_4543.jpg

増え続けるインド・ネパール系飲食店
その一つだったラスミの大口店、開店から1年程度でまた新しいお店になっていました。

ビリケン大口ダイニングという店名
ガラス戸に貼られている焼き鳥などのメニューを見て
今度は関西系の居酒屋に変わったのかと思ったけど

よく見たらカレーとかそのまんま扱っています。
これはもしかして、居酒屋カレー屋ハイブリッドのお店なのか?

IMG_4539.jpg

うん。
店内ほぼそのまんまです。
居酒屋に戻したものの、小上がりの上にテーブルという体勢は変わっておらず。

IMG_4533.jpg

ランチメニューはインネパ系そのまんま。

IMG_4536.jpg

でもグランドメニューは鍋あり餃子あり鶏のから揚げあり
でもネパール餃子…つまりモモ
あとインドのスナックのパパドもあり。

IMG_4538.jpg

タンドリー焼き料理もあり
焼き鳥もあり、明太だしまき、牛メンチカツ、豚コロッケ

店員、料理人さん、どちらも明らかにネパール人の顔してますが
宗教的には大丈夫なのかな?

IMG_4540.jpg

セットのサラダはガラスの器から冷気がすうっと
器は冷凍庫に入れてたんですね。

IMG_4544.jpg

さてさてカレーうどんはルーの中に野菜の繊維が混ざっている
あんまし辛くないカレー。

ベースは野菜カレーのようです。
でも実際の野菜カレーよりは野菜の量減らしてるっぽい。

IMG_4545.jpg

具材はチキン、ジャガイモ、ニンジン、ブロッコリー、あと青ネギ
カレーうどん用に汁で伸ばしたりとかはしていない
カレーにまんまうどんブチ込んだ料理ですが
充分イケます。

これで500円っていうんだから文句なし。

IMG_4547.jpg

基本的には前のお店と変わっていないので
看板を付け替えただけなのか
それとも新規のお店なのかはわかりません。

ネパール系に日本の居酒屋を混ぜた業務形態に関して
世間一般では「迷走」と呼ぶのですが

これでうまくいくのかは神のみぞ知るといったところでしょうか。

参考ページ

IMG_4548.jpg

ちなみに大口駅前のダウラギリの方も見ての通り改装中。
なんだろねぇ、この店名。

数日後開店しましたが
こちらも居酒屋+カレー的な立ち位置のお店の模様。

インド+ネパール系のお店が飽和しきったから
今後増えてくるはこういうお店…なんでしょうか?

純ネパール料理店作ってくれないかなぁ。

テーマ:カレーうどん - ジャンル:グルメ

扇町、鼎食軒のパイゴーハン
IMG_4333.jpg

ボートピア道路向かいに出来た台湾式軽食喫茶、鼎食軒
素朴な屋台メシが魅力で時々寄らせてもらっています。

前回来た時にちょっと気になっていたパイコーハンを食べたくて。
メニューでのカタカナ表記はパイゴーハンでしたが。

IMG_4328.jpg

この竹の節のような平たい丼がなんとも言えず好きだなぁ。
いつも通りのわかめスープと副菜付。

IMG_4329.jpg

今回は干し豆腐とセロリ、きくらげ、パプリカの和え物。
これも素朴でなんともいい味わいなんです。

IMG_4332.jpg

風味豊かなメンマと煮卵、パクチー
そして細切れの豚の角煮入り。

多分ルーローハンにパイコー乗せたのがこの丼なんでしょうね。

当のパイコーはカリッカリに焼き上げたタイプ。
外側の肉は揚げた衣の如くカリッとした歯ごたえ。

そして独特の風味が。
臭豆腐を軽くしたような発酵臭というか…

あそこまで臭くはないけど
これは人選ぶかもしれないなぁ。

これもいかにもな屋台メシで珍味な味わいです。

IMG_4334.jpg

店頭の黒板の看板が可愛い。
ハートマークはついていますが
恋人というより兄妹という雰囲気。

夏にマフラーは暑そうな気もしますけどね(笑)

公式フェイスブック
参考ページ

パイナップルがバイなップルだったり
ヤクルトでなくヤグルトとか
その辺向こうの発音に由来するものだったりするんだろうなぁ。
ちょっと面白い。

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR