オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
戸部、カフェ・ヤマネコのカオ・パット・バイ・ガパオとスラバヤのクルプッ盛り合わせ
IMG_0044.jpg

戸部の中に浮かぶ南国カフェ・ヤマネコ

南国にも春がやって参りました
ということで3月アタマからスプリングメニューが始まっています。

IMG_0034.jpg

この日のサラダはキャベツとインドネシアのじゃこをケチャップマニスで炒めたもの。

ケチャップと言われるとトマト味を思い浮かべますが
インドネシアではソース類の総称がケチャップであり

こちらは大豆、小麦、砂糖、塩で作られたたまり醤油とウスターソースの中間のような
甘辛味です。

じゃこのパリパリ感と春キャベツの甘さと
懐かしさを感じるような甘辛さがとてもイイ。

IMG_9582.jpg

春メニューのおつまみ枠、スラバヤのクルプッ盛り合わせ
ご飯のようでもあり、お菓子のようでもあり。

中国や東南アジア一帯で食べられるえびせん同様
タピオカ粉の揚げ物です。
元々はオランダ料理だったみたいですね。

鈴のように中空に丸めたものは豆腐揚げ。
黒いのは見た目通りきくらげを揚げたもの。

きくらげ揚げるって発想はなかったわ。

IMG_9583.jpg

細長いのはフライドポテトのように見えますが、エビ入り。
そして赤いのはテンペにエビを混ぜたもの。

酒のお供にパリパリ頂くのがいいような
あるいはポテチのような、軽い揚げ物。

テンペが一番美味しかったなぁ。
テンペ菌で発酵した大豆のパリパリ食感と軽い発酵味に
エビの風味がとても合います。

IMG_0041.jpg

ご飯枠で頼んだのはハッピーアワーメニューのカオ・パット・バイ・ガパオ。
つまりガパオライス。

昼時に末吉町、若葉町近辺のタイ料理屋に寄れる身としては
実はこちらのレパートリーの中では
タイ料理が一番新鮮味がなかったりするもんですが(笑)

あえてのスタンダード挑戦。

タイ米に目玉焼きにパクチーにフライドガーリックのオンパレード。

IMG_0043.jpg

んでこちらのガパオライスは鶏肉ブロックブツ切りメインに挽肉がちょい混じり。
ホーリーバジルに唐辛子にナンプラーの香りがたまらん。

けど味が長者町界隈のタイ人の調理するものとちょっぴり違う。
これ、多分鶏肉を漬け汁に漬け込んでから炒めてるんじゃないかな?

肉にしっかり味が馴染んでます。
おかげで味つけ自体の傾向は同じなのに
違う料理に感じるくらいだったり。

でも美味しいから問題なし。
そして何気に肉の量がいつもより多いような気がします。
嬉しい限りです。

IMG_9595.jpg

ご飯モノの傍ら先程のクルプッも食べてましたが
ふと考えてみたら
汁麺を注文して、それに揚げ物浸して食べるのも美味しかったんじゃないか、と
そんなアイディアがおぼろげに。

公式ページ
参考ページ

さすがにこのあと更に麺頼むほど餓えてはいなかったんでパスしましたが
そのアイディアは今後のために取っておこう、と思いました。

ちなみにガパオは先週の内容で
ランチおよびハッピーアワーメニューは4週で1回転なので
次は3週間後にまた回ってくると思います。

クルプッは5月末までです。
スポンサーサイト

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

関内(常盤町)、サンドロットのバインミードッグ
IMG_9494.jpg

ベススターズ通り脇道のこの界隈に来たのは
ハルマンでローストラム丼を食べる為と
ハシゴでそのお隣のスラッシュゾーンでミートボールサンドを食べる為だったのですが

スラッシュゾーンは事情により開店時間が遅くなるようで
しょんぼりしていたところ、隣りの隣りあたりのベースボールカフェの前に

IMG_9465.jpg

こんな看板が!
バインミーが食べられる場所が増えた、やった!
……じゃなかった、バインミードッグ?

バインミー風に作ったホットドッグのようです。
でも面白そうだ、と思って店内へ。

IMG_9489.jpg

ベースボールカフェというだけあって
60インチのモニターは球場内の掲示板風にアレンジ
サインボールやサイン入りユニフォーム等が

IMG_9484.jpg

そして床も人工芝貼ってあるのですね。
徹底した内装がなかなか面白いです。

試合のある日とかはファンで埋まるのかな?

IMG_9488.jpg

ランチタイムはサンドイッチやバーガー類
セットオンリーでなく、単品にセットをつけていくタイプのようです。

ちなみに夜はHPに書かれているようにバル野球開幕、ということで
肉料理ガッツリで観戦が出来るっぽいですね。

店員さんは球団風ユニフォームを着た比較的若いおねーさん。
ノリは球場のビール売りのおねーちゃん、かな?

IMG_9491.jpg

さてバインミードッグですが
お店のトレードマークの入った紙袋入り。
ホットドッグのトッピングがバインミーのようになったタイプですが
パクチーしっかりのってるし、中にはダイコン、ニンジンのなますが入ってます。

IMG_9493.jpg

なますの味つけが結構甘いです。

黄色強めのマヨと合わさって、ハニーマスタードソースのハニーが突出した感じ。
この甘さでパンとソーセージというのもなかなかオツな味わい。
これは面白いアレンジですね。

IMG_9467_20170304211541584.jpg

ミートボールは食べそこなったけど
ガッカリ下降気分をプラスに変えるくらいの出来でよかったよかった。

公式ページ
参考ページ

実のところ個人的には野球ファンというわけではないので
お店のメインターゲットであるファンの中に混じって楽しめるようなタチではないのですが
でもコンセプトバーと考えるとなかなか面白いお店だと思います。

テーマ:サンドイッチ - ジャンル:グルメ

西新宿、タリムウイグルレストランのタリムラグメンとカザンカワプ
IMG_9675.jpg

早朝にウルトラマンオーブの映画を見てから新宿へ移動
調布で8日間だけ開催されていたぼくたちのトクサツ展(終了しています)を見物する道すがら
ずーーーーっと宿題にしていた新疆ウイグル自治区の料理を出すお店に行くためです。

何度か新宿での宴会の席に提案したけど却下されたんで
土日祝は昼から営業しているというので一人で出かけることにしました。

IMG_9659.jpg

最寄駅は都庁前か初台ってことになるんですが
東横から乗り入れたんで新宿三丁目駅からてくてく。
微妙に距離があります。

そんなわけで道すがら都庁の目の前を通ったりして

IMG_9661.jpg

お店の場所はちょっと脇道になるので
グーグルのストリートビューでは確認できず。

事前のシミュレーションで近所のビデオ販売店までは辿り着いたんですが
その場所まで行ったらちゃんと看板がありました。

IMG_9664.jpg

知らない間にジンギスカン屋の支店なんて出してたんですね。
しかしウィグル自治区出身の経営するジンギスカン屋って…
天津出身の方が天津飯のお店を出すようなモンか。

それはともかく12時開店のお店に着いたのは12時50分半頃でしたが
既に宴会客4組ほど埋まっていて、すでに出来上がってる様子。

繁華街から離れている場所で
かなりニッチなジャンルのお店だけどしっかり認知されてるんですね。

IMG_9673.jpg

こちらのラグメンは現地仕様に麺は手打ち
ということでばっちんばっちん両手に掲げた麺の塊をまな板に打ち付けて
作られております。

IMG_9685.jpg

こちらのお店の料理は概ね量が大か中か選べるのが有難いです。
とはいえちょい値段の割に量少ないかな思いますが…

こちらはカザンカワプ。
カザンとかいうと華山獄握爪を思い出してしまう北斗の拳世代。

東アジアに多くみられる地名と同じですが
こちらの場合は大鍋などの調理器具が語源です。
カワプはケバブ等と同じくの焼肉。

つまるところ鍋を使った焼肉。

IMG_9690.jpg

お店のおにーちゃんは「バーベキューです」と言ってたんで、そういう意識なんですね。

唐辛子やクミン等で羊肉とたまねぎを炒めた料理。
ウイグル料理だけど、味は中国東北部の肉の炒め物にかなり似ています。

やっぱ地続きなんだなぁ、と感じます。

IMG_9676.jpg

何年越しかでようやく頂く本式ウイグル流のラグメン。
こちらのお店は通常のラグメンとタリムラグメンと2種あり
お値段は80円違うのですが

メニューの写真見る限りだと通常のラグメンは肉少なめじゃがいも入りで
最初から具と麺を混ぜたタイプ。

タリムラグメンは具と麺は別提供…だったけど
おにーちゃんが目の前で麺に具をかけてくれました。

IMG_9678.jpg

羊肉にたまねぎ、ピーマン、パプリカ、きくらげ、唐辛子を加え
辛めのソースで炒めた具をかけた手打ち麺。

麺類のかなり源流にあたる料理なんですが
こちらも味わいは中華とかなり近し。

IMG_9679.jpg

手打ち麺だけにもっちもちシコシコ。
出来にばらつきがあるのがまた楽しい。

だけどカップヌードルスタジアムで扱っていた
ソフト麺使用のラグメンも、あれはあれで食感的に間違ってなかったんだなぁ、と思います。

ともあれ羊肉に辛い味つけの歴史の古い料理。
とても美味しかったです。

IMG_9662.jpg

取りあえず宿題は果たしましたが
まだまだゴシナンやらシシカワプ、ポロ等いろいろ食べたい料理があるので
またの機会に頼んでみたいです。

公式ページ
参考ページ

そして今月高田馬場のあたりにもウィグル料理のお店が開店したらしく
そちらもとても気になってるんですよね。

当初ハシゴも考えてたんですが食べ終えて1時半。
今から歩いて行ってもラストオーダーに間に合わんよなぁ、とパスしましたが。

後で調べたらランチ15時までだったようで
…間に合ったんじゃん!

まぁ、いずれ機会作って出かけようっと。

テーマ:アジア料理 - ジャンル:グルメ

若葉町、クァーサイヤムのクゥテイオナムトク
IMG_9083.jpg

曙町から若葉町に40メートルくらい…
つまるところウルトラマンの身長分だけ移転したタイ料理屋のクーァサイヤム
って例えわかりにくいね。

元その場所にあった同じくタイ料理屋のパタナとくっついたこともあって
お昼はランチタイムメニューがあるので重宝しています。

IMG_9084.jpg

今回はクゥテイオナムトク
クイティオ・ナムトックというカタカナ表記で記憶しています。
平たくいうとタイのモツ肉ラーメン。

サラダ、デザートだけでなく
ラーメン屋よろしく小ライスまでついてるあたり
至れり尽くせりです。

IMG_9086.jpg

具材は豚バラに牛ハラミにレバー
ゴムボールのような弾力の肉団子はナンコツ入りなのが面白いです。
これは前よりパワーアップしてますね。

IMG_9090.jpg

気持ち固めのライスヌードルはスルスル口に入ります。
豚の血をベースにしたコクのあるスープも美味し。
辛さは全くないので
添えられた唐辛子ソースをちょぃと加えるのもまたよし。

IMG_9091.jpg

途中からライス投入してラーメンライス、タイバージョン。
いやハラにたまるることたまること。

IMG_9089.jpg

今日のデザートはファクトンサンカヤーという
カボチャの真ん中にココナッツプリンを入れたもの。
自然な甘さがいいタイのスイーツ。

まぁ、ラーメライスの後でカボチャは更にハラにたまるんですけどね(笑)

参考ページ
移転先参考ページ

そして後ろの赤いドリンクはあまーいお茶?ジュース?
タマリンドジュースか何かな気がしますが
辛いのを食べた後にはとても役に立ってくれそうな味です。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

鎌倉雪乃下、サンドイッチショップ・ピギーズのロモサルタード
IMG_9516.jpg

鎌倉は小町通りの脇にあるペルー料理のお店、ピギーズ
いや、単にピギーズ、とだけ書くと腰越にもピギーズキッチンってお店があるから混同しちゃいますね。

鎌倉に来たらついつい寄っちゃうお店です。
年末前後辺りから結構お客さんが入るようになってきました。

主には外国人観光客ですね。
この日もプエトリルカンと日本人の夫婦?
白人とプエトリルカンの夫婦
日本人同士の夫婦
満席で入れなかった白人男性3人組、とか。

いいお店でも、認知されるにはやはり半年くらいは必要だってことなんですねぇ。

IMG_9506.jpg

どうやったらもっとお客さん来るかね~、なんて店長さんと話してた頃が懐かしいくらい
調理でフル回転中ですよ。

と、今回たべたかったのはこれ、ロモ・サルタード。
前回来た時、来週から始めますよ、と聞いてたので是非、と!

元町で営業してた時分から、落ち着いたらやりたいんですよね~と言ってたから
2年越しの野望、実を結ぶ、ですよ。

IMG_9507.jpg

とりあえずはマラクジャ、つまりパッションフルーツのジュースを頂きました。
程よい甘みと酸味が心地よし。

IMG_9508.jpg

ペルーのビール、クスケーニャのキヌア入りバージョンが入荷してました。
瓶にペルーのミサンガが巻いてあるのがなかなか面白いですね。

今度来た時まだあったら頼んでみよう。

IMG_9513.jpg

ペルー料理のロモ・サルタード。
19世紀ごろ入植して来た中国人の影響を受けて生まれた
牛肉と野菜の醤油炒めです。

フライドポテトが添えられるのも定番。
こちらのポテトがまた美味しいんですよね。

IMG_9518.jpg

更にイエローマスタードのアヒソースをかけると
辛ウマ、メチャウマ。

IMG_9520.jpg

ペルー直輸入のいい赤身を使おうとすると
結構割高になるのが悩みどころだったそうですが
そこはハラミを使うことでカバー。

税は臓物扱いですが、赤身と比べて遜色ないいい肉です。
抑えた醤油味にたまねぎの甘さ、トマトの酸味が加わってすごくいい具合の味。

肉の旨味がちゃんと出つつ柔らかいハラミ。
こりゃ美味いロモです。

赤身そのものでなきゃダメって人もいるかもだけど
赤身のような噛みしめる美味さと日本人にもウケそうな柔らかさの
どちらの要素もあるいい肉、いい調理です。

鎌倉に来たらこちらに寄らなきゃいけない理由が増えちゃったなぁ。

公式フェイスブック
参考ページ

一応期間限定メニューということになっています。
というのも、他にも出したいペルー料理がいろいろあるようなので

でも小さいキッチンで全部回すのが難しい
1つずつ試みてから充実させたい、てなことみたいです。

次は何かなぁ?
楽しみに待たせて頂きたいと思います。

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR