オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
子安(浦島町)、浜のカキフライ定食
r_DSCF1064.jpg

地元子安の安くてうまいフライ中心の定食屋さん
気軽に揚げたてが頂けるのでまたまた行って来ましたよ。

コメントではまれぽの取材が来たらしいというので
混むようになるかもしれないからその前にまた、ということで!

r_DSCF1063.jpg

マジだ!
こんなシールがあるんですねぇ。

r_DSCF1065.jpg

牡蠣の美味しい季節ということで
今回はカキフライですよ!

カキが入ってもなお、お値段は500円台止まりというのがまた素敵。

r_DSCF1066.jpg

オマケにとりからも1つついてきます。
もちろんオマケなんで作り置きですけどね。
こちらもいずれ揚げたてで頂きたいところ。

カキ自体はそれほど大きめではありませんが6つ!

r_DSCF1067.jpg

揚げたてですもん。
そら美味しいですよ。

軽くレモンを絞って、トンカツソースかけて
ちょいとカラシもつけて
ガブリと頂くとたまりませんな。

上品めなお店のとか、牡蠣専門店のでっかいフライを知っていても
やっぱりこういうのがすっごく美味しいことには変わりないんです。

ご飯と一緒にアツアツをかっ込んで食べる幸せというのは
何物にも変えがたいですね。

そしておサイフにも優しいし。

公式ツイッター
参考ページ

揚げたてフライを口いっぱいに頬張りたい衝動に気軽に応えてくれる
庶民の味方が近所にあるのって素晴らしいなぁ。
また来ます!
スポンサーサイト

テーマ:天丼・天ぷら・フライ - ジャンル:グルメ

蓬莱町、カフェダイニング・プラスのプルコギチキン
r_DSCF1061.jpg

大通公園沿い、ワシントンホテルの並びにあるダイニングです。
たまたま夜通った時、ランチの500円カレーの告知があったのを見つけて行ってみたのですが

r_DSCF1054_201410271624576bb.jpg

むしろプルコギチキンって何だ?とそちらに食いついた次第です。

r_DSCF1056_201410271624581a9.jpg

カウンターにアクセサリーが展示販売されています。
お店自体が一部フリマを兼ねていたり、週末はライブをやっていたり、と
コミュニティスペース的なお店なのかな?

雰囲気的にオーナーも女性だとふんだのだけど、どうだろう?

r_DSCF1057_201410271624524ef.jpg

コンソメスープ付でプレートはこんな感じです。

r_DSCF1059.jpg

カフェスタイルでプルコギって雰囲気はぜんぜんないんだけど
そもそもプルコギって定義はなんだっけ、と悩む。

普通は牛肉と野菜の炒めで…たまに豚肉なこともあるけど
鶏というの初めてだなぁ。

プルが火でコギが肉なので、名前には料理の特徴は出てないんだな。
中央の盛り上がってる独特の鍋を使うか否かは定義の内には入らない。

醤油ダレとヤンニョムの味で肉も野菜もたっぷりというイメージなんだけど
これはピーマンとタマネギ少量。
完全に醤油とろみダレにゴマと糸唐辛子。

r_DSCF1062.jpg

柔らかブツ切り鶏モモに濃い目の醤油ダレはまぁ焼鳥的で美味しいです。
辛さは特にナシ。

プルコギという名前を記憶から消去すれば十分美味しい創作料理かな。
韓国料理っぽくはない気はします。

うーん、でも改めてプルコギってどういう料理なんだかわかんなくなってきたぞ?

r_DSCF1053.jpg

ランチのメニューはちょくちょく変わるようなので
その辺から自分の好みを探してまた来てみるかな。
ハンバーグとか美味しそうではあります。

ちなみにワンコインのカレー自体もいつもあるというわけではなくて
前もって告知した日だけということらしいです。

次は11月10日だとか。
2週に1度月曜に、って感じなんでしょうか?

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

弥生町、たんぽぽのキムチチャーハン
r_DSCF0895_20141020141041e52.jpg

※閉店しました。

阪東橋の南宮のあとに出来た韓国料理店のたんぽぽ

昼に米を味わえる料理を食べたいなぁ、という衝動が起こり
ビビンバ…いや、キムチチャーハンがいいな、と入ってみました。

r_DSCF0892_2014102014104085f.jpg

韓国料理店の特徴の一つの突出し的な前菜です。

たまご焼きとナムルとキムチ。

キムチはまだ発酵が進んでないものの
ベースのコチュジャンの濃い味は好みです。

たまご焼きは口に入れてみたらひき肉あんがたっぷり!
これは嬉しい不意打ち。

餃子のように挽肉とニラとネギをこねたあんが中のほとんどを占めていたので
たまご焼きと言うより肉オムレツという感じかな?

r_DSCF0896_2014102014104392d.jpg

スープは澄ましカルビスープではなく味噌チゲ的な味噌汁でした。
よく煮込まれた白菜たっぷり。

これもちょっと嬉しい不意打ちでしたね。
韓国風の味噌もわりといい味してます。

r_DSCF0897_20141020141044446.jpg

目玉焼きがでん!
韓国海苔もたっぷり。

このチープな佇まいがナイス!

実際味の方にしても
トッポギのタレのようにコチュジャンの辛さよりケチャップの甘みが前に出ております。

ぺったりしんなりした、炒飯というよりまぜご飯的で
具はソーセージとコーン。

r_DSCF0898_20141020141046b07.jpg

とことんまでチープな様相なんだけど
これが美味しかったりするのが面白いところです。

この韓国人家庭のメシ的なチープさ加減が
たまらなく愛おしくて美味しい気分の時もあるんですよ。

甘辛の味がかなりしっかりとご飯に馴染んでいて
安いソーセージの味がまたなんとも。

r_DSCF0902.jpg

セルフですがコーヒーのサービスもあり。
近所のお店勤めの人がゆったりメシして一服してくのに丁度いい空間。
気取らなさも味のうちですよ!

参考ページ1
参考ページ2

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

大口(入江町)、カチャカチャカフェのごはんセット"野菜としょうが入りつくねハンバーグ"
r_DSCF0768.jpg

晩飯の時間帯に入江町方面にてくてく。
お目当てはカチャカチャカフェ
そう、9月から全大口市民の望んだ(と言いきっちゃう)カチャカチャの夜営業が始まったんですよ!

平日にこの近辺に居られる人だけの特権だったんですもの。
しかも開店時間を逃すとあっとゆーまに女性客で満席だから。

初めて訪れた夜営業だと男性客もそこそこ多め。
そしてお子様連れの若い奥様も多いですね。

夜も昼と同じお値段だし、ごはんセットもあるし、と
近隣住民には非常に有難いことです。

r_DSCF0769.jpg

今回もメインはハンバーグ。
でもこの日はさわらかサーモンの西京漬けに変更も可でした。
そっちも魅力的だったけどね。

ダイコン入りの味噌汁の塩気の強すぎない優しい味がとってもイイ!
風呂吹き大根も相変わらずいいお出汁の染みたダイコンに
練り味噌の塩気とわずかな甘みが加わって美味し。

r_DSCF0772_20141017150534ca3.jpg

小豆乗せのかぼちゃはほんのり甘みでちょい和のデザート風
春雨はタケノコ、挽肉、ピーマンと和えて
こちらも抑えた味加減が結構ご飯と合います。

r_DSCF0770.jpg

ハンバーグとはいうけど大きく平たいつくねであります。
とろみ醤油ダレに七味マヨというB級な味つけも結構オツなもんです。

中はショウガとタマネギとニンジンが入っていて
ちょっと炒り豆腐風でもあります。

ワンプレートでこれだけいろいろな品目が食べられるのは
外食中心で栄養が偏りがちな身にはとてもありがたいです。

しかも美味しいんだものなぁ。

r_DSCF0774.jpg

練乳がけの紅茶ゼリーがついてきます。

ホントはロールケーキでも頂こうかと思ったんですが
ワンプレートで十分満足してしまったのでまた見送り。

自分の体を形作る栄養をしっかり頂いたことを実感しつつ
晴れやかに帰途につきました。

公式ページ
参考ページ

テーマ:カフェめし - ジャンル:グルメ

石川町裏フェス
01r_DSCF1044.jpg

石川町2丁目の商店街が裏フェスなるイベントを開催すると知ったのは開催前日の夜。
はまれぽの投稿ページをたまたま見てたらそんな情報があったので。

千客万来状態な元町クラフトマンシップストリート・フードフェアに対しての裏ということなのかな?
クラフトマンシップストリート自体も元町の裏通りではあるんですが
こちらは石川町駅から元町に通り抜ける途中の裏通りって扱いの商店街です。

ホントは午前中に市場祭りか山手教会のバザーにでも行こうかと思ってたんですが
前日によこはまばしインターナショナルフェスタで結構食べてたもんだからお腹が空かなかったのです。

とはいえ、さすがに午後になったら空腹になりました。
でもじっとガマンの子で、開催時間の3時すぐに到着するように出発。

5分過ぎに元町側改札の裏側に出たらもうこんな感じの様子でしたよ。
しかしホントに駅を出て0分の場所でのお祭りなんだなぁ。

この周辺の飲み屋が中心のお祭りだというのに
えらいお客さん多いです。

02r_DSCF0998.jpg

どれを食べたものか品定めしつつも
ともかくハラ減ってどうしようもなかったので
駅のガード下の辺りに出張してきたグランドゥーカでまずは一皿。

03r_DSCF0999.jpg

アランチーノというイタリア式のライスコロッケ。
中身はリゾット、その更に中は片方がエビ、もう片方が肉です。
トマトとサフランで味つけたような肉が美味い。
エビはしっかりと風味が出ていてもっと美味い。

しっょぱなからご飯ものだけど
これで精神的に余裕が出来たぞ。
HPが真っ赤で点滅状態からオレンジに回復したくらいかな。

当然のことながらすぐ売り切れて
お店の方で作って持って来るまで机が無人状態だったり。

04r_DSCF1015.jpg

商店街のテントで肉を焼いているのはワインバーのグランカーヴ

05r_DSCF1017.jpg

ワンコインながら結構大ぶりのスペアリブです。
オレンジピールでほんのり香りづけしてあるけどさっぱり系
食べ甲斐のある肉の塊です。

ただ、アツアツでなかったのがちょっとだけ残念。

06r_DSCF1010.jpg

俺蔵と書いてオレッゾと読むんですね。
しかしイタリア系バル多いね。
店内も飲食場として開放してました。

07r_DSCF1028.jpg

カツレツのトルティーヤサンド。
カツレツというけどフレーク状にした肉のカツでした。
圧力鍋で煮込んだ肉とかなのかな?

なかなか面白い食感。

08r_DSCF1033.jpg

ベリーダンスショーにみんな釘づけです。
通りが狭いから通れなくなっちゃうという問題はあったけどね。

キレのある踊りっぷりがカッコよかったです。

09r_DSCF1005.jpg

老舗の鰻屋の八十八
小ぶりの鰻丼、ひつまぶし、ハヤシライス、といろいろ扱っていましたが
どれも飛ぶように売れてすぐになくなっていきます。

そうか…少人数向けのバーばかりのイベントに
予想外に多くの客が来てるからすぐなくなっちゃうんだな。

これは…料理がある時にすぐ飛びつかないといかんな、と
熟考せずに飛びつく方針に変えようと決めました。

10r_DSCF1024.jpg

フレンチのAMIなんて、開始時間からひとときたりとも行列がなくなりません。

キノコのミートパイ美味しそうだったけど
一度に焼ける数で行列分捌けるところまでいかないし
焼けるまで15分くらいはかかるとのことで
残念ながら断念。

11r_DSCF1002.jpg

元祖ひょうたん
肉が終わって店員さんが手持無沙汰のところに追加が来た瞬間に並びました。

12r_DSCF1046.jpg

特製焼肉サンド。
中華式の包に韓国式焼肉とネギを挟んだシンプルな料理だけど
こういうのは出来立てが美味いんですよね。

13r_DSCF1013.jpg

元町生パスタはサングリアとおつまみ2点盛りのセット。
丁度喉が渇いていたのでいい組み合わせですよ。

14r_DSCF1020.jpg

ラタトゥユと砂肝のコンフィはワインやサングリアと相性良いつまみです。
サングリアもリンゴたっぷりで爽やか美味し。

15r_DSCF0996.jpg

貴らくは芋煮が美味しそうだったんだけど、丁度前の人で終わってしまいました。
一周してから追加があったので即注文。

16r_DSCF1043.jpg

柔らかい里芋のみならず
ワンコインのわりに豚肉たっぷりだし
舞茸にとろとろネギという組み合わせが最高!
具材の何から何まで美味しくて芋煮サイコー!!

17r_DSCF1051.jpg

ワインと海鮮パエリアのお店Rocket
トムヤンクンとイカ墨炊き込みごはんを出していました。

こちらも狙っていたけどなくなったので
次が来るのを待ってすかさず注文!

18r_DSCF1052.jpg

常々思うけど、なんでイカスミなんてものが美味しいんだろうね?
炊きたてホクホクご飯にたっぷりのイカスミの風味が乗っていてめちゃ美味しい!
しかもワンコインなのに結構ボリュームもあるから十分に堪能できますよ。

19r_DSCF1048.jpg

とまぁ、そんな感じで
スタートダッシュで美味しいところをいろいろ狙い撃ちできました。

5時も近くなったころにはそろそろ追加の材料もなくなってきたところもポツポツ
同時に行列もどんどん長くなっていったりで引き上げ時かなーと
満ち足りた気分で引き上げました。

開始早々に来て正解でした。
2回目があるなら、もっと盛況になりそうな気がします。

個人的には大行列アタリマエで食券制の元町のイベントより
こっちの方が好みだなぁ。

今後も楽しみなイベントです。

公式フェイスブック

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

真砂町、三熙のトマト焼きそば
r_DSCF0742.jpg

関内駅前セルテ6階の食堂街は関内という繁華街の駅前ビルであるにも関わらず
田舎のジャスコ(…って今はもうないんだっけ?)の食堂街的な
ちとうらぶれた雰囲気があるんですよね。

でもそんな雰囲気の中にベトナム料理のモティティ、タイ料理のボァトゥンという
結構な実力店が控えてたりするから侮れない。

そしてもう一つ
ちょっと気になっていたお店がありました。
中華料理の三熙です。

r_DSCF0741.jpg

見た目、どちらかというとうらぶれた、のカテゴリーに加わりそうな
一昔前の中華料理屋さんな空気なんですが
これが意外な実力店だったりするみたいだからまたわからないもんで。

酔華さんのところで書かれてたトマト焼きそばが美味しそうだったので
試しに寄ってみた次第です。

r_DSCF0743.jpg

昔ながらの中華スタイルではあるんですが
素性の良さっぽいものは見た目から滲み出てる……ような気がします。
ざっくりやっているようでいて、やはり昔慣らした腕前は誤魔化せない、的な。

重慶飯店の料理長をしていた方が料理人だというのもなるほどな、と感じます。

お味の方も
昭和の中華の味でありながらも地味に味わい深い。
そしてちゃんとトマトの旨味が中華の味と馴染んでいて美味いです。

r_DSCF0745.jpg

中華もトマトもどちらもわかりやすい味だけに
注意しないとただ安っぽい味になりがちなんだけど
美味しいんですよこれ。

中華風のタマネギやニンニクの味とトマトの酸味がマッチしてる。
生のトマトも使ってあるけどぜんぜん違和感なく馴染んでいます。

そしてお値段のわりにぷりぷりのエビがたんまりで満足感も高し!

麺は昔大衆中華料理で頂いた焼きそばと同じくの細いもの。
あんまし好きではなかったハズなんだけど
やっぱりいい料理人の腕にかかると美味しいもんなんだなぁ、と再確認。

r_DSCF0748_201410141550135fe.jpg

参考ページ

参考ページには「食べログ評価はそんなに高くありませんが」と
お店自らかなりザックリ書いてるな!

「ホールスタッフはサバサバしたお母さん達の接客ですが」とも

はい、確かにざっくり過ぎて大丈夫かなぁ?とちょい不安になりましたよ。
でもこれ、中国本土の接客態度だな。

そう理解してみればなんてこたぁないんだけど
初めての人は面食らうと思います。

味の傾向も、昨今のエッジの効いた華やか?な中華に比べると
昭和風の地味な傾向であるのは否めませんが
町中中華の叩きあげともまたちょっと違った腕が味わえるお店です。

そんなお店なんで、年配の方連れてくと喜んでもらえるんじゃないかと思います。
ああ、こういう中華が食べたかったんだよ、って顔ほころばせてくれるんじゃないいかな?

余談ですが、店名のあまり見かけない「熙」の字は
主に人名に用いる字で、輝くとか喜ぶとかの意味を持つらしいです。
輝、嬉、起などの字に当てられてるんだとか。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

第2回よこはまばしインターナショナルフェスタ
01r_DSCF0973.jpg

昨年横浜橋入口のあたりの大通公園にて
初めてインターナショナルフェスタが開催されました。

こんな下町でやってもなぁ
場所柄全部韓国料理になるんじゃないの?とタカをくくっていたのですが
小規模ながらいいイベントだったんです。

1年経って、また開催があるのかぜんぜんわからなかったのですが
ふと検索かけてみたら今年もやるっていうじゃない!

だのに…折角のお祭りなのに、告知くらいちゃんとやればいいのにね!
近所の掲示板にポスター貼るとか…ぜんぜんしてないんだものなぁ。

02r_DSCF0962.jpg

入口側は横浜橋から
鈴木肉店デリカキング成木屋玉喜園モリテイ木浦食品華星
お馴染みのお店が屋台を連ねています。

そして商店街同様に隣り合っている
福美高麗人参店延明

酉の市でも食べられるじゃん、とお思いでしょうが
それは違うものが出てるんですよ。

03r_DSCF0957.jpg

福美で豚バラ丼とチゲ鍋スープ。
入れ物は小ぶりだけど豚バラごろごろ

元からここはキムチの味がこの界隈トップクラスの美味さなんですもの。
キムチベースの味つけは当然ウマい!

チゲ鍋は豚バラ、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、トッポギなどなど具財たっぷりに
味つけもキムチ一辺倒ではなく
なんだろう?
山椒か何か使ってるのかな?
深い味わいがあって、こちらも絶品な出来です。
オススメ!

04r_DSCF0953.jpg

海老名のスーパーフーズブラジル
定番の軽食をいろいろ取り揃えてあります。

05r_DSCF0955.jpg

かけつけブラジルソーセージ。
こんがりに焼けた南米の旨味たっぷりです。

06r_DSCF0949.jpg

地元すぐそばのソムタムも来ていますよ。
チキンのくしやきとチキンサテーとどう違うんだろう?
ソテーなのかサテソースなのか?

あとでカレー類や豚足などなど追加されていました。

07r_DSCF0960.jpg

焼き立ての豚バラくしやき
あっさり仕立てだけどアツアツむちむちの豚美味し。

08r_DSCF0951.jpg

インド料理は店名がなかったけど
サジット アユーブというお店らしいです。
検索しても見つからず。

09r_DSCF0946.jpg

インドネシア料理のゴーヤングリダというお店は
イベント等にいろいろ参加していると情報が見つかります。
大泉に同名のお店がありますが、そこなのかどうかはわかりません。

10r_DSCF0945.jpg

アラビア料理のアルアインも来ています。
ここも近所だものね。

11r_DSCF0969.jpg

アラビア版のドネルケバブっていう表現でいいのかな?
チキンシャワルマを頂きました。

ソースが胡麻ソースなのがポイント。
トマトが多めでケバブとはまた味のバランスが違いますね。
チキンの焼け具合がなかなかで美味し。

12r_DSCF0964.jpg

延明も酉の市でお馴染みだけど
スナギモの串焼きと焼きそばは初めての扱いですね。
コリコリの食感がなんても言えず美味い。
まーホントは羊の串焼きとか売ってて欲しかったけど(笑)

焼きそばは冷めてたけど
もちもち太ちぢれ麺としんなりした少しオイリーな野菜がなかなかいい味です。

13r_DSCF0967.jpg

インターナショナルな祭りだけど
和ステージは太鼓の演奏で盛り上がってまいりました。

そのあとタイの舞踊やベリーダンスなんかが控えております。

14r_DSCF0948.jpg

ワルン インドネシアというお店。
ここも検索したけど該当語句多すぎてわからず。

それもそのはず、ワルンという言葉自体
インドネシア語で小さな店、という意味らしいです。

15r_DSCF0978.jpg

お菓子を買ってきました。
パンダンケーキという柔らかいパンケーキに

スノーボールというクッキー
ココナッツパウダーと粉砂糖の風味でとても美味いです。
安いしこれオススメ!

16r_DSCF0970.jpg

ステージ大盛況だけど、客席こんな感じの年齢層なのが横浜橋という土地柄ですね。
飲食用に用意したテーブルの方も日本語より韓国語の方がよく聞こえるというあたりも。

r_DSCF0990b.jpg

ベリーダンスにはアルアインの店員さんが熱い視線を送ってらっしゃいました。
ベリーダンス本場の方の目なので緊張しました、と踊り子さん。

しかし横浜橋の日常が写り込んでなかなか台無しな写真だこれ(笑)

r_DSCF0992b.jpg

ともあれ、気軽に地元で楽しめるイベント、堪能致しました。

まぁ、元々の地元の人気店が他のテキ屋含む出店に負けないように
新たな料理等繰り出してきたので
結局そちらの魅力にヤられっぱなし…という面もあるんだけど(笑)

明日日曜も開催しております。
見慣れた町の見慣れぬ光景を楽しみつつ
各国の料理など頂いてみるのは如何でしょうか?

後援団体告知ページ

あと土壇場で情報が入ってきたのですが
石川町でも明日日曜にイベントをやるそうです。

石川町裏道フェスティバル、通称裏フェスという
元町のフードフェアに対しての裏という位置づけになってるのかな?
午後3時から7時と
裏といいつつ先に初めて先に終わるイベントみたい。
時間があったら寄ってみようかな。

石川町活性化委員会フェイスブック

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

中華街、飲茶發發のママ手作りカレー
r_DSCF0360.jpg

何故かなかなかお目にかかれない
大珍楼1階のイートインコーナーのカレー
昼に行けば午後遅くからの提供だと
夜行くと売り切れ。

そんな感じにフラれ続けてようやく食べられるタイミングに来ましたよ。

r_DSCF0358.jpg

お店の隅で調理中。
水餃子は作り置きでないのでのんびり待ちましょう。

r_DSCF0357.jpg

新館の方でランチが始まったとのことでそのチラシ
マカオ風カレーってなんじゃらほい?

どうやらエバミルクを使うのがマカオ風と言うらしいです。
日本のカレーのようなまろやかな味なんでしょうかね?

r_DSCF0359.jpg

何故29コまでの表記なのか、何か理由はあるのでしょうか?

r_DSCF0361_2014100617012456c.jpg

さてお待ちかねのカレーは
ママ手作りカレーと名打っている通り
ご家庭で頂くような、特別でないカレーでございます。

r_DSCF0362.jpg

今日はチキンカレーみたいですね。
牛すじとかモツとかの旨味のよく出る具材の時でなかったのがちと残念。

チキンにニンジンにインゲンが煮込んであります。

ただ日本のご家庭のものとは違ってとろみは少ない
わりとシャバシャバなカレーです。

r_DSCF0363.jpg

もちもちの美味しい水餃子も運ばれてきました。
運んできたにーちゃんが、このタレをカレーに入れると美味しいですよ、と。
なるほど、それは試してみないとな。

r_DSCF0366.jpg

干し貝柱のたっぷり入ったXO醤風な醤油ダレの塩っ気と酸味が加わり
ちょっと不思議な味わいになります。

なるほど、これはこれで面白い味。
醤油系の味も飲み込んでしまうカレーという料理。
改めて恐るべし。

珍味的な味もまた深し。

大珍楼 公式ページ
参考ページ

というのが10月アタマ頃の話だったのですが
酔華さん情報によると更に
豚バラご飯、牛バラご飯等が増えているとのこと。

豚バラは中国麹味噌、牛バラは八角と山椒とのことで
これもそそるなぁ。

また帰りに大幅な寄り道していこう。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大口通(七島町)、金剛商店138番地の牛ホホのパートブリック包みほか
r_DSCF0909.jpg

地元の大口、京急の子安駅からは徒歩1分
そして自宅から徒歩数分にあるイカかしたワインバル、金剛商店

前回伺ってから少し経ってしまったところ
横浜泥酔さんのところでまたいろいろそそるメニューが出ているのを見て
居ても立ってもいられなくなりました。

仕事で少し遅くなった帰り
食いっぱぐれたことを口実にこれ幸いと入ってみました。

9時も回っているというのにカウンター満席ですよ。
すっかり人気店です。

r_DSCF0904.jpg

メニューが結構増えてますね。
前みんなで来たときは全メニュー制覇する勢いで頼んだもんですが
もうさすがに無理かなと思います。

一人で来たら料理は当然独り占め出来るんだけど
頼める量は限られています。
生ビール頂きつつ
よーく考えて

r_DSCF0905.jpg

取りあえずはエゾ鹿のソーセージ
よもや鹿肉のソーセージなんてものが大口で食べられるなんて!

前菜的な立場なはずなんだけど
付け合せの野菜も結構盛ってます。

r_DSCF0906.jpg

それだけじゃなくてマッシュポテトも。
結構食べ甲斐ありますよ。

噛む毎に香ばしい鹿肉のちょっとしたクセが
口にじわっと広がってたまんないなぁ。

r_DSCF0907.jpg

ズッキーニのチーズ焼き。
馬車道の某肉料理のお店だとおいくらとかいう話になります。
向こうはロティサリーマシンの維持等が価格に上乗せされるであろうからしょうがないんですけど

ハーフで頼んでも結構な量で嬉しいです。
みんな太ってしまえばいい!とか笑って言うマスター。

美味しいもの、品のいい料理と酒をたっぷり出してくれるにはそんな思惑が!

自分を落としつつ場を和ませてくれる巧みな話術と美味いメシで
店内笑いが絶えません。

r_DSCF0908.jpg

ビールのあとにカヴァに切り替えつつ
タコとマッシュルームのバター焼きを頂きます。

一人でアヒージョをフルに注文できない時は
これも美味しいのでオススメですね。

この日はジェノベーゼっぽいバターが小さなココットの中でグツグツ
バゲットを浸して食べるとめちゃウマ。

r_DSCF0910.jpg

そんな感じで様子見をしつつ
隣の芝生は青いとばかりに
ほかのお客さんの頼んだ料理を横目に見て
非常に美味しそうだなぁと思ったのが
この牛ホホのパートブリック包み。

今日は…これを食べるまでは帰れないなぁ、と。

コンロでソースもたっぷりにグリルされた野菜に
仕込み済みの牛ホホ肉を包み焼きの紙よろしくパイ生地でおおってオーブンで焼きます。

手間がかかるんで忙しい週末にはやりません、とマスター。

しかし投入する肉の多いこと多いこと!
今日はこれ全部俺のもんだぜヒャッハー!!

r_DSCF0911.jpg

生地を開くとトロトロホホ肉が姿を現します。
たまんないですなぁ、ちょい見ただけで美味しいと確信できる。

食べても食べてもまだ肉がある幸せよ。
しかし正直、これ一品だけ頼めば後はいらなかったんや、というレベルですよ。

ここワインバルだけど、レストランの一品料理としても
ここまでの量出してくれるお店ってそうそうないですよ。

ドラマ版の松重豊演じるゴロー並に食ってるなぁ、今日。

参考ページ

しっかり美味しいもの食べて幸せ心地でお店を出ました。
酔っぱらっても帰りの心配する必要がないって、いいなぁ。

でも逆に近すぎて、食べた後の腹ごなしに散歩する余地がありません。
そろそろ寄り道すると睡眠時間が減ってきそうな時間帯だし。

しかし食ってすぐ寝る、だとマスターの思惑通り肥えてしまいそうですよ。
軽く食べて済ますつもりだったのになぁ。

まぁ幸せ心地だから、太っても幸せ太りということにしておこう。

テーマ:ワインバー - ジャンル:グルメ

末吉町、J's store(ジェイズ・ストア)のチェンマイ風そうめんと豚スープカレー
r_DSCF0777.jpg

横浜市のタイ特区?J's storeでまたお昼食べてきました。
今回も自分以外に日本人客でいっぱいになりました。
すっかりおなじみとなりましたね。

さて、最近何度来ても扱いのなかったチェンマイ風そうめんと豚スープカレー
3度目の正直でようやくあったので注文叶いましたよ。

チェンマイと言えばバンコクに次ぐタイの第2の都市。
タイ料理だとチェンマイ風という表記はちょくちょく見かけます。
特に辛さの強い料理で知られている感じです。

そんなわけで狙い撃ちで食べたかったのですよ。

英語表記だとKHA NOM CHIN NAM NGIAW
読みはカノムチン・ナムギオウでいいのかな?

r_DSCF0778.jpg

スープカレーというだけあってドロリとした赤い汁が麺を完全に覆い隠してます。
お好みでライムを絞るのもいいけど
酸味がかなり増すのでまずそのまま食べてから試した方がいいと思います。

r_DSCF0779_2014101714260126f.jpg

麺は米麺なんですがほぼそうめんと思って間違いないです。
カノムチンというのがコシのない細い米麺のことなんですね。

スープは甘酸っぱ辛い味です。
好みは別れるかもしれません。

トマトベースにタマリンドの甘みと酸味が強く加わった出来で
トマトベースなあたりはミャンマー料理のメッタで食べたものと近いのですが
それを酸っぱ辛い方向に思いきりハンドル切ったような。

生野菜やパクチーの他は豚の軟骨ともみじ(鶏脚)ですね。
豚の方はソーキそばみたく柔らかい肉と、同じく柔らかくてコリコリな軟骨。

鶏脚もよく煮込まれていて肉と骨が簡単に分離できます。

r_DSCF0780.jpg

そして正体不明なのがなんか髪菜のような黒い塊。
きちんと写真に撮りませんでしたが
このショットで麺とフライドガーリックの間の影から覗いているのがわかりますでしょうか?

ナスのへたが髪の毛のようになっている感じの正体不明の具材だったんですが
実はこれが料理名のナムギオウ、の部分のンギオ
そういう名前の花なんだそうです。

はっきりとした風味はもっていなかったので具の一つだと思ったんですが
重要な役割果たしてたのか。

ともあれ
今までに食べたことのあるタイ料理とはまた一風変わった面白い味の料理でしたよ。

辛さは思ったよりは強くないかなと油断していたら
食べ終わったあたりから唇がちょいヒリヒリしてきました。

でも暫くするとそれも引いてしまうのだから
タイ料理は病みつきになってしまいがちなんだよなぁ。

参考ページ

満員で入れなかったお客さんもいたりと
結構な繁盛ぶりです。

入れなかった時の第二候補も考えないといけないのがちょっと難ですが
日本にローカライズされていない料理の数々を味わえるのは
やっぱりこの店の醍醐味ですね。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

子安(浦島町)、浜のカツカレー
r_DSCF0394.jpg

京急の神奈川新町から第一京浜で子安に行く途中にある
安くてウマい魚フライ中心の酒とめしのにまた行ってきました。

r_DSCF0390.jpg

前回よりメニューがちょい増えてますね。
フライの種類が沢山あるから、その中から好みでいろいろ食べられるのが嬉しいんですが
こりゃ相当に迷うなぁ。

と、カキフライもあるのか!
そろそろ美味しい季節ですよね~。
それも魅力的だけど

r_DSCF0393.jpg

今回はこれ!
カツカレーでございます。
このボリュームがワンコインですよ!

r_DSCF0395.jpg

皿に溢れんばかりにルーが盛ってあるのが嬉しくなっちゃいますよね~。

お店の前に本格カレーとのぼりが立ってますが
本格ってなんぞや?といつも思う。
本格はインドカレーじゃないのか?

実のところご家庭や大衆食堂などで頂ける典型的なカレーです。
でも、インドカレーの美味さを知っていても
やはりこの懐かしの垢抜けない味に魅せられてしまうんだよなぁ。

r_DSCF0396.jpg

カツはとんかつ専門店のものに比べれば薄い肉だけど
スプーンで切ろうとすると
ぐうーっと弾力で抵抗し、やがて応力を越えて切れるというあたり
非常に頼もしさを感じます。

カリッとした衣の上にカレーを纏った豚ロース
噛みしめるとやはり美味い。

子供の頃から大好きな味だものなぁ。

公式ツイッター
参考ページ

満腹して普段と違う方向へ寄り道しつつ帰りました。
次来るときはカキフライを頂こう、と満天の夜空を仰ぎつつ心を決めるのでした。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

第22回いいじゃんかわさき
01r_DSCF0846.jpg

今年22回目を迎えるいいじゃんかわさき。
近年客を西口方面に奪われている東口方面の6つもの商店街が
総力をあげて賑わう祭典です。

去年は丁度台風が来てほぼ中止状態だったんですよね。
毎年楽しみにしていたのに参加できなかった分も今年は取り戻すぞ!と
日曜に気合を入れて回りました。

02r_DSCF0844.jpg

平和通りよりも1本先の通りにある香蘭1号店
看板が真新しいけど新店?
この辺前から中華のお店だったような記憶もあるんだけど

03r_DSCF0845.jpg

麻辣串があるので頂きました。
麻辣湯に串ごと入れて煮込むこの料理
地味に流行りつつあるような?

モツと鶏コンニャクの2種と言うんだけど
コンニャクとダイコンと一緒に刺してあるのもモツだったよ。

まぁ、美味しいからいいんだけど。

04r_DSCF0850.jpg

ベトナム料理のキムタン
折角の美味しい店なのに、賑わってる通りからちょっと外れているので
閑古鳥状態でしたよ。

05r_DSCF0851.jpg

豚焼肉を頂きました。
魚醤系のバーベキューソースがよく染みてて
更にいい焼き加減でめちゃウマ!

06r_DSCF0856.jpg

いさご通りの川崎信金前は毎年のように茶店的な模擬店出張中。
川崎駅周辺ではまだ少ない刀削麺を毎回の目玉にしている多福楼ですが

07r_DSCF0857.jpg

こっちも麻辣串出してるんですよね。
こっちの方がじっくり煮込んでて辛さがより具に染みてるのですよ!

08r_DSCF0859.jpg

型無夢荘…かたなしって読むのか!
馬肉と蒸籠蒸しのお店なんだそうです。
発参加かな?

滅多に食べる機会のない馬肉料理を安く提供してらしたので

09r_DSCF0860.jpg

まずは馬肉タコス。
ほぼ牛肉と同じ味と食感ですが
脂は少なめかな。

生トマトベースのソースは比較的あっさりめで
肉の味を殺さないように工夫していました。

10r_DSCF0861.jpg

そして馬とろ煮込み。
トン汁の馬版ってところ。

薄切りにした肉なのに角切り並にみっちり入ってます。
味噌と野菜の味にもあって美味し。

11r_DSCF0863.jpg

仲見世通りにあるフィリピンレストラン、クシーナ川崎。
フィリピンレストランってパブっぽいお店と見分けつけにくいので
情報見つけにくいんですよね。
詳細見つからず。

12r_DSCF0864.jpg

こちらでまた豚のバーベキューを頂きました。
ちょいと焼きがあまかったかな。

この後このお店、いろいろ弁当が追加されて
どれも美味しそうだったんだけど
弁当食べたらあと何も食べれなくなるからなぁ。
涙を飲んで断念。

13r_DSCF0867.jpg

コリアンダイニングのこけこっこは毎年ツイスターポテトで大人気。

14r_DSCF0866.jpg

プルコギはんぺんなんていう変わり種を出していたので試しに頂いてみました。
肉は少なめな代わりにえのきたっぷりのプルコギをはんぺんに挟んだという
ただそれだけなんですが、結構オツなファーストフードですね。

15r_DSCF0847.jpg

平和通りのフィリピンレストラン、パミリアも沢山料理を置いてあって選ぶのに悩みます。

どんなものがあるか聞いてみたところ
一見グラタンにしか見えないようなものもお菓子だということだったり
というか半分以上がお菓子だったっぽい。

フィリピンのお菓子は死ぬほど甘いという印象があるので
無難なところで手を打つことにしました。

16r_DSCF0868.jpg

豚のバーベキュー。
なんか今日は豚ばっかり食べ比べしてる気がしてきたぞ?
これもタレのよく染みたやわらかな焼き上がりでめちゃうまーい!

17r_DSCF0869.jpg

前にフィリピンフェスで食べたのと同じパラボック。
春雨ベースの太麺に干し魚入りのあんかけをかけたパスタ的な何か。

トマトとタマネギとニンニクのソースに干し蝦と燻製にした魚のの風味が加わって
フィリピンフェスで食べたもののような素っ頓狂な味ではありませんでした。

どちらも冷めた状態のものでしたが
本来はアツアツなのか冷まして食べるものなのかどっちなんだろ?

18r_DSCF0872.jpg

通り隔てた先からも響く張りつめた堅い低音!
沢山の和太鼓がユニゾンで鳴らされると迫力です。

19r_DSCF0852.jpg

横丁の東田あべにゅーにあるワイン食堂sole
生ハムがどんどん売れていましたが
私が気になったのは牛すじワイン煮込み!

20r_DSCF0870.jpg

ワインデミグラで頂くとろとろ牛すじ。
トマトの甘みと酸味がかなり強く出ていますが、そこがまたよいのです。

21r_DSCF0873.jpg

店内がドーナツ工場と化している高橋豆腐店。
ここも何気にお祭りでの人気店ですよ。

ペースト状のドーナツ生地が機械で輪になって
そのままフライヤーにドボン、な装置が面白い。

22r_DSCF0874.jpg

売り切れ必至の杏仁豆腐。
中華のヤツと違ってほぼ豆腐です。

大豆原料の豆腐だなぁ、という風味にほんのりの甘みがついたものなんですけど
これもこれで結構味わい深いんですよね。

23r_DSCF0876.jpg

たちばな通りの老舗モナリザンは、毎年ナポリタンに大行列が出来ています。
サングリアでも頂きたかったんだけど
さすがにここに並ぶのはなぁ。

24r_DSCF0877.jpg

と思っていたら向かいにあった模擬店、呑々食堂rico
マンゴー梅酒ななんてのを見つけたので

25r_DSCF0878.jpg

即試してみました。
完熟マンゴー梅酒 フルフルというやつみたいです。

これは酒というよりアルコール入りジュース。
ほぼアルコールを感じない爽やかな口当たりでいくらでも飲めちゃいそう。
でも度数9度だ!

26r_DSCF0887.jpg

一周回ってきたあと、あらごしみかんというのも飲んでみました。
缶詰入りのみかん並の甘い果肉がそのまま入ってる酒です。

これも度数は7度だっていうんだけどほぼジュース。
知らないで飲んでるとあっとゆーまに酔い回りそう。

27r_DSCF0882.jpg

本庁舎ではかわさきロボット競技大会のデモンストレーションで
かわロボ鬼ごっこという、主催側の操作するラジコンロボを
子どもたちがピコピコハンマー装備ロボを操縦して追いかける競技。

ちょっとやってみたかった(笑)

ツノなしのシャアザクの頭はハゲてボロボロよ!

28r_DSCF0841.jpg

パラボックは持ち帰りにしたので
最後に炭水化物で〆ようと
インドネシア料理のasian goyang lidahで

ここは店の詳細見つからないけどいろんなイベントで見かけるので
ベンダーオンリーとかなのかな?

29r_DSCF0891.jpg

インドネシアカレーことカレーアヤムを頂きました。
カレーとはいうけど辛さはほぼなし。

チキンのココナッツミルクとターメリックのクリーム煮込みという感じです。
サンバルがついてくるので、それを混ぜてようやくカレーになってきたかいな?というところ。

30r_DSCF0862.jpg

軽めのものを数多く頂いたので、いつも以上に写真が多くなっちゃいました。
日曜の参加だったのでもう終了しておりますが
なかなか普段通り過ぎがちな繁華街の美味しいところを狙い撃ちできる
楽しいイベントですので

来年の秋、あるいは
4月のかわさきアジアンフェスタ等にご参加されると楽しいかと思います。

いいじゃんかわさ 公式ページ

と、その前に11月の1~3日はかわさき市民祭りがありますね!

商店、テキ屋分け隔てナシ
ひょっとしたら露店1000軒超えるんじゃない?という超ビッグイベント!

川崎市民の本気の祭りを楽しめますので
秋の休日に是非訪れてみて下さい!

かわさき市民祭り 公式ページ

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

浅草、モンティのカイヨーマー・ガパオクロッとポッピア・ホンテー
r_DSCF0549.jpg

ソラマチでウルトラマンのイベントがあると京急のつり広告で知り
おもちゃ屋巡りと併せて行ってこようか、と突然朝思い立って出かける。

昼は…前に師兄が浅草駅前地下にディープなタイ料理屋があるって言ってたのを思いだして
そして確か向かいにベトナム料理屋があったハズ。

それからベトナムフェスでお馴染みのクロープクルアも浅草駅前だったな、と思い出して
そこまで考えるともうワクワクして、居ても立ってもいられず京急に飛び乗りました。

けど……行き当たりばったりだったんで、場所の確認してなかったんだよなぁ。

フツーの人はケータイ端末持ってるから出先で調べてもいいんだろうけど
私未だに持ってないんですよね。

当のタイ料理屋モンティは見つけられたものの開店時間に既に行列。
お向かいのベトナム料理のオーセンティックは臨時休業。
ここにたどり着く前にクロープクルアを探してたんですが見つからず。

この後探し回っても見つからなそうな気がしたんで
諦めて行列の椅子に座ることにしました。

r_DSCF0541.jpg

しかしまぁ、こんな場末感の強い立地だとは思わなかったなぁ。
銀座線の改札一角から伸びた地下道の中なんですけど
結構外は涼しいのに地下道の中めちゃ暑いんですよ。

ラーメン屋に居酒屋食堂等の排熱が外に抜けなくてこもっちゃってるのね。
改装なんて余地のない昔ながらの地下道内にひしめく食堂。
ここだけ昭和40年代にタイムスリップしたみたいです。

そんな空気の中に、更にタイの雑居ビルから
そのまんま来たみたいなお店が入ってるんだもの。

ここは昭和であって同時にタイでもある
時空の吹き溜まりのような異世界なんです。

r_DSCF0542.jpg

屋台のロースター見本みたいなのが置いてあります。

ともあれ、プラスチックの椅子に座りつつ
回されるメニューを眺めて食べるものを考えつつ
気長に待ちましょう。

タイの単調な音楽がエンドレスで流れてて
暑くて、トランス状態に入ってしまいそうです。

r_DSCF0544.jpg

開店して最初の客が丁度埋まった状態から5人目くらいだったけど
結局1時間近く待ちました。

でも、待ってる間に注文済みだったので
席に着いてから10分もせずに料理来ましたよ。

しかし、こんな立ち食いそば屋の厨房くらいの規模で
よくも先程のメニューにあるようなディープなタイ料理を作りあげちゃうもんだなぁ。

r_DSCF0546.jpg

先に来たのはポッピア・ホンテーという海老のすり身と挽肉の揚げ物です。
ホントはガパオっぽいものだけのつもりだったんですが

1時間近くも待って麺飯1つだけも寂しいし
その麺飯が辛かった時の逃げ場も作っておかねば、と思ったので。

r_DSCF0547.jpg

パリッパリの揚げたて衣の中は柔らかいすり身。
これがエビの風味がキッチリ出ててめっちゃ美味しい!

こんな美味しいすり身揚げ食べたの初めてかもしれない。

テーブル備え付けのナムプラーつけると美味しいけど
つけると海老の風味が弱まるので
何もつけない方がいいと思います。

小皿に盛ってあったソースはスイートチリソースかと思いきや
蜂蜜ソースです。
甘いんだけど、これは後で来るメシの避難場に残しておくのに丁度いい。

r_DSCF0552.jpg

一見ガパオご飯とそんなに変わりないように見えるカイヨーマー・ガパオクロッ
揚げガパオ炒めと書いてありますが
これはピータンとホーリーバジルを揚げたものが入っています。

素揚げしてパリッパリのホーリーバジルも結構美味しいもんですね。
風味の出方がまたちょっと違っている。

r_DSCF0551.jpg

こういう色が濃いめに出たガパオって好みなんですよね。
あっさりした鶏肉より辛みも味もしっかり乗った豚肉ガパオは最高に美味しい。

r_DSCF0554.jpg

この黒いのがピータン揚げなんです、と言ってもよくわからないか。
火を通すことで強いクセは引っ込んでますが
やっぱり普通の卵とは歯触りがぜんぜん違います。

しかし……食べ続けていると、やっぱり辛い。

一口一口はそんなに辛くはないんだけど
じわじわと効いてきます。

やはりタイ料理だなぁ、と実感します。

お隣のお一人のお姉さまは辛いよと念を押されたバミーモンティという
多分カオソーイのオリジナル版と思われる料理を召し上がってらしたんですが
余りの辛さに茫然とトリップしているかのような様子でした。

私は何でカオソーイ頼まなかったかというとですね。

待ってる間、油と唐辛子の香しい香りを背中に感じていたんですが
それともう一つ。
もの凄い芳しい香りが時々漂ってきていたんです。

炊飯器開けた時だったんですね、それ。
日本の食堂で使っているのと同じような大型の炊飯器だったんだけど
開けた瞬間、ジャスミンライスの香しさがむわっ、と溢れ出していたのですよ。

そりゃ、メシもの頼むしかないよなぁ、と。

r_DSCF0555.jpg

二品だけだったけど、ボリュームがあって辛くて、すっかりおなか一杯になりました。

写真を見てわかると思いますが
もの凄いお店だったなぁ、と改めて思いました。

近場のJ's Storeも凄いけど
ここはその遥か先を行ってるなぁ。
ホントにここは異空間だもの。

タイ料理がお好きな方は、ここは絶対行ってみるべきだと思います。
しかしそんなお店がなんで浅草の地下にあるんだろう?

参考ページ

但し、辛さの方もかなり容赦ありません。
知らないで入ると大変なことになると思います。

ちなみに私も食べてから4時間後に胃腸がかなり活性化いたしました。
食べる生薬のタイ料理…やっぱり効くなぁ。
食べた後に緊急避難場所が確保できないところに行くのは避けた方がいいと思います。

そしてこのお店に限っては
「辛いですよ」とお店の人に言われた場合
本場のタイ料理に相当の耐性がある人以外は
虚勢を張らずに「控えめで」とお願いするべきかと思います。

「本場通りに」とか「辛くして」と言った場合どんな地獄を見ることになるか…

しかし…また食べに行きたいなぁ。
道連れ連れて夜行きたい気もするけど
ここはマジで人を選ぶと思います。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

よこはま国際フェスタ2014とディワリ・イン・ヨコハマ2014
01r_DSCF0812.jpg

先週のワールドフェスタヨコハマに引き続き山下公園でのイベントです。
片や象の鼻公園、片や山下公園と近い場所での開催とあって
またハシゴしてきました。

02r_DSCF0795.jpg

到着したのが昼過ぎとあって、もう既にご覧の通りの盛況ぶりでした。
フードコートも半分はおレストランでなく国際協力系のNPOの模擬店なので
いくつか売り切れになっているお店もありました。

03r_DSCF0788.jpg

なるべく例年の常連でなくニューカマーで食べてみたいと思い
ラオスのブースに行きました。

向こうで子供達のために絵本を出版している団体で
こちらのお店の利益は子供達に配られる絵本になるんだとか。

04r_DSCF0789.jpg

ラオス風の焼鳥。
ナンプラーとレモングラス等のスパイスに漬け込まれてお味はなかなか。
お客に早く提供するためか焼き加減は僅かに早め。
あとちょいよく焼いた方が好みだったんだけど
でも美味しいですよ。

05r_DSCF0791.jpg

インドネシア人家族の会。
インドネシアカレーと称してるルンダンが美味しそうでしたが

06r_DSCF0792.jpg

ムペケムペケとかいうよくわからん名前の料理が気になったのでそちらを。
サワラの揚げかまぼこなんだそうです。

むっちりしたかまぼこをフリッターのような衣で包んであって
面白い食感のバランスで美味です。
衣にほんの少し砂糖が混じってるのがちょっと不思議な感覚。

07r_DSCF0793.jpg

そしてもう一つ、クエ・レピスという餅菓子。
チョコ味と抹茶味の2つがあったので抹茶を選びました。

餅というよりココナッツういろうという感じかな?
しっとりなめらかな口溶けの程よい甘みがとても美味しいです。
これはもっと食べたいですね。

でもハシゴするので程ほどに。

08r_DSCF0839.jpg

ざざっと食べ物以外の展示を眺めてみました。
かなり目を惹くのがこちらのドミニカ共和国の等身大人形。

ドミニカって南米の上あたりだけど、東南アジアっぽいコワモテな神様ですね。
成田亨が宇宙人のモチーフにしてそう。

あ、ハイチの隣りでもあるのか。
そう考えると納得。

09r_DSCF0801.jpg

ディワリの方に移動したら盛況で
どのブースも行列が出来てましたよ。

それもそのはずなんだ。
だって飲食ブース今回6つしかないんだもの。

ずいぶん絞られたなぁ。
もしかしたら、こちらまでデング熱が飛び火するのを警戒して
及び腰だったお店が多かったりしたのかな?

常連のカルカッタムンバイナワブシディークが来てて

10r_DSCF0809.jpg

烏山千歳
…じゃなかった、千歳烏山のカビルって初参加だっけ?
何故か今回ビリヤニ扱ってたのここだけだったので頼もうとしたんだけど売り切れ

11r_DSCF0811.jpg

というわけでタカタクをご飯で頼みました。
しかし薄い紙皿にアツアツの米と炒めたチキン盛ってあるのであちあちあち

たっぷりだし充分ウマいんだけど
できればチキンでなく羊の内臓で作ったものを頂きたいなぁ。
でもアリババはもうないんだ。

12r_DSCF0807.jpg

タンドリーチキン専門店なんてのは初めて見ました。
でも店員は全員日本人でしたけどね。

13r_DSCF0814.jpg

鉄板焼きだからタンドリーじゃないんだけど
漬け汁たっぷりでジュージュー焼けてるチキンは美味しそうですよ。

14r_DSCF0816.jpg

からあげかよ!と言いたくなる紙袋提供。
お味はインド式のヨーグルトの酸味強めな味ではなく
クローブなんかの香り強めな日本式タンドリーチキン。

でも出来立てアツアツで美味しいですよ。

15r_DSCF0802.jpg

シディークとムンバイとナワブは行列中だったのでカルカッタへ。
お店は西葛西だからそうそう食べに行ける距離じゃないものね。

※実はすぐ目の前の産業貿易センター地下食堂街に支店が出来てました。
 春に開店してたらしいです。なんと!


16r_DSCF0818.jpg

チキンカレーと豆カレーのセットにサモサをつけて頂きました。
化調を使わない老舗のレストランなんだけど
味は普通…かなぁ。

行列が出来てないということは
ナンも焼きたてじゃないんで、そこも残念ポイント。

この辺に限っては行列に並ぶのが正解だったかもしれない。

17r_DSCF0825.jpg

ステージではボリウッドダンスショーをやっています。
うん……有無を言わせぬ迫力だ。

でも真ん中の人が一番ハツラツとして輝いていたんですよね。

18r_DSCF0831.jpg

飲食店が少ない分物販がいつも以上に頑張ってた感じです。
しかしこの食器屋のこれ…通勤用弁当箱…だと?

カレーをステンレス製の重箱(といっていいのか)に重ねて入れてるのかな。
さすがはインドだ。

これ持ったおっちゃんが大挙してスクーターかあるいは
車外に溢れるほど満員の電車で通勤してるのかな。
想像するだにすげぇ。

19r_DSCF0833.jpg

行列店もドリンクのみの注文は別枠だったのでナワブで買い求めました。

ライチラッシーやブルーベリーラッシーが美味しそうでしたが

20r_DSCF0835.jpg

更に気になって買ったのはマサラミルクという飲み物。
カルダモンとアーモンド入りです。
コップの底に炒ったアーモンド粉を入れて、そこにミルクを注ぎ込んでいました。

時々カルダモンの刺激がしましたが、基本的にはほんのり甘いミルク。
粉になったアーモンドはクッキーのかけらみたいな感じで
飲み物なんだけどちょっとデザートな雰囲気。

21r_DSCF0820.jpg

そして最後にはしこたまレトルトカレーを買い込むというミッションが待っています。
このお店は今回初登場かな?
ADFフーズというインドのメーカーのアショカというブランドのレトルト。
アメリカやヨーロッパに広く流通しているのを今回初めて日本で売りに出したそうです。

4キロほど買いこんでこの後日ノ出町まで歩いたらさすがに疲れました。
当たり前か。

天気も日よりもよく過ごしやすい中でイベントとしては理想的な天候でした。
これでもーちょいお店が多かったらなぁ。

明日日曜も開催しておりますので
散歩がてらに屋外でカレーを食べるのもオツな休日の過ごし方かと思います。

よこはま国際フェスタ公式ページ
ディワリ・イン・ヨコハマ公式ページ

それと、イベントカレンダーでまだ取りこぼしがありましたのでここでいくつか紹介しておきます。

よこはまばしインターナショナルフェスタ2014
開催日:10月25日(土)10:00~20:00~26日(日)10:00~17:00
場所:大通り公園、横浜橋前
詳細
昨年の様子

カトリック山手教会バザー
開催日:10月25日(土)~26日(日)10:30~15:00
場所:カトリック山手教会
詳細

中央卸売市場まつり2014
日時:10月26日(日)
会場1:本場(神奈川区)9:00~14:00
会場2:南部市場(金沢区)8:00~13:00
詳細

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

曙町、東方餃子酒場の鶏とカシューナッツ炒め定食
r_DSCF0335.jpg

久方ぶりに東方餃子酒場の前を通ったら
ランチの新メニューに東方まぜそばとかいうのがあったので
惹かれて入ってみたのですが、本日は扱いがないとのこと。
しょぼーん。

r_DSCF0330.jpg

とはいえ、いつのまにかランチメニューが充実してるっぽいので
定番な内容になるけど頂いてみよう、と一生懸命選ぶ。

r_DSCF0331.jpg

表の唐揚げ定食と裏の唐揚げ丼セットって何が違うんだろう?

それはともかくとして最近豚が続いたので鶏
鶏とカシューナッツ炒めにしてみました。

そういえばここは亭主が給仕担当
まだそこそこ若い奥さんの方が調理という
ほかの中華料理のお店とは逆なのがちょっと面白いです。

r_DSCF0333.jpg

壁メニューがちょいと楽しい。
このスルメイカの炒めって、四川の唐辛子と鶏のから揚げを炒めた料理のイカ版なのかな?

豚肉は中国東北料理の鍋包肉ですね。
これもちょっと酢豚に近い料理かな?

r_DSCF0334.jpg

スープだす!
そうダス!わたスが大統領ダス!

違いますね。
牛バラのトマト煮あるんですね。
これは食べに来たいな。

牛肉と大根蒸す、ってなんだろ?
牛肉と大根入り蒸し餃子?

レギュラーの印刷されたメニューよりこういう壁メニューの方が面白そうです。

r_DSCF0336.jpg

さーて、そうこうしているうちにいろいろ取り合わせの定食が来ましたよ。

r_DSCF0339.jpg

突き出し三点盛りっぽい前菜は
前よりはグレード落ちてるかな?
まぁ、あんまり気にしない方向で。

r_DSCF0338.jpg

小ぶりな焼き餃子は相変わらず美味しいです。
日本人好みの薄皮だけど、油の具合がなんかいい塩梅なんです。

r_DSCF0337.jpg

鶏とカシューナッツの炒め。
出来自体は非常にオーディナリーなんですが
これがカシューナッツが結構たっぷりです。

むしろ鶏肉と同量入ってるんじゃない?
逆に原材料費高くついてない?

野菜の細かい切り方なんかは
シェフが女性だなぁ、という感じです。

r_DSCF0341.jpg

デザートの杏仁豆腐はとろーりとろとろ。
わりかし美味いですね。

ヒトサラ店舗ページ
参考ページ

しかし個人的にまぜそばがどんなものだったか非常に気になるんだ。
なんとかある時に来てみて食べたいもんだなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】ウルトラマンギンガワールド IN 東京ソラマチ
01r_DSCF0558.jpg

先週までソラマチでやっていたウルトラマンギンガワールドにちょいと行って来ました。
ホントは開催中に記事上げて、行こうか迷ってた人への後押しにすべきだったんですが

終了2日前だったのと
有料イベントとしてはちょっと微妙なところもあったんで後回しにしてしまいました。

スカイツリーは初めて行ったんですよね。
そして浅草界隈自体、学生の時ゼミの先生に連れられて行って以来だなぁ。

というわけで本日は食いモン以外のお話にお付き合い下さいませ。

02r_DSCF0561.jpg

ギンガSの防衛隊、UPGの指令室に使用されていたデスクです。
本編ではこのアクリル板にCGを合成していました。

しかし展示スペースを設けて再現するのではなく
そのまんま入場料徴取の受付テーブルに使っちゃってたのが
なんか雑な扱いだなぁと思ったり。

03r_DSCF0600.jpg

窓際にギンガのスーツが展示してありますが
完全に逆光になっちゃってるので近くから撮ると真っ黒。
遠目からズームで撮るしかないんですよね。

でも逆光気味の写真はカッコよく撮れていいな。

04r_DSCF0570.jpg

EXレッドキングとウルトラマンビクトリー。
ぶっとい腕と黒と赤のカラーでわかりやすく凶悪さを増したレッドキングもいいですね。

ビクトリーも初めてデザインを見た時は違和感あったんですが
活躍してるのを見るとやっぱりカッコイイなぁ、と思います。

Ultra-actで商品化してくれないかなぁ。

05r_DSCF0565.jpg

ギンガSでのボス役はチブル星人。
イヤな性格したキャラだけど
つぶらな瞳とぺったりした唇がラブリーで憎めませんね。
オバQみたい。

06r_DSCF0567.jpg

ウルフェス等のショーのクライマックスで使われた大型のタイラントのスーツ。
全身風船で出来てはいるけど、重量はどんなもんなんだろう?

07r_DSCF0603.jpg

撮影に使用されたUPGの基地のミニチュアも展示してありましたが
販促用のおもちゃの見本の後ろに置かれてます。
もっと近くで見たかった。

08r_DSCF0610.jpg

登場人物の衣装や小物。
アイテムは塗装を追加してはあるものの
基本的に一般販売してあるおもちゃをそのまま使用しているっぽいです。

おもちゃっぽいデザインではあるけど
商品が本編のものとほぼ変わらないっていうのは
昔に比べるといい点ですよね。

09r_DSCF0574.jpg

平成怪獣5体を合体させた新怪獣ファイブキング。
わかりやすくも無茶なデザインをよく形にしたもんだなぁ、と思います。

今後タイラントのように息の長い怪獣になる…かなぁ?

10r_DSCF0657.jpg

ギンガSショーの開催です。
ぶっちゃけ会場もステージもめっちゃちっちゃいので
逆にすぐ間近でヒーローを見られる機会だとも言えます。

11r_DSCF0674.jpg

ウルトラマンタロウと合体して、ウルトラ兄弟の光線技を使うこともできるので
エースのメタリウム光線のポーズを子供たちにレクチャー。

12r_DSCF0686.jpg

乱入してきた怪獣はサドラーくんではございます。
素直に「がんばれー!」と応援する子供達の声援が心地よいなぁ。

13r_DSCF0691.jpg

こんなせっまいステージ(2×5mくらい?)で背負い投げとか
なかなか無茶してくれます。

14r_DSCF0642.jpg

ヒーローと記念撮影のコーナー。
毎日違うウルトラマンが来て、この日はセブンでした。

案内役のおにーさんがウルトラマンセブンと連呼してたのは
ツッコミ待ちなのかナチュラルに知らないのかどっちなんだろうか?

15r_DSCF0699.jpg

怪獣と撮影の時間もあり
アトラクション向けにしては結構出来のいいガッツ星人が登場。
しかもフランクで気さくなガッツ星人だったのが笑えます。

ちなみに数日前はツインテールだったそうで。
足とかほとんど動かせないだろうに、ステージの移動大変だったろうなぁと思います。

そしてその日に行ってたら年甲斐もなく記念撮影お願いしちゃってたろうなぁ(笑)

概ねこんなもんだったので
正直入場料を取るイベントとしては微妙なところもあったんですが
まぁ値段は高くはなかったし
個人的には写真いろいろ撮れたのでよし!

当初再入場不可だったので
お子様がトイレに行きたくなったらその時点でアウトという問題があったそうですが
それは改善されたようでトイレ時の再入場の案内がされていました。

16r_DSCF0712.jpg

ソラマチの外ではハロウィンイベントが行われており
文具アパレル版のM78ウルトラマンも参加していました。

汗も標準装備なんだね。
これもゆるキャラ…ですよね?

17r_DSCF0539.jpg

この後軽く浅草散策して…主におもちゃ屋巡りとかしました。

いかにもなおばあちゃんが営業しているお店では
値打ちもののデッドストックのおもちゃが
しっかりヤフオクの最終落札価格並みの値段で売られていたり

メーカーの期間限定直販のアイテムを売ってるお店もあったり、と
意外に堅実すぎて面白味に欠けるところもありました。

掘り出し物は…なさそうかなぁ。

18r_DSCF0722.jpg

こんな昔の宿場街道の飲み屋街みたいな面白いお店もたくさんあったんですが
昼にたっぷりタイ料理食べたばかりでぜんぜんお腹が空かなかったのが残念。
そちらの方は後日書きたいと思います。

そのうちまたぶらぶらと遊びに出かけたいですね。

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

長者町、龍鳳の豚の角煮
r_DSCF0379.jpg

ちょっと久方ぶりになりました、イセザキモールの丁寧な老舗中華、龍鳳
外のランチの看板で見かけた豚の角煮は魅力だ。
2階の窓を見上げてみると空いてそうだったので即昇って行きました。

r_DSCF0376.jpg

まず出てくる漬物と小鉢。
具入りの卵焼きにかかっているのは中華風のオーロラソース。
久し振りに味わうなぁ。
なんてこたぁないんですが、結構美味しいんですよね。

r_DSCF0378.jpg

真っ黒なたまり醤油に豆腐と一緒に入れてあると
なんとなく黒おでんっぽく見えます。

ちなみに付属のスープがなんかやたら美味しい。

タマネギの旨味を前面に出した中華コンソメ的な味なんですが
濃すぎず薄すぎずの絶妙な味加減。
これでラーメン食べたいなぁ。

r_DSCF0381.jpg

メインは豚の角煮の塊がゴロンと3つ。
あと豆腐にチンゲン菜に、更に下にサツマイモが敷いてありました。

こういうたまり醤油系の煮込みって
気をつけないと品がない味になりがちなんですが
これは美味しいなぁ。

程よく脂が抜けていて
色のわりに味も濃すぎず
癒される味わいです。

r_DSCF0380.jpg

しっかりした肉の塊とほろりと口解けする脂身部分。
やっぱりここは仕事が丁寧でいい塩梅ですね。

こってりがっつりになりがちな大衆中華とは違って
熟練の手並みが癒しの味に昇華してしまうのですもの
中高年層の支持が厚いのも頷けます。

r_DSCF0382.jpg

クコの実入りの杏仁豆腐もほんのりの甘さが素晴らしい。

丁寧な接客と丁寧な料理。

喧騒の中でガツッと頂く中華もオツだけど
落ち着いた昔ながらのお店でゆったり頂く懐かしの中華もまた
非常に味わい深いものですよ。

公式ページ
参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

長者町、フラテッロの魚介のトマトラグー"ペスカトーレ(漁師風)"とメキシコ産若姫牛ロースの"ビステッカ"
r_DSCF0730.jpg

※石川町に移転。現在はランチ営業をしておりません。

美味しい昼ごはんを求めて辿り着いた伊勢佐木町のイタリアンバル
幾度も素晴らしいパスタや山盛りサラダの数々を味あわせてくれた
フラテッロにも最期の時がやってきました。
(微妙に浦野光のナレーション風)

いや、閉店じゃなくて移転するだけなんだけどさ。

石川町じゃ昼に行って戻ってくるのは無理だし
それ以前に向こうではランチ営業の予定はないそうなんで

今後も同じくの素晴らしい料理をディナーに頂くことは可能ですが
ランチはこれ限りなんだよなぁ。

r_DSCF0729_20141014145021755.jpg

食いを…もとい、悔いを残さぬよう最終日にも行ってきましたよ。
パニーニのローストビーフサンドと
今回は珍しくバジル等?の香草とオリーブオイルのカリカリバゲットです。

r_DSCF0755.jpg

最終日はランチのみで終了ということもあり
なんか普段よりカブや粉チーズの量が多めな気がするなぁ。

カリカリベーコンにチーズ等のシーザーサラダ。
じっくり味あわせてもらいます。

r_DSCF0760.jpg

ラストに選んだパスタは魚介のトマトラグー"ペスカトーレ(漁師風)"です。
ちなみにもう一方は鶏モモ肉とキャベツ、青唐辛子のラグー"カチャトーラ(猟師風)"
と漁師に猟師とかけてありました。

r_DSCF0761.jpg

トマトソースの味の加減がとても好みで
だから、他のお店のパスタに手が出なくなっちゃったんだよなぁ。

吸盤のところ多めだった細切れタコの食感がいいな。
そして青ネギの旨味もまたよし。

r_DSCF0731_201410141450240ed.jpg

……と、実は最終日に満員だったらもうチャンスがないので悲しいなと思って
前日にも行ってたんですけどね。

昼休み中には時間が足りなくて食べる機会のなかったセコンドピアット
メキシコ産若姫牛ロースの"ビステッカ"マッシュポテト添えです。

フライパンで火を通した後ちょい寝かせ
オーブンに入れてまた寝かせ
そしてもう一度オーブンに入れて盛り付けるという

ランチでもきちんと手間かけてたりするので
昼休み中は頼むの時間的に無理だったんですよね。

r_DSCF0732_2014101414501864b.jpg

マッシュポテトは二つのスプーンの間を行き来させるようにして
形を整えてあります。

平日も実はこうして肉焼いてたりという作業をカウンターで見る機会があったんですけど
やっぱりそれが自分の分だと思って見ると余計にワクワクしますね。

クレソンにマスタード、粒入りマスタードが添えてあって
こちらもお好みで。

r_DSCF0733_20141014145019e70.jpg

そんな感じでお手並み見つつ待っての賞味なので
殊更に美味しいんですよ。

シンプルに焼いた肉を噛みしめつつ幸せも噛みしめる。
切り落とされた脂身も捨てずに添えてくれるところもいいですね。

要らない人は食べなくていいけど
私は肉と一緒にしっかり頂かせてもらいます。

r_DSCF0736_2014101414504587c.jpg

デザートは前から気になっていながらも
頂くチャンスを逃していたヘーゼルナッツのジェラート。

果物でなく豆を使うとどんなになるのかな?と思っていたのですが
これ美味いわ!

チョコレートアイスに近いけど、もっと上品な味。
カカオを甘くするよりもこっちの方が自然な感じで
だけどもねっとり濃厚な口溶けもあって
すごく美味しいです。

ああ、今まで頼まないで失敗したなぁ。
もっと頻繁に食べとくんだった。

r_DSCF0738_20141014145223e9a.jpg

濃厚な煎れ方のコーヒーを味わいつつ
今までに食べた料理の数々を走馬灯のように思い浮かべます。

本当にどれも美味しかったなぁ。

r_DSCF0764.jpg

最終日は満員直前にギリギリ滑り込みできてラッキーでした。
最期まで悔いなく味あわせてもらいましたよ。

この光景を見るのも最期かと思うと感慨深いです。
でも、来月11月1日からは石川町のリセンヌ小路でのオープンになります。

仕事帰りに向かうには大幅な寄り道になっちゃうけど
なんとか時間作ってまた美味しい料理を頂きにあがりたい!

公式ページ
参考ページ

さらばフラテッロ
されど日はまた昇る。
石川町に。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

長者町、すし元の特選にぎり
r_DSCF0369.jpg

最近握り寿司を食べていないなー、と
突然寿司腹になったのですし元に向かいました。
そういえばここの握りまだ食べたことなかったなー、と。

r_DSCF0370.jpg

勇んで出かけたので珍しく店内まだ客少なめ。
若大将の手並みを間近で見物させてもらいます。
お待ちかねの寿司が来ましたよ。

あおさたっぷりで磯の香りの満喫できる味噌汁に
いつも何気に出来のいいサラダ。

r_DSCF0373.jpg

ひじきの煮物に卵豆腐もいい味してます。
この薄過ぎず濃過ぎずのバランスは和食の醍醐味ですよね。

このへんお通しにポン酒を美味く頂くような大人になりたいですのぅ。

r_DSCF0371.jpg

山盛りしらすが目を惹きますね。
釜揚げしながらも磯っぽさが強く出ているのがいい感じ。

その他のネタの口解けも美味し。
ああ、日本人で良かったなぁ、と改めて思う瞬間です。

r_DSCF0374.jpg

ただ、十分に素晴らしい出来ではあるのですが
海鮮丼の鮮やかさに比べると、今一つ感動が薄いかなという気もしないでもない。

ゲーム的な表現をするなら
こちらの若大将は握りスキルよりも
海鮮丼スキルを高めに割り振ってるんじゃないかなぁ、と
そんな感じ。

実はお隣りの方の注文したまぐろすき身丼がめっちゃ美味そうでさ。

ッッッあーーーアアアアーーーーーーー!!!!

一体何なんだァ!!
あの艶やかさ!美しさ!!

まるで米という真珠の山の上で燦然と輝きを放つ
ルビーの原石のごとき真っ赤な色鮮やかさと豪快さ。

今日はアレが当たりだったんだァァァァァ!!
何故俺はあれを選ばなかったっ

今ここにタイムマシンがあるなら迷わず数十分前に戻り
握りと言おうとする俺の後頭部に蹴りを入れて注文を変えさせただろうにッッ
馬鹿馬鹿俺の馬鹿!!

……と、柳楽優弥演じる焔モユルみたいな気分になってしまったのですよ。

そんなわけで
折角のにぎりの有難さを自分から削いでしまったというわけなんです。
馬鹿ですね。

でも次はすき身丼食べるぞ~!

参考ページ

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ

渋谷(桜丘町)、ネパリコのチョタモリ
r_DSCF0187.jpg

シモキタのライブハウスでTaro&Jiro久々のライブを楽しんだ帰り
ホントは下北沢で何か食べようと思ってたのですが
開演前の散策で見つけたよさげなタイ料理屋が
ライブの後に町を1時間ほど彷徨っても見つからず

結局他の候補のインド料理屋よりも
渋谷のネパリコでネパール料理を食べたいな、と思い立って移動。

r_DSCF0179.jpg

土曜の夜ということもありますが
ネパール料理屋が日本人客でほぼ満席というのも珍しい事態にビックリ。

1時間の無駄な放浪で空腹は頂点に達していたのですが
料理が出てくるまで時間がかかりそうなので
とりあえずビールで気を落ち着かせます。

r_DSCF0181.jpg

取りあえず最初の一品、マトセクワ。
見ての通りの羊の串焼きです。

焼き加減も良くむっちりな肉を串からかぶりついて噛みしめると
口の中に肉の旨味と焼いた香ばしさが広がって美味しい。

r_DSCF0182.jpg

ホントは半分残してチャパティと食べる目論見だったんですが
結局次が出てくるまでかなり時間かかったので
来るまで持たなかったのが悔しい。

それはそれとして、こちらのチャパティ
今まで食べたものとぜんぜん味も食感も違います。

きめ細かくふっくらしていて、それでいて雑多な感じ。
全粒粉かそば粉かなんかを使っているように思えます。
ネパール風ガレットという様相。

r_DSCF0183.jpg

ここで食べてみたかったバンブースープ。
発酵したタケノコの風味を十二分に活かしたスープ。
メンマのような風味のカレースープが美味しいんだ。
大好き!

r_DSCF0185.jpg

そしてここのお店はこのスープにもネパールの山椒を使っているようで
程よい辛さに酸味に旨味などなど複雑な味わいがたまりません。
今まで食べた中で一番好きな味だなぁ。

r_DSCF0186.jpg

満腹まで至らなかったので、もう一つ軽食を。
チョタモリというネパール料理。

タモリがホストでちょっとあちこちを散歩する番組
………ではなく

ネパール風ピザと解説してありました。
でもチーズは使ってないんですよね。

タパのような入れ物に米粉で生地を作り
そこにスパイシーな挽肉とネギとトマトと香菜を乗せ
更に卵を落として焼いたものです。

インドにも似た料理はありますが
こちらはかなり軽い仕上がりで
ネパール人のオヤツ、的な料理です。

パリパリの米粉ととろとろ卵に挽肉という組み合わせもまた面白いです。
親子丼乗せ煎餅、とでも言えばいいのか。
米粉さえあればご家庭でも作れそうだなぁ。

公式ツイッター
参考ページ

旅行記などの本がカウンターに大量に置かれていたので
ネパールミュージックをBGMそれを眺めながら、でずいぶん気は紛れたのですが
週末は超混雑店なネパール料理屋なんて、そうそうないよね?

今度はマトンカレーをたっぷり食べたい。

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

ワールドフェスタヨコハマ2014
01r_DSCF0475.jpg

今年も、天高く俺肥ゆる秋
横浜もフードイベントの季節本番でございます。

体育の日直前の土日はメインイベント、ワールドフェスタヨコハマです。
毎年行き続けてますが、今回は20周年だそうですよ?

自分が訪れるようになったのはいつからだったかなぁ?
多分10回以上は来てると思うんですが。

キリ番ということで、今回のテーマは世界のお祝い料理フェアとのことですが
例年これを律儀に守ってるブースなんてほぼないんですけどね。

ともあれ、今年も世界の料理で食い倒れてみようと思います。

02r_DSCF0445.jpg

真っ先に気になったのはスペインのカタロニア地方のブースです。
パスタパエリアと書いてありますが。

03r_DSCF0446.jpg

フィデウアです。
そもそもこの料理自体がちゃんとカタロニア料理ですからね。
一応祝い料理テーマに併せてのカスタマイズで
このイベントでは一応初めてのお目見えじゃなかったかな?

04r_DSCF0448.jpg

大ぶり豊かな具材がたくさんだった分
逆にエビかカニかでかいイカのどれか、みたいなことになってましたが
うまいことエビが来ました。

非常に目出度く召し上がりましたよ。
魚貝のダシはそこそこ。

水分吸ってふやける米より
イベントだと麺の方が美味しいんじゃないかと思います。

もちろんエビの頭もバリバリ食べちゃいました。

05r_DSCF0455.jpg

毎年おなじみスリランカ料理のセイロンイン
数年前までのようなとんでもない行列にはなってないようです。

毎年の常連だし、雑誌に載ったあの店を逃してなるか
みたいな前のめりな方々はもういないのかも知れません。

06r_DSCF0457.jpg

律儀にお祝い料理にマジメに取り組んだのってこの店だけだった気がします。
キリバッというスリランカで新年や結婚式などの時に作られる料理。
お店でも年に1回くらいしか作らないそうな。

ジャスミンライスを炊いてからココナッツミルクで煮詰めて
スリランカ版の鰹節ことモルジブフィッシュと赤タマネギのチリ和えを添えた
非常にシンプルな料理です。

ココナッツミルクの香りと風味はあれど、ほぼ塩粥ですね。
チリはほぼサルサみたいな薬味になります。
珍しい料理だけど、さほど美味、というほどではないかなぁ?

ついでに乗せてあるのは一緒に買った野菜ゴーダンバです。
ここのはじゃがいもや豆少なめ、ネギなどが多めでとろりとした味わいが特徴です。
マスタードとカレーリーフの辛味とネギの甘みのバランスが美味しい。

07r_DSCF0459.jpg

アメリカブースの4
旗の隅にベンダーボーイと書かれてましたが、店名なのかは不明。

08r_DSCF0461.jpg

ポークリブのバーベキューはチリケチャップのシンプルな味。
食べ終えた骨は近くを通りかかった犬にあげたくなったけど
さすがに思いとどまりました。

09r_DSCF0467.jpg

創業1988年の老舗トルコ料理のイスタンブール
こちらも毎年の常連となりつつあります。

10r_DSCF0469.jpg

久々にサバサンド復活とあって頂きました。
ピタサンドに鯖がこれが意外と美味しいのですよ。

ソースがもう一工夫欲しかったけど
でもなかなかオツです。

11r_DSCF0524.jpg

ついでにあんずジュースも。
メーカーものみたいだけど100%で自然な甘さで非常に美味!

検索したらかかりました。
コレだ!
これ通販扱ってたら買いたいなぁ。

12r_DSCF0458.jpg

席とテーブルはたくさん用意してありますが
アサイチから既に概ね埋まってます。
もうすっかりイベントが認知されてる証拠ですね。

だけどピークの昼1時頃でもとんでもない行列はなかったので
結構まったりムードで楽しめます。

13r_DSCF0444.jpg

まだまだ食べますよー!
お次はパキスタン・イスラムというくくりでの参加、八丁堀その他店舗多数のナワブ

14r_DSCF0473.jpg

久々に頂きますタカタク。
本来は羊の内臓を使うのですが
こちらは鶏で代用したもの。

でもパキスタンのスパイシー鉄板炒めはやっぱり美味しい。

15r_DSCF0478.jpg

イベント初期からの常連、ル・ジャルダン・ゴロワ
人員不足!!人出募集!今から一緒に働きませんか?!
ってずいぶんミもフタもない張り紙がしてありますね。

でもイベントはマジで大変ですよね。

16r_DSCF0481.jpg

再びセイロンインでアップルアラックソーダというカクテルを頂きました。
椰子で作った酒のリンゴフレーバーのソーダ割りなんですが
あんましリンゴっぽい風味はなかったかな?

17r_DSCF0485.jpg

酒も入ったところで今年もマリアッチのおじさま達の演奏を楽しみます。
結構日本語が達者で、トークも面白いです。

18r_DSCF0479.jpg

今年はフィリピンフェスが上野公園に行っちゃったからなぁ
一店だけでもこっちに来てくれて嬉しいですよ!

19r_DSCF0486.jpg

カルデレータ、牛肉のシチューを頂きました。
東洋らしさの少ないトマトベースの味ですが
柔らかく煮込んだ牛たんまりで美味しいですよ。

20r_DSCF0498.jpg

ハラが落ち着いたので土産物ブースを物色。
天井を飛んでる象さんが可愛い。

21r_DSCF0500.jpg

スリランカブースでは人気の椰子の花蜜を扱っています。
個人的にはレトルトカレーがあると嬉しかったんだけど。

22r_DSCF0506.jpg

ステージでは各国の民族衣装を着たおねーさま方のファッションショーが催されています。
みなさん美人ぞろいで目の保養になります。

23r_DSCF0511.jpg

ちなみにこちらのおねーさま方、ステージイベントのない時間は
入り口でチラシを配っておられますので
手渡しいただけるチャンスでもありますよ。

記念撮影とかお願いしちゃうのもよいかと思います。

24r_DSCF0532.jpg

インドネシアの舞踊です。
いつも思うんだけど
首を傾けずに揺らしてみせるあの動きってどうやってやるんだろう?
デビッド・ボウイもブルージーンのPVのラストでやってたよね

25r_DSCF0526.jpg

各イベント超常連のシディークはパキスタン&ベトナムのくくりで参加しています。
タイとベトナムの混ざったガパオフォーとか
ベトナムカレーフォーなんてのがあります。

後者は両方ともベトナム料理だけど
ベトナムにはないであろう料理。

26r_DSCF0529.jpg

面白そうなので頼んでみました。
茹で上がった米麺にカレーをかけて
さらにフォー用のスープをジャッとかけていました。

あら、カレーうどん的なものじゃないんですね。

骨付き鶏1本入ってるのが嬉しいなぁ。
カレーよりベースのスープのタマリンドやパクチーの風味やが前に出ていますが
これはこれで結構ウマいです。

これオススメ!
カレーの風味の加わったスープに歯応えじゅうぶんの米麺がイイ。

しかしこれで胃袋の余裕完全に埋まりました。

27r_DSCF0492.jpg

噴水広場もイベントの日は紙皿抱えた人で溢れ返ってますね。
けど気持ちの良い秋の日和の中で
ゆったり楽しめるいいイベントになってます。

常連店ばかりで目新しさはありませんでしたが
安心のクオリティの20回目です。

当初は日曜の天気は危ぶまれていましたが心配なさそうなので
秋の休日を世界の料理とともにごゆるりと楽しまれてみてはいかがでしょうか?

イベント公式ページ

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

長者町、バンタイ横浜のパッカパオラーカオ
r_DSCF0421.jpg

※閉店しました。

ここは横浜最古のタイ料理屋イサンクラシック 横浜ドリームがあった場所でした。
とうとう永きに渡って営業を続けてきた老舗も消えてしまったのです。

気がついたら店名が変わってランチメニューが出とる!

というものの何故かクローズの看板がかかったままな状態が続き
フラれ続けてようやく開いてたので訪問です。

おもちゃメーカーとちと間違えそうな名前ですが
タイの関連にしても三宮のお店の支店なのか?

あるいはあちこちで見かけるタイ式マッサージ屋の関連なのか?
って、それはバーンタイだった。

歌舞伎町にバンタイってタイ料理屋あるな。
けど関係あるのかは不明。

r_DSCF0411_2014100915424519d.jpg

ランチ内容はこんなところ。
店内の内装はイサンクラシックの時とほぼ変わってないような気がします。
取りあえずはガパオで様子見。

r_DSCF0412_20141009154246ea4.jpg

ランチのメニューではありませんが、これ美味しそうだなぁ。

r_DSCF0415.jpg

料理のお値段はこんな感じで
やっぱりザックリな価格設定です。

r_DSCF0422.jpg

アイスコーヒーとデザート付。
デザートはココナッツゼリー的なもの。
コーンが添えてあるあたりが如何にもタイっぽいです。

r_DSCF0423.jpg

サラダは野菜より白きくらげがメインみたいなバランスです。

だが油断すると痛い目見るぜ!
これが赤くないのに辛いんです!

サラダなのにわりかし容赦ない辛さ。
この洗礼、その昔ルミネのゲウチャイで味わって以来だなぁ。

そしてパクチーファランやセロリのクセの強さもなかなか
異文化感があってよし。

r_DSCF0424.jpg

スープも肉の脂の旨味の出た優しい味に
これもネギにセロリにパクチーの風味がいいアクセント。

そして下にモツが入っていてこれがまた美味いです。

r_DSCF0425.jpg

鶏肉のホーリーバジル炒めことパッカパオラーカオは
予想外にスタンダードな出来。

辛さも魚醤系の味も控えてあるので
日本人にも馴染みやすい、食べやすい味です。

だけど、いつの間にかじんわり頭皮に汗かいてるの。
ざっくり挽きの鶏肉は沢山入ってて食べでがあります。

ただ、先ほどのサラダの味から察するに
お店の方でリミッターかけてる気はするなぁ。

リミッター解除したピーキーな味わいを試してみたいな。
なんかまだまだこちらの料理人、頭角を隠してるんじゃないかな?

r_DSCF0375_2014100915424449a.jpg

そして人好きのするママさんの接客の心地よいお店でもあります。

近辺のよそのお店のことを話題にしながらも
タイ料理は地方や料理人によって味がぜんぜん違うのが特徴なの!と主張します。

先程のスペシャルメニューの豚足ご飯なんかを見ると
中国に近い方なのかなとも思います。

ディナーメニューにマッサマンカレーやカオソーイがあるので
それを頂いてみたいなぁ。

今のところ参考ページがないので
イサンクラシックの項にて場所の確認をしてくださいませ。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

長者町、小四川麻辣湯 寅馬の梅菜扣肉
r_DSCF0401.jpg

伊勢佐木町に新しいタイ料理屋がオープンして
ランチの看板も出ているのですが
その実いつもクローズの看板がかかったまんま。

この日もフラれて別の店をあたろうかとしていたところ

r_DSCF0398_20141008161503c98.jpg

前に麻辣湯を頂いたお店の前にこんな張り紙を見つけたもんだから
そのままするっとお店に入りました。

店名ですが、お店の人が電話をとるときに「エンマです」と言っていたので
寅馬が店名で正しいのかな?

しかし看板見るとウかんむりでなく風みたいなつくりの中に入ってる字なんですよね。
うーん。よくわからん。

※店名に振り仮名が振らるようになりました「インマ」だそうです。

r_DSCF0399_20141008161328029.jpg

またちょいとメニューが増えてますね。
この辺の料理からローテーションでランチに入ってくれると楽しいんだけどな。

r_DSCF0400.jpg

先にスープが来ました。
この鹹豆漿(豆乳スープ)にも似た深い味わいの白湯は!

コメント等で華隆餐館の姉妹店だと聞いてましたし
実際その後お店で華隆のあんちゃんを見かけましたが

うん、これは確かに華隆の担担麺のベースになってる白湯と同じ味だ!
と、味にて再確認しました。

白湯にちょいとだけ辛いスープを足したようですが
この味のバランスいいな!

ガッツリ四川の味で頂くより
むしろこのくらいの辛さの方が美味しく食べられそうな気がする。

r_DSCF0402.jpg

と、スープ一口いただく間にメインの豚バラ蒸しが来ましたよ。

r_DSCF0404.jpg

こいつは美味しそうですね。
程よく脂の抜けた蒸し豚に
下の汁の中に沢山入っている梅菜

高菜と解説してはありますが
からし菜の一種を干してから煮込んだものです。
この独特の酸味が肉にも魚にもあって美味いんだ。

r_DSCF0405.jpg

正直、量的にはちょい残念ではあるんですけどね。
もし本式なら微妙に手間がかかる料理なんで
ランチに出すには高くつくのは、まぁ致し方ないところ…かなぁ?

でも肉から抜けた脂が梅菜とたまり醤油に吸われていい味になってるし
肉もやわらかくてめちゃ美味いですよ。

r_DSCF0406_20141008161344274.jpg

元々は確か客家料理だったと思いますが
四川でも結構馴染んでいる様子です。

過橋米線で食べたのもこんな感じだったなぁ。
あそこは雲南地方か。

r_DSCF0407.jpg

残念ながら肉があっというまに終わってしまうので
残りのご飯は梅菜たっぷりの汁に漬け込んで頂きます。

でもこれがまためちゃウマいんですわ。
気分的にここからセカンドディッシュ、ってなところ。

干して戻した梅菜の食感は高菜というより
ゼンマイに近い気もする。

r_DSCF0408.jpg

デザートの杏仁豆腐は華隆と同じくの汁のないタイプ。
これも結構美味しいんですよね。

r_DSCF0409.jpg

足りなさそうだったのを見越されてか、お菓子まで頂いちゃいました。
湖北省の銘菓と書いてありますが、麻花ですね。
中華風かりんとうとか呼ばれてるやつです。

参考ページ

開店時の物珍しさで結構お客が来ていた頃と比べると大分落ち着きました。
その辺からランチを始めることにしたんでしょうね。

ちなみに他のお客さんとの会話によると
ラーメンをやらないのは
このスープで小麦粉を茹でるとすぐに汚くなるからだそうです。
別枠の鍋は用意出来ないってことなのかな?

あと春雨はイモ原料のタイプだそうです。
ふむふむ。

帰りがけに具材をちらりと見たら考麩がありました。
あと煮卵は人気ですぐなくなっちゃうとか。

次はその辺選んで37℃か白湯あたりで頂いてみようかな?

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

2014年秋 フードイベントカレンダー(再掲)
秋のフードイベント関連の情報が出揃って来たので
この機会に追加して再掲致します。
行けなかった代々木の分も食べるぞ~!!

横浜オクトーバーフェスト2014
日時:10月3日(金)~19日(日)
平日 12:00~21:30(10月3日のみ17:00~21:30まで)
土日祝 11:00~21:30
場所:横浜赤レンガ倉庫
詳細

ワールドフェスタ・ヨコハマ2014
日時:10月/11日(土)~12日(日)10:00~17:00
場所:山下公園
詳細
昨年の様子

Oktoberfest オクトーバーフェスト 2014
日時:10月11日(土)12:00~18:00
場所:東京横浜独逸学園(DSTY)
詳細

第41回みなと祭り
日時:10月11日(土)~12日(日)10:00~16:00
場所:川崎マリエン周辺
詳細

第39回中区区民祭り ハローヨコハマ2014
日時:10月12日(日)10:00~16:00
場所:横浜公園・日本大通り
詳細

さがみはら国際交流フェスティバル2014
日時:10月12日(日)9:30~16:00
場所:さがみはら国際交流ラウンジ
詳細

ディワリ・イン・ヨコハマ2014
日時:10月18日(土)~19日(日)10:00~19:00
場所:山下公園 お祭り広場
詳細
昨年の様子

よこはま国際フェスタ 2014 with 横浜だがしや楽校
日時:10月18日(土)~19日(日)10:30~16:00
場所:象の鼻パーク
詳細
昨年の様子

新横浜パフォーマンス 2014
日時:10月18日(土)~19日(日)10:00~20:00
場所:日産スタジアム、新横浜駅前
詳細

第22回いいじゃんかわさき
日時:10月18日(土)~19日(日)
開催時間は場所によって違います。
場所:東田公園、仲見世通、東田あべにゅー、平和通り、いさご通り、パレール、たちばな通り
詳細

元町CSフードフェア2014
日時:10月25日(土)~10月26日(日)18:00~21:30
場所:元町仲通り/代官坂通り/汐汲坂通り/元町プラザ前/元町通り3丁目
詳細

やまと世界料理の屋台村2014
日時:10月26日(日)10:00~15:00
場所:大和駅東側プロムナード
詳細

馬車道まつり2014
日時:10月31日(金)~11月3日(祝)11:00~17:00
場所:馬車道商店街
詳細

第37回かわさき市民祭り
日時:11月1日(土)~3日(祝)10:00~16:30
会場:川崎区富士見公園一帯
詳細
昨年の様子

全国ふるさとフェア
日時:11月1日(土)~3日(祝)10:00~16:30
会場:赤レンガ倉庫
詳細
一昨年の様子

エコイベント&地モノ市
日時:11月3日(祝)10:30~15:30
会場:伊勢佐木町6丁目
詳細

YISフードフェア2014
日時:11月9日(日)9:30~15:30
場所:ヨコハマインターナショナルスクール
詳細
昨年の様子

コリアングルメフェスタ2014
日時:11月15日(土)~16日(日)
会場:横浜赤レンガ倉庫前広場
詳細

そして金刀比羅大鷲神社の酉の市は
一の酉が11月10日(月)
二の酉が11月22日(土)になります。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

大口(入江)、インドレニのマトンカレー
r_DSCF0327.jpg

※閉店しました。

大口駅周辺を歩いていたら
知らぬ間にインド・ネパール系のお店がまた増えていました。
5月に開店していたらしいです。
折角だから、と入ってみました。

間口は小さいですが、実は奥の方が広くなってる作りです。

r_DSCF0313.jpg

ランチにもサグカレー(ほうれん草のカレー)が
あるというのがちょいポイント高し。

r_DSCF0315.jpg

タイ料理のメニューもあるんですね。
しかし海老すり身揚げの英語表記がEbisurimi Ageじゃ
全然通じないと思うんだけど。

r_DSCF0316.jpg

デザートのアイスナンってどうなんだろ?
ナンにアイス乗せて食べるの…合うのかなぁ?

r_DSCF0322.jpg

モモの炒め物とか揚げ餃子みたいなモモもあるんですね。
そして海老フライやカキフライなんかもある!

方向性が読めないなぁ。

r_DSCF0317.jpg

サラダとドリンクサービスのラッシーが先に来ました。
プレミアムモルツのグラスに注いであるのがなんかヘンな感じですが
このマンゴーラッシーは美味しいです!

甘さと酸味のバランスがけっこう良い!

r_DSCF0325.jpg

そしてこの手のお店につきものなドでかいナンがどどーん!
マトンカレーはいい色合いでどろどろな感じがよさげです。

r_DSCF0326.jpg

マトンカレー、お味よいです!
この界隈のインド・ネパール料理屋のマトンカレーとしては
群を抜いて美味しいと思いますよ!

カルダモンの香りと風味、辛さがしっかり出ていて
肉から煮込んだ料理であることを再認識するようなあぶらの加減もいい。

そしてゴロゴロ入った羊の肉はやわらかくてマジ美味い!

インド料理専門のお店は別として
ネパール系の料理人の作るインドカレーとしては
結構レベル高いいですよ!

それがランチからちゃんとこの味なんだもの。
スパイスもケチッてないし。

ここは、ちょっと贔屓にしたいお店です。

r_DSCF0115.jpg

場所は大口駅の東側からバス通りに出る途中の川沿いです。
地元の人でなければ見つけにくいかもしれませんね。

しかしこんな場所の店なれど、何気にシェフの腕のレベルは高い感じ。

スープカレー兼カレーリゾットのハンディカレーなんて創作料理もあるらしい。
ちと夜食べに行ってみようかな?

参考ページ

ちなみにシェフの経歴見ると
「ネパールでタンドリーレストラン&バーで12年仕事をし」なんて下りがあります。
なるほど、ネパールにもそういう類のお店があるんだな、とちょっと物知りになりました。

ちなみにインドレニ、はネパール語で虹のことだそうです。

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ

曙町、宝水産のまぐろビックリ丼
r_DSCF0157.jpg

ランチ復活して嬉しいなーの宝水産
ただランチの選択肢が4択に減ってしまったのだけはちと残念なんですが。

めっちゃハラが減っていたので
海鮮丼系ながら超ガッツリ系のマグロびっくり丼をお願いしました。

ご飯の量は弁当の場合は250g
店内で食べる場合は標準500gだそうで。

ハラ減っているとはいえ、500は多いなぁ
ということで300でお願いすることにしました。

r_DSCF0158.jpg

とマグロの身の部分だけでも
こんなに食べ方のバリエーションがあるよ!
と、丼の上は見本市状態。

山盛りでテンション上がるなぁ!

r_DSCF0159.jpg

お吸い物も鯛の大きめの切り身がどっかんと入っています。
優しいいいダシがでて美味いです。

r_DSCF0160.jpg

たまご焼きは別として
漬けに炙りに刺身に竜田揚げにねぎとろ。

少しずつ味わっても何週できるんだろ?

そして丼もののお店にしては料理人というよりは
寿司屋の板前さんという風貌の親父さんたちの腕がいいので
これだけ盛ってるのにB級丼にはない美しさがありますよね。

r_DSCF0163.jpg

もくもくと味わいつつ頂きます。
これだけあっても食べ飽きないなぁ。

そして具が沢山なので、300gだと微妙にご飯足らず。
次は350gでお願いするかな?

しかしその50gでハラがくちくなりそうな気もする。
小さいと思っても効いてきそう。

公式ページ
参考ページ

程よいバランスで頂くのが、美味しく食べるコツかもしれません。
ともあれ、満腹満足の満たされたお昼でございました。

テーマ:海鮮丼 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ラマイのスープ・サピ・プダス
r_DSCF0146.jpg

このお店が横浜スタジアムの近所に出来たのは
北海道発のスープカレーがブームになったころだったかな?

インドネシア風の味、バリ島風の内装の面白さもあって
行列のできる人気店になりました。

そこでの閉店が決まってがっかりしつつも、最後の駆け込みに行って
それ以来の訪問になります。

閉店したんだけど、その跡地には店名が違うだけのほぼ同じ内容の店がオープンし
暫く後ラマイ自体はイセザキモールに移ってきました。

何だろね?
お家騒動?

スタジアム近所のお店ラグーンの方は閉店してしまったので
結局一度も行かず仕舞でした。

というわけで移転してから初めて来ました。
ビルの7階なんで、知ってる人しか気づかないお店にはなりましたが

行列こそないものの、まだまだお客さん多めな様子です。

r_DSCF0144.jpg

アジアンリゾートっぽいコンセプトも相変わらずで
沢山のボックス席が作られている店内。

お一人様でも仕切りが作られていて
仏教系のインテリアが各々についているので

r_DSCF0143.jpg

…なんか祭壇で神様と差し向かいでご飯食べるような
妙な空間になってますよ。

思わずガネーシャ様にお祈りを捧げたくなります。

r_DSCF0147.jpg

久々ということで、ノーマルのスープカレーとは違った
もう一つの名物、インドネシアではポピュラーな料理であるといわれている
サピ・プダスを頼みました。

もちろん大盛りで。
ご飯はもうL食べられるトシでもないのでMで。

r_DSCF0148.jpg

牛バラを煮込んだダシに柑橘系の酸味を加えた
やさしめの味です。

前食べた時はもっと酸味が前に出てたような記憶がありますが
牛の脂の旨味がグッと前に出た味になりましたね。

美味い美味い。

r_DSCF0150.jpg

トロトロに煮込まれた牛肉も十分入っております。
スープカレー同様に野菜もてんこもりです。

どちらかというと煮込んだ野菜より
素揚げしたレンコンやカボチャなんかの方が
味の加減といい相性です。

揚がったところにスープが沁み込むと美味しさ倍増。

この日は特におなかが空いていたので
ガッツリいただける量がまた嬉しかったです。

r_DSCF0145.jpg

クールダウンにラマッシーというオリジナルのラッシーを頂きました。
なんか、ふなっしーがヒャッ・ハッ・フーとか言いながら呼吸してる図が浮かんでしまいますが

ココナッツミルクを混ぜたラッシーだそうです。
ココナッツの独特の香りと風味がヨーグルトに加わって
コクがありながらも爽やかな味でした。

ちなみにこれにレモンを混ぜたものもあって
ラマレモンという名前だそうですが…
飲んだら口から泡吹きそうですよ。

r_DSCF0151.jpg

もはや何年振りかで訪れましたが
相変わらず美味しい料理でございました。

お店の説明によるとサピ・プダスはインドネシアの味噌汁的な料理だというのですが
調べてみると、画像を見る限りだと牛肉の辛い煮込みにしか見えません。

まぁ、汁ひたひたなのも数点あるので
それを元にした料理だと思えばいいのかな?

公式ページ
参考ページ

テーマ:スープカレー - ジャンル:グルメ

渋谷(松濤)、マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザのアロス・コン・パト
r_DSCF0171.jpg

云年ぶりかでライブハウスに行くことになり
先に遅い昼メシを渋谷辺りで食べようと思い

春先に訪れたポルトガル料理専門店のことを思い出して
つまるとこ松濤のマヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ
ちょい豪勢なランチと洒落込みました。

休日の昼はは2000円コース一択なんですよね。
気になる料理はいろいろあれど
アロス・コン・パトに決めました。

r_DSCF0166.jpg

まずはサラダとカボチャのポタージュ。
サラダは北欧の酢油漬けの味に使いシンプルなドレッシング。

カボチャはポタージュにするとわりと甘さが前に出るものですが
こちらのはほとんど甘さありません。
塩気が強いというわけでもないんだけど
使ってる種類が違うのか、調理方法が違うのか、はて?

r_DSCF0167.jpg

パンはどっしりしつつもきめの細かい仕上がり。

今日は米がメインの料理を頼んだから
オードブルと一緒に全部使っちゃってよい、んだよね?

r_DSCF0170.jpg

左手前からイベリコ豚のサラミ。
生ハムに近い塩気に色々な素材や香辛料を使ったソーセージは
ワインと一緒に頂きたくなります。

右手前はタラの干物を調味に使ったコロッケ。
独特の風味とパリパリな干しタラが美味。

左奥はタコのサラダ。
これが意外や辛い!
辛いのはニンニクなんですよね。
第一亭のパタンに匹敵する辛みとタコがマッチしています。

右奥はスナギモとレバーの煮込み。
しっかりと火が通ってちょい肉は固め。

トマトにパプリカの混ざったソースがなかなかいい味なので。
パンやコロッケにつけて食べてしまおう。

r_DSCF0172.jpg

メインが来ました。
アロス・コン・パトと言うと南米料理のイメージが強いですが
ブラジルの公用語がポルトガル語であることからわかるように
元々はポルトガル料理なんですね。

しかし見た目が結構予想外。
ブラジルやペルーで食べられるものは鶏肉入りチャーハン的なものが多いのですが
こちらは鴨の炊き込みご飯と解説がありました。

小さめのグラタン皿でアツアツの料理。
米が主食の国に住んでいると、ちょっと面食らいます。

どちらかというとワインのお供のグラタンとかショートパスタとかの同類という扱いで
米をたっぷり食べる料理ではないんですね。

r_DSCF0174.jpg

高温で熱せられた米は完全にパリパリ。
炊き込みご飯というよりはポルトガル版おこげです。

そのパリッパリの中に鶏ではなくちゃんと鴨の肉が入っているのです。
どちらかというとイタリアのラザニアやギリシャのパスティッチョとか
その辺の系統の料理なんでしょうね。

但し焼けたソースを楽しむものではなくて
味付けのあっさり仕上げのおこげ料理です。

これもやっぱりメインの料理と言うより
ワインのお供として頂きたい感じかな。

r_DSCF0177.jpg

ついでにオプションのデザートも頂きました。
6種類のデザートから2つをチョイスする方式。

左がパオ・デ・ロー
右がセラドゥーラ。

パオ・デ・ローはカステラの原型となったものらしいです。
とはいうものの、実はしっかり火の通ったパンケーキタイプではなく
表面は焼けているけど中身は半熟的なとろとろのクリーム。

いや、クリームと言っちゃったけど、実際にはクリーム使ってません。
小麦粉と砂糖と大量の卵のみで出来ています。

カステラがしっかり火が通る前はこんなとろとろの状態なんですね。

カステラ同様に紙に包まれているけど
実は粘度の高いとろとろのデザートなので
食べるの大変。

器から紙が出て広がっちゃって
それをスプーンでこそげる様にして食べました。

もう一方のセラドーゥラはクリーム菓子。
ほぼ全体が生クリームで出来ています。
ケーキの上だけ取ってきた感じ?

その上に散らされているのは砕いたクッキーのかけら。
これも菓子の箱に残ったクズみたい。

実際セラドーゥラという名前自体、おがくずのことらしいです。
美味しいんだけど、なんか余りものの再利用みたいなお菓子ですね。

余りものといえば
横浜の代表的なお土産の一つの喜久屋のラムボールも
本来はケーキを作る時に余った生地にラム酒を浸して
丸めたのが始まりらしいですね。

銘菓として売られているアレは当然余りもので作ってるわけじゃないだろうと思いますが
そうすると本来の成り立ちとは違ってしまっているんだなぁ。

r_DSCF0178.jpg

最後にしっかり泡立ったコーヒーを飲みつつ反芻。
ああ、美味しかったなぁ。

メインの料理は予想外で

お陰でもう涼しくなってきたのに
汗だらだら流しながら
アツアツハフハフと食べることになってしまったけど。

まぁ、そういう不意打ち経験もまた楽し。

公式ページ
参考ページ

テーマ:ポルトガル料理 - ジャンル:グルメ

子安(大口一番街)居酒屋とんぼのお任せ定食
r_DSCF0299.jpg

風邪で体力を消耗して、遅くに布団からはい出た午後。
そんなんでも食欲はあるので近場でメシにしようと外に出ました。

目当てのメシ屋は目の前で営業中の看板が準備中にひっくり返りました。
そろそろ2時だものなぁ。

と、酒飲みでないので素通りしていた居酒屋がランチの看板を出していました。
十数年来この前を通りかかってますが、ランチやってるのは初めて見ました。

r_DSCF0295.jpg

折角の機会なのでまだ開いてることを確認して入りました。
すごく普通の居酒屋ですね。

とんぼ、とんぼ、とんぼ♪ 今日もお疲れ様

商店街の放送でこのフレーズは刷り込まれているのに
入ったのは初めてです。

ママさんお一人で切り盛りする小さなお店。

お任せは肉系か魚系か聞かれたので、肉でお願いしました。

r_DSCF0298.jpg

いかにも居酒屋だなぁというメニューに反射して
店内の様子が映し出されています。

そういえば、最近になって夜定食の看板が出るようになったので
ランチ始めたのも同じころなのかな?

最近は酒飲み自体が減ってますからね。
そういう方向性も模索していかなきゃ、なのかも?

そろそろ仕舞の時間なのでお客さんは他にはいません。

r_DSCF0300.jpg

値段のわりに結構いろいろ乗ってますね。
田舎定食的であり、同時にお母さんの家庭料理的な気遣いも感じられる内容。

野沢菜漬けや色の明るめなサラダは言うに及ばず

r_DSCF0305.jpg

味噌汁はネギとほうれんそうのみならず
サトイモ、ニンジン、ゴボウ等が入っています。

けんちん汁ですね。
久し振りに食べたなぁ。

病気で弱った体にこういう優しい家庭料理的な味が染み入ります。

r_DSCF0301.jpg

小皿にはサンマのかば焼き。
濃過ぎず薄過ぎずの味つけが心地よい。

r_DSCF0307.jpg

ニンニク入れて平気ですか?と聞かれて何が出てくるのかなと思ったら
ポークソテーでしたね。
ガーリック入りで塩胡椒してある目玉き乗せ。

火は十分通っており、味付けもちょい濃い目。

食欲まで落ちるような風邪の時は食べられなさそうだけど
なんかスタミナつくものが欲しかった時だったので
こいつは体が欲している!とばかりに美味しく頂けました。

r_DSCF0293.jpg

商店街の放送でも
「みんなを息子のように、娘のように」なんてフレーズがありますが
とんぼママの家庭的な料理と酒のもてなしを頂くタイプのお店です。

そういうのが恋しくなるほど郷里が遠いいわけではないのですが
病気とかで弱ってた身には非常に有難い気分のお店でございました。

公式ページ

そういうシブめ(?)なお店なので、食べログとかに記載はありませんのよ。
詳細は商店街のページにてご確認くださいませ。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

川崎市駅前本町、太陽のトマト麺の太陽のラーメン
r_DSCF9981.jpg

前に関内でトマトラーメンを食べた時
一時期ブームになったトマトラーメンのちゃんとしたものを食べたいと思って早半年。

川崎を歩いている時、そーいえば京急の駅のワキに
そんなお店があったような気がする、と唐突に思い出して行ってみました。

時間は3時過ぎと、お昼を大幅に回っていたにも関わらず結構お客さん入っていました。
しかも女性客多し。

トマト、というご神体さえあれば
普段ヤローの巣として入りにくいラーメン屋でもへっちゃら、ってことなんですかね?

r_DSCF9982.jpg

メニューを見ると基本のトマトベースの他にもう一種
クリームトマトベースなるものもありました。
クリームトマトに海老、クリームトマトにキノコ、タイ風、ボンゴレ等々
けっこうそそるものがありましたが
今回は初志貫徹して基本のトマトベース。

真っ赤っかの見るからにトマトを主張するスープは
濃厚な味わいけがどっしりと構えていて美味しいです。

r_DSCF9983.jpg

菜っ葉にニンニク、刻みオニオン
脂気のない鶏ささみ肉
麺は特に特徴がありませんが
どれもこれもこの完成されたトマトスープを味わうために集められた精鋭という感じ。

どこまでも主役はトマトである、と言い張ることで
逆に安心して食べる事が出来るラーメンであるのだと思います。

期待を裏切らないい、しっかりとした味。
だからこそ25店舗もの展開を成功させているんでしょう。

r_DSCF9979.jpg

改めてクリームトマトの方にも興味が湧いてきました。
いずれ、川崎に用事のあった時にでも。

公式ページ
参考ページ

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR