オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
鎌倉、オクシモロン・オナリの和風キーマカレー
r_IMG_5115.jpg

日暮れ時の鎌倉。
メシを食っていこう、とペペに向かったら開いてなかったので
次善の策としてオクシモロンの支店へ行きました。

本店がカレーメインのレストランなのと違い
こちらはカレーも扱うカフェ風のお店。

r_IMG_5114.jpg

でもこちらも洋品店も兼ねてます。
鎌倉に相応しいオサレ系。

しかし向こうが小町通の観光地真っ只中なのに比べて
紀伊国屋の駐車場向かい、という
むしろ地元民向けのカフェになっています。

建材むき出しの作りを美味いこと
シンプルかつシックで落ち着いた空間に変えてしまっていますね。

r_IMG_5117.jpg

こちらはカレーは和風キーマとエスニック風そぼろの2択のみ。
一番注文されているのは両店ともそぼろの方なので
あえて和風をチョイスしました。

こちらも酸味控えめのピクルスがサラダ代わりについてきます。
浅漬けと言ってもいいくらい。
でもこの味丁度よくて好き。

r_IMG_5120.jpg

ドライカレータイプでしたか!
しかも挽肉は完全に水気がなくなるまで炒めたタイプ。

雑穀米っぽい炊き方のご飯に
刻みネギ、白ごまと併せたそぼろ系カレー。

このネギとごまがかなり強く作用していて
ホント、カレーなのに和風の土壌になっています。

なんかこのそぼろが、3色丼っぽい味にも思えてくるのです。
3食のうちの二つ、鶏そぼろと桜でんぶの組み合わせ。

でんぶに感じる要素ってごまが合わさってるからなのかなぁ?

r_IMG_5125.jpg

辛口で頼んでいることもあって
ショウガ等のピリッとした風味がかなりしっかり効いてます。

和風でもあるけど、しっかりした辛さも感じられるこのバランスはいいなぁ。

温泉卵を混ぜて頂くのもまたオツな味わいで良し。

大量のネギと合うカレーというのも、なんか不思議な感じです。

r_IMG_5126.jpg

そして口直しの胡桃の飴がけ。
地味に辛さが効いていたので
これがあるのはやはり嬉しいサービスです。

r_IMG_5129.jpg

改めて、やっぱりこちらのカレーは美味しいと思います。

しかし並びたくはないから、本店とは駅を挟んで反対口のこちらのお店がいいな。
そこそこ人は入るけど、並ばないで済むもの。

チキンカレーやマトンカレーは本店でしか食べられないんだけどね。

公式ページ
参考ページ

エスニック風そぼろの方は、山盛りパクチーやクラッシュトピーナッツが乗ります。
その組み合わせも美味しそう。
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

関内(常盤町)、ピアチェーレのパスタ・アンコウとほうれん草のクリーム
r_IMG_5065.jpg

馬車道脇の良質なイタリアンのお店ピアチェーレ。
細い脇道にあるというのに、結構繁盛しています。

関内近辺のオフィスで働くおねー様方の厳しい目にかなっているお店だってことです。

r_IMG_5055.jpg

最初にコーヒーが来ちゃってあれれれ?と思ったけど
混んでたのでサービスの意味合いもあったみたい。

食後にコーヒーお替りどうですか?って聞かれましたから。

それはともかく、前菜の盛り合わせはまたもや目を奪われますね。

r_IMG_5057.jpg

菜の花のハーニャカウダ。
ニンジンとタマネギの…なんだっけ?マリネっぽいヤツです。
味噌クリームチーズに生ハム。

r_IMG_5058.jpg

素揚げしたじゃがいもにオリーブのピクルス
揚げたパンにマッシュポテト
そして焼きイチジク。

今回も目に舌に楽しいラインナップでございます。

r_IMG_5061.jpg

スープはオニオンのコンソメクリーム。
ポタージュじゃないのでクリーミーさは少ないけど
タマネギの旨味とクリームの味のバランスがよく
コンソメとクリームスープの実にいいところ取りの味。

めっちゃウマいわこれ。

r_IMG_5066.jpg

さてパスタ。
イタリアでもアンコウは食べるんだそうです。
ヒキガエルの尻尾とか漁師のカエルなんて二つ名があったりして。

カエル…言い得て妙かもしれません。
鶏肉の弾力と白身魚の中間のようなぷりんぷりんとした食感はカエルにも近いです。

これは噛み応えが楽しい。
コラーゲン多めなので女性もきっと喜ぶ食材だと思います。

r_IMG_5069.jpg

先程のスープでも思いましたが
こちらはクリームの味がイイですね。
リッチなコクがある、とかいう曖昧な表現をしちゃいますか。

ただ麺は比較的細めでしっかり茹で。
クリームに絡めるにはこちらの方が美味しいんだとは思いますが

確か野毛のラ・カーサ・ディ・マルコもこんな茹で方でした。

個人的には男っぽいアルデンテ寄りが好きかなぁ。

公式フェイスブック
参考ページ

あとピザに比べると量が少ないかな。
ピザは明らかに多めで、パスタは普通の食事量の人には普通の量なんだと思いますが
多分ナポリピザの標準に乗っ取ったサイズなんでしょう。

食いしん坊にはピザのボリュームからくるオトク感が強いし
生地の美味さもあるので…個人的に私はここピザ推しです。

アンコウ自体は実に美味しかったし
グラタンとか出来ないものだろうか、と思ったり。

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

横浜橋、市場食堂の赤魚の粕漬け
r_IMG_4629.jpg

横須賀の人気店が横浜橋にやって来た!な市場食堂
いえ…前から母体の松井水産自体は横浜橋にあったんですけどね。

r_IMG_4630.jpg

今日はカキフライを……ってなかったぁ!
残念。
代わりに日替わり定食枠にあったのは
トロ漬け丼と赤魚の粕漬け。

ということで粕漬け頂くことにしました。

r_IMG_4631.jpg

定食にはもれなくついてくるマグロブツ。
鉢が小さいから少なく見えますが厚めのブツが4つ入ってます。

ボリューム的には破格なサービス。

…まぁ正直目玉商品であるはずのマグロが
他の鮮魚よりちょっぴり弱く感じるのがこちらの弱点ではあります。

r_IMG_4632.jpg

でも今日食べたかったのは粕漬け焼いたものだから!

魚専用のグリラーで表面にいい色のついた赤魚。
箸で崩すときにパリっという感覚…何気に好きなんですよね~。

r_IMG_4634.jpg

外はパリッ、でも中はトロッとしてふんわり。
これが赤魚の醍醐味です。
口の中でホロリと溶けて美味いですね~。

量も結構あるのが嬉しい限り。

粕の利きがちょっとだけ弱かったけれど
その代わりにニンニクの醤油漬けが添えてあります。

ちょっぴり千切って一緒に食べると
いい具合に浸かったニンニクの旨味がほろほろの身を満たして
これがいい味になるんですわ。

いいねいいね!

ただしニンニクだから…後でお口のエチケット…気をつけましょう。

参考ページ

開店からひと月程度が経ち、ようやく住民に受け入れられたようで

定食を頂く年配のおじ様方
昼から酒と肴を楽しむおば様方
と、カウンターの風景が横浜橋らしくなってきました。

テーマ:魚料理 - ジャンル:グルメ

若葉町、モーリーズの豚肉の野菜炒め
r_IMG_4892.jpg

ジャック&ベティ隣りの広島風お好み焼きと鉄板焼きのあるカフェのモーリーズ
鉄板を活かした料理が結構美味しかったのでちょいとお気に入りのお店です。

今回伺ってみたら

r_IMG_4891.jpg

おや、肉野菜炒めにご飯とな
その組み合わせで食べたいと思っていたところだったんで
これは渡りに船ですね、ということで注文。

r_IMG_4894.jpg

ご飯の丼にピクルス乗っとる!

カウンターに自家製ピクルスのポップがあったの見て
ちょっと食べてみたいなと思ってたので
これも非常に嬉しいサービスです。

浅漬かりのピクルス、なかなか美味しいですよ。

r_IMG_4895.jpg

一見焼きそばが来たか、と思うようなルックスの豚野菜炒め。
もやしは細めですね。

中華料理の油とニンニクと唐辛子と醤油で火力高めの中華鍋で一気にジャッという
オーディナリーな肉野菜炒めとは違い
油は少なめに野菜の水分と醤油の味ダイレクトなヘルシー系の炒め方。

丁度こういう醤油ダイレクトな炒め物が食べたかったから
今日の気分にあっててよかったです。

……普通に料理する人なら
これ、ウチで作ればいいんじゃね?という意見もあるとは思いますけど。

r_IMG_4898.jpg

豚は基本お好み焼きの脂分補填に使うバラ肉だから
薄めで少なくはあるんだけど
でもお好み焼きベテランの腕で薄焼きでも結構いい感じに仕上がってます。

r_IMG_4899.jpg

中華料理屋の野菜炒めと比べちゃうと
ちょっと値段の上で不利はありますが
コーヒーついてくるからいっかな。

公式フェイスブック
参考ページ

鉄板調理で一番美味しいのってなんだろう?
取りあえずはオム焼きそばがいいんじゃないかなと思いますが
アスパラベーコンなんかもよさげな気がします。

テーマ:鉄板焼き - ジャンル:グルメ

大口通(七島町)、金剛商店138番地のお1人様おまかせコースと豚足メンチカツ
r_IMG_5692.jpg

すっかり地元の人気店金剛商店
予約も取りにくくなっているというウワサなんですが

そこはそれ地元の強み
ウチに帰る途中に様子見て
入れる余裕がありそうならササッと入店、というやり方で使わせて頂いてます。

まぁ「あ、今日は無理だな」という日も結構あるんですけどね。

r_IMG_5681.jpg

日替わりでこんなメニューが並ぶんだもの。
料理も酒も美味しくて安いから
そりゃ人気が出ないわけがない。

お、今日はヒラマサがあるじゃないですか!
そいつぁ頼まんわけにはいかんな、と注文したところ

今回のお1人様セットの中に入っているというのでそちらに切り替え。

r_IMG_5685.jpg

ヒラマサ好きなんですよ。
特に刺身の中では一番好きです。
野菜と一緒にジェノベーゼで頂くカルパッチョにしても
やはりその美味さは健在ですよ。

r_IMG_5688.jpg

2品目はあん肝のテリーヌ。
バゲット添えなのが嬉しいですね。
紫タマネギも。

r_IMG_5691.jpg

あん肝濃厚~!

フォアグラより美味しいと思います。

無理に食べさせた不健康な肝臓より
餌の少ない深海で生きるために脂肪を蓄えた肝臓の方が
天然の味覚な分美味い…のかどうかはわかりませんが。

r_IMG_5697.jpg

濃いめに入れたハイボールがすすむわぁ。
ワインも合うと思いますけどね。

r_IMG_5695.jpg

そしてコースの〆に来るのは鶏赤ワイン煮です。
鶏モモ1本まるまるを赤ワインで煮込んだ一品。

お1人様向けでもしっかりしたボリュームが頂けるのが嬉しいですね。
グリルじゃないけど、これクリスマスに食べたくなるような味です。

デミグラ並に濃厚なソースが美味い。
たっぷりのグリル野菜で拭って食べるとこれが一層。

本来の料理名はコッコバン。
鶏とワインを示すフランス語です。

そーいえば横浜界隈で昔ながらの洋食の同名のお店があった記憶が。
そうそう、公園通りにあったお店だ。
今はもうなくなっちゃって駐車場があるだけなんですよね。

こういうシブい料理名あたりを店名にするのは
昔ながらの腕自慢の洋食屋が多いよね
コック帽被った老シェフが腕を振るうような

なんて話題に花が咲きました。

r_IMG_5700.jpg

〆は炭水化物にするところなんだけど
白子のパン粉揚げと豚足メンチカツがどうしても気になって
どっちを食べるか悩みました。

豚足もメンチカツも居酒屋メニュー的ですが
これはピエ・ド・コションというれっきとしたフランス料理。
こちらも単純に豚の足を意味したフランス語。

同名のお店はフランスで一番古くから続いてるレストランの名前でもあります。
しかし同名のラーメン屋が祖師ヶ谷大蔵にあったり(笑)

r_IMG_5704.jpg

豚足のぷるぷるコラーゲンをサクッとした衣に包む。
メンチカツというほど肉肉はしていませんが
豚足と揚げた衣の相性がいいというのも改めて発見だなぁ。

ソースと合わさったたっぷりの粒マスタードの組み合わせもめっちゃ美味しいです。

いいなぁ。
今度コロッケ買ったら粒マスタードつけて食べてみよう。

それにしてもこういうフレンチがサラッと出てくる懐の深さよ。

美味しいものを食べていい気分
いい具合に酔いつつお店を後にしました。

今回も気づいてみれば満席でした。

参考ページ

テーマ:ワインバー - ジャンル:グルメ

山下町、マレーアジアンクイジーンのミー・ルブス
r_IMG_5239.jpg

また昨年末の話に逆戻り。

年末年始というと大抵のお店が閉っていて
外食したい時にはなかなか悩ましい季節でもあります。

そこを全日営業やっている貴重なお店の一つ、マレーアジアンクイジーン

渋谷店は年末年始休業アリなのに
横浜店は開いているのが助かる!

r_IMG_5241.jpg

但し残念ながらランチメニューはやっていないようで
ならば、とミー・ルブスという聞いたことのない料理を選んでみました。

ミーは麺の意味だとわかっていますが
ルブスは……調べたら茹でるって意味だった!

茹で麺……抽象的すぎてわからん!

メニューによると
「ジョホール州出身のシェフによる自信作。
トロミのあるほんのり辛いスープを麺にからめて」とあります。

というから丼に入って出てくるのかと思ったら皿入りだった。
スープスパゲッティ風だ。

r_IMG_5242.jpg

具材はイカにエビにマレーシアのさつまあげにネギにもやしに
…とここまでだとマレーシア版海鮮ちゃんぽんって雰囲気ですが

r_IMG_5245.jpg

ちょいと上を崩すと鶏のから揚げに揚げ出し豆腐に卵
そしてこの青いのは青唐辛子でございます。

なんか具材てんこもりね。

r_IMG_5244.jpg

カレーうどん的というよりは、ほうとうに近い感じ。
スープのとろみがじゃがいもやかぼちゃのとろけたほうとうの風味に近いのです。

何ゆえかと思ったら、さつまいもベースのスープなんだそうで。
しかし甘い感じはほとんどなくて
青唐辛子などの辛さがほのかに感じられるスープ。

そしてラクサ以上にエビの甲殻から出る旨味がしっかり感じられます。

麺は長崎ちゃんぽんに近い。

だから海鮮ちゃんぽんとほうとうとカレーうどんとラクサを悪魔合体したような料理と言うべきか…。

でも外道スライムにならず、こんな美味しい料理が出来てしまうなんて。

ジョホールと言えば私が行った唯一のマレーシアの土地なんですが
よもやこんな美味しい料理があったとは。

公式ページ
参考ページ

まだ食べたことのない気になる料理たくさんのお店です。
どれも美味しいから挑戦のし甲斐があるなぁ。

テーマ:東南アジア料理 - ジャンル:グルメ

横浜橋、延明の麻婆豆腐定食
r_IMG_5722.jpg

ちょくちょく晩メシのおかず調達に寄らせて頂いている
横浜橋商店街の中にある延辺朝鮮族自治区惣菜のお店延明。
関内の同名の料理店の支店でもあります。

r_IMG_5720.jpg

少し前からこちらも中の食事メニューが拡充されつつあったのですが
気づいたら定食が加わってる!

豆腐脑というのは豆腐餡かけ料理みたいなものらしい。

刀切面っていうのは刀削麺とは違うんだろうか?
調べたらこれは韓国料理みたいです。

製法はYoutubeに上がってました。
なるほど、削るんでなく切ってます。

r_IMG_5721.jpg

いっぱしの延辺料理店並みのレパートリーになっています。
そして土地柄お値段安めなのが嬉しいね。

中国の領内ではあるものの
清朝時代の政策をきっかけに漢族流入をずっと先延ばしに出来たので
食べ物も朝鮮と中国の入り混じったような傾向になっています。

r_IMG_5723.jpg

スープは揚げの味噌汁。
付け合せのキムチはニンニク強めの味わい。

そーいえばいつの間にかテーブルがIHヒーター付になってますね。
鍋出来るわけだ。

r_IMG_5725.jpg

しかし麻婆豆腐…皿からこぼれそうですよ
というか既にこぼれてるし(笑)

r_IMG_5726.jpg

麻婆はおおむね大衆中華系の出来。
店の表でパック入りの惣菜としても売ってます。

しかしここに微妙にも延辺地方ならではの違いがあった!
唐辛子の使い方が朝鮮式です。

この粉唐辛子は四川じゃなくて韓国料理のソレですよね。
とはいえ辛さ自体はそう大したことないです。

惣菜の麻婆唐辛子増量版という感じ。

横浜橋商店街店舗ページ

前から馴染みのおねーさんはいらっしゃいましたが
初めて見る店員さんも数名。

お客さんと韓国語日本語入り混じった会話をしている辺りが面白いです。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

花咲町、アイユートのラザニアコース
r_IMG_5634.jpg

石川町、関内近辺で飲み食いした後は
腹ごなしに横浜まで歩くことが多いのですが
大体横浜成田山手前のこの辺歩いてるんですよね。

ということでずっと気になってたけど宿題にしたまま1年以上
ようやく入ってみた野毛のイタリアンバルです。

r_IMG_5627.jpg

1日限定5食のラザニアがどうしても気になったんです。
寒い日は一層美味しい料理だものね。

r_IMG_5632.jpg

黒板には今週のパスタと夜のアラカルト。

仔羊肩肉とポルチーニのストラコット
ストラコット=すごく煮込むという意味。
形がなくなるまで煮込んだ仔羊とポルチーニ茸と合わせたソース、とな!

美味しそう…。

r_IMG_5630.jpg

ラザニアコースのサラダはデラックス版ということで
生ハム乗せのシーザーサラダです。
BOOOほどではないにしても、結構なボリュームで嬉しいです。

乳白ドレッシングにパルメザン
地モノのローメインレタスに生ハム…デラックスで美味い。

r_IMG_5633.jpg

アツアツココット入りのラザニア来ました。
出来立てグツグツは冬にはご馳走ですよ。

焼かれたチーズのフタをスプーンでめくると
湯気がもわーっと立ち上るのもたまらんですなぁ。

r_IMG_5638.jpg

板春雨みたいなぴろんぴろんの生地と
挽肉とベシャメルソースとチーズの多層構造。

これもよくぞ思いついてくれました昔のイタリアの料理人さん
と感謝したくなる料理。

香ばしいチーズ、トマト味の濃厚挽肉
むにゅむにゅ小麦粉
クリーミーなベシャメル。

寄せては返す波のように
熱と美味さのビッグウェーブが口の中に押し寄せる。

フーフーいいながら食べる醍醐味
何物にも変えがたい幸せなひとときです。

r_IMG_5640.jpg

ミニデザートは生クリーム乗せのシフォンケーキ。
コーヒーは耐熱ガラス入りというのが珍しい。

r_IMG_5643.jpg

野毛界隈にもイタリアンのお店が数々増えてきていますが
こちらは多分ご夫婦でやってらっしゃるのかな?
バル系のお店なので
中でも手軽な方向性なんだと思います。

小さなお店ならではの雰囲気がなかなかいい感じ。

公式ページ
参考ページ

常連さんらしいご夫婦が来て
「雑誌効果出ました?」
「まだです」
とかいう話が聞こえてきたので
ひょっとしてお隣の雅のご主人?

まだ入ったことないので顔知らないんですよね。
こちらも横浜泥酔の記事見てから行きたくなって自分が浮足立ってるお店です。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

御茶ノ水(駿河台)、アドニス東京のサウダセット
r_IMG_5787.jpg

御茶ノ水にレバノン料理のファーストフード店がオープンしたらしいです。
レバノン料理でも珍しいのにファーストフード??

こちらもJRのスタンプラリーのついでに回ってみることにしました。
場所は御茶ノ水の駅西口から南下して
明大と山の上ホテルの向かいあたりです。

その名もニューヨークの暴走狼…ではなくアドニス東京。

r_IMG_5783b.jpg

おお、確かにファーストフード店です。
白人系っぽいにーさんがレジと調理、見るからに中東人のおっちゃんが調理専任。
しかしお2人の会話はフランス語っぽい。

と思ったらリヨンのお店の支店なんだそうで…なるほど。

メニューはシャワルマ、ファラフェル、カフタ…そこまではわかるけど
あとはレバー焼きのサウダと鶏胸肉焼きのタウーク。
言葉の響きの中東っぽさがそそる。

どれも美味しそうで目移りする!

r_IMG_5788.jpg

ご注文は?
低いしわがれ声で囁くように…
サウーダーで~♪
細かすぎて伝わらないクリス・レアの物まね…はしませんよ?

マクドナルドみたいな超ハイスピードオペレーションじゃないので
レジでそこそこ待ちました。

メインのナンラップ料理とドリンクとポテトのセットが基本。
でもドリンクとポテトの代わりにサラダがつくライトセットもあります。

ファーストフードにしては高くつくけど、このボリュームなら納得。

r_IMG_5789.jpg

トレー持って2階に上がるとまったりムード。

鶏レバーをレバノン式のソースとニンニクでしっかり味つけてグリルした料理。
中東独特のハーブ使いが芳しいです。

r_IMG_5791.jpg

香草類たっぷり。
中見は半分レバー、半分ポテト、な感じ。
フライドポテトもつくからイモ多すぎだ。

2階に水置いてあったし
ライトセットの方がよかったかもしれません。

鶏レバーはまとめると飽きそうな食材ではあるんですが
スパイスでマリネした味がいい感じで
最後まで美味しく頂けます。

これはなかなか。
フランスでも普通にウケるわけですわ。

r_IMG_5797.jpg

御茶ノ水なんてそうそう来る機会ないですが
これは全メニュー制覇したいですね。

明大の学生なのかはわかりませんが
お客は若い日本人多め。

でも日によっては大使館からのお客様もあるみたい。

公式ページ
参考ページ

レバノンというと、ヒューマンリーグの歌にもあるように内戦続く国ってイメージだったんですが
まぁ、中東って多かれ少なかれそうだよね?

レバノン料理店自体は日本にはこちら含めて6軒。
よく考えてみたらうち1つは地元横浜のアルアインがそうでした。
中東全般っぽいですけどね。

わりと長いこと続いてるお店ですが
あそこもまだ行ったことないなぁ。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

堀切、のんきのもつ焼き
r_IMG_5835.jpg

先日堀切で閉店間近のバングラデシュカレーのお店に行って来たのですが
その前に軽くこちらで一杯やってきました。
堀切の有名店、もつ焼きののんきです。

綾瀬にも支店があり
のれん分けというかたちですが最近関内駅近くにもオープンしました。

で、こちらはその本店です。

如何にも荒川葛飾近辺の昭和的な寂れた町並の中にある
こちらもとても年季の入った建物。

r_IMG_5831.jpg

数々支店のある人気店だというので
まず年季のある佇まいにビックリ。

店員さんは30~40前後の顔ぶれで意外と若い。
でも店内は昭和の情景。
現店長は三代目なんだそうで、なるほど。

客層は呑兵衛じいさんばかりでなく若い男女カップルもちらほら。
でも人気店のわりに騒がしくなくまったりした雰囲気。

r_IMG_5830.jpg

ハイボールで乾杯。
軽めでジュースみたいに飲めそう。

r_IMG_5825.jpg

焼き物は時間がかかるのでまずはモツ煮込みから。
いい具合に煮えてて美味い。

この写真だとわかりませんが、実はこの中にジャガイモが1コ、ごろんと入っています。
このじゃがいもが旨味よく吸って美味いのね。
いい組み合わせだ。

r_IMG_5827.jpg

箸休めに頼みたくなるポテサラ。
なんてことないんだけど、美味い。

r_IMG_5829.jpg

シロとカシラ。
こちらは4本セットでの注文が基本。
2本ずつハーフで頼めます。
2人客には都合いいですね。

カップル率多いわけだ。

これが鮮度、質、焼き具合。
どれも一級で美味いですわ~。

r_IMG_5832.jpg

こちらレバ炒め。
レア感の残るレバーに結構グッとくる辛さの辛味噌が和えてあります。
うっわ、辛い。
でも美味い。

しかしポテサラに手が伸びる!

r_IMG_5834.jpg

ハツモトとレバー。
このハツモト、私非常に気に入りました。

コリッコリした食感の血管に程いい焦げ目がついて
めっちゃウマ!

もちろん焦げ目と中のねっとり感のコントラストのよいレバーも美味しいです。

r_IMG_5837.jpg

オチモト…つまり乳房とナンコツ。
基本的にナンコツ好きなんですが
こちらの焼き加減だとハツモトの方に軍配上がるなぁ。
オチモトもやわらかく且つ肉肉感がいい感じ。

r_IMG_5838.jpg

堪能しました~。
どれも本当に美味いですよ。

さすがに横浜から堀切は遠いいので
そうそう頻繁には行けませんが
次来たらまた是非行きたいお店です。

関内店はどうなんだろう?
のれん分けとのことですが
鮮度焼き加減に遜色ないなら、通ってしまいそう。
本店と違って1本から頼めるそうだし。

ただモツ煮込みはじゃがいもごろりがないみたいなので
そちらは…うーん。

参考ページ

今回味はおまかせにしたところ、ほぼ塩になってしまいましたが
でも塩で素材と焼きの良さを堪能できました。
次はタレとか辛味噌とか、頼んでみたいですね。

テーマ:もつ焼き・焼きとん・煮込み - ジャンル:グルメ

北仲通、Mr.ヨーロッパのナヴァランほか
01r_IMG_5562.jpg

ヨーロッパ料理のいいとこ取りバル、Mr.ヨーロッパ
ちょっと気になるようなマニアックなラインナップもあるので
こりゃ夜食べに行くしか!

年末は忘年会シーズンで貸切等忙しそうな様子だったので
年明けに伺ってみることにしました。

新年平日のまったりムードにお邪魔してみました。

02r_IMG_5551.jpg

ヨーロッパ各地の料理があるなら
ヨーロッパ各地のビールもあるってことですよ。

この中でまだ飲んだことのないのは
エストレーリヤ、クローネンブルグ、ウルケル、モレッティ、バウラーナー…。

03r_IMG_5552.jpg

クローネンブルグ…デビッド・クローネンバーグ…ザ・フライ
そんな連想ゲームでおフランスのビールにしました。

おお…美味い。
年明け初のアルコールだという補正を除いてもこれ美味いよ。
スッキリな飲み越しにクリーミーな泡がいいなぁ。

04r_IMG_5553.jpg

何を食うか迷う間に頂いた自家製ピクルス。
丁度いい塩梅の味。
ヤングコーンが入ってるのがちょっと嬉しい。

05r_IMG_5569.jpg

スパニッシュオムレツ頂きました。
お1人様サイズのココット入り。

これはよーく泡立てて作ったんだろうなぁ、というきめ細かさ。
しかし鉄鍋入りなんでしっかり火は通ってケーキみたい。

06r_IMG_5570.jpg

でも中は半熟という作りが面白い。
好きなタイミングでかき混ぜて
自分好みのバランスを見つけるのがいよ感じです。

ベーコンにジャガイモにパプリカ等が入っています。

スフレとグラタンの中間のようなオムレツ
これはなかなか。

07r_IMG_5566.jpg

注文していて気づいたんですが
コペルト有りなんですね、こちらのお店。
バゲット代に充てられるみたいなんですが。

しかしこちらのちょい飲みってコペルト込みなのか!
なるほど、次1人で来た時にはここから初めてみるのが良さそう。

08r_IMG_5555.jpg

クローネンバーグあっという間に飲んでしまったので
ハッピーアワーの時間終了ギリギリに生ねじ込みました。

……しかしクローネンバーグがあまりに美味かったので
一段落ちて感じる…これは失敗だったな。

09r_IMG_5561.jpg

さて食ったみたかったナヴァラン。
フランス山岳部の郷土料理で羊の煮込み料理です。

まあ存在知ったのはゲームの中でなんですけどね。
羊スキーとしてはゲーム中のアイコンのドット絵と解説文を見て
何時か食べてみたいなぁ、と憧れていたわけです。

羊肉と野菜をトマト味で煮込んだ料理。
美味いに決まってるがな!

10r_IMG_5560.jpg

そしてこちらのこの料理だけの特別サービス。
料金割り増しでラムチョップグリルを1本からトッピングすることが出来るんです。
やらいでか!

というわけでこんがり焼けたジューシで香ばしい骨付きラムを手掴みで頂き

11r_IMG_5559.jpg

そしてトロットロに煮込まれた柔らか羊肉の煮込みと
ほっこりジャガイモ、ニンジンの組み合わせ。
トマトソースに流れ出した羊の脂もまたたまりません。

これ独り占め出来て
俺、今どんな金持ちよりも幸せだ、ってなモンですよ。

公式ページ
参考ページ

いろんな料理をひと時に味わうなら当然大勢で来た方がいいのですが
羊スキーとしてはこのくらいの量は1人で頂いちゃいたいなぁ、という心境。

お店の人からは羊好きならばラムバーガーもお勧め、とのこと。
バーガーなだけに、分けて食べるのは難しいところもあるし、と。

だよね。

バーガーに使われる羊肉も
もしかしたら日本じゃこのお店でしか食べられないかもしれない
ボスニア・ヘルツェゴビナ料理のチェヴァプチチなので

またこれは1人で食いに来るしかないよなぁ、と考えつつ
ほろ酔い気分、胃袋満たされ気分でお店を後にしました。

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

神宮前、シンガポールホリックラクサのラクサとウルトラマンスタンプラリー
r_IMG_5774.jpg

昨年秋に原宿にラクサの専門店が出来ました。
しかも原宿駅と明治神宮前駅に挟まれた三角地帯
ジャニーズ原宿向かいあたり。

一等地と言っても過言ではないこの場所にラクサ専門店。
しかも企業フードコーディネーター系ではなく脱サラ組の運営だという話。

よくそんな場所にお店出せるアテがあったもんだなぁ。

女性向けを当て込んでサイズは麺80gのスモールと160gのミドルの2種。
食べ歩き用の可愛いカップが用意されているんですが
店内だと普通に丼に入って出てきます。

店内2卓、夏はオープンになると思われるテラスに4卓、と
こじんまりとしたお店です。

水は柑橘類を漬け込んだウォーターサーバーから入れてくれるデトックスウォーター。

r_IMG_5776.jpg

Sは500円、Mが700円という
この場所にしては良心的な価格。
その分トッピングがいろいろ、辛さ増しも料金増し、というやり方にしています。

ペーストにスープ、果ては麺まで手作りというラクサ。

海老ダシのいい香りが漂ってきます。
お味は…、クセのない、万人に受け入れやすそうなチューニング。

干し蝦の旨味そこそこ、辛さもほどよいレベル。
食わず嫌いされにくそうなバランスで
ファーストフード向きですね。

r_IMG_5780.jpg

麺はショートとロングの2種が選べて
こちらはショート。
シンガポールでショートの麺というと、老鼠粉とか銀針粉か!
と喜んでそちらを頂きました。 

食べ物に老いた鼠と名付けるのもどうかとは思うけど
別名ペナンマカロニ。
もやしのヒゲみたいな形の細いところが鼠のしっぽを連想させるからついた名前だそうで。

…しっぽないから老鼠粉ではないですね。

でも製法は多分ほぼ同じだと思われます。
米粉製の麺だけど
うどんを短く切ったような食感かな。

r_IMG_5772.jpg

個人的にはもっと干し蝦ダシやスパイスがガツンと効いてたりする味の方が好きなんですが
まぁ、原宿を起点にして若い女性に抵抗なく食べてもらうにはこのくらいが丁度いいのかも。

アジア旅行フリークの数人の女性が
ラクサに魅せられて脱サラしてはじめたお店だというので
その辺はさんざん考えての選択だと思います。

有料になりますが
ココナッツオイルと辛さ増し頼めばもっといいバランスになるかもしれません。

公式ページ
参考ページ

とはいえ素のままで十分美味しいラクサでしたよ。

r_IMG_5804.jpg

さてさて、これ食べるためだけにわざわざ原宿にまで出かけたわけではなく
JRのウルトラマンのスタンプラリーするついでです。

夕方に堀切に用事があったんですが
往復の運賃考えたら都区内パス買った方が安い!

なら日中JR沿線の観光しつつスタンプ集めるか!
ということで。

r_IMG_5799.jpg

しかし今回の怪獣のラインナップ…シブ過ぎです。

エースからはウー二代目とか、女ヤプールとか、オリオン星人とか…
ベロクロンとかバラバとか…あるでしょうに。

エース25話「ピラミッドは超獣の巣だ!」なら
超獣スフィンクスでいいだろうにオリオン星人…。

r_IMG_5803.jpg

見て下さいよ、この東京駅の景色。
この人数のすべてが、オリオン星人を目当てに並んでいるわけですよ!

エース25話放送当時だって
ここまでオリオン星人が求められたことなんてなかったんじゃないかな。

マイナー怪獣の再評価の場、という意味ではよかったのかもしれませんが
…明らかに次弾残してるっぽいよね。

きっと来年もやるよね。
スタンプラリー。

r_IMG_5805.jpg

八重洲側グランルーフ2階にはちょっとだけ展示があります。

r_IMG_5807.jpg

メトロン星人の座るちゃぶ台には
子供たちが自由に遊べる怪獣の人形が置いてあります。

上には新マンのブルーレイのPVが映し出されています。
郷秀樹こと団時朗と岸田隊員こと西田健の対談の様子が
丁度子供向けバラエティ番組みたいなレイアウトに写ってるのがなんとも…。

r_IMG_5809.jpg

開田裕治描き下ろしのパネル。
これホントは縦置き。
この前でポーズとるとウルトラマンと並んで飛んでいる、という寸法です。

r_IMG_5812.jpg

ついでに東京駅地下のキャラクターストリート内にある
ウルトラマンワールドM78を覗いてきました。

こちらの店長はタロウだということで
ブラザーズマントを纏ったタロウがお出迎え。

r_IMG_5819.jpg

御徒町の駅員さんはちょいとノリがいいな。

帰って来たぞ!我らのウルトラマンスタンプラリー 公式ページ

2月26日まで開催されています。

ちなみにこの日は大森→品川→原宿→代々木→御茶ノ水→東京→神田→秋葉原→御徒町→日暮里
帰りに亀有→北千住→上野と、たった13箇所…ほとんど回れてません。

まー御茶ノ水でレバノン料理屋
東京駅で行列
秋葉原でジャングルとモンスターズラボ
と、寄り道しまくりだったんですけどね。

レバノン料理屋に関してはまた後日!

テーマ:東南アジア料理 - ジャンル:グルメ

堀切、印将カレーのマトンドライカレーほか
r_IMG_5852.jpg

※閉店しました。

いつもこちら横浜方面での宴会に加わってくれる飲み食い仲間
彼の住まいのそばで癒しの場であった
バングラデシュカレーのお店が今月閉店するとのことで

興味はあったし、いつもこっちまで足を延ばしてもらってるし
折角だからこの機会に行ってみよう、と
ウルトラマンスタンプラリーしつつ訪れました堀切菖蒲園!

マジで遠いいわ!
よくこんな遠くからちょくちょくやって来るよな!
エラいわホント!

r_IMG_5844.jpg

辛い仕事の日々を癒してくれる唯一の場だったのに
これからオレは何処でカレー食ったらいいんだ?と嘆く
ウルトラ食い意地張った兄弟、末弟。

しかし印将カレーって変わった名前ですよね。
前は王将カレーって名前だったらしいです。
…文句つけられそうな名前だ(笑)

元々この界隈にある牛将という名の焼肉屋さんのオーナーが新たに作ったお店で
焼き肉屋さんだけどバングラデシュ人がオーナーなんですよ。
面白いですね。

r_IMG_5841.jpg

そんなわけで日本で商売続けていくノウハウも十分にあり
ベンガル人シェフ1人で居酒屋居抜きではじめたお店。
角地なんで三角形な店内。

r_IMG_5842.jpg

見ての通りカンペキに居酒屋メニューもあり。
だけど結局呑み助を集めるには至らなかった、というところなんでしょうか。

残念なことです。

r_IMG_5843.jpg

実は先にのんきで飲んで来た後なんで
乾杯はラッシーにて。

ビールジョッキにガッツリ入れなんで
気分だけでもカツーンと酒のように乾杯!

r_IMG_5849.jpg

ミックスポコラ。
インドの天ぷらパコラとほぼ同じものです。

ナスとトマネギとピーマン入り。
生地にもスパイスが練り込んでありますが
そこにカルダモン等のスパイスの入った香味塩が振りかけてあります。

居酒屋向けな味わいとインド方面の味の融合した味わいがナイス。

r_IMG_5850.jpg

こちらはマトンドライカレー。
器になみなみと入ってるので
オニオングレービーの量も相当なモンだと思います。

なんちゃってネパール系とは違って濃厚に煮詰めたカレーに
柔らかいマトンもめちゃたっぷり入ってます。

ベースとしてどろどろになった野菜の存在感強く
おかず感が強いのがインドのカレーとちょっと違った感じです。

これはライスで食べたくなる感じで美味しいわ。

r_IMG_5851.jpg

そしてバングラデシュといえば魚のカレーでしょう。
ということでフィッシュカレー。

こちらは生クリーム多めながらも
白身魚のダシと細かく刻んでドロドロになった野菜がよく馴染んでます。
そしてカリスメティなんかのスパイスもケチらずざぶざぶ入ってます。

こちらも中身濃厚で美味いなぁ。

r_IMG_5854.jpg

宇宙最速のポンコツ…ではなくシナモンナン。
厚めにまとめて火もしっかり通っています。
シナモンの香りが豊潤で美味し。

2人でナン1つだと足りないかな?と思ったけど
充分に足りました。

カレーの量も結構なもんだったんだけどね。
先に別の店で串食ってたけど、でもホントハラいっぱいになりました。

r_IMG_5856.jpg

居酒屋的な野暮ったさがかなりいい方に作用した
素敵なお店だと思うんですが

しかし商売として成り立つまでにペイしない限り
どうしようもないんですよね。
惜しいことです。

参考ページ

帰り際近辺散歩したんですが
この近所にも今はネパール系が勢力増している様子。

荒川近辺を広範囲にバングラデシュ系のカレー屋さんがあるようですが
彼にとって第二の癒し場となるお店はあるのか…。

この界隈詳しい人がいらしたら教えてあげて下さい。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

雑色(仲六郷)、ザゴリエのソーセージと白いんげん豆の煮込み
r_IMG_5734.jpg

※閉店しました。

日本に2軒しかないブルガリア料理のお店、そのうちの一つザゴリエ
余所では食べられない味が頂ける貴重なお店だったんですが…今月24日に閉店だそうです。
折角だから行っておこう、とランチしに向かいました。

r_IMG_5731.jpg

今回はセットでなくコースの方注文。
前菜のセットがつきます。

トルコ料理の前菜メゼとほぼ同じです。
この辺は食文化圏が近いんですね。

バゲットと合わせて頂きましょう。

r_IMG_5729.jpg

手前左からトマト、パプリカ、ニンジンのペーストのリュテニッツァ
トマトの濃厚な味で安定の美味さ。

奥は水切りヨーグルトとキュウリ、ニンニク、ディルのサラダスネジャンカ。
クルミのアクセントが加わると一層美味いです。

右奥がナスとパプリカのペースト、キョーポル
トマトと比べると自然な味わいがよし。

しかし意外なのはシンプルに見えるパプリカのマリネがえらい美味いこと。
やわらかーく調理されていて
知らなければトマトの外側の部分を剥いたマリネなんじゃないかと思ってしまいそう。

とろーりとしてあまくて、そして油の味の丁度いい加減。

r_IMG_5733.jpg

メインとして頼んだのはソーセージと白いんげん豆の煮込み
ブルガリア語だとボップ・ス・ナデニツァ。

色の具合からするとヨーグルトベースなのかな?
あとパプリカも使ってそう。

白いんげん豆を煮込んだ素朴な味を前面に出して
その他の要素は控えめな感じ。

夜だとここにトマトが入って
ソーセージもグリルしたものっぽい。
ランチ向けの簡易版といったところかな?

r_IMG_5735.jpg

でもしっかり味のついたソーセージの塩気と脂っけが加わると
家庭料理的な素朴な美味しさが引き立ちます。

暖炉のある食卓で食べてるような、そんなイメージです。

r_IMG_5737.jpg

デザートのヨーグルトは
バラジャムかくるみと蜂蜜がけの2種選択で
こちらは後者。

くるみが粉になるまで挽いてあるのは初めて食べます。
粗挽きではあるけど、きな粉みたいな使われ方なんですね。
蜂蜜のほのかな甘さがいい感じ。

r_IMG_5740.jpg

コーヒーがぐーんと濃くて、コクがあってめっちゃめちゃ美味い。
こんなコーヒー初めて!

r_IMG_5742.jpg

カップの底にたっぷり沈殿してますね。
そうか、初めて飲むけど、これがトルココーヒーなんですね。

濾さずに貯まるに任せたコーヒー。

上澄だけを飲む、なんて言われますが
この濃い味わいがほんとに美味しい。

ちょいと下に溜った部分を口に含むと
勿論ひき割ったコーヒー豆そのものなんですが
ちょっとナッツやカカオのような味と香ばしさを感じたり。

まぁ、全部食べちゃったらさすがにカフェイン過多なんで
ちょびっとだけでしたけどね。

公式ページ
参考ページ

こんな料理が頂けるのもあと1週間弱。
ヨーグルトの国の貴重な味を頂けるチャンス、食べ納めにどうですか?

このお店がなくなったら帰りにお茶屋で壊れうに煎買いに来る機会もなくなるなぁ。
あれ正規品より味が濃くて美味しいんだよね。

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

野毛、36スパイスのドーサセット
r_IMG_5189.jpg

野毛の中央通のあたりから平沼に引っ越し
そして今度はちぇるる裏手に戻ってきた36スパイス
こちらはネパールでない純粋にインド料理のお店です。

こちらはこの界隈では珍しい、ドーサをランチに出してくれる
気が利いたお店でもあります。

横浜でドーサ扱ってるお店は全部で5件。
でもあと4件は新横浜、綱島、能見台、センター南なので
近辺で頂けるはここだけですよ。

が…こちらの土日祝日のランチはバイキングオンリーになっちゃうんですよね。

お休みを取らずに平日行ける日といえば……

r_IMG_5199.jpg

また昨年のハナシに戻りますが12月30日!
よし!開いてた!
ちゃんと平日メニュー!!

ちなみに31~2日はこちらお休みなんで
実質食べられるの年にたった1日かよ!

いや夜行けよ、ってハナシでもあるんですけどね。

r_IMG_5188.jpg

ランチサラダのドレッシングはセルフで。
好きなだけかけられるのが嬉しいんです。

r_IMG_5190.jpg

まぁそんなワケで
西平沼のドーサハウス時代から
こちらのドーサ紹介するのもう何度目だよ!

もう4回目だよ!
いい加減にしろよ!

でも食べられて嬉しいんですものよ。

r_IMG_5192.jpg

パリッパリのドーサは通称インドのクレープ。
しかしフランスのクレープと決定的に違うのは米粉で作るというところ。

インドの鉄板調理器具タワで
直径50センチくらいまでまんまるく伸ばして
パリパリに焼き上げたクレープ。

米で作ってるだけに焼き立て煎餅のような香ばしさ
昔の炊飯器で炊いた時に出来る幕のようなところもあり
これがウマいんですわホント。

r_IMG_5191.jpg

野菜たっぷりのサンバルと
ココナッツ調味料のチャトニが薬味的な存在。
お好みで浸したり塗ったり。

r_IMG_5195.jpg

中には豆とじゃがいもとスパイスをすり潰したペースト入り。
これがまた香ばしい生地に相性いいんです。

動物性タンパク皆無だけど結構満足感あるのは
やっぱりスパイシーなおかげですね。

r_IMG_5197.jpg

チャイで一服。

欲を言うなら
ドーサハウス時代の方がもーちょい生地が厚めだったのが一層美味しかったんだけどね。
実は薄い方が本式なんだとは思うんだけど。

あの時のヒゲのシェフ…今どこにいるんだろうなぁ。

r_IMG_5198.jpg

元のメニューになかったマンチュリアン料理とか
インドのがんもどき?メドゥワダとか
この界隈ではお目にかかれないような料理も出るようになったみたいです。

夜行ってみようかな。
インドのゴッドファザービールもたまには飲みたいし。

r_IMG_5186.jpg

気がついたら屋根が店名が印刷された幌に変わりました。
これでお店の名前もちゃんと覚えてもらいやすくなりましたね。

公式ページ
参考ページ

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

逗子、ヴェニーテのもつのトマト煮とフォカッチャ
01r_IMG_5505.jpg

また所用で逗子に来た日。
用を済ませる前にちょい腹ごしらえをしたい。

なんかハンバーガー的なものが食べたいなぁ。
でもダイレクトにハンバーガーじゃなくて、ちょいひねったものがあると

なんて、そんな無理難題を頭の中で巡らせつつ駅降りたら

02r_IMG_5498.jpg

いきなりその無茶な要望に応えてるお店があったよ!
なにその奇跡!

03r_IMG_5499.jpg

イタリアなのかおでんなのかどっちだ?!とか思いつつ雑居ビルの階段を昇りました。
2階には店らしきものは何もなく…
でも上から食器の音が聞こえてくる…3階か!

04r_IMG_5501.jpg

逗子らしく食事を終えて出て来たのはおば様方
だけどどちらかというと若向けのバル系の雰囲気。

05r_IMG_5502.jpg

店長も店員さんもラッパーっぽいオラオラ系な外見だけど
地モノ野菜の料理とかもやってるお店なんですね。

赤カブのポタージュって美味しそうだなぁ。

06r_IMG_5504.jpg

実際サラダがかなり美味しいです。
この海藻みたいなはっぱ…なんていうんだっけ?
独特の風味でクセになりそう。

マスタードと摩り下ろしオニオンのドレッシングもいい味。

07r_IMG_5507.jpg

ふっかふかのフォカッチャ。
うん、実にウマそうです。

08r_IMG_5508.jpg

そして鉄鍋入りのモツ煮。
真っ赤っかでチーズもかけてあります。

イタリア式のモツ煮がこんなボリュームで出るのって初めて見ます。

09r_IMG_5510.jpg

イタリアのモツ料理として名が通っているトリッパはミノですが
ギアラなのは初めて見るかも?
あとフワも入ってるかな、これ。

して、お味は…
トマトとスパイスのバランスに
なんかそっけなさを感じるんだけど
それが決して不快でなければ浅いわけでもない。

なかなか面白い味わいのモツ煮です。

10r_IMG_5511.jpg

そして、やはりフォカッチャに挟んで食べるべきでしょう!

水気の多い煮込みをパンに挟んだら
ふやけて滴り落ちるんじゃ?
そんな食べ方しないでしょ?

と思われるかもしれませんが
これが実はフィレンツェ名物のランプレドッド。
露店でパンにモツ煮挟んで売ってるんだそうです。

BSの旅行番組で得た知識ですけど。

トマトとチーズの入ったパンだとカルツォーネっぽい食感になりますが
そこにモツも入っているというのがなかなか新鮮な味わいになります。
なかなかイケますな、これ。

11r_IMG_5515.jpg

いい具合に胃と欲望満たしてくれて満足です。
コーヒーも丁度いい煎り具合。

食べたかったのはパスタじゃなかったから
こういうモノ出してくれて嬉しいな。

ちなみにパスタは昼は乾燥モノ使っていたみたいですが
夜は手打ちの生パスタもやってるみたいです。

12r_IMG_5517.jpg

また機会あったら寄ってみたいお店が出来ました。

しかしこの階、はみ出た生活臭がなんとも…。
お店の中はシャレオツなんですけどね。

公式フェイスブック
参考ページ

鎌倉と葉山に挟まれて
今一つ目立った印象のない逗子ですが
ちょっとよさげなお店も少しずつ出来ているようですよ?

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

黄金町、グーフィのグーフィカレー
r_IMG_5663.jpg

京急黄金町駅前
高架下のセブンイレブンと森下ビルの間の細いスペース。
というかここも森下ビル扱いなんですね。

しばらく前に焼き鳥屋からいくどんの立ち呑み部門になってたと思いました。
が、気がついたらグーフィと書かれた看板が。

そしてメニューにカレーやハヤシなど。

r_IMG_5660.jpg

どんなお店なのかお昼に覗いてみました。
横浜泥酔に残ってるいくどんの写真見る限りだとほぼそのまんまみたいですね。

このうなぎの寝床状態のおみせなので
調理場から料理を運んでくるとき
おかあさん、お店の外回って来てます。

アトムか!

r_IMG_5658.jpg

メニューはこんな感じ。

マスカルポーネおかかとか
洋奴って、洋風冷奴ってことか。
どんななんだろうなぁ?

r_IMG_5662.jpg

サービスにコーヒー頂きました。
防寒効果薄めな店内だから非常に有難いですね。

ちなみに立ち飲み屋ではないので椅子はあります。

r_IMG_5667.jpg

頼んだカレーは野菜と一緒に煮つめたドライタイプ。
キャベツサラダにポテサラ含めてホームメイドな一皿です。

ポテサラ、なんとこたなぁないんですが美味しいです。

r_IMG_5665.jpg

ホームメイドではあるけど
巷のドライカレーのようにカレー粉した味つけではなく
色んなスパイスを使っていい具合の味。

辛さ自体はそんなにつよくはないけれどバランスよし。
野菜も一緒に煮ているけど
食べていてほぼ挽肉な食感なのでイイ感じです。

まぁ、惜しむらくは、あともーちょい量…ご飯ももーちょい欲しいかなー。

r_IMG_5668.jpg

カレーは元からコーヒー込み前提の値段ならそれなりだけど
そうでないならもう一工夫しないとちょい割高感あるかなぁ。

メニューは主にカレー類とつまみ
ソフトドリンクと酒。

カレースタンドと考えると高いけど
居酒屋に使うにはつまみと酒の選択肢少なめ。

かといってくつろぐスペースでもないので喫茶店として使うには
と、立ち居地がはかりにくいところはあります。

仮営業的な佇まいですが
でも同時に伸びしろもありそうな感じ。

黄金町2-10

こういうスペースってどんなお店になると楽しいかなぁ、といろいろ妄想し甲斐もあったり。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

黄金町、マンチーズのおちせバーガー
r_IMG_5672.jpg

※閉店しました。

黄金町駅前のハンバーガーカフェ、マンチーズ
とある日お店の前を通ってみたら

r_IMG_5669.jpg

おせちバーガー?
何ぞそれ?
期間限定、今しか食べられないのなら食べてみるべし、と入店。

r_IMG_5671.jpg

平日ランチタイムはドリンク付きなので
マンゴージュース頂きつつ
さてどんなものやら、と期待半分、不安半分で待ちました。

r_IMG_5674.jpg

遠目からはどこいら辺がおせち要素なのかわかりにくいですね。
パッと見目立つのはレタスのかわりにわさび菜が入ってるあたりですか。

わさび菜と言ってもわさびの葉なわけではなく
からし菜の変異種なんだそうです。

独特の辛みはあるけど、わさびのようにつーんとくる感じではないです。
ギザギザの食感が楽しい、普通にサラダ向きの美味しい葉ですね。

r_IMG_5675.jpg

フライドポテトの代わりにさといものフリッターがついてきました。
サックリした揚がり具合はほぼ普通のフライドポテトだけど
中のちょっとしたねばり気はやっぱりサトイモだなぁ。

だけど揚げても意外とイケるもんです。
ちょっと南米のユカイモのフリッターに近いかな。

r_IMG_5677.jpg

ビーフパテ自体は普通にハンバーグ。
だけど上に素揚げれんこん
黒豆の煮物
むっちりしたチーズは…おもちだと??

ダイコンとニンジンのなますは、ベトナムのバインミーでも使われるので
パンとの相性は悪くありません。

r_IMG_5679.jpg

いつものオニオンマーマレードは控えめだけど
基本のちょっと甘い味はそのまま。

甘いだけに黒豆の煮物が加わっても、そんなに違和感はありません。
チリビーンズのかわりに甘いのが加わった、くらいのイメージ。

お餅は、言われなければモッツァレラだと思ってしまうくらい違和感ありません。

素揚げレンコンの塩気、パテの肉っ気
オニオンマーマレードの甘さ、黒豆の甘さ
膾の軽い酸味、脂吸って何故かコクを感じる餅

わさび菜の軽い辛さがまとめ役にまわってるのが意外です。

純粋なおせち要員は半分くらいですが
普通に美味しく頂ける和惣菜バーガーでした。

こいつが頂けるのは1月中だけですので
興味のある方はお忘れなく……って

r_IMG_5670.jpg

え?
なんとこちらも閉店ですか!

なんか今月閉店ラッシュな感じです。
YYスイーツカフェは明日で閉店だし
ブルガリア料理屋のザゴリエも今月いっぱい。

堀切在住の末弟からは行きつけのバングラデシュカレーの店が閉店しちゃうので
その前に是非、と言われて今度行ってくる予定。

公式フェイスブック
参考ページ

踏みとどまってるお店も
税制改定の影響でか値上げなところがちらほら。

しばらく行っていないお気に入りのお店のHP見たら閉店のお知らせがあった
…なんて可能性、他にもあるかもしれません。
改めてチェックしておかねば。

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

末吉町、ペリートのジャークチキン
r_IMG_4879.jpg

洗濯船脇の通りをジャック&ベティ方面に向かう途中にあるダイニングバーペリート

主にいわゆる洋食とタイ料理を中心にしていますが
ランチの日替わり枠はこちらのマスターの創作料理やエスニックが楽しいので
時々昼時にはチェックしています。

今回は…ジャークチキン!
ジャマイカ生まれのスパイシーなチキン料理。
これも私の大好物の一つです。

こりゃ逃す手はないな、と食べに出かけました。

r_IMG_4874.jpg

定食の味噌汁はもやし入り。
水分の多い具材なので味噌の薄さがちょっと気になる。
ちょい濃いめに入れてくれると嬉しい。

サラダはダイコンの浅漬けとサラダの中間的なもの。
これ結構美味しいです。
いくらでも食べられそう。

r_IMG_4877.jpg

本来のジャークチキンは様々なスパイスをあわせて漬け込み
燻すようにじっくり焼いたものなんですが

昨今はこの味のもとになるシーズニングが手に入りやすくなったので
これを肉にかけて焼けば、それだけで結構美味しくなってしまうんです。

こちらで出されたものもそのタイプ。
だけど、スパイシーでいい味なんですよね。

r_IMG_4878.jpg

オールスパイスにタイム、唐辛子、胡椒、クミン、パプリカ、オニオンなどなど。
このキリッとした辛さはまさしくジャークチン、という味がしっかり出ていたので美味い!

スパイシーキチンステーキではあったけど
でもこの味が頂けるだけでも十分満足です。

r_IMG_4881.jpg

コーヒーを頂きつつのんびり。
こちらのお店は混んでないので
食後比較的気兼ねなくのんびり出来るのがイイですね。

公式ページ
参考ページ

またこういうちょっとだけマニアックな料理が出てくれると私としては嬉しいです。

テーマ:中南米料理 - ジャンル:グルメ

福富町西通、寧記・吉仔の三杯鶏ほか
r_IMG_5609.jpg

昨年末に伺った台湾料理のお店寧記・吉仔
まだまだ食べてみたい料理があったので
新年早々に宴会と洒落こんでみました。

開店は5時なので、6時ちょい前に行ってみたら
…シャッターが閉まっとる!

と思ったらおかみさんが入口開けて立て看板出すところでした。
もう営業はOKということで早速中に。

r_IMG_5602.jpg

いちばん最初のつまみに塩水鴨。
こちらお値段他の台湾料理店より微妙に高めかと思ったんですが
ハーフ800円でこの量ならむしろオトクな部類かも?

塩と香辛料が身にしっかり馴染んだ鴨肉うめー。
鶏肉に比べるとこころもち硬いけど、噛むほどに味わい増してイイ。

添えてある刻みショウガと
あと写真撮り忘れましたがニンニクと
唐辛子入りの味噌みたいな薬味がまたいい味。

r_IMG_5608.jpg

紹興酒頼もうかと思ったんですが
おかみさんがかなり強く推してきた台湾の紹興酒は
2人で飲むには微妙に高いかなと思ったんで
あえてビールに。

台湾のビールって薄めですが
これは予想外に結構美味い。

r_IMG_5603.jpg

次回以降のために壁メニューを記録。

中華料理はだいぶ分かるようになったんですが
台湾は広東語と微妙に違うんでまだまだどんな料理なのかわからないのがいくつか。

蚵仔酥……たぶん牡蠣のお好み焼き、最後が煎じゃないけど
樹子蒸蛤力……蛤を葉に包んで蒸し焼きにしたもの???
芋香鴨肉捲……サトイモと鴨肉まではわかるけど、巻くの??
葱炒鴨肉……鴨とネギの炒めもの
羊肉爐……羊肉の鍋料理
鴛鴦火鍋……陰陽二極の火鍋
芥葉蛤力鶏……カラシナと鶏…蛤ってハマグリじゃない可能性が出て来たぞ???
       ハの当て字に使うみたいです。力もカかも?
酸菜肉片鍋……白菜の酢漬けと豚バラ肉の鍋
麻油鶏……ごま油と生姜味の鶏鍋

お店で読めなかったメニュー
ウチでなんとかここまで解析。

r_IMG_5611.jpg

一度本格的な三杯鶏食べてみたかったんですよ。
サンペイチー。

元々は中国の江西省の名物ですが
今では台湾料理として有名です。

同量の三杯の調味料を使うから三杯鶏というのだそうですが
その3つとは醤油、砂糖、ごま油。
と、ここまでだと甘醤油系の料理と考えてしまいますが

ここに沢山のスライスした生姜、唐辛子
ニンニクの鱗片ゴロゴロ
そしてバジル。

ということで結構辛い料理です。

味の傾向としてはタイやインドネシア等々
中国を隔てた南洋の国々の料理に近いですね。

こちらのお店の場合は土鍋入りのまま
そして鶏も骨付きのままブツ切りにして入れてあり
そのワイルドさが一層美味さに拍車をかけます。

イキのいいバジルの強い風味がいいアクセントになってる。

r_IMG_5613.jpg

切干入りの玉子焼き。
こちらも台湾名物。

これはまたボリュームあるなぁ。
オムレツのようにボコンと厚い塊。
卵幾つ使ってるんだろう?

ちょい塩加減強めでしたが
それが「しょっぱい」ではなく美味さに繋がる味。

しかしビールがすすむ。
ご飯で食べるのも美味しそうだ。

r_IMG_5614.jpg

前回来た時頼み損ねた客家風炒め物。

塩漬け肉等の保存食品を多用する客家らしく
豚肉は塩漬けしたもの
そして燻製並に水分の飛んだ干し豆腐が使われています。

野菜はネギと葉ニンニクとセロリを使ってありますが
セロリがわりと小ぶりな印象。

注文する時に野菜がアメリカ産のと台湾産のがある、と言われ
お任せしたんですが
これは多分芹菜なんじゃないかな?

普通のセロリより辛み少なく香味強し、といった感じ。

美味いけど
これも辛いのでビールが…

r_IMG_5620.jpg

いやご飯が欲しい、ということで腸詰チャーハン。
ややオイリーですが、その大衆向け仕様な味が愛おしい。

甘い腸詰も美味しい。
そしてレタス入りなので辛い炒め物の友にもよし。

ホントは小龍包やら麺類やらも食べたかったんですが
2人だとこれが限界。

壁メニューは鍋物が多々あるっぽいので
いずれ人数集めて鍋やってみたいなぁ。

参考ページ

詳しい人の話によると元々モールの1本裏手にあった台湾菜館が
吉仔と生福園と鑫城靚湯に分裂したとのこと。

中華街の生福園は元住吉に移転して美(めい)
鑫城靚湯は風の子
そして吉仔は移転して寧記・吉仔に。

ややこしいな。

しかし3店とも同じ台湾料理にも関わらずジャンルがまるで違う。
台湾菜館時代ってそんな多様なシェフ揃えてたんだっけ?
もうさすがに覚えてないなぁ。

テーマ:台湾 - ジャンル:グルメ

西神奈川、ハノイの汁なしのフォーとはまぐりのつめもの
r_IMG_5178.jpg

JR東神奈川駅と東横線東白楽駅の中間にあるベトナム料理のお店ハノイ
微妙な立地だけど、たぶん横浜界隈で一番美味しいベトナム料理が頂けるお店だと思います。

またこちら昨年末のハナシですが
仕事収めの日に会社の納会のあと
完全開放されて一人二次会、とやってきました。

r_IMG_5167.jpg

非常に美味しい料理が頂けるのはとても嬉しいのですが
こちらの残念な点は、すべての料理がいつも出来るとは限らないということ。

注文してみるとこれ今やってない。
ここからここまでは今出来ない、というケース結構あって
ちょっとしょんぼりしちゃうのが玉にキズ…というかね。

r_IMG_5168.jpg

あとメニューのマイナーチェンジもあって
前に食べて美味しかったカレービーフンがなくなっちゃってる。
でもまだかにみそはある!

r_IMG_5170.jpg

会社の納会って意外と飲む人間が少なくて
その分ビールがガンガンこっちにまわってくるのよ。

だから一人の乾杯は軽いのがいいなと、ハノイというカクテルを頂きました。
ベトナムの蒸留酒を蓮茶で割ったものです。

ベトナム版ウーロンハイみたいなもんですね。

冷やした蓮茶ってなんかポップコーンみたいな匂いがする…。

r_IMG_5171.jpg

つまみに頼んだのははまぐりのつめもの。
これが予想に反して詰め物は肉でした。
ミニハンバーグみたいな?

r_IMG_5173.jpg

しかしこれが結構ウマい。
ココナッツかピーナッツあたりのコクのある油に
海産乾物系の味とトマトをベースにした濃いめの味のついた挽肉。

このサイズなのが惜しい。
もっと山盛りに食べたいもんです。

r_IMG_5179.jpg

こちらはシンプルに汁なしのフォーと名前がついていますが
「かにみそ入りのフルーツトマトソースと焼肉が乗ったフォーに酢の物と一緒にどうぞ!」
と注釈がえらい長い料理。

だけどそれ見ただけで絶対美味しいってわかるよね?

五香粉で味付けた豚焼肉、青々とした肉厚パクチー、もやし
酢の物っていうのはバインミーにも使うなますですね。

そして皿が卓に到着するや芳しいかにみその香り…
こらたまりませんわ!

r_IMG_5181.jpg

ちょっぴりオイリーでフルーティで豆板醤系のスパイシーさが混じるトマトソース。
更に大好きなかにみその味がしっかりするソース。
ヤバいほど美味い。

r_IMG_5184.jpg

こころもち固ゆでの平たい米麺に絡めるとホントサイコー。
ソースが濃厚で、絡めても薄くならないので最後まで旨みを味わいつくせます。

……麺が無くなってもまだソースが残るくらいだったので
正直ご飯追加して食べたい気分でしたよ。

参考ページ

頼みたい料理がないことが多々あるのが残念なところですが
次善、と選んだ料理でもやはり感動させられてしまう味なんだから
これが困ったもんだ。
残念さが覆されてしまうじゃないか、もう!

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

野毛町、キンピラキッチンのイナダのロースト
r_IMG_5210.jpg

8年ほどこちらで営業されているカジュアルフレンチのお店ですが
今まで意識したことはありませんでした。

だって表通りの目立つところに店名がぜんぜん見当たらないし
ランチのメニューもハンバーグ、オムライス、とありきたりだったから。

r_IMG_5201.jpg

最近外に出ているメニューがこんな内容になっていて
初めて意識した次第です。

ていうか元から店名見当たらなかったから
お店変わったのかと思ったわ。

r_IMG_5209.jpg

打ちっぱなしコンクリを基調にしながらも清潔感のある店内。
真新しい感じだからとても8年も続いてるお店だとは思えませんでした。
比較的最近改装したんじやないかな?

r_IMG_5207.jpg

サラダはフルーティな甘みと醤油っぽい味の混じる不思議な味
だけどイケます。

コンソメスープは…もーちょい味に特徴欲しいかな。
スープ飲んで失敗したかな、と思ったんですが。

r_IMG_5212.jpg

メインの料理はコレもんです。
おやびっくり、結構イケてるじゃないですか。

r_IMG_5213.jpg

菜の花、小松菜、パプリカ、プチトマト
カリフラワーにブロッコリー
そしてイナダの土台にポテサラも使ってあります。

r_IMG_5214.jpg

見事なもんなんで、くるくる回したくなっちゃう。
イナダの焼き上がりがよくて美味しいし
特に皮のパリパリ具合がたまらんのです。

そしてソースがめちゃ美味しい。

デュグレレ風って初めて聞きましたが
19世紀のフランスの料理人の名前だそうで

エシャロットのみじん切りを白ワインと煮詰めて
更に魚の出汁と酒を加えて煮詰めるというものだそうです。

r_IMG_5215.jpg

ワインの入ったバターのクリーミーなソースに独特の塩加減
これアンチョビ入れてるんじゃないかな?という味。

イナダも野菜もこのソースに絡めて食べると
もう、ほんっっっとたまらん!

これはごはんでなくパン頼んでソース全部拭うべきだったかな、と後悔。
でもポテサラと一緒にスプーンで余すところなく味あわせてもらいましたけどね!

r_IMG_5185.jpg

今まで知らずにいたのは惜しかったなぁ。
もう一品のランチの豚ロースのソテー

名前だけ見るとありきたりな感じだけど
シェリービネガーソースっていうのが気になるなぁ。
シェリー酒のお酢ってことだよね?

こっちもツボついてくるような味なんじゃないかなって期待したくなります。

参考ページ

野毛フレンチといえばオブスキュールも入ってみたいんだよなぁ。
平日のみランチやっているみたいだから
いずれ休みをとって入ってみるべきか…。

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

関内(常盤町)、ピアチェーレのベーコンと新玉ねぎのパプリカマヨネーズのピッツァ
r_IMG_4994.jpg

馬車道を歩いている時、ディスクユニオンが入っているビルのファミマ脇に
ランチの看板が出ているのを見つけました。

ピザであんこうと長ネギの味噌マヨだって
なにそれ美味しそう!!

あー、メシ既に食べた後でなければ迷わず入ったものを!
口惜しい!!

別の機会に通った時はパスタで竹の子とブリ、とかだったかな。
これは是非入らねば!と決意てしてようやくその機会が。

r_IMG_4980.jpg

しらすと春菊…なかなか良さげな組み合わせだけど
リゾットって気分じゃないんだよなぁ、今日は。

ということでベーコンと新玉ねぎのピザに決定。

r_IMG_4981.jpg

昨今横浜には本格的なピザ窯装備のイタリアンが増えておりますね。

こちらもその一つのようですが
基本のメニューの充実っぷりに目移りしますね。

ちなみに店名のピアチェーレって「はじめまして」の意味だそうです。
つまるところ一見さん歓迎ってことでもあるんだよね?

いいね、そういうコンセプト。

r_IMG_4985.jpg

前菜はいきなりこんなの。
こらまたゆっくり楽しめそうなのが来ちゃいましたね。

r_IMG_4984.jpg

焼きタマネギのバルサミコソースがけ。

鶏ささみの…なんだっけ?
カルパッチョよりもう少し火が通ったようなヤツ。

味噌クリームチーズ
エリンギのマリネ

r_IMG_4983.jpg

カブの塩マリネ
焼きナスに挽肉入りのクリームソースかけたもの
揚げパンとマッシュポテト
そして焼きイチジク。

料理名は伺ったんだけど
どれ一つマトモに名前覚えてないや…。

ともあれ、どれも気の利いた、いい味のアンティパストでしたよ。

r_IMG_4990.jpg

季節野菜のコンソメはダシが結構濃いめで好み。
カリフラワーの芯がえらくいい具合に煮えてて美味しい。

r_IMG_4993.jpg

窯から出したてのピザの香りがよいです。
触ると焦げた粉が手につくくらいの生地の焼き上がり具合、大好き。

ナポリ系のちょっとだけフカッとした焼き上がりでめっちゃウマ!
生地だけで十分美味しいところに

r_IMG_4995.jpg

ランチ値段で抑えつつもチーズをケチらないところがイイ。
とろけるチーズを十二分に味わい尽くせるところがまたたまらんっす!

タマネギとベーコンの組み合わせはアルザス風ですが
ベーコンは厚切りだし、程よい焼き具合のチーズが強し
やっぱりイタリアだなぁ、としみじみ。

量も結構あったので、十分お腹が膨れました。
美味しかった堪能した。

r_IMG_4998.jpg

ホントはデザート何か頼もうと思ってたんですが
予想外にハラもちいいサイズのピザで、十分に満足してしまいました。

r_IMG_4979.jpg

ランチが非常にリーズナブルでイイですね。
気軽に良質なイタリアンがたらふく頂ける丁度いいこのバランス感覚、ナイス。

しかも食べ損ねたアンコウやら竹の子やら
ちょっと攻めたメニューも頂けるし

公式フェイスブック
参考ページ

さて、パスタはどうだろう?
自分の中のイタリアンの良バランスの金字塔を敗れるか、楽しみなところです。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

横浜橋、ピーのもつお粥
r_IMG_4867.jpg

ちょっと怪しげな横浜橋脇のタイ料理屋ピー。
タイ料理というか、おとっつぁんの気分次第で何でもアリのお店。

ちゃんと看板は出してるけど、前の通りを通る人は
「ここお店なの?」という怪訝な顔をして去っていく率高し。

一度そこを乗り越えるとハマるお店でもあります。
結構リピート率高し。

かくいう私もそうだったりします。

r_IMG_4861.jpg

今日はお粥があります。
カキとアサリは魅力
…だけどお好み焼きの方は概ね常設メニュー。

こちらでモツ食べたことない
ということで注文決まり!

r_IMG_4864.jpg

調理は煮込んだあとハンドミキサーで挽く過程があります。
タイやベトナムのお粥は中国の影響で
米の粒を潰してる粥なんですね。

ちなみにタイ語ではジョークというそうです。

モツだけでなくピータンと豚バラが入ってます。

r_IMG_4866.jpg

テーブルにはパクチーがありますので
新鮮なまま千切って入れちゃえます。

あとナンプラーとか砕いたピーナッツとか
他にも辛いソースで自分好みの味が作れますよ。

r_IMG_4868.jpg

豚耳や胃袋などなど結構たっぷり入ってて堪能できます。

あとこの薄い豚バラ、下味がつけられてるんだけど結構美味しい。
これつまみにして酒飲みたい気分です。
午後も仕事あるからそうはいかんのですけどね。

日本人には粥って病人食のイメージがありますが
中国や東南アジア方面では動物の油脂使ったりするコクのある料理なんですよね。
朝食に食べることが多いみたいです。
お店によってはトンコツラーメン並の濃さもあったりします。

タイの場合はナンプラーや唐辛子のソースで辛くするのもあり。
食べるとかーっと体が熱くなるお粥って不思議な感覚ですが
慣れると美味しいもんです。

参考ページ

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

若葉町、マンナの豚バラ肉ほか
r_IMG_5157.jpg

伊勢佐木モールからは日本堂と薬のヒグチの間を進んでいった場所
韓国料理屋のマペの隣りにホルモン焼きバル、と名打った韓国立ち飲み屋が出来ました。

こういうお店をサッと見つけてくるのはいつも横浜泥酔ことmoudaさんです。
いつもお世話になっております。

r_IMG_5161.jpg

立ち飲み形式ということで安く韓国料理を頂けるのが嬉しいよね。
そしてこの手のお店って、余人を受け入れ難い雰囲気があったりする問題がありますが
こちらはわりとその辺の敷居低いです。

そしてそしてスジ煮込み、豚バラ、ホルモン、チヂミ、豚足などなどすべて300円ですよ!
お値段含めて魅惑のラインナップ。
石焼ビビンバもハーフなら300円って素晴らしいですよ。

r_IMG_5163.jpg

ホワイトボードには本日のメニュー。
日によって違うものが並ぶんなら、何度でも通えるってモンです。

r_IMG_5151.jpg

取りあえずは久々にホッピーを。
寒い冬でもキンキンに冷えたのが嬉しい。
量もたっぷりあるので、私はコレだけで十分イケそうです。

r_IMG_5152.jpg

最初のつまみにナムルの3点盛り。
300円だけど結構たっぷり。
グループで来てもこの量で十分食べられそうです。

あら、もやしがまだ凍ってる…。

r_IMG_5153.jpg

ということで「これ代わりね」とピリ辛のもやしもつけてくれました。
こういうママの気遣いのあるところもいいね。

r_IMG_5156.jpg

気になった豚バラ肉焼きを。
安いのに結構しっかりした厚めの三枚肉が乗ってます。

焼肉のお店に行かなくてもこれだけ食べられるんだもの
素敵としか言いようがないですよ。

r_IMG_5160.jpg

〆に牛スジ煮込みを頂きました。
こんなお一人様向けのミニ石焼鍋もあるんですね。

グツグツいってて美味しそう。
舌火傷しないように気をつけないと。

これ頼んだ目論見の一つは
石鍋で暖めた匙を先ほどのもやしに押し当てて解凍しようってハラもあったり。

r_IMG_5162.jpg

ちょいと辛く煮込まれたダイコンやゴボウ
そしてもちろん牛スジが結構たっぷり。
十二分に楽しめる量入ってます。

ヤバイな、こんなのがいつでも食べられるとあっちゃ
もう酉の市で煮込みとか食べられんぞ?

r_IMG_5150.jpg

本日のお会計1300円也…やすっ!
こうもお手軽に程よい以上の量の韓国料理が頂けるんですもの

お味もそこそこのお値段のお店に負けてないのですもの
そしてこの気軽さ。
なかなかヤバいお店が出来てしまったと言えましょう。

普段そんなに飲む習慣のない私ですが
軽く一杯ひっかけたい、という欲求に簡単に答えてしまう選択肢が
帰り道に出来てしまったのです。
ああ、ヤバい…これはヤバい…。

横浜市中区若葉町2-15

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】ウルトラヒーローズEXPO2016
01r_IMG_5447.jpg

昨年までこのイベントは「お正月だ!ウルトラマン全員集合!!」というタイトルでした。

夏のウルフェスこそ毎年行ってますが
さすがにこちらはお子様向け傾向強めだろうなぁ、ということでパスしてたんですが

隣りの駅の飯田橋に是非行ってみたいお店があったので
両セットで新年早々に出かけてみました。

02r_IMG_5247.jpg

後楽園なんて何年振りだろう?
どちらかというと「後楽園遊園地で僕と握手!」と、東映のおひざ元なイメージもあります。

入場が既に始まっている時点で最後尾まで500人くらいだと
誘導係のおにーさんが言ってました。
結構並んでるね。

03r_IMG_5257.jpg

ウルトラマンXの世界の防衛隊、XIOの日本支部基地ミニチュア。
X型の滑走路の下、結構構造がスカスカなんですよね。

04r_IMG_5259.jpg

XIOラボの特別顧問、ファントン星人グルマン博士。
博士枠が宇宙人だっていうのはシリーズでも初の試みですね。

歯の生々しさがちょっとキモいけど
愛嬌あるいいキャラクターでした。

05r_IMG_5325.jpg

怪獣好きとしては特撮本編で使用されたぬいぐるみがが見られるのが嬉しい。

なんか鉄骨柵に押し込められてる感じがなかなか雰囲気あってイイ。

06r_IMG_5281.jpg

ツルギデマーガ。
1話に登場した、ゴジラやガメラ等のスタンダードな意匠だった
デマーガが闇のエナジーで暴走した姿。

白目黒目がなくなって愛嬌がなくなり
ゴツゴツした顔がすげーコワくなってます。

07r_IMG_5294.jpg

サロメ星人が作ったにせゴモラならぬメカゴモラ。
アークロンの面影はない凶悪な面構えがよい。

奥はガーゴルゴン。
星の文明を破壊して回った凶悪な強豪怪獣です。
子ども目線の強そうなデザインがなんとも。

08r_IMG_5262.jpg

春に公開予定のウルトラマン50周年記念作。
「きたぞ!われらのウルトラマン」の敵怪獣ザイゴーグと
ベータスパークアーマーを纏ったウルトラマンX。



09r_IMG_5264.jpg

赤と紺の色の組み合わせは超獣っぽいですが
何処となくパシフィックリムのKaijuっぽいところもあります。

10r_IMG_5305.jpg

XIO指令室のセット。
最終エピソードの、ウルトラマンの方から直接防衛隊にコンタクトをとるという意表をついた
しかしそれだけ事態が切迫しているというシチュエーションはトリハダものでした。

11r_IMG_5337.jpg

日産リーフをベースに作られたジオアトス。
車が直接戦闘機のコクピットになるという無茶なギミックでしたが
おもちゃは売れたんだろうか?

12r_IMG_5322.jpg

隣りでちゃっかり休んでるピグモン。
本編に登場したピグモンは顔のデカい通称"モロボシくん"でしたが
こっちの初代に近いデザインの方がしっくりくるなぁ。

13r_IMG_5353.jpg

ウルトラ兄弟対ベリアル。
人気キャラなんでここ数年ショーに出ずっぱり
だからむしろ展示されるのは初めて見た気がします。

悪ガキがそのまま大人になったようなキャラは
ウルトラシリーズのみならず、ヒーロー史に残る名キャラだと思います。

14r_IMG_5372.jpg

しかしこれでウルトラの父と同年代だというのだから
不良中年どころか不良老人の域だよなぁ。

人生楽しそうで羨ましいです、ベリアル陛下。

15r_IMG_5267.jpg

記念撮影コーナー、最初はティガ・ダイナ・ガイアの3人揃い踏み。
なかなか豪華だよなぁ。

16r_IMG_5377.jpg

ウルトラマン50周年、ティガ20周年ということで
Xのアーマーになった時は
肩にウルトラマンとティガの胸の部分の意匠が施されてあります。

17r_IMG_5399.jpg

おしょウル名物キング神社。
ウルトラマンキング詣で…ご利益ありそうななさそうな…。

今年も仁王像役か…とレオとアストラはぼやいていそう。

18r_IMG_5394.jpg

狛犬がわりのガーディ。
かわりというか、超古代狛犬怪獣って肩書なんだからピッタリだよなぁ。

19r_IMG_5398.jpg

もう一体は呑龍。
薬祖神の従者の怪獣って扱いだから、こちらも狛犬向けではあります。

しかしあえてミクラスやアギラなどのカプセル怪獣でなく
ティガやコスモスの怪獣を抜擢するあたりがシブいな!

20r_IMG_5411.jpg

劇場版でウルトラマン、ティガと戦うゴーグファイヤーゴルザ、ゴーグアントラー。
閻魔分身獣なんて肩書がついてるあたり
青鬼赤鬼ってモチーフなんでしょうね。

21r_IMG_5422.jpg

ウルフェスと違ってこちらのイベントのショーは撮影不可なのが残念。
Xの主役大空大地役の高橋健介、オペレーターのタケル隊員、チアキ隊員はすべてのステージに出演。
毎日日替わりで他のXIO隊員がゲストに。

そしてX、ギンガ、ビクトリー、ゼロは声優がオリジナルキャスト、ということもあって
テレビ本編の延長戦感がとても強く

Xはもっと長いこと見続けたい作品だっただけに
このエクストラステージはとても楽しめました。

クライマックス時に洋楽っぽい曲がかかってえらいカッコイイ演出だったんですが
よくよく思い出してみたらまさかのウルトラセブンXのエンディング曲だった!



子供の評判はどうだったろうなぁ?
よくわかんないけどカッコイイ、と思って欲しいと考えるのは大人のエゴかなぁ?

22r_IMG_5442.jpg

史上最大のファッションモデルとして一部の話題になったウルトラの母は
今回はスイーツ工房の店長に。

意外とクオリティ高い感じでしたが
さすがに生クリーム入りのケーキとかセットで買ってもあとで困るのでパス。
まぁ、ファミリー向けの商品です。

公式ページ

例年常にヒーローが会場を巡回して子供たちと遊んでくれていたイベントだったらしいですが
今回はそちらを少し控えてショーの充実を図った印象ですね。
余力があれば隊長がゲストの日に行ってみたいもんです。

11日まで開催しております。
ウルトラマンXを楽しめた方ならステージ、楽しめることと思います。
ご興味があれば是非!

ちなみに私が行った日、NHK朝ドラ「まれ」のヒロイン役の土屋太凰さんが来てたらしいのですが
残念ながら見かけませんでした。
ウルフェスもおしょウルも毎年1人で遊びに行く大のウルトラファンだそうです。
親近感が…。

今年もJRのスタンプラリーがあるようなんで
またそれにかこつけて宿題にしてた東京のお店と併せて
また楽しんで来ようと思います。

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ

飯田橋、贊記茶餐廳の鮮茄豬扒飯ほか
01r_IMG_5467.jpg

昨年、飯田橋に香港式のカフェがオープンしました。
ホンコンマニアクラスタの方々から向こうの茶餐廳そのまんまだよ、と聞いていたので
いつか行こう行こうと思ってるうちに日にちは過ぎ…。

毎年ドームシティでお正月にウルトラマンのイベントをやっているのですが
こちらは今まで行ったことがありませんでした…が
ドームシティは最寄駅水道橋…飯田橋は隣り。

でもさすがに正月は開いてないよな…って2日から通常営業?!
よし行こう!とセットで楽しんでくることにしました。

02r_IMG_5458.jpg

思い立ったが吉日でイベントに向かい
お昼は飯田橋へ。

場所は飯田橋駅地下A5出入口近く。
目白通りの脇道に入ってすぐ。

通常メニューは…わーお、ホントに向こうのまんまだよ!
香港名物の一つコーヒーミルクティ
イギリス版ミロのホーリック
ホットとアイスで値段に差があるのも香港式。

サンドイッチやトーストもあります。

03r_IMG_5459.jpg

茶餐廳というのは香港における喫茶店で
温かいお茶や冷たい飲み物、甘いもの、そして軽食を扱っている飲食店です。

日本の喫茶店は、今では主にコーヒーと茶菓子をゆっくり味わう方にシフトしていましたが
こちらは昭和に多くあった、早朝から深夜まで食事も出来るタイプの喫茶店に近いです。
今は半分ファミレスがその役割を担ってる感じですかね。

というわけでランチメニューもあります。
飲み物とエッグタルトがついてくるところも嬉しいセットです。

04r_IMG_5460.jpg

前は日曜休みだったのでタイミングが難しかったのですが
日曜の営業も始めたようです。

05r_IMG_5475.jpg

値段の表記が花碼だ!

香港で昔から使われている独自の値札の表記法で
もう廃れてはいるものの、昔ながらの粥麺店など一部の古いお店ではまだ現役なんです。
えーと、280、300、280、280、280…であってたかな?

06r_IMG_5462.jpg

先に来ました香港式のミルクティ。
こちらは加糖されてないタイプのエバミルクを使っているようで
元から甘ったるくはないので、砂糖は自分で加えます。

そうそうこの味。
なんか茶葉の風味が独特なんですよね。

一杯だけ煎れるのではなく
大量に煎れるからこそなんでしょうけど
濃く出てるんだけど渋みの出方にエレガントさがない(笑)

安っぽい味といってしまえばそうなんだけど
香港にハマッたことのある人には郷愁っぽい味なんです。

07r_IMG_5470.jpg

豚ロース焼きにトマトソースをぶっかけたご飯。
日本において洋食という、西洋料理とはちょっぴりベクトルの違う文化が出来たのと同じく
香港においての洋食的な食事ですね。

ロースの厚さは日本の洋食屋に比べると厚め
調理火加減ももなかなかリッチな感じ。

だけどトマトソースの味はやや野暮ったく、イタリアでなくイギリス由来だなぁ、と。

野菜が日本だと生レタスになるところを
茹でたキャベツだというのが面白い。

そして乾燥パセリは日本でも同じだけど
白髪ネギがかかったるあたりが中国っぽい。

この安っぽくも味わい深くもある辺りが
「中国」でなく「香港」らしい食事です。

まー正直味求めるなら
より中国らしいねぎ生姜味の方を選んだ方が無難だとは思います(笑)

08r_IMG_5474.jpg

わざわざ飯田橋くんだりまで来て定食だけで終わるのは勿体ないので
サンドイッチ頂きました。

ランチョンミートと卵のサンド。
ちなみに中国語だとサンドイッチは三文治、と書きます。

ランチョンミートはスパムに比べると脂密度薄め、塩加減も薄め。
そして卵は茹ででなく焼いてあるのがミソ。

かつて香港に旅行した時に頂いたのは
薄切りの牛肉が山盛りに入っているサンドイッチでした。

中国の物価高が始まる前で円が強い時代だったので
すごいボリュームなのに日本のコンビニの
ペラペラサンドとほぼ同じ値段だったことに驚愕したもんです。

アレは美味しかった。

09r_IMG_5465.jpg

最後にこちらも香港名物エッグタルト。
サックリタルト生地に
「うん、これは卵だ」と言いたくなるくらいに濃厚な卵カスタードの味。

コイツはガチで美味いんだよなぁ。
まったくの香港の味。

10年ぶりくらいの再会かなぁ。

中華街でも扱ってるお店はありますが
ここまで卵っけが強いのはなかったと思う。

10r_IMG_5476.jpg

こちらはテイクした香港式のメロンパン。
菠蘿包と書きますが、つまるところ向こうではパイナップルパンという認識です。

日本のは白く仕上げますが、香港のはこんがり色。
でもメロンもパイナップルも使ってないのは同じ。

クッキー生地の部分のサックリ感とふんわりしたパンが美味し。
日本のと違って甘み控えめで丁度いい。

11r_IMG_5457.jpg

糖匯が閉店してしまった悲しみを少しでも癒してもらいました。

東京はこういうお店が出ると、すぐマニアが見つけて広めてくれて
それなりに繁盛するという構造があるのが強みですね。

糖匯も東京にあれば繁盛店だったかもしれない…。
まぁ、近くにないと度々寄れなかったんで痛し痒しですが…。

公式ツイッター
参考ページ

ちなみにこちらのお店、アフターヌーンの時間には
出前一丁麺をやっているという…。

アレです、日清の出前一丁を調理した香港の根強い人気のメニュー。

茶餐廳では具入りのインスタントラーメンもメニューにあるのですが
銘柄に出前一丁指定すると料金も割増しだという…。

インスタントを食堂で扱うことを良しとしないのは
実は日本だけっていうハナシでもあるんですよ。

ちょっと食べたかったんですが現在午後1時。

提供は2時からなんで
1時間して戻ってきてまた食べたらさすがに笑われるだろうなぁ、と
今回は断念しました。

まぁ、またそのうち機会もあるだろうて。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

生麦(東寺尾)、カスピアンのオリビエサンド
r_IMG_4534_20151130142200450.jpg

第二京浜沿いのペルシャ料理カスピアン
お店の雰囲気も味もよろしくてお気に入りのお店の一つです。

家から歩いて30分弱。
最寄駅は生麦で、さらに駅から遠いのが
人に勧めにくくて残念なところですが
でも、ご近所さんなら懇意にして頂きたい、いいお店です。

r_IMG_4526.jpg

ランチに新たなメニューが加わっています。

ペルシャ料理の数々も美味しいので
多分普通の洋食もきっと美味しいだろうとは思うんですが
今のところはまだペルシャ制覇を目指しています。

r_IMG_4529.jpg

スープはレンズ豆とネギのポタージュ。
麺もちょっと入ってます。

これが豆のコクがしっかり出ててメチャウマ。
今まで食べた豆ベースのスープの中で一番好きかも。

r_IMG_4536.jpg

さて、今回頼んだのはオリビエサンドという
イランのポテトサラダサンドです。

サラデ・オリビエというのがペルシャでのポテトサラダのことだそうで
でも実は元々はペルシャ料理でなく、ロシアから入ってきた料理らしいです。

19世紀にモスクワに開店したフランス料理店エルミタージュ。
その料理人オリビエの作ったポテトサラダは大人気だったのですが
味の核となるマヨネーズのレシピは明かされないまま彼が亡くなったので伝説となったとかなんとか。

イラン、イタリア、スペインでも人気の料理みたいです。

お皿にはサラダにピクルスが添えられています。
セロリのピクルスが嬉しいね。

こちらのはパンがクロワッサンなんですね。

r_IMG_4535.jpg

そのポテサラ…めっちゃウマ!!

オリビエ本人の味と同じなのか違うのかはわかりませんが
こんな美味しいポテサラは初めてです。

ポテトと一緒に卵サラダも入ってるのかと思うくらい
卵の味がしっかり出たマヨネーズ。
そこに軽く芥子の風味も感じたり。

ほくほくのポテサラもいいけど
マヨ強めのクリーミーなこの味もイケますね。

r_IMG_4538.jpg

いわゆる中東料理とは違うものでしたが
やっぱりこちらの料理は美味しいです。

ハンバーガーやグラタン、ラザニアも
きっとそこらの洋食屋よりずっとグレードの高い味なんだろうなと思います。

公式ページ
参考ページ

試してみたし
しかしもっと中東料理も食べてみたし
悩ましいところです。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

相生町、ぼんふぁむの仔牛ハンガリー風煮
r_IMG_5044.jpg

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願い致します。

さて年明け再開一発目は年末のハナシに戻ってしまいますが

関内ホール近くの脇道にあるフレンチのお店。
わりと長いこと営業続けてらっしゃいますよね。

今まで入る機会を逸していたのですが
ランチのメニューを見てみたら「仔牛ハンガリー風煮」とな?
「パプリカなど野菜ソースで煮込みました」と解説が。

これはつまり、グヤーシュだってことですよね?

ホントは他のお店を目指していたのですが
進路変更ヨーソロー、というわけで
年期の入ったお店に初めて入ることとなりました。

r_IMG_5054.jpg

プロヴァンス独特の曲線のある漆喰壁は年季がはいっていて
10数年どころじゃない経過を感じさせます。
移転前のお店から移築してるのかな?

シェフもマダムもそれなりの歳月を過ごしてきたベテランといった風情。

r_IMG_5042.jpg

スープは一見味噌汁かと思ってしまいましたが
白菜と豚を煮込んだ優しい味。

ああ、これ昭和のレストランの味だわ。
すっごい懐かしい、ノスタルジーに浸っちゃいそうな味。

r_IMG_5046.jpg

おー、シチューは汁少なめのタイプでしたか。
これはまたハイカラな…。

予想と違いましたが、牛肉がたっぷりしていて食べ甲斐ありそう。

r_IMG_5050.jpg

野菜の入れ方も単体でゴロンゴロン、と

ブロッコリーにシイタケに
ヤングコーンにニンジンにズッキーニに
ゴボウ!

芽キャベツ…懐かしいよ、もはや!
何年ぶりに食べたのやら。

きっと当初は新進気鋭なイメージだったのでしょうが
一回り回って懐かしくも新鮮です。

r_IMG_5049.jpg

塊の牛肉を噛みしめる喜びよ。
しかしデミグラでなくパプリカ味の甘みとほんのりの辛みを感じるあたりが
単なるノスタルジーに止まりません。

ちっちゃい子どもの頃に頂いた特別な日の外食っぽくもあり
しかし当時食べたことのないハンガリーの家庭料理的な味わい。

クリスマスを目前に控えた日に頂くに相応しいお味でした。

r_IMG_5038.jpg

かつてはフランスや海外の味を日本に伝える
ハイカラで新進気鋭なお店だったのでしょう。

しかし長いこと味を守り続けると、そこに年季という味が加わってきます。
いつしか伝統と呼ばれるようになるんでしょう。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

あっという間に埋まる店内は
同じく年を重ねた叔母様方

若いころから食べ続けたのかなぁ?

初めて入ったお店なのに
何か歴史と化す流れを垣間見たみたいで
ちょっと嬉しくなりました。

同じように末永く愛されるHPになっていけるかなぁ?
とりあえずは本年
倍旧のご愛顧のほどをよろしくお願い致します。

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR