オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
山下町、デリー・ダイニングのジラ・アルー
r_DSCF3828.jpg

久方ぶりに訪れたデリーダイニング
ビリヤニもあるしタンドリーも美味しい店なんで
安心して使えます。

r_DSCF3822.jpg

あら?
いつの間にかランチバイキングは平日限定でなく
日曜祝日もアリになったんですね。

しかもベジ、ノンベジ、ドライのどれもが
あんまし余所のお店のカレーバイキングで見かけないタイプですね!

食べたいけど、バイキング食えるほどの胃加減じゃないんだよなぁ。
よし、ジラ・アルーって名前のじゃがいものドライカレーだけ頂いてみよう。

r_DSCF3823.jpg

ここのサラダのドレッシングはマヨネーズ成分多めの
クリーミーでちょい酸味のあるタイプです。

r_DSCF3825.jpg

ナンもいいけど
ご飯で食べたい気分だったので
ジャポニカ米にてお願いしました。

ジラ・アルーというのは
カレーというより本来はじゃがいものカレー炒め的な料理です。
ちなみにジラがクミンのことでアルーがじゃがいもです。

けして北村一輝に「マグロ食ってるようなのはダメだな!」とばっさり切られた
エメリッヒ版ゴジラの別称のことではありません。

r_DSCF3827.jpg

ドライっていうには汁たっぷりな仕上がりですね?
ちなみにバイキングの皿に乗っかってる方は
ほぼ汁は飛んで黒っぽく濃縮された感じの出来栄えだったんですけどね。

かなりゴロンと大きめ角切りだったので
一瞬パニール(カッテージチーズ)カレーかと思いました。

ルーはインド・ネパール系のお店のようなクリーミーな出来ですが
辛さ控えめながらもトマトの酸味がいい感じに出てて美味いです。

r_DSCF3829.jpg

そこへクミンの香りと味が更に引き締める感じになり
じゃがいもは炒めてあるのでぽっくぽくの香ばしい食感がイイ!

水分が飛ぶまで炒め煮みたいにするのに時間がかかるから
こういう変則的な料理になったんだとは思いますが

ドライカレーではなかったけど
これはこれで美味しいですね!

じゃがいもを即煮込むのでなく
炒めてからカレーに入れるってのもなかなか美味しくなるもんです。
覚えておこうっと。

r_DSCF3830.jpg

純粋に本来のドライカレー的なモンが食べたいなら
バイキングで、ってことですね。

今度はハラすかせて来てみよう。

公式フェイスブック
参考ページ

バイキングの内容はフェイスブックで見られるのか。

ところでカレーバイキングって
横浜市民からすると
モアーズ地下の今は無きマハラジャのものが記憶に残っています。
同系列店のカザーナがみなとみらいで続けていますよね。

そんなわけでインドカレーの店のランチカレーバイキングって
刷り込み的に存在している感があります。

これって何処から始まったものなんだろう?

ネット上には転がってる様子はないので
ヒアリングを行わないと調べられなさそうですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長者町、東北大飯店の豚ホルモン
r_DSCF3896.jpg

日ノ出町界隈でランチから中国東北料理の楽しめる東北大飯店。
今回は豚ホルモン、とだけ書かれた料理を頂くことにしました。

ランチの中では一番高い値段なんですが
料理の中国語の名称は溜肥豚

字をひっくり返すと肥溜めなんですけど!
料理の名前としては…どうだろうか…。

r_DSCF3894.jpg

色合い的に東北っぽい料理来ました。
炒め物にピーマンとニンジン
あるいは薄切りのジャガイモとかトマトとか
そういう意外と色鮮やかな取り合わせになったりするのが東北風…だと思う。

唐辛子多めのザーサイとか、豆腐っぽい硬さの杏仁豆腐とか
副菜含めて好きだなぁ。

r_DSCF3898.jpg

料理はモツ!といういかにもな臭さかぐわしさ。
下町的田舎料理的なのがイイ!

r_DSCF3897.jpg

味はちょっと濃すぎかなーと思ったけど

ちょい塩強めな甜麺醤はご飯進むし
モツがとってもやわらかく調理されてて食べやすい。

労働者の昼メシとして最適ですよ。

隣の方の肉体労働従事者と思しきお客さんは
2杯もごはんお代わりしてたし。

参考ページ

ここはケーブルか何かで中国本土のテレビが見られるのも
微妙にポイント高いですね。

もちろん言葉はぜんぜんわかんないんだけど
向こうのドラマ、バラエティ、CMなんかが見られるので
料理を待ってる間も割と飽きずに済んだりします。

ランチのメニューは稀に変わったり、戻ったりするんで
時々チェックして珍しい料理を逃さないようにしないと!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

弁天通、ヌーベルシノワ醐杜羽 のとろける皮付き豚バラ肉の四川火鍋仕立て
r_DSCF3816.jpg

平日に寄れるタイミングなら逃したくないお店の一つ醐杜羽
下の階の入り口の看板はまずチェック。

牡蠣と蕪のトウチ炒めというのがまず目に入ったのですが
豚バラ肉の四川火鍋仕立てというのも気になる。

この界隈で火鍋というと
わりと庶民的な味のお店ばかりで食べていましたが
ヌーベルだとどんな味になるのかな?

今回もご飯を小盛り炒飯に差し替えで注文。

牡蠣も捨てがたかったけどね。

r_DSCF3819.jpg

火鍋仕立て…そうだったか!!
汁たっぷりな皿を見て大後悔。

ああああああしまったい!!!
ここは炒飯でなく白米のご飯だろJK
そして可能なら大盛りでこのソースを味わい尽くすべきだったんだぁ!!

ゴローちゃんじゃないけど、そんな殺生な~という気分だなぁ。

r_DSCF3820.jpg

スープはよくある溶き卵のスープですが
卵の溶き方がきめ細かいのと
やっぱり出汁味がよく効いています。

炒飯は白菜と貝柱の炒飯。

あれ?貝柱ないじゃん…と
フライドガーリックだと思ってバリバリ食べてたトッピングが干し貝柱だったっ!
ああ、舌で溶かしつつ味わって食うんだった。

白米頼まなかった失敗で認識能力雑になってるな。

r_DSCF3818.jpg

豚バラはとろとろ
口の中でほろほろ崩れてホントに美味い。

多めのパクチーにシイタケ、シメジ、エリンギの食感もなおよし!

ソース自体は四川火鍋のお店のものに比べると
若干辛さは控えめだったけど

舌にねっとり絡みつく油具合は、ピーナッツオイル使ってますね?
あと干しエビのダシや五香粉の香りほんのり。

つまりは火鍋の麻辣スープと沙茶醤のハイブリッドな味つけなんですね。
こりゃ美味い!
非常に好みの味です。

尚更に白米がないのがうらめしい!

肉の下にチンゲン菜と春雨が敷いてあったので
これで十分汁を吸わせつつ
平たいスプーンで残さずに頂きましたよ。

公式ページ
参考ページ

これからは考えなしに炒飯でなく
おかずとのバランスを考えた上で注文しようと心に固く誓うのでありました。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

楠町、ラ・フォンテの牛肉のトマトラグー、自家製ピチ
r_DSCF3953.jpg

横浜駅周辺の飲食店を新規開拓しようと散歩中
カマストラというとてもパン屋とは思えぬ有名なパン屋を見つけ

これがあの一部で有名なカマストラか、初めて見た
と感嘆していたところ、その隣りにイタリア料理店発見。

メニューの中にある自家製ピチ、という言葉に惹かれる。

ピーチでなくピチ、一体何?
その疑問の答えを知るべく入店。

小さいながらも地中海の飲食店を思わせる
天井や柱の隅が湾曲した角のない白壁。
居抜きじゃないってことですよね。

シェフ一人で切り盛りしてるけど
昼から予約客や飛び込みのお客であっという間に席が埋まります。

駅から遠いいけど繁盛してるんですね。
1人で全部オペレートするのは大変そうだなぁ。

r_DSCF3952.jpg

セットの前菜
鯖のマリネと
バーニャカウダ
そしてサラミ

どれもなかなかの出来栄えです。
イタリアで修行してきたタイプのシェフと見た!

バーニャカウダソースは自家製なのかな?
アンチョビというより、鰯のなめろうみたいなディップだったのが面白く
美味しかったです。

r_DSCF3954.jpg

ピチというのはトスカーナ地方の
太めのスパゲッティとのことでした!

自家製なせいもあってか
えっらいぶっとい麺です。

タリアテッレやフェットチーネなんか比べ物にならないくらい

うどんというか、手打ちのほうとうや刀削麺みたいです。

r_DSCF3955.jpg

ちょい味濃い目のミートソースのようなラグーに
この麺がよく馴染みます。

ともかくもっちりもっちりの麺が美味しい!
コシの強いうどんのようでありながら
パスタの小麦粉の使い方だから
両方のいいとこ取りです。

見かけこそソフト麺風ですが
こいつぁまず食べてみてよ!とオススメしたくなる麺です。

ソースが心もち塩加減強めだったけど
まぁ許容範囲。

日本人の感覚からすると麺類って
ソースまたはスープと麺が等価な感じだけど

これはもう明らかにこのもちもちの麺こそがメイン!
って特徴的な食感なんですよね。

個人的にはこの麺でラグマン食べてみたいのぅ。

r_DSCF3956.jpg

コーヒー、ポーションはマリームだけど
紙袋に入った砂糖はちゃんとブラウンシュガーです。

r_DSCF3950.jpg

ピエモンテやカンパーニャで修行したシェフのお店らしいです。
そーいえばピエモンテはバーニャカウダの本場だっけな?

いやー、一昔前と違って
本場で修行してきたシェフの店も最近は結構多いんですよね~。

実は日本はイタリアに次いで
世界で2番目にイタリア料理のおいしい国だそうですから。

もちろん店は選ばないとですが。

公式ページ
参考ページ

こちらの名物は羊のラグーのピチだそうで
羊のクセをわざと殺さず料理したものらしいです。

む!微妙にタイミング外したか。
そちらの方を頂きたかったなぁ。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

中目黒、セイロン・インのランチセット・マトンカレー
r_DSCF3914.jpg

一度も訪れたことがないのにお馴染みの店。
そんな矛盾したお店があります。

毎年のワールドフェスタヨコハマスリランカフェスティバル
毎年訪れているイベントで楽しみにしているお店、セイロンインです。
もうかれこれ10年近く毎年必ず食べに行ってます。

でもそんなに遠い場所にあるお店でなし
いっぺん行ってみようか~と思い
東横線で中目黒駅に降り立ちました。

毎年大人気のブースだから
さぞや大きなお店なんだろうと思ってたら
予想外にちっちゃい店なのでビックリ。

r_DSCF3912.jpg

調理場除くと6畳くらいしかないんじゃないのかな?
二人掛け用のテーブルが10卓なんとか詰め込んである様子で
でも次々お客さんが来てあっとゆーまに満席。

メニューはこんな感じで
よくあるインドネパール系と同じように見えますが
でもちゃんとしたスリランカカレーなので
味の系統は全く違います。

マトンを選択しました。
ライス、ナン、ロティ、パラタが選べるので
パラタで。

あと日替わりホームスタイルプレートというのがあるみたいですが
これはスリランカフェスで食べたものと多分同じかな?

r_DSCF3913.jpg

サラダは生野菜、温野菜の取り合わせ。
これドレッシング自体がほの暖かいとろみソースになってます。

胡椒と生姜の味がほのかにして美味しいです。
特にセロリが美味しかったのが意外。

r_DSCF3915.jpg

パラタはチャパティに油を塗って折りたたみつつ焼いたものです。
中華の葱油餅や韓国のホットクに食感似ています。

ナンに比べると結構油っこくてむっちむち。
若干もたれ気味だけど一度食べてみたかったんだよね。

r_DSCF3916.jpg

カレーはハーフサイズの日替わり野菜カレーとセットになっています。
こちらはダイコンのカレー。

インドでもスリランカでもダイコン入りのカレーは食べるんですよね。

ココナッツミルクのコクとマスタードの辛さで料理した
インドのものとはずいぶん味の印象の違うカレー。
インドの以上に味の相性はいいと思います。

r_DSCF3917.jpg

肉の入るカレーになると
スパイスの量も色合いもずいぶん変わります。

辛さは突出していないかわりに
なんか深いコクみたいなのが感じられます。
じっくり煮込んだ、っていう形容が似合うようなカレー。

肉以外の具材は完全に溶けきってスープカレー的
スプーンで口に流し込み
パラタを口の中で浸しつ食べる。

いつもイベントではコットロティとかばかり食べてるから
カレー食べるのって実は機会少なかっけど
やっぱり美味しいですね~。

r_DSCF3919.jpg

ヨーグルトの椰子の黒蜜がけのデザート。
ナチュラルな甘みが美味しいです。

内訳的にはインド・ネパール系のお店と変わらないのに
味は全然違うスリランカ。

気軽に食べに行けるのはいいね~。

r_DSCF3911.jpg

定休は月曜夜と日曜昼なので
結果的に遠方のヒトはランチは土曜しか楽しめません。
そんなわけで機会は限られますが
また食べに来たいなと思うお店です。

公式ページ
参考ページ

しかしこじんまりとしたお店だというのは以外でした。
イベントだと大盛況だもんね。

中目黒の駅から横浜方面の出口に出て
中目黒銀座をちょっと進んだ先の脇道にあります。

中目黒自体も初めて来ましたが
昔ながらの下町銀座の中に
おしゃれな店がぽつぽつと混じってる不思議な通りでした。

裏通りにも繁盛してるイタリア料理店があったり。
知らない人は全然気づかなさそうな場所なのに
繁盛してたりするあたり
中目黒という町の懐の深さを感じました。

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

太田町、オリンピアのローストラム
r_DSCF3883.jpg

横浜界隈でギリシャ料理というと
すぐ個人的に殿堂入りなスパルタ行っちゃうので
こっちは結構ご無沙汰しています。

こっちはオーナーがギリシャ人
向こうは初代オーナーはギリシャ人だったけど現オーナーは日本人。

味のレベル、本場度はスパルタの方が高かったりするのが
日本人の勤勉さのおかげなのかなぁ、とか思ったり。

でもなんでこっち来たかというと
ランチでローストラムがほぼ定番なのと

あとはムサカは向こうはワンランク上のセットでしか出ないので
こっちのが気軽に頼めるという利点から。

でも今日もラムあったので
ムサカでなくそちらを注文。

r_DSCF3877.jpg

セットのサラダとスープ。
前よりよくなりましたね?

前は喫茶店のランチセットの如く
具なしコンソメとコーンとレタスのサラダだったような記憶が。

r_DSCF3878.jpg

メインとライス到着。

ウッドデッキのバー風の内装なので
カウンター席だと途中から斜めになってるので
ご飯食べるにはちょっと向かない席なんですよね。

皿からフォークでとって口に運ぶ途中に
ソース結構落ちたりするんだこれが。

r_DSCF3882.jpg

それはともかく
メインも前より内容がよくなってますね。
トマトソースで煮込んだボリューム多めの野菜とペンネ付。
前は薄めのグレービーにガロニが添えてあっただけだったよ確か。

やわらかいラムに
オリーブオイルとトマトソースで煮た
色とりどりの野菜は美味しいです。

味自体もだいぶレベル上げてきたなぁ。

r_DSCF3881.jpg

ペンネも併せておなか一杯もりもり食べられるのはいいな!

洗練された感じはないけど
現地の普通のお店で頂くような
家庭的な料理と言う雰囲気。

未だスパルタには追いついてはいないものの
大分頑張って追い上げてきた印象です。

r_DSCF3876.jpg

船室のようなウッドデッキのバー風の内装
店員さんもどちらかというとバー系の気のまわし方っぽい。

庁舎やビジネス街に近いせいか
その空気を好んでくるスーツ姿の常連っぽいお客さん多し。
まぁランチ営業は平日だけだしね。

公式ページ
参考ページ

んなわけで客層もずいぶん違うんだなと感じた次第です。

平日に寄るチャンスはなかなかないけど
次はムサカ食べたいな。

テーマ:羊肉 - ジャンル:グルメ

関内(真砂町)、麺屋一本道関内店のトマトラーメン
r_DSCF3777.jpg

※閉店しました。

何年か前に瞬間最大風速的にトマトラーメンが流行ったことありましたよね。
横浜にも何軒かそれ系のお店が出来たけど
結局食べる前に消えてしまいました。

でも、近場に1件だけサブメニュー選択肢として
扱ってるお店がありました。

セルテの裏手にある一本道というラーメン屋です。
この場所は元々セルテの駐輪所だったけど

その一角に併設するように建てられたお店です。
繋がってないけど、店休はセルテに併せてあるんですね。

それはともかく
今やこの近辺だと失われてしまった味である
トマトラーメンを頂くべく入店して注文してみました。

r_DSCF3778.jpg

ラーメンが出来上がってくると
粉チーズが匙付の入れ物に
あとでっかいタバスコも持ってきてくれました。

チャーシューご飯に入れるような細切れチャーシューとキャベツ
そして乾燥バジルがふりかけられています。

香りは…トマト一色だな。

とりあえずスープを頂いてみると
ホントにトマト濃厚。

トマトを何らかのスープベースで割ってはいるんでしょうけど
トマトピューレを食べているかのようにトマトトマトトマト

ピューレだけでなくちゃんと生のトマトも使ってるみたい

r_DSCF3779.jpg

麺はたぶん他のラーメンと同じなんだろうけど
これだけトマトだとラーメン食べてる気がしない。

もう箸で食べるスープスパだなぁ。

それだけ麺の汎用性が高いということなんだろうけど。

ただ…
なんか大元のトマトの出来だけに
全てがかかってるかのような味なんですよね。

もーちょい味の方向性をきちんと見出して
しっかり定めた方がいいと思います。

トマト以外の全ての要素がトマトに屈服しているので
酸味が旨味の粋に達してないんです。

バジルもあとから乾燥したの降りかけても
調味にぜんぜんなってないんですよね。

なんかまだ試行錯誤の最中の料理を試食してるかのような…

r_DSCF3780.jpg

チーズ入れても印象はあんまし変わらず
タバスコ入れてもあんまし。

思い切ってタバスコ多めに入れてみたら
ようやく味が落ち着いてきました。
大量に入れてもトマトがまだタバスコに負けてないから。

r_DSCF3776.jpg

もし他所のトマトラーメンの店もこんな調子で看板メニューだったら
潰れて当たり前だと思いました。

もうちょい方向性が決まらないと
食べてて不安になるよな。

公式ページ
参考ページ

まぁ、このお店では数ある選択肢の一つなだけなんで
わりかし繁盛してます。
単なるネタ用の仇花としてメニューに残したものだったのかな?

他のラーメン食べずにお店自体の評価は下せないんで
そのうち他のもん食べて、判断はそれからかな。

ちなみにメインをトマトのみに絞った太陽のトマト麺というお店は
国内17店、台湾に2店という大型チェーンに拡大しています。
すごいな。

川崎にも1件あるみたい。
トマトラーメン自体の可能性については
こちらをいずれ頂いて判断せねばなるまいて!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

蓬莱町、エミネパールのチキンチョウメンほか
r_DSCF3850.jpg

久方ぶりにエミネパールにて半晩酌、半晩メシ
ランチだけでは真価の計れないお店にこうして訪れるのも
日々の楽しみの一つとなってます。

先日は大勢のグループで宴会中だったので素通りしたり…

今回も最終的に4組くらいお客が入ってました。
人気店になりつつありますね。

r_DSCF3844.jpg

取りあえずエベレストビールで手酌乾杯。
ちょい苦味のあるタイプですね。

またパパド頂いてパリパリやりながら料理を待ちます。

r_DSCF3846.jpg

最初のつまみに選んだのはチャナサデコ
ひよこ豆のスパイシーマリネといったところですね。

ぽくぽくのひよこ豆に
キュウリ、タマネギ、トマトのサラダ的な清涼感が合わさった料理
ちょっとだけ強めの塩とピリピリくる辛さがいい。

あ、ヤバイなこれ…
ビール1本だけじゃ済まなさそう。

欲望の赴くままに飲んだら
これ一皿で大瓶開けられそうな気がする。

ある意味ネパールの酒盗とも言えましょう。

r_DSCF3848.jpg

そして今回のお目当ての一つ、スクティ
干し羊肉の山椒ソース炒め、かな?

ネパールフェスで食べた時は
羊ジャーキーと潰したカチカチの米のセットだったので
正直味気ないなぁ、という印象しかなかったのですが

ここのは『ヒマラヤ山椒で味付けした、ドライ羊肉の炒め料理』と書かれていたので
興味を惹いたのです。

注文時に山椒入れますか?と聞かれたのでもちろん入れてと頼みました。

トマトベースの辛い味つけに
シャリシャリとした山椒の食感と舌にピリピリくる味が心地よい。
四川料理の怪味にちょっと似てますね。

肉は古老肉を源流とする酢豚の豚肉にちょっと似た硬さでしょうか?
かっちりしてるけど旨味もあって
堅い分余計に噛むからただでさえスパイシーな味付けに
山椒の痺れる辛さを存分に味わえます。

ビール…ビールがもっと欲しいっ。

r_DSCF3853.jpg

刺激強めの料理を味わったので〆はチキンチョウミン。
中華料理の焼きそばのネパール版です。

キャベツ、ニンジン、ピーマン、チキンと合えたちょいオイリーな麺。

他のお店だとスパイスが強く出たり
ケチャップ味が強かったりするのですが
ここのは優しい甘さの食べやすい味。

それこそ、中華のお店で出しても全然違和感のない仕上がり。

美味しいんだけど、違和感とかジャンキーさが薄いのが
逆に残念かな?

間違ったことは何もしてないのに
理不尽な評価を下すのはあんまりかもしれませんね。

ふっくらなチキンもも、全体のボリュームもたっぷりな美味しい焼きそばでしたよ
と、弁護をしておこう。

公式フェイスブック
参考ページ

平日の夜だというのに結構お客さんが入ってます。

味もさることながら
お客さんが喜んでリピートしてくれるかどうかは
やっぱり店主さんやスタッフの人柄によるものが大きいんじゃないかと思います。

フレンドリーにお喋りしている店長さんの楽しそうな顔
たまに表に出てくる調理スタッフも爽やかな笑顔だし

こういうの見せられちゃうと、やっぱり応援したくなっちゃうな。

そして、録画機能付きのテレビに
予約録画を開始します、って表示が出ました。

…志村けんのバカ殿録画してる
ますますこのお店好きになってしまいそうだわ。

気がついたらフェイスブックにリンクして頂いてました。
いやぁ、悪いことは出来ないもんだなぁ(笑)

お店の人が喜んでくれるなら嬉しい限りだけど
これからもコッソリ応援したいと思います。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

【お惣菜特集】若葉町のガウシャ、横浜橋の延明、福美
r_DSCF4012.jpg

ちょっぴり趣向変えて
今回はお持ち帰り惣菜特集です。

つってもコロッケやら焼鳥やらという普通のものではなく
ちと偏った肉料理系です。

r_DSCF1695.jpg

まずは横浜橋の中国東北地方な延辺地方の総菜屋さんの延明

中国ではわりとよくある豚の舌、耳、スネ、モツ
その他各部位をショーケースに入れて売ってるお店。

もちろん日本じゃ滅多に見かけませんが
そんなお店が日常の風景になっちゃうのが横浜橋の土地柄。

こちらはしばらく前から稀にお目見えしてた
腸詰を延辺地方風に料理したもの。

ここの腸詰はそのまんまだとちょっと淡白だけど
こうしてクミンや唐辛子で味付けるとかなりイケます!

r_DSCF4011.jpg

同じく四川料理の夫妻肺片。
普通はハチノスとガツですが
これはガツでなく舌ですね。

他所の店の同名の料理と比べてもちょい辛めな味つけですが
酒のつまみにもご飯のお供にも最適です。

最近香港美食の向こうを張ってか
わりと普通めのパック惣菜200円、まとめて500円とかもやってますが

私としてはこーゆー四川、延辺系の辛い惣菜をオススメしたい!

時々鴨肉の四川風とか出てるので、次はそっちを食べたいな。

参考ページ

食べログ掲載保留になったまんまですが、ちゃんと今日も営業してましたよ!

r_DSCF3795.jpg

すぐお隣りのキムチ屋さん福美も最近惣菜販売してます。

韓国風おでんを売ってたこともあるし
今日はシシトウの炒めものなんか売ってましたね。

個人的に推しなのがこの煮込みです。

酉の市や屋台、韓国居酒屋で定番の料理ですが
大抵の店がコンニャクや野菜で量増しして
その分肉が少ないと残念ですよね。

r_DSCF3797.jpg

しかしここのはモツとスジの量が圧倒的に多いです!
今まで他所で食べてたのって何だったの!とため息ついちゃうくらい。

おかげで大人気で
夕方に買いに来ようものなら
売り切れかギリギリ最後の1杯にありつけるか

くらいの売れ行きなので
行けるなら昼に買っちゃうのもアリです。

参考ページ

r_DSCF4009.jpg

今回も一番のホットトピックはやっぱりガウシャ!

シネマジャック&ベティ隣りの横浜パラダイス会館に復活した
南米風焼肉を扱ってる店です。

前回ソーセージを頂きました
その後もちょくちょく買いに行ってます。

r_DSCF3604.jpg

こちらは鶏の胸肉。
しっかりスモークされていて
本来ぱっさりな胸でも結構美味しくいただけてしまいます。

r_DSCF3607.jpg

裏側はこんな感じ。

まーでも
ホントは脂ののってるモモ肉食べたいよね。

したらもっともっと美味しいんじゃないかと思うんだけどね。

r_DSCF3758.jpg

こちらは牛ランプ肉。
薄切りを頂きましたが
皿からはみ出すサイズです。

柔らかくてジューシーでたまらんです!

値段の割に結構大ぶりな肉を頂けちゃうので
手軽にゴージャスな気分を味わえるのです。

r_DSCF4021.jpg

しかし最強なのはやっぱ豚かな。

このドカンとしたサイズのブロック肉。
他所の店の量り売りだと2倍から3倍くらいの値段すると思います。
でもこれハーフサイズなんだぜ!

r_DSCF4014.jpg

こっれがよーく脂のっててめっちゃ美味いのよ!

燻し焼きしてあるので
ローストスペアリブとベーコンの中間みたいな
両方の美味しいところどりな焼き上がり。

香ばしくて美味くてもう最っ高!
滴る脂も美味しくて指しゃぶっちゃう。

この量、グリルの店で食べようと思ったら何千円かかるかわかりませんよ!
いや、どう考えても1人で食べる量じゃないんだけどさ。

肉の塊がっついて食べるのはとっても幸せですね。
このまま死んでも悔いないってくらい!

パラダイス会館公式フェイスブック

2月の上旬から中旬までオヤジさんが南米に出かけてしまうそうなので
食べたいと思ったときには開いてなかった!
なんて歯噛みしない様、味わってくださいませ。

店内で食べられる時もあるので
その辺はお店の人に聞くとよろしいかと思います。

テーマ:惣菜 - ジャンル:グルメ

関内(真砂町)、モティティのチキンのレモングラス炒めご飯とスイーツバンベオ
r_DSCF3769.jpg

ベトナム料理の名店、モティティにまた行ってきました。
ここは平日夜限定のお一人様からオッケーの
スペシャルディナーコースがオススメなんですが

同じものばっかり食べてちゃ紹介するイミないからなーと
敢えて違うモノを頂いてまいりました。

r_DSCF3768.jpg

チキンのレモングラス炒めご飯。

お一人様だと
こういうご飯つきのワンプレート料理があると有難いですね。

レモングラス炒めという名前なので
酸味の勝つ味つけなのかなと思いきや

そんなことはなくて
玉ねぎと鶏肉をさっぱりめのカレーにしたような感じでした。

r_DSCF3770.jpg

鶏肉はやわらかいし
玉ねぎはとろんとろんでクセがない火加減なので
ほとんど煮込み料理のようではあります。

カレーと呼んでも差し支えないんじゃ?とさえ思います。
軽いスパイスの刺激に玉ねぎの甘さでご飯がすすむおかずですね。

r_DSCF3773.jpg

ここのご飯プレートは微妙に量が足りないので
スイーツバンベオというオリジナルのスイーツも頼みました。

公式ページに記載のないのこデザートは
餅菓子の一種ですね。

ココナッツ入りの餅をロールケーキのように巻いたものを薄く切って
緑豆の煮込みと練乳をかけたもの。

ホントはあとクラッシュドピーナッツもかけるらしいんですが
ピーナッツなかったのか知りませんが
胡麻がかかってますね。

r_DSCF3775.jpg

ほの温かい餅からはココナッツが香りたちます。
煮込んだ緑豆はつぶあんと同じよう。

緑豆と小豆という違いはあっても
日本の餅菓子とほぼ変わらないスイーツではありますね。

特別変わったところはないけど
美味しかったです。

公式ページ
参考ページ

この日は客が4組くらい入ってました。
今まであんまし他にお客見かけなかったので
ちょっとホッとしたりして。

お店自体の前との違いは
入り口にショーケースが置かれて
そこに料理見本が入ったこと。

どんな料理を出すのかわかるのは大きな違いですよね。
って、それが決め手になったのかどうかはわかりませんけど。

例のスペシャルディナーコース
店頭には看板がかかってますが
店内のメニューには差し込まれていないので
注文の際に訊ねるといいと思います。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

阪東橋(曙町)、フードランドスケープの牛すね肉のスパイシーカレー
r_DSCF3762.jpg

※閉店しました。

年の瀬ギリギリに開店したばかりのフードランドスケープ
明けてまた訪れてみました。

木金土のみの営業なんで
狙って行かないとですけどね。

この週のごはんメニューはしょうが焼きメインでしたが
カレーを食べてみたくて
牛すね肉のスパイシーカレーを選んでみました。

キーマカレーの方は去年桜祭りのイベントの時に食べたっけな。

r_DSCF3760.jpg

サラダのドレッシングがなんか甘めでした。

りんご酢とかみたいな
果汁入りのドレッシングなんじゃないかと思います。

甘いけど意外と尾を引く味ですね。

r_DSCF3761.jpg

牛すね肉をメインに添えたあたりからは
濃い色のカレーをイメージしていたのですが
予想外のターメリックイエローな色合いです。

結構野菜多めなんですね。

r_DSCF3763.jpg

パプリカ、ニンジン、カリフラワーと共に添えてある
この野菜…何て名前だっけ?

サンゴのような、深海生物のような…
食感はほぼカリフラワーと一緒ですけど
うーん、どこかで見たことあるけど思い出せん。

ピクルスとしての漬かり具合もよい感じ。

『変なカリフラワー』で検索したら
ロマネスコという品種のカリフラワーだと出てきました。

ネットの検索は便利だなぁ。
抽象的な表現でも引っかかる辺り。

r_DSCF3764.jpg

カレーなんだけど

なんとなく摩り下ろして煮込んだラタトゥユのようでもあるルー。
野菜成分かなり多め。

だけど野菜の甘みに負けない
ピリッとしてスパイス使いが結構好みで

カレー、と一口には言いにくいけど
でも美味しいです。

そしてごろんごろんと入った
大きめのサイコロカットの牛すね肉はほんと柔らかくて美味しいです。

すね肉って煮込むと形を保ったままでとても柔らかくなるからいいですよね~。

いやー、肉も野菜も辛さ具合も非常に素晴らしい。
いいカレーです。

惜しむらくは、ちょっと量が足りない…。

まー基本女性向けなんでしょうね。

ごはんはほどほど。
その分あとケーキ食べるからいいや、みたいな。

ヤローとしてはもーちょいたっぷり食べたいところなんですけど
味は文句ないから悩ましい。

大盛りとか頼めるのかしら?

公式フェイスブック

お店自体は人目に付きやすい場所にあるんだけど
看板のアピールが今一つ弱いお店でもあります。

週に3日しか開いてないお店だから
あんまし繁盛されても逆に営業し辛いのかもしれませんが。

取りあえず店名の大きく書かれた看板とか出しておくと
いいんじゃないかと思ったりしますが。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長者町、東北大飯店の四川風牛バラ麺
r_DSCF3750.jpg

改装してから日本語が通じるようになって
ずっと使いやすくなった東北大飯店。

年明けてからまたランチのメニューが微妙に変わりました。

四川風牛バラ麺、ニラレバ炒め、野菜炒め、海老卵子丼。

この中だとそそるのは牛バラ麺ですが
前回麺モノは山盛りでハラはち切れそうになりました。

二の舞になるのはわかっちゃいるんだが…

あと四川風を標榜する料理は多々あれど
川味を名乗ってるのはほぼ確実に本格的に辛い料理なんだ。

でも頼んじゃう!
ばっちこーい!

r_DSCF3751_20140109140158626.jpg

付け合せの漬物は
結構辛めのもやしキムチ。

お茶もアツアツなんで
実は結構逃げ道ナシ状態なんですよこれが。

r_DSCF3753.jpg

ほら来た!
この色合いだ。
唐辛子もごろごろ浮いてるし。

川味というのは、四川の味ってなことです。
何故四の字が消えるのかはよくわからないのですが

中国においては料理名は四文字に揃えるのがいい
という考え方の時代が長く続いたので
それに合わせるために省略したのかな?

ともあれ、華隆餐館しかり
四の字を抜いて川味、と表記してるトコはマジ辛いんですよ。

r_DSCF3752.jpg

そしてまた今回もレギュラーで大盛りてんこ盛りですよ。
スープを一口……うん、やっぱり辛い。

四川の辛い煮込み料理な水煮のスープとほぼ同じ味ですね。
唐辛子と山椒でピリピリ。

そして味噌のような独特のコクもあって
これがまた美味しいんだけど
ともかく辛い辛い。

r_DSCF3754.jpg

麺は今回も手延べ麺。
やっぱり2人分くらいあります。

アツアツなので小さなお椀に取りつつ食べていきました。

どろんどろんのモツみたいなクズ肉の牛バラではありますが
結構たっぷり。

これにもやし、キャベツ、白菜?等煮込まれた野菜もたんまり。

唐辛子もたんまり。

まさに四川の火鍋に手延べ麺をブチ込んだかのようなラーメンで
美味い!
美味いけど辛い!

セーター脱がな汗が…。
額と頭皮と首筋から汗が吹き出します。

いやー、食べた食べた。
またおなかぽんぽん。
量少な目にして、と頼むのもありかもしれませんね。

しかし暖房要らずの料理です。
コート小脇に抱えたまま帰れたものなぁ。

まぁ、油断してると風邪ひくので
適度に風切ったあと着て帰りましたけどね。

参考ページ

しかし…ランチメニュー半分に減ったかぁ。
ホルモンも食べてみたかったけど。

でも、ちょくちよく変わるなら
それはそれで楽しみが出来たもの!
次はどんなのが食べられるかな?

※その後また以前のメニューに戻りました。
どういうことになってるんだかよくわかりませぬ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

北幸、海串ブラーチェの炭火焼鳥丼
r_DSCF3806.jpg

横浜駅近辺は傘もささずに移動できる範囲に
目ぼしいスポットが集中してるので
その範囲外は全然不案内になっています。

なのでその辺を新規開拓がてら散歩してみようかな、とぶらぶら

妙にイタ飯屋が多かったりして
店名をメモっておいて帰ったら検索してみるか、と
思いつつまだぶらぶら

ラ・パウザの上の階に炭火焼イタリアン、なんてのがあるのを発見。

その妙な取り合わせと
いかにもリーマン向けっぽいランチメニューに惹かれて
エレベーターに乗ってみました。

パスタランチに追加して頼める鶏の香草炭火焼なんてのに惹かれましたが
なんとなく焼鳥気分だったので焼鳥丼を注文。

r_DSCF3802.jpg

いやー、リーマン向けのコストパフォーマンスに優れた内容ですね。

ちなみに味噌汁はあげにダイコンに混じって
マイタケが入っているのがちょっと嬉しかったです。
マイタケ好きなんですよね。

r_DSCF3804.jpg

丼は小ぶりながらも
焼鳥結構たんまり乗ってますね。

タレつけて焼いたのではなく
プレーンで焼いた後にタレを乗せてるタイプの焼鳥丼です。

皮はカリッと
肉はもちっとして
焼き上がりの香ばしく美味い鶏肉です。

ただ、焼鳥の出来自体がいいだけに
逆にタレの味が濃すぎるのがちょっと気にかかる。

r_DSCF3805.jpg

タレの味もーちょい薄めでも
じゅうぶん鶏の旨さだけで勝負できる出来だと思うんだけどな。
個人的には塩か塩ダレだけの方がいいんじゃないかと思います。

中心に温玉が入っています。
黄身を絡めると薄味に。

これは、最初から黄身を潰して
全体に満遍なく混ぜてから頂くのが正しい食べ方だったのかな?

次は香草焼きの方を頼んで
純粋に焼き加減の美味しさを味わってみたいと思いました。

r_DSCF3800.jpg

公式ページ
参考ページ

休日だったけど
スーツ姿のリーマン様方が結構いらっしゃいました。
お仕事ご苦労様です。

広くはない店内ですが
イタリアと微妙にアメリカ西海岸の入り混じったような内装に
4階という高さから見下ろせる風景もあって
まあまあ居心地のいい空間。

仕事の合間のランチにも
ちょっとした宴会にもよさげな印象でした。

こういう店って東京では折につけて入ったもんだけど
横浜界隈ではあんまし入ったことなかったな。

まだまだ新規開拓の余地アリだな、と思いました。

テーマ: - ジャンル:グルメ

山下町、スンガバのFスペシャルセット
r_DSCF3716.jpg

※閉店しました。扇町の店舗はまだ営業中です。

スンガバは
横浜スタジアムから玄武門を通ったすぐの場所にある
インド・ネパール系料理屋さんです。

扇町の脇道にあるお店の支店で
そちらのお店は前に入ったことがあり
ナンの美味しさが特筆モノだったかな、という印象でした。

中華街店はまだだったので入ってみました。

入り口横の一段高い場所にVIP席っぽいフロアがあり
奥の方に伸びるカウンター席

お一人様だったけど、たまたま他に客がいなかったともあってか
更に奥に通されました。

r_DSCF3713.jpg

奥のフロア、広すぎ!
この店こんな広かったのか。

直インドというより、イギリス統治下のインド、的な
西洋的な、でもちょいエスニックなフロアです。

流れている音楽もインドらしい素っ頓狂なリズムと歌ではなくて
西洋の影響を受けたような楽曲。

オーティス・レディングが80年代くらいの日本の安いバックバンドで
インドの言葉で歌ってる、的な
癒しっぽい曲だけど音が安っぽいな。

r_DSCF3715.jpg

ノーマルなカレーのセットは本店で食べてたので
今回はタンドリーも欲しいな、とスペシャルセットを注文。

まずはサラダですが、まぁこれはどの店でもほぼ同じですね。

r_DSCF3721.jpg

フルセットのプレートが来ると
やっぱりなんか嬉しくなっちゃうね。

r_DSCF3720.jpg

シークカバブとタンドリーチキン
どちらもスパイスヨーグルトによく漬かってていいお味。
釜焼きのよく焼きあがった旨味が楽しめます。

r_DSCF3718.jpg

辛口で頼んだけど
チキンカレーは比較的マイルドな味。
生クリーム使った口当たりのよいルーに
よく煮込まれたチキンも美味しい。

r_DSCF3719.jpg

でも個人的にはマトンの方が好き。
チキンとはルーの内容を全然変えてきてるのがいいですね。

元々クセのあるマトンを料理するのだから
こっちの方が個性の強いスパイスガンガン投入してるんですよね。
その辺の具合が大好きなんです。

ちなみに
ご飯は普通のジャポニカ米のターメリックライス。

ナンは、1枚でもっちりとパリパリの部分の
2種の食感を持たせたタイプだったけど
前に本店で食べたやつの出来ほどまではいかなかったかな。

r_DSCF3722.jpg

食後のデザートにアイス。


なんか懐かしい味。

昭和のレストランやデパートで食べたようなバニラアイスだ。
氷のつぶ入りで、微妙にソフトクリームのような
濃厚でない柔らかな仕上がり。

r_DSCF3724.jpg

ホットのチャイで〆。
寒い日には温かいミルクティが美味しいです。

r_DSCF3726.jpg

公式ページ
参考ページ

あれ?公式に扇町の店ないんだ?

ちなみに後から来た常連さんらしき人と店員さんの会話によると
店長さんは杉田のお店に行ってるそうです。

食べログとか見てるとそっちの方が評価高いみたい。

こちらの中華街の店は
ビジネスホテルとはいえ、ホテルの建物にあるおかげが
広いしゴージャスだし、賃料高いんじゃないかと
他人ながら余計な心配してしまいますが

でも多分杉田店より落ちるにしても
充分にクオリティは高いお店なので
安心して使えるお店だと思います。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

弁天通、チャコールグリル・グリーンのリングイッサソーセージの炭火焼きとスモークポテトサラダ
r_DSCF3621.jpg

グリルものが食べたくてまた炭火焼のグリーンに行きました。
今回はリングイッサ、ブラジルの豚ソーセージです。

厳密にはポルトガル風なんだそうですけど
ブラジル料理としての方が名前が通ってますよね。

ちなみに英語圏ではポルトガルの、という意味でポーチュギーズ・ソーセージと呼ばれ
沖縄のポチギっていうのはそれが語源らしいです。
へー。

r_DSCF3620.jpg

サワークリーム仕立てのドレッシングのサラダを食べつつ
料理が焼きあがるのを待ちます。

この日は混んでましたが
キッチンの様子のよく見えるカウンターだと
沢山の肉を焼いている作業が見えるので
待つのがぜんぜん苦になりません。

豚に鶏にビーフパテにソーセージ。
ああ、馨しくてよだれが溢れてしまいそうです。

r_DSCF3625.jpg

直火焼きのバゲットと溶きバターが来たら
もうすぐ焼けるよ~の合図です。

冷蔵庫から出したときに超巨大だったソーセージも
長々焼いているうちにずいぶんサイズを縮めてしまいましたが

心配には及びません。

r_DSCF3623.jpg

だって2本あるんだもの!
こんがり焼けました~なソーセージが来て
テンション最高潮!!

やおら齧りつくと油が飛び跳ねるので
ゆっくりゆっくり
デューン砂の惑星のバリアを破るかのごとく
慎重に歯の力を加えて

ソーセージってこの齧りついたときの弾力がたまんないですね!

切り口から油がしたたり落ちますが
それは付け合せの菜っ葉に吸わせて食べればよし!

ああ、旨味が口に広がる。
熟成された肉の美味しさがたまらんっ

昔の人は、よく肉を腸に詰めるなんて
不思議な調理法を思いついたもんだなぁ。

遊牧民が
大掛かりな調理場を必要とせず
また保存も効く調理方法を
と考えて編み出したものらしいんですけど
昔人の知恵に感謝!

r_DSCF3624.jpg

ポテトサラダは
スモークしたとダイレクトに感じるような風味ではありませんでしたが
入っているブラックオリーブがかなりいい味のポイントになっていて
こちらもめちゃウマ!

そして例によってグリルした赤カブもついてくるんですが
こちらも焼くことで風味が凝縮されてうまいのなんの。

メインもさることながら
副菜に至るまで美味しくて楽しみでしょうがないあたり
やっぱりこのお店はいいなぁ、と再確認してしまいます。

r_DSCF3626.jpg

コーヒーでひと心地。
食後のああ、美味しかったという反芻の時間まで含めてのご馳走です。

r_DSCF3627.jpg

今日のアイスはクッキー&クリーム。
甘さ自体はちょい控えめだけど
〆に相応しいとろけ具合。

公式ページ
参考ページ

うーん、堪能しまくってしまいました。
気分を上向きにさせてくれる素敵なお店です。

次は何を食べに来ようか
それを考える時間もまたご馳走ですねぇ。

テーマ:ソーセージ - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】ウルトラヒーローと特撮番組の50年
r_DSCF3630.jpg

日本大通りにある横浜情報文化センター
その8階にある放送ライブラリーにてただ今
ウルトラヒーローと特撮番組の50年という企画展示を行っております。

r_DSCF3628.jpg

そーいえば円谷は創立50周年になるんですねぇ。

慢性的な赤字経営などを背景に
現在では東映のライダーや戦隊モノに
大きすぎる溝をあけられたままですが

円谷の巨大ヒーロー番組の描く夢を糧に
過ごした幼少期の記憶が蘇り

大きな大人になってからまた魅せられちゃって
こういう機会にはついつい出かけていってしまいます。

r_DSCF3631.jpg

50年もの間にもはやウルトラマン、こんなに増えております。

プリキュア37人言えるかって言われても序盤で躓きますが
ウルトラマン38人なら言えてしまうんですなこれが。

カーチャン、もし振り込め詐欺の電話が来たらそう応対して……

なんて言えるわけがねえ!!

r_DSCF3633.jpg

入口ではメビウスがお出迎え。
撮影可能だったのはここまでなのが残念。

…って、あ!
スキマからノーバがちらりと見えとる。
マジで今になって気がついた!

ウルトラマンレオで予算不足から生まれた
安上がりなてるてる坊主型の円盤生物。
でも今見ると愛嬌あるよなぁ。

これはウルトラマンメビウス放送時に再登場したスーツです。
この隣には同じくメビウスで再登場した
バードンエースキラーホーの実際に撮影で使用されたスーツが展示してありました。

バードンのボリューム感がなかなかでした。
どれもウルフェス等での展示があまりされていないスーツだったので
実物見れてちょっと嬉しかったです。

2006年製なんでもうラテックスやら塗料やらボロボロですけどね。

r_DSCF3632.jpg

ヒーローもウルトラマンやセブン、タロウは言うに及ばず
ミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグエースやブースカなどなど。

平成以降はアトラクション用のスーツも本編使用のものと寸分違わぬクオリティです。

ゼロのアトラクション用スーツは
目の内側だけでなく、瞼の陰、額のスリットにも
覗き穴が付けられているのを知り感嘆。

平成デザインのディティールの細かさが可能にした
視界確保の技なんだなぁ。
この辺なら照明の加減でぜんぜん気づかれないし。

あとは当時モノの台本、チビラくん、パパゴン
ファイヤーマンのSAFやトリプルファイターのSATのヘルメットなんかも。
そんなのもちゃんと残ってるのがすごいね。
正に歴史的遺物ですよ!

あとこの手の展示もので扱われる機会の少ない平成ウルトラ系の
光線銃などの撮影用の小物。

ウルトラマングレートのUMAガン
ウルトラマンネクサスのディバイトランチャーなんて
滅多に見かけないモンまでありました。

ティガのスパークレンスからウルトラゼロアイまでの
平成ウルトラマンの変身アイテムがズラッと
並んでる様も壮観!

各番組の第1話などが見れるシアターもあり
特にブースカやらアニメのザ☆ウルトラマンやらは
今では見る機会もなかなかないから貴重です。

んでもって入場タダですからね、この展示。
無料の展示イベントにしてはえらい充実していて
太っ腹で素晴らしいですよ。

ファンの方には是非にとオススメしたい!

放送ライブラリー公式
イベント詳細

2月の16日までの開催となります。
散歩がてらにちょい童心にかえってみるのも楽しいと思いますよ!

あと春からは新宿髙島屋で
特撮の神様が遺した宝物「ウルトラQ・ウルトラマン・ウルトラセブン」円谷英二 特撮の軌跡展
なんてのもやります。

夏には横浜に来るけど、その前に新宿に見に行っちゃうなぁ…きっと。


余談…久々のテレビシリーズで個人的に沸き立ってたウルトラマンギンガですが…

正直、一番面白かったのは1話目だけで
あとどんどん盛り下り加減から回復しきれなかったのが残念。
企画は結構よかったと思うんだけどなぁ。

予算がなくて特撮減るのはしょうがないとして
その分シリーズ構成と脚本に力を入れて欲しかったな、という感じでした。

描きたいものを最初に盛り込み過ぎ
でも撮れる映像は限られるから削って、の部分で
取捨選択を大いに誤った印象。

最終話のタロウの活躍はよかったけどね!

とはいえ、新規に沢山の怪獣のソフビが発売されたのは嬉しかったです。

r_DSCF3854.jpg

ウチも今こんな有様。
置く場所がないから
おもちゃ屋みたいなレイアウトで天井角のあたりに飾ってます。
ディスプレイネットは100均で買えました。
結構安上がりです。

老いて世を去るまでずっと童心のまんまな気がするなぁ。

テーマ:特撮ヒーロー - ジャンル:テレビ・ラジオ

新子安(子安通)、ちゃんぽん浪漫食堂のカレーちゃんぽん
r_DSCF3688.jpg

京急の新子安の駅を出てすぐの場所にちゃんぽん屋ができてから
多分まだ10年も経ってないはず。

ちゃんぽんとか皿うどんとかって
そんなに頻繁に食べたくなる料理じゃあないけど
時々なんか無性に食べたくなることがあるよね!

そんな感じで稀に利用させてもらってたけど
久々に前を通りかかったら
カレーちゃんぽんなんて看板がかかってました。

インド人もビックリなんて懐かしいフレーズが使われてますが
平成も大分過ぎてから昭和スタイルの内装でスタートしとこともあるから
この店らしいといえばこの店らしいです。

r_DSCF3686.jpg

最初っから頼むものは決めてたけど
一応メニューは確認してみる。

ちゃんぽんも皿うどんも
お店によってあんまし味がブレない
そんなに店ごとの特色の出ない料理だから

カレー以外にも変り種があるかどうかは
ちょっと確認したくなったのです。

辛いのがあったり
本当は明太子があったりするけど
仕入れが出来なくて今月下旬くらいまで明太子味は休止中だとか

r_DSCF3687.jpg

お、焼きちゃんぽんなんてあるんですね。

ちゃんぽん屋で汁なしといえば皿うどんに変わってしまうのが
何故か世の常識となってますが

焼きそばよろしく焼いたら絶対美味しいハズだ!
と思っていたので、これはまた試してみるしか!

r_DSCF3689.jpg

んで今日はカレーちゃんぽんです。

昭和のコンセプトにも合うよう
カレーの味はごくごく標準的なカレー粉仕様の味。

それは予想ついてたけど
その組み合わせでも美味しくないワケがあるまい!
と、そこまで想像ついてたので頼んだカレー。

r_DSCF3690.jpg

そーなんですよ!
これを読んでらっしゃる方も
多分容易に味を想像されてることと思います。
正にそのまんまの味です。

でも、わかるでしょ?
絶対美味しいって。

r_DSCF3692.jpg

シャキシャキもやしにキャベツ、ニンジン
きくらげに豚にナルト。

当たり前のトンコツ系ちゃんぽん
やっぱりカレーの味を加えても
美味しくいただけちゃうんですよ。

スープの最後の一滴までしっかり頂いてしまいました。
満足満足!

r_DSCF3685.jpg

昭和に佐賀にあった食堂が
息子が子安にお店を出すにあたって両親を呼んで来て
そうして出来たお店のようです。

古材木やプレハブ素材に古い看板をあしらった昭和風の内装に
ずっと昭和歌謡の流れてるお店です。

公式ページ
参考ページ

そろそろまたリンガーで霜降り白菜の時期だけど
その時以外はちゃんぽん食べるなら
こっちがいいな。

何より京急新子安駅からも
同じく京浜東北線新子安駅からも
徒歩1分以内の便利な立地でございます。

まぁ、子安自体わざわざ訪れる人、あんましいないから
便利って言い方も微妙だけどな!

テーマ:ちゃんぽん - ジャンル:グルメ

黄金町(末吉町)、華星の豚バラと蒟蒻四川風炒め
r_DSCF3303.jpg

秋の味覚キャンペーンはもう終わっちゃったわけですが
もーちょいほかの料理が味わってみたくてまた入店。

ありきたりでない料理が定食にないかなー、とメニューを眺めてみたら
豚バラと蒟蒻四川風炒めなんてありました。
よし、それだ!

r_DSCF3304.jpg

まーカタログ的な当たり前の写真メニューには載せられないルックスですね。
ゲテっとした仕上がりで、しかも皿からはみ出しかけてるし。
蒟蒻が水増し要員として入っているとはいえ、結構なボリュームでございます。

r_DSCF3306.jpg

ああ、体に悪そうな油加減だけど
でも美味しそう。

目を引くのは蒟蒻だけど
定食モノにしては厚めの豚バラが意外に多く入っているので
結構食べてて嬉しいです。

r_DSCF3308.jpg

うん、やっぱり前より醤というか、油の味具合が好みの感じになってますね。
適度な辛さの五目野菜と豚がうまくてご飯がすすみます。

コンニャクは、正直そんなに好きではないので
なくてもいいかなーと思ってしまいますが。

参考ページ

しかしこの料理、あらかた食べ終えると
皿の底にかなり大量に刻んだニンニクが姿を表しました。

うーむ、このあとお客さんと合うんだが……ヤバイ
ミントガムでも買って帰るか。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

東神奈川(二ツ谷町)、イツワ製麺所食堂の食べラー油のまぜ麺
r_DSCF3483.jpg

こないだヴェルデを探して
東神奈川周辺を右往左往
していた時に見つけたラーメン屋です。

そっけない店構えだけど製麺所とあるのでちょい期待はあったのですが
ウチ帰って調べてみたら見慣れたページが

ヒットしたのはつちころりさんの日々の食卓の忘備録だったり

結構美味しそうだな~。
敢えて別のモノを頼むのも手だとは思ったんですが
辛い和え麺って大好きなんだよなぁ。

やっぱり最初の刷り込みには勝てん!ということで
つちころりさんと同じく食べラー油のまぜ麺を注文してしまいました。

r_DSCF3481.jpg

ラー油は液体ほとんどなく
ドライカレー的なペーストが底に敷かれています。

上は挽肉とシャッキリの水菜と白髪ネギ

油分少なめだから味が麺に行き渡るかなぁ、と思いつつも
ともかく混ぜて食べよう!

r_DSCF3484.jpg

この手の料理って
唐辛子の辣はあっても
しびれる感じの麻がないことが多いんですが

こいつは花椒がしっかり効いてて美味いっ!

杜記の四川然麺にちょっと近い味ですね。
痺れる辛さがたまんなくウマイ。

麺は結構固め
アルデンテ系というか。

ずるずる啜る喉越しを楽しむというよりは
小麦粉を噛む食感を楽しむ感じでしょうか?

これも好みだなぁ。

こういう麺って本牧の酔亭で食べたのが初めてだったけど
そうか、近場にもあったのか!

噛む、噛む、しっかり噛む。
こういう小麦粉そのものを味わうような麺って好きだ。

食べてる途中にそば湯を入れるような容器が供されました。

つけ麺用のスープ割りでした。
汁自体がない和え麺だから、あんまし出すイミないんだけどね。

軽く入れてどんぶりの底にこびり付いてる油を混ぜて食べてみたけど
うん、やっぱりあんましイミないわ。

r_DSCF3479.jpg

中がほとんど窺えない店構えは
一見入るのに勇気入りますね。

そもそも開いてるのか自体よくわからなくて
耳そばだてて
換気扇の音とキッチンタイマーの音が聞こえたので
安心して入った次第だし。

そんな一見さんには敷居の高い向きもありますが
食べてみればやっぱり美味しいとわかるのでした。

参考ページ

然麺系の和え麺は大好きだし
この固ゆでの麺も好みだから

また食べに来よう。
でも次は普通のラーメンかつけ麺をまずは味わってみようか。

テーマ:麺類 - ジャンル:グルメ

自由が丘、サバランのディズィ
r_DSCF3660.jpg

先日初めて自由が丘を訪れて
ハンガリー料理を頂いた記事を書きましたが
やはりそれだけじゃ終ってませんでした。

もう一件、トルコ・ペルシャ料理のお店に行っていました。

サバランという、イラン人の名物店長1人で切り盛りされてる
小さなお店です。

r_DSCF3651.jpg

小さいバーが入るくらいの小さな間口の中は

……カオス!

中東の小物が所狭しと置かれ
天井からは色とりどりのトルコランプが飾られてますが
おかげでかなりのタコ足配線も見て取れます。

沢山の芸能人の色紙や
店長と芸能人や政治家とのツーショット写真も山ほど飾ってあります。

ペルシャ絨毯も壁からかけてあるけど
2千円札の絨毯って何だこれ!

厨房は、昭和のご家庭の台所的です。

でもインテリアみたいなトルコ式のチャイ入れる器具が
ちゃんと使われてるのがいいですね。

r_DSCF3652.jpg

というわけでまずチャイ。
アールグレイ的なクセのあるお茶ですが
濃い目にはいってて美味しいですね。

グラスよりもチャイに映ったランプにピントが合うって
なんか不思議な写真になったな。

r_DSCF3654.jpg

日替わりで羊のケバブがあるというのが非常に魅力的だったのですが
今日はディズィというペルシャの鍋料理を頂くことにしました。

某格ゲーの天使と悪魔のスタンドしょってるいじめられっ子系ラスボスではなく
羊とひよこ豆とじゃがいもをトマトとスパイスで煮込んだ料理なんですが

壺に入った状態で皿とナンと一緒に運んできた店長さん
やおら壺のフタを半開きにして具が出ないように汁だけを皿に入れ

有無を言わせずナンをちぎって入れて
更にマッシャーでぐっちゃんぐっちゃん潰してます。

え、えええーー!!

r_DSCF3656.jpg

そういう風にして食べる料理なんですと。

ヨドバシに入ってる西安で食べたヤンルーポーモーの源流にあたる料理なんだろあなぁ。

あれは中国のナンである莫を自分で細かく千切ってから
厨房に戻して料理してもらうというヤツでした。
中東からシルクロード渡って西安に入ってきたんでしょうね。

まぁ、そんなわけで
ちょいスパイシーめなトマトソースをたっぷり吸った
ぐちゃぐちゃのナンを頂きます。

プリミティヴな、麺とかコットロティとか以前の
小麦粉料理を頂いている感じです。
スープ粥的な。

子供の頃はこういう食べ方すると無作法だと言われますが
昔の人はこうやって食べるのが当たり前だったんだよ!
とヘリクツ捏ねてみよう!

r_DSCF3658.jpg

けど
中東式のナンって、これがまたけっこう美味いんですよね。
巨大な源氏パイみたいな感じですが
外のカリッカリな焼き方に胡麻の香ばしさがまたたまらないんです。

汁吸ってくたくたにするの勿体無いくらい
このカリカリの焼き加減が美味しい。

r_DSCF3662.jpg

壺の中にまだまだスープの具の方が残ってます。

r_DSCF3663b.jpg

コイツを皿にざざっとあけて
本来ならまた
マッシャーでぐっちゃんぐっちゃんにするのが正しい作法なんですが

地のスープの味と素材の食感も味わいたいので
半分だけ潰してナンはカリカリのまま一緒に頂きました。

ナンに吸わせるの前提だから
濃厚な味のトマトのスープが美味しい。

ちょっぴり硬めな煮込み方のひよこ豆に
煮込み羊もやっぱり美味しい。
潰した豆はトマト味のフムスみたいな感じ。

中東方面は水が貴重だから
野菜の水分で煮込んだシチューに
焼いた小麦粉を浸して食べる
というやり方が当たり前だったんでしょうね。

主に、喉に詰まらせて水を必要としない、的な意味合いで。

そんな生活の知恵的な伝統料理を
舌と胃で理解いたしました。

r_DSCF3665.jpg

デザートのヨーグルトとドライデーツ。
ヨーグルトはなんかいろいろ入ってるけど
何だかよくわかりませんでした。

色と香りは何らかの花からとった香料っぽいのが
使ってある印象。

でも甘さはほとんどなく
デーツを砂糖代わりにして食べる感じで。

干したナツメヤシはそれだけでもう
ケーキみたいな濃厚な甘さが口に広がります。

お酒飲んじゃいけないイスラム教徒達は
数少ない嗜好品としての甘いモノに目がありません。

いかついヒゲのオッサンたちがみんなして
笑顔で頬ばってたりするわけですよ。

そんな愛しい黒い宝石がデーツです。

r_DSCF3650.jpg

というわけで
時代から取り残された自由が丘デパートの片隅で
結構濃い目の、味の異文化体験が出来るお店です。

今度は、焼いた羊をカリカリのナンで食べたいなぁ。

ちなみにテレビタレント経験もある店長は
今回はわりとおとなしめでした。

たぶん日暮里のザクロのおっちゃん同様に
夜になるとエンジンかかってくるタイプの人なんだと思う。
あと女性客の時とかな!

公式ページ
参考ページ

公式のホームページは作りかけで放ったらかしっぽい。
ぐるなび見たほうがよさそうです。

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ

自由が丘、キッチンカントリーのハンガリーグヤーシュスープ
r_DSCF3641.jpg

仕事が一段落ついたらちょっと遠征して
食べに行きたかったお店が何軒かありました。

そのうちの一つがハンガリー料理のお店、キッチンカントリー。
ハンガリー料理なんて日本じゃ滅多に食べられないものね。

自由が丘は
横浜からは東横1本で渋谷に着く前に行けるわりと気軽な場所。

その駅前の自由が丘デパートには何軒か
エスニック系のお店が固まってるようなので
是非一度訪れてみたかったんですよ。

r_DSCF3640.jpg

初めて訪れた自由が丘

そして当の自由が丘デパートは
デパートというイメージからはずいぶん遠い印象でした。

雑居ビルというか
地下と1階がアメ横で
2階から上が飲み屋ビル…的な

目当てのハンガリー料理店も
どちらかというと昭和の洋食屋的な佇まい。

でも醸造されたかのような
結構いい味出した雰囲気です。

r_DSCF3648.jpg

メニューも『ハンガリー』というより
昔ながらの洋食的だよね?

私が唯一知ってるハンガリー料理グヤーシュを是非食べよ……ってあれ?

ハンガリーグヤーシュスープと
グラーシュシチューって…?

グヤーシュとグラーシュって、違う料理じゃ…ないよね?
単に後者がドイツ訛りなだけで。

多分前者がさらっとしたスープのグヤーシュレヴェシュで
後者が肉を多めにしたグヤーシュフーシュ、なんだと思う。

ハンガリーの農村の人たちが
家に戻って食事の支度をする手間を省くために
外の釜で調理できる料理として重宝したのがこの料理。

転じて軍用糧食としても利用され
二次大戦中のドイツでもハンガリー風シチューとして
採用されたとかいう話があります。

r_DSCF3647.jpg

自分の中のこだわりで
グヤーシュ表記になってる方が正義!と
スープの方を選択しました。

この黒い帽子と毛の生えた水筒って
ハンガリー特有のものだって感じですよね。

r_DSCF3642.jpg

ごく普通の洋食のトマトシチューセットっぽく見えます。
ご飯はわりと小盛りですね。

r_DSCF3646.jpg

ポテサラも普通っぽく見えますが油が違いますね。

北欧の酢油漬けに使うような味の油が使ってあって
それだけでも一際美味しく感じます。

r_DSCF3644.jpg

なんてことはないトマトシチューのようですが

…おや
トマト味というより
パプリカの風味が強いですね。

トマトって元々強い食材なのに
それに勝るくらいにパプリカ味です。

そしてキャラウェイシードが入ってますね。

おかげで黒パンにも似た風味がするんですが
それがまたまた美味しい。

r_DSCF3645.jpg

じっくり煮込まれたニンジン、タマネギに
少しですが牛肉。

あと、なんか小麦粉を練った塊みたいなのが入ってます。
マカロニの代わり的なモンかしら?

スパイス具合が他の国と違うので
結構味違って感じます。

見かけは普通の洋食的ですが
ちゃんとハンガリー料理でした。
美味しかった。

r_DSCF3638.jpg

公式ページ
参考ページ

しかし初めて来た自由が丘ですが
不思議な街ですね。

縦横無尽に入り組んだ商店街の何処も結構人が大勢いて賑わってますが

この自由が丘デパートと、更に連なる屋内のひかり街
アメ横、飲み屋街というか

実際のアメ横や、横浜橋商店街なんかは
戦後からゆるやかに新陳代謝をしつつ
昔から続いてきた商店街なんですけど

ここは1960~70年代に最先端の街だったけど
そこから完全に進化の袋小路にハマッたまま
今日まで生き残ってきたみたいな

そんなガラパゴスな雰囲気の街です。
賃料が安い、とかなのかしら?

ともあれ
生まれたときから冷凍保存されたかのような
そんなお店もまた趣き深いので
一度訪れてご覧になると楽しいと思います。

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、タートバンのローストビーフ
r_DSCF3788.jpg

お休み取り損なったのでタートバンへ。
道中じゃのめやはやっぱり満席だったけど
何故かおきにも行列が出来ていたのには驚きました。
テレビにでも出たんかいな?

r_DSCF3781.jpg

それはともかく本日のランチは
肉がローストビーフ
魚がスズキのポアレなようです。

あれ?お値段が905円って安くなった??

ではなくて、外税表示になったんですね。
春から消費税上がるし、その1年半後にはまた上がりますからね。

やれやれ、また暮らしにくくなるなぁ。

そんなことより今はハラに収めるものの品定めを…
やっぱローストビーフだな!

r_DSCF3783.jpg

本日のプチオードブルは
白身魚のマリネ
スモークチキン
野菜とキノコのソテー
ピクルスです。

キャベツ、パプリカ、カブ、シイタケをまとめる油具合がいいですね。

それから今日は特にチキンの豊潤な香りと旨味がたまりません!
このお店の燻し具合は大好きだなぁ。

r_DSCF3785.jpg

コンソメスープは
前よりも味つけは少し薄めになりました。
煮込んだ野菜の味が前に出るような仕上がり。

前の味も好きだけど
今回のもいいね!

r_DSCF3787.jpg

サラダも相変わらずの出来だけど

r_DSCF3789.jpg

メインと一緒に出されると存在霞むなぁ。

なんという厚切りローストビーフ!

うやうやしく1枚1枚、ではなく
がぶりんちょと頂けるサイズでございますよ!

グレイビーソースと、手前の刻みネギのオリーブオイルのソースの
二つの味で頂けます。

付け合せの温野菜をこのソースに漬けるのも美味しいんだこれが。

r_DSCF3792.jpg

中心に脂身が来ていることからもわかるように
肉自体もあぶら加減ちょい多めですけど
そこがまたよかったりします。

特に脂がソースよく吸って馴染んでるから
噛みしめると美味いですよ。
肉ももちろん噛みしめる喜びに溢れた味ですし。

女性としては脂の部分は残すのはしょうがないと思うんだ。
女性客は軒並み脂に手をつけずに終えてるし。

でも出されたモンは残さず美味しく頂く主義なんで完食。
皮下脂肪に帰ってくるんですけど
まぁ、美味しくて幸せだからいいや。

r_DSCF3794.jpg

デザートはテーブルに置く時に
なんと説明していいか困ってた様子でした。

洋風白玉ぜんざい、とまとめてましたけどね。

白玉餅に小豆あん
その上にリンゴのコンポートとカスタードクリームがけという
このお店ではお馴染みの組み合わせではあります。

不思議と合ってしまう味で美味しく頂けました。

公式ページ
参考ページ

昼休みに癒しを求めることのできるお店が
比較的近場にあってよかったなぁ、としみじみ。

週末だけのプレミアムでリーズナブルなランチ
これからもよろしくお願いしたいところであります。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

日本大通り(山下町)、ケロッグアンドカレーの横浜港海底調査カレー
r_DSCF3326.jpg

秋、開店して間もなくの頃寄らせてもらった
最近はむしろ珍しいカレー専門のお店ケロッグ&カレーに際訪問しました。

夜だったのでオトクなランチはありませんが
バリエーション豊かなカレーから何を選択するか……

なんとなくシーフードに気分が向いたので
横浜港海底調査カレーを!

r_DSCF3324.jpg

今回もマスタードオイル系?のさっぱり味のドレッシングのサラダ
だけど美味しいんだぁ。

r_DSCF3328.jpg

ライス普通で頼んじゃったけど
値段そのままで大盛りも頼めます。

ブラウンライスにバジル、フライドオニオン乗せ。
ラッキョウっぽい浸け方の白菜がついてきます。

r_DSCF3329.jpg

シーフードだから横浜港海底調査って名前がついてるけど
横浜の港なんてヘドロしかないんじゃねーの?って思うよね。

実際カレーの色もブラックカレー系の濃い色合い。

ちょいっと足がはみ出てるあたり
「こちらバチスカーフ! 海底に巨大生物がっっ!!」
とかむしろそっちの方面なのか。

ちなみにこのメニュー、英名だとただのシーフードカレー。
ランチ用のダウングレード版だと山下埠頭海底調査カレーになります。

なんだかな。

r_DSCF3332.jpg

「博士ッ! ドラゴノザウルスが浮上してきましたっ!」

手前のは怪しげな深海生物……ではなく
タテに包丁を入れたエビが熱でひらいたものです。

あとホタテの貝柱とか、大きめのシーフードがゴロゴロ入ってますよ。
この写真から見える量の倍が入ってます。
豪華!

r_DSCF3334.jpg

真っ黒カレーって大抵は甘めなモンですが
コレはしっかりピリリとした辛さがあっていい感じ。

濃く旨味が凝縮された味に
フランベしたたんまりのエビイカホタテが飽きさせない。
空腹に任せてガンガン食べてもまだまだ半分あるっていうのが嬉しいよね~。

大盛りにしないとご飯足りないかなと思ったけど
ルー多めのバランスで充分おなか一杯頂けました。
美味しかった。

公式ページ
参考ページ

更新されたホームページにフェイスブック見ていると
店長さんの気合が感じられて面白いですね。

しかしこういう気合って何故かラーメン屋の場合は支持されるのに
カレー屋の場合はカラ回りしいてると思われてしまうのが世の常。
それが日本の文化。

気軽な値段よりちょい上になりますが
美味しい創作系カレーのお店
末永く続いて欲しいと思うのでした。

ちなみに横浜シーサイダー情報によると
オーナーシェフである釜田さん(以前はチャコールグリーン馬車道で勤務)とあります。

チャコールグリル・グリーン仕込みだってんなら
そりゃ美味しいわけだわ。

そーいえばしばらく前からランチのカレーがメニューから抜けたのは
こちらの店長さんが独立したから、とかなんだろうか?

ともあれ、機会見つけて全メニュー制覇せな!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長者町、東北大飯店の酸菜麺
r_DSCF3544.jpg

改装して1階に下りてきた東北大飯店
ランチも始めたので前回利用させてもらいましたが

他所ではあまり扱ってない中国東北料理もランチで扱ってるので
そっちを頂いてみたくて再訪しました。

r_DSCF3545.jpg

酸菜麺。
日本じゃあんまし聞き慣れない名前ですが
中国東北地方で作られる白菜の漬物です。

そのまま食べるよりは
鍋やスープに煮込んで使われることが多いです。

細く切った酸っぱい白菜。
つまるところ、中国版のザワークラウトですね。

発酵食品なので独特のクセはありますが
慣れると非常に美味しいんですよ。

r_DSCF3546.jpg

しかしアレです…
量えらい多いですね。

ゆうに2人分くらいはあるんじゃなかろうか?
多分華隆餐館の刀削麺より多いですよこれ。

r_DSCF3547.jpg

酸っぱい漬物を白湯で煮込んでます。

酸辣湯のように酸っぱさが前に出る味を想像されるかもしれませんが
わりと柔らかな酸味で、じーんと体に染みこむような味ですよ。

好んでこれを使ったスープ料理をよく頂きますが
しみじみと温まる出来栄えです。

あと、豚肉とか春雨とかとも相性いいです、これ。
これにも少しですが豚肉入ってます。

r_DSCF3548.jpg

ここのラーメンは基本手延べ麺なんですね。
スープとの絡みもよく食べ甲斐があります。

クタクタ白菜とねじれ手延べ麺と
優しい酸味の白湯。
冬には特に最高です!

いやー、昼からこんなのいただけるの
嬉しいなぁ。

しかし……マジでハラ一杯です。
体はホカホカで食べてる途中セーター脱いで汗拭いたくなるし
帰りは上着を小脇にかかえて帰りました。

寒いハズ…なんだけどなぁ。
過信して風邪ひかないように注意する必要はあるかもしれない。

参考ページ

テーマ: - ジャンル:グルメ

若葉町、ヨコハマ・アジア・ダイニング&バーのほうれん草とチキンのカレー
r_DSCF3295.jpg

お昼にちょくちょく寄らせてもらってます多国籍料理のお店。
日替わりメニュー看板にあるほうれん草とチキンのカレー、というとサグチキンのことかな?
ランチメニューとして昼から食べられるのは珍しいな、とまた入店。

r_DSCF3294.jpg

毎度のサラダ

r_DSCF3296.jpg

今回はナン折り曲げてますね。
まぁその辺は気分かもしれません。

r_DSCF3297.jpg

あれれ?
ほうれん草をジューサー等で細かく刻んでカレーに入れた緑色のカレーであるところの
サグカレーを想像していたのですが、違ったようですね。
普通にいつものカレーにほうれん草を煮込んだカレー。

r_DSCF3299.jpg

とろけてモロヘイヤ的な状態になってますけど
でも美味しいよ。

カレーという料理のフトコロの深さなのか
元々親和性があったというべきなのか

まぁ日本人的に慣れた組み合わせではないので
違和感感じる人もいるかもですが
私的にはアリです。


ほうれん草というとお浸しなどが我々にとっては馴染み深いから
和の食材という印象が強いですが

そもそもはネパール原産なんですよ。
ほうれん草の菠薐、の字はネパールのことなんで……

と、書こうと思ったら
どうやらネパールというのは誤訳だったらしくて
ホントはペルシャのことだった模様。

うーん、だからネパール料理でほうれん草は理にかなってる、
という記事の前提が崩れてしまった。

ともあれ、外来の食材なんですよね。
日本に入ってきたのは江戸時代なんで、もうすっかり馴染みな青菜ですけど。

r_DSCF3300.jpg

今回もデザートつきました。わーい。

ミルク……?
ココナッツミルクのプリンでした。
ほどよい甘さでうまし。

r_DSCF3301.jpg

寒いのでホットチャイを最後にいただきました。

日替わりのレパートリーはまだまだあるけど
次は変化つけてフォーとか頂いてみようかしら?

公式フェイスブック

なんかカレーばっかり食べてますが
最近こんなニュースがありました。
幸せホルモン「セロトニン」は腸から出てることが判明! カレーを食べるとドバドバ出るらしい

そうかー、カレー食ったから今幸せなんだ~。

まぁ胃腸の調子がよくて美味しいもん食べると幸せなのは確かですね!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中華街、熊猫飯店の豚肉と山椒風炒め
r_DSCF3245.jpg

数年前に出来たばかりの熊猫と書いてパンダ飯店です。
媽祖廟の向かいにキャッチーな店名なこともあって
結構繁盛している様子。

最近の中華の新規のお店ってどこもそうそう外れのない
きちんとした料理を出すところが多いですが
ここのその一つ。

でもそこまでじゃあ
中華街にまで足を運んでわざわざ入るきっかけにはならんのです、が

たまーにピンポイントでランチな気になるメニューが入ったりすることが

r_DSCF3246.jpg

で、今回入ったきっかけとなったのは
豚肉と山椒風炒め

……接続詞が「と」ですが「の」じゃないのは
中国ではよくあること。

山椒が品名にまで入ってるってことは
きっと結構効いてるってことだよね?
と注文したのですが

r_DSCF3247.jpg

見た目はまるっきり回鍋肉
でも山椒だけでなく、黒皷がたんまりで
色もまっかっかなのが四川好きとしてはたまりません。

って、この味、老干媽ですね?
元々中華街でよく売られていたピリ辛の調味料です。

一時期流行った食べるラー油に便乗して更に大量入荷。
だけど桃屋のアレと違って本格的に辛いので
一部の人の支持しか得なくて投げ売り中、という。

r_DSCF3248.jpg

でも私は好きなんです。
老干媽で回鍋肉を作ってみた、というわかりやすい料理。

辣油以上に山椒で舌はピリピリ
でも豆皷の甘みがキャベツに絡んで美味い。

たんまりの肉野菜はご飯と相性良く
いくらでも食べられてしまうお味です。

ar_DSCF3244.jpg

店を出るまでの間もお客がひっきりなしにやって来ています。
何だかんだ言いつつ日本人はパンダに弱いんだよなぁ。

参考ページ

八百屋直営だっていうけど、どの店の系列なんだろ?
近いところで信濃屋青果店あたりだけど、さてはて?

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

長者町、ザ・カレーのマトンマサラとアルコアチャル
r_DSCF3273.jpg

インド・ネパール料理店の乱立もだいぶ落ち着いてきた今年7月に
わりと安いカレー屋が出来たと聞いてはいたのですが
なかなか赴くチャンスがなく、半年近くしてようやく食べに伺うことが出来ました。

r_DSCF3269.jpg

入口に券売機があるし
店内もカレースタンドというよりは
むしろラーメン屋のような雰囲気です。

「外国人スタッフによる営業のため
片言の日本語での対応になります。
ご理解の程宜しくお願い致します。」

との但し書きが潔いですね。

そして、値段も確かに安いんだ。
余所の店のようなセットはないけど
350~520円のカレーに
150円のナンかライスをつける、みたいなシステム。

結果的に余所の店のセットメニューよりも多いレパートリーを
セット並みの値段で組み上げる事が出来るってコト。

r_DSCF3276.jpg

辛さの選び方もカレースタンド系です。
取りあえず3辛で様子見。

r_DSCF3270.jpg

選んだのはマトンマサラ。
トマトベースのマトンカレーです。

安いお店だけど
ナンのでっかさは余所の店に退けをとりません。
焼き加減も上々。

r_DSCF3271.jpg

3辛で十分な辛さです。
トマトの酸味と甘みとスパイスの辛さと相まって美味い。

r_DSCF3272.jpg

けど、予想外にニンニクの量が多いなコレ。

先に大量に摩り下ろして炒めてたけど
全部煮込んでたとは思わなかったわ。

ニンニクマシマシカレー、結構イケます。

r_DSCF3275.jpg

券売機にアルコアチャルがあったんで頼んでみたけど
仕込み済みのをレンジで蒸しなおして
スパイスと軽く和えた感じかな。

スパイス効いてるけど塩味がほぼないので
単品として食べるには向かないかも?

インドカレーには基本ジャガイモ入ってないから
カレーに足す用だと考えた方がいいように思います。

r_DSCF3278.jpg

カレーのクオリティ自体は他の量産型インド・ネパール系と遜色ないです。
それでカレースタンド並みの気軽な店なので
使い勝手はいいんじゃないかと思います。

参考ページ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

みなとみらい(新港)、ポート テラス カフェのムチュ・ジ・ワ・クク
r_DSCF3466.jpg

みなとみらいのワールドポーターズの後ろにある
JICA横浜を初めて訪れてみたのは
確か事業仕分けでJICAがやり玉にあげらていた頃でした。
そーいえばあったな、冷やかしに行ってみるかー、みたいな気持ちで。

そこにあるカフェテリアは
各国の人向けにいろんな料理が食べられて
一般の人も入場オッケーなんだと知り何度か利用しました。

その頃はまだお客の比率は日本人と外国の方が半々くらいだったかな。
東南アジアの大学の学食にでも潜入したかのような
微妙な後ろめたさがまたご飯を美味しくしたりして。

まーでも各国の料理とはいっても
学食レベルではあるので
変わり映えしないメニューにいつしか飽きて
あんまし寄らなくなってたんですが

r_DSCF3462.jpg

おろ?
定食メニューが全部エスニックだ!

3食とも和食ってケースの方が多かったんですが
そーか、日によってこういうこともあるのか!

Aはインドのムルギカレー
Cはフィリピンのアドボ
Dはタンザニアのムチュ・ジ・ワ・クク

タンザニアのパネル写真展に併せての企画なんですね。

タンザニアの料理なんて食べたことないし
ちょいと試してみたくなりました。

r_DSCF3467.jpg

付け合せのサラダはカチュンバル
これはインドの料理の名称だったような?

キャベツ、タマネギ、ニンジンの細切りを塩もみしたようなサラダでしたが
塩…薄い…。
ドレッシング欲しいな。

オニオンとマッシュルームのコンソメは普通。

ご飯は、タイ米だと思うんですが
ココナッツミルクで炊き込んであるんですね。

クローブか何かのスパイスも入れてるっぽく、香りがいいです。
ココナッツで炊いてるのでぱっさり感は薄れて
意外に美味しい出来上がりです。

ワリワナジ、って言うんですね。
アフリカの言葉はリズムが独特だなぁ。

r_DSCF3470.jpg

メインのムチュ・ジ・ワ・クク
鶏肉をトマト味で煮込んだシチューなんですね。

給食のトマトシチューみたいなのじゃありませんよーに、と
期待半分不安半分で頂いたのですが

あら、これ美味しい。

濃厚なトマトの風味に、スパイスの味がしっかり

スパイス詳しくないから何を使ってるんだかよくわかりませんが
肉の臭みを消すのに使うようなスパイスだと思うんですよね。
その味と香りの具合が非常に好みでした。

r_DSCF3471.jpg

やわらかの骨付き鶏肉とじゃがいもとニンジンの相性は
我々は日夜カレーで味わってます。

この辺は日本もアフリカも変わらないってコトですね。
ここは仲良くできるポイントだ!

スプーンとフォークで崩すようにして骨から肉をとって食べ
汁をスプーンで口に運び
ご飯を頂く。

タンザニアも結構やるわい、とか思いつつ味わいます。

最後は骨を手に取って肉を余さず削ぎ取ります。

うん、美味しかった。

r_DSCF3475.jpg

日差しは明るいとはいえ、さすがにこの時期
外のテラスで頂くには寒いかな。

でも、リーズナブルに
みなとみらいを一望できる場所で気持ちよく食事が出来るっていうのは素敵なことです。

無駄遣い箱モノかもしれませんが
まぁ、存在してるんなら、せいぜい利用させてもらわな。

r_DSCF3712.jpg

というわけで明けて翌年もう一度伺いました。

この日はAがハヤシライス、Cが炊き込みご飯とカキフライ
そしてDがビーフレンダンでした。

インドネシア料理!と喜び注文したのがこんな内訳。

インドネシアというよりタイっぽいスパイス使いのさつま揚げ入りサラダと
しっかりエビの出汁の効いた小松菜入りスープ

r_DSCF3708.jpg

んが、メインのビーフレンダンはココナッツミルク感はほぼなく
ハヤシライスにサンバルを足してちょい辛めにしたかな、くらい。

そう、いつものこの店らしい、学食的な味わいでした。

ビーフレンダン…と言われると首を傾げたくなるけど
ピリ辛ハヤシライス、厚揚げ入り、ということなら
充分美味しい出来でした。

牛肉もとろとろで美味しかったし。

てことは、年末のタンザニア料理が
プロデュースの人がちゃんと味にこだわった企画だった、ってことなのかな?

r_DSCF3463.jpg

ヨコハマウォーカーやらいろんなメディアに紹介されるようになってから
結構混むようになりましたね。

この写真を撮った年末は
ほぼ日本人しかいなかった感じでした。

公式ページ
参考ページ

HP上でランチメニューの告知もされてるんですね。
Dランチが企画モノの時を狙ってまた行こうかな。

とはいえ、他のレギュラーのエスニックメニューも
味が本格的であるかにこだわり過ぎないなら

安上がりにみなとみらいの一等地で
ゆっくり食事できる場所としての選択肢としてはアリだと思います。

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

長者町、すし元の江戸前あなごのバラちらし丼
r_DSCF3696.jpg

年明けって行楽地のビルの中以外のお店って概ね閉まっちゃって
食べる場所に悩まされますよね。

去年…というか一昨年の年の瀬にはすし元にお世話になりました
今年もやっぱり新年最初の外食はここだな、と安心して向かうことが出来ました。

何を食べよう?
海鮮丼、鉄火丼、にぎり、サーモンのたたき
サーモンといくらの親子丼、いくらのバラちらし、本まぐろ
どれも捨てがたい…
江戸前あなごのバラちらし丼…

あなご!!
そういえば今朝起きた時
なんか無性にあなごが食べたい気分になったんでした。

ああ、気分に丁度向いた料理を出してくれるなんて
なんて粋なお寿司屋さん、ステキ!

偶然でも感謝しつつ、今日はちょいフンパツですよ。

r_DSCF3697.jpg

毎度の、寿司屋にしては超デラックスなお膳でございます。

寿司屋のランチって微妙に量足りないことが多いけど
ここはほんとおなか一杯、全ての副菜に至るまで
美味しい料理をいただけるんですもの。

r_DSCF3699.jpg

いい味したとろみ酢醤油が
衣と身にしっかり行き渡った魚の南蛮漬け美味し。

r_DSCF3698.jpg

白子おろしにサラダ
やっこ豆腐に
お吸い物……ではなくお雑煮です。

正月だからだけど
こういうちょっとしたことが非常に嬉しい。

そして、この汁がとってもいーいお出汁が出てて
めっちゃウマイ!
おもちも焼いてから入れたもの。

この焼き加減がまた絶妙で
ほんのりの焼けた部分を口にすると
えっらい香ばしい香りと味が広がるんです。

ヤバいな
メインも食べないうちから
明日も食べに来たくなったぞ。

r_DSCF3700.jpg

あなごでなければいくらを食べたいと思ってたところだったんで
いくらもいっぱい入ってるのがまた嬉しいこと。

そしてあなごも
煮アナゴでなくて焼きアナゴですね!

白焼きあなごもまた
よく焼けた部分のカリッとした食感と共に
香ばしさが口の中に広がるっっ

そしてふっくらしながらもやわらかい身は
とろけて口の中に芳醇な香りと味が充満します。

うまいよー、めっちゃうまいよー!

r_DSCF3701.jpg

いやー自分、あなごの本当の美味しさを
今までまだ知らずにいたんだなぁ。

焼いたのって食べたことなかったんですよ。
てんぷらか煮あなごしか食べたことありませんでした。

あなごを半分しか知らずに生きてきて申し訳ありませんって感じです。

ちょいちょいとわさびをつけるとまた風味が増します。

もちろんいくらも美味しい。
チラシの出来も超上々!

だけど今回は特にアナゴにしてやられましたわ。

ああ、美味しかった。
素敵な気配りの献立に喜ばされて
美味さに驚かされて、そして大満足させられて…

参考ページ

こんなにいい店なのに
なんで1年近くご無沙汰してたんだろう?
なんでそんな勿体無いことしてたんだ自分?

もーちょい頻繁に使って
こういう非レギュラーのメニューもチェックせねばいかんのぅ。

テーマ:海鮮ちらし寿司。 - ジャンル:グルメ

八重洲、エリックサウスのゴア風フィッシュカレープレートBとチキンティッカ
r_DSCF3670.jpg

新年、明けましておめでとうございます!
旧年中は当ブログを訪れて頂きありがとうございます。

本年も昨年同様のゆるゆるな感じで更新して行きたいと思っております。
ご愛顧の程宜しくお願い致します!

さて、年明け1発目は昨年末のお話になります。


帰省前に東京駅でカレーを食べてこう!
八重洲界隈は何故か南インド料理の美味しい店が3件もあるのです。

前回はダバ・インディアの味を堪能しましたが
今回は出遅れた!
年の瀬だってのに、開店早々もう行列が出来てます。

ここは諦めて、まだ入ったことのないエリックサウスに…と地下街に逆戻り。

南インドカレー&バル、とありますが
地下街のそんなに大きくない一角に
カレースタンドよりはちょい大きいかなー
くらいの規模のお店がありました。

しかしスタンド風だというのに
かなり本格的なカレーが出るですよねぇ。

系列店である前食べた川崎のお店も、ただの弁当屋に見えて本格南インド料理だったし。

r_DSCF3668.jpg

お、期間限定でゴアフィッシュカレーなんてあるのか!
ゴア地方特有のココナッツとマスタードで魚を煮込んだカレーなんです。
折角なのでこいつを頂こう。

こちらのお店は13時を回るとミールズが選べて
それが非常にオトクなセットなんですが
まだ13時まで50分くらいあるからなぁ。

ミールズに近いプレートセットがあるので
そちらにチキンティッカもつけて頼むことにしました。

r_DSCF3669.jpg

60年代風のこれがミールズだ!図解が飾ってあります。
「たけし君
 カレーが大好きな男の子。
 晩ごはんがカレーの日は
 午後の授業をサボっちゃう
 やんちゃな子」

なんなんでしょうね、これ…。

r_DSCF3671.jpg

ミールズに一際大きい皿が追加されたような
セットのプレートが来ました。
これでゴアも充分に堪能できますね。

お代わりできるラッサムとサンバルとか付かないけど
見た目だけはほぼミールズのセットです。

r_DSCF3672.jpg

右から追加オーダーしたチキンティッカ。
150円という安値の割には量あるし
濃い目のスパイスヨーグルトによーく漬かってて
ほんのりの酸味も加わった辛いやわらかチキン美味いです!

これはエリック来たら次も絶対頼むべし!

サラダはまぁ普通かな。

r_DSCF3673.jpg

小さいのは生姜のチャツネ。
ゴアカレーが辛いほうがよければ入れてくださいとのこと。

豆せんべい、パパドの下にあるご飯は
白いのがバスマティライス
ターメリックライスはジャポニカ米です。

緑色のはカルダモンかと思ったらレーズンでした。

r_DSCF3674.jpg

選べるカレーはマトンをチョイス。

量産型インドネパール系の店のクリーミーなのとは違って
どろっと濃厚でホールスパイス満載の辛くて美味しいカレー。

大抵のインドカレーはギーという溶かしバターを使っているのですが
南インドでは代わりにマスタードオイルで伸ばしています。
個人的にマスタードの方が好きだなぁ。

あと羊肉の柔らかさ加減も好み。
八重洲はそうそう来る機会ないから
せめて川崎でもっと食べようかな~。

でもあそこの羊はキーマなんだよなぁ。

r_DSCF3676.jpg

本日の菜食カレーは小松菜のクートゥ
クートゥっていうのは野菜のココナッツと豆の煮込みのこと。
ポタージュ状に煮込んだレンズ豆は辛さ控えめ。

味噌汁的な安心できるお味です。

r_DSCF3675.jpg

メインのゴア風フィシュカレーは寒ブリを使ってるそうです。
荒挽いたマスタードとココナッツでクリーミーなカレーになっています。

カレーというほどの辛さはなく
白身魚のココナッツ煮込みという感じですね。
ブリはムニエルのように舌でとろけて美味いです。

辛さが欲しいのでチャツネ全投入!

あんまし生姜という絵感じはしませんでしたが
辛さとほんのりの酸味で旨味マシマシうまうま。

パクチーとオニオンがまたいい味出してる。

r_DSCF3677.jpg

テーブル備え付けの漬物
ダイコンのアチャールも結構美味しいです。

マスタードシードとオイルで辛くして
ちょい梅にも似た酸味が深い。

r_DSCF3679.jpg

公式ページ
参考ページ

食べ終わる頃にミールズの時間。
もーちょい待てばよかったのも確かだけど
それまで空腹もたなかったからなぁ。

胃に余裕あれば、もう1件行こうかとも思ったけど
結構おなか一杯。
美味しくって満たされた気分でした。

さて、電車に揺られるとしますか。

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR