オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
【特撮イベント】ウルトラマンフェスティバル2017
01IMG_4760.jpg

はい、毎年恒例ウルフェスことウルトラマンフェスティバル。
今年も池袋で7~8月末まで開催されております。

ということで食い物関係ではないけれどシュミの番外編を今年もお送りいたします。

02IMG_4994.jpg

今年はウルトラセブン誕生50周年ということで
最初のコーナーはセブンの宇宙人たちがフィーチャー。

といってもこの胸像、2年おきくらいの展示ローテーションでお馴染みですけどね

03IMG_5002.jpg

プラチク星人の骨にペガッサ星人
映像の陰にはチブル星人。

現在放送中のウルトラマンジードでは
ペガッサ星人の子供がレギュラー出演中です。

04IMG_5006.jpg

メトロン星人と言えばちゃぶだい。
差し向かいで写真を撮れる展示はもう定番と化してますね。

05IMG_4626.jpg

防衛隊のスーパーメカも大量に展示中。

ビートルにタックファルコン、ガッツイーグル、ガンフェニックス
ガッツウイング1号はブルートルネードというアメリカ支部仕様のカラー。

この他にもウルトラホークやマットアロー、テックスピナー、シグSS、ダッシュバードなど

06IMG_4593.jpg

展示物こそ少なくなってますが
今年はウルトラヒーローの巡回が例年以上に回数が増えてます。

ヒーローと触れ合えるチャンスが多いのは良いですね。

07IMG_4645.jpg

CM専用キャラクターから始まったウルトラマンナイス。

おっちょこちょいキャラなこともあってから
パトロールの最中も落ち着きのない様子なのが面白い。

08IMG_5034.jpg

記念撮影コーナーに出てきているのは新マン、帰ってきたウルトラマン。
スーツがまだ新しいのか、色も鮮やかで細部もシャープな感じがします。

09IMG_4850.jpg

ジードでも保護者側キャラとしてレギュラー登場しているウルトラマンゼロ。

よう、こっち来いよ、とでも言いたげな気さくな様子が得難いキャラとして
新旧ファン問わず幅広い人気層を誇っています。

10IMG_4631.jpg

ロボ怪獣フィーチャーな展示なので
ウルトラマンエース対エースロボ
ウルトラマンヒカリ対インペライザー

展示でも昭和と平成の動きのシャープさの度合いの違いが溢れているかのようです。

12IMG_4657.jpg

ウルトラマンコスモス対ラグストーン・メカレーター
ウルトラマンダイナ対ガオラン

13IMG_4659.jpg

初代ウルトラマンと新マン対グランドキング。

80年代に公開された再編集+新作の映画のボス怪獣だけに
インフレデザインともっさりの中間の出来が味わい深いです。

14IMG_5040.jpg

セブンとゼロ親子の立像は子供たちのサイズを見ればわかるように
4メートル強の大型サイズ。

15IMG_5045.jpg

同サイズのベリアルとジードは最新の造形なので
造形技術の向上が見て取れます。

このサイズで自立しててこのクオリティの造形。
素晴らしいです。

16IMG_4665.jpg

ひな壇には歴代のウルトラヒーローたち。

毎年ちゃんと全員展示するようにしている……
と思ったけど、今年アストラのスーツ見てない気がするぞ。

1段目真ん中はウルトラマンジードのフォームの一つ
セブンとレオの力を借りたソリッドバーニング。

戦うときに背中から排気が行われる
ちょっとロボっぽいスタイルが印象的。

17IMG_4844.jpg

高い位置にいてくれるとこうやってあおりで取れるのがイイ。

18IMG_4762.jpg

そして近年定番になったジオラマ展示。
ゴメスの前によく見るとハヤタが!

19IMG_4769.jpg

ゾフィ、タロウ対バードン
鳥居ナメは昭和平成問わず定番の画面構成ですね。

20IMG_4750.jpg

メビウス対キングゲスラ
手前の港湾のガントリーの精密な模型が実写さながらです。

21IMG_4732.jpg

このガボラは元々展示用に作られた固定ポーズの造形ですね。

22IMG_4724.jpg

倒れるビルを支えるようにしてピンチなウルトラマンオーブ。
ウルトラシリーズでは定番のシチュエーション。

ビルが自重で崩壊するはず…と思いきや
この状態で崩壊しないケースもリアルであるらしいです。

23IMG_4736.jpg

平成ゴジラさながらの川北演出で超強敵感溢れる様だったマガオロチ。
しかしこれが実は幼生体で、もっと禍々しい姿になるとは。

24IMG_5073.jpg

オーブのピンチを救うためマガオロチにキックするウルトラマンX。

ウルトラマンらしい基本ラインを守りつつもかなり攻めたデザインが好きなんですが
このデザインライン続かなかったのが個人的に残念です。

25IMG_4891.jpg

毎年楽しみなライブステージ。

時には映像本編を上回る熱いストーリーと
生でのバク転、投げ飛ばし、ハイキック、という技と
プロジェクションマッピングを利用した舞台演出が素晴らしいのです。

26IMG_4920.jpg

キングジョーにクレージーゴンの腕とナースの尻尾
アイアンロックスの砲塔を備えたパーフェクトキングジョーってオリジナル怪獣登場がイカス!

27IMG_4944.jpg

テレビ本編に先駆けて登場、ウルトラマンゼロビヨンド。
雑誌に掲載されたスーツの写真がどうもデザイン画に比べてぬるい、と言われてたのですが
照明のあて方次第でわりと映えますね。

しかしこの昨今の合体ウルトラマン系に比べてのシンプルさ加減。
絶対終盤に上位形態出て来るんじゃないかなーと。

28IMG_4951.jpg

反撃の合体光線炸裂!

今年もアンドロメロスがしれっと登場してますが
今回はゾフィがメロスの鎧を纏っているようです。

ジャンボットはロボットっぽいデザインのヒーロー登場というコンセプトの流れで出ています。

29IMG_4967.jpg

最後の戦闘とフィナーレにウルトラの母も混じってたり。

それまでの間に激しい戦闘があったんですが
例年以上に動きが早くて写真ピンボケであえて出してないんですよこれが。

30IMG_4983.jpg

この日はウルトラマンジードの主人公、朝倉リク役の
濱田龍臣くんがゲストとしてサブステージに登場。

7年前の映画、ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国では
ちっちゃいながらもストーリーを引っ張る少年、ナオ役を
エメラナ姫役の土屋太鳳さんと一緒に演じていたのですが

今は16歳。
すっかり成長しましたね~。

31IMG_5111.jpg

とまぁ、そんな感じで今年も満喫。

大人になった今だからこそ楽しめる部分もあるけど
自分が子供の頃にこういうイベントがあったらよかったな~と
今の子供が羨ましくもあり。

ともあれ8月27日まで池袋サンシャインシティで開催しております。

大人になってから出かけても楽しいですよ。

ウルトラマンフェスティバル公式

そして地元横浜でも明日から高島屋にて
ウルトラセブン展
放送50周年記念
~モロボシ・ダンの名を借りて~
が開催されます。

こちらも楽しみ。
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【特撮イベント】空想脅威展
01r_IMG_4855.jpg

六本木ヒルズ52階の東京シティビューラウンジにて
空想脅威展なる展示イベントが開催されています。

シン・ゴジラのヒット周辺で
再び日本の特撮映画にちょっとだけ日の目が当たりつつある昨今だからこそのイベント。

しかし主催が角川ということで
ゴジラではなくガメラが中心のイベントです。

そーいや新しいガメラは予告編だけ作って…本編は作んないんでしょうかね?

昭和のガメラとガメラ2レギオン襲来のガメラ…
改めて並ばせてみると別モノですね。

02r_IMG_4791.jpg

開催場所が開催場所なので
展示そのものの入場料はありませんが
シティビューに昇るための料金は必要になります。

そのせいか映画そのものの展示よりは
昭和の時代から幾度となく現れた怪獣たちが破壊した東京という都市をテーマにしています。

03r_IMG_4803.jpg

倒された精密な東京タワーの向こう側にはスカイツリーの写真が…

04r_IMG_4821.jpg

平成ガメラ1作目のガメラ大怪獣空中決戦は1995年公開
ギャオスが東京タワーをへし折って巣にしたのは
スカイツリーが建つ17年も前の話ですが

2016年に再び怪獣たちが来襲したら、というシミュレーション的な展示になっています。

05r_IMG_4812.jpg

普段公開されていない森ビル所蔵の都市ミニチュア
プリンターで出力した写真と絵を元にビルや家屋を組み立てたもの。

しかしこれだけの広域に渡っての再現…一体制作にどれだけの日数がかかったのやら。

06r_IMG_4817.jpg

個々の再現はだいたいこのくらいのレベル。
しかしこれが何十mもずらずらーっと連なってるんですよ。

デアゴスティーニ辺りで売り出したりしないもんかしら。
完結までに新たな建物が建ったりしちゃうけどね(笑)

07r_IMG_4876.jpg

こちらはグーグルマップを利用しての対レギオン首都防衛シミュレーション。

仙台でのレギオン戦の後ガメラが復活しなかったという想定の元
考えられたものです。

周囲への被害を考えて精密射撃に頼るしかない陸自空自。
一定の効果は与えるものの巨大レギオンの首都圏への侵入を許してしまう。

レギオンは種子を全世界にばら撒くべく
森ビルを苗床にしようとしている。

果たして人類はガメラ抜きに
レギオンの繁殖を止めることが出来るのか…という内容です。

08r_IMG_4890.jpg

平成ガメラ3種のヘッド揃い踏み。
同一個体だけど全然顔が違うのは
平成ガメラは古代超文明の作り出した生物兵器だから、ということになっています。

どんどんヤバい相手と戦わなきゃいけないので
自らを強化していった、ということなのだそうです。

09r_IMG_4912.jpg

先程のミニチュアと同じ製法で作られた広大な模型。
巨人兵東京に現るにも使用されたモデルです。

このくらいの距離になると
もはや実景なのか模型なのかわからなくなってきます。

12r_IMG_4924.jpg

実サイズのソルジャーレギオン
こんなのが群れなして地下鉄の中で襲ってきたら怖いですよね。

ま、あたしゃケータイ持ってないので襲われないです。

しかし96年当時ならいざ知らず
持ってない人間の方が変人な今の世では
レギオンの習性について判明するのがかなり遅くなるだろうなぁ。

13r_IMG_4932.jpg

他の生物の遺伝子を取得して進化を続ける邪神イリス。
完成したばかりの京都駅の中で
史上初の室内怪獣バトルを繰り広げました。

もう全然可愛げのないデザインなのが平成ならではですね。

14r_IMG_4759.jpg

展示ひとしきり見た後は折角高いところに昇ったんで
窓から周囲の写真撮りまくりました。

15r_IMG_4790.jpg

地上200メートルもの高さになると
見える風景が全然違って感じられますね。

16r_IMG_4948.jpg

もはやカオスそのものですが
あの建物ひとつひとつに何人もの人が働いたり生活したりしてるんですよね。

コンデジでも望遠にすると人が動いてるのが見てとれます。

17r_IMG_5037.jpg

もうこの際だから500円払って更に上の屋上スカイデッキまで出てみました。
遮るもののない直の地上238mの世界です。

突風などのアクシデントを想定して
荷物と帽子はロッカーに預けることになります。

18r_IMG_5006.jpg

うーん、横浜ってどっちだっけ?

19r_IMG_5093.jpg

あ、都庁が見える。

20r_IMG_5078.jpg

50階以上の建物ともなると
メンテナンスのためのクレーン等の設備も常設です。
こういうメカは男の子心くすぐるなぁ。

21r_IMG_5011.jpg

そしてクレーン等移動用のレールも備えてあるわけですよ。
うーん、動いてるの見たい!

22r_IMG_5003.jpg

というわけで空からの景色共々十分楽しんで来ました。

まあ展示物自体はそれ程多くはないので
既にシティビュー自体に上がったことのある方からすると魅力は薄いかもしれませんが

生の風景を見つつ、怪獣に襲撃される都市の姿を妄想するのには
なかなか楽しいポイントであると思います。

空想脅威展 公式ページ
東京シティビュー公式ページ

開催は11月13日までとなっております。

虚飾の都を高さだけでなく
違った視点から見る貴重な機会だと思いますよ。

テーマ:怪獣映画 - ジャンル:映画

【特撮イベント】ウルトラマン ニュージェネレーションワールドin東京ソラマチ
01r_IMG_4066.jpg

今回は食い物はなれて久々の番外編。
昨年に引き続きスカイツリーの足元、ソラマチでのウルトラマンのイベントに行って来ました。

女性スタッフに囲まれてガイさんご満悦の図……ではなくて
記念撮影にスタンバイ中のウルトラマンオーブ・オリジン。

テレビ登場に先駆けての公開になります。

02r_IMG_4078.jpg

今回の展示の目玉の一つ
ゲームでしか登場しない
ギンガとエックスの力を借りた姿ライトニングアタッカー
その等身大モデルがお目見え。

アクションのこと考えないでいいから
ゴテゴテしたデザインになっていたのを光沢仕上げで実物化。

こういうの見ちゃうと、実際テレビで活躍して欲しいと思っちゃうけど
これ可動もキビしそうだし、アクションしたら補修もきっと大変だよなぁ。

03r_IMG_4254.jpg

光線技炸裂記念撮影に駆り出されたのは魔王獣マガジャッパ

魔王獣と名のつく特別な存在のハズなのに
秘湯ならぬ水源巡りがシュミで

浸かった水がもの凄く臭くなるという
はた迷惑ながら憎めない怪獣。

昨今デザインが尖ったクリーチャー化する傾向にありましたが
こういうゆるさのあるデザインって好きだなぁ。

04r_IMG_4118.jpg

劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマンで活躍したベータスパークアーマー。
今回の展示はニュージェネレーションワールドということで
ギンガ、ビクトリー、X、オーブの4人に絞られています。

05r_IMG_4203.jpg

イベントにつきもののヒーローステージ。
ギンガが主役のステージでは
怪獣に乗り移ることの出来るギンガの能力を利用して
怪獣サドラの姿で子供たちと相撲をとって遊びます。

女の子がんばる!
余裕のサドラ!

06r_IMG_4246.jpg

と、遊んでいたらステージを離れたスキに本物のサドラが現れ
暴れ出したので撃退、という流れです。
うーん、様式美だのう。

07r_IMG_4268.jpg

ウルトラマンX最終回でXをピンチに追い込んだグリーザ。

ゼットンの怖さを現代にアップデートしたグリーザは
その理解不能っぷり、暖簾に腕押しな感覚は
きっと子供にトラウマ与えるくらいに怖かったです。

悪意もなく、野望も意思さえもなく
ただただ生命を無に返す現象である、という…恐ろしい。

08r_IMG_4278.jpg

劇場版のラスボス、ザイゴーグとその配下のツルギデマーガと対するエクシードX。
絡め手や特殊能力よりも
ただただひたすらにパワーで圧倒するストロングスタイルのボスでした

09r_IMG_4089.jpg

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!
のボス、エタルガーと戦うギンガストリウム…本編中ではこの組み合わせはありませんでしたけどね。

複数の世界のウルトラマンを封印して回るエタルガーに
平成のウルトラマン10人が一同に会して立ち向かう
純粋にエンターテイメント特化の映画は楽しかった。

10r_IMG_4362.jpg

ウルトラマンビクトリーナイトと戦うのはモルド・スペクター
83年放映のアンドロメロスに登場したボスキャラのリメイクという、まさかの登用!
昭和感溢れる悪役っぷりがナイスでした。

11r_IMG_4313.jpg

ギンガとビクトリーの合体した姿、ギンガビクトリー!
名前まんまですな。

しかしゴテッとしたインフレデザインの傾向は
円谷というより東映、石森プロ系の意匠に見えます。

隣りはギンガSの防衛隊、UPGの隊員服。
こちらは科学特捜隊の制服を現代にアップデートしたような意匠。

12r_IMG_4315.jpg

ギンガビクトリーの胸の部分をアップにすると
コンバトラーVっぽく見えます。

13r_IMG_4390.jpg

ハロウィンイベントの告知のポスター。
ネコミミのダダが可愛い(笑)

14r_IMG_4423.jpg

ウルトラマンオーブでは防衛隊をメインに据えず
SSPという市井の怪奇現象追跡サイトのメンバーがメインキャストとなっています。
つまりはウルトラQのような、怪奇現象、怪獣に相対する民間人のドラマになっています。

こちらの展示物は同メンバーの発明家の作り出した探査機やら防火装備やら。

15r_IMG_4426.jpg

オーブのライバルキャラ、ジャグラスジャグラー。

人間の姿をとったオーブはクレナイ・ガイという謎の風来坊。
風来坊っていう肩書はウルトラセブン第1話でのモロボシダンを彷彿とさせますね。

ガイ対して愛憎入り混じったストーカーのような関わり方をするジャグラー
なかなかいい味出してます。

が、スーツのデザインはこちらも平成ライダーや牙狼の怪人っぽいような。

16r_IMG_4577.jpg

今回のウルトラマンオーブは変身する力を失っており
カードに封じ込められた他のウルトラマン2人の力を借りることで変身する、ということになっています。

ウルトラマンとティガの力を借りたスペシウムゼペリオン
タロウとメビウスの力を借りたバーンマイト
新マンとゼロの力を借りたハリケーンスラッシュ
ゾフィとベリアルの力を借りたサンダーブレスター
それぞれの意匠を受け継いだデザインなわけですが

そしてこちらが真の姿を取り戻したフォーム。
平成のウルトラマンはパワーアップするとどんどんデザインが複雑にインフレ化していくのですが
逆にシンプルになるという逆転の発想。

17r_IMG_4526.jpg

さて、もういっぺんヒーローステージ。
今回はビクトリー。

ビクトリーは怪獣の力を利き腕に宿すことが出来るということで
エレキングテイルをゆらゆら動かして
子供たちに捕まえてもらおう、というお遊び。

18r_IMG_4536.jpg

捕まえた!と思ったらホンモノのエレキングだった!
というお約束!

いやー、設定を前提に練られた様式美が楽しいわ。

19r_IMG_4564.jpg

ビクトリーの得意技は蹴り技
ということでハイキック!!
着ぐるみ着た同士でこの高さはすごいね。

でもコンデジ撮影ではこれが精いっぱい。

20r_IMG_4328.jpg

ということで今回もばしばし撮影させて頂きました。
最新のボスキャラ勢揃いで新しい造形の妙が楽しめてよかったですわ。

しかし背面や角等よく見ると
実は痛んで補修した後がちらほら。

撮影の過酷さを窺わせますが
でもそんな奮闘のおかげで
毎週テレビでウルトラマンの新作が見ることが出来ることに感謝!

21r_IMG_4588.jpg

基本形態のスペシウムゼペリオンの展示がないのは何故なんだと思ってたら
押上駅方面の入口に展示。
後は外のフロアで握手会、と駆り出されていた模様。

浅草側から来て知らずに帰るのは勿体ないなぁ、と思いました。

22r_IMG_4064.jpg

バス停のサイネージにこんなのが
…ああ、しばらく前からCMに登場してますね。

髪のないウルトラマンで育毛剤の広告はどうなのかと思いましたが
…ひょっとしてサイみたく、ウルトラの父の角は髪の毛の固まったものだったり?
んなわけないか。

10月10日までスカイツリー下のソラマチで開催されています。
浅草見物のついでにウルトラマン、ちょいと見て行きませんか?

ウルトラマン ニュージェネレーションワールドin東京ソラマチ公式ページ

そして気になる特撮系イベントがもう一つ。
六本木ヒルズの東京シティビューにて現在
空想脅威展というイベントが開催されています。

ガメラの世界をメインに据えたイベントで
怪獣が都市に襲来したシミュレーションやジオラマの展示があるとのこと。
11月13日までの開催です。

こちらも忘れず行かなきゃ!

特撮脅威展 公式ページ

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

【特撮イベント】ウルトラヒーローズEXPO2016
01r_IMG_5447.jpg

昨年までこのイベントは「お正月だ!ウルトラマン全員集合!!」というタイトルでした。

夏のウルフェスこそ毎年行ってますが
さすがにこちらはお子様向け傾向強めだろうなぁ、ということでパスしてたんですが

隣りの駅の飯田橋に是非行ってみたいお店があったので
両セットで新年早々に出かけてみました。

02r_IMG_5247.jpg

後楽園なんて何年振りだろう?
どちらかというと「後楽園遊園地で僕と握手!」と、東映のおひざ元なイメージもあります。

入場が既に始まっている時点で最後尾まで500人くらいだと
誘導係のおにーさんが言ってました。
結構並んでるね。

03r_IMG_5257.jpg

ウルトラマンXの世界の防衛隊、XIOの日本支部基地ミニチュア。
X型の滑走路の下、結構構造がスカスカなんですよね。

04r_IMG_5259.jpg

XIOラボの特別顧問、ファントン星人グルマン博士。
博士枠が宇宙人だっていうのはシリーズでも初の試みですね。

歯の生々しさがちょっとキモいけど
愛嬌あるいいキャラクターでした。

05r_IMG_5325.jpg

怪獣好きとしては特撮本編で使用されたぬいぐるみがが見られるのが嬉しい。

なんか鉄骨柵に押し込められてる感じがなかなか雰囲気あってイイ。

06r_IMG_5281.jpg

ツルギデマーガ。
1話に登場した、ゴジラやガメラ等のスタンダードな意匠だった
デマーガが闇のエナジーで暴走した姿。

白目黒目がなくなって愛嬌がなくなり
ゴツゴツした顔がすげーコワくなってます。

07r_IMG_5294.jpg

サロメ星人が作ったにせゴモラならぬメカゴモラ。
アークロンの面影はない凶悪な面構えがよい。

奥はガーゴルゴン。
星の文明を破壊して回った凶悪な強豪怪獣です。
子ども目線の強そうなデザインがなんとも。

08r_IMG_5262.jpg

春に公開予定のウルトラマン50周年記念作。
「きたぞ!われらのウルトラマン」の敵怪獣ザイゴーグと
ベータスパークアーマーを纏ったウルトラマンX。



09r_IMG_5264.jpg

赤と紺の色の組み合わせは超獣っぽいですが
何処となくパシフィックリムのKaijuっぽいところもあります。

10r_IMG_5305.jpg

XIO指令室のセット。
最終エピソードの、ウルトラマンの方から直接防衛隊にコンタクトをとるという意表をついた
しかしそれだけ事態が切迫しているというシチュエーションはトリハダものでした。

11r_IMG_5337.jpg

日産リーフをベースに作られたジオアトス。
車が直接戦闘機のコクピットになるという無茶なギミックでしたが
おもちゃは売れたんだろうか?

12r_IMG_5322.jpg

隣りでちゃっかり休んでるピグモン。
本編に登場したピグモンは顔のデカい通称"モロボシくん"でしたが
こっちの初代に近いデザインの方がしっくりくるなぁ。

13r_IMG_5353.jpg

ウルトラ兄弟対ベリアル。
人気キャラなんでここ数年ショーに出ずっぱり
だからむしろ展示されるのは初めて見た気がします。

悪ガキがそのまま大人になったようなキャラは
ウルトラシリーズのみならず、ヒーロー史に残る名キャラだと思います。

14r_IMG_5372.jpg

しかしこれでウルトラの父と同年代だというのだから
不良中年どころか不良老人の域だよなぁ。

人生楽しそうで羨ましいです、ベリアル陛下。

15r_IMG_5267.jpg

記念撮影コーナー、最初はティガ・ダイナ・ガイアの3人揃い踏み。
なかなか豪華だよなぁ。

16r_IMG_5377.jpg

ウルトラマン50周年、ティガ20周年ということで
Xのアーマーになった時は
肩にウルトラマンとティガの胸の部分の意匠が施されてあります。

17r_IMG_5399.jpg

おしょウル名物キング神社。
ウルトラマンキング詣で…ご利益ありそうななさそうな…。

今年も仁王像役か…とレオとアストラはぼやいていそう。

18r_IMG_5394.jpg

狛犬がわりのガーディ。
かわりというか、超古代狛犬怪獣って肩書なんだからピッタリだよなぁ。

19r_IMG_5398.jpg

もう一体は呑龍。
薬祖神の従者の怪獣って扱いだから、こちらも狛犬向けではあります。

しかしあえてミクラスやアギラなどのカプセル怪獣でなく
ティガやコスモスの怪獣を抜擢するあたりがシブいな!

20r_IMG_5411.jpg

劇場版でウルトラマン、ティガと戦うゴーグファイヤーゴルザ、ゴーグアントラー。
閻魔分身獣なんて肩書がついてるあたり
青鬼赤鬼ってモチーフなんでしょうね。

21r_IMG_5422.jpg

ウルフェスと違ってこちらのイベントのショーは撮影不可なのが残念。
Xの主役大空大地役の高橋健介、オペレーターのタケル隊員、チアキ隊員はすべてのステージに出演。
毎日日替わりで他のXIO隊員がゲストに。

そしてX、ギンガ、ビクトリー、ゼロは声優がオリジナルキャスト、ということもあって
テレビ本編の延長戦感がとても強く

Xはもっと長いこと見続けたい作品だっただけに
このエクストラステージはとても楽しめました。

クライマックス時に洋楽っぽい曲がかかってえらいカッコイイ演出だったんですが
よくよく思い出してみたらまさかのウルトラセブンXのエンディング曲だった!



子供の評判はどうだったろうなぁ?
よくわかんないけどカッコイイ、と思って欲しいと考えるのは大人のエゴかなぁ?

22r_IMG_5442.jpg

史上最大のファッションモデルとして一部の話題になったウルトラの母は
今回はスイーツ工房の店長に。

意外とクオリティ高い感じでしたが
さすがに生クリーム入りのケーキとかセットで買ってもあとで困るのでパス。
まぁ、ファミリー向けの商品です。

公式ページ

例年常にヒーローが会場を巡回して子供たちと遊んでくれていたイベントだったらしいですが
今回はそちらを少し控えてショーの充実を図った印象ですね。
余力があれば隊長がゲストの日に行ってみたいもんです。

11日まで開催しております。
ウルトラマンXを楽しめた方ならステージ、楽しめることと思います。
ご興味があれば是非!

ちなみに私が行った日、NHK朝ドラ「まれ」のヒロイン役の土屋太凰さんが来てたらしいのですが
残念ながら見かけませんでした。
ウルフェスもおしょウルも毎年1人で遊びに行く大のウルトラファンだそうです。
親近感が…。

今年もJRのスタンプラリーがあるようなんで
またそれにかこつけて宿題にしてた東京のお店と併せて
また楽しんで来ようと思います。

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ

【特撮イベント】帰ってきたウルトラマンの世界 新宿髙島屋
01r_IMG_2880.jpg

先週立川の髙島屋にて帰ってきたウルトラマン展見てきたばかりですが
その後新宿でも開催されることを知り
代々木のインドネシアフェスのついでにまたもや行って来ました。

おんなじもの2度も行ってもしょうがないんじゃない?
と思われるかもしれませんが…ひょっとしたら何か違うところがあるんじゃなかろーか
という目論見もあったりして。

まぁ、新マン好きなんですよ。
だからいいのだ!

02r_IMG_2759.jpg

立川ではウルトラブレストレットを構えてましたね。
だから今回ちょっと違う。

だからどうした!とか言われそうですが。

03r_IMG_2681.jpg

おっおっ、パペット、ツインテールがいなくなって
代わりにグドンがいるじゃないですか!

ツインテール…食べられちゃったか…。

04r_IMG_2649.jpg

そしてササヒラーの隣にヤメタランスがおる!
ウルトラマンでさえ「やーめた!」と怠けさせてしまう超強敵です。

何気に造形がアトラク用のものより出来がいい。

05r_IMG_2662.jpg

前回も展示されてましたが載せなかったのでこちらに
MATの隊員服とシーゴラスの角を折ったレーザーガンSP-70。
あとクプクプの焼却処分にも使用されてますね。

強力なのに勿体無い。

06r_IMG_2673.jpg

あっ!
ムルチに逆襲されとる!

立川では新マンが馬乗りになってトドメさそうとしてたんですけどね。

07r_IMG_2740.jpg

こちらも前回も展示されてましたが写してなかったので…
カラータイマーとウルトラブレスレット。

08r_IMG_2744.jpg

おおおおおおお
予想した通り!私は賭けに勝ちました!!!
立川と怪獣違うじゃん!!

サドラとヤメタランスとグドンだったんですが
ツインテールとムルチとアーストロンです!!

このツインテールくんは三度目の邂逅だなぁ。
やぁ、久しぶり。

09r_IMG_2698.jpg

ムルチはアトラクション用のもので
ゾアムルチじゃありません。

しかしかなり足短いなぁ。
実はペンギンみたく足の骨M字に折りたたんでるんじゃないの?

10r_IMG_2705.jpg

ウルトラマンメビウスの時に復活し
ウルトラマンサーガ登場時に改造されたぬいぐるみです。

ゴジラ型のスタンダードなスタイルに
ヤクザみたいなコワモテ顔。

子供の頃ソフビ持ってたのでちょっと思い入れあるんですよね。

11r_IMG_2731.jpg

MATの機体は今回スタンドに乗せて飾られているので
そう、下から撮る事が出来るんですよ!

12r_IMG_2724.jpg

ちょっと反射して見にくいけど
でもこういう展示の仕方されてるのって実は結構珍しいので
この機会に撮っておきたい!

13r_IMG_2721.jpg

ワンダバダ♪ワンダバダ♪ワンダバダダン♪
曲にローターの音も聴こえてきそう。

14r_IMG_2794.jpg

キングザウルス3世は前のまんまかな。

15r_IMG_2874.jpg

あっ!上をよく見るとウルトラマンとセブンが!
これも立川では飾ってありませんでしたよ!!

2人とも新マンの元に飛んでいます。

16r_IMG_2797.jpg

ということは、これ全然ピンチじゃないじゃん!!
3対2なら負けることはないよね!
坂田兄妹もきっと2人が生き返らせてくれる。

哀愁のない帰ってきたウルトラマン。
そもそも前後編にならなくなるね。
うーむ。

17r_IMG_2916.jpg

もう一部しか残ってない、当時モノの新マンのスーツ。
演じたきくち英一氏のサインが入ってます。

18r_IMG_2821.jpg

新宿という立地ゆえか
立川よりお客さん多い気がします。

19r_IMG_2926.jpg

関係ないけど
トイレ行こうとしたらこんな看板が!

食べる方だけでなく
祈る方もハラル対応なのか髙島屋!すげー。

メッカの方向がすぐわかるようになってるんでしょうね。

20r_IMG_2928.jpg

1階にはMATビハイクルが飾ってあります。
立川では前から写したので後ろから。

立川と新宿、両方とも行ってよかった。
ありがとう円谷、ありがとう髙島屋、ありがとうウルトラマン。

開催期間15~20日という短い間なので
チャンスは僅かですが、ご興味のある方は是非!

公式ページ

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR