オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
戸部、カフェ・ヤマネコのラープ
IMG_3143.jpg

夏だ!
アジアンエスニックの美味しいところ取りなカフェ・ヤマネコに於いては
6月から8月までが夏メニューとなります。

単品のスペシャリティも気になるけど
まずはランチ・ハッピーアワーメニューの制覇おば…。

IMG_3140.jpg

ミニサラダ枠はポテサラのスイートチリソースがけ。

なんかこの日はハラがえらく減ってて
ウチに帰り着くまでに保ちそうになかったので量のあるポテトが美味いこと。

IMG_3144.jpg

ラープ
ラオスからタイ北部にかけて食される肉サラダ的な料理。
鶏あるいは豚、牛を魚醤とライムと唐辛子等で和えた常温料理。

アツアツでなく生野菜類と和えるからサラダという表現をしてみました。

これを現地ではもち米と頂くのですが
つまりご飯と非常に相性よろしい料理なわけですよ。

そしてこれいつもの通り中盛り(+100円)で頼んでおります。

IMG_3146.jpg

昨年秋にプレビュー的な形で頂いたラープバーガー
概ねのこちらのお店ならではのアレンジの傾向は掴めておりましたが

こちらのラープは酸味辛味は幾分か抑えられていますが
その分煎り米の香ばしくポリポリした食感に重点が置かれています。

弾力のある挽肉に刻んだ紫タマネギ、キュウリ、パクチー、ほかほかご飯
そこに加わるパリッ、ポリッとした食感がまたたまらなく美味しい。

公式ページ
参考ページ

麺類枠が大好きなカオソーイだったのをあえてパスしてのラープ選択でしたが
こちらもやはり美味しかった。

先週が沖縄、この週はタイ
来週は台湾かインドネシアかシンガポールか
さてどちらに飛ぶのか楽しみです。

※インドネシアだった模様
スポンサーサイト

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

扇町、鼎食軒のエリンギ豚ご飯
IMG_3195.jpg

コメントにて情報頂きました台湾料理のお店です。

寿町近辺の競艇場外券売場の道路向かいなんて立地ですが
カフェ風のお洒落な内装のカウンターオンリーのお店。

いや、外にも座席ありましたっけか。

調べたら5月末に開店してた模様です。

ちなみに店名はていしょくけん、とルビが振られています。

IMG_3191.jpg

場所柄、ガラのよろしくない方々も立ち寄りますが
わりと好奇心の強いお客が多いらしく
既に常連さんっぽい方々もいるみたい。

メニューは……台湾風ドグって何?
謎の料理って何なんだ?

お、サンペイチーがあるのか!

合成

写真付きのメニューも見せてもらいましたが
1ページ1品なので、ちょいとまとめてみました。

ルーローハン、コーローハン、チーローハン、焼きビーフン、炒めうどん
台湾風ドグってのは腸詰のことらしい。

ヤクルト緑茶とはなんぞ?

デザートにはタロイモ団子豆乳プリンとかレモン寒天ゼリー
白きくらげと蓮の実のスープなどなど、面白いものもあります。


IMG_3196.jpg

コーローハンが品切れのようだったのでエリンギ豚ご飯を注文。
セットのスープはわかめと胡麻入りの澄ましスープ、とよくあるタイプですが
これがなんか地味に美味い。

IMG_3197.jpg

辛いの大丈夫ですか?と聞かれたのでもちろんOK。
台湾料理は辛いのが結構美味しいんですよね。

豚バラとエリンギにたっぷりのネギを
ニンニクと台湾の辣椒で炒めたシンプルな料理です。

台湾語だとなんて料理名なんだろう?

IMG_3199.jpg

ともあれ、この組み合わせは当然美味しいに決まってますよ!
中華と微妙に違う気がする油に地味にピリピリくる唐辛子

辛さと油っけをしっかり吸い込んだ豚に
主にニンニクを吸ったエリンギ。

こりゃあめちゃめちゃご飯がすすむいいおかずですよ。
ガツガツとあっというまに頂いてしまいました。

IMG_3218.jpg

今回はまだ他に寄るつもりのお店があったので軽く偵察で済ませましたが

鶏肉ご飯もビーフンも美味しそうだし
デザートやお茶でのんびりするのもよさげ。

またまた楽しみなお店が出来ました。

参考ページ

あとは台湾式のかき氷とか扱ってくれるようになるとカンペキです。
厨房見た感じ、かき氷用の機械は置いてなかったようだけど。

IMG_2833.jpg

オマケ
先々週くらいから大岡川にくらげが大量発生してます。
今年は例年と比べてもずいぶん多いですね。

まるで水族館みたいな光景です。

これ全部食べられたらいいのに(笑)

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

若葉町、クァーサイヤムのゲーン・デー
IMG_1838.jpg

相変わらず看板はパタナ、クルゥアパタナ
クァーサイヤム、と複数の店名が混在しています。

曙町の店舗の方も営業再開した今となっては
どの店名で呼ぶべきなのか改めて迷ってしまいます。

パタナ、と呼んでおいた方が区別ついていい気もするけど…うーん。

美味しいタイ料理が食べられるのならどれでもいいのですが
しかしここ暫く週に3度くらいはお昼タイ料理の日が続いてますよ。

IMG_1837.jpg

ランチのサラダ枠に今回出たのは揚げ野菜的なもの。
ニンジンとピーマンと…たまねぎかな?にスイートチリソースをかけたもの。

サラダとしてより、お通しとして食べたくなるような料理だなぁ。

IMG_1839.jpg

おっつけメインも出て来たので全部盆に載せてみました。
相変わらず充実のセットなのが嬉しい限りです。

IMG_1842.jpg

レッドカレーだとは思うのですが
赤の色合い薄し、こころもちクリーミーな感じ。

味は四川の坦々麺のように胡麻ペーストをつかっているかのような味わい
これは、好きな味だ。

むしろ普通のレッドカレーより好き。
ソムタムでオバチャンが調理した時に味わった
そしてパタナの閉店直前に味わったタイプ。

IMG_1844.jpg

しかもナスがちゃんとマクアプロ。
緑色の丸ナスですよ。

日本のナスで代用したのも美味しいですが
やっぱり本場式は格別ですね。

味についてはフツーのレッドカレーと違う料理なのか
地方による違いとかなのか。

通称レッドカレーはゲーン・ペッと書かれることが多々
こちらのはゲーン・デーと書かれていたので違うものかと思いましたが

実はレッドカレーはゲーン・ペッ・デーンと呼ぶのが正しいらしいです。
デーンが赤の意味。ペッが辛い。ゲーンは汁。

つまり表記が違うだけで同じ料理らしいです。
ココナッツミルクの量の違いなのかなぁ。

IMG_1843.jpg

デザートはカボチャのココナッツミルク煮
そしてジュースは今回はアイスコーヒーです。

ああ、こちらに来て初めて正体の知れたドリンクにあたった(笑)

旧店舗参考ページ
新店舗参考ページ

まだまだランチメニューの半分も制覇しておりません。
つまりこれからもまだ新たな味に出会い続けることが出来るわけで
お昼時の訪問が楽しみでなりません。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

蒲田、ソルマリのグンドゥルックスープほか
IMG_2217.jpg

大久保界隈で増殖を続けるネパール料理専門店群
そのうちの一軒が蒲田に支店を出しています。

そこ、ソルマリにまた行きたい行きたいと思いながらまた日が過ぎ

数週前の金曜の夜の会社帰りに辛抱たまらず
突発的にそのまま蒲田まで食べに出かけました。

IMG_2203.jpg

前回同様に奥のテーブルではネパールの若衆が既に出来上がってる感じ
こちらも取るものも取りあえず生ビール。

突き出しのアチャール、ネパールの漬物が美味しいこと。

キャベツがまたいい。
自宅の冷蔵庫に常備したいくらい
ネパールのスパイスとの相性良いいです。

IMG_2206.jpg

料理が出来るまでまだ時間があるようで
セット用のサラダまでオマケ頂きました。
これは箸休めに丁度いい。
基本辛いモンばっかり頼むから。

IMG_2208.jpg

セクワ盛り合わせ。
つまるところネパールの串焼きの盛り合わせです。
串からは抜いてるけど。

チキン、マトン、ポーク、手羽
後ホントはスナギモが入るはずなんだけど
どうやら切らしてるっぽくてナシ。

IMG_2210.jpg

しっかりネパールのスパイスでマリネして焼いた肉はどれも美味し。
でも基本よく焼きなこともあって固め。

でも実は一番安い食材の手羽がいちばん美味しかったと思います。

先の方のカリカリに焼けた部分のスパイスが美味く
あと脂ののった皮やナンコツ、といろんな部位が混ざってるからこその豊かな味わい。

IMG_2213.jpg

モモは普通のモモ、揚げモモ、スープモモの他にあった
エベレストモモというのを頂いてみました。

あ、冷製スープ入りなんだ。
摺り胡麻入りのちょっぴり酸味のあるスープのちょっと不思議な味がいい。

IMG_2215.jpg

モモの中の肉の餡はほんのりカレー的な味つけ。
アツアツのモモを冷製スープというかソースで頂くのもわりとオツです。

上に載ってるネギやパクチーが予想以上にいい仕事してます。

IMG_2220.jpg

続いてジブロ。
羊タンです。

羊ならではの豊かな旨味を蓄えた肉の中でも
特に柔らかく調理されたタンと、ナンコツのコリコリした部分の食感のコントラストもよく
めっっっっちゃウマ。

ネパールならではの刺激的な辛さもイイ。

IMG_2218.jpg

最後に初めて食べるグンドゥルックスープ。
ネパールの干し野菜なんだそうですが
これが高菜に似ています。

しかし日本や中国で食べるのとは違い
しっかりパサパサカスカスになるまで干したものを煮込んで戻したもの。

腐葉土の中の葉っぱを食べる虫の気分
…と書くとマズそうに思えるかもしれませんが
これがまた意外とイケる珍味なのが不思議。

多分木の実やスパイス…山椒とかで色と味つけた味が濃く辛いスープに
カスカス干し野菜に大豆にパクチー

高地に住むネパール民族ならではの知恵の息づいたような
ちょっと不思議な味。

こういうのは横浜界隈じゃ食べられないんですよね。
改めてまた食べに来たくなりました。

参考ページ

テーブルにつっぷして沈没してる若者もいるネパール若衆グループの一人が立ち上がり
足元おぼつかない様子でこちらにやって来ました。

ニッカと笑って拳を目の前に突き出し

応えるようにこちらも拳を出して合わせました

…なんかオモシロイぞ、この空間。

海外に旅に出なくても出たかのような
ちょっと貴重な体験が出来ちゃうこういうお店、大好きだ。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

中華街、ショートトリップのシャシリクほか
IMG_2161.jpg

成田発カタール航空トルコ直行便…ならぬ
中華街発ショートトリップ、アジア中東味の周遊。

仲間内で訪れようと思ってたけど
どうにもスケジュールがあわないうちに月日が流れてしまったので

んなわけでまたお1人様晩酌です。

IMG_2148.jpg

口火はポルトガルのビール、サグレスで
新鮮なホップの香りとレモンのような柑橘系の酸味、と形容されますが
スッキリ爽やか系の口当たりのいいビールです。

IMG_2149.jpg

ファラフェルが品切れということでフムス。
こちらはヨルダン料理扱い。

ひよこ豆にニンニクやクミンを混ぜて作ったペースト。
マッシュポテトならぬマッシュビーンズって言い方で通じるかな?

クリーミーな豆ペーストの中にクミンやパプリカのスパイシーさが引き立つ。
ピタパンと一緒に食べると一層オツです。

IMG_2156.jpg

イシュケンベチョルバ
羊の胃袋を使ったトルコのスープです。

バター、ニンニクのコクにレモンの酸味。
でもしっかりモツの匂いがします。

というか、刻みオニオンもたっぷりに、モツも細かく刻んであって
クラムチャウダーのアサリをモツに入れ替えたような、そんなスープ。

中東感はまったくない、馴染みのあるようででも実はぜんぜんない面白いスープ。

二日酔いに効くそうですよ。

IMG_2162.jpg

叩いた羊肉をスパイシーな漬け汁に漬け込んでマリネしてから焼いたシャシリク。
これはウズベキスタンの串焼き料理です。

IMG_2164.jpg

しっかりスパイスが染み込んだ肉をしっかり焼いて
気持ち固めな羊肉は
噛めば噛むほど口の中に香辛料の味が染み出して来て美味いです。

IMG_2167.jpg

そして羊のハツ(心臓)のヒマラヤ岩塩焼き
味の基本は岩塩なのでシャシリクに比べるとシンプルな味わい
レモンをかけると一層引き締まります。

IMG_2171.jpg

こちらも比較的硬めの焼き加減。
もう全然ハツという気がしない、肉肉した噛み応えです。

少し残しておいたフムスとピタパンと併せて食べると一層美味いです。

IMG_2176.jpg

こちらはサービスで頂いたロクム。
トルコに旅行されたお客さんのお裾分けだそうで
貴重なお土産をありがとうございます。

甘みの濃いドライフルーツ的な味。
ゆべしをもっと固く煮込んでフルーティにしたような感じです。

公式ページ
参考ページ

そんな感じで東欧から中東寄りをちょいとひとっ飛び楽しんで来ました。

海外旅行したいなぁ、という気持ちがあれど
なかなかそうもいかないので味だけ楽しんで来ます。

気軽に使えるのがこちらのお店の嬉しいところ。

幾つかこういうお店をまわってると
それだけで世界各地を巡れる気がします。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR