オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、京味居の羊鍋
01r_IMG_3450.jpg

何年か前に故郷北海道へと旅立った友人。

ジンギスカンの本場でありながら
「北海道にはジンギスカン以外の羊料理がない!羊串が食べたい!」とお申しで
年に何度かわざわざ飛行機に乗って羊食べに来ます。

まぁ、北海道でも地元産の羊ってほとんどなくて
結局ニュージランド産あたりなんじゃないかなぁ。

というわけで京味居

02r_IMG_3441.jpg

お通しは毎度お馴染みの茹でピーナッツともやし。

03r_IMG_3442.jpg

串食うならじゃがいもサラダと
パクチーと青唐辛子のサラダこと老虎菜は外せません。

04r_IMG_3446.jpg

今回は鍋で予約を入れたのですが
まぁ、準備体操代わりに串1人3本は堅いよね。

06r_IMG_3454.jpg

では先に辛くはない普通の鍋の方。
羊バラ肉をメインに
脇をかためるのは豆腐にしいたけ、しめじ、えのき
青菜にキャベツ、豆腐に板春雨。

羊単体でも強力な旨味の塊ですが
キノコ類でさらに旨味補填
それを受け止めるに十分な野菜、豆腐、板春雨。

07r_IMG_3456.jpg

滋味というのはこのことか~という
地味ではあるけどしみじみ美味いダシが出て美味いのですよ。

あとで鍋に水餃子を放り込むと美味しいんですよこれが。
だからスープは残していてね…

って言ったのに何残さず平らげてんだコノヤロウ!

08r_IMG_3451.jpg

今回7人でしたので鍋は2つ。
こちらは辛い鍋です。

具材はほぼ同じですが
肉はより脂の多い部位になっております。

この脂が甘辛なスープと混ざり合うと一層美味しいんだ。

09r_IMG_3458.jpg

四川の料理なんかに比べると甘い味つけ
でも油断してたら結構辛さも効く!

中国東北地方だけに、朝鮮族あたりの味つけの影響が出てる感じです。

辛くて手が止まるけど、でもこれが病みつきになる味。

10r_IMG_3459.jpg

しいたけと豚肉の旨煮。
普通にありそうなメニューですが、これ実は特別オーダー。
本来はレバーとしいたけなんですが、内臓ダメな方がいたので豚肉にしてもらいました。

これもウマいんで、レギュラーメニュー化してくれてもいい気がするな。

11r_IMG_3461.jpg

焼餅。
と言っても日本の角餅を焼いたものとは違って
中華式のパンを炒めた料理になります。

ぶっちゃけ炒め刀削麺みたいなモンですね。

味付けはバター醤油味、的。
チープさがまた味わい深し

但し多分こちらのお店でいちばん化調使う料理なんで
ちょいと油しつこいトコロもあります。

12r_IMG_3462.jpg

そして最後にまた羊肉ラーメンで〆ました。
やっぱり最後はコレに限るなぁ。

今回平日なのに珍しく予約客だらけで混んでて
料理が来るのに時間がかかり

まぁ、そのおかげでいつもに比べるとペース早くガツガツ食い過ぎることもなく
いい感じの腹具合で〆られました。

料理人の方はお一人なんで
結構忙しくさせてしまったのが申し訳ない。

料理全部済んでしまうと
馴染みの客と客席で語り合ってるような
そんな地元加減のいい意味でゆるいお店であることが楽しいです。

参考ページ
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

若葉町、グリル&カフェ・モーリーズの広島風お好み焼きレギュラー
r_IMG_3499.jpg

ジャック&ベティの隣りのスペース、2代続けて中華料理屋さんだったのですが
しばらく空き家のままでした。
そこへ最近になってお好み焼き屋?らしきお店が入ったようです。

ランチ時に外に出されていた看板によると
他焼きそば、カレーライス、オムライスなどもあるっぽい。

どんな様子かな~と入店。

r_IMG_3495.jpg

基本的なレイアウトは中華料理屋時代と変わってませんが
ウッドデッキ調な内装、アメリカンなフォトアートの額が飾られて
まるっきり別の空間に生まれ変わっています。

なかなかよさげな雰囲気です。

r_IMG_3492.jpg

さて、こちらはランチ専用のメニューは特に設けておらず
ランチ時に食事をした方にはドリンクがついてくる、といった体制のようです。

広島風お好み焼きがメインですが
トマトとチーズ入れたのとか
コーン焦がし醤油とか
いろいろそそるものがあります。

r_IMG_3493.jpg

焼きそばもソース、塩、醤油とあり。
カレー、オムライスもあるあたりが
お好み焼き屋とは違うカフェレストラン的です。

r_IMG_3494.jpg

イカバター焼き、ソーセージ焼き、コーン焼き
アスパラベーコンに豆もやし炒め、豚野菜炒め

ありきたりのメニューも鉄板焼きとなれば
話はまた違ってきます。
美味しそうだな~。

r_IMG_3500.jpg

取りあえずレギュラーのお好み焼き注文。
表に面したガラス張りの鉄板でじゅうじゅう焼かれてますが

席からは手元は死角になってるのがちょっぴり残念。
予想以上にじっくり焼かれてて時間がかかりましたが、やってきました!

これはまた丁寧な焼き加減だ!

広島風というと、で頂いたものしか知らないのですが
向こうの下町オバちゃん式と比べると
こちらは鉄板マイスター系とでも言いましょうか?

お好み焼きに胡麻散らしてあるのも初めて見ました。

r_IMG_3508.jpg

生地、キャベツ層、豚脂身層、焼きそば層、卵層、と
キッチリ分かれているのがこちら流。

多層構造にするために焼いて蒸し焼いて、と手間がかかってるのかな。

しかしその分焼きそばは表面に焦げ目が軽くつく焼き加減
卵もしっかり火が通っていて美味し!

これはなかなか美味しいお好み焼きですよ。

r_IMG_3509.jpg

食後はホットコーヒー頂きました。

コーヒーそのものは特徴がハッキリ出てませんが
これは添えられたミルク入れると美味しさが倍増するタイプっぽい。

ちょっぴりミルク多めにすると美味しい。

r_IMG_3510.jpg

叶のおかーさーん、浮気じゃないからね~。
涼しくなったからまた食べに行くよ~。

と、戯言はおいといて。

こちらは鉄板の使い方に技アリの丁寧なものが頂けるっぽいですね。
これは、むしろ焼きそばに期待がかかる!
そしてこの丁寧さならカレーやオムライスもどんな味なのか楽しみ。

広島風はうどんに限る、と思ってたけど焼きそばもなかなかやりますな!

公式フェイスブック

8月には開店してたのか!今まで全然気がつかんかった!

店先見てもやっぱりお好み焼きの看板が真っ先に目がいって
お好み焼き屋さんという印象が強いけど
店名からすると鉄板焼きカフェ…ってとこなんですかね。

肉野菜炒めの鉄板焼きにご飯つけて頂けるようになると
お昼時の需要が広がったりするんじゃないかなぁ、と
いや、それは私の希望ですね…。

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、あきんどすの三崎マグロ丼
r_IMG_3478.jpg

※相席バーなんてモノになっちゃいました……。

荒井屋の向かいに三崎マグロ専門のお店が出来てランチもやっていると
moudaさんからタレコミがありましたので早速行ってきました。

荒井屋の向かいって…九州料理のお店があったんだっけ?
と思ってたらそっちじゃなかった!

r_IMG_3470.jpg

親不孝通りの中の雑居ビルの2階でした。

荒井屋の前はよく通るけど、親不孝通りの中に店が出来るなんて意識ないから
そっちまで見たことなかったよ!

さすが物怖じしないmoudaさんだ。
こんな場所、呑み助か風俗客かやくざ者くらいしか通らないものなぁ。

r_IMG_3474.jpg

カウンター5席、卓5卓くらいの店内。
先客いなかったのでテーブル独り占めでした。

窓の外に荒井屋が見えます。
確かに向かいですよここは。

元はバーだったか、あるいは立地柄マッサージ屋あたりだったか
ともあれ軽食屋風に改装されて
まぐろの縫いぐるみやらラッセンの絵やらが飾られてます。

r_IMG_3472.jpg

お昼の定食は始まってまだ間もないらしく割引価格。
マグロはマグロでも上マグロってコトらしく
宝水産やら某フランチャイズ海鮮丼店なんかに比べると割高ではあります。

1500円もするけどテールステーキとか美味しそうですね。

r_IMG_3479.jpg

結局頼みましたのは三崎マグロ丼。
値は張るけどその分付加価値で攻めてきてます。

香の物もまあまあの出来だし

r_IMG_3480.jpg

ポテサラやマグロの煮物もついてきます。
ほんのり甘い煮つけが美味しい。

r_IMG_3483.jpg

さすがにいいトコ使ってるらしく色鮮やかですね。
切り口もなめらかで繊維つぶれてないし。

r_IMG_3486.jpg

お味も…確かにイイです。
醤油とワサビに頼らなくても
しっとりなめらかな口触りの味で十分イケるし。

しかし上マグロって…定義あるのかしらね?
お店のHP曰く「お寿司屋さん・料亭に卸せるレAランクレベルのマグロ」なんだそうですけど
レA…って何ぞや?

r_IMG_3487.jpg

薄切り赤身にサイコロカットの赤身にこちらのトロ、と3部位あります。
安いトロって脂があんまし美味しくないですが
こちらのはこれぞトロ、という出来で美味しく頂けます。

r_IMG_3490.jpg

そしてデザートまでついちゃう。
生クリームたっぷりのロールケーキも美味しい。

HPには女性のみと書いてありますが
男性客でも出てきますよ~。

r_IMG_3469.jpg

充分に満足できる内容でございましたが
しかし何故この立地???
こんな場所まで入ってくるお客さんなんてそうそういませんよ?

このお値段、この内容って、立地と佇まい込みで成り立つものだと思うんですよね。
古い和風家屋のお店…すくなくとも向かいの荒井屋くらいの。

場所次第では繁盛店になりそうなポテンシャルはあるんですが
賃料とか改装費とかの問題もあるのかなぁ。
その辺事業者じゃないのでなんとも言えませんが。

公式ページ

店名の「あきんどす」で検索すると
アマゾンで三崎マグロ売ってる業者が最初に出てきます。
ひょっとしてそこのアンテナショップとかなんでしょうか?

公式ページ

丁寧でよく気が回るけどちょっと元気有り余り過ぎ気味なおかあさんと
カウンターの影で顔の見えなかった大将お2人でやっておられます。

いつまで開店割引きやってるかわかりませんが
折角の機会に美味しいマグロ頂いてみるのは如何でしょうか?

テーマ:マグロ - ジャンル:グルメ

白妙町、伊勢屋のいかと玉ねぎ生姜焼定食
r_IMG_3350.jpg

お昼時に医大通りのお店ってあんまし利用したことがなかったんですが
昔ながらの定食屋の店頭のメニューに
ちょっと気になるものがあって引き寄せられました。

いかと玉ねぎ生姜焼定食……
豚じゃなくてイカです。

その組み合わせはないわけじゃないけど
そうそうお目にかかる機会もないですよね。

突発的にどうしても食べたくなって
引き戸をガラッと開け、初めて入ってみました。

r_IMG_3349b.jpg

威勢のいい女将さんのいらっしゃいませー、が響き渡る店内。
「今日からカキフライ始まりました~」とか
「さば味噌、さんま、美味しく煮込まれたところです~」とか
声が上がるのがいい雰囲気。

店内もいかにも、って様子の昔ながらの定食屋ですね。
コミック版の孤独のグルメにでも出てきそう。

安い単品メニューがいろいろ追加できるお店です。
ゴローちゃんなら定食にハムエッグと焼のりとあげなすでもつけそうだなぁ。

r_IMG_3358.jpg

ほほう、アジフライとメンチカツでアジメンか。
イカとコロッケでイカコロ定食なんてのもあります。
メンコロ、アジコロもあり。

どれもそそられるものがありますが
ここは初志貫徹でいかと玉ねぎで。

r_IMG_3352.jpg

一生懸命調理する初老の旦那さんを
次はあれ、その次はそれ、と
大きな声の指示でうまいことコントロールしてる女将さん。

そしていつの間にか店内満席。

というところで料理がやってきました。

r_IMG_3353.jpg

ポテサラに味噌汁に漬物。

どれも普通といえば普通なんだけど
なんか郷愁を感じさせる味。

特にポテサラ。

別に子供の頃外で食べたりとか
ウチで食卓にのぼったりとか

そんな経験は実はないんだけど
だけどなんか懐かしい味がするんですよね。

こういう郷愁の正体って何なんだろう?
錯覚なのかなぁ…。

r_IMG_3355.jpg

やわらかめの炒め方のイカに対して
シャッキリ感の残ったたまねぎ。

子供の頃はこういう中途半端な火の通り方はキライだったんですよね。
とろとろにならないとダメだった。

のだけど…美味しいや、これ。
不思議だなぁ。

味覚の変化もあるだろうけど
やっぱり熟練の技ってことなんだろうなぁ。

r_IMG_3356.jpg

軽いショウガに優しい醤油ダレ。
たまねぎの甘さが溶け出しているのか、このタレがえっらい美味しい。

キャベツを浸して頂き
ご飯も浸して頂いて

ご飯なくなっちゃったので
ポテサラ浸して食べきりました。

これ、どんぶりメシにざざっとあけて食べたら美味しいだろうなぁ。

そのくらい気に入りました、この味わい。

r_IMG_3291.jpg

こういう絶滅危惧種的なお店がまだ残っているのっていいですね。
あんましこの手のお店今まであんまし入らなかったし
ちょっと散策してみようと思いました。

コインランドリーが併設されてるあたりがまた味わい深い。
しかもこれ中のランドリーも年代モノっぽい雰囲気。

参考ページ

南区役所が引っ越してくるし
この近所の昼メシ需要もまだまだ伸びてきそうではありますが
とはいえ、このテのお店は跡継ぎいないからご夫婦が働ける間…ですね。

秋刀魚煮たのも美味しそうだなぁ。
また訪れる機会がちょっと楽しみ。

テーマ:定食屋 - ジャンル:グルメ

横浜橋、アバンティのベーコンと長ネギのガーリックスパゲッティ
r_IMG_3344.jpg

安い下町横浜橋の中に突如現れたイタリアンバルアバンティ

バルとしてはリーズナブルだけど
横浜橋という立地での飲み屋としてはどうかな

と見る自分たちオヤジどもを尻目に
…あらあら、いつの間にか女性客で一杯のお店に!

やはりこのテのお店に食いつきいいのは女性の方だってことですね。
立地とか関係なく、買い物帰りにちょっと寄れるイイお店、って認識なんですね。

r_IMG_3346.jpg

この日のメニューはベーコンと長ネギのガーリックスパゲッティ
チキンのフレッシュトマト煮
持ち帰りで鶏トマ丼か牛トロ丼。

スパゲッティを頼んでみたわけなんですが…なんか既視感が…。

そうそう、イタリアンというより台湾料理的なんですよ。
孤独のグルメ台湾出張編でゴローちゃんが食べた三星葱の肉炒め
アレに近い。

肉と書いてあるけど、本編のセリフに臘肉(ラーロウ)とあったので
中華式のベーコンですね、アレは。

シライルでも似たもの食べたな~、アレはネギじゃなくて葉ニンニクだったけど。

r_IMG_3347.jpg

シャキッと肉厚な長ネギにもうひとつの野菜はカブかな?
ベーコンはもちろんイタリア式のヤツですが肉厚。
豚らしい美味さに、皮?の部分がまた美味しいんだ。

多分こちらはカルボナーラもこのベーコンが乗るんですね。

そしてペペロンチーノから唐辛子を抜いて黒胡椒に変えたような
オイリーでニンニクの香りガツンなパスタ。

美味しいけど、これ食べた後は接客出来ないな…気をつけよう。

r_IMG_3348.jpg

濃いめのコーヒーでのんびり一服。

躊躇なく入るおねーさま方もいらっしゃいますが
相変わらず遠巻きにして眺めてるおばさま方もいらっしゃいます。

公式フェイスブック
参考ページ

横浜橋の中の異邦人状態ですが
でもそんな空気のままずっと続きそうな予感。

時期的に、酉の市でなんかよさげな料理出してくれるんじゃないかと期待しています。
それ次第でグッと客層が厚くなりそうなチャンスですもんね。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

神奈川新町、なりこま家のしょうが焼き定食
r_IMG_2523.jpg

神奈川新町を降りて第一京浜に出てすぐの定食屋なりこま家
もともと肉屋さんが始めたこともあって
わりとお安くガッツリ肉料理でメシが食べられる庶民の味方です。

ちょい帰りが遅くなって久々の訪問。
いつもこちらで食べる時はカルビ丼あたりに落ち着くことが多いので
今回はしょうが焼きだ!

r_IMG_2524.jpg

安っぽさも風情也。

インスタントの味噌汁を軽く頂き
申し訳程度のひじきの煮物をオードブル代わりに口に入れ

いざ肉へ!

r_IMG_2525.jpg

同じく申し訳程度のサラダを覆い隠す豚
薄いけど大きいです。
大きいけど薄いです。

大きめにまんまるくスライスした豚が重なってるので
しょうが焼きというか……むしろハム焼き定食的です。

r_IMG_2527.jpg

食べてみると
薄さのせいもあるけど、マジでハム食べてるような気分になります。
調理過程は違えど…材料は一緒だからな。

濃いめでちょい甘の、いかにも場末食堂的なしょうが焼きらしい味つけ
豚バラなんだけど、どうしてもハムっぽい印象も拭えず。

美味しくはあったんだけど、なんか釈然としない気分も残るのでありました。

参考ページ

r_IMG_2529.jpg

気がついたらこの界隈にまたインド・ネパール系のカレー屋さんが増えてました。
場所は泰和飯店のあと。

確か数年前、隣りにセラ・ラの支店があったけど短期間で潰れた場所なんだよなぁ。
ちなみに現在は、清香園

まー中華料理屋が5件も連なるよりはいいのかも?

今度はヒマールキッチンって…大口駅東側のピアゴの先の方にあるお店の系列か!
7月に開店してたみたいですよ。

ホント…どこまで増え続けるんだろうか?

テーマ:しょうが焼き - ジャンル:グルメ

石川町裏フェス 2015秋
01r_IMG_3408.jpg

昨年秋と今年の春に開催された石川町の裏フェス。
当初は元町のフードフェスに対しての裏、みたいな始まり方だったんですが
こちらも新たなるこの界隈の名物イベントになりつつありますね。

実はちと風邪ひいてて午前中寝込んでたんですが
楽しみにしてたんだから2時間以内にさっさと行って帰ってこよう、と出かけました。

02r_IMG_3373.jpg

真っ先に向かったのは鯖寅果実酒商店のブース。

去年は売り切れで買えなかったけど
開場当初に向かったらまだ行列出来てなかったからすぐさま!

と、待ってる間にもう自分の後ろに行列が!

03r_IMG_3376.jpg

シャルキュトリーの盛り合わせ、これだけの量でワンコインですもの。
お値打ち過ぎる!

ついでに酒を、とよく知らずにグラッパを頼んだらこのサイズ。
うお、効く!
やっぱり蒸留酒の類か!

とはいえ焼けるほど強いわけではなく
食後酒として飲むものみたいですけど
シャルキュトリーにはあってる気がするなぁ。

生ハム、サラミ、パテ、リエット、どれも美味しいです。

04r_IMG_3381.jpg

前回パエリアが美味しかったROCKET、今年もパエリアとヤムウンセンと
あとはローストポークにスパニッシュオムレツ
そして鶏にご飯を詰めて焼いたスタッフドチキンなんて売ってます。

チキン美味しそうだけど、さすがに一人じゃムリなんでオムレツを。

05r_IMG_3382.jpg

ジャガイモにシャッキリ感を残すような火加減。
チーズと挽肉と卵とのバランスがいい感じです。

06r_IMG_3388.jpg

今回はフラテッロも出店出しとる!ということで
店長さんにお久しぶりです、とご挨拶しつつお祭りメニューを頂きました。

07r_IMG_3389.jpg

卵入りマカロニサラダ。
みっちり詰まってる感があるのが嬉しい。
一見普通っぽいのに何処となくイタリア系の味だなぁ、と思わせるお味。

08r_IMG_3393.jpg

スパイスチキン入りのパニーニ。
今年はバインミー出してるお店がなかったからこれが変わりになりますね。

スパイスといっても辛くはなく、香ばしさが前面に出てくるチューンナップ。
何のスパイスだか判別つかないんだけど、辛くないタンドリーチキン的でこれは美味しい。

09r_IMG_3401.jpg

店名が何処にも見つからなかったんだけど
なんてお店だったかなぁ。
横道だけど結構盛況な様子。

10r_IMG_3403.jpg

ちょっと変わってるのは
料理買ったらポテサラ盛り放題というサービス。
この添えられたからしマヨっぽいソースがめちゃおいしい。

11r_IMG_3404.jpg

頂いた料理はブイヤーベースリゾット。
大きめの紙コップにご飯入れてブイヤーベース入れて、というサーブだったので
もはやリゾットだか何だかわかりにくいですが。

海鮮は主にハマグリ、そこにシメジとタマネギ。
肉厚なハマグリのおかげで結構ボリュームあるし
気の利いたメニューでしたよ。

12r_IMG_3407.jpg

ちょいとベリーダンス見物。

13r_IMG_3371.jpg

バー・インフェルノ
こちらのブースで気になったのは

14r_IMG_3413.jpg

厚切りベーコンの味噌漬け。
どんな味になるのかと思ったら…肉だけどこれは西京漬けですね。

味噌もベーコンも香ばしく美味しいけど
やはり塩気キツくなるね。

やっぱ飲み物お供に欲しくなる類のメニューだなぁ。

15r_IMG_3417.jpg

元町生パスタは毎回リーズナブルなセットを出してくれるのが嬉しい。

16r_IMG_3415.jpg

おつまみ3点盛りにサングリア。
アンチョビ入りポテサラにシーブドマリネにカポナータ。
サングリアは果実以上にシナモンが効いていて美味しいです。

17r_IMG_3419.jpg

微熱アリにアルコール入れたので
そろそろ軟着陸させるためにお茶をいただきましょう、とミツティへ。
スリランカ茶葉のお店ですが、スコーンも扱ってます。

18r_IMG_3421.jpg

チャイとマロンクリームのスコーンを。
チャイが程よくカルダモンが効いていて美味しいです。
今まで飲んだ中で一番好きな味かもしれない。

19r_IMG_3384.jpg

今回は15時からでなくて13時開場にしてくれたのが嬉しかったですね。
昼抜いてペコちゃん腹を抱えたまま待たずにすみました。

秋の昼下がりに気持ちのいい
美味しいイベントでした。

今回は51店舗も参加したそうです。
今後も定期的に続けられるイベントになりそうな予感。

今回は八十八とオレッゾが開場直後に行列出来てましたが
どちらも列がなくなるまでに売り切れにはならなかった模様。
3回目とあって十分な量用意されてたんでしょうね。

公式フェイスブック

今回私は2時間で帰途に。
帰って即寝て、これ書いて再び寝ることにします。

楽しかったし美味しかったからストレスは大分解消できたし
明日までに熱下がってるといいなぁ。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

川崎、アロックのスペシャルランチセット リピート
r_IMG_1181.jpg

川崎界隈で最近お気に入りのインド料理屋アロック
ホビー買出しにかこつけてまたやって来ました。

美味しいんだけど
チネチッタの先の先、という

駅から微妙に距離あるのと、あまり人が行かなさそうな場所柄
お客さんあんましいないんだよね。

タンドリーチキンの故郷、モティマハル出身のシェフという
ホントかウソかよくわからないプロフィールですが
でも美味しいのは確かなんですよ。

r_IMG_1173.jpg

甘くて冷たいラッシーは食後の楽しみに
サラダはこの手のお店には珍しく赤くない乳化ドレッシング。
キャベツがシャッキリしっかりしてるのがイイ。

r_IMG_1176.jpg

ここに来たら絶対コイツを食べてみろ、なタンドリートキン。
ヨーグルトは控えめに、でも青唐辛子やショウガ、ニンニクの効いてる
キリッとした味わいに
ふっくらみっちりした鳥モモが美味しいのです。

ここのはホント格別のタンドリーチキンですよ。

r_IMG_1184.jpg

ナンの大きさに見合った分のカレーの量があるのが嬉しい。
量産型インド・ネパール系だとナンが結構余りますからね。
その上でお替りとかできんわな。

r_IMG_1183.jpg

日替わり枠は野菜カレー。
辛さはほどほどに、煮込まれた野菜の旨みがちゃんと感じられる味です。

r_IMG_1182.jpg

トマトベースなのがインド系のマトンカレーにしては珍しい。
しかし濃厚でコクも辛さもしっかりしているカレー美味し。

ただ…今回はアラカルトで食べたカレーや
何度食べても新鮮な感動のタンドリーチキンに比べると
ちょっと平凡な印象がなくも…。

公式ページ
参考ページ

モティマハールの売りはタンドリーチキンにバターチキンカレー。

どちらかというと現地のインド人よりは
インドに来たVIPを含めた欧米人の好みに合わせた料理が得意。

その流れを汲んでいる事になってるお店だから
次はバターチキンでも頂いてみようかしら?

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

曙町、上海酒家 岳の黄ニラと生ホタテの炒めと、坦々麺
r_IMG_1067.jpg

横浜橋とイセザキモールの間
風俗営業店の立ち並ぶこの界隈に昨年開店したワンランク上の中華料理店、
ニューオータニ出身のシェフなのだもの、そりゃ腕もいいわけですよ。

また映画の時間待ち兼ねて久々に入ってみました。

r_IMG_1064.jpg

お勧めの料理がどうしても気になってしまいます。
ハラミが美味しそうだなと思ったけど
わたしゃ正直つるむらさきあんまし好きじゃないんだな。

というわけでホタテ頂いてみることにしました。

r_IMG_1065.jpg

酔っぱらうつもりもないけど
軽く酒を入れたい、という時にうってつけですね、ウーロンハイ。

r_IMG_1068.jpg

ホテルのレストラン出身の方の料理って色鮮やかで美しいですよね。
パプリカは昨今多用されるけど、アスパラも使ってるのがいい。

黄ニラは光から隠すことで軟白化させたニラです。

ホワイトアスパラやらエノキダケやらもやしやらと同じで
火の光が十分にないのが逆に美味しくなるという素材。

ホタテは水深20~30mが生息地ですから
日影モノコンビな料理なわけですね、実は。

r_IMG_1070.jpg

くにゃりとシャッキリの中間の食感で
緑ニラと違ってクセの少ない食べやすい黄ニラ
そこにぷっくり肉厚なホタテの貝柱満載。

主に塩とニンニクで仕上げたシンプルな料理だけど
素材の美味さと軽い調味の演出でいい味わいになってます。

しみじみと旨いなぁ。

r_IMG_1072.jpg

うってかわって坦々麺。
オーディナリーな料理ですが美味しいと聞いて食べてみたかったんです。

これはまたえらく胡麻ピーナッツのコクの強いスープですね。
花生醤をたっぷり使ったねっとりとろりとくる舌触りがたまりません。

辛さは比較的控えめな方ですが、このコクがそれを補って余りある味わいです。

青菜は…多分つるむらさきかな。
あんまし得意ではないんですがこのスープと一緒なら美味しく食べられそう。

r_IMG_1073.jpg

まるでカップ麺に入っているグルテンミートのような妙に大きい挽肉。
これ当然のことながらホントに肉です。

そこらのお店のように量をケチッたりせずに
ゴロゴロと沢山入れてますので
麺すする時に肉あり、肉なし、とバランスを考える必要がありません。
全部肉アリで頂けるのがとても嬉しいです。

r_IMG_1076.jpg

そして麺!
香港等の粥麺店では細麺が主流で
ゴワゴワのゴム麺という食感が好き嫌い別れたものですが

こちらは細麺でありながら日本の質のいい麺に匹敵する食べ応えを感じます。

一見ありきたりなのに、なんか妙に美味しいですよこの麺。

参考ページ

食べ慣れたような料理でも新たな発見があるなぁ。
改めてこのお店で、当たり前なメニューの真価を伺うっていうのもいいかもしれない。

あとアシスタントが若いけど丁寧な物腰のおにーちゃんに変わってました。
お母様はお休みかしらね。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

長者町、ミーフ・バーのトマトベースのごった煮スープと、ポテトとキャベツの水餃子
r_IMG_1047.jpg

ロシア料理のランチが頂ける貴重なお店ミーフ・バー
まだ食べたとこのない料理が飛び出すのが楽しくてまた行ってきました。

いつものおねーさん、珍しくメガネかけてました。
普段はコンタクトなんだそうで。

r_IMG_1044.jpg

野菜のレイアウトはロシア的だけど
胡麻ドレがコンビニで売ってるような在り来たりな味なのが残念。
おねーさん的にブームなんだろうか?

r_IMG_1048.jpg

メニューにトマトベースのごった煮スープとかいう書き方が出来るくらいには
日本語堪能なんですね~。

これは多分初めて夜に伺った時に食べた
サリャンカのランチバージョンなんじゃないかな。

ボルシチよりも歴史の浅いウクライナ料理なんだそうで。

r_IMG_1051.jpg

細かく切ってくたくたに煮込まれたキャベツ、ニンジン等がたんまり
味のしっかりしたベーコンとトマトで調味されていい塩梅の味です。
肉入りミネストローネ的。

田舎料理っぽい感じがいいなぁ。
スメタナを混ぜてクリーミーにするのがロシア式。

夜食べるとこれにディルなんかの香草や牛肉が入ります。
というわけでこれはランチバージョンなんですね。

r_IMG_1053.jpg

もう一つのポテトとキャベツの水餃子。
見た目は中華の水餃子と似ていますが
調理の仕方はむしろおやきですね。

ボルシチと並んでウクライナを代表する料理のワレニキーと表記するとなんJ語っぽいですが
ヴァレーヌィクと書いた方が発音近いのかな?

皮がもちもちの焼き餃子みたいな料理です。

むしろ何処に水の要素があるのかと思ったら
本来は茹でで食べる方がポピュラーらしいです。

r_IMG_1055.jpg

半分にカットして写そうとしたのですがうまくいかないので
ナイフで上の部分をカットして開帳してみました。

クリーミーなマッシュポテトにベーコンと黒胡椒入り。

添えられたスメタナとケチャップは外につけるより
こうやって開いて中に塗り込んだ方が美味しい感じ。

まぁ、行儀はわるいんじゃないかという気がしますが。

r_IMG_1056.jpg

こちらはキャベツとニンジン入り。
というわけで2種類の具材の組み合わせが楽しめました。

中国東北地方のニラ玉餃子に近い感じです。
大陸は地続きなんだなぁ、と感じる料理でもあります。

r_IMG_1060.jpg

デザートのクレープはラズベリーソースがけ。
程よい甘みと酸味で好みの味。

クレープがちょっとだけオイリーなのがロシア流なのな?

公式ページ
参考ページ

お昼に伺うにはちょい距離がありますが
腹ごなしに少し長く歩くのにいい季節です。

今のうちにしっかりロシア料理頂いておこう。

テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ

長者町、鉄板DINERの牛100%ハンバーグ
r_IMG_2510.jpg

地下鉄伊勢佐木長者町を出て日ノ出町駅に向かう通り
やよい軒から小路を挟んだ先の雑居ビル2階に昇る外階段。

ここは山根子というステーキ屋さんがあったんですが
気がついたら別のお店になっていました。

r_IMG_2501.jpg

鉄板DINERという他にもたくさん同名店がありそうな店名。
正直検索する時似た名前が多くて判別し辛かったですわ。

ともあれランチ営業があるようですので
とりあえず入ってみることにしました。

ちょっぴり若井おさむ系なオーナーシェフが1人でやっておられるようです。

r_IMG_2505.jpg

うーん、チキン以外は1000円越えなんですね。
気軽にちょくちょく、というわけにはいかなさそうですが
ハンバーグ食べたい気分だったのでハンバーグを!

昼間っから有頭海老なんてあるし
和牛とオージーの値段の差が歴然としてるな!

r_IMG_2507.jpg

カウンターに設えられた鉄板でジューッとハンバーグが焼かれています。
程よく焼けたらフタして一時蒸し焼き。

先客の分かな、と思っていたらこの後ぶ厚い牛肉がカットされて
鉄板の上に置かれました。

あれれれ?
ひょっとして注文間違い???
ヤバイ…美味しそうだけど予想外の出費……と思ったら先客の分でした。

先程から焼かれていたハンバーグが私の分でした。
ランチタイムだから決め打ちで焼いてたん?

謎だけど、美味しそうだし
待たずに焼き立て頂けるんだからいっか。

r_IMG_2511.jpg

ご飯わりとしっかり盛られてる上に
お替りもOKだそうです。

レタスの上のキャロットラペ
バルの前菜メニューのような油加減のよさで美味しい。

r_IMG_2513.jpg

ハンバーグもいいけど
マッシュポテトも鉄板で焼かれてるのが素敵です。
軽く焦げ目ついてカリッとしてる部分となめらかクリーミーな部分のコントラスト美味し。

r_IMG_2516.jpg

ハンバーグ、こちらのお店のは
ペーストになる数歩手前くらいに細かく挽かれた挽肉。

マッシュポテト同様カリッと焼かれた部分と
ねっとりとした舌触りの挽肉のコントラストがとてもいい塩梅。

こりゃ鉄板ならではの強みをうまく活かした仕上がりになってますよ。
肉肉しい粗挽きハンバーグも好きだけど
これも結構美味しいですよ。

r_IMG_2518.jpg

コーヒーはネスカフェのバリスタマシーン使用
なのでカフェモカやらエスプレッソやらラテやら、あとココアも
ランチドリンクで選択可。

ノーマルのコーヒー頂きましたがわりと美味いです。

r_IMG_2503.jpg

7月に開店したようで
まだお店があまり知られておらず空いてました。

味と材料考えれば妥当な値段ではあると思うんですが
それでも1000円越えはお昼休みに気軽に、とはいかないですね。

公式ページ
参考ページ

とはいえ前ここにあった山根子はそこそこ繁盛店でしたから
お店が知られるようになれば十分いけるんじゃないかな、と。

テーマ:鉄板焼き - ジャンル:グルメ

ディワリ・イン・ヨコハマ2015とホッチポッチミュージックフェスティバル
01r_IMG_2995.jpg

18日は山下公園のディワリ・イン・ヨコハマと
官庁街を中心に行われた音楽イベント、ホッチポッチミュージックフェスティバルに
掛け持ちで行ってきました。

先にディワリ。
11時頃到着しましたが、すでに座席はだいぶ埋まっている様子です。
取りあえず朝メシ代わりに、と物色。

02r_IMG_2983.jpg

八丁堀、人形町等々、お江戸に数店舗ある
イベント常連店のナワブ

03r_IMG_2986.jpg

元々パキスタンの鉄板焼き料理のタカタク。
本来は羊等の臓物で作るんですが
イベント向けにチキンで作ったアレンジになっています。

好きなんですよね~これ。

しっかりスパイス味のついたブツ切り鶏モモたくさん。
ネギがまたいい仕事してます。

04r_IMG_2966.jpg

ナマステインディアで食べ逃した
衆議院議員会館等の食堂にも入っているガンジス

さて衆議院御用達の味とやらは如何に?

05r_IMG_2969.jpg

ビリヤニとキーマカレーのセットを頂きました。
ちゃんとバテマティライスのビリヤニです。

味わい自体はちゃんとビリヤニですが
スパイスの効きがちょい弱いかな。

キーマカレーはよくあるインド・ネパール系の味でした。
つまり、わりとフツー。

06r_IMG_2965.jpg

マークイズに支店のあるムンバイ
こちらの支店のカレーは結構美味しかったんですが

07r_IMG_3002.jpg

タンドリーチキンとサモサのおつまみスナックセット。

チキンはちょい味薄めだなぁ。
サモサは上にかかってる甘辛のグレービーソースがなかなかオツな味でした。

08r_IMG_2998.jpg

物販をつらつらと眺めてみました。
つまるとこ…前日のインドネシアフェスで食べ過ぎたのがまだ効いてるんだな。
もうこれでお腹いっぱいになっます。

ちなみに後のお店はカビールカルカッタシディーク、といつものメンツです。

09r_IMG_3000.jpg

子供たちがステージダンスの出番を待ってる間の親子の団欒の図。
ちょっぴり日本じゃないような風景がまた面白い。

10r_IMG_3037.jpg

ボリウッドダンスに親父様方が見入っておりますですよ。

まだまだ続いてますが、そろそろホッチポッチのオープニングアクトの時間なので
急いで移動……してみたら

サミエルさんキャンセル…だと!

ガッカリ…それ初めからわかってたら午前中川崎に行ってたのになぁ。
楽しみにしていたのに残念です。

11r_IMG_3078.jpg

というわけで他のブースのライブの模様を眺めて回りました。
Plastic Monsterのお2人。

ギターとドラムのみという編成が面白い。
Aikoが好きだそうで
その影響色濃い素朴な歌がいい雰囲気。

ドラム代わりにカホン叩いてますが
ドラムセット同様のダイナミックな叩きっぷりとルックスのギャップが可愛らしいです。

12r_IMG_3084.jpg

ドイツの竪琴ライアーを奏でるみやよしたけさんと
マリ共和国出身の西アフリカ伝統楽器のコラを演奏するママドゥ・ドゥンビアさんのコラボ。

同じ音の高めな弦楽器でも
風景に溶け込む柔らかなライアーと
民族色の強いパワーを秘めたコラとは
音のコントラストがまるで違って面白いです。

13r_IMG_3094.jpg

像の鼻公園ステージは海をバックにいいロケーションですね。
ループマシンを駆使するKIKUさん。

演奏したフレーズをループマシンに録音し
更に新しい音を奏でてそれを録音、と
マイク・オールドフィールドみたいな多重録音をライブで即興でやってしまうという。

うーん…技術の進歩は凄いなぁ。

ギターを寝かせて弾くラップタッピング奏法がカッコイイね。

14r_IMG_3100.jpg

在日米陸軍音楽隊パシフィックブラスはビートルズナンバーを奏でます。
本場の軍楽隊ならではの客の湧かせ方がお見事!

15r_IMG_3116.jpg

ファミコン実機に繋いだキーボードで演奏するNES BAND

マリオやドラクエを演奏している時にインサートされる効果音のタイミング…
当時発売されたサントラCDでの使われ方をカンペキに再現してるあたりマニアック!

完全再現演奏だから、逆に一切遊びが許されないという
これはこれで面白い。

YOUTUBEやニコニコでファンが多いのかお客さん増えてきてます。
しかし客席に混じっている子供がつまらなそうにしているのが象徴的。

え?子供はファミコンとか好きじゃないの?って?
いやいやファミコンの最盛期、スーパーマリオ3ドラクエ3の発売は88年ですよ。
もう27年前。

プレイステーション3の発売さえもう9年も前なんですよ!
2じゃないですよ、3ですよ?

16r_IMG_3134.jpg

続いては寄り集まってミニ鍵盤いぢるおぢさん達…略して偽YMO。

YMOのトリビュートバンドなんですが…ざっくり言って、あんまりうまくないですね(笑)
用はトリビュートというより、ミニ鍵盤好きのサラリーマンたちの宴会芸というコンセプトみたいです。

ブルーライトヨコハマ見つめていたいスタンドバイミー上海帰りのリル
メドレーなんて演奏してくれたんですが…ノリはほとんどポンチャックディスコ

なかなか酷くて楽しかったです。

17r_IMG_3159.jpg

宴会芸だけにネクタイを頭に締めた姿が正装だそうで。
先程のNES BANDと一緒に最後はライディーンを演奏してくれました。

18r_IMG_3195.jpg

ケバいカッコのお2人はABBAのトリビュートでABBAN
まぁアレだ…70年代ってこんな感じだったよね。

年代的にはオンタイムじゃない世代ですが
マンマミーアでABBAを知ってハマったらしいです。
今回は男性メンバーの方はいらっしゃらないんですね?

19r_IMG_3210.jpg

県庁前のステージのトリを飾ったのは
米米クラブトリビュートバンドの米来クラブ(こめかむ、と読むそうです)。

ファンクの様式美の楽しさにコミックバンドのノリを加えて分かりやすくして
90年代に音楽エンターテイメントを極めた米米。

ホンモノの生のステージを見たことはありませんでしたが
ビッグバンドで堂に入ったライブはなかなか楽しかったです。

カールスモーキー石井役の人の声のトーンは
むしろリック・オケイセックに似てるような?
ということはこの人カーズのトリビュートバンドのボーカルも出来そうだな!

けど、ジェームズ小野田役の人がいませんね?

20r_IMG_3234.jpg

と思ったら数曲後から満を持しての登場という様式美再現。

米米WARでの合いの手はK2CでなくKC2なのは
バンド名がコメカムだからなのか!

メドレーが終了した後
アンコールは実は用意してなかったとのことで

それ含めて仕込みなんじゃないの?と思ったら
リクエストで演奏したシュールダンスは演奏自体はちゃんとされたものの
先程までの気持ちいいくらいにビシッと息の合った音じゃなかった。

あ、ホントだったんだ。
ファンクの音って如実に出ちゃうもんなんだなぁ。
それだけ難易度の高い演奏を踊りつつやったのって凄いコトだと思いますよ。

ともあれ最高に楽しいステージでした。

21r_IMG_3258.jpg

終わってまたディワリの会場に逆戻り。
荷物になるレトルトカレーを買い出しに!

もう辺りは暗くなってますが
夜でも盛況ですね!

22r_IMG_3259.jpg

昼からずっとライブ聴きまくってて
さすがにお腹が空いてきたところ
千歳烏山のカビールが割引中だったので

23r_IMG_3261.jpg

フィッシュカレー食べてみました。
マグロの切り身に刻んだココナッツのたっぷりのカレー。
辛さ控えめなれどコクがあって結構美味しかったですよ。

24r_IMG_3286.jpg

まだ体が火照ってるので
ナワブでココナッツラッシーを。
ラッシーにココナッツミルクを混ぜたドリンクです。

油脂分濃くなるかなぁ、と思ったら
ヨーグルトでその分は相殺されてさっぱりした味わいでした。

25r_IMG_3282.jpg

ステージでは夜の部のボリウッドダンス。
トランス系のマサラミュージックが夜の港に響き渡り
煌びやかな衣装のおねーさんたちが激しく踊り続けます。

26r_IMG_3263.jpg

ライトアップされたマリンタワーがちょっとサイバーチックですね。

そんな感じでインドの新年の祝いハッピーディワリの夜は更けていきました。

ディワリ・イン・ヨコハマ公式
ホッチポッチミュージックフェスティバル公式

どちらも多分来年も開催されるはず。
今からまた待ち遠しい日々ですね。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

浅草橋、ジョンティでお大尽、後編
21r_IMG_2465.jpg

浅草橋のアルザス料理のお店で散々飲み食いした我々
アルザス風ピザのタルトフランベを3つも頼んで平らげたのだが
それさえも前哨戦に過ぎなかったのだ!

というわけで後半戦スタートです。

22r_IMG_2444.jpg

黒板に書かれていて気になった本日のモツ料理。
食道やらガツやらの3種盛り合わせてグラタン状に仕立てたもの。

カレー味と言われましたが
そんなにカレーカレーした味ではなくて、仄かにカレー香るくらい。

で、これが如何にもモツって感じモツ料理です。
処理はちゃんとしているものの、田舎臭いというか
モツ自体の野暮ったさを隠そうともしないストレートな味わい。

野趣溢れる感じがイイ。

23r_IMG_2445.jpg

塩豚とレンズ豆。
シンプルに塩メインあっさり仕立てた豚。
アイスバインのようなドカッとした鎮座っぷり。

名前のわりに実は小さいレンズ豆もシンプルな味で
これもずっと昔から食べられてきたんだろうなぁ、というさっぱりした料理。

24r_IMG_2447.jpg

肉料理攻勢に合わせてルージュ。
たまのチャンスだから、と今回は値段を気にせず選択。
アルザス料理のお店だけに、アルザスワインが数揃ってるお店なんて他所にありませんからね。

ちょっとクセも匂いも強めでしたが
栓を開けてから暫く経つと味が変化していく独特の味わいでした。

高いもんには高いだけの理由があるんですね。

25r_IMG_2451.jpg

シュークルートはキャベツ増量で頼みました。
豚にベーコンにソーセージにジャガイモに酢漬けのキャベツ山盛り。

ザワークラウトのフランス読みがシュークルートになりますが
アルザス料理の場合はこれに肉か魚を乗せて蒸し焼きにした料理になります。

これをマスタードつけて頂くとたまらんですな。
発酵したキャベツの酸味に蒸された肉肉肉。
更にジャガイモ。
最強の組み合わせ!

フランスだけどドイツとスイツに隣接する土地ならではの
質実剛健っぷりに溢れた料理です。

26r_IMG_2453.jpg

そして最後は鹿の煮込み。
メインにジビエが来ました。
しかし今回煮込みに煮込みが被ってしまった状態ですね。

野山を駆け回った骨付き肉が1本ごろん。

引き締まっているけど、十分に煮込まれてグズっといく一歩手前。
シカだけどブルゴーニュ風シチューのよう。

そして肉の色が濃いですよね。
みっちり詰まった肉を頬張ります。

肉に脂少なめでちょい寂しいところですが
ソースとたんまりのマッシュポテトがそれを補ってくれます。

いい意味でも悪い意味でもジビエらしいなぁ。

実は外側より骨まわりに脂ののった部分があるので
その辺が特に美味しいかなーと思います。

今回実はローストが切れてたんで煮込みになりました。
チャンスがあったら焼いたのを食べたいところです。

27r_IMG_2456.jpg

長時間にわたって宴席を楽しんでいたので
開店してから次々やって来て盛況になった2階もすっかり人がいなくなりました。

しかしまだだ!まだ終わらんよ!

28r_IMG_2458.jpg

まだまだデザートが待っている!
「デザートを上から…」
「6つですね」
「いえ、8つ全部で」
一瞬怯みつつも顔に出さない店員さんプロだ。

パン・デピスはハチミツとスパイスの効いたパウンドケーキ。
シナモンの香りが強くみっちりつまったパウンド。

29r_IMG_2459.jpg

クグロフは伝統的なドライフルーツ入りのパンケーキ。
バナナアイスが添えられています。

30r_IMG_2460.jpg

本日のタルトは柿。
さすがにアルザスに柿はないと思うので
これはこちらのオリジナル。

だってそもそも英語に柿に相当する語句がなくて
18世紀に初めてヨーロッパに輸出された時もKAKIって名前だったし。

しかしタルトにしても美味しいです。
甘みの具合がタルト生地に意外とあってますよ。

何気にこれが一番早くなくなりました。

31r_IMG_2461.jpg

えーっと、これはなんだっけかな。
ファーブルトンだっけ?

杏の上にケーキと餅菓子の中間のような
なめらかなもっちりケーキが乗せられています。

個人的にはこれがお気に入り。

32r_IMG_2462.jpg

タイファイターのようにアイスをココアスポンジで挟んだのはフォレノワール。
日本だとキルシュと呼んだ方が分かりやすいかも?

さくらんぼの洋酒漬けとココアケーキ。
そこにアイスがくるのがこちらのお店流かな。

様々な味わいが一体になってこれまた美味しい。

33r_IMG_2463.jpg

本体カンペキにパリッパリのクリームブリュレもアイスのせ。

34r_IMG_2466.jpg

ブラス・オ・マールは一見ババロア風ですが
蒸留酒をたっぷり使ったレアチーズケーキ風のスイーツです。
これは、知らないで食べたらブッと吹き出しかねない味です。

いえ、マズイんじゃなくてですね
アルコール効き過ぎなんですよ。

いやむしろ食べるお酒といってもいいレベル。

大きめに切って口に入れるよりは
沖縄の豆腐ようのようにちっちゃくちびちび頂く方がいいんじゃないかと。

強いけどクセになりそうな味です。
しかしこんなのクセになったらアル中まっしぐらだわ。

35r_IMG_2467.jpg

自家製焼プリンは崩れた状態がデフォルト。
滑らかな舌触りのプリンにちょっとオトナな味わいのカラメルが美味し。

36r_IMG_2468.jpg

そんなわけでテーブルの上はこんな状態になっておりました。
まさに八卦衆勢揃い状態。

天のブラス・オ・マール、地のフォレ・ノワールとか
そんなノリ(どんなノリだ!)

しかし食い意地張った我ら6人の前では
瞬殺に等しいスピードで平らげられていくのでありました。

公式ページ
参考ページ

結局入店してから4時間ほど…。

クオリティに見合っただけのお値段しますので
大人数でガツガツ食うような客ってほぼ来ないタイプのお店だと思うんですが

ヨーロッパ人もかくやというくらい時間かけて飲むわ食うわ
さすがにお店の人も呆れかえったんじゃないかと思いますが
我々の我がままにしっかりお付き合いしてくれました。

こんな贅沢年に何回も出来ないレベルでしたが
たまには悔いを残さぬよう行きつくところまで行ってみるのもまたよし!

蹂躙するかのような宴会の〆と共に
ようやく浅草橋の夜は更けていきましたとさ!

テーマ:フランス料理 - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】帰ってきたウルトラマンの世界 新宿髙島屋
01r_IMG_2880.jpg

先週立川の髙島屋にて帰ってきたウルトラマン展見てきたばかりですが
その後新宿でも開催されることを知り
代々木のインドネシアフェスのついでにまたもや行って来ました。

おんなじもの2度も行ってもしょうがないんじゃない?
と思われるかもしれませんが…ひょっとしたら何か違うところがあるんじゃなかろーか
という目論見もあったりして。

まぁ、新マン好きなんですよ。
だからいいのだ!

02r_IMG_2759.jpg

立川ではウルトラブレストレットを構えてましたね。
だから今回ちょっと違う。

だからどうした!とか言われそうですが。

03r_IMG_2681.jpg

おっおっ、パペット、ツインテールがいなくなって
代わりにグドンがいるじゃないですか!

ツインテール…食べられちゃったか…。

04r_IMG_2649.jpg

そしてササヒラーの隣にヤメタランスがおる!
ウルトラマンでさえ「やーめた!」と怠けさせてしまう超強敵です。

何気に造形がアトラク用のものより出来がいい。

05r_IMG_2662.jpg

前回も展示されてましたが載せなかったのでこちらに
MATの隊員服とシーゴラスの角を折ったレーザーガンSP-70。
あとクプクプの焼却処分にも使用されてますね。

強力なのに勿体無い。

06r_IMG_2673.jpg

あっ!
ムルチに逆襲されとる!

立川では新マンが馬乗りになってトドメさそうとしてたんですけどね。

07r_IMG_2740.jpg

こちらも前回も展示されてましたが写してなかったので…
カラータイマーとウルトラブレスレット。

08r_IMG_2744.jpg

おおおおおおお
予想した通り!私は賭けに勝ちました!!!
立川と怪獣違うじゃん!!

サドラとヤメタランスとグドンだったんですが
ツインテールとムルチとアーストロンです!!

このツインテールくんは三度目の邂逅だなぁ。
やぁ、久しぶり。

09r_IMG_2698.jpg

ムルチはアトラクション用のもので
ゾアムルチじゃありません。

しかしかなり足短いなぁ。
実はペンギンみたく足の骨M字に折りたたんでるんじゃないの?

10r_IMG_2705.jpg

ウルトラマンメビウスの時に復活し
ウルトラマンサーガ登場時に改造されたぬいぐるみです。

ゴジラ型のスタンダードなスタイルに
ヤクザみたいなコワモテ顔。

子供の頃ソフビ持ってたのでちょっと思い入れあるんですよね。

11r_IMG_2731.jpg

MATの機体は今回スタンドに乗せて飾られているので
そう、下から撮る事が出来るんですよ!

12r_IMG_2724.jpg

ちょっと反射して見にくいけど
でもこういう展示の仕方されてるのって実は結構珍しいので
この機会に撮っておきたい!

13r_IMG_2721.jpg

ワンダバダ♪ワンダバダ♪ワンダバダダン♪
曲にローターの音も聴こえてきそう。

14r_IMG_2794.jpg

キングザウルス3世は前のまんまかな。

15r_IMG_2874.jpg

あっ!上をよく見るとウルトラマンとセブンが!
これも立川では飾ってありませんでしたよ!!

2人とも新マンの元に飛んでいます。

16r_IMG_2797.jpg

ということは、これ全然ピンチじゃないじゃん!!
3対2なら負けることはないよね!
坂田兄妹もきっと2人が生き返らせてくれる。

哀愁のない帰ってきたウルトラマン。
そもそも前後編にならなくなるね。
うーむ。

17r_IMG_2916.jpg

もう一部しか残ってない、当時モノの新マンのスーツ。
演じたきくち英一氏のサインが入ってます。

18r_IMG_2821.jpg

新宿という立地ゆえか
立川よりお客さん多い気がします。

19r_IMG_2926.jpg

関係ないけど
トイレ行こうとしたらこんな看板が!

食べる方だけでなく
祈る方もハラル対応なのか髙島屋!すげー。

メッカの方向がすぐわかるようになってるんでしょうね。

20r_IMG_2928.jpg

1階にはMATビハイクルが飾ってあります。
立川では前から写したので後ろから。

立川と新宿、両方とも行ってよかった。
ありがとう円谷、ありがとう髙島屋、ありがとうウルトラマン。

開催期間15~20日という短い間なので
チャンスは僅かですが、ご興味のある方は是非!

公式ページ

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ

第6回 日本ーインドネシア 市民友好 フェスティバル
01r_IMG_2627.jpg

今週末は行きたいイベントが5つ被ってしまいました。
しかし行くことが出来る数は限られています。

朝、雨が上がった時点で、久々に代々木開催されるインドネシアフェスに行って
その後、新宿で帰ってきたウルトラマン展見てこよう、ということにして渋谷に出かけました。

インドネシアフェス…4年ほど前に代々木で開催されて楽しんだのですが
開催団体が解散し、2年前にその一部がミッドタウンで次を開催したものの
…かなりしょっぱい規模でガッカリ。

昨年は代々木に帰ってこようとしたものの…例のデング熱で中止。
今年ようやくの再開、というわけなのです。

とはいえ、降水確率70%で朝方降ったし……

結局その後降らなかったんですが、根性決めて訪れた人くらいしかいないわけで
……お客さん少ないなぁ。

02r_IMG_2570.jpg

とはいえ、インドネシア料理店だけでも10件ほど来てましたので
食べる方には全然問題なく、来た甲斐があったイベントでしたよ。

取り合えず、目黒のチャベへ。

03r_IMG_2573.jpg

サテカンビン。
インドネシア独特のピーナッツソースのかかった羊肉です。

サテアヤム同様に焼き鳥サイズですが
1本からでもサテソースをだぶだぶにかけてくれるのが嬉しい。

コクのある甘辛ソースがめちゃ美味しい。
このソースだけでご飯食べれそう。

04r_IMG_2563.jpg

浜松のANI & IVAN、スマトラ料理ってことみたいですね。

アヤムブラドという料理を注文。
インドネシアのブラドソースというピリ辛ソースで和えた鶏肉乗せご飯。
前にスラバヤで食べたけど美味しかったんだよね。

05r_IMG_2575.jpg

ご飯に対してソースの量ケチるなぁ、と盛ってるのを見て思ったんだけど
……これが辛いっっっっ!!!!

辛すぎてしゃっくりがとまらん!
これ、料理に添えて出されるサンバルソースそのまんまじゃないか?!
ちょいとつけるだけでいいモノをどぼっと入れたら、そら辛いわ!!

しばらくの間喉から胃にかけてホットロードが開通してしまいました。
うわぁ、胃の何処にソースがたまってるかわかるぞ?

06r_IMG_2577.jpg

ワルンスレラというブースは
インドネシア食品の輸入とビル賃貸やってる企業みたいです。

前の人が頼んでいたルンダン、ライス付の山盛りっぷりに引かれて頼みました。
先程の辛さを癒すために紙パック入りのグアバジュースをぐびっと飲んだ後頂きました。

07r_IMG_2581.jpg

牛肉結構たっぷり。
ちょい煮込み具合かためだったけどね。
ソースもコクあり、ほどほどの辛さもいい塩梅。

添えられた赤いのはサンバルでなく干しエビ使った調味料だとのこと。
醗酵調味料交じりのちょい辛味になってうまうま。

08r_IMG_2590.jpg

武蔵小山のラメラメ
ちょっとヘンな店名ですね。

左側の日本語表記のない煮込みものっぽいメニューに目がいきました。
Coto Makassar……コト・マカッサール…でいいのかな?

09r_IMG_2600.jpg

見本写真の色の濃いドロドロと違って現物はあっさりスープ。
その中にサイコロカットの牛肉とモツが大量に入ってます。
モツ入りスープでしたか!

しかしこれが味付けがあっさり系なのに
上に油が浮きまくった料理。

…先程のアヤムブラド残しておいて
これに入れることが出来ればバランスよかったろうに……今更言っても詮無いけど。

10r_IMG_2592.jpg

ナシゴレンとかミーゴレンなんかの
比較的知名度の高いインドネシア料理も気にはなるんだけどね。

一人が食べられる量はたかが知れてるから
已む無くスルー。

11r_IMG_2602.jpg

六本木ヒルズにあるグリーンアジア
インドネシア、タイ、ベトナムなんでもござれのお店みたい。

ホントは料理全部乗せのナシチャンプルーとか食べたかったけど
そろそろハラがくちくなったのでエビトーストを。

12r_IMG_2605.jpg

タイや香港で食べられていたエビのすり身のせではなく
先程ルンダンについてきたエビ入りサンバルっぽいものをかけたトーストです。

バゲットにスライスココナッツとバターを乗せて焼き
そこにそのソースをかけたみたい。

ココナッツのシャキシャキ感がなかなか美味しいけど
もう散々いろいろ食った身にとってはバターがちょいもたれるな。

13r_IMG_2615.jpg

前のインドネシアフェスにも来てたなこのお店
町田の南風

前はイカンダブダブって聞いたことのない魚料理を頂きましたが
今度はイカンリチャリチャを…
名前だけ見てもなんだかさっぱりですよ。

14r_IMG_2619.jpg

白身魚のから揚げに、刻み野菜のあっさりソースをかけたのがダブダブで
辛いトマトソースをかけたのがリチャリチャみたい。

トマトとたまねぎベースだけど
スパイスの入ったオイルの味がかなり独特なんですね。
どう形容していいかすごく困るんだけど、クセになりそうな面白い味です。

15r_IMG_2612.jpg

思ったほど食べられなかったけど……
やっぱりアヤムブラド…あれが効いたな…。

あれで胃のタスクがかなり使用中になって
もう受け付けにくくなっちゃった。

それと、結構油っこい料理が多いかったし。

持ち帰りも考えたんですが
出来立てアツアツ過ぎて、油でタッパー溶けそうだったものなぁ。

作り置きじゃないのが多いのは嬉しいんですが
そういう難点もあったか。

明日日曜も開催されております。
天気が気になるところだけど…。

公式ページ

もう一日行って別の料理食べたい気持ちもあるけど
明日は明日で行きたいイベントはあるんですよね。

いいじゃんかわさき気になるけど
関内周辺で行われるホッチポッチミュージックフェスティバルサミエルさん来るんだよなぁ。

先日代々木で演奏聴いてからちょっと虜になってます。
さらにファミコンチップチューンのバンドとか、ニコニコに動画上げてたYMOトリビュートバンドとか
ほかにもABBAトリビュートバンドとか、米米クラブトリビュートバンドとか、ちょっぴり気になるのがちらほら。

これとディワリかけもちで行くのがいいかなぁ、と。
全部見てたらさすがに疲れそうだけど。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

浅草橋、ジョンティにてお大尽、前編
01r_IMG_2440.jpg

師兄、大師兄の大のお気に入りのアルザス料理のお店ジョンティ。
前にこちらで一席設けられた時は私は所用があって参加することは叶いませんでした。
その時のこと折につけ話に上がるもんだから羨ましくて仕方がなかったですよ。

1年ぶりくらいに師兄と大師兄の休暇が重なる日が来たので
ようやく伺うことが出来たという次第ですよ。

02r_IMG_2381.jpg

ちょい時間早めについたので隅田川をパチリ。
ちょっとミニチュアチックな写り方です。

浅草橋というから浅草の近くかと思ったらちょっと距離あるんですね。
むしろ総武線だと秋葉原の隣りの駅。

03r_IMG_2403.jpg

お店の中は華やかではありませんが
ドイツに近いフランスらしい田舎レストランっぽさが味です。

6人という大所帯になったので2階へ。
メニューはフランス料理が黒板にたっぷり。

しかし気になったセップ茸というのはもう売り切れだそうで残念。

04r_IMG_2405.jpg

そしてこちらがアルザス料理かな。
微妙に正体不明ながらも美味しそうな料理類に目移りします。

そんなわけでメニュー決めに30分くらい費やしてた気がする。

05r_IMG_2406.jpg

アルザスのスパークリング、クレマンダルザスで乾杯。

グラスの上が窄まっているにしても
溢れるギリギリまで泡がのぼって
でもこぼれない注ぎ方はナイス。

白銀と黄金の中間くらいの美しい色合い。
爽やかな香りと口当たりの良さ。
これは飲み過ぎてしまいそう。

06r_IMG_2410.jpg

発酵キュウリって何ぞや?と頼んだ一品。
ピクルスと糠漬けの中間みたい。

嗅ぐとちょっと臭み強し。
場合によってはクセになるかもしれないなぁ。

07r_IMG_2411.jpg

根セロリのサラダ。
セロリというよりもキャベツとホワイトアスパラの中間のような
さっぱりとしてクリーミーさもあります。

でもほのかにセロリの独特のクセも感じるんですよね。
珍味ですなぁ。

08r_IMG_2413.jpg

サラダシュークルト。
キャベツのサラダに薄く切ったチーズを加えただけなんですが

この組み合わせが2倍どころか
4倍8倍といい相乗効果出しててめっちゃウマい!

09r_IMG_2417.jpg

玉ネギの丸ごとロースト。
丸ごとなんでちょっぴり固い皮を切るといい香りが…。

そしてこれが……ほんとにあまい!
生であれだけ辛い玉ネギが、何で焼くとこんなにあまくなるんだろう?

信じられないくらいの豹変ぶりに改めて感動しつつ頂きました。

10r_IMG_2423.jpg

豚の色々な部位のゼリー寄せと
ブーダンノワールのテリーヌとバナナジャム。

欧州人の知恵ゼリー寄せ。
往々にしてマズいものの代名詞として扱われがちな料理ですが
こちらのはウマい。

添えられたマイルドなマスタードつけるとこれがまた美味さ倍増。

血入りのソーセージ、ブーダンノワールも
テリーヌにしちゃうと一見ガトーショコラに見えてしまいます。

レバーのようなクセがありつつも
これまたクセになりそうな味。

バナナジャム添えってどうなの?と思ったけど
これが合うからまた摩訶不思議。

11r_IMG_2426.jpg

オニオンタルト。
タルト生地の中はほとんどオニオンなんだけど
とろけたクリーミーな味わいがパイ生地にめちゃめちゃ合うんですよ。

1コだけなの失敗だったな。
6人だとあっとゆーま。

12r_IMG_2428.jpg

青魚とジャガ芋…どんな料理かなと思ったらサンマです。
オイルサーディンのさんま版という感じで
熟成されたかのような美味さ。

じゃがいもにはチーズが乗っていて
ニンジンとタマネギはピクルス。

そこにピンクペッパーの粒がピリリとアクセントを加えて
北欧料理のような…でもさんまだから日本なのか…
いずれにしてもこちらも新たなお気に入りになりそうなお味。

13r_IMG_2434.jpg

チュスラン・リースリング

そーいえばこの前にゲヴュルツトラミネールも頂いてたんですが
撮るの忘れてましたわ。

14r_IMG_2435.jpg

カンペキ黄金色で美しいですね。

15r_IMG_2437.jpg

そして冒頭の写真にあったように
タルトフランベ3連チャン。

アルザス独自のピザのような料理です。
パリパリの四角いクリスピー生地に
クリームチーズのような酸味のあるチーズが乗ってめちゃめちゃ美味い。

これはキノコのダルトフランベ。

16r_IMG_2438.jpg

自家製ベーコンとオニオンが乗るのがトラディショナルタイプ。
もちろんチーズも。

ベーコンとたまねぎっていうとジャーマンポテトが思い起こされますが
やはり長年愛された鉄板な美味しさですよ。

17r_IMG_2439.jpg

更にマン・オブ・スティール……もといマンスティール。
修道院の意味のモナステールが語源のアルザスの伝統的なチーズ。
これはクミンが散りばめられていますよ。

わーいクミン大好き!
独特のピリリとした風味はチーズにも合うんですね。

軽くていくらでも食べられそうな気がする美味しさです。

18r_IMG_2471.jpg

とまぁ、こんな感じで大いに食べ、大いに飲み
宴の夜は更けて…………………………いきません!

タイトルに前編、と書いてあった通り
これでまだ半分なんですよ実は。

〆炭と思われたタルトフランベのジェットストリームアタックの後で
一体何食べるんだよ!

と、みなさんの呆れ顔が想像出来つつも
後半へ続く。

公式ページ
参考ページ

……いやさ、普段の宴会の倍以上の予算だったし
1回で終わらせたらネタ的に勿体ないしさ…。

というわけでまだ後日続きを上げます。

テーマ:フランス料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、杜記 海鮮火鍋菜館の自家製ベーコンとブロッコリ炒め
r_IMG_2531.jpg

お昼時一番頻繁に使用していたお店は杜記でした。
多い時は週に3回くらい食べに行ってたかな?

それを10年近く続けてりゃ
さすがにほとんどのランチメニューは制覇してるってもんです。

そしてフロアの店員の代替わりも続き
とうとう馴染みの店員さん一人もいなくなっちゃいました。

そんなわけでちょい足が遠のきがちだったんですが
久々にメニュー見たら自家製ベーコンとブロッコリ炒めなんてのがある!

こちらで見かけたのは初めてです。
そりゃ気になる、食べてみねばなるまいて!

r_IMG_2532.jpg

中国語だと腊肉炒西蘭花。

腊肉は豚バラの干し肉のこと。
西蘭花はブロッコリーです。

日本だと中華にブロッコリー?と不思議に思われるかもしれませんが
新しいものを取り入れることに躊躇のない中国のこと
ブロッコリーも柔軟に受け入れて食べてます。

r_IMG_2538.jpg

本来ベーコンというとしょっぱい塩漬け燻製になりますが
中国の場合は叉焼や腸詰同様、甘い味つけのものもあります。

叉焼炒飯や腸詰入りの炒めものが美味しいのと同様
こちらの甘く味つけられたベーコンを使った料理も当然美味しいと推察されるわけですよ。

r_IMG_2537.jpg

これが予想通り、う・ま・い!!

香辛料の風味に水飴の甘さが熟成された豚の脂に混じりあって
それがニンニク炒めの油と共にブロッコリーに絡んで
たまらん美味しさですよ。

噛みしめる毎に旨味甘みが口の中に広がるベーコン
ブロッコリーは散形花序だからこの旨味をしっかりとらえてくれるので
ことさらにウマくなるんですよね。

いやー、いいモン食べさせて頂きました。

皿にちょびっと残ったニンニクのかけらまじりの油にも
しっかりいい味乗ってます。

スープに投入して残さず味わっちゃいました。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

聞き慣れない耳慣れない食べ慣れない、と
敬遠される方もいらっしゃるかもしれませんが
この美味しさは、一度味わってもらいたいなぁ。

一発限りの気の迷いで終わらせるには実に惜しい。
評判良ければローテーション入りしてくれるかもしれないものね。

そんな料理に挑戦してくれるようなシェフがいるということも心強い。
目新しいものを出そうと企てる遊び心のある料理人のお店の方が絶対いいお店だもの。

というわけで、ランチメニューが変わってしまう定休月曜の前に
一風変わった理に挑戦してみませんか?

ランチとは言いますが、終日注文可ですので是非。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

横浜橋、アバンティの鶏肉のマスタードソテー
r_IMG_2488.jpg

しばらく前、横浜橋に新しい喫茶店が出来てました。
喫茶店なのにランチメニューにうどんがあるのが不思議なお店。

後日行ってみたら何処にも見つけられず
しかし別のお店が見つかりました。

な…横浜橋で…カフェ&バル…だと?
寡占市場なのは確かですが、それはやっても商売になるか怪しい
という判断によるものでしょう。

そこへあえて切り込んだのは何故…と
答えを得るためにランチに訪れる前に
もう横浜泥酔で答えが出ちゃいました。

moudaさんかい?早い、早いよ、とカイでなくても思いますわ。
いや慌てても全く負けじゃないんですけどね。

r_IMG_2475.jpg

グランドゥーカの系列店…だと?
元町のシチリア料理店
阪東橋近辺に支店を出したのにも驚きましたが
こんな下町商店街にワインバルとか…正気の沙汰とは思えません。

r_IMG_2477.jpg

メニュー見るとどれも食べたくなるようなラインナップです。

r_IMG_2483.jpg

場所柄グランドゥーカより安くしてあります。
いいな!
しかしここは横浜橋の真っ只中ですよ?

ちなみにこの日のランチメニューは
洋風キノコクリームぞうすい
カルボナーラ
鶏肉のマスタードソテー
そして持ち帰り用の豚肉のソテー丼。

r_IMG_2487.jpg

鶏肉を頼んだのですが…
なん…だと…?

今日何回目のブリーチごっこだよ俺。

バル料理サイズになっちゃいますが
セコンド・ピアット風のしっかりした盛り付け方で出て来ちゃったよ。

好奇心だけで入ってきたおじいさんとか気後れしちゃわんかな?

r_IMG_2493.jpg

グランドーゥカ同様な外のさっくりと中のふっかり具合のいい軽いパニーニ。

オリーブオイルちょい垂らしてあるので
紙ナプキンは開けておこう。

r_IMG_2497.jpg

マスタードたっぷりのソースに泳ぐシシトウ
ちょい量は少ないけど、とっても柔らかな鶏モモ肉。

ソースがね
ソースが美味いんだ。

マスタードの角が取れて香りと風味だけ十二分に活かしたような味。

r_IMG_2496.jpg

まぁ角が取れたとはいっても元がマスタードなんで辛くはあるんだけど
そのソースと鶏肉が合って美味い。

これはもうパン使ってソース残さず頂かずにはおれない!

惜しむらくはから揚げに使うのに向いたやわらか過ぎる肉より
もーちょい身の引き締まった仕上がりの方が一層美味しいかも…ね。

r_IMG_2499.jpg

ドリンクも付くのでコーヒーを。
やや苦味が強いけど、その分美味しい。
量も割と多いですよ。

但しコーヒーフレッシュとの相性あんましよくないので
使わない方が吉。

r_IMG_2500.jpg

ドトールやタリーズよろしくドリンク類のテイクも出来るようです。
てか…ランチからディナーの間もティータイム営業あるんで
一日通し営業なんですね。

ランチ、喫茶、テイク、バル、と
なんともコンビニエンスな営業です。

r_IMG_2473.jpg

恵比寿か広尾近辺の裏道なら繁盛店になりそうな味で
お値段もリーズナブルですが

何分ここ横浜橋ですからね。
そこが強みになるか弱みになるかは、今後次第です。

味に対しての値段と立地のバランスを客がどう捉えるかで
繁盛するかしないかの分かれ目、かな?

私的には伊勢佐木町のグランドゥーカの代わりにこっち利用しようと思ってます。

向こうも場所は場所なんだけど
微妙にハイソ層向けにお店が固まった感があるからね。
こっちのが気楽でいいや。

距離的にはグランドゥーカの方がずっと近いんだけど。

公式フェイスブック
参考ページ

とりあえず今のところは
遠巻きにして奇異の目でお店を見つめるおっちゃん、オバチャンって感じの様子です。

それはそれとして、ランチにうどん扱ってた喫茶店……
ここと同じく店内が外より一段高い店だった記憶があるんだけど……
あれは…夢だったのかなぁ?

テーマ:イタリアンバール - ジャンル:グルメ

吉野町、アワーグラスのサービスランチ
r_IMG_1028.jpg

吉野町のちょい悪オヤジのロックバー、アワーグラス
こちらの限定のランチが結構いい感じなんですよ。

リーズナブルでわりかし美味くて、つい通いたくなる魔力を持ってます。

r_IMG_1027.jpg

月曜がこころもち健康志向
火曜と金曜は胃袋にガッツリなご飯、って内容みたいです。

この書きなぐりの文字が結構いいよね。
味があって。

r_IMG_1029.jpg

油汚れたっぷりのCDジャケットで狭くなってるカウンターでご飯。
本来は酒の入ったグラスが置ければいいだけのスペースだったんでしょうが
よもやこんなしっかりしたお昼が頂けるお店になるなんてね。

クラプトンやヴァンヘイレンのジャケットに皿がくっついちゃうスペース。

r_IMG_1033.jpg

やわらかい鶏モモにサクサクの衣のついたチキンカツは
ちょっとした定食屋よりもイイ仕上がりしてますよ。

オリジナルブレンドのソースと相まってうまいうまい。

ひじきの煮物も肉厚なヤツがたっぷり。

r_IMG_1031.jpg

そしてまさかの真鯛のカブト煮。
ここは和食屋さんではありませんのよ、ロックバーですのよ。
こちらの出来具合もなまじっかな和定食のお店より…以下略

元々マスター、和食系居酒屋を経営してたそうですので
納得の出来栄えです。

おかしらだけに身の部分は少ないけど
舌の上でとろけるような味わいで美味しいですね。

解体して頬のあたりの肉を頂くのもまた楽しい。

r_IMG_1035.jpg

そして食後はアイスコーヒーと甘納豆。
アイスコーヒーはウィスキーグラスにでっかいロックアイス入り。
甘納豆を摘みつつコーヒーをぐびり。

酒飲めなくても、酒飲みとほぼ変わらないような楽しみ方が出来るというあたり
これは儲けモンなんじゃないかと。

公式ブログ

客層はスーツのリーマンにOLにおば様方
皿には自分のお店を閉めた後のバーの亭主っぽい方々、とバラエティに富んでいます。
酔いどれオヤジが実際昼から迎え酒してるケースもあります。

フトコロの深さがこのお店のいいところですね。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

逗子、スパイスツリーのマトンひき肉とネパール山椒のカレーと、えぼ鯛と香菜のカレー
r_IMG_1123.jpg

昨年カレー系コミュニティで話題になっていたお店
他のお店よりずっと気になっていたんです。
何せ逗子って子供の頃過ごした場所だから。

観光地として強い鎌倉と葉山に挟まれて
お店等に関して今ひとつ中途半端な土地柄。

そこに日本人による良質の南インド系料理のお店が出来たっていうのだもの
行ってみたかったけど営業日は木~日の昼のみ。

一度日曜に向かったものの行列が出来ていて断念。

平日の用事のついでにようやく入ることが出来ました。
日にもよるんでしょうが、平日は20分前くらいから行列でき始めるみたいです。

行列中に注文を済ませ
開店時の第一巡に入ることが出来ました。

r_IMG_1109.jpg

板や建材剥き出しにインドの装飾品の飾られた
DIY的な店内は結構いい雰囲気。
インドの海の近い場所の大衆食堂的です。

メニューにはありませんが
先に並んでいたお客さんが2種盛りなんて頼み方をしているのを見て
それに習いました。

(但しお値段は一皿と同額ではなく1.5倍額になりますのでご注意の程を)

マトンひき肉とネパール山椒のカレーととえぼ鯛と香菜のカレー。

トッピングも100円で出来るのでナスのマスタードピクルスと
空芯菜と青梗菜のマスタードオイルいためを

r_IMG_1110.jpg

実は元からレギュラーのトッピングもあります。
ダイコンのサラダ風の和え物
すり潰したじゃがいものサブジ
それとニンジンのサブジ。

どれもさっぱりめの仕上がりですが
追加した空芯菜と青梗菜はマスタードオイルの油と辛さがくっきり
ナスのマスタードピクルスもアチャール風の酸味の強く出た個性的な味わい。

パスマティライスの上にこれだけ載っているだけで
十分にミールズの体をなしています。

これはいいなぁ。
混ぜて味を作り出すのが楽しそうだ。

r_IMG_1111.jpg

味噌汁的なダルカレーは
かぼちゃのポタージュに似たクリーミーな味。
豆の風味活かしたままここまでポタージュに寄せること出来るんですね。

マトンひき肉とネパール山椒のカレーはキーマと言うよりはしっかり汁気飛ばしたドライカレー
羊の旨みが活きたところにネパール山椒…そうそう、これこれこの味。

本格的なネパール料理のお店で出るゴルベラアチャールの刺激そのままの味。
日本の山椒はもちろん、中国の花椒とも違う独特の辛さ。

どう表現していいのか口で説明するのが難しいところなんですけど
チリチリしつつももっと爽やかかつ旨みがあるというか…。

ハマると病みつきになる味なんですよね。

r_IMG_1119.jpg

えぼ鯛と香菜のカレーはミールズ用の皿には乗らないので別皿で。
海の町逗子ならではの地モノの魚を使ったカレーです。

えぼ鯛なんて小料理屋以外では外食で扱われることなんぞなさそうな魚ですが
カレーに使うなんて選択肢があったか!

トマトベースですが、酸味を前面に出した仕上がり。
一時期野菜カレーで流行ったタイプですが
酸味強めつつスパイスの刺激も緩めず
しかし魚の味とバランス取れてるんだから不思議なもんです。

美味しいなぁ。

r_IMG_1125.jpg

美味しかったけど味覚からあちこち強烈に活性化させたので
クールダウンにインドのアイス、クルフィ頼みました。

日本人シェフならではの
スキムミルクではなく生乳ベースでシャッキリシャーベット状に作ったクルフィ。

さっぱりしていてインドのクルフィよりずっと涼がとれます。
でも刻んだピテタチオもたっぷり。

牛乳の味わいも白一あたりの牛乳アイスに負けてません。

r_IMG_1128.jpg

スパイスの個性を前に出した味つけで
どれも味にメリハリついていて、食べて気持ちいいカレーばかりでした。

これは人気出るのもわかりますわ。
というかこれで行列できなかったら逆におかしい、というレベル。

すっかりお腹いっぱい
幸せ気分でお店をあとにしました。

公式ページ
参考ページ

オーナーが自分の手で行き届く規模で最良の味を求めた結果
営業時間短くキャパも小さいお店になったんでしょうね。
だから一巡から外れると結構待つことになるのは已む無しか。

しかしこういう研究熱心な日本人シェフこだわりのインドカレーのお店って
横浜中央部にはないんですよね~。
あっても良さそうなのに。

東京にはエリックサウスを筆頭として数々
更にはスパイスバーなんてジャンルもあるというのに

その辺の流れ…やって来てくれないかなぁ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

関内(弁天通)、川香苑のあさり、海老と卵炒め
r_IMG_0863.jpg

新宿の四川の名店の横浜支店な川香苑
夜宴会に、ランチに、とちょくちょく寄らせてもらってます。

ランチの選択肢が18種、うち日替わり枠3つ、とあって毎回悩むんですが
前と違うおねーさんがまたもや注文取りタイミング早し。

せっかちなのはお店のカラーか!

r_IMG_0862.jpg

先にセロリの冷菜とザーサイ。
このお店セロリ結構美味いんですよね。

子供の頃はキライだったのに
こんなに嬉しくパクパク食べられるようになるなんて
全く想像し得ませんでしたよ。

r_IMG_0864.jpg

頼んだのはあさり、海老と卵炒め。
中国語だと蛤蜊海老炒蛋。
ハマグリとアサリの字が混じってますね。

スープも溶き卵なので卵と卵が被ってしまった。
まぁ美味しいからよし。

杏仁豆腐も結構美味しいんですよね。

r_IMG_0866.jpg

しかし皿デカい!
量も多い!

この皿…鯛一匹まるまる調理する時に乗せるヤツじゃないですか?
そこにしっかり乗ってるということは…魚一匹分近い卵を頂くことになるわけですよ。
いくつ使ってるんだろう?

r_IMG_0868.jpg

海老はぷりぷりだし
アサリも結構肉厚で同じくぷりぷり。
アサリというよりハマグリ級。

軽い塩味でふんわり仕上げた卵焼き
野菜はさやえんどう。

添えられた甘辛のソースで味変えつつ頂くと最後まで飽きが来ません。

とはいえ、結構ハラいっぱいにはなりましたよ。

シンプルな料理だけど美味しかった。

参考ページ

しかしこちらの日替わり枠って今のところ四川らしい辛い料理は見たことないですね。
レギュラーが四川だからそちらをプレビュー代わりに
四川の一品モノは夜食べて下さい、ということなのかな?

いずれまたこちらで宴会したいと思います。
まだまだ食べたい料理沢山あるからね。

そうそう、今になって開店記念だかでランチ700円均一とかのキャンペーンやってるみたいですよ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

ワールドフェスタヨコハマ、よこはま国際フェスタ、護衛艦いずも一般公開
01r_IMG_1840.jpg

食欲の秋です。
ようやく涼しくなって胃袋の調子も良くなってきたところに
フードイベント攻勢の時期ですよ、ということで
毎年のお楽しみワールドフェスタヨコハマ、今年も行って来ました。

体育の日直前の週末、山下公園は世界の食の祭典となるのです。

02r_IMG_1747.jpg

取りあえず新店、新メニューがないか見回して
ケータリングカーのレイズキッチンのジャンボ春巻きというのが目に入りました。

03r_IMG_1750.jpg

いわゆるシガラボレイというトルコ料理ですね。
しかし語源はタバコのシガーなんだが…これはデカ過ぎて
咥えて吹かすのはムリだなぁ。

というか…春巻きというよりトルコ版ブリトーですね。
トマト味にチーズと野菜が入っていて、味の具合もほぼブリトー。

04r_IMG_1741.jpg

珍しく今年はナマステインディア欠席だったシディーク
鉄板焼きカレーというメニューが目に入りました。

…どうやらタカタクのことみたいです。
なるほど!

05r_IMG_1753.jpg

しかしこちらのは鉄板焼きというより
普通のチキンカレー、チキン大幅増量版、といった感じ。
上に散らされたパクチーがいい味出してます。

06r_IMG_1781.jpg

毎年楽しみなスリランカ料理のセイロンイン
ここは朝一番は準備できてないんだよね。

07r_IMG_1784.jpg

取りあえずは新メニューのランカサラダ三点盛り。
カダラひよこ豆とアボカドサラダ、パイナップルサラダの3つです。

カレーリーフや黒胡椒やマスタードシードなどなど
辛さのバリエーションも違って酒のアテにもよし。

アボカドが予想外にフルーティで
紫オニオン一緒に入ってるナタデココっぽいくにっとた不思議な食感の具材が楽しかったり
結構あとひく味です。

08r_IMG_1798.jpg

一回りして他の料理が準備できたところで
スリランカ風ホームスタイルカレー。

モルジブフィッシュのふりかけにチキンカレー
レンズ豆のカレーにオクラの炒め物。

そして奥のビーフカレーっぽい味付けのチキンナゲットとイカの中間っぽい
不思議な食感の肉は実はソイミートだとのこと。

後で確かめるまで全く気づかんかったわ!
濃いめの味付けで十分肉っぽくなるもんですね。

混ぜ合わせながら食べると一層美味しいです。

09r_IMG_1801.jpg

続いてピリ辛つまみ三点盛りセット。
すなぎもシチューにイカフライ甘辛炒め、チリチキンです。

こちらもマスタードシードにカレーリーフ、クローブ等々辛さのバリエーションが違って
食べるのが楽しいです。

セイロンインは常連店ですが
毎回こうして違ったメニューで攻めの姿勢なのがいいですね。

お店では食べられないイベントオンリーの料理も出てくるので
スリランカ料理マニアは要チェックです。

10r_IMG_1812.jpg

ひとまずハラが落ち着いたのでステージのウクライナ民謡に耳を傾けました。
オペラのような朗朗とした高い声が港に響き渡ります。

何曲か聴いていたものの、予想外に知っている曲が多いことに驚きました。
一週間とかコサックとか。
結構日本に入ってきてる曲あるですよね。

11r_IMG_1794.jpg

中目黒のハワイ料理店ワイピオ、初参加ですね。
ボリュームのあるチキンフィンガーやガーリックシュリンプが目立ちましたが
匂いで気を引くこの黒い鉄板焼きチキン料理。

12r_IMG_1823.jpg

店名を冠したワイピオチキン。
ソース焼きそばっぽいけどちょっと違う独特な匂いは
ニンニクとショウガとクミンと黒胡椒と醤油…かな?
7種類のスパイスを使ってるらしいですが。

めちゃめちゃ濃い味に刻みニンニクが効いてて見事なB級味の鶏モモ。
クセあり過ぎですが、時が経ったら無性に食べたくなりそうな、そんな味。

13r_IMG_1785.jpg

すっかりハマの秋の風物詩となった感のあるイベント。

多くの常連店はいつも通り、新規参加もほとんどは二番煎じ系、と
目新しさには今ひとつ欠けるところがありますが
それでも毎年楽しみではあるんです。

明日も開催しております。
今年の秋は涼しいし、散歩がてらにまったり味で世界の旅を楽しむのもいいと思います。

ワールドフェスタヨコハマ2015公式ページ

明日の天気は…どうだろうね?
今日は終了時刻にざっと降りましたが…お客はいいけど
お店は片付け大変だったろうなぁ。

14r_IMG_1761.jpg

そしてついでによこはま国際フェスタ
今年はワールドフェスタとかちあっちゃいましたよ。

お客だけでなく参加店も食い合うことになるんで
去年まで同様に開催時期ずらせばよかったのにね。

いや実際ル・ジャルダン・ゴロワはワールドフェイタに取られてるし
その代わりエジプト料理のナイルとペルー・メキシコのフュージョンフードはこちらでしたが。

15r_IMG_1771.jpg

ワールドフェスタですっかりハラくちくなってるので
こっちではそうそう食べられません。

16r_IMG_1772.jpg

NPO系の模擬店、スリランカのお店は
今回はカレーをロティに巻いてます。

チキンもたっぷり、カレーリーフ等の
スリランカ特有のスパイスも効いていて美味しいです。

17r_IMG_1775.jpg

こちらはラオスの焼き鳥。
肉こそ業務用焼き鳥っぽいのですが

唐辛子に魚醤の味がよく効いていて
むしろ半分魚料理かと思うくらいの独特の味わいでした。

18r_IMG_1768.jpg

インドネシア系NPOは沢山の料理出してましたが
皿にたっぷり入るような料理はもう入らないので

19r_IMG_1777.jpg

インドネシア風コロッケと書かれたリゾーリスを頂きました。
リゾーリスってブラジル料理じゃなかったっけ?

ジャガイモ、ニンジン、鶏挽肉等を半透明なホワイトソースで絡めて
生地で巻いて揚げたものです。

素材の味は活きてるけど味自体はちょい薄め。


予想通りワールドフェスタに客取られてお客は例年よりちょい少なめな印象でした。
とはいえ午後は料理の売り切れもちらほら。

こちらも明日も開催しております。
ハシゴしてみるのもいいんじゃないかと。

よこはま国際フェスタ公式ページ

20r_IMG_1759.jpg

大桟橋に海自の艦艇が停泊しています。
そういえばこの時期観艦式のついでに一般公開やってるんでしたね。

ということでついでに見てきました。

護衛艦いずも。
今年就役したばかりのヘリコプター搭載艦です。

21r_IMG_1879.jpg

中が…めっさ広い!
3年前に同用途の艦艇ひゅうがに乗船しましたが
これはそれよりさらに広いですよ。

22r_IMG_1883.jpg

ヘリ空母艦だから
上甲板に出る時はエレベーターです。

これがかっちょいいのな。
自分の中の男の子スイッチに火が入りますよ。

ブーーッ、ブーーッ、とブザーが鳴り
ガツンとロック解除音、駆動音。

サンダーバードやウルトラ警備隊の秘密基地的なニオイというか
アドレナリン分泌されますわ!

23r_IMG_1936.jpg

全長248メートルですもの。
端までやっぱりえらい広いですわ。

走り出したくなるけど
甲板は滑り止めのザラザラ処理がしてありますので
コケたらタイヘンなことになりますので止めましょう。

24r_IMG_1916.jpg

迎撃用の20mmファランクスCIWS!
ドラム式マガジンがかっちょええ。

25r_IMG_1958.jpg

一世代前のSH-60J。
いずもで稼動しているのは後継機のSH-60Kの方ですが
今回間近で見られるのは古い方の機体になります。

26r_IMG_1959.jpg

おお、ホンマモンのパイロットスーツとヘルム。
こういうの見られるだけでもテンション上がります。

27r_IMG_1968.jpg

そしてホンモノのコックピット、操縦桿!
当然のことながら
これは映画のセットじゃなくて
実際にこれで操縦して飛ぶわけですよ。

それだけで感無量です。

28r_IMG_2032.jpg

ずらっと並んでるの見ると壮観ですね。
ちなみにいずもはヘリ全部で14機搭載しているらしいです。

29r_IMG_2100.jpg

近接防空ミサイルと……その隣にいるのは
ファランクスヘッドくんとでも呼べばいいんでしょうか?

映画泥棒のアレかと思ったよ。

こちらの一般公開は11、14、17日と行われています。
最新鋭艦の貴重な公開の機会、ご覧になってはいかがでしょうか?

観艦式公式ページ

明日は雨降らなければ新港埠頭でくろべとちはや見てこようかな。

30r_IMG_2192.jpg

海保のヘリが艦艇横でホバリングしてたので望遠で撮ってみました。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

大口通(七島町)、金剛商店138番地の仔羊のトマト煮ほか
r_IMG_1097.jpg

仲間内で飲み…の予定が都合でお流れに…
すっかり飲み食い気分だった意気をどうしてくれよう

天候的には台風並みの規模の爆弾性低気圧が三つ
日本列島にジェットストリームアタックかまして来てた日の出来事です。

取りあえずは地元まで戻って運を天に…
金剛商店の座席空いてた!

賭けに勝ちました!
ということでお一人飲み食いモードに。

r_IMG_1094.jpg

生ビール片手にまずはニジマスのコンフィ、キュウリソース。

コンフィというと低温で長時間油煮込みですが
こちらのコンフィは油ひたひたのフライパンで虹鱒を焼き
そのまましばらくオーブンに入れたもの。

表面がパリッパリの素揚げ的なニジマス美味し!
そこにいつもの野菜盛りと
刻んだキュウリとトマトにさっぱりドレッシング的なソースを添えます。

アツアツほこほこの魚に常温サラダ的なソースというコントラストが意外と合う不思議。
つーか、酒の肴にピッタリだよね、この一皿。

r_IMG_1098.jpg

メニューに羊の煮込みを見た時からメインイベントと決めてました。
そら食べないわけにいかないよね!

これはバゲットも頼まざろう得ない、と思ったら最初からついてきた!

こういう気遣いあるから嬉しいなぁ。

r_IMG_1103.jpg

肉ですがマルキ・ド・ボーランの白。
わりとお安いワインみたいですが
口当たりよくフルーティで飲みやすいです。

r_IMG_1099.jpg

数人で取り分けて食べるのに都合が良さそうな
肉も野菜もたっぷりの煮込み。
ちょいピリッと辛口の味つけのトマトソースで頂くほろほろ羊肉
これまた美味し。

r_IMG_1106.jpg

〆の炭水化物で何を頂くか悩んで決めたのは
ニョッキのシーフードグラタン。

ニョッキの入ったグラタンは時々こちらで出ますが
何度か頼もうとしてハラ具合とタイミング合わず断念してたんですよね。

ニョッキったらじゃがいもと小麦粉で出来ている団子ですもの
イカエビ等ゴロゴロのアツアツベシャメルソースとの相性は当然ながらいいわけで
アツアツうまうま。

参考ページ

軒先に吊るした風鈴が時々風に煽られて尋常じゃない鳴り方しましたが
結局関東地方は暴風に見舞われることなく済みました。

でもおかげでのんびり飲み食い出来たんだから
儲けものってモンですよね。

店主兼料理人兼バーテンのワンオペのバルにしちゃえらい数の客になることもありますが
普段使いに丁度いいまったりした空気なこともあるのが有難い。
地元の大好きな馴染みのお店です。

馴染みのお店……いい響きだなぁ。

テーマ:ワインバー - ジャンル:グルメ

浅草、モンティのバミーモンティとネーム パッ・カァイ
r_IMG_1201.jpg

浅草地下のディープタイゾーンなモンティ
昨年に引き続きソラマチのウルトラマンのイベントついでに行ってきました。

行列店だから、と開店30分前に到着したのですが
電気もつけず店長が休憩しているだけでした。

r_IMG_1197.jpg

しばらく通りをぶらぶら。

……この地下商店街、相変わらずタイムスリップ感満載ですね。
昭和30年くらいからぜんぜん変わってないんでしょうね。
老朽化はしてるけど。

雨の日でもないのに水漏れしてて
向かいのお店の人が共有の掃除機で吸ってたりしてるもの。

開店15分前に最初の待ち客が来たので一緒に並びました。
気温の下がる1日前だったので
換気の悪い商店街は待ってても汗だらだらです。

r_IMG_1200.jpg

店内は冷房効いてて涼しい~。

待つこと十数分、ピンク色の照明に照らされたテーブルに
待ち望んでいた料理がやってきました。

これはバミーモンティ。
店名を冠する中華卵麺タイプのカオソーイです。

この雑多な見た目がいかにもタイ料理らしくてテンション上がります。

昨年と変わらず調子の早いタイ流トランスっぽいBGMがなんか気分急かせます。
…なんかニンジャウォリアーズ1面の曲思いだすんだよなぁ。
特に三味線のパート。

r_IMG_1203.jpg

このお店にしては口当たりいいカレー粉味…
と思ったのもつかの間で
パクチーに紫キャベツ、パカッドーンという高菜漬けにキャベツの波状攻撃
唐辛子にコブミカンの葉等々
コク深くもじんわり来る辛さがボディブローのように効いてきます。

辛くて美味いのか、美味いけど辛いのか
味覚からゲシュタルト崩壊起こしそうなトリップ。

なんだけど…ついついスープの一滴も残さず頂いちゃいたくなるんだよなぁ。

r_IMG_1208.jpg

もう一つ頂いたのはネーム パッ カァイ。

醗酵させた豚の生ソーセージネームは
個人的には単品で食べるのにはつらいんですが
具材として調理するとグッと美味しくなるのね。

ホントは米と混ぜたネームクルックがあるとよかったんですが
なかったのでネームパッカイ…つまり卵炒めです。

r_IMG_1209.jpg

タマネギ、ネギ、ニンジン、ピーマン等の野菜と一緒に
ちょいとオイスターソース味で炒めたタイ式ソーセージオムレツ。

醗酵させたソーセージたんまりなので
卵ではその酸味は緩和されきっていません。
でも、だからこそ味具合が丁度イイ。

酸っぱいけどウマい。
みっちりの生気味ミンチにコリコリした食感は豚耳かな?

酒のつまみをご飯のおかずにしてみた、みたいなオムレツ。
ちょっとジャスミンライスが欲しくなったけど
麺類と一緒じゃさすがに入らんわな。

珍味っぽいけど、でも美味しいです。

r_IMG_1210.jpg

開店時間にばばっと人が来て満席になり
その一巡が食べてる間に二巡が行列になってるってペースです。

この写真は丁度一巡目のお客が席を立ったところ。

安っぽいカラフルなプラスチックの椅子とか
ステンレスのマグ入りの氷水とか
たまらん人にはたまらんロケーョンだと思います。

自分が知る限りでは
日本で一番タイに近いところじゃないかなぁ…いやタイ行ったことないけど。

公式ページ

と思ってたら新橋に支店が出来たらしいですよ。

ガード下のスナックか何かの居抜きらしく
日本語も通じないお店みたいです。

新橋店参考ページ

r_IMG_1609.jpg

ところで向かいのちょっと先に新しいお店が出来るみたい。
出かけたのは日曜ですが、この記事を上げる1日前に開店していた模様。

カルパシというインドやスリランカの料理を扱うこちらも小さい食堂。

これは…また人気店になりそうな予感。

オーセンティックもなんだかんだ言いつつ移転はまだみたいだし
銀座線入り口の地下街はエスニックゾーンになっていきそうですね。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

2015秋フードイベトカレンダー
今年は夏も9月もめぼしいフード系イベントがほぼなかったので
10月土壇場になってからのご紹介となります。

ちょっと開催時期かぶってるのがあるので
何処に行ったものやら悩みドコロです。

横浜オクトーバーフェスト2015
日時:10月2日(金)~18日(日)
平日 12:00~21:30
土日祝 11:00~21:30
場所:横浜赤レンガ倉庫
詳細

ワールドフェスタ・ヨコハマ2015
日時:10月/10日(土)~11日(日)10:00~17:00
場所:山下公園
詳細
昨年の様子

Oktoberfest オクトーバーフェスト 2015
日時:10月10日(土)12:00~18:00
場所:東京横浜独逸学園(DSTY)
詳細

第42回みなと祭り
日時:10月10日(土)~11日(日)10:00~16:00
場所:川崎マリエン周辺
詳細

第39回中区区民祭り ハローヨコハマ2015
日時:10月11日(日)10:00~16:00
場所:横浜公園・日本大通り
詳細

よこはま国際フェスタ 2015
日時:10月10日(土)~11日(日)10:30~16:00
場所:象の鼻パーク
詳細
昨年の様子

さがみはら国際交流フェスティバル2015
日時:10月11日(日)10:00~16:00
場所:さがみはら国際交流ラウンジ
詳細

ディワリ・イン・ヨコハマ2015
日時:10月17日(土)~18日(日)10:00~19:00
場所:山下公園 お祭り広場
詳細
昨年の様子

第23回いいじゃんかわさき
日時:10月17日(土)~18日(日)
開催時間は場所によって違います。
場所:東田公園、仲見世通、東田あべにゅー、平和通り、いさご通り、パレール、たちばな通り
詳細
昨年の様子

元町CSフードフェア2015
日時:10月17日(土)18:00~21:30、10月18日(日)18:00~21:00
場所:元町仲通り/代官坂通り/汐汲坂通り/元町プラザ前/元町通り3丁目
詳細

石川町裏フェス2015
日時:10月25日(日)13:00~19:00
場所:石川町駅周辺
詳細
昨年の様子

やまと世界料理の屋台村2015
日時:10月25日(日)10:00~15:00
場所:大和駅東側プロムナード
詳細

第38回かわさき市民祭り
日時:11月1日(日)~3日(祝)10:00~16:30
会場:川崎区富士見公園一帯
詳細
昨年の様子

全国ふるさとフェア2015
日時:10月31日(土)~1日(日)10:00~16:30
会場:赤レンガ倉庫
詳細

Trick on sTreet ~吉田まちじゅうカクテルガーデン~
日時:10/31(土)15:00~21:00
会場:吉田町
詳細

第2回 関内フード&ハイカラフェスタ
日時:11月3日(祝)12:00~15:00
会場:中区弁天通
詳細

YISフードフェア2015
日時:11月8日(日)9:30~15:30
場所:ヨコハマインターナショナルスクール
詳細
昨年の様子

そして金刀比羅大鷲神社の酉の市は
11月 5日(木)一の酉 
11月17日(火)二の酉
11月29日(日)三の酉となります。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】ウルトラマンXワールド2015 IN 東京ソラマチ
01r_IMG_1211.jpg

昨年のウルトラマンギンガワールドに引き続いて
スカイツリー下のソラマチで今年も開催されたウルトラマンのイベントに行ってきました。

撮影OKのイベントはカメラ持ってくと楽しくてしょうがないですよ。

02r_IMG_1225.jpg

丁度ショーをやってる最中だったのでまずそちらから。
新調したカメラは動いてる対象のピント合わせるのが難しいです。

ゼットンアーマーを着込んだエックス対ベムスターの対決。

03r_IMG_1243.jpg

そうか自撮り棒ってそういう使い方もあるんだね。
当人にとっては便利だけど
まぁ、ちょっとだけ周囲のことを考えて頂けると幸いです。

04r_IMG_1485.jpg

初代ウルトラマン、セブンVS改造ブラックキング。

本編ではなかった組み合わせですが
新マンの「ウルトラの星光る時」登場時、直接地球で新マン助けに行ってたら
こんな光景もあったかも、という妄想が膨らみます。

ツノの代わりにドリルつけてるブラックキングは
居村慎二のコミック版アンドロメロスを元ネタに
ウルトラマンXに登場したバージョンです。

05r_IMG_1480.jpg

前回のウルトランス同様、子供が手に装着して記念撮影が出来る怪獣アーマー。
こちらはエレキングのものです。
ゴモラとベムスターのアーマーもありました。

06r_IMG_1298.jpg

ウルトラマンたちを頂いた神輿が!
ソラマチの神輿イベントにでも使ったのかな?

浅草か祖師ヶ谷大蔵あたりで出すのにも似合いそう。

07_IMG_1450.jpg

ギンガのUPG同様、XIO本部の指令室の机は入場券販売等に無造作に使われています。
まぁ、安上がりに作られてるけどな!

08r_IMG_1321.jpg

Xに客演を果たしたウルティメイトゼロ。
個性が強すぎて主役かっさらいかねない勢いでした。

09r_IMG_1537.jpg

怪獣がそのまま封じ込められている設定の
スパークドールズをスキャンする装置のセット。

ライティングが暗い場所なので超獣製造装置かと。

つうか

r_IMG_1543.jpg

英語の説明書きがいろいろ突っ込みドコロ満載です。
これウルトラマンエースの39話「セブンの命! エースの命!」の内容ですな。

10r_IMG_1428.jpg

捕獲したスパークドールズ入りのケース。
ということはXの世界の人類はウルトラマンぬきで
チブル星人、モチロン、ラゴラス、レイキュバス、アストロモンス、バラバ
キングクラブ、イカルス星人、レッドキング、シーゴラスらを撃退したことになります。

人類すげー。

11r_IMG_1280.jpg

ウルトラマンビクトリー対ガーゴルゴン。
もちろんこの組み合わせも本編映像ではありません。

Xは新規の怪獣も数々あるのがいいですね。

12r_IMG_1514.jpg

肩に蛇の口
真ん中の顔の口の中に目、というフリーキーなデザイン。
ゴルゴンモチーフなだけにウルトラマンをも石化してしまう強豪です。

13r_IMG_1291.jpg

立膝ついた状態のウルトラマンギンガ。
この手の展示で膝ついて飾られてるのって、実は珍しくないかな?

14r_IMG_1352.jpg

メカ守護獣ルディアン。
犬の顔に両腕はガトリングガンのロボット怪獣。

15r_IMG_1333.jpg

後ろから見ると間抜けさが際立つ姿は
ウルトラマンメビウスに登場したリフレクト星人の改造ありきなデザインだから。

ちょっとUPLのゲーム、ミュータントナイトっぽい

16r_IMG_1269.jpg

本編使用のプロップの数々。
宇宙人同士が怪獣兵器サメクジラを巡って
ラグビーで戦うという番外編的なストーリー「われら星雲」で
バルキー星人たちが住んでいた星雲荘の看板。

しかしわれら青春のパロディなんて、どの層に分かるのかと。

手前の怪獣はウルトラマンタロウ最終回に登場したサメクジラの幼生体
……かわいい(笑)

左奥はザラブ星人の翻訳機。
なるほど、初代ウルトラマンの時代に比べて小型化してますね。

手前はナックル星人の通信機。
赤いストーンと白いしっぽのアクセの意匠がデコ携帯風でおかしい。

17r_IMG_1277.jpg

本編登場に先駆けてのギナスペクターの衣装。
元ネタのアンドロメロスのギナはオバちゃん声のコブラ怪人だったのに
ナマ足担当キャラになってます。

18r_IMG_1557.jpg

防衛隊XIOのボディーアーマーと
客演登場を果たしたウルトラマンマックスの変身したカイト隊員の着たDASH隊員服。

昨今の隊員服は普通にカッコイイデザインですね。

19r_IMG_1384.jpg

そしてこちらも本編登場に先駆けて披露されたXの新たな力、ウルトラマンエクシードX。
最近のデザインは赤を抜きつつウルトラマンとして成立させるって傾向多いですね。

ベースはグレーだけどカラフルなラインを施しています。
虹の力という設定なので7色…と思いきや
グリーンだけないのはグリーンバック合成の仕様上仕方のないことで。

もはやオモチャ化する時減色されるの前提になっちゃってますね。

20r_IMG_1559.jpg

子どもと記念撮影の時間が終了した後に
ポーズつけての撮影タイム設けてくれるのが嬉しい。
ゴモラアーマーを着たX。

22r_IMG_1473.jpg

入場料アリのイベントとしてはこじんまりとしていますが
でも税込634円だし、わりと楽しめました。

12日まで開催しております。

公式ページ

これ口実に押上くんだりまで出かけて
そのついでに浅草見物するのも悪くないかなーと。

しかしこういうイベントが定期的に開催されるって
今の子供たちが羨ましい。

自分が子供の頃に体験したかった心残りから
いいトシになってもちょくちょく出かけてしまうのかもしれないなぁ。



X本編は今週のパワーアップ回に続いて
来週はウルトラマンビクトリーの客演
その次の週はギンガ、とイベント回が続いて

楽しいけど忙しい印象もありますね。
もう少し通常回を落ち着いて見たいという希望もあるのですが
それは贅沢な望みなのかもなぁ。

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ

中華街、東北人家新館の特製ラム肉塩焼きそば
r_DSCF9309.jpg

中国東北地方料理専門ということで
羊肉と鍋推しな東北人家新館
またランチに羊食べたさに行って来ました。

鍋もいいけど、今回は焼きそば気分だったので
羊肉の入った焼きそばをチョイス。

r_DSCF9305.jpg

……注文して冷たいお茶ガッと飲んで
落ち着いたところで気がつきましたが

定食メニュー…実は微妙に変わってました。
ラム肉と大根のうま煮かぁ…それ選べばよかったなぁ。

メニューは印刷物だから固定かと思ったのですが
時々内容変わってるみたい。

次はちゃんと見て決めよう!

r_DSCF9311.jpg

杏仁豆腐はつきますがスープはナシなんですね。

焼きそばの肉は薄切りタイプです。
ちょい太めむっちり麺。

シンプルな塩味に羊の旨みが乗っています。
エッジの強いクミン味の炒飯に比べちゃうと個性弱めですが
これはこれでイイ!

r_DSCF9312.jpg

萬来亭のむっちむちでコシのある焼きそばに比べると
ちょい水気多くて茹で加減強いかなぁ、と思って食べ始めたんですが

よくよく見ると皿に少し汁滴る作りなんですよね。
これ…どちらかというと福建焼きそばの調理法に近い気がします。

焼きというより汁を飛ばした煮込みそば
長崎ちゃんぽんの原型にあたる料理。

麺を食べた後の皿になみなみ残った汁を頂いてみると
やはりちゃんぽんのスープに近い味
そこに羊独特のケモノっぽい風味が加わってます。

このスープの味も捨てがたいなぁ。

壁に貼ってあった写真の羊骨スープの海鮮塩ラーメン
このスープの旨みを十分頂ける料理なのかもしれない。

今度夜行って頼んでみようかな。

ヒトサラ店舗ページ
参考ページ

ところで向かいの大テーブル
誰も座っていないのに箸とお茶の入ったコップが並べられており
予約席なのかな、と思ったのですが

誰もいないままご飯が並べられ、料理が並べられ
それでも誰もいないまま。

店員さんのまかないならご飯が冷めてしまうし
お盆みたく先祖に捧げる風習なのか
それともまかないは冷めたものを食べる風習なのか……ナゾです。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

桜木町(花咲町)、カントリーハウスのビーフシチューランチ
r_IMG_0811.jpg

音楽とどう関係があるのか今一つハッキリしない音楽通りにあるステーキ屋さんです。
前も洋食屋さんがあったんですが
知らないうちにお店が変わってました。

サイパンに本店があり
名古屋に続いての日本支店第2号なんだそうですよ。
それがなんでこんな微妙な立地に、とは思いました。

先日野毛のイベントで宣伝出店していて
割引券付きのチラシ貰ったんで
いい機会かな、と初めて寄らせてもらいました。

r_IMG_0821.jpg

オールドムービースターのモノクロ写真が彩る
アメリカンカントリースタイルで落ち着いた内装がいい雰囲気です。

カウンターにいらっしゃいますロマンスグレイのちょっと恰幅いい
シブい雰囲気のシェフがいい味出してらっしゃいます。

それだけでもう、ここはいい店だって気分になっちゃいますね。

r_IMG_0805.jpg

メニューの右側の魅惑のステーキ類が目を惹きます。
ランチにもリーズナブルなステーキはあるんですが

…結局日替わりで出ていたビーフシチューが食べたい気分になって
そちらを注文しました。

割引き券あるんだからステーキ食べなさいよ、と自分にツッコミしつつも
性ですなぁ。

r_IMG_0810.jpg

セットのスープはかぼちゃのポタージュ。
しっかりかぼちゃの甘みとコクの出た濃厚でいいお味ですよ。

r_IMG_0812.jpg

ビーフシチュー来ました!
ご飯の盛りは少なめですが
これはお替り可だとのこと。

r_IMG_0814.jpg

ランチのビーフシチューって
肉がよくなるとその分量が減っちゃうもんだけど
結構たっぷり乗ってますよ。

デミグラの香りが食欲かきたてます。

r_IMG_0820.jpg

しっかり密度のある牛肉がとろんと煮込まれていて美味いです。
肉の繊維が口の中でホロリと解けていく感覚がいいですのぅ。

味自体は特別なことのない、牛の旨味たっぷりのデミグラ。
カントリースタイルだからこそ
胃にグッと訴求するシンプルな味がよいのです。

肉料理欲にしっかりマッチして満足しました。

公式ページ
参考ページ

しかし次はちゃんとステーキ頂かないと、ね。
折角のアンガス牛なんだし…って実はよく知らないんですが。

アンガスと言われてもアンガス・ヤングの上半身裸短パン姿しか思い浮かばないし。

スコットランド原種のキチンと品質管理されたアメリカの黒毛牛みたいです。
なるほど。

テーマ:牛肉料理 - ジャンル:グルメ

能見台、ガネーシュのランチミールズ
r_IMG_0798.jpg

東京のカレー関連のムックが刊行されれば
東京でないのにほぼ必ず取り上げられるこちらのお店、ガネーシュ

前回牡蠣カレー食べて以来ですが
こちら方面に用事があったのでこの機会逃すべからず、と昼に寄ってみました。

お昼まわってきたあたりから込み出して満席に。

ほとんどのお客さんはカレー単品にバスマティライス
そしてラッサムも忘れないという猛者ばかりでしたよ。

r_IMG_0792.jpg

頂いたのはインド式プレートランチのミールズ。
ランチに頂けるカレーのほとんどを一気に味わえる素敵な一皿ですよ。

ライスは料金上増しでバスマティに変更可能ですがあえてジャポニカ米のままで
周りの注文の様子見るに…嗚呼ワタクシにわかでスミマセン。

しかし香りがかなり強いですね。
カレーというより漢方そのもの。

漢方を食事に取り入れたのがカレーと言えなくもないので
まさに医食同源、って実感する香りですよ。

r_IMG_0797.jpg

温泉卵っポイのがついてくるのがちょっと変わってます。
しっかり煮込んでありますけどね。
まぁ卵を半熟だ生だ、なんて食べ方できるのは日本が不思議なんで。

ほんのりスパイシーな味わいだけど
優しい感じなので、これは箸休めになります。

キャベツのボリヤルにココナツチャトニ、タマネギのアチャールは
ミールズを自分好みにカスタマイズするアイテムです。

r_IMG_0796.jpg

南インドではポピュラーなトマトスープのラッサム。
こちらのはカシューナッツと合わせた濃厚なトマトの味
そしてと酸味のバランスがよくて美味です。

キーマはドライカレーどころか
ほとんどそぼろレベルの水分飛ばした作り。

スリランカのボリヤルはモルジブフィッシュとココナッツの削り出しふりかけですが
これはそれを肉でやっているという感じ。

カレーリーフその他の香りと刺激が食欲増進します。

r_IMG_0795.jpg

チキンカレーはたまたまなのか
具に見えたほとんどが骨とローリエとニッキだったのが悲しい。
ナンコツまわりの肉は美味しいですけどね。

タマネギの甘みとスパイシーさのバランスが絶妙。

乾燥させたり挽いて粉にしたものではない
ホールスパイスの香りと刺激がダイレクトに効いて格別です。

…と思ったらマトンカレーは更にその上のレベルだった!
これはベクトル違えど、タイ料理レベルのスパイシーさです。

ホールスパイスの鮮度に拘ってるから出来る芸当だなぁ。

明治時代に歌川貞秀がこれ食べてたら
「その味、鮮烈なり」と評したんじゃないかな。

唐辛子や胡椒頼りではない
多種多様なスパイスが味蕾以外の場所を刺激しまくり。

こんな辛いカレー初めてかも?

さすがにこれだけで一皿食べるのはキツそうだなぁ、と思ったけど
そのうち名残惜しくなってきそうな予感もあります。

r_IMG_0800.jpg

ほとんどのお客さんがリピーターっぽい様子だったけど
これは病み付きになりそうな味だものなぁ。

日をおいた今でも
あの鮮烈な味は忘れられません。

公式ページ
参考ページ

新鮮なスパイスの効いた本格的なインドカレーをメインにしながらも
カニを1匹丸々使ったナンドゥマサラや牡蠣を使ったオイスターマサラ等
いろんな旬の素材を柔軟に取り入れるフットワークの軽さもこちらのお店の魅力です。

変化球ながらも完成度高いですしね。
来年こそは限定期間中にナンドゥマサラ食べに行かなきゃ!

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

石川町、廣東厨房 鴻の時菜三鮮
r_DSCF8996_20150824165157695.jpg

横浜で半世紀近く愛された中華料理店鴻楽の血を引き継いて
石川町はリセンヌ小路に開店した廣東厨房 鴻
元ANAインターコンチネンタルホテルのシェフの腕は伊達じゃない!

ということでまたランチの時間にお邪魔してみました。

r_DSCF8997.jpg

時菜三鮮…読んで字の如く季節の野菜と三種の海鮮の炒め物です。
料理自体は何処のお店でも見かける非常に有り触れた料理ですが
だからこそ腕前もハッキリ出るってもんですよ!

漬物からして柚子の風味と塩加減が絶妙です。

r_DSCF9003_201508241651553c3.jpg

具材が底に沈んで見えなかったスープをちょっとかき混ぜてみる。
これは野生種のエノキかな?
あとはタマネギと干し貝柱…かな?

具材のダシ味がしっかり出ていてウマいんですな、このスープ。

r_DSCF8999.jpg

海鮮はエビイカ、ベビーホタテ
野菜はブロッコリー、アスパラ、ニンジン、タケノコ、エリンギ、シシトウ。

こういう料理だと野菜は脇役に回りがちだけど
こちらはいい火の通り加減の野菜が
海鮮を食いかねない魅力を醸し出しています。

これぞまさに味の群像劇!

r_DSCF9001_20150824165154f92.jpg

塩と油のシンプルな味付けでも結構惹きつけてくれるもんです。
塩の味も感じるんですが
淡い甘塩なんでぜんぜん嫌な感じでなく、具材を惹きたててくれます。

シシトウはこの中ではちょっと異質な辛口の個性を出してきますが
そこは性格俳優の妙技ってところでしょうか?

最後にぷるぷるの杏仁豆腐を頂いて
今回も感服仕りました、という気分。

参考ページ

気軽なお店になってるんだから
心の中とはいえそこまでへへぇー、と遜ることもないんだけど
まぁ、ちょっと技というものを知るって、こういうことなんだろうなぁ、と思ってしまうのでした。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR