オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
大森(山王)、ケララの風2のランチミールズ
r_DSCF2649_201501211608473d1.jpg

JRでウルトラマンのスタンプラリーなんてものをやっております。
東京周辺部にウルトラQから新マンまでの64匹の怪獣を配していて
ファンとしては結構嬉しい。

各駅の希望を元に抽選したっていうけれど
田町の「あけてくれ」の異次元列車とか田端の「悪魔ッ子」のリリーとかシブ過ぎる。

さすがに完遂するつもりはないけど
開田裕二のイラストの載っているパンフは欲しいなぁ

よし、大森駅で降りてケララの風2のミールズ食べに行きがてら
貰って来よう、と思い立ちました。

口実なのは果たしてどっちやら…。

r_DSCF2650.jpg

パンフもらってサドラーのスタンプを押して即ケララへ。
相変わらず満員御礼の盛況ぶり。
ギリギリ滑り込んだあとには並ぶことになった人もちらほら。

さて、週代わりのミールズの内容は左下から
調味用のココナッツチャトニと
酸っぱい漬物のアチャール
ご飯の上にはパリパリのパパダムと
レンズ豆のダールカレー。

r_DSCF2654.jpg

インド人にとっての味噌汁サンバルは
豆にダイコンにオクラなどが煮込んであります。

カレーリーフものってるけど辛さは控えめ。
というか基本的にここの料理ってどれもあんまり辛くありません。

胃にやさしく体にもよいベジミール
だけど飽きがこないのがまた不思議なところでして。

r_DSCF2653.jpg

右からプレーンヨーグルトのカード。
さらさらスープのラッサム。
白菜と豆の煮込みクートゥ。

インド料理で白菜なんて初めて食べます。
これもポタージュ煮込み的な優しさ。

r_DSCF2652.jpg

ビーツに削ったココナッツを加えて炒め蒸ししたトーレン。

なんとなく佃煮に見えますが
この中では一番味がはっきりしていて
漬物のような酸味と和惣菜の蒸し野菜をあわせたような不思議な味。
ご飯の友には最適の料理になっています。

そしてバナナのカーラン。
控えめとはいえ、バナナの甘みのあるヨーグルト煮なので
デザート代わりにするか、まぜまぜの調味に使うか悩みどころ。

r_DSCF2655.jpg

一通り単品で味わってみたあとは混ぜて自分の味を作り出すのも
ミールズの楽しみの一つ。

あわないと思った甘さの投入がまた違った美味しさを生み出すこともあるので
いろいろ試してみるのがいいと思います。

でもってこのあとご飯を減らして
全部ひと通りおかわりしたり。

全部おかわり可なのがこのお店の素晴らしいところでもあります。
ミールズやってるお店は幾つかあれど
たいていのお店はライスかサンバル、ラッサムまでですよね。

太っ腹!

r_DSCF2657.jpg

ついでに週末限定のフライドフィッシュも頼んでみました。
でもこれは今ひとつだったかな。
お弁当に入ってるフライっぽい。

r_DSCF2659.jpg

インド人好みのあっまーいチャイで〆。
ミルク濃いめでこれまた美味しい。
満腹の体に染み渡ります。

日本人にはまだなじみの薄いミールズですが
全部おかわり可なので食べたい盛りにもOK。

ベジミールズで辛さも控えめなので健康志向の方にもOK
ということですっかり定着しているみたいですね。

公式ページ
参考ページ

3月から火水が定休日となるそうです。
今まで定休なしだったので、逆にそれくらい休んでもらって
長いこと続けてもらった方がいいよね。

近場ではないのでそうそう来れませんが
時々食べたくなる味です。

さて、腹ごなしに蒲田駅まで歩いて
ベムラーのスタンプ押してこうかな。
スポンサーサイト

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、タートバンの豚肉のやわらか煮、大根添え
r_DSCF2772_2015012615090361e.jpg

久方ぶりのタートバンのランチコースです。

暫くの間時間があわなかったんですよね。

洋食ビストロとはいえコース料理をシェフ1人給仕1人でやってるのだから
お昼休みの時間なんかだと食べ終えることが出来ないことも有りえる。

その人件費節約のおかげでか美味しいコースが1000円以下で出来るのですから
そのへんはしょーがない。

駄目だったら他を探そう、という目論見で覗いてみたら
珍しくカウンター空席。

よし!この流れならイケル!
と入店しました。

r_DSCF2763_20150126150858fc4.jpg

最初はプチオードブル。
自家製ピクルスにホタルイカのマリネ。
ハーブ入りソーセージに
アサリとイカと野菜のカクテル的なもの。

少量だけど嬉しいこういう多彩なオードブル。
前よりちょい量減ってるのがやや残念かな、と思ったら

r_DSCF2765_20150126150859999.jpg

まぐろのカクテルがバゲット付で来ましたよ。
前言撤回。
これで十分ありますわ。

タマネギ多めだけどカリカリバゲットに載せるといい塩梅。
1月限定とか言っていたので、明日ならまだ間に合いますぜ!

r_DSCF2767.jpg

パンかバターライスが選べるというのでバターライス。
サフランですっかり黄色くなっています。

スープは私が来るときはいつもコンソメだったのですが
珍しくポタージュが来ました。

コーンも入っているけど黄色くなく、コクがあってなかなかです。

r_DSCF2774_20150126150911d62.jpg

グリーンサラダを経て。

r_DSCF2771_20150126150902f7f.jpg

メインの豚が来ました。
大根を土台にした厚切豚の煮込み。

ネギと水菜の装飾もあってフレンチレストラン風の仕上がりです。
料理的にはややヌーベルシノワ的でもあるかな?

r_DSCF2773_201501261509108cd.jpg

しっかり煮込んだ豚は柔らかいところと繊維質の部分と入り混じり。
やや冷め気味だけどお味は結構いいです。

ソースはたまり醤油的な濃口だけどほんのり甘め。
これのソースが豚肉にも、そして大根にも意外にあってて美味しいです。

ネギと水菜に染み込ませると
このネギ水菜にもあうんですよね。

r_DSCF2775.jpg

そして相変わらずの和だか洋だかわからないデザート。

リンゴのコンポート入りの羊かんにバニラアイス。
カスタードクリームにカラメルにそしてマーマレード。

これだけ種類の違う甘味取り合わせてなのに
混ぜて食べても美味しいんですよね。

r_DSCF2777_20150126150914920.jpg

珍しく後からお客も来ずに
コーヒーまでゆっくり頂いて
シェフもテニスの中継を気にする余裕があったり。

公式ページ
参考ページ

久々に優雅な昼下がりを過ごせました。
まぁこんな幸運なタイミング、そうそうないんだけどね。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

東神奈川(二ッ谷町)、ベアーズダイナーのダブルてりやきバーガー
r_DSCF2138_20141222161821b39.jpg

突発的に起こるバーガー欲求
そんな時に必ず行きたくなるお店がここ、東神奈川のベアーズダイナー
自分の中では未だここを越える美味しさのビーフパテに出会ったことがありません。

前回来た時にはたまたまおられなかったママさん
お久しぶりです、とフレンドリーかつ丁寧に迎えてくれました。
逆にパンクスくまさん的な店長の方は留守のようで。

食べるものは悩む必要もなくバーガーだけど
てりやきバーガーなんてものがメニューに追加されているようで
そちらを試してみることにしました。

もちろんパテはダブルで!

r_DSCF2137_20141222161820832.jpg

何時の間にやら窓の外の空間にチョロチョロと水音させるオブジェが。
気がつかなかった!

オールディーズ、特にロカビリーの流れる店内と対照的な癒し音。
相反しているようなコンピレーションだけど
どっちも心地よく感じるからバーガーが出来るまでの時間が苦にならず。

r_DSCF2139_20141222161822f0a.jpg

写真だとスクランブルエッグだった上の卵は
サンドイッチに入っているような卵サラダになっていました。
まぁ、それもよし。

てりやきソースというと、とろりとした甘辛醤油ダレという印象があったのですが
こちらのはかなり甘みが強いですね。
フルーティな感じもある滑らかな味で、醤油っ気はあんまし感じません。

バーガーでこういうのも、アリですね。

r_DSCF2141_20141222161825124.jpg

ただし、この甘味だと他のトッピングが選びにくそう。
チーズは…種類によるかな。
アボカドは向かなさそう。

オニオンは…どうだろう?

焼きオニオンは合いそうな気もするけど…
あ、レタスとトマトと一緒の刻みオニオンがないんだ!このバーガー。

そうか、卵とトレードオフなのかな?

………相変わらずの肉汁たっぷり、肉っ気たっぷりのパテをダブルで頂くのは幸せだけど
刻みオニオンと粗挽き胡椒がないのはちょっと残念な気がする。

ビーフパテの味を引き立たせるには
自分的にはその2つはマストなんだ、と初めて気がつきました。

次は、基本に立ち返ってノーマルのダブルパテだな。
そこに…次は何を乗せよう?

とか考えつつもやっぱり美味しいので満足はしているんですよね。

公式フェイスブック
参考ページ

そして会計時の30面体サイコロ振り…相変わらずのハズレです。
当たったら何があるのか、気になるなぁ。

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

関内(相生町)、唐家村の白菜と豚肉の四川風炒め
r_DSCF2453.jpg

去年の夏くらいに紅花の後に出来た中華料理店です。
看板もメニューもパッケージングされたかのような整い方なので
紅花同様にチェーンかそれに準ずる資本の始めたお店なんだろうなぁ
と感じていました。

そんなありきたりっぷりに安心する層ってあるんだろうね。
さして広くないとはいえ満席だったのはビックリ。
行ったのは正月休みのころでしたが、休日出勤のサラリーマン多め。

後から次々来たお客は2階に通されていました。

r_DSCF2454.jpg

頼んだのは白菜と豚肉の四川風炒め
白菜で四川というのがちょっと美味しそうだなぁ、と釣られて入った次第。

まぁ、非常に想像通りの安定中華定食ですね。

昨今中華のお店も結構現地的方面にレベルアップしたお店も増えてはいるんだけど
こちらは旧態依然とした内容です。

r_DSCF2455_201501051548232fc.jpg

うん、このわざとらしい甘辛味。

魚香系ほど酸味は効いてないけど
甜麺醤に唐辛子にニンニク、あと化調。

体に負担もかける気がするけど
この分かりやすい味がいいなぁ、っていう気分のハラなこともあるんですよね。

r_DSCF2457.jpg

またひと組サラリーマンが中に入っていくのかな?

何がそこまで惹きつけるのかなと思ったけど
よくよく考えてみると関内の中にしちゃ安いんですよね、こちら。

早くて安くてボリュームのある
リーマンたちの栄養源なんだなぁ。

参考ページ

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

阪東橋(伊勢佐木町)、グランドゥーカのえぞ鹿とジャガイモのショートパスタ
r_DSCF2723.jpg

フラテッロが石川町に移転して以来、パスタをすっかり食べなくなりました。
あそこのが一番好みでしたし、値段のバランスもよかったから。

先週外に出たら今冬いちばんの寒さで遠くまで歩く気がしなかったので
近場を覗いていったらグランドゥーカの店頭の看板に
えぞ鹿とジャガイモのショートパスタなんてメニューががが!

ランチから鹿ですか、いいな!と即入店。
外が寒すぎるせいか、珍しくお客が少なくて閑散としています。

r_DSCF2719.jpg

平日昼休みのランチとしては予算オーバーですが
ここに来たら前菜付のコースを頼まざろう得ない。

以前来た時以上にボリュームアップして素敵な盛りの前菜です。

r_DSCF2721.jpg

サラダのこの黄色っぽいドレッシング、味が好みなんですよね。
摩り下ろした野菜の入ってるタイプ。

ミネストローネはトマトの味濃厚なタイプで
野菜もたっぷりで飲むカポナータといった感じ。

ガラスのコップ入りなので一見冷製かと思ったけど
そこは当然温かなスープですよ。

r_DSCF2720.jpg

自家製ローストポークは赤身の引き立つ仕上がりに
ほのかなリンゴソースの味で美味い。

イカは身の中にゲソとジェノベーゼを詰め込んだもの。
松の実の食感と細切れゲソの食感の合わせが面白い。
これ単品で注文したいなぁ。

r_DSCF2724.jpg

さてさて、メニューにはシチリアのショートパスタのジータと書いてあったのですが
…正直マカロニとどう違うのかわからないです。

鹿の肉自体の量は少ないですが
程よく獣らしい息吹がソースの中に息づいておりますよ。

トマトも使っているものの
基本的には肉から出る旨味をベースに
デミグラほどには煮つめずにオニオンの水分とまとめたシャバシャバソース。

これが煮崩れたじゃがいもと相性いいんですよ。
めちゃ美味しい。

r_DSCF2725.jpg

ローズマリー等の香りに包まれているものの
肉は噛みしめるとわずかに獣っぽさが溢れます。

イタリア山奥の村落で頂いてるかのような
ちょっとだけ野趣のある感じがまた素敵です。

パスタはやや固め。
グラタンの外にはみ出てカリっと焼けたマカロニを思わせます。
そこが微妙にグラタン感を加えてまた面白い味わい。

でもこういうソースは手打ちのタリアテッレとかだと
もっと美味しいだろーなーと思います。

r_DSCF2728.jpg

ちょいと贅沢でしたが、うまいタイミングで鹿なんて頂けてよかったなぁ。

国産だと鹿肉の仕入れってどうなってるんだろう?
やっぱりジビエ?
養鹿とかなおさら需要少なさそうだし?

物好きとしては積極的に頼んで
マーケットの拡大に貢献しないとね。

公式ページ
参考ページ

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

大口(入江町)、ダイニング信の週がわりのせっと
r_DSCF2571.jpg

スポーツクラブメガロスの手前、三菱鉛筆の隣りで
カチャカチャカフェの通り向かい

この場所はアンティパスタというスパゲッティ屋さんがありました。
結局一度も入ったことなかったなぁ。

半年前に和風ダイニングのお店に変わり
ランチ営業もあることは知っていたのですが
日曜お休みなのでなかなか伺う機会がなく
ようやく偵察に漕ぎつけました。

r_DSCF2569.jpg

店内は年配の奥様グループが多め。
あとは子連れ夫婦とか。
既に常連さんが出来ているような様子です。

メニューは刺身とからあげにしょうが焼き、と
オーディナリーな和定食だけど
牛すじ入りのカレー南蛮とか美味しそう。

でもホワイトボードに書いてあった週替わりのセットが
肉詰めれんこんフライと塩豚ワサビソースとあり
そちらにそそられてセットを注文してみました。

r_DSCF2570.jpg

夜は基本的には和だけど
ダイニングらしい気取らないメニューがメインなのかな?
あとはボードにその日仕入れた魚が書いてあるみたい。

r_DSCF2572.jpg

おや、お盆にいろいろ乗ってて充実の内容ですね。
これはいいなぁ。

カフェ飯方向に舵を切っているわけでもなければ
昔ながらの和食堂とも違う。

厨房は40前くらいのまだ若さの残る風体の旦那さん
給仕はその奥さんと思しき年代の方。

奥様だけで切り盛りするお店でもなく
角刈りの板前さんでもない。

ボーダーレスな感覚がなんか面白いです。

r_DSCF2573.jpg

切干に和え物に酢の物。
材料に被ってるところはあれど
野菜惣菜がいろいろ乗ってくるのも結構いいなぁ。

r_DSCF2574.jpg

サラダと一緒に胡麻醤油ドレッシングのかかっている蓮根の肉詰めフライ。
鉄板で美味しいですね、やっぱり。

r_DSCF2576.jpg

塩豚わさびソースも
同じ胡麻醤油ドレッシングがかけてありますが
肉のしわの間にほんのりわさびのピリッとした辛さが混ざっています。

豚肉はしゃぶしゃぶのようでいて
ローストビーフのようでもある仕上げ方。

柔らかくて旨味があって
わさびがホースラディッシュのような風味を添えて
豚なのに牛肉っぽいですよ。
美味いですね。

r_DSCF2567.jpg

後から八百惣のレジに時々入ってらっしゃるお母様が来て給仕に回りました。

こういう雰囲気のお店を立ち上げるにはご夫婦は若いなと思っていたので
ひょっとしたらご家族?

と疑問に思った翌日、八百惣に行ったら信の告知が出てました。
系列なのかと思って聞いてみたら
レジのお母さんと息子さんが独立してやってるんだそうで。

でも告知は最近になってだし
ひょっとして店名そのままで中身変わったとかなのかな?

参考ページ

大口近辺で和方向のお店って
板前の大将のやってる系な寿司屋、居酒屋、蕎麦屋ばかりだったので
こういう気軽なお店はずっと望まれてたんだろうなぁ、と思います。

いいお店です。
平日も多分お昼はお客さん沢山来てるんじゃないかなぁ。

夜はどんなだろうと思ってたのですが
八百惣の張り紙によると定食屋だとのことなので
夜は居酒屋なのではなくて定食頂けるったてこと?

それなら使いでがありますね。
今度夜行ってみようっと。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

生麦(東寺尾)、カスピアンのジュージェキャバーブ
r_DSCF2559.jpg

自宅から徒歩圏内。
1号線沿いにある貴重なペルシャ料理レストラン、カスピアン

徒歩圏内といっても20数分車通りの多い県道を歩いていくわけで
天気が良くあまり寒くなかったので
適度な運動になるな、との目論見です。

r_DSCF2556.jpg

セットのスープはざく切り野菜入りのチキンスープ。
鶏肉に大麦も入っていて旨味もたっぷり。
ほんのりの酸味もいい塩梅。

r_DSCF2558.jpg

今回頼んだのはジュージェキャバーブ。
平たく言えば鶏肉のケバブってことになります。

ナンでなくライスでお願いしましたが
ここのライスのサフランはくっきり色鮮やかですね。

中東式のパリッパリのナンも美味しいので毎回選択悩みどころではあります。

r_DSCF2560.jpg

スパイスでマリネして串焼きにした鶏肉。
焼き上がりも上々で、シンプルな料理ながらも美味しいんですよね。

スパイスはほんのり加減ですが
肉の旨味を整えるのに適切な量で
噛みしめるとめちゃめちゃ美味しいんですよ。

r_DSCF2564.jpg

もう一味加えたい時には
テーブル備え付けのスマークを使用。

干した果肉を顆粒状にしたこの調味料は
中東版のゆかりという感じ。

紫蘇と入れ替えてもきっとわからないと思うくらいのそっくりさんです。
それがスープやシチュー、肉料理にも合うのだから不思議なもんです。

取りあえずサラダにかけてみましたが
懐かしいようでいてエキゾチックでもある味覚。

r_DSCF2562.jpg

肉の一番手前は手羽だ!
ケバブの中に骨があるってこと自体初体験です。
でも柔らかくて美味しいんですよね、この辺。

口の中で骨から肉を外しつつ脂っ気も残さず食べちゃいたくなる。

r_DSCF2566.jpg

食後のドリンクの選択はもちろんホットチャイ。
渋み酸味も旨味に変わる加減がなかなか美味しいんです。
英国人に言わせたら下品な味、とか評価されそうですが。

サフランシュガーの香りもいいんですよね、これが。

公式ページ
参考ページ

そーいえば日替わりの料理はアラビア風パスタ、トマトソースと言っていたのですが
これはアラビアータの間違いなんじゃないかと思って選択肢から外したのですが

…実はアラビア風パスタというのが別に存在してたりするのかな…と
後になって考えたりして。
さすがにないとは思うけど。

ランチ時に注文できるドリンクにラテ・コン・ミエーレというのを発見。
検索したら、これはコーヒーに蜂蜜を入れたものらしいです。

どんな味になるんだろ?
飲むコーヒーゼリーみたいなもん?
今度試してみようかな。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

山下町、モンキーテンプルのマトンカレー
r_DSCF2445_201501051613189fd.jpg

※閉店しました。

年末中華街からの帰りがけ
スタジアムに抜けようとしたところ
インド料理屋のスンガバがいつの間にかなくなっていることに気づきました。
あれ?いつ閉店してたんだろう?

r_DSCF2384.jpg

気になったのはレギュラーメニュー。
いろんな国の料理が並んでいます。
多国籍エスニック料理店なのかな?

ともあれもう昼食住ませた後だったので
次の週…つまり年明け早々になってからの訪問です。

r_DSCF2444_201501051613168f1.jpg

店内は…
スンガバ時代とほぼ変わってませんね。
ホテル隣りの高級テナントにあるせいか、この無駄に広くて豪華な空間。

r_DSCF2441_20150105161314319.jpg

ランチのメニューはこんなです。

巷のインド・ネパール系のお店よりちょい高めなのは
賃料が高いからなんでしょうか?

インドにタイ、ヘンドネシア、メキシコにイタリアン…なんでもアリだなぁ。

得意分野は何かと考えれば
やっぱり数の多いインドカレーだと見るのが妥当なんだろうなぁ、と
マトンカレーをチョイス。

r_DSCF2442.jpg

サラダはごく普通。
インド・ネパール系のお店のサラダとほぼ同じです。

r_DSCF2446.jpg

ナンもカレーもインド・ネパール系のお店の標準で
特に値段の分グレードが上とかいうことはなさげです。

ナンの焼き加減も標準的。

r_DSCF2449_2015010516132756c.jpg

カレーはとろみ強く
ちょい煮詰まった感があるのが個人的に好み。
肉もまあまあ多め。

だけど…味がなんかヘンなバランス。

辛さが1~5まで選べるというので4辛にしたのですが
これ辛さ強めだなぁ。

インドカレーの多種のスパイス配合による味のハーモニーというより
なんかチリパウダーの味しかしないんですが。

チリパウダー自体にスパイスだけでなく塩も入ってるのかな?
塩もちょい強め、唐辛子強めで

カレーというか…チリコンカンみたいだぞ?

r_DSCF2447_20150105161329dc4.jpg

ラッシーは濃いめのヨーグルト味で
カッテージチーズのような濃厚さと酸味があって
これは美味しかったです。
今まで飲んだラッシーの中でも上位に入る出来かも?

r_DSCF2382.jpg

しかしカレーは味の組み立てがなんか雑だなぁ。

ぐるなびによるとニューヨークのソーホーから移転してきたという話なんですが
…ホント?

料理教室の講師も務めていたという
店長の名前はなんかネパール人っぽいのですが
少なくともそういうスタイリッシュ方向のコンセプトのお店ではあるんですよね?

参考ページ

まぁ正月明け直後だったので
オーナーやチーフのシェフがいなかったとか
たまたまなんだとは思いますが
ちとどう評価していいのか悩むものがあります。

夜のメニューにジャークチキンやピンチョスがあるので
食べてみたい気はするんですが、さてどうだろう?

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ

長者町、タイランドのレッドカレー
r_DSCF2516_20150114160435678.jpg

※閉店しました。

なかなかのお味の格安タイ料理ランチに惹かれて
またもややって来ましたタイランド
金曜日はレッドカレーの日ですよ!

さーてと反応の鈍い入口の自動ドアを開けて入ってみると
珍しくお客さん大勢!

あららら、自分でオススメしたし
お店が長続きしてくれるように大入りを願いはしたけど
こりゃ料理でてくるまで時間かかるかもなぁ。

r_DSCF2514_201501141604330a2.jpg

その辺見越してか料理より先にデザート来たりなんかして。

「ゴメンネー。
 キョウ、オキャクサン、イッパイ、ウレシイ。
 キテクレテ、アリガトネー」

ニコニコ顔のおかあさん見てたら焦りも忘れちゃうなぁ。

デザートはあくまで食後に…のつもりだったんだけど
お腹空いてきたのでついついつまみました。

今日はライチのシロップ漬け。

r_DSCF2517_201501141604367f1.jpg

途中で厨房のおっちゃんが外出ていったのでちょい不安になりましたが
ビニール袋下げて戻ってきました。
ひょっとして材料切らして買ってきた?

遅刻覚悟せねばいかんかなぁ、と思ったところにカレー来ました!

カレーにも目玉焼き乗ってるんだなぁ。

r_DSCF2520_20150114160438617.jpg

今回も550円の日替わり枠ですが
具材はたっぷりですよ。
鶏肉にタケノコにナスにホーリーバジル。

r_DSCF2521_201501141604391b3.jpg

少しずつご飯にかけてガツッといっちゃう。

レッドカレー特有の体が熱くなるような辛さはあるものの
口に運ぶスプーンが止まらないくらいのレベル。

辛さが足りない人向けに
小皿にナムプリック(唐辛子の魚醤漬け)もつけてくれます。
私の場合は目玉焼きにちょいとのせて食べたりします。

最近お昼タイ料理率が上がってるので辛いものへの耐性が強くなっていることもありますが
美味しいので他のカレーと同じようにあっという間に完食してしまいました。

体に火が入ってる状態なので
帰りはコートのボタンを外しても寒くありません。

暑い国の料理だけど
寒い日に美味しいですね。

タイ料理パブレストラン タイランド
中区長者町6-98 KSSビル1F
tel 045-261-1535
営業時間 ランチ 11:30~2:00
       ディナー5:00~翌朝3:00

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

中華街、許厨房の黒椒鶏排
r_DSCF2037.jpg

中華街で上質な台湾寄りの中華料理が頂ける許厨房
ちょい前の話ですが、またランチの時間に伺って来ました。

平日2時までに間に合わない時や
土曜に中華街に行った時などには重宝します。

r_DSCF2038.jpg

サラダのドレッシングはあっさりめ。

スープは白菜と卵が入っている澄ましスープなのはよくありますが
わりかしいいダシが出ていて美味しい。

キチン質のかけらがちょっと入っていたから
カニでダシとってるんじゃないかな。
身はなかったけど、それでもいいお味です。

r_DSCF2040.jpg

さて黒椒鶏排はチキンステーキと但してありましたが
どちらかというと見た目はユーリンチーですよね。

揚げた衣でしっかり覆われていて
醤油ダレと野菜の敷かれた皿に乗っているあたり。

でもタレに油も酢もほぼ使っていないようなので微妙に違うのですよね。

それに厨房から聞こえてきた調理しているの音は
ジューっとフライパンで鶏を焼いている時のものでした。

ステーキのように焼いてから衣つけて揚げてるのかな?

同様に酔華さんもポークステーキと書かれた魚香猪大排を食べてきたそうで
中華圏では排骨をステーキと言うんでしょうかね?
謎です。

r_DSCF2043.jpg

パリパリに揚がった衣にネギ、ニンニク、胡椒を加えて更に香ばしく
鶏モモもいい塩梅に火が通っていて
ガンガンご飯がすすむ素晴らしいおかずです。

こういう料理って屋台や安食堂のようなチープさも味のうちって印象なんだけど
こちらの出来栄えはなんか何処となく上品なんですよね。

味のバランスがいいのかな?
揚がり加減?

そう印象づける要因がどの辺にあるのかよく分かりかねるんだけど
でもそう感じます。

r_DSCF2044.jpg

自分の知ってる台湾料理は屋台よりのものが多いので
こういう味は貴重かなと思います。

参考ページ

一押しメニューに牛肉刀削麺がありましたが
こちらのお店はもともと麺は普通の中華麺です。

能書きによると
この料理の主役は麺でなく牛肉の方で
それを一番美味しく頂けるものを求めて刀削麺に至った、とありました。

気になるなぁ。
刀削麺なんて強力なものを使っていながら主役でない、と。
今度来た時はそちらを頂いてみようかな。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

弥生町、たんぽぽの豚カルビチム
r_DSCF2582.jpg

※閉店しました。

横浜橋と伊勢佐木モールの間にある韓国料理店たんぽぽ
昼を何処で食べるか決めずにぶらぶら歩いていたら
ランチの看板に手書きで日替わりで「豚カルビチム」と書かれていたのが気になりました。

チム…ってなんだっけ?
炒め物?煮込み物?

何だったか忘れたけど豚カルビ使う料理だし
そりゃきっと美味しいに違いない、とお昼決定。

r_DSCF2579_20150113134518f14.jpg

前と微妙にメニューが変わっています。
しまった!ハンバーグステーキはなくなってるのかぁ。
あえて韓国料理店でハンバークというのも面白そうだったのに。

r_DSCF2580_201501131345199e3.jpg

ともあれ日替わりを注文して
最初にお盆とやって来たサラダと小鉢を頂きます。

ドレッシングの辛みと酸味のバランスはなかなか。

r_DSCF2581.jpg

ふきともやしのナムル。
春はまだ早いけどふきってナムルでもわりと美味しいもんですね。

そしてキムチはそのまま漬け込んだものではなく
炒め物用のコチュジャンで和えたっぽい味です。

r_DSCF2587_2015011313451638e.jpg

石鍋に入ったままグツグツと煮えてやって来ました豚カルビチム。
そうか、チムは煮込み物だったっけ、とやっと思い出しました。

骨付きのままの豚にしいたけにたまねぎにダイコンに
あとトックも入っています。

骨除いてもなお肉の量が一番多いバランスなのが嬉しい。
日替わりでお値段700円と安いのにこのボリューム。

当たりを引けたという嬉しい気持ちでいっぱいです。

r_DSCF2588_2015011313452714d.jpg

肉じゃがのような甘醤油に豚の脂の甘みが十二分に乗った味
韓国料理だけど唐辛子は一切使ってない辛くないものです。

よく煮込んであって箸でも骨から簡単に肉が削げ落とせます。
この煮崩れ一歩手前のほろりな豚がめちゃめちゃ美味しい。

そして汁にも骨付き肉の旨味はしっかり出ていますから
全て余すところなく美味しく頂けます。

これジャガイモも入れたら更に美味しいだろうなぁ。
したら完全に肉じゃがになるけどね。

参考ページ

料理名が思い出せなかったので
出てくるものは運任せでしたが
でも美味しいものが頂けて満足です。

日替わりができたのはいいですね。
通り道の選択肢に入れておいて
美味しそうだったらそちらの流れに乗るのもまた良き哉。

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

中華街、華錦飯店のハタの蒸し物ほか
01r_DSCF2690.jpg

12月に中華街の市場通りにオープンしたばかりの華錦飯店。
隣りにあった鮮魚店直営のお店です。

中華街でもあまりない魚料理を得意とするお店で
ランチでもお安い値段で美味しい魚料理が頂けるので
静かに話題となりつつあります。

水槽から取り上げた海老やら二枚貝の写真に魅せられて
好事家たちの評価が上がってくるのを待つ必要なし!と
早々に宴会を敢行することとなりました。

気がついたらメンツも6人に膨れ上がり
予約時にハタの蒸し物も出来るというので注文。

あとはお店で選んでみようかということで出かけてみました。

02r_DSCF2679.jpg

さすがに香港や沖縄の海鮮食堂街のように
全ての食材が水槽の中で泳いでるというトコまではいきませんが
目利き上手な魚屋の店主が市場から選んできた鮮魚が並んでおります。

そして気さくに今は何が美味しい、どの調理法がいい、と適切にアドバイスしてくれます。

貝は今なら北寄貝と白貝がいいというのでそちらを
浅蜊や蛤は夏の方がいいそうです。

秋刀魚もあるんだけど
これは中華だとどう食べるのか気になるなぁ。

03r_DSCF2681.jpg

寒いので最初はスープをお願いしました。
飲み物もビールでなくお茶から。

これは牛肉のとろみスープ。
中国語では西湖肉羹、だったかな?
杭州にある湖の名を冠したあつものです。

04r_DSCF2682.jpg

叩いて柔らかくした牛肉と卵入りのとろみスープです。
優しい味わいに牛の旨味を加え
美味しくて体も暖まります。

ランチのスープで汁物もイケることはわかってましたが
やっぱりいい出来です。

05r_DSCF2684.jpg

こちらも海鮮じゃないけど気になって前菜に加えた砂肝の山椒揚げ。
中の砂肝は柔らかいし、濃い味の衣の油の乗り具合もよくウマいです。

ネギ、揚げニンニクと青唐辛子を一緒に口に入れるのもまた美味し。

06r_DSCF2685.jpg

芝エビのパリパリ揚げはパリパリというよりはサクサクな揚がり方。
中の海老の身のふっくら加減から
やっぱり魚屋直営だなぁと感じます。

揚げ物とくればビールに切り替え。
なんでこの組み合わせは美味いんだろうなぁ。

07r_DSCF2683.jpg

魚屋の方から引き上げました白貝、北寄貝、ハタ。
こいつらがこれから調理されます。

こういうプレビューのサービスもワクワクしてきますね。

08r_DSCF2686.jpg

北寄貝の酒蒸し ネギソース。
あれ?6枚で頼んだのに12枚に増えてる?

と思ったら火の通りをよくするために
半分に削いで分けているんだそうです。

09r_DSCF2687.jpg

うわ、身がえらいぷっくりしとる!
スシネタの薄く削いだものくらいしか食べたことありませんでしたが

鮮度のいい身を即料理すると
こんなに身がしっかりしていて美味いもんなんだなぁ、と感激。

スシネタとしての貝なんて食感だけな印象もありますが
調理の上手さもあってぷっくりほこほこ。
そしてネギと油の旨味とも相性ばっちりです。

10r_DSCF2688.jpg

こちらは白貝のネギ炒め。
食感としては身の大きめな蛤に近いけど
タンパクでクセのない感じ。

そこは塩とろみとニンニクとネギで出来上がったソースで整えます。
この辺でご飯の出番ですね!

ソースも残さず一緒に頂きます。
貝類の美味さは香港は西貢の水槽レストランに匹敵します。

ビールから紹興酒に切り替えて共にくいっと。
ああ…たまんないなぁ。

11r_DSCF2689.jpg

こういう大き目な魚の姿蒸しは人数がいるときだからこそ頼めます。
ネギ生姜醤油と油のソースは中華で白身魚を調理する時には定番。

見てるだけでテンション上がりますよ。

12r_DSCF2692.jpg

とりあえず身は解して取り合います。

よそのお店で食べるより火加減強めですが
この身のふっくら加減といったらもう!
さすが魚屋。

しなやかにとろける蒸し魚もいいですが
この身のしっかりした調理もイイ。

6人でも全員満足できるくらいにたっぷりの量。
当然骨のまわり、頭も解体して身は残さず頂いちゃいますよ。

そしてそんなすみっこの身までふっくらしっかりの仕上がりなのも
やっぱり鮮度がモノをいってるんじゃないかと思います。

魚の旨味も出た醤油ソースをからめたご飯も絶品ですわ。

これでパクチーも乗っててくれると完璧なんだけど。
乗せてくれないか聞いてみたら
好まない人が多いということから仕入れてなかったようで。

でもご亭主の物腰から見ると予約で頼めば聞いてくれそうな気がします。

13r_DSCF2694.jpg

ヤリイカの香味揚げは逆に火を通し過ぎない揚がり方。
身の中のワタもたっぷりしていて
身同様に味わいつくせるのがいい感じ。

14r_DSCF2695.jpg

福建式の牡蠣入りお好み焼きも注文しました。
メニューは福建もあったり北京の更に東の羊のクミン炒めもあったりして
料理人は何処の出身なんだろう?

牡蠣とでんぷん質の生地が見事に馴染んで
ぷっくりくにんくにんな食感に
牡蠣と卵と油とネギの旨味が混然一体です。

15r_DSCF2697.jpg

そろそろ〆かなと思ってたところに
おねーさんがエビの大葉巻き揚げお勧めですよと言われて
ホイホイ乗ってしまいました。

16r_DSCF2698.jpg

でもこれは確かにお勧めするだけのことはありますよ!
大抵は海老の身は最小限につなぎとすり身で誤魔化すものですが

こちらは中身全部海老の身がギュウギュウに詰まってます!

揚げられることで引き立つ大葉の香りにたっぷりの海老で
確かな満足、とか言いたくなる一品です。

17r_DSCF2699.jpg

いつもの〆の炭水化物攻勢。
こちらは海鮮チャーハン。
炒飯そのものの作りは標準的ですが
やはり具材のエビイカ等の良さが引き立ちます。

18r_DSCF2700.jpg

あんかけチャーハン。
こちらはカニのほぐし身にクコの実も入ってるんですね。
綺麗にパラリと炒めたご飯にやさしい味のスープを染み込ませるとこれまた絶品。

しかしエビよりカニよりゲソの火の通り具合のよさが引き立つなぁ。
ゲソチャーハンとか頼んだら作ってくれるかしら?

参考ページ

最後には杏仁豆腐のサービスを頂きました。
が、写真撮り忘れたっ。

私が紹介する中華料理のお店って大体とんがったジャンルの店が多いのですが
珍しくこちらはマイナージャンルを好まない普通の方にもオススメできます。

宴会の幹事を任されたら、あるいはご家族で
エビチリくらいしか知らない人でも
中華の魚料理の美味さを知って満足してもらえるのではないかと。

そしてやはり醍醐味は隣りの魚屋から
食材を選ぶところからだよなぁ。

気分的に美味しさも倍増しですよ。
人数にあった注文もしやすいし。

しかし…逆によそで魚食べられんなぁ。
超一流店ならいざ知らず、海鮮ばっかにハタまで食べて
まぁ今回酒は少なめでしたが一人あたま4000円ほどだもの。

絶対によそで注文するとき勘定計算しちゃうよなぁ。
※頼んだもののうち幾つかは時価ですので
 仕入れにより値段の変動はあると思います。


この鮮度と腕なら今度はマテ貝の酒蒸しとか食べたい。
予約して頼んでみようかしら?

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

長者町、小四川麻辣湯 寅馬の四川麻辣湯(赤湯)
r_DSCF2509_2015010713514878c.jpg

昨年秋にの龍鳳の下の階に出来た四川麻辣湯のお店寅馬(インマ)。
(寅の字は常用漢字にないものなので便宜上こちらを使ってます)

寒くて背を丸めて歩きたくなるような日には四川の麻辣湯で暖まろう、と久々に訪れました。

r_DSCF2503.jpg

入口のショーケース冷蔵庫から具材を3つ選びます。
一部の段しか写していませんが
それでもわりと種類が増えてますね。

前回は肉類がほとんど売り切れだったのが残念ですが
今回は鶏に豚に牛に、豚の血もあるぞ?

蟹に烏賊に帆立に牡蠣はともかく
サトイモや昆布を鍋の具にするのも変わってますね。

しかし高い具はその分量が少ないし
スープが辛いからバランスも考えないと…。

あ、そばにうどんに中華麺まで追加されたのか。

r_DSCF2504.jpg

注文を済ませたら増えている壁メニューをご拝見。

ピーナッツの唐辛子山椒炒めは酒鬼落花生っていうのか。
なんか酒鬼薔薇とか思い出す字面だなぁ。

ピータンの唐辛子ソースは美の友と来ましたか。
見切れてるのは餃子。

r_DSCF2506_20150107135146d60.jpg

あららピントがあってない。
スペアリブと糯米の蒸し物、豚肉ロールと糯米の蒸し物

その隣りはよく読めないけど前に食べた梅菜扣肉のバリエーションだと思われます。

奥は豚耳の辣油漬け。

r_DSCF2505.jpg

ハチノスの辛味ソースがけ
鶏足の漬け唐辛子味

豚の尻尾に香辛料を詰めて煮たのは熱愛、なんてアタマについてますよ。
その奥は豚足ですね。

最後は横書きになってドリンク類。
多分中華街の食糧品店でも見かける缶入りのやつかな。

r_DSCF2511_201501071351490cf.jpg

前回39℃の高熱で注文してヒリヒリに少々苦しめられたので
今回は37℃、赤熱にて注文しましたが

……いやこれでも十分辛そうです。

チョイスした具材は春菊に考麩に豚肉。
春菊はやっぱり煮ると少なくなるな。

しかし考麩は正解だったようです。
水分吸って倍くらいに膨れてますし
ほんのわずかに甘みをくれる素材でもあるので
食べ甲斐もスープ攻略の友にもなる力強い味方です。

豚は底に沈んで見えないな。
少量のキャベツはサービスしてくれてるみたいです。

r_DSCF2512_201501071351586a8.jpg

原材料がイモの春雨は少しもっちりめの食感です。
小麦粉には及ばないにしても麺として及第点。

スープの味の方は……やはり辛い。
正直39℃なんて選ぶ必要なかったんや。

唐辛子分は減っているものの、山椒の辛さが想像以上に効いていて
これでも十分激辛レベルです。

36.4℃とか選択できた方が日本人にはいいんじゃないかな。

r_DSCF2513_2015010713515956d.jpg

辛うま…でもやや山椒キツめ。
唐辛子減った分余計にピリリが引き立つ気がします。

それでも39℃に比べれば普通に辛さを楽しめるレベル。
豚肉の脂の甘さも味方。

一見マジパンのように見える考麩は小麦のグルテン。

噛みしめると、もひゅもひゅしますが
これが煮込み物に使うと適度に味を吸ってウマいんですよ。

しかし激辛のスープに投入した場合
辛さを若干和らげてくれる働きもしてくれるようで
これは自分ながら適切なチョイスだったと自賛。

半ライスがサービスでつくようでしたが辞退。
煮込み済の具材だけで十分美味しく頂けました。

参考ページ

当初小麦の麺がなかったことと
果敢に39℃に挑んで撃沈された方が多かったんじゃないかな。
この日もお客さんは中国人ばかりで日本人は自分一人だけでした。

姉妹店の華降餐館のように
お昼に日本人中国人入り乱れて満席で入れないのもちょい困るけど
さりとて閑散としているのもなんか残念だなぁ、と
身勝手なお客としては思うのでありました。

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

山下町、デリーダイニングのマトンビリヤニ
r_DSCF2408.jpg

中華街入口、東横イン隣のインド料理屋のデリーダイニング
ここは何よりランチのバイキングの本格度、コストパフォーマンスが優れているので
お店に入るとまずバイキングにしちゃうんですよね。

でもランチにビリヤニが頂けるのも魅力。
どうしても食べたくなったので、バイキングの誘惑に負けず頼んでみましたよ。

r_DSCF2407.jpg

サラダは水菜が入っているあたりが
よそのインド・ネパール系よりもグレード高い気がします(笑)
でも水菜ってインドでは食べるんだろうか?

r_DSCF2410.jpg

先ぶれにライタが来ました。
お好みでビリヤニにかける野菜入りのヨーグルトソース。

こちらのはヨーグルト濃いめで野菜もオニオンの主張強めですね。

r_DSCF2413.jpg

来た来た、来ました。
このムラのあるカレーグレービーの馴染みったら!
そして鼻に心地よい刺激をもたらすスパイスの香り!

熱されてへにょっとなった卵も印象的です。

一見カレーチャーハンのように見えるので
気軽な料理かと思いきや

スパイス炊き込みご飯なんで
実はそこそこ手間のかかる祭事料理なんですよね。

なので日本でお昼から頂けるお店は貴重です。

でも大好きなんで、あったらまず注文しちゃいたくなるこの料理。

r_DSCF2414.jpg

パラパラバスマティライスに
脳をくすぐらんばかりの刺激のあるスパイス
熱されてキュッと締まった羊肉もたまらず美味しい。

スパイスがしっかり効いているので
ライタをかけちゃうのは勿体ないなぁ、と思って
そちらは別に食べました。

r_DSCF2416.jpg

心地よい余韻を味わいつつ
食後のホットチャイとライスプディングを頂きました。

比較的近くにこういうお店があってよったなぁ、と改めて噛みしめ
お店を後にしました。

公式ツイッター
参考ページ

今年は支店を増やしつつある東京のビリヤニ推しのお店にも行ってみたいなぁ。
横浜内でもまだシタールでビリヤニ食べたことなかったし。

と、ますますスパイシーな料理への欲求が募るのでした。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

石川町、ジェイハンのギョズレメ
r_DSCF2399b.jpg

石川町駅の元町口裏手に出来たトルコ料理屋のジェイハン
定休なしで毎日ランチもやってくれる貴重なトルコ料理のお店です。

今回はまだ食べたことのない
ギョズレメという料理を頂くためにやってきました。

根岸線で来るつもりが、京急の横浜駅をうっかり乗り過ごしたので
しょうがないので日ノ出町から歩きましたよ。
まぁ、いい運動だ。

r_DSCF2396.jpg

サラダは前回よりやや辛さを落としてあるのは色からもわかります。
個人的には前の方が好きだったけど
あの辛さは人選びそうだし、しょうがないかな。

スープはレンズ豆とミント。
スープにミントという辺りがエキゾチック。
ほんのりスッとする風味が。

r_DSCF2400b.jpg

ギョズレメというのはトルコでは朝食によく出る食べ物らしいです。
具はチーズとほうれん草とかチーズとサラミ
あとはトマト味のじゃがいも
羊挽肉とかがメジャーだそうで

羊…食べてみたい!

これはチーズとほうれん草ですね。

メニューではおやき風クレープなんて注釈がありましたが
予想外にパリッパリで
おやきとかクレープとかいうよりは………

トースト?

パンというよりはナンに近い生地なのだと思うのですが
パリパリで香ばしい口当たりは
トースターでパリパリに焼き上げた食パンとまさに瓜二つ…。

r_DSCF2401b.jpg

いやー、これは驚いた。
トルコ料理屋なら生地作りからの自家製だろうに
フライパンで焼き上げて作ったのにトーストにしか思えないとは。

こりゃ確かに朝食向けですわ。
間に挟んだチーズとほうれん草で
朝に頂く栄養バランスとしては最適かなーと。

r_DSCF2403b.jpg

昼に食べるには少々軽いかなとは思いますが
でもほうれん草とトルコのチーズは美味しい。

ただし、ちょい一辺倒な印象もあります。

添えられたトマトとほうれん草のヨーグルト和え
それとブラックオリーブをちょいと混ぜて食べると
また味に変化があって美味しくいただけます。

しかし個人的にはこのブラックオリーブを刻んで中に入れると
最高に美味しいんじゃないかなーと思ったりも。

トルコにそんなレシピはないかもしれませんが
自分で作るならそうするなぁ。

r_DSCF2404.jpg

トルコ料理の〆はやっぱりホットチャイ。

グラスに入れられた高温のお茶は
なかなか手で持てない熱さですが
これをちびりちびりと頂くのが美味しいです。

猫舌な人は水に入っている氷を一つ落とすと丁度いいかも?

r_DSCF2406b.jpg

サービスでお菓子を頂きました。
見た目からロクムというお菓子かと思ったけど

サクサクのパイ菓子だったので
小ぶりだけどこれはバクラヴァかな?

よそで食べたときは飴でベタベタに固められたものでしたが
粉砂糖で仕上げられたこちらのものの方が美味しいかな。

パイ生地とくるみの相性はバツグンです。
そのうち一皿注文しようっと。

公式ページ
参考ページ

テーマ:トルコ料理 - ジャンル:グルメ

関内(常磐町)、とらやの上タン塩定食
r_DSCF2273.jpg

関内駅から市役所の駐車場を通り抜けて
ベイスターズ通りのラーメンたかさご屋の横に置かれた
やきとん、の看板が前から気になっていたんですよね。

自分の中でほったらかしだった宿題をようやく片付けるべく
通りの脇道に入って提灯誘うのれんをくぐりました。

r_DSCF2271.jpg

これはまた昔ながらの焼き鳥屋飲み屋的な佇まいだけど
定食も16時までというのは嬉しいですね。

14時回っての入店だったので
もう他にお客さんは見かけませんでしたが。

r_DSCF2274.jpg

お店イチオシの焼きとんを頼むのがスジだったのかもしれませんが
上タン塩という言葉の魔力に惹かれてそちらにしてしまいました。

r_DSCF2277.jpg

とろろもついているあたり
体裁はどちらかというと牛タンの扱いですな。

r_DSCF2275.jpg

というわけで豚ではあるんですが
牛タンのようなうやうやしい薄切りです。

上のネギが生の刻みでなく
火を通したものだというのがちょっと珍しい。

塩胡椒して炙った豚タンは当然ながら香ばしくて
程よい炙り加減で柔らかくもコリッと通った食感が珍味的で美味いです。

r_DSCF2268.jpg

舌は一匹から取れる量が少ないのはわかっていますが
延明なんかで1匹分丸まる400円で売っているのを知っていると

この量はちょい割高感は感じてしまうなぁ。
もう少し多くてもいいんじゃないかなぁ、と。

まぁ、次は味が気になる焼きとんを頂いてみて
こちらの真価を計るとしましょうか。

参考ページ

テーマ:焼き鳥・居酒屋 - ジャンル:グルメ

曙町、アロイ・タイのパネンガイ
r_DSCF2160.jpg

※中身ほぼ一緒のタイ料理屋クァーサイヤムに変わりました。

営業再開してお昼時の選択肢を広げてくれたタイ料理のアロイ・タイ
またも食べたことのない料理を試すべく訪れてみました。

またまた正体不明な料理中から写真とカンで選んだのはパネン、と書かれた料理。
ご飯がついてくるのは写真で確認済み。

どうやら鶏か牛を選べる様子だけど
牛……なんだっけ?

鶏ならガイだとすぐに思い出せるんだけど。
豚はムー…。
鶏で頼んだ後に、牛はヌアだと思い出しました。
まぁいっか。

r_DSCF2162.jpg

スープは粉末状のものをお湯で戻したタイプっぽい感じでした。
それでもタイ製らしい酸味と刺激があって美味しかったですが。

r_DSCF2158.jpg

パネンという名前はゲーンパネンとして記憶にありました。
我々の言うレッドカレーはゲーンペッで
パネンだとペッより汁気の少ないカレーなイメージです。

というわけで出て来たのは鶏肉のカレー炒めご飯的なもの。
この方がむしろ馴染みあるカレーの姿に似てますね。

r_DSCF2159_2014122215235391b.jpg

辛いのがよければどうぞ、と出されたナムプリック。
色とりどりでめちゃ辛そうですよね。

r_DSCF2161.jpg

味的には鶏肉のレッドカレー炒めというイメージ。
たっぷりのホーリーバジルとパプリカと一緒
辛いけどご飯との相性抜群で
たまらなく美味辛いです。

唐辛子満載のナムプリックは
固形分を避けて目玉焼きの黄身の上に着地させて
よく混ぜると辛くもまろやかなソースの出来上がりです。

そんな風にして自分好みの味を作り出すのもまた楽しいです。

参考ページ

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

西神奈川、ハノイのスープカレービーフンセット
r_DSCF2354.jpg

久方ぶりにベトナム料理のお店ハノイにやって来ました。

最寄の駅はJR東神奈川だけど
住所は西神奈川だという…どっちやねん。

ここ暫くランチタイムにはフラれがちだったので本当、久々にありつけました。

前回食べたかにみそとトマトのスープビーフンがえらい美味しかったんで
またそれを食べたい気持ちはあったんですが
ここでカレーものを食べたことがなかったのでそれを注文……

r_DSCF2355.jpg

スープカレービーフン、と言ったのに
ベトナム人のおねーさんに「スペアリブ?」と何度も聞き返されて困りました(笑)

指差しと「カレー」でなんとか通じました。
ふぅ。

わりと早めに出てきたカレービーフン、これがかなり濃厚です。

ベトナムのカレーってもーちょい垢抜けない印象があり
これはどちらかというとインドネシアっぽい気がします。

が、これがめっちゃウマ!

インドネシアの焼き物にかけるサテソースとカレーの中間とでも言いましょうか。

ココナッツミルクにピーナッツ、魚醤、タマリンド、レモングラス
唐辛子、ニンニク等々

東南アジアを感じさせる調味料のあわせ具合がまさにパーフェクト!

自分の思い描く南方アジアの美味さの結晶とも言える
ジャストミートな味覚ですよ。

最高!

r_DSCF2356.jpg

冷麦に近い食感の米麺にかなり濃厚なカレーが馴染んでたまりません。

ナンコツソーキっぽいとろとろの肉もたっぷりでイイ。

軽く湯がいたくらいのシャキシャキもやしも
カレーが濃いからこそ映えます。

しかし元からこの味なら
これがカレーライスとして頂けた時期にも食べてみたかったもんだなぁ。

ビーフンにも充分合うけど
日本人的には炊いた米でも食べたいという欲求は沸いてしまうのが性です。

r_DSCF2358.jpg

濃く煎れて
蓮の甘みもほんのり感じられる蓮茶も大好きなんですよね。

ちょい量少なめだけど頼めばお替りも出来ますので是非!

デザートのチェーも適度な甘さがお茶と一緒に体を潤してくれます。

久々に来たけど、ここは自分の南方アジア方面の
味覚欲求にクリーンヒットを与えてくれるいいお味のお店です。

もーちょい来なきゃだなぁ。

参考ページ

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

子安(浦島町)、浜のアジ・とりから定食
r_DSCF2133.jpg

安い美味い魚フライ等の揚げ物定食のお店
ここ暫く開いてないことがあったのでちょい久々に入りました。

しかし毎度定食のバリエーションに何を頼んだものか悩みます。
今回はアジ・とりから定食。

r_DSCF2134.jpg

名称はアジの方が先になりますがアジ一枚にとりから7コ。
とりからは大きさによって6コか7コか変わることがあるようですが
十分すぎるこの大きさで7つですもの。

しかもこれでワンコインですよ!

r_DSCF2135.jpg

とりからは意外と油がきれいに切れていて
思ったよりカラッさっぱりめ。

だけどB級欲求を満たすに足る揚がりっぷりだし
下味もついてて中の鶏肉もやわからかくて美味いですよ。

r_DSCF2136.jpg

アジは昨今のスタンダードな揚げ方よりもやや色濃し。
だけどこちらも油切れ具合がよく
カリッとした衣に包まれたアジ美味し。

ホントはコロッケとメンチカツでも追加しようと思ったけど
ワンコインでしっかり満ち足りてしまいました。

公式ツイッター
参考ページ

コロッケとメンチカツは定食にはないんですよね。
これを頼むには……カレーうどん頼んでつけてもらうのがいいバランスかもしれないな。

テーマ:天丼・天ぷら・フライ - ジャンル:グルメ

中華街、福養軒の牛バラカレー
r_DSCF2263.jpg

※一度販売終了をアナウンスしましたが
数量が多くないので一時期売り切れの告知だったとのことです。
ということで今もご提供されているそうですよ!


年末、赤レンガのクリスマスマーケットを覗きに行ったものの
特に惹かれるものなく移動。

なんとなくカレー腹になったものの
ケロッグシタールデリーダイニング、と回ってみたものの
なんか自分の気分とズレてる気がしました。

老舗福養軒の前を通りかかったら「牛バラ肉の中華風カレー」の看板が目に飛び込みました。

『八角・南乳などを使って
 風味豊かに仕上げた牛バラ肉を
 たっぷりのトマトや玉葱、各種香辛料を使って
 辛味の中に酸味が光るカレーと合わせました』
とな!

よし、今日はこれに決めた!と初めての入店になります。

r_DSCF2253.jpg

大正時代に開店したお店だけあって
その後改築改装はそれているでしょうが
それでもやっぱり古めかしい感じの昔懐かしい内装。

旧態依然として…とか思ったけどホワイトボードにジビエ料理なんか書いてあったり
ほほぉ。

r_DSCF2257.jpg

感じのよいおかあさまが給仕しておられます。

今日は静かですねぇ、と。
中華大通りは相変わらずの混雑のようですが
それでも今日は少ないようで

こちらにももっと人が来てくれると嬉しいんですけどね、なんて笑っておられました。

それでいいのか?とか思ってしまいますが
この辺は老舗の貫禄…なんだろうか?

ちなみにスープ、昔ながらの中華スープの典型なんですが
でも鶏がらダシがえっらい効いていて結構美味しいです。

これは鶏ダシのラーメンとか美味しそうな気がする。

r_DSCF2260.jpg

さてさてドンブリ盛りにレンゲで頂くカレーですよ。
こういう昔ながらの気取らなさ?も中華カレーの魅力かもしれない。

さてお味は、中華カレー独特の五香粉的な
日本ともインドとも違う独特の香りと味わいで美味しいです、が

それだけでなく、酸味がわりと強めです。

トマトがところどころ入っているのが見かけられて
酸味のベースの一つはこれだと思うのですが

トマトだけじゃこの酸味は出ないよなぁ。
お酢か、それに変わる何か、ちょい強めの酸味が加わっているのですが

カレーに酸味、これが意外と美味しかったりします。

r_DSCF2262.jpg

南乳でとろっとろに柔らかくなった牛バラもとても美味い。
…量が少ないのはちょっと残念でしたが。

刻んだ玉葱がとろけていますが
ネギに近くてもう少しシャッキリ感の残った舌触りもあり。

やはり玉葱かもしれないけど
案外エシャロットとかかもなぁ。

そのへんの材料が酸味と合わさって活きてくるんですよね。

実はインドにもビンダルーという
お酢を入れてかなり酸っぱくなっているカレーがあったりします。

だからこんな味の組み合わせも不自然ではないんですよね。

こちらのカレーはビンダルーよりも自然に酸味がカレーの辛さに馴染んでいる気がします。
結構美味しいよ!

r_DSCF2264_20141229105619847.jpg

いろいろとアイディアを取り入れて
精力的に新しい料理に取り組んでもいるお店ですが
何せ昔ながらの佇まいの印象が強くて目立たないところもあります。

公式ブログ
3代目ツイッター

しかしブログ等の情報発信もしているし
3代目個人のツイッターとかも飄々と今という時代を楽しんでいる感じがします。

そこに朗らかで人当たりのよいおかあさまの接客もあり
いろいろと面白いお店なんでは?

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

藤沢、サイゴン・ガーデンのガイヤーン丼とベトナムソーセージ
r_DSCF2326_201412281543404e4.jpg

用事で藤沢まで出かけた後、懐かしくて駅前を散歩しました。
10年ちょい前、ひとり立ちして初めて住んだのがこの街だったんですよね。

馴染みのお店のいくつかは健在でもなくなっているお店もあったり
関東随一を誇る規模のゲーセン2件ももうなくなっちゃっていたのが
時代の流れを感じました。

r_DSCF2318.jpg

そして自分のまさに住んでいた遊行通り

本屋は健在かぁ
居酒屋後にシュクリアが移転してきたのか

このビルの一階にもゲーセンがあって…
映画館は音楽専門学校になったんだなぁ。

と、感慨深く眺めていたら
ベトナム料理、の看板を発見。

そういえば日も暮れてきて、はらが…へった

ということでそのまま入店。

r_DSCF2320_2014122815432331d.jpg

アジアン居酒屋系のお店ということで店員は日本人。
レパートリー自体はさほど多くはなかったけど気になる料理もちらほら。

前の日飲んだばかりだったので
今回は酒ヌキ、蓮茶を頂きました。

寒い中ずっと歩いていたので体、暖まるなぁ。

r_DSCF2322_2014122815432554e.jpg

ベトナムソーセージ、1つから頼めるところを2つ頼みました。

ソーセージというけど、肉団子?
ボローニャソーセージっぽいのを思い浮かべてたんだけど
全然違うなぁ。

というか、これ多分皮なしシュウマイじゃないかな?
Xiu maiっていう料理。

六角橋の食べくら横丁で食べたのと同じ料理ですよ。

そーいえばその後アジアンブリーズは一度も開いているのを見かけません。
営業時間と曜日は何時なんだー!

r_DSCF2324_20141228154319e74.jpg

正直値段の割にちっこいなぁ、としょんぼりだったんですが
これがえっらい美味かったんですよ。

牛豚合い挽き肉と粟か何かの穀物を
漬け汁に漬け込んで煮込んでから焼いたものなんじゃないかと思うんですが

これが肉の旨味と漬け汁の味がみっちり凝縮されていて
ほんっと美味い。

味が完全に抜け切るまでずーっとかみ続けていたくなる味。

r_DSCF2327_2014122815434108a.jpg

そしてガイヤーン丼。
ガイヤーンは本来タイ料理だから
東南アジアの国の料理ごちゃまぜなんですね。

こっちもお値段から考えるとちょい小サイズかな。
カフェめしランチ的な。

r_DSCF2328_20141228154343ad2.jpg

漬け汁の味の染み込んだ鶏は
みっちり焼かれてて美味しいかったです。
カリッとした皮もね。

添えられたスイートでないチリソースもいいお味。

ただ…下に敷いたレタスと上のネギ、というあたりの芸のなさは
ちょっと残念です。

このお値段なら
香味野菜にジャギーカットした生野菜とパクチーも欲しいところ。

なんというか、チェーン店や弁当屋などのコストカット方法に
知らず知らずのうちに毒されていた、的な雰囲気を感じます。

個人店ならではのちょっとした気遣いができるようになれば
結構いい店になるんじゃないかという気がします。

r_DSCF2319.jpg

開店したのは今年の夏、まだ半年も経っていないお店なんですね。

まだまだこれからなお店、がんばって欲しいと思います。

参考ページ

もしも自分がまだ藤沢に住んでいた時ならご近所だし
結構通ってたかもしれないなぁ。

でも今は1時間弱かかる距離。
でも元ご近所ということで親近感はあるので
また何かの折に寄らせてもらおうかな。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

中華街、華錦飯店の真小鯛のネギ生姜蒸し
r_DSCF2387.jpg

年末は人並に休むことは出来るんだけど
年の瀬ってお店も閉まってたりするから外食の選択肢も狭まります。

観光地でもある中華街なら大抵のお店は開いてるんだけど
その時期は当然大混雑するから
まだ開店して間もないこのお店に年末に初めて伺いました。
案の定まで知名度低いのですんなり入れました。

市場通りの魚屋が新たにスタートさせた中華料理店。
今回も酔華さん情報。

魚料理って外食ランチでなかなかお目にかかれないし
中華ともなればなおさら扱ってる店は稀有だものなぁ。

無性に食べたい欲求が高まって中華街番外地方面へ。

r_DSCF2385.jpg

さすが魚屋だけあって魚料理が3種もありますよ!
そしてお値段もやっす!

r_DSCF2394.jpg

テーブルの上にある立てたラグビーボールのような銀色の物体の頭を押してみる
ああ、ホントに爪楊枝入れなんですね。
但し一度開くと仕舞うのが面倒。

正方形ではないけどオールスパークを思い出してしまうのは私だけでしょうか?
これが…トランスフォーマーの命の起源…。

r_DSCF2388.jpg

お料理、お盆に載って全部やってきました。

スープは福建料理っぽい海苔入りでいい旨味が出ていました。
ザーサイは結構肉厚な切り方。

杏仁豆腐は甘み少なめですがとろり具合がいい感じ。

r_DSCF2391.jpg

小ぶりとはいえ、お昼から600円で
鯛の蒸し物が頂けるなんて素晴らしいですよね。

身を崩すと骨が結構邪魔ではあるんですが
身離れ自体はよく
とろりしっとりな蒸し上がり方でたまりませんな。

r_DSCF2392.jpg

そしてこの手の蒸し物につきもののネギショウガ醤油のタレ。
鯛のエキスも充分吸ってるから

ネギとあわせてご飯にかけて頂くとホンっとに美味いんですよ。

肉モノに比べると若干量少なめに見えたけど
骨を取り外しつつ食べる手間もまた満腹中枢満たすのに
丁度いい時間経過ももたらしてくれるんですよね。

余り気味のご飯はもちろんタレと混ぜて頂きます。
これまたたまりませんなぁ。

r_DSCF2386.jpg

12月に開店したばかりですが
安い上に美味しい魚料理が頂けるとあって
比較的年配めのお客さんから支持を受けつつあります。

あと比較的若い女性店員ばかりなところ
皆行き届いた接客態度なのもまた気持ちいいです。

参考ページ

参考ページ上のランチ情報では魚について触れてないのは勿体無いと思ったりもします。
これも重要なアピールポイントだと思うんですよね。
しかも更に安くなってるし。

取りあえず今は行った人しかわからない特権ってことで!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

蓬莱町、エミネパールのエミカレー(本日のカレー)ほか
r_DSCF2307_2014122816413983a.jpg

1人晩酌な気分が高まり
何腹と問うてみるとネパール料理が恋しくなって
久々にエミネパール本店の方に向かいました。

r_DSCF2302_20141228164142313.jpg

今は特に限定メニューはやっていないようなのが残念だったけど
それならそれでスタンダードに好物の料理を頂こう、と
取りあえずはゴルカで1人乾杯。

店長さんも相変わらずの朗らかさで
一緒にテレビを見つつ
たわいのないお喋りしつつグラスを傾けます。

実家出てから誰かとテレビ見るなんて機会もほぼないし
逆に新鮮で心地いいひと時。

r_DSCF2303.jpg

アルコアチャール。
じゃがいもをメティやターメリックで和えたものです。

前もここで頂きましたが
これ好きなんですよね。
程よい辛さ、程よい油加減にほくほくのじゃがいもが嬉しい。

r_DSCF2305.jpg

そしてチキンチョエラ。
元々ネパールの祭事料理だったらしいけど

ずいぶん前のワールドフェスタで頂いて以来
すっかり病みつきな料理です。

蒸し焼きにしたチキンと野菜のスパイス和え。
居酒屋値段なのに作り置きせずその都度きちんと料理してくれるのが嬉しい。

こちらもインド料理とは違った独特の味のバランスが好みです。

r_DSCF2308.jpg

そういえばこちらでカレーを食べたのは
開店早々の時期にランチに一度来た時以来だなぁ、と

あえてカレーを食べてみることにしました。
日替わりはタケノコとブロッコリーとチキンのカレーだとのことでそちらを。

r_DSCF2309_2014122816415709a.jpg

他のインド・ネパール系のお店に比べてややクリーム度高し。
大辛で頼んだけど、それでもまだクリーム勝り気味
でもこれはこれでいい味です。

そしてタケノコがしっかり煮えてその味がちゃんとカレーに染み出しており
その辺もまた美味しかったですよ。

他所の日替わりって野菜は後から入れたみたいに浮いていて
旨味が全然カレーに出てないことが多いから
その点こちらのお店の作りはアドバンテージだなと思いました。

公式フェイスブック
参考ページ

最近はネパール料理オンリーなお店や
マイナーなネパールの部族の料理を出すお店もちらほら増えていて
そちらに惹かれて遠征することも増えていますが

やっぱり地元なのと、店長の人柄の良さが魅力で
『帰って来たくなる』気分のお店ですねぇ。

テーマ:インド・ネパール・パキスタン・バングラデシュ・スリランカ - ジャンル:グルメ

大口(入江町)、カチャカチャカフェのハッシュドビーフとラタトゥユがけふわふわたまごのオムライス
r_DSCF1760.jpg

帰りの遅くなった日、なんか無性に米が食べたい!
という衝動はあったもののはまた何故かお休み…

この時間ならカチャカチャカフェがギリギリラストオーダー前に
間に合うぞ、と足を早めて大口駅反対側まで。

r_DSCF1761.jpg

米たっぷり食べたいのでご飯セットよりカレーかな、と思ったけど
今回はカレーでなくオムライス。
それもまたよし!と注文。

r_DSCF1762.jpg

オムライス一皿で
細切れ牛肉の入ったデミグラ味のハッシュドビーフ
トマト野菜の刻まれ煮込まれたラタトゥユ
そしてオーディナリーなケチャップ味、と3種まとめて頂けるのが魅力ですね。

r_DSCF1765.jpg

ふんわりとろーんな卵とたっぷりのご飯。
この素敵な組み合わせを生み出したのも日本なんですよね。
しかしこの相性の良さ、よその国が先に作らなかったのが不思議とも思えます。

ともかくハラが減っていたので
トマト味…うまうま
デミグラ…うまうま

ガツガツとかっこんで、あっというまに平らげてしまいました。
あー、うまかった。

公式ページ
参考ページ

お昼の女性グループ客だらけの喧騒の中とは違って
閉店直前のもうクルーズモードなまったりした雰囲気もいい感じでした。

ホント、夜営業はじめてくれて有難いったら。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

長者町、タイランドのカーオマンカイ
r_DSCF2489_20150106134252344.jpg

※閉店しました。

タワンルング跡に入って昨年11月にオープンしたタイ料理屋タイランド
日替わりランチの安さもさることながら
味もボリュームも満足いく内容だったのでまた来てみました。

今回はロングヘアのおねーさんはおらず
前回厨房に入っていたおかあさんが接客担当です。

コメントに頂いた通りの朗らかで可愛らしいお母さんです。
「ヒガワリ?」と笑顔で聞かれ
つられてにこやかになりつつ日替わりのカオマンガイ
つまり中国圏から東南アジア広域に広まった海南鶏飯のタイ版をお願いしました。

r_DSCF2495_20150106134303db3.jpg

スープは豆腐と鶏の胸肉が結構多めに入っています。
ほんのりの鶏ダシ油にネギにフライドガーリックに
そしてそれ以外にもタイ特有のちょいと不思議な味がします。

何だかよくわからないんだけど美味しいんだよなぁ。

r_DSCF2490_20150106134253cfb.jpg

日替わりは普段より大幅に安いお値段だけど一切手抜きなし!

よそだと通常値段でも普通に炊いた白米なことも多いけど
ちゃんと鶏スープで炊いたご飯なのが嬉しい。

手間かかっていて他の料理に再利用はできないのに
こんな安くていいの?

r_DSCF2491.jpg

お肉はあっさりの鶏胸肉にスナギモ、レバーと取り揃えてありますよ。
日本人的には鶏はやっぱモモ肉だなぁとは思うんだけど

r_DSCF2492_20150106134256302.jpg

そこを補って余りあるのがこの自家製っぽいソース!

よそだとスイートチリソースとたまり醤油の甜麺醤的な黒いソースの
2つの取り合わせということが多いのですが

こちらは1種だけど練りごまベースのバベキューソース的な味に
赤唐辛子、青唐辛子、生姜、ネギなどをおろして作った
ピリ辛のいいお味。

r_DSCF2494_20150106134251c66.jpg

これかけて食べるとめっちゃウマイのなんのって!
この味は今まで食べた海南鶏飯付属のソースの中で
ダントツに好みですよ!

これはソースだけでも売ってたら持って帰りたいなぁ。

「オイシイ、オイシクナイ、アッタラ、オシエテネ」と聞かれましたが
こらもう満面の笑みでとても美味しいです、と返しました。

「ソレ、キクノ、トテモ、ウレシイ」とはにかむような笑みのおかあさん。
うわ、なんかめっちゃかわいいです。

なんか小動物的な可愛らしさのあるおかあさんです。

子供の頃に読んだ絵本のような
リスや野ウサギのレストランに入ったような
そんな気分です。

でもランチはドングリのシチューでも
タンポポの葉のサラダでもなくてタイ料理ですけどね!

r_DSCF2498.jpg

コーヒーを頂いた後で「アマイモノ、スキ?」と聞かれたので大好きと答えると
デザート持って来てくれました。

これはココナッツスライスのシロップ漬けですね。

乾燥させたものは各国の料理で頂くことはありますが
生ココナッツは久しぶりに食べるなぁ。

シャクシャクした食感に
噛みしめると口の中に溢れるミルキーな果汁がいいね!

r_DSCF2499_20150106134306ca2.jpg

コメントにも情報頂きましたが
こんな感じで日替わりでこんなメニューがお安くなります。

お値段がレギュラーのままでも十分すぎるくらいお得で美味しいランチですが
更に魅力的なこの攻勢!
取りあえずは全部制覇しなきゃだ!

チャーハンはタイ語の間にスラッシュが入っているので
豚か鶏か海老かその都度違うっぽいかな。

「マダ、オキャクサン、アンマリ、コナイノ
 オトモダチ、ツレテキテ」

「タイリョウリ、スキ?
 マイニチ、キテ」

「コップン・カー」

おかあさんの えがおの こうかは ばつぐんだ!

ノせられてホイホイ通いたくなる
美味しくて、お得なランチ。

朗らかで可愛いおかあさんの人柄。
とても魅力的です。

当ブログはタイランドを応援致します。
お近くの方も遠くの方も、是非寄ってみてください。

きっと好きなお店になりますよ。

まだネット上に情報がないので
お店の名刺に記載されていたデータを記しておきます。

タイ料理パブレストラン タイランド
中区長者町6-98 KSSビル1F
tel 045-261-1535
営業時間 ランチ 11:30~2:00
       ディナー5:00~翌朝3:00

ちなみに名刺によると関内駅そばのマッサージ屋と経営一緒っぽいです。
そーいえば杜記の近くのピヤダもマッサージ屋に続いてレストラン出してましたね。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

石川町(吉浜町)、味臨軒の四川風五目煮込みほか
01r_DSCF2469.jpg

石川町駅中華街口を降りたら
中華街とは逆方向に歩いていくとある中華料理屋。

店名が味香園から味臨軒に変わり
店構えも料理もゴージャスにレベルアップしつつも
お値段は変わらずという素晴らしいお店。

新年初の食事会は去年に引き続いてここになりました。
スケジュールの都合で今回は3人となりましたが
そのくらいで躊躇する我々ではありません。

02r_DSCF2465.jpg

前菜の牛スネ肉のピリ辛。
醤油ダレに唐辛子をたっぷり使ったソースは
初っ端からピリピリくるのを頼んじゃったけど
寒いからついつい四川選びがちな今日この頃。

旨味の詰まったスネと辛いソースの相性もよし。

記事書きつつはたと気がつきましたが
料理の正式名称を一切控えていませんでした。

というわけでうろ覚えで書いてますので
参考にならーんと蹴られそうです。

お店には写真入のメニューがございますので
そちらで判断して頂ければ幸いです。

03r_DSCF2466.jpg

寒いからスープ早めに持って来てね~と頼みました。
定番の福建風スープ。

卵にエビに海藻の優しい味わい。
福建料理を扱うお店だと必ず頼んじゃいます。

04r_DSCF2467.jpg

海老の香り揚げ
夏場よりやや痩せてるような気もしますが
パリッと揚げて山椒、唐辛子、ピーマンネギ等と併せて頂く海老は
やっぱり美味しくて殻ごとバリバリと食べつくしてしまいます。

05r_DSCF2471.jpg

日本で食べられる四川料理の中では最も辛い部類の水煮ですが
こちらはそこまで辛くはないかな。

五目煮込みとの但し書きがありましたが
豚バラに豚モツにエビ、白身魚
しめじに白菜にチンゲン菜にネギにキュウリにセロリに

いっぱいいろいろ入っていて
程よい辛み酸味であっという間にカラになります。

06r_DSCF2472.jpg

これもついつい頼んじゃう福建風牡蠣のお好み焼き。

水煮の後に食べると山椒味になっちゃうけども
ハイボールでリセットしながらパクパク。

今回は人数少ないから1人当たりの割り当てが多いのが嬉しいな、と。

07r_DSCF2473.jpg

豚バラの角煮揚げ。
東坡肉に使うような厚めで脂たっぷりの豚バラ角煮をさらに揚げて
トンカツにしたものです。

サックリの衣にはトンカツソースっぽいものをつけて頂くのですが
その中はトンポーロー。
とろける脂とやわらかーなバラ肉が美味いんですよ。

タダでさえ美味しい角煮、揚げちゃって食べるなんて
こんな料理アリです。

08r_DSCF2475.jpg

スープもう一品は牡蠣のスープ、と思ったら
先程のお好み焼きで牡蠣が終わってしまったそうで存念。

代わりに頼んだのは高菜と白身魚のスープ。

とろりなめらかな舌触りの白身魚に
発酵して酸味のある高菜を加えて
ナチュラルな酸味と塩加減が絶妙です。

09r_DSCF2476.jpg

福建チャーハンも毎回頼んでしまいますね。
リゾットのように水分多め。
野菜と魚介の旨味のよくのったご飯が最高です。

10r_DSCF2478.jpg

福建風焼きビーフン。
これが予想外にふんわりふわふわの加減で
これまた素晴らしく美味しい。

焼き過ぎると硬くなるし
水気の飛び方が足りないとペロンとしてしまいがちなんだけど
こんな出来上がりは初めて食べました。

油の含有率も結構高めなんだけど
でもホントにふわふわなんだよなぁ。

参考ページ

そんな感じで今年も新年早々からガッツリ頂きました。

ここで「よく食べましたね」と呆れ混じりの感想が出るところなんだろうけど
その後更に天龍菜館で餃子食べてたりするんだなこれが…。

除夜の鐘の甲斐もなく食欲煩悩が108つついてまわる我々でありました。
It's my life!

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

末吉町、J's store(ジェイズ・ストア)のBセット
r_DSCF2149a.jpg

伊勢佐木界隈にタイ料理屋は数あれど
一番タイに近いと言われるJ's store
またまた寄らせて頂きました。

この日はお目当てのマイナーな麺料理が作れないということで
多分他の候補も駄目なんだろうなぁと踏んで
まだ頼んだことのなかったセットメニューを試してみることにしました。

r_DSCF2143a.jpg

メニューでは焼き鶏だったけど
どう見ても食べてみても豚ですな。

ムスリムの人は怒っちゃうかもだけど
私は豚も好きだからオッケー。

味の染みた豚ロース美味し。

r_DSCF2148a.jpg

こちらの生春巻きの肉っ気の部分は
エビでもハムでもなくカニカマだったりします。

弁当屋ならではチープさが面白いですね。
さすがにこれは本国ではやってないアレンジだとは思いますが
タイ人なら向こうにあれば使ってるだろうなという気もします。

サイズも小さめでそのまま弁当に入れられそうですが
巻いている生地はライスペーパーというよりは
麺で巻いているというくらい厚めで弾力があって食感が楽しいです。

r_DSCF2150a.jpg

グリーンカレーは前も食べたけど
ココナッツミルク自体は優しげだけど
生薬にも似たタイ料理特有のハーブによる辛さがじんじん効いてきて
うっすら頭皮に汗が滲むこれぞタイ料理!という辛さです。

r_DSCF2152a.jpg

ご飯はやや少なめだけど
カレーもライスも単品で頼むと2人前くらいになっちゃうから
これで丁度いいかもですね。

胃によく効きつつ美味しいけど
3種の料理のセットはトータルでは量少な目で
微妙に高くついている気分になります。

やっぱり単品で好きなもの選ぶのが正解な気がするなぁ。

参考ページ

いずれこちらでも夜に人数集めて宴会でもしてみるかな。
ちょい人選ぶジャンルではありますが。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

センター北(中川中央)、スラバヤの牛肉のプラドソース炒め
r_DSCF2191.jpg

初めてセンター北駅にて降りてのお昼
地元民に連れられて複合商業施設の中へ。

お昼時で何処も混んで待ち行列が出来ていましたが
1軒待たずに入れるお店がありました。
インドネシア料理屋のスラバヤです。

みなとみらいのワールドポーターズにも支店がありますが
こちらは初めて来たので存在すら知りませんでした。

みなとみらい店同様にバリ島をイメージした内装の広い店内。
店員さんのほとんどはインドネシア人なのがみなとみらい店より「らしい」空気。

しかし行列がないのは、やっぱり食べたことのない料理に
尻込みしている層が多いのかもしれません。

r_DSCF2190.jpg

セットのコンソメ的な味のスープ。
細めの春雨やニンニクで味わい深いですが

レモン入れて酸味足すとよりエスニック感強し。

インドネシア人のおねーさんが
「コレ、カライ~、ジャナ~イ」とサンバルソースを勧めてくれました。

r_DSCF2193.jpg

辛みと酸味を足して一気にエスニックっぽい味になりました。
うん、美味しい。

好みで選べるというのが初心者にもいい配慮です。

r_DSCF2196.jpg

ずいぶん前にみなとみらいでも食べたブラドソース炒め。
トマトベースのチリソースなんですね。

牛肉は超薄切りのものなので牛丼風だけど
ピリ辛のエスニック味。

ご飯と食べるとエスニック牛丼というイメージかな?

r_DSCF2195.jpg

このチリソースは日本人向けのエビチリのソースに似た
ちょっと甘目でニンニクの風味の強いもの。

だけど更に辛くして
油を吸った微塵切りのタマネギとショウガが合わさって
めちゃめちゃ美味しい。

ご飯がすすむいいお味です。
残りの油もご飯に染みこませて食べつくしたい!

r_DSCF2187.jpg

食後はジャワティかジャワコーヒーがつきます。
ジャワティは砂糖ぬきが美味しいと思います。
温かくて身も心もぬくぬく。

r_DSCF2199.jpg

さらにデザートもつきます。
パイナップル、ジャックフルーツ、洋梨(?)にナタデココなどを
シロップとヨーグルトとカラメルのソースで絡めたもの。

いろんな味が混ざり合って
涼やかさっぱり、食後に向いたデサートでした。

r_DSCF2186.jpg

お客さんは家族連れ、しかもベビーカー押して入ってくる夫婦が多かったです。
それもそのはず、5歳以下のお子様は無料のランチセットがあるっていうんだから。

エスニックデビューはスラバヤで、なんてキャッチコピーも書いてあります。

まだまだマイナーなジャンルだし
将来の客を獲得することに力を入れているんですね。

公式ページ
参考ページ

そしてセンター北って立地のおかげなのか
みなとみらいよりランチのお値段安いです。

ワールドポーターズは賃料高いんかね?

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

長者町、すし元の本鮪のすきみ丼
r_DSCF2423.jpg

明けましておめでとうございます。
旧年中は拙ブログをご観覧頂きありがとうございました。

本年も相変わらず拙いまま気ままに更新していくことと思います。
よろしければまた時たまお付き合いくださいませ。

r_DSCF2424.jpg

さて年明け1発目。
去年同様にすし元です。

三が日でも開いているとわかっているのが嬉しいから
帰省明けにまず向かうお店はこちらになっちゃいますね。

市場の開いてない時期に寿司屋は、と言う方もおられるかもですが
メインの鮪は遠海モノですし。

そして前回隣の芝生として格を見せ付けられたすきみ丼
どうしても食べたかったんですよ!

相変わらずの充実した盆の上の内容は素晴らしいです。

r_DSCF2426.jpg

小鉢の代わりにおせちからの先発メンバーが来ております。
ごまめに数の子、黒豆。

特に数の子はあると嬉しくなっちゃうよなぁ。
この時期には気分的に欠かせませんね。

r_DSCF2430.jpg

そして三が日にすし元に来たくなるもう一つの理由。
お吸い物が雑煮になるんですよね。

食べさしの写真で申し訳ないですが
この焼いた餅の香ばしさが汁そのものにも
とてもいい風味をもたらしてくれていて

こちらの雑煮、ホント大好きなんです。
この時期だけのお楽しみですね。

r_DSCF2428.jpg

すきみと中落ち…私、この2つは呼び方のバリエーションかと思ってました。

実は中落ちは骨まわりの脂の少ない赤味で
すきみは皮まわりの身のことなんだそうです。
知らなかった。

焼き魚も皮まわりのトコって特に脂のってて美味しいですよね。
皮の食べられない魚ならこそげとって食べていたものでした。

そら生で頂けるなら、なおさら美味しい部分だよなぁ。

r_DSCF2429.jpg

見てくださいよ、このピンク色とワイン色のてりてり具合。

スジを解して柔らかく食べやすいネギトロもいいですが
この原石のように自然なままの肉と脂のハーモニー。

口溶けのいい脂に清涼感のある赤身に
わずかに噛み応えを感じるスジ。

自分の中にある原初の食欲求を満たしてくれるような
食べ心地がたまりませんですな。

鉄火よりトロよりネギトロより
コイツが一番美味しいと思います。

参考ページ

年明け初っ端から堪能したという言葉に相応しいご飯でした。
来年も、きっとまたこちらで食べてるんじゃないかという気がします。

テーマ:寿司 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR