オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
大口通、ボッカ・グランデのソーセージのゴルゴンゾーラほか
r_DSCF2992.jpg

お安く焼きたて窯焼きピザがいただけるボッカグランデ
夜につまみと一緒に食べてみたかったので再訪です。

閉店22時半ということになってるんですが
微妙に早仕舞いすることが多くて
ちょっと遅いとありつけないんですよね。

何度目かの様子見でようやく入れました。

r_DSCF2989.jpg

ピザの他にはパスタと

r_DSCF2988.jpg

あとこんなかんじ
選択肢はさして多くないですが
安いつまみで飲めるというのはのんべいには魅力なんじゃないでしょうか?

お祭りのときに出してたモツ煮がないのはちょっと残念だなぁ。

あとゴーヤとズッキーニのスープって美味しそうなのに×ついてる…

r_DSCF2990.jpg

キュウリのイタリアン漬物をアテに黒ビールを頂きました。

オリーブオイルとガーリックとアンチョビに漬けたキュウリで
とりあえずの一品として口に入れるのにいい感じ。

r_DSCF2991.jpg

ムール貝のガーリックスープ蒸し
ピザが焼けるまでちょっと温かいものを口に入れたかった。

値段相応なんで質がどーのとか期待しちゃいけません。
でもニンニクの効いたスープで蒸されたムール貝はやっぱり美味しい。
噛みしめつつ、スプーンで軽くスープを口に含んでじんわり温かさを味わう。

r_DSCF2993.jpg

あれからひと月半、窯の温度調節もだいぶこなれてきたみたいですね。
きちんと均質に焼けております。

r_DSCF2994.jpg

お味の方も、前はダイレクトに塩の味がしてしまってたのに比べると
トマトソースの塩気に任せているので大分いい感じです。

トマトソースの塩気がまだ僅かにつよいけど
でも十分十分。

チーズがもう少し欲しいところだけど
まぁ、そのへんも値段相応かな。

r_DSCF2995.jpg

なんといっても窯で焼きたてのピザ生地がすっごく美味いわけですよ!
もっちもちのほこほこ
コイツが一番のご馳走です。

高級イタリア料理店でなくてもこういうのが食べられるというのが
もうそれだけで嬉しい。
晩メシとしてさっと気軽に食べられるのがいい。

ただ、値段が上がってもいいから
具材増量バージョンなんて選択肢があるともっと嬉しいかも。

参考ページ

あまり遅くなり過ぎない時間に帰れたらまた寄らせてもらおうかな?

カルツォーネ食べてみたい
目玉焼きなんてのも美味しそうだな
スポンサーサイト

テーマ:ピザ - ジャンル:グルメ

長者町、フラテッロの"スパゲッティ"海老とひよこ豆のフレッシュトマトラグー
r_DSCF3205.jpg

※石川町に移転。現在はランチ営業をしておりません。

今週もフラテッロでのランチのご紹介です。

先週も行ってたんですが
ほぼ前に一度食べてる内容だったので見送ってました。
まぁ、前回褒め過ぎなくらいだったし、たまにはいいか、と。

今週は
"スパゲッティ"海老とひよこ豆のフレッシュトマトラグー

"スパゲッティ"自家製サルシッチャとブロッコリーのソース

サルシッチャは一度食べてるけど
ここの海鮮はイカタコが多くてムール貝も食べたけど
実はエビは初めてだった気がするのでラグーで!

月曜10名限定でラザニアなんてあったのか!
まぁ、月曜は雨風ひどかったからなぁ。
さすがに行けんかった。

r_DSCF3200.jpg

サラダはイタリアンオムレツとベーコンの
クリームチーズのドレッシングがけ

イタリアンオムレツって初めて聞く名前だったけど
フリッタータを昔はイタリアでオムレツと呼んでたってことらしい。

じゃがいも入りなのでスペインオムレツに近いけど
細く切って層にしてるのが手が込んでますね。

肉厚ベーコンも美味しいわ~。

r_DSCF3203.jpg

今回はパニーニの代わりにピアディーナという
ロマーニャ地方のピタパンだそうです。
ハムとチーズを巻いたこともあってほとんどトルティーヤ。

美味い…んだが、この作りだと生地が余らないので
パスタのソースを拭うのに使えないのが誤算だっ!

r_DSCF3206.jpg

いつものように元々のラグーの定義通り海老は細かくカットしてます。
パスタにひよこ豆がぽろぽろあしらってあるのはちょっと不思議な感じ。

でも実はイタリアの家庭料理でひよこ豆のパスタって存在するみたいです。
知らなかった。

r_DSCF3207.jpg

トマトを使ったラグーということからもっとトマト色、トマト味かと思ったけど
これは素材の味を活かすためのサポート的な存在に留まっていました。

エビ本来の味を味わい
塩とオリーブオイルがその旨味を補完
食べ甲斐担当のひよこ豆、みたいな感じでしょうか?

公式ページ
参考ページ

今回もいろいろと味の引き出しを見せていただきました。
そして、限定メニューが出る事もあるのか……
ますます目が離せないのでありました。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

曙町、聚香園の牛バラ肉と野菜の家庭風辛子煮込み
r_DSCF2921.jpg

数年ぶり久々に訪れてからまた間髪入れずのご利用です聚香園。
店の外のランチメニューの看板を見て

お!福建風酢豚があるじゃないか!
またやってほしいなと思ったタイミングで来てくれたのが嬉し……

が、牛バラ肉と野菜の家庭風辛子煮込みってのがさらにそそる
そそってしまう

駄目だ、この誘惑に逆らえん

※数週間前のメニューです。現在はもう違うものに差し替わっております。

r_DSCF2922.jpg

どうも料理店での
家庭風、田舎風、郷土料理、そういうフレーズに弱いな~

ランチのセットの内訳はこんな感じ
中華の店ですが、ここのキムチは結構好き

あとたまに杏仁豆腐でなく愛玉ゼリーとか仙草ゼリーとかが出るのが
またこのお店の嬉しいところ
今日は仙草ですね。

r_DSCF2923.jpg

夜まで外食続きなので野菜多めなのは
今結構喜ぶポイントになっております。
この辛い汁を漬け込むように絡めるとまた美味しいしね!

r_DSCF2924.jpg

ランチものなのに牛バラ多めなのもまた嬉しい
真っ赤な辛い煮込み汁と肉と野菜
ご飯がすすむよいおかずです

こういうのが出てくるとご飯お替りせざろう得ないっ!

寒くなってきたので余計にこういうメシは嬉しいのです。

参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

2013年 金刀比羅大鷲神社酉の市 三の酉
01r_DSCF3184.jpg

ひとまず仕事も峠を越したので
今年のお酉様の最後にはギリギリ間に合いました。

今度こそ全力で楽しむぞ~!

02r_DSCF3158.jpg

で、またもや真っ先に向かったのは正直やだったりするんですがね

03r_DSCF3156.jpg

悔いを残さぬためにもふぐのから揚げ
今回は600円の大入りのパックで味わいます。

揚げたてのタイミングでほかほか。
魚なのにむっちりの肉質なのがたまりませんわ!

04r_DSCF3159.jpg

次に向かったのは宝水産。
前回気にしてたのに逃しちゃったまぐろ腹皮煮込み
いつもの塵壺日誌情報によると結構美味しそうだったので

逃がした魚はでかかった
マグロならなおさら、ということで今回は逃がさぬ!

05r_DSCF3161b.jpg

焼き魚でもなんでも皮まわりの肉ってウマいもんなんですよね。
マグロの場合はモツみたいなくにくにの食感になるんですね。
これがえらい美味しいんですよ。

そして汁自体も魚出汁のあっさり汁ではなく
味濃い目の濃厚な汁に胡椒でちょっぴりスパイシーに仕上がっていて
結構美味しいです。

ちなみに夜に前通りかかったらもう売り切れてたので
昼来てよかった~。

06r_DSCF3167.jpg

銭爺の惣菜パックも外せません。

07r_DSCF3166.jpg

本日のラインナップはこんな感じ。
あとニラ饅頭と焼きビーフンがありました。

08r_DSCF3172.jpg

豚ハラミ肉は牛スジのような肉とモツの中間のような脂ののったトコ
つけてくれた辛い豆板醤と野菜と一緒に食べると美味しいわ。

09r_DSCF3173.jpg

ゆば巻きなんですが
薄く巻いた仕上げではなくて厚みのある塊になってかん水で仕上げたこれは
貝焼いたものだよ、と言っても気づかないんじゃなかろうか?
しっかりした歯応えで酒のつまみに合いそうです。

10r_DSCF3165.jpg

〆の穀物に
そいういえばソムタムのパッタイ食べたことなかったな、と
食材店の方で買ってみました。

すぐ食べるというと、コンロで温めなおしてくれました。
こういう気遣い嬉しいですね。

11r_DSCF3171.jpg

ケチャップ系の甘さがメインなんですが
ほんのりピリ辛な味つけ。

初めて食べたけど、美味しいですこれ。
今まで食べなかったの、損してたなぁ。

太平麺のもっちり感と砕いたピーナツの食感がまたいい。
こりゃ、いずれ本店で出来たてを頂きにあがらんとな。

12r_DSCF3174.jpg

商店街前の公園にごみ箱用意してあるのがいいですね。
人出多いから、食べる場所の確保とゴミ捨て場は重要ですもの。

13r_DSCF3186.jpg

夜は8時頃の再出撃。
毎年6時早々ごろに出かけてたのですが
このくらいの時間はいちばん人多いですね。

去年あったドネルでないケバブ扱ってた屋台はなかったし
実家も後釜のお店が来ちゃったから
個人的にはもうこっちは回らないでいいかも?

14r_DSCF3177.jpg

福美だけでなく延明も結構お客さん多めな感じです。

最近福美は祭りでなくても
いろいろ惣菜やらおでんやら扱うようになりました。
帰りがけになんか買って帰るのが楽しみになってます。

15r_DSCF3181.jpg

人が多くて商店街の中進むの大変です。
丸豊水産も生牡蠣や焼き物扱うようになってたんだっけ。

16r_DSCF3180.jpg

羊串焼きがあったのでつい手を出してしまいました。
スタンドのドネルケバブの牛肉のようなクズ肉ですが
それでもやっぱ美味しいんだよなぁ。

17r_DSCF3182.jpg

前回鳥秀は鶏モツ鍋まだ準備中で食べられなかったんだよな
雪辱を果たすとき!

18r_DSCF3183.jpg

ニンジンの切り方とかかなりザックリだなぁ。
雑な作りではありますが
これはこれで趣きがあります。
鶏モツは豚や牛以上にグロデスクですけど
モツとレバーの中間の食感で珍味。

19r_DSCF3187.jpg

二の酉では行きそこねたソムタム本店を存分に味わい尽くそうと思います。

20r_DSCF3192.jpg

お惣菜がいろいろ出てます。
今回はマッサマンカレーも売ってました。
イケメンなにーちゃんが肉焼いております。

21r_DSCF3188.jpg

とりあえず豚バラと

22r_DSCF3189.jpg

辛いソーセージを頂きました。

焼きたてのタイミングじゃなかったのが残念でしたが
豚バラはかなりたっぷりしてて美味しいです。
ソーセージはちょい辛さが前より控えた感じかな?
スパイス減らした分、肉と脂身多めになったみたい。

23r_DSCF3193.jpg

毎年食べてるタイ風煮込み。
こちらも以前に比べると辛さも酸味も抑えて
食べやすくなった印象です。

以前はイロイロ香草が雑多に入ってて
得体の知れない闇鍋的なお味だったんだけど。

24r_DSCF3197.jpg

惣菜は肉野菜炒め的なのを頂きました。
豚だと思ってたんだけど、牛かな?

豚バラと牛と両方でした。
あとはインゲン、タマネギ、アスパラ、あと正体不明の茎野菜と盛りだくさん。

煮込みが食べやすくなった分失ってたピーキーな辛さが
こっちにはある感じです。
人選びそうな、ガツッとくる辛さ。

使ってるスパイス、なんなんだろう?
得体が知れないけど、でもウマいわ。

お買い得!

25r_DSCF3194.jpg

豊野に挟まれたタコス屋の外で
保温ケースに入ったタコスを売っていたので買ってみました。
ここも入ってみようかと思いつつチャンスがなかった店だった。

26r_DSCF3195.jpg

サルサソースの香りがとってもかぐわしい。

でも皮が、トルティーヤというよりはクレープっぽい。
生地にコーンが入ってる感じはするんだけど
だけどナンみたいなふっくら感はなくて
ほんとクレープみたい。

なんか不思議なタコスです。

27r_DSCF3196.jpg

というわけで
三の酉でようやく充分に楽しむことが出来ました。
堪能した!

毎年味わいつくせない規模だから
多少の心残りはあるけど
そこは来年への期待を込めて!

テーマ:★祭★ - ジャンル:グルメ

中華街、天龍菜館の牛バラ焼きそばほか
r_DSCF3006.jpg

休日に天龍にて久々の食事会。

ホントは当初は味香園行くつもりだったんだけどね
予約の電話してもずっと通じず
食べログ見たら掲載保留になってやんの

というわけで急きょ天龍に変更。

メンツのうち半分が夜飲みの予定があるとかでお昼に集合
でも天龍のあとで飲みって自殺行為じゃありませんか?

それを見越して今回は更に金額絞っておひとり様2500円にて(飲み物は別)

r_DSCF2996.jpg

いっつもの蒸し鶏

r_DSCF2997.jpg

黒酢酢豚
カリッカリの衣の中はむっちりした豚で
豚の質もまぁまぁいいので、本来の古老肉という料理の意味合いからは外れとりますが
うまいものが正義!!

しかし常々思うんですが
ここはカリッとした揚げ方が素晴らしいです。
冷めてもぺたっとせず軽い食感を保ったままというのが不思議。

腕の問題だけじゃなくて、材料自体が違うんじゃないかと思います。
タピオカ粉いれてるとか、きっとそんな感じの違い。

香港で食べた揚げ物とか、そんな感じだったんですよね。
カリカリ感が全然違うの。

r_DSCF2998.jpg

豆苗の炒め物
これ、味が変わりましたね。

ショウガが効いてて結構爽やかな仕上がり。
口の中の油がリセットされるような心もちがします。

まぁ、ほとんど気のせいなんだけどねっ

r_DSCF2999.jpg

塩揚げ鶏
衣をつけず油でパリパリに揚げた鶏です。

この料理、本式の作り方では油に通すのではなく
煮立った油を鶏にかけるようにして調理するらしいですね。

パリッパリの皮がうめー
塩の染みた肉をちゅーっと口の中で潰すようにして食べるとまたうまし

r_DSCF3002b.jpg

この店でエビチリって初めて食べますね。

うーん、予算下がるとこの辺に差が出てくるのだな。
いつもの美味しいエビ揚げじゃなくなるのね。

オーソドックスなエビチリですが
結構唐辛子のピリピリくる味つけです。

この感じだと麻婆豆腐も結構辛いんじゃないかと推理できる味。

r_DSCF3003.jpg

ここ来たらやはりスープでしょ、ということで
いつもの例湯的なスープ。

r_DSCF3004b.jpg

鶏肉や漢方的な食材をしっかり煮込んだ旨味のあるスープは
寒い日は一層美味しく感じますね。

r_DSCF3005.jpg

店番のおねーちゃんがデザートの杏仁豆腐を出そうとしてるタイミングなので
炒飯で〆かな?

でももう数品イケそうな感じだから、何か頼もうか?
いや、油断してると更に点心来たりするかもよ?

その時はその時だ!ということで
牛バラ焼きそばとシンガポールビーフンを頼みました。

r_DSCF3007.jpg

おろろ?
牛バラ単品?

r_DSCF3008.jpg

いいえ、ここのは牛バラと焼きそばがセパレートなんですよ
徳記の豚足そばが豚足と汁麺別々に出るのと同じリクツです。

…でもなんで焼きそば二つ?

ああ、つまりラストに普通の焼きそばが来るハズだったところに
牛バラ焼きそばを注文してしまったワケですね?

わお、ナンテコッタイ!!

抑えるつもりだったのに結局自滅コースですか!
まだビーフンもあるのに!!

まぁ、そういう時は素直にテイクアウトするのが吉。

焼きそばは当然美味しいし
牛バラも八角以上に独特の香りが…

ううむ、これも香港の街の匂いだ。
ああ、しばらくこの香りに酔いしれていたい気分ですよ。

r_DSCF3010b.jpg

中華においてシンガポール風というのは
大体カレー味のコトなんですが
このシンガポールビーフンはわりと普通のさっぱりした味つけです。
これもショウガの風味が効いてる。

そうすると、逆にもう一つのメニューの田舎風ビーフンはどんな味なんだろう?

r_DSCF3009b.jpg

ようやく〆のデザート、杏仁豆腐。
粉砂糖的な甘みの汁と、ほんのり苦味のある味がここ独特です。

参考ページ

というわけで、結局今回も食べ過ぎてしまいました。

しかし……500円下げるとずいぶんグレード下がった感じがしないでもない。
やっぱりここで食べるなら予算3000円からがいいんじゃないかなという気がします。

それと、今はここ昼でも結構お客さん入るんですね。
満員なのでまた後できます、なんて方もいらっしゃいました。


余談ですが、先ほどの味香園
閉店したのかと思いきや
実は改装して店名もちょい変えてのスタートだそうで

味臨軒という名前になって新装開店しておりました。

メニューを見た感じだと
福建のコーナーはなくなって四川メインになっておりました。
でも福建料理自体は特に福建と名打たずに続投しているようです。

開店しているのになんで電話が通じないかというと
回線の工事がまだ済んでなかったからだそうで
数日後には同じ番号のまま連絡できるようになるそうです。

なんともタイミングの悪い時だったもんだなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

大口、ヒマラヤキッチンのヒマラヤマトンカレー
r_DSCF2905.jpg

※閉店しました。後に入ったお店もインド・ネパール系のダウラギリです。

夜分遅くの晩メシ
週明けだというに何故か心当たりの店はどこも宴会客で満杯
流れ流れて大口駅前のインド・ネパール系料理の店へ。

ラストオーダー1分前とかいう時間に悪いなとは思ったけど
開いてますか?と聞いてオッケーだったので入店。

横浜近辺、この名前の店多いんですよね。
ネパールキッチン、ヒマラヤキッチン、ヒマールキッチン、エベレストキッチン
系列なのかそうでないのか、よくわかりません。

夜もランチ同様のセットがあるっぽいけど
お決まりの味でなくなんか独特のカレーが食べたかったので

ヒマラヤマトンカレーという
この店オリジナルのものを頼んでみました。

r_DSCF2904.jpg

そのあとで壁メニューに気づいたっ!
ネパール風ラーメン???

うわ、すげー気になるけど
もう遅い。
次来た時の楽しみにとっておこう…

r_DSCF2906.jpg

お待ちかねのカレー来ました。
閉店間際でタンドリー使わせるのもなんか申し訳なかったので
ナンでなくライスです。

r_DSCF2907.jpg

アチャール(インドの漬物)が乗ってるのが嬉しいね。
但し、時間が遅かったせいかどうかはわからないけど
ご飯の出来はあんまし…

r_DSCF2910.jpg

しかしカレーは
ランチによくあるオレンジ色のクリーミーで食べやすいカレーとは一線を隔して
なんかスパイスいろいろ雑多に入ってそうなカンジでよさげ

r_DSCF2909.jpg

もうホントに何が入ってるんだかわからんが
フクザツでかつ刺激的な味がいい
様々な刺激の粒が口と胃にズキュンズキュンとくる感じがたまりません。

上等な料理ではないかもしれないけど
こういう現地的な雰囲気のある洗練されてないカレーはいいですね
また食べたくなる味だ!

余所の店にはなさそうな味があるかどうかは
個人的な再訪ポイントです。

まぁ、ご飯がもーちょい美味しければ、なぁ。

r_DSCF2903.jpg

次はナンで食べるか…いや、その前にラーメンだな!

参考ページ

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ

吉田町、スパルタの赤魚のオーブン焼き
r_DSCF2851.jpg

ご無沙汰振りのスパルタの赤魚のオーブン焼き
何故ご無沙汰かと言えば材料高騰のあおりで札一枚をオーバーしてしまったから

ところが消費税増税を目前にして牛も同じく値上がりしてしまったから
なら再び選択の視野に戻って来たかな、というところ

だがしかし店自体が選択から外れるということはない
だってその値段でもなお納得のお味なんですもの

r_DSCF2850.jpg

サラダに本日のスープはトマトベースのミネストローネ
寒くなってくると一層スープが美味しいね。

とろりとした野菜が胃の内壁を通じて
体に暖をもたらします。

r_DSCF2852.jpg

バゲットについてきたディップはフムス
ひよこまめにニンニクやオリーブオイルを混ぜたペースト
これの豆だけではない独特の香ばしさが好きなんです

して、お久しぶりのご対面なお魚さん
1年ぶりくらいになってるかも?

r_DSCF2853.jpg

魚より肉、という人にもオススメしたいこの赤魚のオーブン焼き!
トマトと香草とオリーブオイルたっぷりに焼かれた魚は
旨味の油と香ばしさの焼け具合に包まれてうまさの塊です!
肉に匹敵する美味しさなんですよ

ああ、この料理大好きで食べてたのに
久しく選択外にしていたことの勿体なさを改めて思い起こさせる。

口にするごとにジュワーと旨味が広がる

味覚中枢から多幸感の脳内麻薬を出せと命令が飛ぶ

うむ、幸せだ

公式ページ
参考ページ

休日は気分だけでも地中海の青の元へ

も少し近ければ平日でも昼は…になるんだけど

ああ、ギリシャ人のようにのんびり寝て過ごしてぇ

テーマ:西洋料理 - ジャンル:グルメ

クイーンズ伊勢丹横浜店、新嘉坡鶏飯のペーパーチキンライス
r_DSCF2845.jpg

早上がりのあと横浜で買い物をした帰りがけに
どうにもハラが減って、ウチに着くまでもたない
今すぐ食べたい!という気分になったので
久し振りにシンガポールチキンライスを頂くことにしました。

クイーンズ伊勢丹のフードコートにあるお店です。
家族連れ向けというよりは
ティーンやOLくらいのお客の暇つぶし場所になってるようなトコなんで
正直所在なさげなんですが

でもとっとと食ってしまいたいんだ!
今鶏飯食いたいんだ!
廻りの客はみんな置物だと思え!

ということで注文。

r_DSCF2847.jpg

あとは例のバイブ機能付きポケベルを受け取って待つのみ
スタンダードな茹でタイプでなく
ペーパーチキンを頼みました。

パクチーに春雨サラダに
スイートチリソース、ニンニク油、黒醤油ダレ
鶏ダシで炊いたジャスミンライス、と定番の内容が一通りそろってます。

r_DSCF2848.jpg

上モノではないですが
フードコートでファーストフード感覚で頂けるモノにしちゃ
十分な内容です。

ラゾーナに前あったのは正直あんまし…な出来だったからなぁ。

r_DSCF2849.jpg

紙の中にはネギ油とともに旨味の凝縮されたチキンが入っておりますよ。
貯まった油に肉を浸し
更にレンゲに油をとってご飯と頂く!

んまい!
バーガーでお茶を濁すよりはずっと満足度高し!

油が流れるのが勿体ないから
レンゲで薬味をすくってチキンと口に運ぶ。
ニンニク油が美味いな~。

r_DSCF2844b.jpg

そんな感じでささっと頂いて
そそくさと引き上げます。

ご馳走様でした。
これでウチ帰るまで持たせられます。

公式ページ
参考ページ

テーマ:フードコート - ジャンル:グルメ

初音町、和泉屋のさばの味噌煮定食
r_DSCF2936.jpg

和食の憩いのお店、和泉屋
魚が食べたくなる時は寄らせてもらってます。

無性に特別でないオーディナリーなモンが食べたい
という気分にマッチしたのはさばの味噌煮

r_DSCF2937.jpg

これですよこれ!という感じの和食膳とした佇まいが
なんとも心を和らげてくれる感じです。

手を併せていただきます、と言いたくなっちゃうような

細かい手の入ったサラダも
なめこと揚げとネギの味噌汁も
お新香も
顔がほころんでしまう安心の出来

いつもエスニック系のピーキーなご飯を楽しんで食べてますが
やっぱりこういうのもイイ!

r_DSCF2938.jpg

鯖の味噌煮も普通の…、と
甘めの味噌ですが
少し不思議な味わい

麹の具合なのか
酒粕のような甘みとスッとした感じがします

思ってたのと違うけど、これも美味しいな!

r_DSCF2939.jpg

ああ、西洋料理と違ってバゲットがないから
味噌を拭って食べるわけに……

いや、お新香と卵焼きを使って拭おう
余すの勿体ない美味しさだもの!

リーマンのお昼だもの
作法とかどうとかより
折角の旨味を味わい尽くしたい!

参考ページ

テーマ:魚料理 - ジャンル:グルメ

高根町、お好み焼きカフェ叶の和牛玉
r_DSCF2944.jpg

ついこないだまで夏場は鉄板の前に座ってるのは暑くて辛いと言ってたのに
いつのまにもう寒くなってます。
秋は台風でなくなっちゃったような今年

寒くなるとなおさらお好み焼きは美味しいです
出来立てをたべて体の内側から温めるべし!

r_DSCF2941.jpg

今回は和牛玉と豪勢にいきました

寒いから鉄板に手かざしたくなるなぁ
ママさんとお喋りしつつ、お手並み楽しみつつ出来上がるのを待つのも楽し

r_DSCF2942.jpg

名称偽装じゃないですよー、と牛肉を惜しげもなく鉄板にジュッ
大きめのロースが大量に油を出すので油ひく必要がありません。

牛の焼ける臭いはやっぱ豚とぜんぜん違うな~と実感します。

r_DSCF2945.jpg

どどーんと出来上がり!
肉が全面に渡って美味そうです

肉の脂はそばよりうどんが合いますね。
あぶらを受け止めるぶっとい小麦の束がよい

昨今牛は焼き過ぎずやわらかさを楽しむのが当たり前となっていますが
逆行するかのようなカリカリの牛が逆に新鮮です。

まぁ、ハンバーグは外カリカリ中ふんわりだから
むしろそちらに近いかも?

r_DSCF2947.jpg

豚の油っ気もいいけど
牛も美味しいなぁ

お好み焼きという庶民食に牛というのも、アリですね!
全体余すところなく肉と絡めて頂けるボリュームなのも素敵

アツアツをはふはふ言いながら食べて
暖房がいらないくらいぽかぽかの体になりました。

参考ページ

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

若葉町、ヨコハマ アジアンダイニング&バーのチョウメンほか
r_DSCF2931.jpg

宵越しの銭は持たねえ的な
稼いだ金を食に回してストレス発散をまたもや
でネパール料理を頂きましょうの目論見です

帰りの時間も考えるとエミネパールは微妙に遠いいので
使い勝手のいいこちらのお店となります

r_DSCF2926.jpg

まずはジンジャエールで一服
お酒という気分でもないので
この飲み物の存在自体が有難いです

r_DSCF2928.jpg

前菜代わりにアルーマッシュルーム
じゃがいもとマッシュルーム炒めです

カレースパイス的な味付けでさっと炒めた
辛さはさほどでもない食べやすい一品

個人的にはも一つアクセント欲しいかな

r_DSCF2929.jpg

今日はコイツを食べに来た!
マトンセクワ、

インドのタンドリー的なスパイスヨーグルトに漬け込んだ肉を
タンドールではなく直火焼きしたものです

r_DSCF2930.jpg

焼けたヨーグルトスパイスが揚げ物の衣の様に肉を覆っています。
ちょびっと焼けすぎでカリンカリンに焦げた部分もありますが
そのワイルドさも含めてたまらんです

羊はやっぱしジューシーでうめーなー

やっぱり酒にしとくべきだったかとちょっと後悔。

r_DSCF2932_20131115202322e9c.jpg

〆にチョウメン
ネパールの代表料理にもなってますが
読んで字の如く、中国の炒麺、やきそばがベースになっているわけです。

肉と野菜と均等に絡まってゴワゴワしてる感じのルックスが面白いね。

r_DSCF2933_201311152023246cd.jpg

平たく言えばケチャップ焼きそばです。

麺はあんまし上等なものではありません
お祭り屋台の焼きそばのようなチープな麺で
更にケチャップの味メインというチープさ全開の取り合わせだというのに

カレー的スパイスの味染みたたんまりの野菜と
タンドリーチキンも結構入ってて
これが妙に美味しいんですよ!

屋台は屋台でもネパールの屋台の味!
うまいわー!

ワイポイント欲しければテーブル備え付けのチリパウダーを追加してもよし
そして例の茶色っぽい調味料はヒマラヤの岩塩だそうで
ミルで挽いて味と色添えるのもよさげ

r_DSCF2934.jpg

ラッシーいただいちゃいました
ヨーグルトと甘みがからだに染みます
ほうっ、と心地よいため息が漏れる。

公式フェイスブック
参考ページ

インド・ネパール料理のお店というと
セットのカレーオンリーみたいな使い方をする人が大半だと思いますが
こういうアラカルトもまた楽しく美味しいものですよ、と啓蒙したいのでありますよ。

現状のチェーンでないのにチェーン店的な
取り換えのきく存在として定着してしまうのは勿体ないです

それぞれの店がそれぞれの味と特色を活かして発展してくれると
もっと楽しくなるんじゃないかなと、そう考えておりますので。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

日ノ出町、牛國屋の白麺と角飯三点盛り
r_DSCF2808.jpg

また夜遅くのメシ。
春先以来の訪問になる牛國屋で
牛テール入りのラーメンを頂いてみようと思って伺ったのですが
夜だけど券売機のテール入りに×がついてる…。

ありゃりゃ、でも中に入って出てくのもナンなので
今日は白麺を頂いてみましょう。

r_DSCF2807.jpg

そしてついでに角飯三点盛りも頼んでみました。
柚子乗せの蒸し鶏と牛肉2種。
肉の違いは脂の量くらいしかかわらないかな。

味はまぁ見たまんまです。
どのみちラーメンにも入ってるのであんましおトク感はないかな。
晩酌のお供向けのメニューっぽい。

r_DSCF2809.jpg

牛骨ダシの白濁スープの白ラーメン。
焼肉屋から独立ならではの
コムタンスープのような優しい味で
するすると口に入ります。

r_DSCF2812.jpg

薄切り牛肉と長ネギで軽い脂と清涼感が加わって美味しいです。
ちぢれ麺がまた馴染みます。

r_DSCF2813.jpg

薬味がたくさん用意されてますが
ちょっと変わり種なのがこのタン醤。

牛タンと漬け込んだコチュジャン的なペースト。
普通のコチュジャンとは別に用意されてるのですが
これがまた美味しいんだ。

さっきのメシにつけて食べるのも美味しいし
当然ラーメンに入れると紅ラーメンになります。

辛いの一択なら紅ラーメンを頼むのがいいと思いますが
白なら白湯と紅の2種類が楽しめるから

まずは白を食べてあとでこれを足すのがいいんじゃないかと思ったり。

参考ページ

テール…次は扱ってるタイミングで来られるといいなぁ。

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長者町、京味居のピーマンと羊肉の炒め
r_DSCF2823.jpg

※現在ランチ営業はしておりません。

羊を食べにまた京味居へ!
たまに開いてなかったりするので
休みなしといいつつ不定休だったりするあたりはまだ前のまんま。
翌日はちゃんと開いてました。

r_DSCF2821.jpg

また微妙にランチの内容が変わってたりして
あーーー!カレーがなくなってるっっっっ!!!
しもうたぁ、まだあるうちに注文しとくんだった!!

r_DSCF2822.jpg

ちなみにウラは定食でこんな感じ。
羊モツの定食なんてあるのか。
いいな。

r_DSCF2824.jpg

今回はピーマンと羊肉の炒めを頼みました。
ほぼ内訳は変わらずですが
やはり明らかに野菜炒めより肉の量が多いッ!

やっぱりこちらを頼むのが正解な気がする。

小鉢はザーサイ。
スープは、今回は羊でダシとってないっぽい。
あっさりめの中華スープ。

r_DSCF2826.jpg

表通りのガラス張りの明るい店っていうのは
写真も明るく撮れるから
こういう時見栄えがいいなぁ。
ピーマンとニンジンの鮮やかさが引き立ちます。

r_DSCF2827.jpg

ごくごく普通の醤油系の中華炒め。
だけどやわらかな羊肉だから美味しくて美味しくてもうたまりません。

ただ、前に夜一品モノで注文した時とは明らかに違う料理ですな

ランチの手軽さは有難いけど
やはりここの真価は夜でないとな。

多分昼と夜で料理人が違うんだと思います。
また宴会して壁メニューを食べたいものです。

参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

馬車道(弁天通)、チャコールグリル・グリーンのベイクドマカロニ&チーズほか
r_DSCF2781.jpg

微妙に遅い休出の帰り。
晩飯をどうしようかつらつら歩いてるうちに関内を通り過ぎました。

ランチで美味しいバーガーやグリルを頂いてるグリーン
いいチャンスだから夜行ってみようか!

r_DSCF2776.jpg

夜は基本的にバーレストランなんで
飲みライフに慣れてない身としては
どんな風に頼んだらいいのか
作法的なモンがぜんぜんわからないので
ちょっとおっかなびっくりです。

ハラは膨らませたいけど
夜のお店はそれなりに値が張るし。

ハートランドをウィスキーのごとくちびちび飲みつつ
考える…考える…

r_DSCF2777.jpg

メニューに顔を埋めるようにして悩みまくるのは
あんま粋じゃないのはわかっちゃいるんだけど熟考する。

して、取りあえずはビールのアテに
炭火焼ケイジャン枝豆なんて頼んでみる。

枝豆をケイジャンスパイス味で頂くなんて
面白いこと考えたもんですよね。

ピリ辛の味がうまいわ~。
みっともなくても皮をちゅーっと吸うようにして豆を口の中で取り出す。
皮についてる美味しいスパイスは捨てるには勿体ないんだもの。

r_DSCF2778.jpg

本日のメニューからチポトレポーク&オニオンの炭火焼ケバブ
チポトレは燻製にした唐辛子のメキシコの香辛料です。
普通の唐辛子よりも風味が増すのです。

サルサの風味とケイジャンのスパイシーさと酸味が合わさったような
美味しい味つけです。

直火で焼いた豚がまた柔らかくて美味いんですよ。

r_DSCF2779.jpg

うーん、たまらんなぁ、この味。
肉質も、豚なんだけど鶏肉にも似たきめ細かさとむっちり加減。
両手に持てるだけの串を挟んで引き抜くように食ってみたい!
つってもそこまでのお大尽はできんわなぁ。

しかしこのあとどうするか…
穀物で〆たいところだけど
気の赴くまま食ってたら数日分の食費が飛ぶ。

一瞬ラーメン屋にハシゴすることも考えたけど
2品で引き上げるのもなんか、悔しい。

穀物…パスタとピザとブリトーあたり
パッタイがあるみたいだけど、海老のグリルとセットという豪華版

うーん…このお店ならアメリカらしい料理で〆たいなぁ。
穀物類でそんなんあったかな……?

って、あった!

r_DSCF2782.jpg

ベイクドマカロニ&チーズ!
これならいかにもアメリカらしい!
よしそれだ!

しかし正直マカロニ&チーズに1000円近い金払うのはどうかと思う。
バーでの〆にって、本来朝食だぜコレ?

r_DSCF2783.jpg

でもさ、これがえらいウマいんだわ。
カリカリむっちり焼かれたマカロニに
チェダーチーズの風味豊かな味
美味すぎる!

生まれてこの方こんな美味しいマカロニーズ食べたの初めてだわ
本来チープな料理なだけに驚異的!

タバスコ用意してくれたけど
タバスコの味にしちゃうの勿体ないわ!

とろーりとろりのチーズの味が美味いんだもの。

材料、マカロニ、チーズ、以上!なんて…
くっそ、こんな原価安い料理がなんで美味いんだ!
ズル過ぎる!

公式ページ
参考ページ

1人でこーゆー店入ると高くつくなぁ。
美味しかったんだが悔しい気持ちもあったり。

夜の飲み歩きの習慣がぜんぜんないんで
ぜんぜん配分とかわかりませんもの。

まだしばらくはランチでの利用がお似合いですかね、あたしにとっちゃ。

テーマ:多国籍料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、タートバンの牛肉のうす切りステーキ
r_DSCF2979.jpg

本来お休みなんだから
昼休みのベルが鳴る前にフライングしても
誰も文句言うまい、と5分ほど早めにお昼

今日こそはじゃのめやに……って
12時開店なのに12時既に満席で中に行列ってどういうことデスかー!!

ボクには、まだタートバンがある
こんなに嬉しいことはない

というわけで向かってみると
牛への欲求を晴らしてくれるかのように
牛肉のうす切りステーキなんてメニューがあったので迷わず選択

r_DSCF2973.jpg

オードブルはピクルス
生ハム
スパニッシュオムレツ
スモークサーモン

うむ、本日も素敵!

r_DSCF2975.jpg

ハムはオリーブの実を巻いてました
元々ハム自体塩漬け肉であることを思い出させる味

ワイン…欲しいな

r_DSCF2976.jpg

スープは
肉を抜いたポトフ的な
具の多めなコンソメ

野菜の旨味がしっかり出ております。

r_DSCF2978.jpg

サラダもちょっとクセのありめな野菜でまとめたもの
こういう、野菜って土から収穫したモンなんだなぁ、って感じられる味好きだなぁ

r_DSCF2983.jpg

薄切りと言えど結構大き目のビーフステーキでござんす!
脂のやわらかめな部分と肉との比率が個人的に好みのバランス!

そしてね、なんか肉汁のソースがえらい美味いんですけど!!

r_DSCF2981.jpg

しもうたー!
バゲット半分食べなきゃよかった!
全部残しておけばよかったー!!!

脂のギトりを適度に抑えつつも旨味がたっぷりしたたぷたぷソースがうまい
肉だけじゃないな、肉と野菜の自家製ブイヨンをさらに牛の油で溶いたような
そんな感じの味

マジでこのソースでご飯三杯はイケるよ!

茹でたカブとニンジンとフライドポテトも
しっかり漬けて食べるのがまた美味しい

と、主役から脇にそれたけど
牛肉もしっかり美味し

肉!ああ肉!
自分の中の心残りを供養して余りある肉!
ねんごろに弔ってしんぜよう

r_DSCF2984.jpg

ここのところマーマレードづいてます
デザートはクレープ

コーヒーお供に余裕の余韻を味わえます

r_DSCF2987.jpg

寒くなってきたのでバニラアイスはベンチ入りして
カスタードとリンゴのコンポートと餡子の冒険打線

ここにマーマレードを加えての布陣ながらも
美味しく頂けてしまうのがまた不思議。

公式ページ
参考ページ

土日祝日のみの楽しみだけど
本日もプレミアムなランチを楽しめました。

余談ですが本日のBGMはヒューイ・ルイス&ザ・ニュース

ハンサムでもなし
若さも感じぬオッサンっぽいルックスですが
額にクシャリとシワを寄せてしわがれ声で熱唱するヒューイは
なんともいえず愛嬌に溢れていて

典型的なアメリカ西海岸のポジティブな労働者階級ロックを奏で
好きなバンドの一つでありました
ついつい歌いだしたくなっちゃったよ!



Sports! (30th Anniversary Edition)Sports! (30th Anniversary Edition)
(2013/05/13)
Huey Lewis & The News

商品詳細を見る

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

2013年 金刀比羅大鷲神社酉の市 二の酉
01r_DSCF2962.jpg

お酉さま、二の酉をちょっと駆け足で覗いてきました。

02r_DSCF2948.jpg

昼なので福美はまだ空いてます。
12時半過ぎるともう人だかり出来てました。

03r_DSCF2950.jpg

栃木屋

04r_DSCF2951.jpg

灘屋
今年はシロモツやスペアリブないのかー

05r_DSCF2952.jpg

北海道物産展でお馴染みだけどじゃが豚
スープがうまいっす

06r_DSCF2953.jpg

黒潮

07r_DSCF2954.jpg

つぶ貝の聖闘士

08_DSCF2958.jpg

正直屋

09r_DSCF2957.jpg

売り切れから一周して戻ってきたら丁度あった!
フグの唐揚げサイコー!

10r_DSCF2961.jpg

ソムタム食材店

11r_DSCF2964.jpg

毎年欠かせない辛いソーセージ
頼むとちぎりキャベツつけてくれます

12r_DSCF2965.jpg

銭爺は今年もいろいろ惣菜満載。
小魚の黒豆炒めがなかったのが残念。

13r_DSCF2967.jpg

お初の肉団子
軟骨入りコリコリでつくねっぽい
おいしいですわー

14r_DSCF2970.jpg

穀物欲しかったので焼きビーフンも
汁たっぷり浸かってるので入れ物舐めたくなるくらい美味しい。
けど傾けるとこぼれるので注意!

15r_DSCF2969.jpg

外の写真撮り損ね
延明は福美に負けじとトックぶつけてきました!
キムチ以上にザーサイが合うな~

中で食べられるのが強みです。

しかしモチの量が多すぎてハラに溜まります。
福美の倍は入ってるかも?

16r_DSCF2960.jpg

夜行く時間がとれなかったので二の酉はこんな感じで駆け足でした。
昼は酉の市には珍しく雨も降ってたので、屋台方面はぜんぜん回らず仕舞い。

三の酉には夜ソムタム本店行けるといいなぁ…。

連日残業で長々書く気力ないので
今回はちょっとこんな手抜きで失礼します。

そのうち時間がある時書き足すかなぁ?

テーマ:★祭★ - ジャンル:グルメ

黄金町(伊勢佐木町)、どんや宝のマグロユッケ丼
r_DSCF2611.jpg

どんや宝、この店も久しく訪れてませんでした。
曙町店の方が落ち着いた感じで魚のバリエーションも多いし
そっちばかり贔屓にしてたので。

こっちの方が近いけど結構昼お客さん多めで入れそうになかったりで
その辺も足が遠のいていた理由です。

夜遅くなるのがわかっているので
メシ食えなくなる時間になる前に腹ごしらえ、と

平日8時頃だけどえらい混んでました。

どんぶり飯屋とゆーよりノリは居酒屋だな。
わいわいガヤガヤで注文するにも声が通りにくい。

マグロユッケ丼を頼みました。

しかしカウンターの後ろのボトルキープの本数が尋常じゃない!

今はヒゲの店長さんの代わりに店のカラーを作っているのは
おかみと呼ぶにはまだちょっとだけ早いだろうに貫録十分のおねーさん。
このヒト目当てに居ついてる常連客が多いような様子です。

r_DSCF2612.jpg

さてさて丼来ました。
味噌汁がアラ汁じゃなくなって
小鉢がガリだけになってるのは残念ですが

まぁ、お通しが有料になってるそうなので
(その分内容が選べるらしい)
ランチと違ってつかないんでしょう。

r_DSCF2614.jpg

うずらの黄身ののったマグロユッケは
完全に韓国方面の味つけ。
濃い目のコチュジャンの味で頂くタイプです。

r_DSCF2613.jpg

あたしゃユッケが食えなくても
マグロユッケで十分なヒトです。

刺身醤油でいただくマグロも美味しいけど
辛めのコチュジャンダレでいただくマグロもまた美味しいのです。

千切りキュウリとダイコン、レタスにもあう万能ダレですね。

わしわしとメシ食って、残りの仕事をなんとか片付けてしまおう。

r_DSCF2610.jpg

公式ページ
参考ページ

あーピンぼけしちゃったい。

飲み屋らしい飲み屋が意外に少ない黄金町界隈
こういうお店が代わりを請け負ってるかたちになってるんですね。

テーマ:海鮮丼 - ジャンル:グルメ

長者町、フラテッロの"スパゲッティ"タコのラグーとあやめ雪カブのアラビアータ
r_DSCF2899.jpg

※石川町に移転。現在はランチ営業をしておりません。

味も内容も好みにドストライクなフラテッロ
今週もまた訪れてしまうのでした。

"スパゲッティ"タコのラグーとあやめ雪カブのアラビアータ
"スパゲッティ"和牛スネ肉と甘長唐辛子のボロネーゼと

ラグーでアラビアータって2重なのがちょっと気になって
前者選択。
カブも使ってあるあたりが美味しそう。

r_DSCF2895.jpg

パニーニはトマトとオニオンのピザ風
ほのかな温かさで香草が香しいです
もう一つはアボカドディップ
こちらも美味しい。

r_DSCF2897.jpg

サラダは豚肩ロースのポルケッタとジャガイモのマリネ。

ポルケッタっていうのはイタリア風焼き豚って解釈になるんですが
脂の具合となめらかな感じがハムのようでもあり
でも薄切り豚肉のようでもあり
なんともいえず美味しいです。

ここではマッシュポテト入りのサラダはよく出るのですが
マリネから出る油が追加ドレッシング的に味をサラダに添えて
薄切り大根がそれを受け止めつつ清涼感を醸し出す鍔迫り合いな内容。

r_DSCF2898.jpg

刻んだタコの赤いラグーソースはお馴染みだけど
煮込んで柔らかくなったカブがまた新たな味と彩りを添えます。

ピリッとしたアラビーアータの辛さに塩も強めに出るけど
カブの甘さがいい感じにバランスを整えてくれます。

r_DSCF2900.jpg

カブのシャッキリと煮込まれ柔らかの中間の食感がまたいい感じです。

甘みもあるけど独特の辛みもあるカブ
旨味のまろやかラグーとキュッとした食感のタコ
ピリ辛のアラビータ

クセのある三者三様をうまく纏めたこの料理は
正に味の三国志やーー………うん、ハズした…

疲れてて思考がマトモに働かんのですよ。
いつもだけど…。

そんなわけで今回もおいしゅうございました。

公式ページ
参考ページ

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

大口通1番街、味かね食堂のステーキ丼
r_DSCF2796.jpg

※閉店しました。後釜はエベレストキッチンです。

帰宅遅め続きなので夜遅くまでの営業で重宝しています味かね食堂

晩飯食いそびれての仕事続きで
10時過ぎだというのにガッツリ肉が食いたい気分になって
ステーキ丼なんて頼んでしまいました。

1000円オーバーなお値段だけど、残業代で多少はフトコロ暖かめになるハズだから
と、宵越しの金は持たねえ江戸っ子気分で注文。

r_DSCF2794.jpg

丼の端から肉がはみ出る盛りです
しかも思ってたよりは肉よさげ
よーし、こんな時間で胃にはよくないけど食うぞー!!

r_DSCF2797.jpg

赤身もありながらわりと均質に焼けていて
焼き上がり方そのものはわりと上品。

濃い目の焼肉ソースどぼとぼにしなくても大丈夫な
まぁそこそこのお肉なので
肉をガツガツ食うという欲求は満たされます。

ああ、活力が戻ってくる。

r_DSCF2795.jpg

んだけど、味付け自体はかなりあからさまなニンニクバター醤油味。
特にバターが結構前のめり。

ほうれん草のバター炒め並みのバター味。
肉以上に口の中こってりこってり。

ああ、この全てが贅肉になるんだなぁ。
でも食う。

丼メシだというのに肉が多くてご飯が足りなくなる。
これ肉ダブルで頼んだらどんなことになるんだろう?

基本的にフランチャイズ全体としては
質よりガッツリを楽しむ系のコンセプトっぽいです。
でも一般的な大衆食堂系よりちょっぴり高い。
でも内容考えれば高いというわけでもない。

そんな微妙な立ち位置のお店。
ガッツリ系ってブロックバスターであることを望まれるからね。

だけど早めに閉まってしまうお店の多い大口通周辺では
深夜まで定食が頂けるお店は貴重なので
今後も利用価値は結構あると思います。

ちなみに他店舗の食べログとか見る限りだと
なべて著しく評価低めだけど
ここはそんなにまでは悪くない…と思う。

公式ページ

公式ツイートに一応発言はあるんですね。
HPでは六角橋も含め未だというのに。

テーマ: - ジャンル:グルメ

曙町、聚香園の蒸し鶏の四川風胡麻唐辛子ソース掛け
r_DSCF2629.jpg

若葉町にあったお店にはもう10年くらいお世話になってたかと思う。
でも本店が閉店して、支店だった曙町店に併合されてからは
実は初めて訪れた気がする。

いろいろ寄りたい店があったからご無沙汰しちゃったな。

10年も通うと
親が仕事してる間に手持無沙汰にしていた坊やが学生になり
そしていつしか厨房に入るようになったのまで見続けてたりするんだよなぁ。
うーん、なんかジジイになった気分だぞ?

r_DSCF2630.jpg

久方ぶりに来て目当てにしたのは
このお店の名物料理の一つだと個人的に思ってる
蒸し鶏の四川風胡麻唐辛子ソース掛けです。

この料理がランチに登場した当初は蒸し鶏の怪味ソース掛け、なんて名前でありました。

怪しい味?と警戒するかもしれませんが
怪味とはグァイ・ウェイと呼ばれるれっきとした四川の調理方法の一つです。

みじん切りした長ネギ、ニンニク、豆板醤、芝麻醤、花椒、辣油を使ったもので
この場合の怪とは、複雑な、の意味になります。

r_DSCF2631.jpg

このとろりとしてなおかつ挽いた山椒のシャリシャリする辛いソースが
ほんに蒸し鶏によくあって美味いんだこれが!

このお店でいちばんよく食べてる料理ですね、これ。
何度食べたか数えきれないほど
このお店で今まで食べた料理の半分以上はコレだと思う。

余所でこれ出してるお店もないし。

r_DSCF2633.jpg

口の中でピリピリシャリシャリ
たまらんわー。

下に敷いてあるキュゥリにも合うんですわこのソース。

r_DSCF2635.jpg

本店売却したお金で内装外装綺麗にしたのかな?
併合前はこんな柱なかったよね。

場所がいいせいかお昼のピークは結構混んでたりします。
でもコイツはついつい食べたくなっちゃう味なんだよなぁ。

参考ページ

町中で福建料理が食べられる貴重な店でもあります。
またランチでも福建出してくれないかな?

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

若葉町、ヨコハマ アジア ダイニング&バーのマトンカレー
r_DSCF2646.jpg

ガパオライスチョエラ
微妙にインドから外れた方面の注文から入ったヨコハマ アジア ダイニング&バー
3度目にしてようやくまっとうなインドカレーを食べにやってきました。
個人的にこういう時の定番はまずマトンと決めています。

r_DSCF2645b.jpg

サラダはいつもの通り
ここのちょい甘めなドレッシングもわりとお気に入り。

r_DSCF2647.jpg

昨今のインド・ネパール系の御多聞にもれずでっかいナンです。
けど、かなり均質に綺麗に焼いてきますね。

余所の店だともっとまばらに焦げ目がついてたり
油塗り過ぎでてかてかになってたりするんだけど
もちもちふっこふこで美味しいナンです。

雑な焼き方のもそれはそれで美味しいんだけど
コイツも美味しい。

r_DSCF2648.jpg

カレーの方も余所の店と同じくのクリーミーな仕上がり
だけどちょこちょこホールスパイスが沈んでいて
程よい刺激がピリピリと

r_DSCF2649.jpg

マトンもそれなりにたっぷりと
辛口で頼んだのでまあまあずん、とくるんですが
そこらへんがまた好きなんだなぁ。

r_DSCF2651.jpg

ホットチャイ
前に頼んだサービスドリンクのわりに濃い目のラッシー同様
しっかりスパイスの効いたチャイであたたまります。

地味にしっかりめのお味のお料理ですが
沢山のインド・ネパール系とはさほど大きくの差はありません。

やはり、このテのお店は突出した分野の料理を頂くのがいいんじゃないかと思います。
タイやベトナム、そしてやっぱり一番はネパールかなぁ。

ランチにもネパール料理出してくれると非常に嬉しいんだけど。
世間一般的に受け入れられるかどうかは…悩ましいところ。

相変わらずの丁寧な接客で送り出してくれるのが気持ちいいです。
また夜来たいな。

早くも顔覚えられちゃったのは痛し痒しだけど。

公式フェイスブック
参考ページ

ところでこのお店はランチにタンドリーチキンやシークカバブのついたセットはないんですね。
2種カレーの種類も限定されています。

でもメニューの裏にランチ時単品注文用の記述があるから
次昼来たらなんかつけてみるかな。


結局気になってたクラシックカーミーティングもポルシェミーティングも行けず仕舞
しょんぼり

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

黄金町(末吉町)、華星のサーチャジャン炒飯と揚げナスとニンニクの芽の炒め
r_DSCF2639.jpg

毎日更新が数少ない売りのひとつだというのに
とーとー破ってしまいました。
まー忙しくて帰宅が3時だったんで我慢できず即寝しちゃっただけなんですけどね。
何事もなかったかのように以下本文。
……

改装されてからずっと訪れてませんでした華星。
何故って、定番中華でない日替わりの壁メニューがなくなってしまったから

ところが店頭を通りがけにひょいと眺めてみたら

r_DSCF2627.jpg

サーチャジャン炒飯ですと?!

沙茶醤好きとしてはこりゃ外せない料理じゃあーりませんか!

何気に鶏肉と栗の炒めとか
ジャガイモと長ネギの炒めとか

上海より東北方面の
前の壁メニュー以上に微妙にマニアックなメニューが魅力的に写ります。

秋の味覚、イエスだね!

つうことで入店。
一段高くなっているフロアへ。

r_DSCF2636.jpg

帰宅遅め続きで野菜が不足しているので
揚げナスとニンニクの芽の炒めも頼みました。

お、美味い!
火加減上々

皮に堅さをちょっぴり残しつつもとろけるナスに
独特のちょい辛めのニンニクと醤がすごく合っていて美味い!

もしかして料理人変わった?
前よりいい腕になったじゃん。

店番のおねーさんは前のままなんだけどね。

r_DSCF2640.jpg

さて、微妙に混んでたのでちょっと待ちましたが
炒飯到着です。

沙茶醤は蝦醤や五香粉などをピーナッツ油で炒めた調味料で
マレーシアから中国へ伝来した調味料と言われています。

バーベキューソースという呼び方をされることもありますが
インドネシアのサテソースから派生したもんなんじゃないかと思ってます。

中国を通り越して台湾でわりと人気。

r_DSCF2643.jpg

あれれ?あんまし黄色くないな?

沙茶醤はお店やメーカーによって結構味の差のバラつきがあります。
カレーが店や国によってぜんぜん味が違うように。

基本的には干蝦のダシで作ったスパイシーカレー的な味が好きだったんですが
ここのはスパイシーさはまったくありません。
味つけの部分の五香粉自体が定義の幅が広いからね。

が下味の部分、ピーナッツベースの油や干し蝦っぽい香りは感じられます。

r_DSCF2642.jpg

その辺の油のおかげもあるんでしょうが
この炒飯、ウマいです!

油加減がよいのぅ。
しめじもたっぷりで、大衆中華の炒飯とは一線を隔しています。

ホントに美味しくなったかもしれん、この店。

もしかしたら前から引き続いているメニューは
味、元のまんまかもしれませんが

もーちょい味わって見極めてみる必要があるかもしれぬ。

参考ページ

とりあえずは秋の味、制覇だな!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

長者町、フラテッロの"スパゲッティ"豚ばら肉のフレッシュトマト煮込みとレンコン
r_DSCF2792.jpg

※石川町に移転。現在はランチ営業をしておりません。

週あけてまたフラテッロでのランチ

"スパゲッティ"サクラエビとカラスミ、春菊
もしくは
"スパゲッティ"豚ばら肉のフレッシュトマト煮込みとレンコン
と、またも悩ましい選択肢。

毎週通い続けて大分定番のパターンは味わって来たけど
食材との組み合わせでまだまだ無限大な感じ。

サクラエビはお初
豚バラは定番だけど、レンコン…かぁ。

こないだゴボウを逃したから
ここで和菜を味わっておくのも悪くないな

r_DSCF2786.jpg

サラダは本日のお刺身と海藻
多分ブリ?
ウドのような切り方のダイコンとカブのさわやか加減が
ワカメと刺身に合ってますね。

r_DSCF2788.jpg

パニーニはトマトとタンドリーチキン
そして生ハムとチーズとルッコラ

今回のタンドリーチキンはスパイスヨーグルトによく漬かってて
パニーニと一緒でも主張強くてうまし

r_DSCF2790_2013110519135431c.jpg

粉雪の如く舞うチーズにさらにレンコンの白さ。
こんな感じになるのかぁ。

さすがにイタリアじゃレンコンは食べないと思うから
ここのオリジナルレシピなんですが

トマトと煮込まれたたんまりの細切れ豚バラの甘み
みじん切りにしてよく溶けたタマネギの甘さ
そしてチーズの風味が意外や意外、レンコンとも合います。

r_DSCF2791.jpg

粘り少なくシャッキリしたレンコンは豚バラと一緒に食べると
中華のハンバーグに使われるシャッキリのクワイにも似た印象です。

シャキッ、シャッキッと噛み砕く食感が
和でない味の中でも活きてくるんですね。

まぁ、炒め物にしても美味しいから
油モノの味とでも馴染むんだなぁ。

本日はちょいお客多めだったのでデザートは頼まず
パスタ食って撤収。
ちょっと残念。

だけど本日もおいしゅうございました。

公式ページ
参考ページ

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

福富町仲通、キャンドゥのコロシュテ・ゴルメ・サブジ
r_DSCF2523.jpg

※閉店しました。

またも夜ちょい遅めな日だったので
日ノ出町方面までつらつら歩きながら何処で晩メシ食うか思案

久々にペルシャ料理にしようかな、と福富町仲通の怪しげなお店キャンドゥへ
風俗営業等の店がひしめく細道なので
まっとうなお客がお店を目当てにやってくることは稀な立地なのです。

大体客層は近所のお店のオーナーっぽい人だったり
既に隠居済みっぽい方だったり

前来てから9カ月ぶりかぁ。
迎え入れてくれたオーナー兼料理人が前と同じ人だったかどうか
記憶が怪しい。

r_DSCF2522.jpg

壁掛けの液晶にはイランのテレビドラマが流れています。
前来た時はルノワールの絵なんか飾ってあったっけ?

トルコ・ペルシャ料理のお店ですが
料理人はイラン人なんですね。

r_DSCF2520.jpg

この界隈のトルコ・ペルシャ系の料理のお店って
何故かピザ出してるんですよね
トルコ風ピザのピデでなく。

ピロシキはロシア料理だし
でもこれ揚げてるんでなく焼いてるっぽいな。

ルーマニア・ロールキャベツって
ザワークラウトっぽいキャベツで巻いたやつだっけな?

なんか国籍不明だな。

r_DSCF2521.jpg

ここは水頼んでもペットボトルだったから
ハナっから酒にした方が吉だったな。

生ビールは…よく注文されるお店でないと
ビールサーバーの衛生管理が行き届いてないことがあるって
友人の酒屋の主人が教えてくれたので
ビンにしよう。

というわけでコロナ。
コロナって瓶の口にレモンかライムの切り身刺すのが
公式にも推奨されてますよね。

まぁ、それで美味しかったりするんだけど。

ピクルス、サービスで頂きました。
ぽりぽり齧りながら料理を待ちます。

r_DSCF2528.jpg

他のお客さんが来たついででスープまで頂いちゃいました。
暖かくて嬉しいね。

r_DSCF2532.jpg

トマトとハーブの効いたうま味にエノキや大麦が入ってます。
メイン来る前にハラ膨れそう。

r_DSCF2524.jpg

今回頼んだのはコロシュテ・ゴルメ・サブジというハーブシチュー。
綴りはKhoroshte Ghorme Sabzi

コロシュテで検索しても該当語句一切ナシ
代わりにkhorosho、つまりロシア語のハラショーで再検索されています。
単純に綴りが間違ってるのか、イラン語なのかよくわかりません。

もう一度調べたら、khoreshteが正しいっぽい。
ペルシャの煮込み料理の総称だとか。

よかった、謎が解けた!

ゴルメ・サブジは普通にイランの家庭料理です。
牛肉と赤インゲン豆入りのハーブシチュー。

緑色の濁りはパセリ、ほうれん草とコリアンダーなどを
細かく挽いたものてみたいです。

r_DSCF2526.jpg

よく挽いた野菜がじっくり煮込まれているので
とろーりとろーりな優しい味。
HOTのマークがついてたけど、まったく辛くありません。

牛肉も豆もよく煮込まれていて
豆の量が多いせいか
ブラジル料理のフェイジョアータに感じが似てますね。

ちょっと酸っぱい具材が一つ入っていました。
梅干しっぽい酸っぱさ。
ジャックフルーツとかなのかな?

r_DSCF2533.jpg

それとちょっと気になってたんですが
食卓塩と並んで置いてあるこの調味料
一体何だろう?

匂い嗅いでもよくわからず。
手のひらに落とすもちょい固まっていて少量しか出ず。
塩以上に固い結晶で、味もよくわからず。

r_DSCF2534b.jpg

インディカ米のご飯にかけてみると
ゆかりっぽい。
実際食べてみると…やっぱりゆかりっぽい味がする!
何なんだろう?

調べてみたらスマークという
酸味のある果物を乾燥させたモノらしいです。

実際アラブやトルコ、イランでも肉やらご飯にかけて食すそうで
うーん、妙なところでシンクロニシティがあったもんだなぁ。

r_DSCF2530.jpg

食べてると、ごはんにまぜて食べると美味しいよ
イランではそうして食べる、というので
とりあえずかけてみる。

ほとんどカレーライス。
このあと混ぜてるんですが
それは見栄えあんましよくないので割愛します。

これがイランのおふくろの味なんですな。
なかなか食べる機会のない料理が頂けるのが
東京や横浜などの強みですね~。

安月給なので気軽にホイホイは寄れませんが
また残業したらその分
こういう珍しくて美味しいメシを頂きに来たいと思います。

参考ページ

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、タートバンのハマチのからあげフレッシュトマトソース
r_DSCF2772.jpg

土曜出勤の日
こういう日は美味しいお昼で気持ちリフレッシュするに限る、と
じゃのめやに言ったものの既に満員
続いてタートバンに向かったけどこちらも満員ギリギリ手前で
時間が足りなさそう…ということで諦め。

祝日月曜も出勤だったのでリベーンジ!!

じゃのめやは…祝日はあいてないのか…残念。

r_DSCF2763.jpg

タートバンは開いてた!
よっしゃ!いけいけー!

ここのお店の傾向からするとポトフの味はなんとなく想像つくので
ハマチのからあげの方にしましょう。

r_DSCF2765b.jpg

本日のオードブルはいつものピクルスに
ローストビーフとラタトゥユと
豆とソーセージのコンソメ煮

ラタトゥユがうめー!
ちょううめー!

油の感じが好みだなぁ。
長ネギもラタトゥユに合うんだなぁ。
とろんとした野菜が美味いし
汁自体もいいお味なので
今日はスプーンがついているので掬うっ!

ローストビーフも肉の美味さ以上に
ソースの味加減がいいなぁ。

煮込みの方は、元がコンソメとは思えないくらい煮つめられてシチューのようです。
だけど豆のうち大豆はわりと固ゆで。
このくらい堅めだとなんか節分な気分です。

あと枝豆と赤インゲン豆なんて取り合わせだけど
和風にはならない豆シチュー的な味で美味。

r_DSCF2766.jpg

コンソメは味が変わりました。
前はもっと調味がくっきり出た感じでしたが
今回はたぶん自家製ブイヨンの肉のダシを濃い目にとって
その分味を控えたんだと思います。

肉からとれた旨味のしっかりしたコンソメです。

r_DSCF2768.jpg

バゲット、今回もオリーブオイルにバルサミコ酢を垂らして浸すソースを作ってみる。

r_DSCF2769.jpg

オニオンリングがメガネのように置かれたメガネサラダ。
地野菜って特別なことしなくても美味しいな。

r_DSCF2771.jpg

ハマチをからあげにするって珍しいよね。
火を通した切り身はブリとほとんど見分けつきません。
まぁ、ブリで作るともっと大きい切り身になるんだけど。

添えてある温野菜も地味に美味しいんだよね。
どこぞの強豪ぞろいの土地製でなくても
高名な農家とかでなくても
地元の採ってから時間のたってない野菜っていうのはそれだけで美味しいんですよ。

r_DSCF2770.jpg

このお店の魚料理はまた調理加減がいいんですよね。
特に揚げ物の外は皮とあわせてパリパリなのに
中のしっとりホクッとしたやわらかめの食感。

口の中でとろける魚サイコー!

上を見ればもっと腕の凄いシェフはいるかもしれませんが
身近な場所で、お昼にひょいと行って来れて
リーズナブルにご飯が食べられるお店としちゃ破格の出来ですよ。

トマトソースも生から作ったものだけあって
トマトそのものの甘みがしっかり活きたお味。
完熟の濃縮された旨味とはまた趣きが違ってまた美味しい。

温野菜とパンで余すところなく味わい尽くしましょう。

和風なイメージのあるハマチですが
このソースですっかりフレンチ味。

けどブリも実はフランスでもちゃんと識別しているそうです。
向こうではセリヨルと呼ぶそうです。綴りはseriole。

但しヨーロッパでは養殖魚であるハマチは手に入りにくいのだとか。

サケや平目は安定需要があるので国内で養殖してるけど
ハマチはやってないので国外頼み。
だけど輸入するとEU仕様の検疫の問題があるので面倒なんだそうです。

閑話休題。

r_DSCF2774.jpg

本日のデザートは
バニラアイスとリンゴのコンポートのクレープ
チョコソースがけ。

このチョコにはほとんど甘みのないタイプ。
むしろ、塩入ってるんじゃね?みたいな

それがアイスとリンゴの甘みでいい塩梅になりました。

土曜の雪辱が晴らせました。
本日も美味しかった!

公式ページ
参考ページ

次々お客が来て、帰るころには満員になってました。
早めに昼にして正解だったんだなぁ。
まぁ、休出だから出来る芸当ですが。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

ヨコハマ・インターナショナル・スクール フードフェア2013
01r_DSCF2667.jpg

昨年も楽しませていただきました
YISことヨコハマ・インターナショナル・スクールのフードフェア。
今年もやってまいりました。

インターナショナルスクールの父兄OBによる開催だから
国際色豊かな食の催しで
各国の家庭料理、お菓子だけでなくスクールの雰囲気の味わえる
素敵なイベントなのです!
もう毎年楽しみでね!

何年か前までは石川町から息切らせながら坂を昇ってきたものですが
エレベーターが出来たおかげで大分楽になりました。

02r_DSCF2654.jpg

外人墓地の前辺りでなんか撮影が行われていましたが
素通りしていざ学園内へ!

03r_DSCF2655.jpg

入口側はニュージーランドとオーストラリアのブース
その脇にはタイがありましたが、まだ準備か終わってない様子。

今年は行列できていないっ!
なら去年断念したラムカトレットが即頂けるね!

04r_DSCF2657.jpg

ちょっと肉小さ目で
ヨーグルトディップがなくなっちゃったのが残念だけど
それでもやっぱり美味しい焼きたてラムチョップ。

05r_DSCF2659.jpg

9時半からの開催ということもあって
まだ10時そこそこだというに結構盛況です。

06r_DSCF2660.jpg

今年はマレーシアとインドネシアのブースが大幅に拡張。
料理もえらい種類が出てました。

インドネシアがナシゴレンにナシルンダンにアヤムゴレン、ミーゴレン
マレーシアがナシレマにミーカリ、カリパプ、ロティチャナイ

なんとも先日のアセアンフェスティバル顔負けのラインナップ。
レストランの出展でなくスクールに通う親御さんの手料理ですから!

迷う、迷う…何食うか。

07r_DSCF2661.jpg

取りあえずはまだ食べたことのないロティ・チャナイ。
元々インド系ムスリムというマレーシアでは少数な人種の料理だというのに
いつの間にか国民食になってしまったそうです。

ナンとパイの中間のような生地をカレーで頂くという料理。
チキンとベジタリアンの2種があったのでチキンを選択。

ココナッツ風味の食べやすいカレーに
パイ特有のさっくりもっちり感と油っ気があって美味しいんだ。
そして何気なく煮込んである野菜類がギザギザカットしてあったりと
細かい手が入っております。

スプーンなかったからロティを口に入れてスープを飲む如くカレー食べてたら
ロティをカレーにつけて食べるんだとオバちゃんに指導されました。

手べとべとになるけどうまいわー。

08r_DSCF2664.jpg

肉たっぷりのプルコギが人気の韓国ブース。
Bulgogiって綴りになるのか!
チジミもJijimi
半濁音にあんまし頓着ないんだなぁ。

食べたいけど
このあと川崎に向かうのでちょっと抑えないと…

09r_DSCF2666.jpg

オハイオのおとっつぁんも相変わらずであります。

オッハイオゥゥゥゥゥゥ!! チーリスゥップ!!!
イイイイイイルゥァッシャイマーーーーセ!!!

10r_DSCF2668.jpg

キューバとペルーの合同ブース。
ちゃんと読んで食べるもの厳選せんとな。

チキンタマレスはメキシコ料理だって印象があるんだけど。
フランは甘ったるいプリン。

ローストポークサンドイッチに
カウサ
エンパナクラスってこれclじゃなくてdか!
エンパナーダ、ミートパイのことだな。
てことは下のもアジクル…でなくアヒデ・ガジーナのことか!
アルファホレスはクッキーだったはず。

11r_DSCF2669.jpg

取りあえず好きな料理のアヒデガジーナを頂きました。
辛くはないクリーミーなソースでした。
チキンは崩したささみ肉ですがとろけるようで美味しい。

そしてかなりまろやかな味になっているのは
刻みタマネギが大量に煮込んであるからですね。
そしてナッツの食感が…クルミ砕いて入れてるのか!

ご家庭の味だけに、結構人によって変わるんですね。
アルコイリスのとは結構違うけどこれも美味しいです。

12r_DSCF2679.jpg

毎年おなじみのドイツブースのソーセージ美味そうですが
去年紹介したので

13r_DSCF2673.jpg

今年はオランダのソーセージサンドにしよう!

……ってわざわざ変えたのに料理の写真撮り忘れたっ!!

挟んでるパンこそただのコッペパンでしたが
胡椒多めのピリッとしたソーセージは美味しかったです。

14r_DSCF2681.jpg

毎年お馴染みのインドブースは
カレーにサモサにタンドリーチキン、と毎年のラインナップ。
民族衣装のお母様方のエキゾチックさも毎年お馴染み。

16r_DSCF2683.jpg

ハワイのブースはカルアポークやお菓子類を売っていました。

17r_DSCF2676.jpg

結局またペルーでカウサを買ってしまいました。
ケーキっぽい作りですが
マッシュポテトと卵、ツナサラダ等をケーキの層の様に重ねあわせた料理です。

黄色いチリソース、サルサソース、アボカド、オリーブを添えて
蕎麦の薬味の様にいろんな組み合わせで食べていくのが美味しい。

シンプルだけどなかなか面白い料理です。

18r_DSCF2678.jpg

天使のような可愛いお子様たちのステージが見れるのもこのイベントの醍醐味。
ただ、今年は例年以上に園内のお子さんたちは東洋系が多い印象です。

そうでないお子様方も日本語で会話している子たちがわりと多かったかな。
帰化方向に進んでいるのか、あるいは他校の交流生だったりするのか
どうなんだろ?

19r_DSCF2674.jpg

またまたマレーシアにてミーカリ
ミーは麺、カリはもちろんカレーのこと
マレーシア風のカレー麺なわけです。

これが予想以上に辛いお味でした。
タイカレーに匹敵する辛さだけど
酸味はまったくない唐辛子系の真っ赤な油と
クリーミーなココナッツミルクの合わせが非常によくて

個人的に今まで東南アジア系のカレーヌードルの中で一番美味しかったと思います。
中太の米麺も結構美味しかった。

この辺でフィニッシュかな?

20r_DSCF2687.jpg

中のカフェテリアの揚げたてフィッシュ&チップスも
結構美味しいんだけど、さすがに今日は無理かな。

21r_DSCF2690.jpg

毎年アフターヌーンティーも美味しそうだけど
余力なくていつも横目で見るだけで済ませちゃうんだよなぁ。

22r_DSCF2684.jpg

渇きものを土産に、と見ていたんですが
カナダとフランスはどちらも毎年ケーキメインだけど
カナダはプーティンを売ってました。

揚げイモのグレービーとチーズがけなんてハラに溜まりそうな料理
他のイベントで食べてなかったらここで食べずにはいられなかっただろう
ふー!危なかったぜ!

23r_DSCF2685.jpg

が…ん?ん?ん?

フランスにも聞いたことない料理が
Rararouille…
ラ行だらけでなんて読むんだ???
ラ…ラ…ル…ランランルー…ってちがーう!

野菜の煮込みシチューっぽいけど
えらい美味しそうだったので
胃にトドメ刺しそうだったけど食う!
野菜だから平気さ!

24r_DSCF2686.jpg

トマトベースの汁に
ズッキーニ、ピーマン、タマネギ、ナスその他がどろどろに溶けていて
カップの中はほぼ固形物のよーく煮込まれた……

ってラタトゥユじゃね?

rでなくてtとすればRatatouille…うむ、間違いない。
今ではわりとメジャーなフランス料理ですよ。

失敗し……いや、結構美味しかったからいいかぁ。
手書きの文字ってクセあり過ぎですな。

もーちょい文字の判別能力を高めないといかんわ。

でも連日遅くまでの仕事で野菜不足してたから
体に染み渡りました。
美味しかったー!

そんなワケで今年はアタリでした。
特にマレーシア・インドネシアと
キューバ・ペルーは
許されるなら全部食べてしまいたかったっ!

このあとの川崎行きを中止してここで一日味わえばよかったんじゃないかと
後悔先に立たずなんですが
ともあれ美味しく楽しませていただきました。

ここは生徒のお母様方による料理がメインなんで
来年同じものがあるとは限らないからこそ外せないですよね。

食べたことのないご家庭の味が一期一会。
だからこそ毎年つい来てしまうんですよ。

来年も今から楽しみでございます。


公式ページ


25r_DSCF2691.jpg

その後石川町駅に向かって下って行ったんですが
土地柄なのか黒猫が多いですね。

実はこの写真に収めたヤツで4匹目。
猫もハイソなのか山手!

26r_DSCF2692.jpg

あと元町でこんなチラシを見かけました。
入場料アリなのか。

参加してるお店によっては魅力的かも?
wangs-dining.why-not.cross-road.jags-cafe.bay-side.ほらふく.aloha-cafeその他、と
…元町の店は全然知らなかったからわからんっ!

公式ページ

食い物のハナシじゃありませんが
来週は赤レンガで
土曜にヒストリックカーデイ
日曜にポルシェミーティングがあります。

目の保養に行きたいんだけど時間取れるかなぁ。

そごうのミュシャ展もまだ行ってないし
まどマギの映画も見たいし…

あー、はやく面倒仕事から解放されたい…

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第36回 かわさき市民祭り
01r_DSCF2701.jpg

2日から4日にかけて
2日は地元大口一番街でバザー
2~4は赤レンガにてふるさと祭りとナポリタンスタジアム
さらに川崎にて市民祭り
3日はヨコハマインターナショナルスクールでフードフェア
さらに横浜橋と金毘羅神社にて酉の市

などなど目白押し……
だというのに
ああ、だというのに
お仕事で忙しくて唯一今日3日しかお休みが取れませんでした。

3日間あれば全部回れたのに
1日ではムリ!
取捨選択をどうしてもしなければいけません。

酉の市はあと今月にあと2日あるから見送り。

赤レンガは…恰幅の良い彼で取り上げてくれて
いかなくてもいーやという内容っぽい。

ではYISのフードフェアと
かわさき市民祭りかな。

で、先にYIS回ってきたわけですよ
かわさき先にすると絶対余力なくなるくらい疲労してるから。

その判断は間違ってなかった
んだけど……今年予想外にYISがアタリ年でさ!
結構食べ過ぎて、もう余力がない状態で来ちゃったワケなんですよ。

02r_DSCF2694.jpg

もうお昼まわってたんで
お神輿のパレードが始まっちゃってて
道中見物客でごったがえしてて
会場に到着するまで結構時間取られました。

03r_DSCF2699.jpg

んで到着してみて改めて
例年朝一の到着でも大混雑だったことを思い知らされました。
いやいや、入り口のこの辺は序の口。

04r_DSCF2700.jpg

各地物産展ですが
ここには全国ふるさとフェアが失ってしまった
祭りとしての活気があるんですよ!

これ大事!

05r_DSCF2702.jpg

競輪場方面はテキ屋や蚤の市っぽい屋台の集まり
…ですが、さすがに一番混み合う時間っぽくて全然前に進めねぇ!

06r_DSCF2704.jpg

行列の出来る屋台もあちこちにあり
進んでみたら列に遮られて針路変更を余儀なくされたり

なんだか沙羅曼蛇の3面のプロミネンスステージやってるような気分に

07r_DSCF2709.jpg

ふれあい広場の国際交流コーナーあたりがいちばんのお目当てです。
パングラディッシュケバブとな?

大量に焼かれてる串見たらテンションとともに
一杯になったはずのハラも欲求を取り戻してくる!

3本1000円はオトク過ぎる!
だがさすがにムリ!
3本はムリ!

08r_DSCF2710.jpg

かるーくターメリックとカレー的なスパイスで味付けた
鶏モモがやわらかくてジューシーでうめー!

もーちょいスパイス強めな方が嬉しいんだけど

しかし肉汁が…肉汁が溢れ過ぎ!
入れてくれた紙袋はとうに油取り紙の成れの果てのようにでろでろ
しかしそれさえもないと肉汁がぽたぽた落ちまくり

09r_DSCF2711.jpg

ラム肉串焼き、との文字のを見ると
ついつい誘蛾灯に引き寄せられる蛾のごとく
ふらふらと寄せられていきます。

10r_DSCF2713.jpg

スパイスは少なめだけど
肉質がいい!
むっちりした弾力の肉がけっこうたっぷりで
ワイルドな獣臭に香ばしい焼け具合

ああ…これ10本くらい食べたいんですけど?
このお店、他に焼餅とかもおいてあったんでそれも頂きたかったんだけど
でも抑えないと無理

11r_DSCF2717.jpg

健康の広場に自衛隊の小型装甲車が来ておりました。
いやー、かっちょえーわ!

12_DSCF2718.jpg

行列のできている鮎の塩焼きの焼かれている様
大量に焼けるように工夫した焼き器ですが
こんだけあると壮観だなぁ。

13r_DSCF2719.jpg

スタンド前もぜんぜん身動きできません。
今年は建物が半分工事中で横から通り抜け出来ない行き止まりが
何箇所かあるおかげで行き来がちっょと面倒です。

14r_DSCF2721.jpg

ちくわってこんなふうに焼くんだね。
ねじられた輪がくるくる回る様が面白い。

出来立て食べたかったけど
行列できてたのでパスしました。

15r_DSCF2727.jpg

スタンド裏にて小中学生のダンスチームによる演技
大人目線からはもーちょい素直な可愛らしさをアピールした方がいいと思っちゃうけど
ハデで大人っぽい化粧したい年頃なんだろうなぁ。
吉田兄弟のエキゾチックかついい意味で下品な音楽と衣装と踊りはいい感じ。

16r_DSCF2729.jpg

よし!いいじゃんかわさきの雪辱を今果たすときだ!

17r_DSCF2730.jpg

この豚串がね、こういうイベントの露店にしてはえらい肉厚で美味いのですよ
ホントはホルモンやモツ煮も頂きたいけど
今はこれが精一杯。

あー、でも美味いわー。

18r_DSCF2733.jpg

なんかお菓子が欲しいなと思ってたところに
焼きドーナツ屋があったのでのこのこ向かっていきました。

ハッピーサークルというお店だそうです。

ブログ全然更新されてないけど
代わりにフェイスブックとかツイッターとかに移行してるのかなと思ったけどないな。

ドーナツだけど
中にいろいろ入ってる様子。

r_DSCF2760b.jpg

ブルベリーチーズクリームと蜜リンゴを買ってみました。

もっちりしっとりの生地の中に
ブルーベリーの実とクリームが意外にたっぷり入ってます。

美味しいです!!
リンゴも美味しかった。

遠くなければ買いに行きたいんだけどな。
幸区区役所前か尻手銀座か……微妙に遠いいな。

19r_DSCF2744.jpg

一回りして各地物産コーナーへ。
山形は庄内の櫛引農工連で柿100%のジュースを売ってたので買ってみました。

20r_DSCF2756.jpg

わりとさわやかな仕上がりで柿っぽいどろどろした感じはないですね。
言われなければ柿だとわからないかも?

21r_DSCF2745.jpg

平和島って物産と呼べるものある土地柄なんだ?
(地元の方、すいません)

22r_DSCF2747.jpg

カレーパンならぬ
カレーうどんパン…だと?

23r_DSCF2749.jpg

たしかにうどんはいってますよ。
誰もやらなかったのは意味がないからだ、というわけでもなく
うん、普通に美味しい。
食べでが加わってよろしいお味です。

24r_DSCF2741.jpg

川崎の外国人会によるコンサートが行われておりました。
プンジャビとタミルの言葉と英語と日本語ちゃんぽんの歌が面白いです。

アコギとキーボードメインのエキゾチックなバラードは
ちょっとデュラン・デュランのセイヴ・ア・プレイヤーを思い出します。
特にアコースティック版のが近い。

そんな感じでもう胃の容量的にもぅマヂ無理。。。
かえろ。。。

というわけで明日も開催してるイベントなので順序逆に
こっちから紹介しましたが
あんまし参考にならなかったなぁ。

ハラが一杯気味の状態で来るというのは
イベントに対して失礼だったかもしれませぬ。

だけどしょーがないんだよー!
明日はお仕事で来られないんだものー!

とりあえず去年の様子を張って少しでも盛り上がりっぷりを
保管しましょうかね。
第35回 かわさき市民祭り

全力で楽しむに不足なしなイベントなので
明日おヒマな方は川崎に足を運んでみるといいと思います。

公式ページ

後日YISのフードフェアの記事を書きますのでよろしくです!

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

末吉町キッチン&バー ペリートのカリカリ豚と野菜の炒め物
r_DSCF2620.jpg

キッチン&バー ペリート
そんな名前だったんだ?と今頃改めて知るようなお店。
洗濯船の脇道に喫茶店かバーと思しきお店があるのはずっと前から知っていました。

ランチタイム営業もあったのですが
業務用と思しきカレーとピラフの写真の入った看板があるだけだったので
気にも留めてなかったんですよね。

ところがしばらく前から日替わりランチやら
オムライス、とんテキ等々、それなりに手をかけてそうな
料理名が手書きで並ぶようになりました。

と、思ったら夏に開店したばかりのお店だったのか。

そもそも店が変わったことすら気がつかなかったわ!

r_DSCF2617.jpg

カリカリ豚と野菜の炒め物、というのが気になったので入店してみました。

店名はスペイン語の犬のことです。
わんこの写真が飾ってあるあたりも含めて
犬の好きなマスターなんでしょうか?
タイ料理が増えました、なんて書いてあります。

r_DSCF2621b.jpg

サ店的なプレートランチですが
メインは多分タイ料理なのかな?
それとカボチャのサラダは嬉しいね。
それに味噌汁…なのかすましスープなのか、わかりにくい。

r_DSCF2622.jpg

カフェめし的なオサレ感からは隔世の感がありますが
こんなのもまたよし!

何気に野菜は空芯菜なのが嬉しいじゃないですか!
唐辛子も入ってるし、辛い…のか?

r_DSCF2624.jpg

汁が飲んでも味噌汁なのか中華系のスープなんだか
どっちだかよくわからん!

すましスープにしては味噌みたいなコクがあるけど
でも肉厚なニラと溶き卵が大量に入っていて
これの味に引っ張られて和風な感じは全然せず。

ちょっと変わった味で美味しいんだけど
飲み干してもなお正体がわからず。

r_DSCF2625.jpg

メインですが
うお!
結構味が濃い!

なんか業務用のガパオソースどぼどぼフライパンにかけて
そのまんま野菜投入したかのようなダイレクトな味です。

唐辛子の辛さは香りづけ程度だけど
ともかく調味料の味がくっきり舌に残る。

それと
空芯菜はでっかい中華鍋と高火力なコンロで炒めないと
タイ料理独特のシャッキリしんなり感が出ないんだなぁ。

IHヒーターではないものの、家庭用の調理コンロではちょっと火が弱いかなぁ。

豚も悪くはないが主張も弱い…かも。

r_DSCF2626b.jpg

ドリンクはコーヒーの他にココアやジュースもあるというので
久しく飲んでいないココアをいただいてみました。

r_DSCF2615.jpg

なんつーか
かーちゃんが病気して代わりにごはん作るようになったとーちゃんが
それをきっかけに料理の楽しさに目覚めてに凝るようになっちゃった、的なお味かなぁ、と。

アバウトさも味わいのうち、的な温かみはあります、が
強敵ひしめくこの界隈でどれだけ客を集められるか、は未知数だなぁ。

でもこれで客がいないわけでなく、そこそこ入ってたりするんですよ。

公式フェイスブック

他の料理は侮れない味だったりするのかなぁ。
もーちょい伺って様子を見てみよう。

変化球に的を絞るか
それとも基本球を押さえるか…
正体を見極めるにはまだデータ不足です。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

馬車道(弁天通)、チャコールグリル・グリーンのハギスとチーズのブリトー
r_DSCF2300.jpg

さっきまで書いてた記事をうっかり失って気力が萎えたので
こういう時に書いておいてよかったストック記事!
ということで…以下本文

お気に入りのグリル料理のお店、グリーンにまた行ってきました。
スキあらば行って美味しいアメリカ系の味を楽しんでおきたい!

r_DSCF2298.jpg

祝日だったこともあってか
ちょい豪華めなグリルが充実してます…が

ハギスのブリトーですと???

ハギスと云えば、羊の内臓を胃袋に詰めて茹でた
スコットランドの伝統的な料理です。
まぁ、臓物版ソーセージなわけですが

それ以上にイギリスのマズい料理の代名詞としての
悪名の方が高い料理でもあります。

わざわざそんなモンをメニューに加えなくても…と思うんですが
まぁ、私のような物好きが一本釣り出来る料理でもあるので

そういう意味では釣り針としてアタリなのか!

r_DSCF2299.jpg

酸味強めなドレッシングと黒胡椒のアメリカーンなサラダを頂きつつ
グリルで具材が焼き上げられていくのを眺めます。

当然他のお客様方は肉や魚と野菜のグリルを注文しているわけで
それらがグリルの網の上で美味しそうに色づいていくのを見ると

う、うらやましくなんかないんだからねっ!!

r_DSCF2301.jpg

ブリトーの直火焼きのトルティーヤ皮が美味しそうです。
パクチーが乗せてありますね。

今回ポテトはパプリカのパウダーがまぶしてあってルイジアナ風

ブリトーも美味しそうだけど、見た目に騙されているのかもしれない。
ではいざ!

r_DSCF2302.jpg

でろっとしたペースト状の臓物。
お味は……いやマズくないぞ?
世に数ある美味しい臓物料理の如く美味しいじゃないですか!

ケイジャン的なピリ辛なスパイス使いのおかげで
独特のクセが旨味に変わっているのですよ。

スコットランドの料理を
フランスからニューオリンズに移り住んできた民の味つけで
メキシコ料理流に包みあげて
アメリカ式グリルで焼いて
日本のお店で頂く……

一体地球何週して出来上がったんだよ、この料理?

更にとろけたチーズと旨味を吸ってしんなりのレタス、オニオンを
直火で香ばしく焼けたトルティーヤの皮と頂く

いやー、こんなに美味しいと思わなかった。

もともとケイジャンの味つけ好きなこともありますが
やはり臓物料理は味つけが大事ですね。

r_DSCF2304.jpg

デザートのアイスクリームを頂きつつ反芻。

世界に臓物料理は数あれど
ハギスの悪名の高さはやはり調理の失敗によるところが大きいのではないかと
改めて知る次第です。

じゃあ美味しかったらハギスではないんだろうか?

イギリスは食事を美味しくするために
料理を工夫するという考えが抜け落ちているようなところがあります。

口に入る程度に適当に茹でて
あとはテーブル備え付けの塩ソースビネガー等でなんとかしろ、的な。

産業革命の負の遺産ですね

美味しい料理を楽しむ国の人間からすると
料理をマズく作るのは食材に対して失礼だろう、と考えてしまうのですけどね。

ハギスは通になると
マズい、これは本物だ!的な楽しみ方をしたりするようで
それも…料理の楽しみ方の一つではあるんだろうけどなぁ。

好事家によるハギスを楽しむ行事の様子です。


楽しそうだな!
ロバート・バーンズによるハギスを讃える詩を朗読して乾杯するのですが
やっぱりモンティ・パイソンを生んだ国なだけあるなと実感するわけですよ。

公式ページ
参考ページ

忙しくてすっかり忘れてたけど
このブログ書き始めてからもう1年が経過しました。

面倒くさがりやの自分がよく1年もほぼ毎日書きつづけられいてるなぁ
と当人が一番驚いています(笑)

幸運なことに今のところタネ切れは起こしてません。
ストックに救われてるところはありますが
やはり欲求に根差した内容は強いということなんでしょうか?

まぁ枯れない限りはこのまま続けていきたいと思ってますので
今後ともよろしくお願いいたします!

テーマ:多国籍料理 - ジャンル:グルメ

長者町、京味居の牛肉のほほ肉煮込み
r_DSCF2605.jpg

先週に引き続き
また京味居に偵察がてらの昼メシということで
のこのこ歩いて出かけました。

何をいただこうか悩みつつの散歩もまた楽しいものです。

r_DSCF2600.jpg

壁メニューにいくつか解説がつくようになりました。
中華東北料理に造詣のあまりない人だとわかりにくい料理ばっかりだし
いいことですね。
しかし幾つか前回より減ってる。
血管の炒め物とかなくなってるな。

それはそれとして
カレーお願いします!
むむ、今日はないんだって。

ならば……羊もいいけど
牛ほほ肉にしてみよう。

r_DSCF2606.jpg

肉のボリューム的にはちょい少な目ですけど
その分野菜けっこうたんまりですね。

r_DSCF2607.jpg

小鉢はザーサイ
デザートがリンゴ
そのへんはどーでもいいですが
この透き通ったスープは……ペロッ、これは羊ダシのスープ!

いやー、これが嬉しい。
具はよくある溶き卵とキクラゲと白菜とかですが
羊でダシをとったお味がとても美味しいのです!

r_DSCF2608.jpg

そして野菜がですね
よくある青梗菜の炒めかと思ったら
空芯菜まで入ってますよ!
これもまた嬉しい誤算。

特別なことは何もしていない
普通の中華風野菜炒めだけど
シャッキリした茎と葉が美味いわ。

r_DSCF2609b.jpg

して、メインのほほ肉はとてもやわらか
かつ結構な弾力と旨味が口福をもたらしてくれます。

口の中にスジなんて残らない
ほっぺ落ちそうなお肉ですよ。

いやー、何気に豪華だわ。

見た目は微妙に貧相で
余所の大衆中華と一見差がない感じだけど
でも結構美味しいです。

参考ページ

ランチのメニューは日替わりとは言ったものの
先週とほぼ変わりなかった様子。

羊とタマネギの炒め物が
羊と時菜〈旬の野菜のこと〉に変わったくらいでした。

もっと頻繁に入れ替わってくれると嬉しいんだけど
取りあえずは全メニュー制覇するか!

カレーは…次は用意してくれてるといいなぁ。

マトンだけどインド式でないカレー、どんななんだろう?

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR