オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
横浜橋(真金町)、ソムタムのマッサマンカレーセット
r_DSCF7388.jpg

タワンルングがランチ営業を休止してしまったので
その替わりのお店はないかと探していたところ
そーいえば横浜橋のソムタムはお昼から営業してたよなと思い出した次第。

でもランチの類はなかったので
昼から一品モノ頼むにはちょっと量的にも料金的にも重いかなとは思ったんだけど

r_DSCF7382.jpg

アレ?
ぼく夢でも見てるのかしら?
願望が現実世界に現れてるようじゃオシマイ……

ではなくて!

r_DSCF7365_201406271333366f2.jpg

そこなワンコ、ちょっと頬をつねってみちゃくれまいか?

つーかここは日本だというのに
タイの犬みたいに、のべーっと気だるげな様子だな。

番犬どころか狛犬の役目も果たしておりませんが
可愛いからOK

ガガンゴ!

r_DSCF7383.jpg

入店して改めてランチメニューを確認すると
レッドカレー、グリーンカレー、マッサマンカレー、カーガイカレーの4択なんですが
どれもサラダとデザートどころか
トムヤンクンにパッタイまでついてくる豪華仕様ですよ!

これホントに妄想なんじゃね?
と再び悩みながらもマッサマンカレーを注文。

r_DSCF7384.jpg

毎年毎年酉の市ではお世話になってます
結局中まで入るのは初めてですね。

多分居酒屋の居抜きなんじゃないかとは思うんだけど
見事なまでにタイになっています。

r_DSCF7385.jpg

招き猫も信楽焼きの狸も日本のものなんだけど
こーゆー配置されると途端にタイ空間化に一役買っているあたりが面白い。

つーかこれ夢邪鬼の作り出した夢の世界の中なんじゃないだろな?

いざ食べようとしたら文化祭の前日に…いやいやいや
いい加減ネタ引っ張り過ぎですね。

r_DSCF7389.jpg

というわけでお待ちかねの料理が来ましたっ。
どれも十分な量があってウマソーですわよ。

r_DSCF7390.jpg

サラダはフツーですが
デザートのタピオカ入りココナッツミルクは程よい甘さで美味し。

しかしカボチャまではよくあるからわかるんだけど
もう一つの灰色の物体はタロイモあたりかと思ったら
…どうもゴボウっぽい気がする。

食感も味も多分ゴボウ、ほんのり塩してあるので
ココナッツミルクの甘さに旨味を加えちゃいるんだけど

だけどゴボウ。
ゴボウをデザートに使うなんて初めてですわ。

r_DSCF7393.jpg

トムヤンクンの辛さと酸っぱさのバランスが絶妙でいいお味です。
充分にエッジの立った味わいで様々なスパイスと下味を感じるけど
でも決して辛過ぎたり酸っぱすぎたりしません。

そしてパッタイと同じ米麺入り。
トムヤムヌードルとしても楽しめます。

r_DSCF7392.jpg

パッタイも如何にもタイ料理らしい辛さと酸味に
魚醤系の香りと干し蝦の旨味を感じます。

そして少量だけど具材もケチッてなくていろいろ入っているのもいい感じ。

むちむちの米麺にほどほどの刺激と野菜と卵の美味しさが加わって
これだけで十分メイン張れる出来栄えです。

r_DSCF7391.jpg

そしてマスマンガイ
タイに住むムスリムの作ったカレーと言われ
去年CNNGoで世界一美味い料理と評価された一品。

おかげで昨今は多くのタイ料理屋でコイツを扱うようになりましたね。

r_DSCF7395.jpg

ココナッツミルクをベースにしたコクのあるカレーで
鶏肉にじゃがいもにピーナッツが入っているのが特徴的です。

タイ料理にしては辛さ控えめで
ココナッツミルクのコクが十二分に出ているあたりが
西洋人の琴線に触れたのだと思います。

このお店のは味の調え方はベトナムのカレーに近い感じです。
サイコロカットにされた鶏モモとじゃがいもが
コクたっぷりの控えめの辛さのカレーと馴染みます。

一緒に煮込まれたピーナッツもこれはこれでいいアクセントです。
ご飯と一緒にかっ込むとたまりませんな、これは。

これだけいろいろ料理があると
一口目はカレー
二口目はパッタイ
三口目はトムヤム、といろいろ楽しむことが出来て

そしてどれもたっぷりあるという、素敵なランチセットです。

r_DSCF7363_201406271334358f7.jpg

最期まで味わいつくしたけど
やはり夢ではありませんでした。

満腹満足ののぼりに偽りナシ!

しかしこれだけの高コストパフォーマンスだというのに
自分以外誰も客おらなんだのが勿体ない。

ソムタムの食材店の方にもレストランでランチやってますの看板あるんですが
横浜橋も一本奥の通りとなると気づく人少ないんですかねぇ。

ちなみに食材店の方にもワンコ2匹でれっと寝そべってました。
全部で5匹?

公式ページ
参考ページ

好評で長続きしてくれることを祈ってご推薦しておきます。
満腹満足必至の素晴らしいタイランチでしたよ。
スポンサーサイト

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

東神奈川(二ッ谷町)、ベアーズダイナーのダブルバーガーと食べる紅茶
r_DSCF7316.jpg

ハンバーガーにさして興味のない私がわりとちょくちょく食べに出かけている
バーガー屋さんです。

やっぱりここのビーフパテが一番美味しいよな、と毎回思いつつ。

r_DSCF7309_20140624133910de9.jpg

そろそろ暑くなってきたのでコーヒーもホットよりアイスだなぁ、と
窓際の席でのんびり雨の第二京浜を眺める昼下がりもまたよろし。

r_DSCF7310.jpg

今回もダブルバーガー選択。
このパテのボリュームはいいですよねぇ。
トッピングは変えようと思ってたハズなのに
思い出したら前回と一緒だった焼きオニオン。

r_DSCF7314.jpg

今回はパテとパテの間に挟んであるので
両手でしっかり握っても圧縮しにくく
だから食べるのに苦労します。

でも一口でガブッと両方のパテが食べられないからこそ
余計にボリューム感を感じるのだと思えばOK

数年前に教えてホンマでっか!? で紹介されていた
粒子法によって研究された
ハンバーガーをこぼさず食べる方法の研究を実践してみせた動画がありましたが
これはそもそも一口でガブリとはいけないからなぁ。

しかし満足いくボリュームを味わいつくせるので
やっぱりここのバーガーは最高!

r_DSCF7315.jpg

デザートに新しく入った食べる紅茶というのを頂いてみました。
夏向けの涼やかな見た目がいいですね。

r_DSCF7317.jpg

早い話が紅茶のゼリーに
凍らせたブルーベリーとバニラアイスとミントの葉を乗せたものです。
ゼリー自体に甘みはないのでシロップをかけて頂きます。

紅茶の香りと味がしっかり出ているので
シロップにもアイスにも負けない大人の味わいが楽しめます。

暑くてじとっとした日にはこういうデザートがとても美味しいですね~。

公式フェイスブック
参考ページ

そして期間限定だったアランチャティラミス
オレンジピールの入ったたっぷりサイズのティラミスも復活しているようですので
こちらも是非!とオススメしておきます。

テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

末吉町、J's Storeのカオマンガイ
r_DSCF7350.jpg

ヘビーローテ中だったタイ料理のタワンルング
暫くの間ランチ営業を休止するとのことで
満たされぬこのタイ料理腹をどうしてくれよう?

ということで久々に伊勢佐木方面で一番のディープなタイ料理屋であるJ's Store
久々にやって来ました。

元々この界隈の出稼ぎタイ人向けの食材+弁当屋だったものが
厨房を遊ばせておくのも勿体ない、と食堂付にしてしまったのがこちらのお店。

不規則なお客の時間の都合にあわせて24時間営業なので
客層も様々だしそらディープにもなるよなぁ。

r_DSCF7336.jpg

増税に伴って料金も850円均一(例外アリ)になりました。

チェンマイ風そうめんと豚スープカレーというのを頼もうと思ったのですがないらしい。
隣りのそうめんと魚ベース辛いスープかけならあるよ、と言われましたが
食べたかったのはそうめんなわけじゃないんだよな。

ということでスタンダードにカオマンガイを頼みました。

r_DSCF7342.jpg

こんなセットメニューも出来たんですね。
これは手軽にこのお店の味を知るのにいい内容だと思います。

r_DSCF7343.jpg

そしてドリンクメニューも増えました。
冷凍焼きココナッツジュースって一体何???
頼んでみればよかったな。
今度ケースから出してみよう。

r_DSCF7344.jpg

調味料、主に辛い方向に調えるものの類は
でん、とテーブルに常備中です。

そして自分以外にも日本人客が何人か来ました。
あちこちでディープな店として紹介されたこともあって
結構存在知れ渡ってるのですね。

r_DSCF7347.jpg

来ました。
気取らない内容が結構いい感じです。

タイのみならずマレーシアやシンガポールなどの国でも広く食べられている料理。
海南出身の華僑が東南アジア方面に広めた海南鶏飯。
これのタイ版がカオマンガイ。

小鉢に入れられた調味料は
唐辛子と魚醤と酢とあと野菜を刻んだものが入っています。
味はほとんど酢味噌。

タイ料理屋では初めて食べる味ですが、これ結構イケます。

r_DSCF7349.jpg

鶏ダシのスープがえらい美味い。
ダシがきっちり出てて、オマケにしては素晴らしい味ですよ。

r_DSCF7352.jpg

弁当用に調理したものを出すだけのはずが
意外に時間かかったなと思ったら
ちゃんと鶏ダシでタイ米炊き込んでるんですね。
これはいいなぁ。

何気にレバーもついてくるのがちょっと嬉しい。

r_DSCF7351.jpg

あっさりした仕上がりだけど
うっすらとした鶏ダシの効いてるタイ米が結構美味しくて
こちらもあっさりの茹でた鶏と一緒に食べるのがいい具合です。

先程の酢味噌っぽいのや、テーブル備え付けの辛い調味料を足していって
好みの辛さを作り上げて食べるのもなかなかオツです。

今回はそこまで辛いもの食べたい欲求ではなかったのでパスしましたが
次は魚スープのそうめんとか食べてみようかな。

辛ければなおさらジュースを頂くのもよさそうです。

参考ページ

そしてその後とある店がもっとお得なランチをやっているのを発見したのですが
その話は週明けにでも…。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、一六地蔵縁日
01r_DSCF7374b.jpg

毎年の初夏から秋にかけての風物詩、一六地蔵の縁日の時期がやってまいりました。
今年から6月始まりで
1、6、16、26と回数を減らしましたが

さすがに毎年月に6回もやってるとテキ屋が来ない日もあったり
飽きられたりするのでこの辺が丁度いいのかもしれませんね。
まぁ、これでも開催十分多いけど。

02r_DSCF7366b.jpg

まぁ基本的にはテキ屋がメインでかきいれのお祭りですので
商店の方はさほど参加はしてないんですが

03r_DSCF7367.jpg

今年というか、今回はちょっと気になる屋台が。

ドネルケバブ自体はさして珍しくはありませんが

04r_DSCF7370.jpg

味つけがジャークチキン仕立てだとのこと。

大抵は肉自体には味はついてなくて
チリソースやヨーグルトソースで整えるのがスタンダードなわけですが

好物なジャマイカ式のバーベキューのスパイスの味だと言ったら
もう頼むしかないわけですよ。

05r_DSCF7371.jpg

まだ支度が出来てなかったのでつらつら時間を潰して戻ってきて注文。
概ね他のケバブ屋と変わらないオペレーションですが
肉の上の方にスパイスがかかってるのが見えます。

06r_DSCF7372.jpg

ソースはチリトマトとヨーグルトのミックスで頼みました。
チリの濃い味が支配的にはなるんですが
独特のピメントとタイムとオニオンのクセのある辛さがします。

大抵のお店ではケチャップかけたりするから
チリ強めでも悪くありません。

ジャークチキンでドネルケバブという変則技ではありますが
しかし美味しいものが食べられるならもちろんオールオッケー!

普通のドネルと同じように見えて
味わいの深まっているジャークなケバブ美味いですよ!

次の開催もボブさん来てくれるかしら?

07r_DSCF7376b.jpg

そして毎年楽しみなのはパティヤラパレスの出店です。
今年も例年通りのメニューを出していますので

08r_DSCF7378.jpg

まずはサモサ。
ここのお店のはアンコというか
中のすり潰した豆とイモのカレースパイス和えの部分の味つけ濃いめなのが
特に美味しいと思うのですよね。

09r_DSCF7380.jpg

そしてタンドリーチキン。
チキンの大きさが当たり外れあって
今回は残念ながらハズレの大きさでした。

それでも味は折り紙つきなんですけどね。

タンドリーで拵えた後にバーベキューコンロで焼いて温めたものなので
ちょい焦げ目が出来てるけど
こちらも濃いめの味付けが好みです。

伊勢佐木町公式ページ

全力で遊び倒すようなものではありませんが
帰りがけになんかつまんでいくとか
晩ご飯代わりに買っていくとか

そういうちょっとした楽しみが夏の間何度か出来るお祭りです。

テーマ:★祭★ - ジャンル:グルメ

阪東橋(白妙町)、ランプポストのビーフソテー、ゴマ醤油ソース
r_DSCF7214.jpg

ここもずいぶん前から営業していたお店だったと思います。
30年前にはあったとも聞きます。

そして結構前から知っていたのに
いつか入ってみようと思いつつ延び延びになっていたお店です。

いつも精力的にランチ開拓をされてらっしゃいます
玖珠さんの塵壺日誌にて取り上げられ

そうかー、結構よさげなお店なんだー
と意識して改めて寄ってみた次第。

r_DSCF7209.jpg

ハンバーグ白ごま醤油ソースは前から見て気になっていたのですが
デミと青菜のドリアとかオムライスのカレーソースとかは前は見かけたことなかった気がする。

外から中がうかがいにくいお店だったんですが
中に入ってみると結構お客さんいっぱい。

後からもどんどん増えてきて、あっとゆーまに満席になりました。
人気店なんですね。

昔ながらの喫茶店か洋食屋的な佇まい。
洗濯船にちょっと似てるけど
こちらの方が内装にお金も年期も入ってます。

r_DSCF7210.jpg

野菜入りのコンソメスープ。
明確に味が出てはいないものの
優しくてしっくりくる味わいでした。

r_DSCF7211.jpg

気になって頼んだ料理は
日替わりのビーフソテー、ゴマ醤油ソースというもの。

ポークやチキンでソテーはよくあるけど
ビーフソテーって初めて聞きました。

炒めるからソテーなんだろうけど
その場合でも大抵はステーキと呼んじゃうよね。

r_DSCF7217.jpg

普通は肉を前面に推したてるものですが
野菜に隠れて全然肉が見えないって珍しいですね。

このタマネギのくたり具合がなかなかいいなぁ。
そして味ののり具合もよくて
タマネギだけでパクパクたべられちゃう。

r_DSCF7218.jpg

青菜とキノコとジャガイモをどけると肉が現れます。
ゴマがかたちを残したままの甘みと酸味のある醤油ソース。
肉はハンバーグなみに柔らかく口の中でとろけていきます。

なんかすごい懐かしい味だ。

洗濯船は昔ながらの洋食の味を現代に蘇らせた感じだけど
こちらは当時からタイムスリップしてきたような味わいです。

昭和の頃らしい、微妙な垢抜けなさがいい塩梅で
懐かしくて、それでいて美味い。

当時親に連れられて外出した時に
レストランなんかで食べた味だなぁ、これ。

醤油味をベースにしたソースの出来がいいなぁ。
そして肉のやわらかさ、タマネギの具合、白眉でした。

惜しむらくはちょっと量が少ないことだけど
他の席のおばさま方はこのくらいの量が丁度いいのよね、とおっしゃってます。

r_DSCF7219.jpg

まぁ、この近所のお客さんの年齢層にあった味と量だということだと思います。

しかしこの味に郷愁を呼び覚まされるということは
私もどちらかというと向こう側の人間だということですな。

まぁいいさね。
昭和万歳。

たまにはそんな気持ちに浸りつつのお昼もよろしいです。

グーグルマップリンク

情報共有サイト系に記載がありませんので
塵壺日誌を参考ページとさせていただきます。

参考ページ

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

長者町、タワンルングの豚ロース生姜焼き定食
r_DSCF7103.jpg

※閉店しました。

最近ランチタイムのスタメンとして利用中のタワンルング
ランチメニューの半分を残すところ
今回はメニューの中にないサービスランチを頼むことにしました。

メニューにないのにどうやって知るのかといえば
外の看板にのみあるメニューからです。

ワンコインのお値段で
からくないですフツーです、と書かれていますが

これが日本式の生姜焼きなのか
タイ料理的なバイアスのかかった料理なのか気になるところ。

r_DSCF7102.jpg

本日はスープがいろいろ具沢山になってますね。
青ネギとニンジンとタケノコと豆腐。
ネギのやわらかさ加減が美味し。

r_DSCF7104.jpg

どうよ?この色の濃いタレに充分浸かったロースは?

一見小さく見えますが
大きめのロースをカットせずに盛っているので
実は結構ボリュームあります。

食べてみると、スタンダードな生姜焼きのような味だけど…
いや、やっぱ違うな。

生姜のピリッとした風味と清涼感に
かなり濃厚な醤油ダレ。

辛くはない生姜焼きの味ではあるんだけど
どことなくタイっぽい味つけです。

初めて入った時には台風焼き鳥のガイヤーンを食べました
これは生姜焼きというよりはムーヤーンですね。
(ガイが鶏、ムーが豚です)

ワンコイン値段に抑えておくのが勿体ないくらいの主力級メニューです。

r_DSCF7105.jpg

そして小さくカットしてない上にタレが滴るほど肉に乗っているので
これはまず丼の上に乗せて豚焼肉丼にして食べるのが正解だと思います。

皿から直接食べようとするとたぶん服に汁が落ちます。

濃厚なタレの染みたご飯を食べるのが美味しく満足感があります。
正直ちょっと味濃すぎるかなという気もするけど。

参考ページ

横浜界隈でワンコインランチ選手権を行ったら
ダントツで1位なんじゃないかという高コストパフォーマンスです。
満腹幸福素敵なランチ。

さて来週は何を食べよう、とか思っていたところ
暫くランチタイム営業は休止とのこと。

何てこったい!
見つけてまだ間もないお昼の楽しみが失われてしまうとは。

早期の営業再開を願うところであります。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

曙町、宝水産の鮪腹身生姜焼丼
r_DSCF7200.jpg

曙町に出来た宝水産の支店は結構頻繁に利用させて頂いておりました。
4月いっぱいでランチの営業が一時休止となり
弁当販売のみとなっていたのですが

めでたく復活ということで浮足立って出かけて行きました。

r_DSCF7199.jpg

再開してのメニューはこんな感じ。
他の店舗と内容をかぶらないようにしてきたようです。

でも厨房の板前さんたちの顔ぶれは変わってないようなので
安心しつつ、とりあえず値段の低い方から順に頼んでいくことにしようかな。

といっても4択だけど。

r_DSCF7207.jpg

まずはお吸い物。
ランチの付属だというのに
このでっかい魚の切り身入りは嬉しいですね。

前のようなサラダ等の副菜はなくなったけど
それでもなおお十分なCPを誇っています。

r_DSCF7205.jpg

とろみ生姜醤油の照り色が表面についているけど
白身魚のような明るい色の腹身。

焼き色のついたパプリカとタマネギがいい色合いな上に香ばしい。
半熟の温泉卵はどういう配分で頂こうか悩ましい。

r_DSCF7204.jpg

さらっとした口どけの鮪腹身たっぷりで食べ手があるのは嬉しいです。
でも個人的にはタレにもっと生姜が効いていて
カルビ焼きのようにこんがり焼けていた方が好きかなぁ。

さっぱり味もそれはそれでいいのですが
下に敷いたキャベツにかかっているマヨネーズの主張が予想以上に強く
コンビニのつくねマヨにぎりみたいな味になっちゃいました。

このお店は完全に和の味の方向でまとめた方が美味しいと思うな。

次は海鮮、宝富士かまぐろづくしか
どちらを頂こうかな?

公式ページ
参考ページ

テーマ:マグロ - ジャンル:グルメ

生麦(東寺尾)、カスピアンのケバブ・クビデとファローデ・シラーズィー
r_DSCF7137.jpg

先日自宅から比較的近場に発見?したペルシャ料理のお店カスピアン
いや近場といってもキビキビ歩いて20分ちょいなワケですけどね。

前回はあまりに暑すぎて目標以外目に入らなかったのか
住宅も近くにないとか書いてしまいましたが

交通の便はあんましよくないけど
落ち着いて見たら建売にマンションもろもろ
ベッドタウンなんですね。

そんなわけなのか
今回は比較的ご年配のご婦人方のお客多め。

交通の便の悪い建売の住人というのは
概ね日本がまだ豊かで一億層中流とか言われた頃に
ちょいと頑張って家買った、老後の心配あんまししないで済む世代なワケです。

庶民向けよりはちょい高いお値段のランチにはなりますが
キレイでちょいオシャレで美味しい洋食のお店っていうのは
その世代の奥様にとっては必要不可欠な存在なんだと思います。

そこでこの場所、競合相手が全くないんです。
本来なら洋食屋、あるいはフレンチ、イタリアンなんかが求められるところに
するっと収まった感じなんですね。

他にはケンタッキーと回転寿司のお店くらいしかないものね。
お店といえば大口か生麦駅前か鶴見に出るしかない。
車が無いと生活成り立たなさそう。

だからペルシャ料理オンリーでなく
バーガー、パスタ等扱っているというのは正解なんですね。
需要は主もに洋食だもの。

r_DSCF7130.jpg

そんなわけでご婦人方はパスタやバーガー頼んでいますが
今回はわたしゃケバブと決めてます。

赤カブのスープが相変わらず美味しい。
サワークリーム入りでコクが深まった感じ。

r_DSCF7131.jpg

サフランライスかナンを選ぶというので
自家製のナンを選びました。

インドのものと違って薄めにパリッパリに焼かれたセサミ入りナン
食感も香ばしさもたまりませんなぁ。

ビーツのサラダに葉野菜いろいろ。
そしてトマトをこんがりと焼いてるのが面白い。

r_DSCF7135.jpg

肉~
羊と牛の合い挽きなのかな?
きめ細かい挽き方で柔らかくて旨味たっぷりで美味し。

でも他所のペルシャ料理で食べたものより
仕上がり焼き加減が上品な気がします。

ちょい粗野めな方が好きだけど
これもこれで美味しいな。

そして中東式のナンでケバブ頂くって
意外と機会がないもんだから
野望の一つが果たせました。

肉と穀物はやっぱり相性素晴らしいなぁ。

r_DSCF7139.jpg

辛いのお好きでしたら使ってください、とディップが出てきました。
そーいえばおねーさん前回より細やかな説明と対応出来るようになってますね。

母国とのイントネーションの違いから
飯塚真弓っぽい舌足らずな喋り具合が可愛らしい。

それはそれとして
これは青唐辛子とトマトとその他香草の入った調味料っぽいですね。

r_DSCF7141.jpg

手前の肉にかけたのは
ペルシャ料理のお店ならではのスパイス、スマークです。
これがちょっと日本のゆかりのふりかけに似た感じの味なんですよね。

キャンドゥで食べたのと違ってあからさまにゆかりゆかりしてないけど
これはこれで味が深まって美味しい。

奥の肉に先ほどのディップをつけましたが
辛さ自体はそんなに強くないんですね。

むしろオニオンか何かの甘さが引き立って美味しい。
全部使っちゃって問題なさそう。

というかパスタにソースとしてかけて食べたい感じです。

r_DSCF7147.jpg

そして前回食べ損なった夏限定のペルシャのデザート
ファローデ・シラーズィというのを頼んでみました。

パフェっぽいけどなんか得体が知れません。
ローズウォーターで作ったシャーベットだというのですが

r_DSCF7146.jpg

特筆すべきなのはこの麺類っぽいフレーク的な存在。
上のトッピングではなく、内容のほとんどにいき渡ってます。

水分に浸かっているのにパリッパリの食感。
固焼きそばというか、真っ白だし米粉かタピオカ粉使って作るのかな?

シャーベットとはいうけど
これがシャリシャリなのではなくて
溶ける寸前の氷のつぶみたいな仕上がり。

パリパリの麺(?)の食感とともにひんやりした甘みが口内を満たします。
あと砕いたピテタチオの食感もいいですね。

ローズウォーターの香りはいい感じですが
素材そのものに甘みがあるわけじゃないので

甘みが思いっきり人工甘味料系なのがちょっと難点。
ですが救いの神アリ。

上に乗ってるライムをしぼって混ぜると酸味と甘みがいい感じに中和して
爽やかな甘みになります。
ここまで計算して作られたデザートなのかな?

ちなみに一番底の緑は抹茶…ではなくてキーウィピューレです。
これも甘ったるい。

r_DSCF7143.jpg

キンキンに冷えた体をサフランシュガー入りのチャイで温めたり。
こちらの甘みは自然だなぁ。

公式ページ
参考ページ

ケバブは美味しいし、ペルシャのこんなシャーベット、初めて食べました。
これが頂けるお店って日本にどれだけあるんだろうね?

相変わらず今のところ食べログ、ぐるなび等にレビューなし。
まぁ、場所が場所だけにロガーとか来ないよなぁ。

今度は夜にでも来て煮込み料理とか頂きたい。

そーいえばここのハンバーグも牛と羊の合い挽きらしいですよ。
ペルシャ料理じゃなくなるけど、それも美味しそうだなぁ。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

山下町、デリー・ダイニングのランチバイキング
01r_DSCF7164.jpg

中華街のスタジアム側の入り口あたりにあるインド料理屋さん。
ネパール系でない純粋なインド系で
ランチからビリヤニの頂けるこの界隈では貴重なお店です。

何度か利用させていただいています
平日だけでなく休日もランチバイキングが楽しめるようになって
それを食べたいと思いつつも機会を逃していました。

10代20代のころならいざ知らず
体調がよくおなか減ってる時でないとバイキングはなかなか…ね。

02r_DSCF7155.jpg

つーわけで結局このお店でバイキング頂くのは初めてになります。
メニューの内訳は

【本日のノンベジカレー】
チキン・アチャリ

【本日のベジタリアンカレー】
ベジタブル・コフタ

【シェフの気まぐれカレー】
アルー・ゴビ

【本日のサイドディッシュ】
レシミ・カバブ
ベジタブル・パコラ

03r_DSCF7161.jpg

と、ここまで見てお気づきでしょうが
他所のインドカレーのお店にあるスタンダードメニュー一切ナシ!

カレーバイキングのお店だと
大抵バターチキン、野菜カレー、卵カレーかキーマカレーとか
その辺と相場が決まってますが

ここはその辺の定番を外したモノが頂けるのが嬉しいんですよね。

04r_DSCF7159_201406151609145f1.jpg

タンドリーチキンではないレシミカバブ。
実はこの料理お店によってモノが違いすぎるので
ホントはどういう料理?と言い難いのですが

ここのはタンドリーチキンよりは辛さを抑えた
チキンのモモ肉のバーベキューのようです。

とはいえ程よい辛さに酸味にメティなんかが使ってあって
非凡に美味しい味に仕上がってます。

隣の揚げ物はベジタブルパコラ。
インド風の野菜の天ぷらです。

細長いのでナスかなと思ったら
ムング豆や野菜のすり身を半分
それとジャガイモを薄く重ね合わせて揚げたものみたいです。
意外と手間かかってる料理。

05r_DSCF7158.jpg

右側はアルーゴビ。
シェフの気まぐれ枠ですが
ここは基本的にドライカレー系が来るようです。

アルーはじゃがいも、ゴビはカリフラワーのこと。
というわけでその2つの野菜のカレー炒め的な料理です。
こちらもメティがふんだんに使われていますね。

ドロッと煮込んだカレー以外のこういう料理も結構好きなんで嬉しいです。

06r_DSCF7157.jpg

ノンベジのチキンアチャーリ。
アチャールはインドにおける漬物で
スパイシーなマスタードオイル漬けのピクルス。

漬物を煮込み料理に使うって四川の泡菜なんかと同じ発想ですね。
その酸味がうまいことカレーの味に清涼感を与えて
夏にはなおの事美味しいカレーになるのです。
チキンの煮込み具合もとてもいいです。

隣はベジタブルコフタ。
野菜ダンゴカレーなんて解説もありますが
コフタという言葉自体中東の肉団子であるキョフテと語源は同じですね。

それを野菜で作ったというあたり
これもある種の精進料理?

レンズ豆をベースに丸め込んだダンゴがカレーに煮込まれると
かき揚げそばのかき揚げ状になるんですね。

そこにクリーミーさ強めでこちらも酸味の爽やかなカレーが合わさると
非常にいいお味になります。

いやー、どの料理とってもランチで頂けることは稀な
非常にレベルの高い美味しいカレーですわ。

07r_DSCF7162.jpg

ナンは焼きあがったものを即出してくれます。
ピザのようにまんまるに焼いたものをカットしたタイプですが
これも綺麗に焼けてます。

薄めだけど薄いなりにもっちりしとして美味しい。

08r_DSCF7166.jpg

サービスということでインド式のライスプディングを頂きました。
これがちょい甘めですが、それに加わる酸味がまた絶妙なバランスで

刻んだココナッツのシャキシャキ感と
バスマティライスで作ったドロドロのコントラストも面白く
新鮮な味わいでございました。

ホントに非凡だなぁ、このお店は。

09r_DSCF7160.jpg

カレー食べて首筋に流れる汗さえも心地いい。
なんか体から毒素が抜けていくような気さえするよ。
いや、気のせいなんだろうけど。

食後にラッシーかチャイでも頂こうかと思ってましたが
デザートですっかりおなか一杯で水分も入らなくなっていました。

まぁ、もう若くないんだから
2人前も食わなけりゃいいってハナシもありますが
貧乏性と言いましょうか。
ちなみにトップの写真は2杯目のものです。

でもそれだけじゃなくて
あまりにも美味しいから
胃のキャパがあるならもっと食べていたいという気分でもあったんですよ。

もう、横浜界隈でカレーバイキングといったら
ここ以外の選択肢はあり得なくなりました。

だってどの料理も他所では味わえない素晴らしい出来だったんですもの。
今まで逃してて損した気分。

まぁバイキングだからといって元をとろうと食いすぎる必要ないんですよ。

元からプレートランチ頂いたと思えば
1人分で充分気分的に元をとった満足感ありますから。

この近辺でお昼頂けるなら利用しない手はないと思います。
だって、折角他にもお客さんいたけど
バイキング利用したの自分ひとりだけだったんだもの。
勿体無さ過ぎる!

多分あとで店員さんのお昼になるんだとしても
これだけ工夫されてる料理の数々を素通りするのは
お店にもお客にも損だと、そう思ってしまいます。

公式フェイスブック
参考ページ

フェイスブックでは毎日バイキングのメニューが更新されています。
ぱっと見てちょっとでもヨダレが口の中に溢れた方は是非GO!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

2014 ワンラブジャマイカフェスティバル
01r_DSCF7289.jpg

昨年に引き続き今年も代々木公園のジャマイカのお祭り
ワンラブジャマイカに行って来ました。

例年は5月開催だったんですが今年は6月。
渋谷公会堂前の気温は29℃。

曇天なお陰でまだそんなに暑くはありません。
風が止まるとじんわり暑くなってきますが
吹けばわりと涼しいです。

02r_DSCF7263_20140621192450edf.jpg

現地到着は11時。
例年どのお店もスロースターターな様子だったので開始早々は避けたのですが
まだお店の前こんな感じで閑散としています。

でも油断するとあっとゆーまに行列なので
品定めは早めに済ませて肉食らいまくろうと目論みました。

03r_DSCF7245.jpg

最初に目に入ったのはケータリングカーのヤードフード
固定のお店はないのかな?

アイタルシチューやエスコビッチフィッシュなんかも扱っていて本格的な感じです。

キッチンカーでの販売担当は日本人のおねーさん方ですが
後方のテントでジャマイカの方々がドラム缶グリルで肉やいてます。

04r_DSCF7246.jpg

ケチャップかけていいですか?と聞いてOKならかけちゃうタイプ。
しかし、むむ!のっけから大当たりひいた!

鶏モモの柔らかさがたまんない。
まるで焼きハム食べてるかのような柔らかさ。

グリルでこのむっちり感はすごいな。
実はかなり腕のいい料理人が焼いてるんじゃないだろうか?

味もばっちりスパイシーで
ケチャップと辛子入りソースの加味もいい。

05r_DSCF7247.jpg

昨年初めて見かけて美味しいジャークチキンを頂いた福島の来音
今年は人数増やして大人数のお客さんに対応できるようにしてきました。

06r_DSCF7251.jpg

今年はカラルーというジャマイカ野菜の料理を持ってきているようなので
それを頂いてみました。

検索するとほうれん草のようなとか、大根の葉のような、とか書かれてますが
アフリカの野菜と同様に粘膜で表面を覆われたような青野菜です。

葉の食感は大根葉に近いけど
茎はアスパラとアシタバの中間のような?
だけどオクラのようなとろとろとした舌触り。
普通に美味しく頂けます。

07r_DSCF7234.jpg

店名の書いてないタコスやナチョスも売ってるお店。
肉の黒黒とした焼けっぷりが美味しそうなのでついつい吸い寄せられました。

08r_DSCF7253.jpg

こころもち小さめな骨付き鶏モモです。
しっかり火の通った焼き加減で肉肉していますが
これ味がすっごくいい!

エスカリオンとライムのキッと来る清涼感が一際強くて
味自体はここが一番好みだなぁ。
こういうクセの強い味大好き。

09r_DSCF7241.jpg

すぐ近く道玄坂にお店のある
一度お店訪問済みなグッドウッドテラス

いつでも行きやすいのだけど
この機会に食べちゃってみるか!

10r_DSCF7257.jpg

焼き方の見た目、煙なんかに肉好きを惹きつけるオーラがあるっていうのが
やはりお店選ぶときのポイントですよね。

焼けるまで時間がかかるのでちょい待ちました。

11r_DSCF7259.jpg

こちらは皮がこんがりカリカリになるまで焼けたジャークチキンですね。
このカリカリとまあまあむっちりな焼き加減がこの売りという様子です。

12r_DSCF7264.jpg

当然のように他の国のお店もちょこちょこあって
いつものセネガル料理のオーヴィレッジが出店しているので
ジャマイカ料理でないけど注文してしまいました。

しかしいつものおねーさんは料理に忙しくて
まだ若い黒人ドレッドヘアのおねーちゃんが

13r_DSCF7265.jpg

こんなに山盛りにバーベQマトンよそってくれましたよ。
骨も多いけど、肉もたっぷりよ!
気をつけて食べないと転がり落ちるよ。

てか1つ肉落としてしまって涙目。
クセのある羊美味しかったけど、肉ひとつぶん悔しい。

14r_DSCF7269.jpg

取りあえずの欲求が満たされたのでステージイベント観覧。
レゲエとかラップとかはあんまし興味ないけど
ホーンセクションありのスカは気持ちよく聞けるので。

15r_DSCF7266.jpg

今年も来てらっしゃいますね
レゲエおじいさんとその奥さん。
素敵な年のとり方の素敵なご夫婦です。

ここが横浜ならはまれぽとかに取材依頼するんだけどなぁ(笑)。

あちこちで若い子達から記念撮影を求められたりしてる
一般人なのにこの場では有名なご夫婦です。

16r_DSCF7255.jpg

乃木坂のクラブカクタス
クラブなのにメシが美味いお店なんですと。

17r_DSCF7271.jpg

チキンスープ。
あっさり仕立てを想像していたのですが
鶏の脂の旨味が凄く出ているポタージュのようなコクのある美味しいスープでした。
細めのヌードルとか入れて食べたいな。

18r_DSCF7272.jpg

そしてジャークチキン。
こちらのはスパイスの味が前に出ず
鶏本来の旨味をうまく前に引き出すようにしつらえてありました。

お店によって特色あるなぁ。

19r_DSCF7274.jpg

屋台の写真はほとんど朝イチで撮ったので何処も並んでない様子でしたが
昼過ぎてからは何処もこんな感じ。

今年はかなり広くスペースを取ってあるので
どのお店も列で広場が埋まらないようになっていますが

でも基本的に鶏を炭で焼いて蒸し焼きにして、と
時間のかかる料理なので行列ばかりは致し方なし。

20r_DSCF7262.jpg

先ほどのヤードフードもこんな様子。

まぁ、ここは焦らずのんびり並んで待つのがいいかな、と意を決して並びました。
結局持ってきた漫画一冊読みきるまでかかりました。

21r_DSCF7276.jpg

ペッパーシュリンプという
これもジャマイカの料理だそうです。
胡椒と油かけて蒸したエビ。

ちょっと食べると普通の蒸しエビでしたが
徐々に胡椒の辛さが追いかけてくる感じ。

22r_DSCF7277.jpg

タイフェス以上にレジャーシートの数が多いのがこのイベントです。
都内のラスターたちが自由に寝転がりくつろぎ
レゲエ踊ってジャマイカ料理食べて
と、いう稀有なイベントなのかもしれませんね。

23r_DSCF7278.jpg

喉が渇いたのでなんか潤すのに向いた
変わった飲み物ないかなと物色してたら

こちらもジャマイカでなくてエチオピア料理のクイーンシーバ

24r_DSCF7280.jpg

ノンアルコールカクテルのメロリーナとかいうの売っていたので飲んでみる。
なんか体に悪そうな色だなぁ。

ちなみにカクテルとゆーより
いちごミルクならぬメロンミルクという味でした。

こーゆーのもカクテルって言うんだろうか?

25r_DSCF7284.jpg

またステージでホーン多用の曲やっていたので行ってみる。
右の人のサックスは金ぴかなのに
左側の方々のサックスは錆びてえらい年季を感じる見た目です。

なんか沈没船から引き揚げたんじゃね?と思うほど。

26r_DSCF7297.jpg

物販はケヤキ並木側に並んであったので
冷やかしにぶらぶら。

27r_DSCF7298.jpg

キモかわどころかキモの側にいったまんまの縫いぐるみ。
わくわく臓物アニマルの方がまだしも可愛げがあると…。

28r_DSCF7307.jpg

所狭しと置かれたみやげ物見るとワクワクしちゃいますね。

29r_DSCF7300.jpg

〆に何かビールかカクテルをと思い
イギリスの酒メーカーのジャマイカっぽいラインナップのお酒から

30r_DSCF7304.jpg

コスモというウォッカベースにクランベリージュースとライムジュースを入れた
ちょっと甘めのカクテルを頂きました。

甘さは強すぎず、クランベリーにライムという組み合わせも予想外に良くて
清涼感のある口当たりいい味でした。

と、そんな感じで引き上げ。
何気に並んだ時間が長かったのでお店の数が少ない割に長居しました。

今年は協賛に名前が上がっているのに
ブッシュマンがお店を出していなかったのが残念。
あそこはかなり美味しいのになぁ。
食べられなかった。

あとジャークポークとか
アキー&ソルトフィッシュとか扱っているお店がなかったのも残念です。
メニュー豊富でバラエティに富んでいる方が楽しいんだけどなぁ。

でもどの店もジャークチキンの味のレベルは年々上がっている感じです。

ジャークチキン自体は結構病みつきになる味です。
ちょいと味の入り口としてこのイベントに出かけてみるのもいいかと思います。
明日日曜、22日も開催しておりますので、興味のある方は是非!

公式ページ

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

長者町、京味居の羊雑湯
r_DSCF7112.jpg

仕事で遅くなった帰り、久しく寄ってなかった京味居に行ってみました。
ここ最近伊勢佐木町近辺で宴会してなかったし
取りあえず一献
仲間内で頼まれることが少ない料理でも

r_DSCF7109.jpg

青島ビールに突き出し。
1人だと茹でピーナッツだけでもおなか一杯になっちゃいそう。

r_DSCF7110.jpg

前に頼んだものの材料がなくて食べられなかった羊雑湯。
要は羊のモツ煮スープです。

しかしトッピングがお粥かと思わせる内容ですね。
パクチーにネギ、真ん中の調味料がなんだかよくわかりません。

海苔の佃煮のような、香草のような。
若干化調っぽい味も感じます。

※師兄から韮花醤ではないかと指摘がありました。
 それらしい気がします。ニラの花を漬け込んだ調味料なんですね。


それとこれもお粥に付物な湯条。

醤油っぽい入れ物に入っているのは自家製の辣油です。

r_DSCF7113.jpg

薬味入れてみるとますますお粥に見えてくるなぁ。
味は予想してたよりあっさり薄味。

なのでさっきの緑色の調味料や辣油で好みの味に調えます。

r_DSCF7114.jpg

こんな感じで中は臓物ゴロゴロ。
きっちり火が通っていることもあって
レバニラ炒めのレバーを煮込んだスープって感じの食感ですね。

r_DSCF7116.jpg

なるべく頼んだことのないものをと考えて
候補は羊のクミン炒めかローストスペアリブがシュウマイか。

シューマイは前頼んだっけ?なかったっけ?
記憶になかったのでつい頼みました。

あとで調べたら食べたことあったな。
携帯持ってるとこういう時はすぐ調べられて便利なんだろうけど
あえて持ち合わせておりませぬ。

醤油とかつけなくても十分羊の脂がいい味を醸していて美味しいのですよね。

r_DSCF7117.jpg

京味居炒飯、と店名を冠した炒飯。
こちらも羊肉入りの炒飯なのです。

しかしこれがまた炒飯の定義を覆す料理なのでした。

日本だと米の粒を立てるがごとくパラパラに仕上げるのが
美味しい炒飯だということになっていますが
こちらは積極的に米の粒をつぶして炒めている炒飯なんです。

グルメな人から言わせると言語道断なんでしょうが

このつぶし加減はスリランカ料理のコットゥロティのような
穀物潰し練り込み料理の系譜に連なるような感じです。

ぐっちゃんぐっちゃんで
これ以上潰したら逆に五平餅になるんじゃないか、みたいな。

この辺は米を神聖視(?)する日本人と
そうでない大陸の認識の違いみたいなものを感じます。
見当違いかもしれませんが。

r_DSCF7120.jpg

具はニンジン、タマネギ、卵
あと羊なんですが、ハムの如く細切れになっていて
食感自体も肉というより、レバーあたりを使っているような様子。

クミンの香りのする炒飯はいい塩梅ですが
個人的にちょっと辛い味が欲しかったので
先程の辣油をまぜまぜしてみました。

これで非常に好みの味になりました。

しかし辣油残り少なかったとはいえ
完全に使いきっちゃった。

参考ページ

シュウマイは美味しかったけど
一度頼んだことを覚えていたら
ヤキラムチャンプとカナをふってあった煎羊排を頼んだんだけどなぁ。
こちらは次の宿題です。

しかし夜10時頃にこんだけたべて
ほろ酔いで嬉しいけどおなかぱんぱんでした。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

【レトルトカレー特集】マイヤズのグジュラティ キチディほか
r_DSCF2315.jpg

ネタ切れして来たので久々のレトルトカレー特集です。
ほったらかしにしてたネタなんで
書いてから半年くらい経ってるものも…。

スーパー等で売っているものではなく
主に輸入食料品店や
インド等カレーを食べる国のフェスなんかで
まとめ買いしているものになります。

r_DSCF2159.jpg

トップバッターは奈良のスリランカ料理屋ハンターナの作ったフィッシュカレーです。

スリランカ特有のココナッツベースながら
スパイスのしっかり馴染んださらさらスープカレー。

塊になってる具はよく煮込まれたマグロのみだけですが
味が染み透って非常にうまし。

元々スリランカはカレーの旨味を増すのに魚の削り節を調味に使っていますので
魚との相性はバツグンなんですよね。

通販での入手方法は楽天のサイトを使うしかないっぽいです。

あの無暗に縦に長い使いにくいサイトは何とかして欲しい。

r_DSCF2893.jpg

去年からセイナンが沢山扱うようになった
マイヤズというメーカーのビンディマサラ。

私の大好きなオクラのカレーです。
MTRのに比べてオクラのとろとろっとした粘りが前に出て
日本人にもわかりやすい食感です。

だけど辛い!えらく辛い!
食べて最初ビックリしてしゃっくりが出たくらい
だんだん慣れましたけど、でも結構辛めです。
だけどやっぱり美味しいな。

通販ページ

r_DSCF3209.jpg

同じくマイヤズのダルフライ。

フライといっても揚げ物じゃないのです。
直訳すると稚魚になるんだけど
単にちっこい豆だってことかな?

使われるのはチャナダル(レンズ豆)
ムングダル(緑豆)
トゥールダル(黄レンズ豆)

このカレーの場合はチャナダルです。

このちっこい豆をドロドロになるまで煮込んだ
辛さは控えめの食べやすいカレー。
クミンの香りがいいですね。

通販ページ

r_DSCF2320.jpg

また同じくマイヤズのグジュラティ キチディ。
トップに出したパッケージがこれ。

名前も馴染みのない韻を踏んだフレーズが
富野アニメの登場人物のような…いやいや
豆のインド風炊き込みご飯と書かれてます

しかしパッケージの絵とはずいぶん違いませんかね?
炊き込みというけど半透明のカレースープに沈む量はあんましないごはんです。

でも美味しい。
酸味のない辛さメインのラッサムのような味で
ご飯はブラウン色に染まってる不ぞろいのかたちがそば飯っぽい

リゾットというより米入りスープですね。
さっぱりした辛さが心地よく、さらさら食べられます。

通販ページ

r_DSCF3355.jpg

タイの台所 ツナカレーマッサマン

タイ料理のレトルトやら食材やらを売っているアライドコーポレーション
タイのメーカー、シーレクトとのコラボなんだそうです。

いなばのタイカレーに影響を受けて売り出されたタイプですが
マッサマンは今まで見たことありませんでしたね。

ピーナッツとじゃがいもにツナを煮込んだミルキーなカレーですが
他所で食べたマッサマンに比べて妙に甘く、そして辛い!

ガランガーが効いていて
生姜以上に清涼感がありつつも
まるでタマリンドジュースのような甘みが強いんです。

その上でダイレクトな辛さが強くて
とてもムスリム系の味でも西洋人が好きそうな味でもないあたりが不思議。

一般受けするかどうか微妙ですが
私は好きだなぁ、この味。

通販ページ

うーん、結局今回全部楽天のリンク貼ることになってしまったのが口惜しや。

テーマ:レトルトカレー - ジャンル:グルメ

阪東橋(曙町)、フードランドスケープの本日のオススメ野菜のごはん
r_DSCF7123.jpg

※閉店しました。

久方ぶりにフードランドスケープにお昼を食べに行きました。
お昼時は週替わりの野菜に重点を置いた出来のいいカフェめしと
カレーの頂けるお店です。

近場だから逆に足が遠のいちゃうという習性があるんですね、自分。
ちょっと疲れていたので遠くへ出歩かず癒されよう、ということで。

r_DSCF7124.jpg

大根葉の味噌汁なんて久しぶりに食べるなぁ。
こういう家庭的な味をまさに求めていた時だったので非常に嬉しい。

そしてメインのこのお皿、ちょっと面白いね。
沢山の丸い窪みが拵えてあって
なんかタコヤキ用のプレートみたい。

r_DSCF7125.jpg

本日の内容は
ピーマンの肉詰め和風ソース
新ジャガの茄子のキャビア風添え
ベビーコーンのソテー
きゅうりの洋風漬け

以前よりボリューム増してますね。
個人的にあともーちょい量があればなぁ、と思っていたので
この変更点はとても有難いです。

r_DSCF7126.jpg

新ジャガの茄子のキャビア風添えって
風であってキャビアではないってこと?

これは別名貧乏人のキャビアといって
刻んだ茄子、玉ネギ、セロリ、ブラックオリーブ、バジル、トマト
なんかを炒めたものだそうです。

いかにも旨味が出そうな野菜ばかりですよね!
これがキャビアとはいかないまでも深みのあるソースに仕上がっています。
ブラックオリーブのクセが特にいいなぁ。

これがぽくぽくのじゃがいもに絡むと非常にいい味わいになります。

隣のヤングコーンは焼いてあります。
これも水煮の缶詰でなく国分寺の畑で作られたものだそうです。

焼いたヤングコーンって初めて食べたけど美味いな!
焼きトウモロコシの味わい。

何当たり前のこと言ってるんだ?とお思いでしょうが
ヤングコーンってほぼ水煮の缶詰しか食べたことないものね。

あれも炙るともっと美味しくなるんじゃないかな?

r_DSCF7128.jpg

軽く塩とショウガで風味づけしているさっぱり味のキュウリと

ピーマンの肉詰めというよりは
ハンバーグのピーマン敷きといった様子。

野菜モノのごはんの場合、大抵のお店だと肉はなかったり
あっても添え物になりがちですが
ここのは充分に肉の脂のジューシーな塊ゴロゴロで満足感があります。

サラダその他の清涼感のある野菜と肉
両方充分に頂けて非常に満足感の高いランチでしたよ。

開店してからほぼ半年。
大分いいお店になりましたね。

お客さんも結構来て入れなかった方もいらっしゃった様子。
キャパが少ないという点もありますが人気店になってきいているのですね。

そーいえば月イチでラテン料理の日とかあるらしいですが
結局いつも行けてないなぁ。
なんとか思い出して次は食べに行ってみたい!

公式ページ
同フェイスブック

木金土のみ営業のお店です。
営業、メニュー等はフェイスブックにてご確認の程を

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

長者町、タワンルングのグリーンカレー
r_DSCF7009.jpg

※閉店しました。

ここのところ通いづめ、タイ料理屋のタワンルング
今回はグリーンカレーを頼んでみました。

普段タイ料理を外で食べる機会があっても
基本的には避けていたんですよね。

何故ってグリーンカレー、ゲーンキョウワーンって
何処で食べてもそうそう味にブレがないからというのが1つ。

つーか…いなばのグリーンカレー美味すぎるんですよ。
100円であのコストパフォーマンスは素晴らしすぎる。

それと余所でグリーンカレー食べると具をケチッた店が多いので
トラウマという程じゃないけど、なんかハズレ率高い傾向から
ついつい選択肢からはずしがちでした。

r_DSCF7010.jpg

だけどこれは…うむ。
結構具が沢山っぽい?

副菜の内訳はまぁ、いつもの通り。
だけどお値段考えれば十分すぎるくらいです。

r_DSCF7011.jpg

なんともいい色合いじゃないですか。
パプリカとピーマンで彩りが素晴らしいですよね。

r_DSCF7012.jpg

掬い上げてみるとこんなにたっぷり入ってますよ!

他にもナスに竹の子2種類に鶏肉に
スパイスとしてのコブミカンの葉は言うに及ばず

r_DSCF7013.jpg

んでお味の方も
辛さと美味さのバランスがすごくいいです。

予想していたよりはココナッツの甘みを感じて辛くないカレーかなと思ったけど
食べてみるとやっぱりタイカレー特有の辛さはちゃんとある。
結構辛い。

だけど、日本人の味覚からして
これ以上辛くしたら
カレーを口に運ぶ手の動きが止まっちゃうという
ギリギリのラインで辛さを保っているあたりが絶妙です。

個人的には今まで食べたグリーンカレーの中で一番美味しいと思いました。

タイそのまんまと言われるお店J’s Storeのグリーンカレーだと
美味しくても時々手が止まる辛さになります。

向こうは向こうで美味いんだけど
こっちは辛いけど手が止まらないのがイイんですよね。

いやー、あっとゆーまに皿がカラになっちゃいました。

参考ページ

しかしこのお店
来る度に厨房の中のおねーさんの顔ぶれが変わってる気がするんだけど
従業員トータルで何人いるんだろう?

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

天王町(岩間町)、ムスカンのダルバート
r_DSCF7082.jpg

春先にダルバート目当てで出かけて結局違うもの頼んだ保土ヶ谷のムスカン

先週、アイダホタンタンメンを食べに隆翔に向かったものの
月曜お休みだと失念していて無駄足を踏んだ時
結局さらに保土ヶ谷方面まで歩いての再訪となりました。

こっちもお休みだったらさすがに泣く泣く帰るしかないさー、と
意固地になって歩く歩く。

r_DSCF7072.jpg

東海道線と沿うように歩いて保土ヶ谷駅の直前で線路を渡り
天王町駅と反対側に道路を進んで交差点を曲がってほんの少し先。

サッカーのペナントやチベットの織物に彩られた
広くはないけどスペースを有効に使った店内。

余所のインド・ネパール系のお店同様にお値ごろなコースを勧められますが
ハナッからダルバート狙い初志貫徹ですよ今回は!

r_DSCF7074.jpg

折角なので安いつまみを先に
マッシュルームフライ。

インド・ネパール系のカレー粉で炒めたマッシュルームです。
日本の洋食屋で食べられるようなカレー粉とはまた違った味わいの辛さがいい。

よく味が沁みてるからじっくり時間かけて頂いちゃう。

r_DSCF7075.jpg

と、ダルバート来たワケですが

………でけえ!

後ろのフォーク見ればサイズわかりますよね?
他の店の倍近いサイズあるんじゃなかろうか?

しかも概ねプレートになみなみと入ってるし

このテのお店のいろいろ種類チョコチョコでなく
単品でも十分一人前のサイズあります。

r_DSCF7081.jpg

アチャール
ダイコン、ニンジン、キュウリ等の野菜のスパイシーなピクルスです。
これ結構好きなんですよね。

r_DSCF7079.jpg

ライタではなくデザートのフルーツ入りヨーグルトです。
程よい甘さとまろやかな酸味が美味い。

r_DSCF7084.jpg

ダルバートのダルの部分。
ムングダルの辛さのほとんどないカレー。
まぁ味噌汁的なモンです。

r_DSCF7083.jpg

メインのカレーは選択できるのでラムにしたんですが
あー、これ前回食べたネワーリマトンカレーと同じモノじゃん!

しまったなぁ、これなら前回ハナっからダルバート頼んでおけばよかったんだぁ!
そうすれば単品注文より安く済んでたというのに。

でも二度美味しいモンを味わう機会があったと思えば
それでよし!

r_DSCF7077.jpg

つー感じの内訳でございます。
改めて見てもやっぱりでけぇ!

カットしたプチトマとキュウリとニンジンの使いどころにちょっと悩むし
あんまし混ぜて食べる程の食材の組み合わせも出来なさそうだけどね。

r_DSCF7085.jpg

米はインディカでなくジャポニカ米のサフランライスですが
それでもこのマトンカレーとの相性はいい感じです。

インドのカレーに比べてちょい煮詰まったような日本のカレーに似たペースト状。

ベースの辛さもそれほどでもないけど
3辛で頼んだら青唐辛子とカルダモンが効いていていい痺れ具合。
食べてて頭皮にうっすらと汗がにじみます。

炒め物に入ってるくらいの火加減のピーマンとタマネギに
いい弾力と旨味の羊。

まぁ一度食べてるけど
今回の辛さ強めにしてもらった方が美味しいですね。

そして単品注文より量のバランスがいいから
丁度いい満足具合でハラが満たされます。

公式ページ
参考ページ

取りあえずリベンジ成りました。

しかしマトンが同じものだと知ってたら
野菜かチキンで頼んだんだけどなぁ。

次来るときはつまみや焼き物メインで酒頂くことにしよう。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

吉田町、スパルタのチキンのオレガノソース
r_DSCF7049.jpg

蓬莱町にあったころからちょくちょく寄らせて頂いているスパルタ

以前映画、300(スリーハンドレッド)が公開された時には店内にポスターが貼られたりしましたが
続編の公開が迫る今、今回はポスター貼られたりしてませんね?

まぁ、飲食店での宣伝に向かない血しぶきブシャーと首ちょんぱの
バイオレンス映画だからしょうがないか(笑)

今回頼んだのは久々に鶏肉料理です。

r_DSCF7046.jpg

いつものサラダ。
ここの刻み野菜入りのドレッシングは好きなんですよね。
売ってたら持って帰ってウチで使いたいくらい。

r_DSCF7048.jpg

白インゲン豆入りのトマトスープ。
たっぷり入ってぽくぽく。

枝豆もそうだけど
大きめの豆って、実とはなれた皮だけ食べるのも
また美味しかったりするんですよね。

r_DSCF7050.jpg

バゲットにはクリームチーズディップ付。

そのままバゲットと食べるのも美味しいけど
肉料理の味に深み与えるために一緒に食べるのもイイ感じです。

r_DSCF7051.jpg

ああ香しやオレガノ。

子供の頃は色鉛筆の匂いみたいでヘンとか思ってたのに
大人になったらそんな風味に首ったけでございますよ。

r_DSCF7052.jpg

チーズやトマトとの相性がいいけど
グリルしたチキンにだって抜群の美味さをもたらします。

オニオンやドライトマトを使ったオリーブオイル多めのソースを
チキンにたっぷりつけて頂くとこれがまたたまりませんね。

r_DSCF7053.jpg

ドルマの中身に使うようなご飯と香味野菜も
いつものことだけどバゲット同様に料理を味わいつくすのにいい付け合せです。

肉はアップにするとソースの飛び散り感からやや下卑て見えますが
そういうヨーロッパの田舎料理的なルックスもまた好きなんです。

公式ページ
参考ページ

テーマ:西洋料理 - ジャンル:グルメ

大口通、濱の市のくじらカツカレー
r_DSCF7036.jpg

※閉店しました。
横浜市商店街総連合会のガチシリーズ
今年はガチカレーということで
地元大口からはシリーズ初エントリーとなります
濱の市のくじらカレーを早速食べに行ってみる事にしました。

って今まで濱の市にカレーってメニューになかったような…
…いや、あったか。
定食注文時の食べ放題副菜にカレーがありました。

それをエントリーさせるってずいぶん安上がり…
というイメージを解消するためかくじらという武器を引っ提げてまいりました。

フタを開けてみれば現状
上位常連のイセ畜産と強豪サリサリを3位2位にして
堂々のランキング1位となってますよ!

つーかガネーシュが10位以内にいないってどーゆーコト?

でも個別ページのアクセス数だから
投票で勝つかどうかはまた話は別になります。

r_DSCF7034.jpg

このお店で定食等頂くと無条件で副菜バイキングがついてきます。
ええ、もちろん今回のカレーにも当然の如く。

この豪勢過ぎるオマケってノミネート上ちょっと卑怯じゃね?とか思うけど
ついつい美味しく頂いてしまいます。

概ね一口くらいの量に留めたけど
それでも結構なボリュームになるし
どれも美味しいんだもの。

メインディッシュが来る前に満腹になっちまいますぜ。

r_DSCF7037.jpg

ついでだからくじらカツも一緒に頼んでしまいましたよ。
別々にも頂けるようセパレート方式。

ご飯は白米と十六穀米どちらも選べるので
取りあえず少なめに盛りました。

r_DSCF7038.jpg

刻みニンニク入りの濃いめの甘口醤油ダレ付。
揚げナスとたっぷりの千切りキャベツもありますよ。

もう隅々まで味わいつくせる仕様です。

r_DSCF7042_20140609145334eb9.jpg

カレーはバイキングで出していたのと同じ
昔ながらの和風カレー。

ジャガイモとニンジンのホッとできる郷愁の味。
そこにくじらベーコンを一緒に煮込んでいるのですが
言われなければ薄切りビーフ入りだと思っちゃう仕上がり。

辛さ控えめの和風カレーが雑穀米と合っていい感じです。

r_DSCF7044.jpg

カツの方もベーコン使用なのかしら?
薄切りにしてやや野暮ったい揚げっぷりなんですけど
これがまたタレにもカレーにも合う出来なんですよね。

追いがけ可に関しては特に説明無かったので
その是非については不明。

といってもこんだけ食べてたら可能でも胃に入りませんわ。

いやー美味しく、かつハラはち切れんばかりに満腹でいい気持ちです。
近場だと逆にこの後長時間歩いての腹ごなしが出来ないのが逆に辛いな。

公式ページ
参考ページ

ガチカレー公式

今後ひっくり返る可能性はありますが
現状地元1位と言われると

がんばれーと応援するのがいいか
ちと気分的に微妙なトコロではあります。

強い側についた経験がないので貧乏性…
というか負け組根性みたいなモンが出てるだけだという気もしますが。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

野毛、丼丸つな男の丼丸丼
r_DSCF7059.jpg

※閉店しました。

先月からバイク王跡地に海鮮丼のお店が出来ると看板が立ってからひと月弱
ようやく開店となったようで様子見して来ました。

r_DSCF7056.jpg

見てのように47種類とメニューは多いのに
お値段は均一という営業形態になっています。

カウンターチェアに立ち食い席、あと店外にテラス用テーブルがあり
先に会計を済ませてから番号の書かれた紙を持って席で待つ方式。

高い食材は量少なくしてバランスとるとかしてるんだろなーと思って
数の出る比較的コストパフォーマンス良さそうなものを選ぶことにしました。

でもみんな海鮮丼なのであえて店名を冠した丼丸丼を。
開店したてで結構混んでいたのでそこそこ待ちました。

r_DSCF7057.jpg

ねぎとろ、イカ、まぐろ、サーモンの乗った海鮮丼になります。
しかしアレですね。

切り身の表面がやすりで磨いたようにザラッとしてるのは何でなんだろね。
包丁の切れ味がイマイチなのか
それとも解凍の技術が一段劣るのか。

素材イコール味となる生の海鮮なだけに
ルックスっていうのは重要な要素だと改めて知りました。

やっぱり表面がツヤッとしてないとなぁと思うのは
トーシロの浅はかさなんでしょうか?

r_DSCF7058.jpg

品質は決して悪いわけではないです。
食べててまぁ美味しい。

ご飯が足りなく感じるくらいにネタは多いし
値段考えれば破格ではあります。

とはいえスーパーで売ってるプラ容器入りの寿司よりは上だけど
デリバリーの寿司屋とどっこいどっこい、くらいの感じかなぁ。

思っていたより自分は海鮮丼に対して
味と同じくらいのレベルで美しさを要求しているのだなぁ。

ファーストフードと割り切って使うが吉、かと思います。
よし、食べに行こう…ではなくて
ちゃっちゃとメシ済まそう、でも牛丼腹じゃないな、と言う時に。

r_DSCF7055.jpg

公式ページ
参考ページ

70を越える店舗数を誇る一大チェーンのようなんですが
何故か店名が統一されてないのです。
独立フランチャイズ系なんですね。

個人的には曙町の某水産が来週からランチ営業を復活させるという方が朗報だったりして。

テーマ:海鮮丼 - ジャンル:グルメ

西横浜(浜松町)、隆翔のアイダホタンタンメン
r_DSCF7088.jpg

久方ぶりに西横浜のタンタンメンのお店隆翔を訪れました。
前回は定食食べちゃったのでここのタンタンはまただったんですよね。

地図を眺めてみると黄金町から三春台を上って下ったら
藤棚経由で西横浜まで出ることが出来るんですね。

京急で戸部まで行って歩くより近いなーと踏破してみました。
上り坂が面倒だけど距離自体は大したことないんですね。
30分程度で到着しました。

なんでわざわざそんな面倒な道行きをしたかというと。

r_DSCF7087.jpg

月替わりのメニューにこんなものがあったからですよ!

ヌシさんのブログで見て美味しそうだったんで即行ってしまったのです。
勇み足で月曜休みだと失念して行って一度無駄足踏んでることはナイショだ!

ボリュームありそうだったんで少しでも運動して臨もうと歩いてきたのです。

しかしタンタンメンにフライドポテトとベーコンブチ込んで
アイダホタンタンという発想には恐れ入りました。

マクドナルド以上にムチャな組み合わせ
炭水化物にさらに炭水化物という暴挙、イエスだね!

そしてホントに旬の字にタケカンムリついて筍になっちゃってる。

r_DSCF7089.jpg

きたきたきたー!

カロリー計算表なんて
鼻息だけで空の彼方まで吹き飛ばしかねない堂々たる丼よ。

まずは臭いをかいでみると
ベースは通常のタンタンメンのハズなのに
トマトとタバスコと思しき香りで麺類のスープの香りじゃないな。

辛口で頼んだせいもあるけど。

トッピングなんて可愛い言葉じゃ済まない量の
カリカリポクポクのフライドポテト。

フライドガーリックに
そしてベーコンも衣つけてカリカリに揚げてあります。

これがからーいスープによく合うんですよ。
なんかもー背徳的ともいえる
カロリー高摂取という負の面と引き換えの美味しさ。

ああ辛い、だけど美味い。

r_DSCF7090.jpg

この手のメニューにつきものの
レギュラーメニューの具材からのトレードオフなど一切ナシ!

レギュラータンタンに入ってるダマになってる大ぶりの挽肉と溶き卵が見えないので
無いのかと思いきやスープの底に沢山沈んでるし
刻みニンニクも山盛り。

それだけでなく
エリンギにオニオンに芽ニンニクまで入ってます。
この芽がまたフライドポテトに負けないぶっ太いのがゴロゴロ。

引き算一切なし、足し算だけのアメリカンチャイニーズ。

r_DSCF7092.jpg

そして太めちょい固めの麺が
辛口高カロリーなタンタンのスープに合って美味しいんですよね。
たまらんですな、もう。

食べ進めていくとタンタンメンらしい味にも行き当たるけど
一口ポテト噛みしめるとまたアメリカに逆戻り。
これがブレとも違う楽しい振り幅を味あわせてくれます。

食べてると額から落ちた汗が目に入って霞む。
ああ、久しぶりに存分に汗かく辛さを楽しんでる。

ホントはチーズとごはん入れてのリゾットで2戦目をと思ってたのだけど
具ぜんぶマシマシ状態なボリュームでハラぱんぱん。
ちょっと惜しいけどもう入りません。

といいつつスープはほぼ飲み干しちゃったのだから
やっぱりベースのタンタンのスープの出来の良さがわかります。

1日半から2日ぶんくらいのカロリー摂取してるのは間違いないと思うけど。

参考ページ

しかしこの料理、冗談のような発想で生まれた感じですが
アメリカ、南米あたりでお店開いたら絶対人気店になると思うなぁ。

つーかこれペルーの家庭料理ですと言っても通じてしまいそうな気がする。

ともあれ、こんな調子で月替わりのメニュー
既に第14弾だとのこと。

マクドナルドのワールドカップキャンペーンメニューよりも
ずっと気になるお店です。

テーマ:坦々麺 - ジャンル:グルメ

末吉町、ペリートのデミカツ丼
r_DSCF7016.jpg

昨年秋入って以来だから半年以上ぶりですね
さあ♪泣くのはおよし、ペリーヌ~♪…じゃなかったペリート

ふと通りかかったら日替わりでデミカツ丼なんてものが!
タレカツ丼があるんだからデミカツ丼があってっておかしくはあるまい。

…と思ったらデミカツ丼の方が歴史古いのか!
初出は昭和6年なんだってさ!

タレカツ丼も昭和20年頃からと意外と古いのにビックリ。
ちなみに卵とじのカツ丼は大正10年と言われています。
(但しソースカツ丼だったという説もあります)

r_DSCF7015.jpg

ランチもこんな感じで種類多めにまとまったみたい。
フェイスブック見ると日替わりでいろいろ面白いもの作ってるらしくて
見てるだけでちょっと楽しいですね。

r_DSCF7017.jpg

相変わらずのカフェ飯的な綺麗なまとまり方の盆です。

r_DSCF7019.jpg

ゴマダレのもやしとチンゲン菜のサラダ

リンゴ味の美味しさの十分出ているゼリーはゼラチン少なめなのか
スプーンで掬おうとするととろとろ零れてしまいます。

お吸い物はとろろ昆布がたっぷり。
だけど出汁がちょっと弱いかな。
とろろ昆布だけじゃ旨味足らんのかしら?

r_DSCF7021.jpg

カツの揚げ方がわりと綺麗だったり
副菜まで含めての彩りの美しさがあったりするけど

微妙に細やかさの足りないところや
旨味の足りないあたり
なんつーかいわゆる弁当男子的の料理、的なところがありますね。

r_DSCF7022.jpg

なんとなしの値段のわりに豚肉の身がしっかりしてるし
揚がりっぷりもなかなかで美味しいです。

酸味がちょい前に出てるデミグラとカツと刻みキャベツとご飯の相性はいいですが
デミグラの味にもーちょい工夫が欲しいかな。

r_DSCF7024.jpg

足りない気分を補うために
お店出たら肉屋でコロッケでも買うかな、と考えてたりしたのですが

食後のドリンクにアイスココア頼んだところ
余所の店だと大量に氷を入れて水増しするの前提の大きめのカップに
家庭用冷蔵庫の製氷棚で作るサイズの氷が3つ
あとは全部冷えたココア。

というわけでココアでもうあと胃に何も入らんレベルまで
ハラいっぱいになってしまいました。
肉屋行き取り止め。

公式フェイスブック
参考ページ

何気にちょこちょこお客さん入ってくるし。
でも満席になったりはしないので
居心地はわりとよかったり。

乗り越えて欲しい課題は少々あるけど
いいものを持っているお店ではあるんですよね。

テーマ:カツ丼 - ジャンル:グルメ

黄金町(末吉町)、鳥末の北海道風カレーラーメン
r_DSCF7026.jpg

焼き鳥屋の鳥末の後にラーメン屋が入ったのは1年くらい前だったと思います。
「巨大スペアリブ入り」の文字が躍っているのが気になってはいたんですが
結局入りそびれたまま。

鶏源の期間限定の鶏白湯スパイシーカレー麺とろみが先月末でとうとう終わってしまったので
このカレーラーメン食べたい衝動をどうしてくれよう?と途方に暮れていたところ
こちらのお店にカレーラーメンが加わったと知って入ってみました。

r_DSCF7027.jpg

家系ラーメンのようなちゃっちゃと手際のいいハイスピード提供ではなくて
結構時間をかけてる辺りがちょっと昔のラーメン屋っぽい。

非常にオーディナリーな作りのラーメンです。
つーかナルトが入ってるのって昨今じゃ逆に珍しくない?

白髪ネギだけでなく微塵切りタマネギが入ってるのですが
これ実は写真に見えてる量の倍くらい入ってます。
超タマネギラーメン!

r_DSCF7028.jpg

北海道らしく太めちぢれの黄色い麺はしっかりしてて結構美味しい。

んだけどカレーが…多分SBあたりの既製品のカレー粉と胡椒をブチ込んだだけっぽい。
辛さのバランス自体はいいけど

主に胡椒だけで辛さを整えてる感じなので
どうにもトータルとしての旨味というか味のバランスに欠ける。

既製品スパイス頼りになっているので
カレー独特の熟成感や旨味がないんですよね。

この味はこの店でしか食べられない、という独自性がないと
リピートするにはちと弱いかなぁ。

r_DSCF7025.jpg

参考ページ

改めてレビュー見てみたら
やっぱり巨大スペアリブがワンアンドオンリーなキラーコンテンツなのね。
それ目当てで食べれば美味しいけど、他の要素は弱いってコトなのか。

あとそんなにハラ減ってなかったので
サービスのご飯はパスしてしまったのですが
実はイクラ乗せご飯だったとのこと。

なんてこったー!
つまり、ことごとくこのお店の美点をスルーしてしまっただけと
そういうことだったのかーー!

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

長者町、タワンルングのパッタイ
r_DSCF6687.jpg

※閉店しました。

美味しい焼き鳥のせご飯とコストパフォーマンスの良さに惹かれて
ここ最近通っているタイ料理屋のタワンルング。

次なる攻略対象は…パッタイだ!

パッタイはタイ式の焼きそばです。
米麺を使うので日本の焼きそばよりもっちりした食感が魅力です。

考えてみれば、今までこの料理お祭り等ばかり食べたので
作り置きでなく出来立てを食べる事になるのて概ね初めてともいえるかも。

r_DSCF6688.jpg

赤い滑り止めマットが目に鮮やかです。
セットの内訳が前より微妙にコストカット傾向にあるけど
まーでもじゅうぶんじゅうぶん。

r_DSCF6689.jpg

中華にも似たすまし色スープに
キャベツサラダに
デザートのフルーツミックスは缶詰そのまんまですね。

r_DSCF6691.jpg

2つだけだけど
大ぶりのぷっくりつやつや海老が乗っているのは嬉しいですね。
これだけで結構得した気分になれます。

海老だけでなく挽肉と炒り卵も入ってます。

お味はほんのりタマリンドの酸味に唐辛子の辛さの乗った
甘めのナンプラー系醤油味。

アツアツにむっちりの麺に絡んでうまうま。

r_DSCF6692_2014053014595326f.jpg

そして野菜はニラとモヤシなんですが
麺と共にしんなり炒めたものと
さっと湯がいたシャッキリのもの
2種類の食感が味わえるというのがまた面白いです。

これから暑くなっていく時期
熱帯性モンスーン気候の国タイの料理はますます美味しくなっていくと思います。

参考ページ

さて次はカレーか、それとも生姜焼きいってみるか。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

生麦(東寺尾)、カスピアンのペルシャ風ピリ辛チャーハン
r_DSCF6882.jpg

先日台湾料理屋の桃園を目指して
大口から生麦方面まで国道を歩いててる途中に
ちょっと気になる店を見つけました。

見た目はモーテルのような建物の1階部分にあるカフェレストラン。

ハンバーガー、サンドイッチ、ケバブ、パスタ、とのぼりに書いてあり
こんな場所のカフェで軽食と一緒にケバブやってるのか、珍しいな
程度に、国道挟んだ反対側からの見た目で流してしまったのですが

後で調べたらペルシャ料理店なんだそうで
なんですとーーー!!

よもや自宅から歩いて30分弱の場所に
中東料理が頂けるお店があるだなんて
考えもしなかったですよ。

HPのメニュー見るとランチからケバブクビデやらジュジェケバブやらあるし
夜はゲイメやホレシュテ・キャラフスなんぞのイラン家庭風煮込み料理があったり
福富町のペルシャ料理店キャンドゥのメニューで覚えた名前がつらつらと。

こりゃもう行くしかねぇ!と1週おいてのお休みに
またもや歩いて行ったわけですよ。

国道を遡り
子安台を越えて鶴見区に入って
右手にケンタッキーと回転寿司の店が見えてきたら
その向かい辺りにあります。

r_DSCF6889_20140602151007361.jpg

こんな国道の途中にオシャレで本格的なお店があるなんで
誰が気づくだろうか?

すぐ近所に住宅もあるわけでなし
※訂正、よくよく見たらほぼベッドタウンでした。
駅からは遠いい。
トラックの運ちゃんくらいしか気づかないよなぁ。

駐車場もあるにはあるけど
乗用車2、3台でいっぱいになるくらいだし。

シックな内装に、イランのミュージックビデオが流れる店内。
ペット可なテラスもあるんだけど
国道で大型車がガンガン通るから、排ガス臭いかもしれない。

r_DSCF6877.jpg

バーガーやパスタ等、オーディナリーなメニューもあるけど
専門店ならやはりケバブでしょう…と思ったけど

イラン人と思われる日本語のまだ不慣れと思われるおねーさん曰く
日替わりがピリ辛チャーハンだとのこと。

レギュラーメニューにジャンバラヤがあるんだけど
それとは違うってことですよね?

これ、ペルシャ式のピラフのポロなんじゃね?
きっとそうに違いない! よし、ケバブは次回にしてそれを頼みましょう!

r_DSCF6881.jpg

セットのスープはビーツの赤いスープです。
深い味わいにディルの風味が強く出てるあたり
ボルシチにも似てます。

これがもう、う・ま・い!
この味だけでなんちゃってコンセプトレストランでなく
本場の味を作れる料理人がいるのだとわかります。

ならばチャーハン(仮)にも期待がかかるというもの!

r_DSCF6883_20140602150957cf8.jpg

目玉焼きが乗ってるあたりから
一瞬ナシゴレンかなんかと思い違いしてしまいそうですが

r_DSCF6887_20140602151004fda.jpg

米はちゃんとインディカ米です。
見たてに間違いなかった。
これポロですよ!
確かにイランのピラフです。

クミンがふんだんに使ってあって
香りも味も好みです。

いやー、ホントに徒歩圏内で本格的なペルシャ料理が頂けるだなんて
どんな軌跡ですよ?

r_DSCF6885_20140602151003299.jpg

具はチキンと竹の子です。
竹の子も食べるんですねぇ。

クミンの味と香りを十分に楽しむためには
目玉焼きはちょっとジャマ者な気がしないでも。

でも今後楽しみなお店がまた増えました。

帰ってから正式な料理名を探し出そうとしたものの
機械翻訳だとペルシャ語の楔文字のフォントで表示されるので読めませんでした。

يک بامبو بد شانسی خانم رايس
竹の子、米、で何々ポロ、が料理の名称になると思うんだけど
…英語表記に翻訳できる手段ないかなぁ。

r_DSCF6888_20140602151006b48.jpg

セットの食後のドリンクにチャイを頼んだのですが
コーヒーシュガーが黄色いのです。

これを入れると砂糖だけでない甘やかな味と香りが広がります。
サフランシュガーなんですね。
いいなー、美味しいなコレ。

r_DSCF6618.jpg

6~9月限定の冷たいデザートを頼もうとしたのですが
おねーさんちょっと対応に困った感じ。

ちょい上のおねーさん的な方が出てきて
6月になったので仕込みに入ったけど
出来上がるのが夕方になってしまうとのことでした。

残念だけど次来た時に頼むことにしました。
そりゃ間違いなくまた来るわこんなお店!
次はケバブ楽しみだ。

ちなみにこのおねーさまが店長さんなようで
そもそもこの建物自体がペルシャビルという名前だとな。

賃貸でなくオーナー。
お金持ちさん?
在日イラン人向けの住居だったりするのかしら?

だからこんな微妙に不便な場所にお店があるのかな?
最寄駅は生麦だけど、多分歩いて10分くらいです。

公式ページ
参考ページ

普段歩かない場所も散策してみるもんだなぁ。
よもやこんなお店が隠れているとは。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

東神奈川、キッチン10423のオムライス
r_DSCF6868.jpg

先日金剛商店で飲んでいた時に
店長さんから、東神奈川に安くて美味しい店があると教えて頂きました。

ワイン、ビール軒並み300円台、料理も概ね500円内のビストロ
カサゴのアクアパッツァもそんな値段だったと聞いて色めき立ちました。

こっちも酔っ払いだったんで、お店の名前を正確に記憶していませんでした。
としひろだか、よしふみだか、名前を数字にした店名だとか。

パスワードサーチをするように色々数字を入れていくと
10423でひっかかりました。
としふみ、が正解ですね。

食べログ等に該当データはないけど
常連さんの非公式なランチメニュー報告ツイッターがひっかかりました。

ランチやってるなら、取りあえず偵察に行ってみましょう。

場所がはっきりわからなかったので
該当場所をストリートビューで予習して向かってみる。

東神奈川駅から第二京浜に出て
モンテローザと石材店の間の道を進み
二つ目の通りの右角。
現時点でストリートビューだとたまむしという名のお店になっています。

ピンク色の壁のお店には看板がかかっておらず
前に止めてある自転車の籠に店名とランチの記述があります。
ここで間違いない!

r_DSCF6864.jpg

残念ながら夜のメニューがどんな感じかはわかりませんが
お酒の値段が安いのは見ての通り。

r_DSCF6865.jpg

店内には時計屋かと思うくらい沢山の古時計があって
カチコチと思い思いの時間を指しています。

全部時間違うんだけど分単位で違うから
どの時計がどこの国、とかいうのもなさそう。
鳩時計が唐突にポッポーと鳴り出したり。

案外心地よいもんです。

r_DSCF6867.jpg

天井の収納に古いステレオにラジカセにサッカー盤
ちょっとノスタルジックに浸ってしまいます。

サッカーゲーム、ちっちゃい頃欲しかった記憶があります。
スイッチの重いラジカセも小さい頃よく愛用してました。

いい趣味してらっしゃいますね、ヒゲの店長さん。

r_DSCF6866.jpg

さっぱり味のドレッシングのキャベツサラダ。
しかし食器がノリタケなあたり
老舗のホテルか昔の洋食屋か、って雰囲気です。

r_DSCF6869.jpg

コンソメのスープに
メインのオムライス。

これで600円ですよ!

余所でその値段なら
可能な限り省けるものは省くところですが

r_DSCF6871.jpg

ご飯はキノコ入りピラフ
オムレツは外はしっかり中はふんわり
そして更にキーマカレーがけなんて

結構手間かけていて
これだけで料理人としての細やかな気配りと
技術が伝わってくるってモンじゃないですか。

r_DSCF6872.jpg

昨今はオムレツはふわとろでなきゃ、って風潮だけど
スペインオムレツ的なしっかりな焼き方と
その中はとろーりとした出来上がりという
2種類の加減が楽しめるオムレツっていうのもいいですね。

デミグラ系の作り方ながら
ピリッとくる辛さのキーマカレーソースも美味しいです。

一見当たり前の洋食っぽい料理を
ほんの少し高いレベルに引き上げながらも
お値段は安いという

こりゃ近所に住んでるか仕事してるかの人は
毎日の食卓にしたくなりますよねぇ。

r_DSCF6863.jpg

夜どんな料理出すのか気になりますね。
こちらもいずれ機会を設けて伺ってみなけりゃ!

非公式ツイッター

非公式と書いてあるものの店内にアドレスが張られてるので
公認ツイッターと言ってもいいですね。

住所はグーグルマップから割り出したものですが
多分これであってると思います。

神奈川県横浜市神奈川区西神奈川1丁目3-13
グーグルマップリンク

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

山下町、かめせんのかめせんラクサ
r_DSCF6730.jpg

※閉店しました。

先日天府でラクサっぽいカレー坦々麺を食べてから
またかめせんでラクサを頂きたい衝動に駆られました。

かめせんは中華街裏手の豚骨ラーメン屋さんなのですが
店主の趣味で何故かシンガポールラクサを扱ってるんですよね。

ミスマッチながらも美味しいラクサが頂けるとあって
密かにお気に入りのお店の一つです。

少し前からラクサのメニューが2つになったと聞いていたのですが
行ってみると実は
以前からのシンガポールラクサと
麺を米麺から自家製麺に取り換えたかめせんラクサの2択でした。

まぁ、基本的に味は変わんないわけですね。
でも麺が変わると料理としててどう変わるのか気になるところ。

r_DSCF6729.jpg

部活帰りの学生で満席だったので
一回りしてきて空いたところにすべり込み。

先にシンガポール製のチリソースとパクチー皿盛りが出てきました。
青々としてていいね、このパクチー。

r_DSCF6731.jpg

シンガポールラクサの方は本場屋台風の小さくて深めの丼なところを
こちらは大きくて浅めの丼に変えています。
卵もうずらでなくて鶏です。

日本の厚揚げ油揚げとほぼ変わりないインドネシアのタフゴレンは同じ。

アサリに有頭エビ。
エビは大分味が抜けちゃってるけど
その分スープにしっかり旨味がのっています。

r_DSCF6732.jpg

一見すると中華タンメンと変わりないような感じですが
ココナッツべースのちょい辛な香しいスープの香りが。

これがもう、アサリやエビの出汁がよく出てて美味しいんだ。

洗練されてない屋台メシ的な味と香りなんだけど
そこがまたよいのですよ。

r_DSCF6733.jpg

麺はどんなものかと思ったら
ゴムひも的な硬さの麺であります。

そう書くとマズい麺の表現のようですが
香港の粥麺屋の麺のようでこれはこれでウマいもんなんです。

r_DSCF6734.jpg

パクチーのせるとまた味わいが深まってよろしいです。

先程のチリソースを様子見でレンゲにとって溶きつつ入れてみる。
そうするとまた辛さと一緒に味わい深くなっていい感じ。

r_DSCF6735.jpg

デフォルトでご飯ついてくるので
最後はココナッツカレー雑炊にします。

ここでチリソース大幅投入してからーい雑炊にしてみたら
これがまた美味いカレー雑炊的な物になってウマいのです。

しかし結構ご飯の量多くてハラいっぱいになりました。

参考ページ

いつでも普通にこういう料理を食べられるというのがいいなぁ。

無性に豚骨ラーメンが食べたくなる、という衝動が
私の場合は無性にラクサが食べたくなる、というものになっているので
今後もまた衝動に任せて食べに行ったりしたいと思います。

テーマ:東南アジア料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、サムウェアのロコモケ
r_DSCF6725b.jpg

杜記で昼食べようと思ったら満員。
何処で食べようかなと彷徨っていたところ
つかさ鮨の向かいの第2浜銀ビルの入口にカフェバーと書かれた看板発見。

r_DSCF6716.jpg

カフェバーという呼称自体が80年代のコーヒー一杯千幾らとかの
ぼったくりオシャレ文化を想起させて印象がイマイチなんですが
昼から通し営業で軽食メニューもあるみたいです。

この後まだメシどころ求めて彷徨うのも難儀なので
ささっと決めちゃうことにしました。

r_DSCF6718.jpg

バーだらけなので昼は薄暗いエレベーターホール脇の入口
ちょっと入るのに躊躇するロケーションでしたが

r_DSCF6719.jpg

中は意外と広いコンクリ打ちっぱなしのラウンジバー。
調理場との間をモザイク欠けした障子で隔てています。

店を一人でとり回しているおねーさんは
モノトーンコーディネートのミニスカ姿。

んがその衣装に反して接客業的に意気覇気全くなさそうな様子は
ちと大丈夫かいなと心配になる感じでした。

r_DSCF6721.jpg

看板にあったロコモコを頼もうとしたらロコモケなる料理もあるとのこと。

何だろうと思ったらロコモコのハンバーグの代わりに
黒毛和牛ステーキが乗っている料理なようです。
そんな料理があることを初めて知りましたのでそちらを注文。

しかし隣のタコライスは当然ごはん付であるからして
ワクの中には食事割引きのコーヒーの記載のみ。

だけどロコモケのワクの中にはセット ごはん or パン等々の記載。

え? ロコモコとかって基本ご飯付だよね?
よもや丼に肉野菜乗ってるだけでご飯なかったり……しないよね???

r_DSCF6723.jpg

不安になりつつもとりあえずコーヒーを頂きます。
あ、濃い目の入りかたで美味しい。

r_DSCF6722.jpg

メニューにエッグベネディクトがあります。
へー。
この界隈で頂けるのはちょっと貴重かもしれませんね。

r_DSCF6724.jpg

ちなみに窓から見下ろした景色はこんな感じ。

しかしアレだ。
さっきのカウンターの写真見るとわかると思いますが
調理場が一段高くなってるので
ソファーに座ると目の高さにおねーさんの腰のあたりが来るわけですよ。

白ブラウスに黒ネクタイ
黒ミニスカとハイニーの絶対領域に釘付になりそうです。

戦闘力高すぎですよこのコーディネート!
って落ち着けオレ、中学生じゃあるまいし!

とまあ仕込み料理しているうちに
ようやくおねーさんのエンジンがかかって来たようです。
暑すぎてボーっとしてたようで(苦笑)。

何分コンクリ打ちっ放しのレイアウトなので冬は寒いし
まだ開店してから一度も夏を迎えてないので
店内どんな様子になるかわからないとのこと。

今年は冷夏だと言われてるのに
梅雨を前にしてもう30℃届きそうですもんね。

窓開ければ風が抜けるけど
止まるともうどうしようもない、と。

真夏になれば冷房つけるだろうけど
光熱費どうなんだろなぁ。
あと梅雨時はコンクリだと結露とか心配です。

エンジンかかってくると屈託のないおしゃべりのおねーさんでありました。
本気でさっきはボーっとしてただけみたい。

r_DSCF6727.jpg

ロコモケやってまいりました。
この味噌のようなカレーのようなデミグラが面白いなぁ。
量増し要員にサツマイモが入ってます。

容器が途中から深くなっているので
ご飯は完全に隠れてます。
なので混ぜて食べて下さいとのこと。

r_DSCF6728.jpg

おすすめに従って混ぜてみます。
見た目がキレイじゃなくて申し訳ない。

しかしこのデミグラに目玉焼きの黄身
そしてサラダの乳系ドレッシングが絡み合うと面白い感じの味になり
結構イケます。

思ったよりもご飯のボリュームがあるので
わりとしっかり食べる事が出来ます。

ただ、食いしん坊的には肉の量が少ないかなぁ、と。

それなりにいい肉っぽいのですが
丼混ぜ飯のようなジャンキーな料理として食べるのには
そこまで肉質にこだわって量減らしてもしょうがないかなという気もします。

なのでここはハンバーグの乗ったロコモコの方を頼んだ方が正解かな?

r_DSCF6720.jpg

公式ページ
参考ページ

ヒトサラにある記事によると
まだ若い女性オーナー兼店長自ら内装アイディア出して
ミニスカ穿いて、というお店のようです。
この戦闘能力の高いコーディネートと地形効果も意図的なものだというのかっ!

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

長者町、タワンルングのガパオ
r_DSCF6599.jpg

※閉店しました。

先日初めて入ってガイヤーン(タイ風焼き鳥)セットを頂いて
その味とコストパフォーマンスの良さに痺れたタワンルング。

取りあえずは全ランチメニュー制覇をと思ってまたお昼時伺いました。

今回は前より若いおねーさんが給仕だけど
日本語はあんまし得意でない様子。
ガンバレ!

r_DSCF6600.jpg

中華と同じようなすまし色の野菜スープ。
今回はばっちり温かかったです。

辛いもの食べるから優しい味は口直しに丁度いいです。
マカロニサラダに、デザートはダークチェリー。

r_DSCF6605.jpg

タイのおかず乗せごはんには目玉焼きがつきものです。
乗ってるの見るとなんかちょっと嬉しくなっちゃう。

下は焼けてパリパリだけど
とろとろの黄身は崩しておかずとご飯に混ぜ込むのが美味いんだな。

r_DSCF6606.jpg

挽肉をホーリーバジルとオイスターソースで炒めた料理がガパオ。
ご飯のお供に最適なタイ料理です。

ちょっとホーリーバジルの利きが弱いのと
挽肉の量が思ったより少ないのが残念だったけど

ナンプラーの旨味塩とオイスターソースでまとめられた
ピーマン、パプリカ、タケノコ、タマネギはやっぱり美味しいです。

油断していると赤唐辛子だけでなく青唐辛子も使ってるので
辛さにピリピリっとやられますが
タイ料理はそこも醍醐味なんですよね。

参考ページ

もっと辛くしてと頼んでるお客さんもいらしたので
ガツーンと来る味を楽しむこともできそうです。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

第33回横浜開港祭フィナーレ
01r_DSCF6978.jpg

仕事帰りに開港祭ラストの花火を見るべく
また臨海公園までてくてく歩いていきました。

02r_DSCF6899.jpg

7時直前でこんな様子。

見物に一番いい場所は有料の観覧席に締められているものの
あちこちに空いたスペースはあるので
レジャーシート持参すれば何処でも観覧できる余裕あります。

03r_DSCF6900.jpg

そろそろ安売りがはじまっているので
トルコ料理らしきブースにて晩メシ代わりを物色。

04r_DSCF6901.jpg

ビーフとチキンのケバブセット。
とっくに冷めちゃってるけどほぼ半額だし。

しっかりついた下味と焼き加減のおかけで
カチカチになっていても十分うまし。

05r_DSCF6903.jpg

ステージでは「しうまい美味い♪」とか
よくわからんラップが歌われています。

06r_DSCF6904.jpg

なんだかんだ言いつつメシ時なこともあって
作りたての料理を提供してくれるお店は
定価でも行列出来てます。

07r_DSCF6906.jpg

やきそばだお好み焼きだ
からあげだドネルケバブだ、とお馴染みの料理にばかり行列いていて
こういうお店にはお客いないのが悲しいところ。

08r_DSCF6907.jpg

焼いてから時間経ってるけど
ウォーマー保温で暖かいから
齧ると熱い肉汁が溢れ出るブラジルソーセージうまいです。

09r_DSCF6908.jpg

ステージ最後の演目、ドリームオブハーモニー。
一般公募の1000人がステージに上がっての合唱。
これは参加する側でないと面白味全くない演目ですね。

10r_DSCF6909.jpg

20時20分。
長いこと待ってようやくビームスペクタクルinハーバーがはじまりました。

が陣取った場所が悪くて
ビームを見るにはよい位置だったけど
花火が木の影になって全く見えないのです。

ビームは昨年リハーサルでいい場所で見れたんだから

11r_DSCF6914.jpg

花火見るのにいい位置に移動しました。

12r_DSCF6945_2014060314144432a.jpg

横目で見れるステージのパイロは
ほとんど火事ですね。

13r_DSCF6970.jpg

あとはもう花火かぶりつきの位置で楽しみました。

14r_DSCF6987.jpg

ドンドン震動は身近に感じられる位置だし
火薬の臭いもばんばんするし

15r_DSCF6990.jpg

ほとんど真上みたいな場所だったので
花火のガワのカスまで降ってきます。

16r_DSCF6992.jpg

だけど今までで一番花火に近い場所で楽しむことが出来ました。

17r_DSCF6994.jpg

近いので満天が流れる光の粒で覆われているような感覚です。

18r_DSCF6995.jpg

たった30分の間でしたが
近くで見ることが出来ていい体験になりました。

もし来年があるなら
レーザーと花火を同時に楽しみたいなら
ステージ右寄りに陣取るといいと思います。

花火をメインで楽しみたいなら右側の海寄り。
橋のあたりで見れば
ホントの真上に見ることが出来るかなと思います。

19r_DSCF6998.jpg

20時50分。
終わった後は店仕舞いの安売りを目当てに。
ラニが全品半額だったので
まずはナンロールを。

ピタパンの要領で巻いているのはナンなので
予想以上に炭水化物多め。
チキンと野菜より圧倒的にナン率高し。

20r_DSCF6999.jpg

そしてシシケバブとチーズロール。
シシはフツーの出来上がりだけど、やっぱり脂ののった羊挽肉は美味しいですね。

チーズロールはチーズとほうれん草を包んだ揚げ春巻きです。
日本人には馴染みのない取り合わせですが
とろけたチーズの入った揚げ物
それにピリ辛のトマトベースのソースという味の組み合わせは鉄板です。

そんな感じで今年もついでのように楽しんできました。

全力で楽しむにはまだまだ魅力が足りないところがありますが
美味しそうな所だけちびちびつまむように楽しむことは出来ます。

予算の使い方だけに躍起になっちゃってるようなあたりを改善して
川崎に負けないように頑張ってほしいところなんですけどね。

テーマ:花火 - ジャンル:地域情報

生麦(東寺尾)、桃園の角煮味咖哩飯
r_DSCF6623.jpg

なんかここのところなんとなくカレーづいてます。
ガチカレーに参加していない個人的ガチカレーを探す、的な趣旨
ということに後付でしておきましょう。

今回は生麦の台湾料理のお店で出しているカレーを食べに行ってきました。
生麦くらいだから近いとも言えないけど徒歩圏内だし
歩こう歩こう、私は元気、と第二京浜を北上。

横浜商科大を行き過ぎたあたりの小さな歩道橋のある通りを左へ。
ちなみに右に曲がると生麦の駅へ向かいます。

r_DSCF6622.jpg

昔ながらの町中華の佇まいだけど
台湾竹の子の炒め物とかがあるあたりがいいですね。
美味しそうだ。

r_DSCF6621.jpg

あとこんなのも。
メニューは全部壁に貼ってあるものから選ぶので
首が痛くなりそうな角度まで隅々見渡しましょう。

そんな中に台湾風咖哩飯という張り紙があります。
チキン、パイコー、角煮の3種があるので
一番旨味の出そうな角煮を頂きました。

r_DSCF6624.jpg

先に出て来た箸休めの漬物自体がわりと量あります。
続いてでっかい土鍋が登場。
グツグツ煮たってるカレーが美味しそーう。

r_DSCF6625.jpg

角煮から出た出汁もたっぷりなスープカレー的な濃度の汁は
欧風カレーとも和風カレーとも
中華カレーとも沙茶ソースともちょっと違います。

カレー粉投入したタイプでなく
配合から自前でやっているそうです。

r_DSCF6626.jpg

掬い上げてみると角煮のでかいこと!

そしてこれがゴロゴロ入っているのが
また嬉しくなっちゃうじゃないの!

r_DSCF6628.jpg

ニンジンとジャガイモと角煮をご飯にのせてみましたが
これでもまだ具は半分残っておりますのですよ。

余所の角煮乗せカレーだったら二人前にしても多いと思うくらいです。

野菜だけでなくリンゴまで煮込んでいる
家庭的な優しさを感じるカレーです。

だけどカレー粉の味でもなくて
ちょっと不思議な感じだけど美味しい。

スパイシーさは足りないけどこれはこれで完成された味だなぁ。

そしてしっかり脂ののったゴロゴロ角煮が十二分に楽しめる。
いいですねぇ。

土鍋入りなんで、冬はもっと美味しいだろうなぁ。

r_DSCF6629.jpg

サービスでアイスコーヒー頂きました。

お初のお客に対しても
田舎に帰ってきた子や孫にでも接するおばあちゃんのような
おかみさんの気遣いがまたいい味です。

カレー美味しかったです。

「カリーポン、ホアチャ、ネ」

ああ、台湾語だとそう言うんですね。
たぶん漢字だと「咖哩飯、好吃」でいいのかな?

r_DSCF6620.jpg

次また来て食べた時は先回りして言わせてもらいます。
カリーポン、ホアチャ!

参考ページ

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

渋谷(宇田川町)、マリーアイランガニーのホリデーランチ
r_DSCF6538.jpg

夜に新大久保でメシを食おうというお誘いがあったので
折角東京方面に出るなら
ついでに昼もそっち方面で食べていきたいなと考え
少し遅い時間までランチをやっているお店を探したところ

今年3月に開店したばかりのスリランカ料理のお店が渋谷にあると知り
そちらで頂くことにしました。

場所は渋谷の駅から文化村にまっすぐ向かい
東急本店を丁度行き過ぎるあたりの細道の向かいの雑居ビルの5階になります。

r_DSCF6529_20140519170253c0d.jpg

分かり難そうで意外に分りやすい場所
1階入り口に看板が出てるのですぐ辿り着けました。

ホリデーランチ1択なんですね。
でもメインのカレーは牛、豚、鶏、牛挽肉の4択。
牛を選択して待ちました。

r_DSCF6531.jpg

雑居ビル5階の隠れ家南国カフェ的な佇まい。
席も置かれて開け放たれたベランダから抜ける風が心地よいです。

数々のスリランカのお面が飾られていますが
店長さんは髪型と帽子のおかげでちょっとゲバラ風。

r_DSCF6532_2014051917025777c.jpg

サラダは水菜多めの爽やか系。

r_DSCF6533.jpg

グリルはチキンと豆腐というのがちょっと変わってます。

そして味つけはなんか豆板醤っぽい味です。
スリランカ料理でいうところのデビル風を狙ってのことなんだろうけど
まんま豆板醤の味だなぁ。

まぁ美味しいからいいんだけど。

チキンが中が冷たかった。
肉が解凍しきれなかったんかな。

それさえなければ外の焼き加減も味も十分良かっただけに
ちと残念であーる。

r_DSCF6536.jpg

カレーの肉が一塊ででんと乗っかっているのは
ちょっと意表突かれました。

でもこういうのもいいね!

r_DSCF6537.jpg

見た目からしてインドのカレーとはぜんぜん違いますね。
ココナッツベースでまろやかそうに見えて
実は辛さもけっこうキます。

刻みオニオンの甘さに感じさせないくらいに
スパイスの刺激ビリビリがたまらんです。

カラピンチャの葉っぱも入ってるし
本格的なスリランカカレーですね。

r_DSCF6539.jpg

そして牛肉の方もみっちり凝縮された煮こみっぷりですね。
ブルゴーニュ風のビーフシチュー並にしっかりみっちりな肉繊維。

だけど噛み応えはしっかり弾力があって
肉食ってる感があります。

結構大きめの肉だし
非常に満足感あっていいですね。

r_DSCF6543.jpg

香りしっかりのスリランカ紅茶
渋みさえも美味しい入り方です。

r_DSCF6546.jpg

このお面はイヤミにしか見えないんだけど
なんかの神様なんだろうか?
シェーの神様?

r_DSCF6530.jpg

渋谷界隈はますます美味しいエスニック料理の宝庫になっていきますねぇ。

ほとんどの店が隠れた場所に点在している上に
街の通りが複雑な分岐になっているので
偶然散歩して出会う可能性は少なかったり。

そんなわけでネットなんかで情報を集めて出かけることが多くなっています。

まだまだ宿題山積みなのがつらいわー。
いや楽しいけど。

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR