オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
北仲通、Mr.ヨーロッパのプレートランチ(グーラッシュ)
r_IMG_6155.jpg

選びぬいたもの、集めつくるヨーロッパ料理、と矢野顕子は歌ってませんが
ヨーロッパの各国から美味しいものを一堂に会したイカしたバル、MR.ヨーロッパ

土曜の貴重なお休みを利用して優雅なランチ頂きにあがりました。

r_IMG_6153.jpg

土曜はグランドメニューの注文も可なんですが
プレートランチにグーラッシュ来てるじゃないですか!
これは頼まんわけにいかんわな、ということで。

r_IMG_6156.jpg

今回も旗立ててお子様でなく大人様ランチ状態。
嬉しくなっちゃいますね。

r_IMG_6157.jpg

デザートのブラマンジェに
エビのマリネ
ポテトとチーズのアンチョビがけ
まぁ、前回と同じ内容です。

今回もサラダのドレッシングが美味しい。

r_IMG_6158.jpg

ペンネはカルボナーラのようなクリーミーなソースに
エビとベーコン……ではなく紅芯大根。

皮はグリーンだけど中はワインレッド色。
大根というより蕪みたいだけど
ダイコンより甘みのある風味に身の詰まったような食感がナイス。

r_IMG_6160.jpg

元々ハンガリー料理のグヤーシュ
ドイツやチェコでもグーラッシュとちょいと訛って昔から親しまれているビーフシチュー。

農家の昼ご飯、軍隊の糧食、と様々な層で食べられている料理です。

r_IMG_6161.jpg

こちらのお店のは牛肉を牛スジにアレンジしての調理。
おかげでトロットロのやわらか肉から溢れ出る旨味がたまらない。

この料理のキモの一つであるパプリカの風味は
一見抑えているようでいて
からみ大根にも似たほのかな辛み成分が感じられるのが
なかなかいいバランスでこれまた美味しい。

r_IMG_6162.jpg

こちらのグーラッシュ、食べてみたい料理の一つだったので
プレートランチで頂けたのは僥倖でございました。

他のお客さんのテーブルを見てると
バベットステーキ率高し!

まぁ、あのぶっといハラミ肉がどん、と
まな板プレートに乗ってるのは魅力的ですよね。

公式ページ
参考ページ

しかしチキンのコンフィやカスクルートも非常に美味しそう。
こちらも是非制覇したいお店です。
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

恵比寿、新東記のチャークェイティアオ
r_IMG_6381.jpg

JRのスタンプラリー2回目を回っていた時

夜の予定も特になかったので虱潰しにぐるぐる
30か所近く回って夜も更け

さすがに疲れたな~、軽く晩飯にするか、と思ったあたり
次の駅は恵比寿。

カバンに入れっ放しの宿題の中に
シンガポール料理のお店、新東記があったので
この際行ってみようか、と駅をあとに。

r_IMG_6371.jpg

駅からかなり近いから大型商業ビルの類に入ってるのかと思いきや
駅出たらすぐ線路沿いの裏道へ。

めちゃ繁盛しているサカナバルという魚介バルの2階です。
真下に恵比寿駅のホームは見えるけど
そちらに面しているのは入口と調理場なので
店内は眺めのいい景色というわけではありません。

r_IMG_6372.jpg

シンガポール政府観光局第1号認定店という肩書のおかげなのか
お値段高めですね。
恵比寿値段というのもありそうですが。

店内は観光局認定というわりにはワインバー的なサイズのお店ですけどね。

ラクサは…多分美味しいんだろうなぁ、とは思ったけど
汁麺に1500円は…と躊躇してチャークェイティアオにしました。

タイ、ベトナム、シンガポール等で食べられる
平打ち麺の焼きそばです。

まぁ昼食い過ぎたんで、軽くしたかったんですよ。

r_IMG_6375.jpg

あ、クレイポットライスもあったのか。
そちらにすればよかったかな、とちょっと後悔。

クレイポットライスというのは土鍋焼きご飯。
つまるところ、中華の煲仔飯のシンガポール版です。

しかもここのは沙茶味なのか!
好みなんだよなぁ、あのアジアンカレー的な味付け。

r_IMG_6374.jpg

ディナー時はワンドリンク必須なんだそうです。
というわけでマーライオンビール。

お通しのえびせん齧りつつグビッと。

ああ、電車の乗り継ぎのみとはいえ
ホームの階段の昇り降りだけでわりと運動になるもんです。

そんなわけでビールが美味い。

r_IMG_6377.jpg

濃い茶色の焼きそば。
ソースの粘度高いことを感じさせますね。

中国の黒炒飯は砂糖入りのたまり醤油で黒くなりますが
こちらのはそこに更に海老を発酵させたペーストやタマリンドも加わります。

r_IMG_6380.jpg

甘辛の濃い味つけに
エビの風味まで加わったもっちりの太め米粉麺はベストな組み合わせ。

ちょいお値段高めだけど、悔しいくらい美味いなぁ。

r_IMG_6379.jpg

本来は晩飯の残り物の具材を使ったという曰くのある料理だけに
海老に腸詰に、ハムなのかカマボコなのか判別のつかない薄い塊

いろいろ種類入っております。
各々の量自体はこころもち少ないけどな。

〆代わりの焼きそばとしてこれほど上出来なモンもないよな、と
味的には満足でしたが
値段的には釈然としない気持ちもあったり。

ホーカーズだったらこれいくらなんだろうなぁ、と
先日行って来たばかりのつちころりさんが詳しそうだけど。

r_IMG_6370.jpg

てかホームページのディナーメニューの項にさ
「多民族の食都のシンガポール食文化は外食文化といわれます。
食の楽園だからほとんど毎日外食です。
お店や屋台(ホーカーズやフードコート)は24時間営業が多いので、
1食分の値段が3~5S$(240円~400円)程度で済みます。
だから自炊をすることはほとんどなく、
家で食事を作って食べるというよりも、
外で安価で食べられるホーカーズで食べるほうが、
手間も食費も節約できるのです。」

って書いてあるんですよね。
でもちょい高いんだよね、このお店。

わざわざそんなこと書かくから余計に釈然としないのですよ。

公式ページ
参考ページ

まぁ、そこで文句言うなら旅費払ってシンガポールまで行けよってハナシですね。

恵比寿あたりで飲み食いする人たちからすると
多分フツーの値段なんだと思いますが
横浜の田舎モンからすると、散在した日のトドメの一撃だったなぁ、と。

焼きそばでこれなら他の料理もきっと美味しかろうと思います。

しかし…あ、そうだホントはプラウンミーがないかどうか確かめるために来たんだった。
はい、ありませんでしたよ。
無念。

テーマ:東南アジア料理 - ジャンル:グルメ

新子安(入江町)、鶏と魚お兄ちゃんのおすすめ串盛り合わせ
r_IMG_6524.jpg

金剛商店が満席だったので
代わりに近所で軽く飲み食いできるところないかな、と
記憶を巡らせて思い出したのが

第二京浜と神奈川産業道路の交わった歩道橋の脇のお店、鶏と魚お兄ちゃん
ネーミングセンスとしてはどうかと思うけど

ヘンな名前だからこそ半年前に通りかかって
見つけたっきりなのに覚えてられたってもんで。

そういう意味では正解なのかな?

r_IMG_6512.jpg

入口側にテーブル2卓
奥に座敷?が3、4卓くらいのお店です。

取りあえず生と、お通しのおでんです。
寒い日は初っ端にあったまれていいな。

r_IMG_6517.jpg

居酒屋系で禁煙席アリっていうのは貴重ですね。
お子さん生まれても継続してくれるとありがたいです。

r_IMG_6521.jpg

「取りあえずメニュー」から酢モツ。
茹でたガツをタマネギと一緒に酢で和えたものですが

量多いわ!
280円って値段から小鉢サイズ予想してたのに
予想の2倍以上あるでよ。

酢が効き過ぎてないので結構パクパク食べられるのがいいですね。

r_IMG_6523.jpg

焼き鳥か何か食べたかったので盛り合わせ頼んだんですが…
メニューには6本って書いてありましたよ?

9本って…3本も増えてる!!

ひょっとして盛り合わせは9本のヤツもあったのかと思ったけど
そんなモンメニューにないし…会計も6本盛りの値段でしたわ。

一見さんにまた再訪して欲しいって店主の気合感じますけど
大盤振る舞い過ぎやしないか。

r_IMG_6525.jpg

期せずしてお大尽ですよ。
こりゃ両手の指の間に挟んでウルヴァリン食いとか
ちょぼちょぼ贅沢に食い散らかす長嶋食いとか
いっくらでも楽しめるなぁ。

r_IMG_6527.jpg

量もこれだけあると
さすがにビールも切れたので芋焼酎のいも頂きました。

ロックにしてみたけど強かった。
水割りでよかったな。

そんなに高い酒ではないとはいえ、サービス価格で199円って安っ!

r_IMG_6526.jpg

まだまだ半分以上あるよ~。
よくよく考えたら1人で焼き鳥食ったことなんて今までなかったし
加えて串の焼き鳥自体何年振りかってレベルなんで

今回はその何年分かを一度に味わってるのかもしれないね。

r_IMG_6507.jpg

〆に焼きそばか海鮮丼か、と考えてたんですが
もう十分におなかいっぱいです。

というわけで鶏と魚の魚の方を味わう前に偵察は終了しました。

公式ページ

食べログ等のサイトに記載はありませんが
日によっては結構賑わう模様。
そらこのお手軽値段だからそうなるようなぁ。

あれだ、気がついたら職場で年長になっちゃってて
よく食う飲む若い連中を連れてどっかに入ろうって時には
もってこいのお店なんじゃないかと。

カウンター席ないんで
お1人様で入る時はタイミング考えなきゃな、って問題はあります。

この日は先客ゼロだったんですんなり入れましたけどね。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

関内(相生町)、串乃宴の牛すじ丼
r_IMG_5889.jpg

ちょい前から通りがかりに気になっていたお店。
建物の1階部分がほぼデッドスペースになっていて
スポーツ選手の色紙が大量に飾られています。

r_IMG_5882.jpg

こんな感じ。
店として使うには微妙な広さだからということもあるんでしょうけど
よくわからんスペースだなぁ、と思いつつ通り過ぎてたんです。

昼に通りかかったらランチやってるようだったので
2階の様子が知りたくなって、初めて上がってみました。

r_IMG_5884.jpg

なんか広い!
客席も広ければ、調理場もかなりスペースある様子。

一見格調高そうな雰囲気を醸す屏風とか椅子とか…。
しかし天井近辺のうらぶれた空気も隠しようもなく。

格調高いのか低いのかよくわかりません!

r_IMG_5885.jpg

本店芦屋だっていうから
なんとなく格調高そうなイメージもわきますが
串揚げ屋だし、ランチの内容は居酒屋ランチ的だし。

もー何が何だか分かんなくなってきました。

r_IMG_5890.jpg

頼んでみたのは牛すじ丼。
なんとなく関西上方的なものが来ました。

r_IMG_5891.jpg

赤味噌なんて久し振りに食べるなぁ。
む…なんか不思議な味がする。

赤だしって結構主張強い味噌なはずなんだけど
ダシの味がそれに勝ってる。

なんの味だろ?
昆布や干し魚じゃない…。

牛肉の佃煮に似てるような
いや、干したアサリに似てるような…

見当つかないけど、美味しいですこれ。

r_IMG_5894.jpg

スジの方も結構しっかり煮込んであります。
佃煮とまではいきませんが、コリコリ感楽しむ感じ。

やっぱどことなく関西だなぁ。

r_IMG_5897.jpg

コリコリ感強めてる要素にこの小さく刻まれたコンニャクの存在があります。
これも煮つめたっぽい食感。
というか、干して戻したような食感と言った方が近いか。
でもおかげでこんにゃくなのにスジっぽい食感に。

スジの量がちょっと少ない気がしますが
濃いめの強煮込みに生卵絡めて食べると、やっぱり美味しいです。

r_IMG_5881.jpg

お店の詳細調べてみたら、昨年秋に閉店しているとの情報が。
……え?

住所見たら場所が違いました。
もーちょい調べたら姉妹店だった焼肉のお店幸喜屋が
私の行ったお店の場所に該当。

つまり姉妹店の場所に本店が合流したってことなんですね。

公式ページ
参考ページ
現店舗位置マップ

参考ページ見ると評価の方はそこそこ。
しかし芦屋の本店の方見ると、評価少ない上に惨憺たる有様。
ううむ。

芦屋に本店がある、という情報はハクに繋がらないのでした。

テーマ: - ジャンル:グルメ

曙町、華福酒家の海鮮汁米粉
r_IMG_6469.jpg

曙町16号沿い、風俗店とラーメン屋の立ち並ぶバス通りに馴染む佇まいの華福酒家
見るからにチープな中華料理屋ですが、どこかしら味わいのあるお店なんです。

いつしか南京町の味を標榜するようになってレパートリーが増えて
その辺がなかなか稀有な味だったりで
そういうところがステキなお店です。

r_IMG_6468.jpg

見るからに小汚いカウンターのみの大衆店。
おやっさんも味わい深い顔立ち。
押井守の映画にでも出てきそうな(笑)

一見フツーっぽいメニューから面白げなのを探し出すのがまた楽しかったりします。

r_IMG_6472.jpg

今回頼んだのは海鮮汁米粉。
ビーフンなんて選んだのがおやっさんの琴線に触れたのか
酸筍のビン出して来て「よかったらこれいれましょうか?」って

大好きですよ!
もち入れてもらいました。

福建料理などでお馴染みの竹の子の発酵調味料。
独特の発酵した匂いと旨味が特徴なんだけど
フツーの日本人はこれクサイ、と嫌うような匂いですからね。

でもこれ入れたスープは美味しいんです。

r_IMG_6470.jpg

子供の頃からビーフン大好きだったようで
興がのっちゃっておしゃべり本気モード炸裂。

前に聞いた話と総合すると15の時故郷である福建を出て日本に来て
大衆中華やラーメン屋等で働き続けた、と。

自分のお店を持って続けるうちに南京町、福建、と
自分のルーツの味を考えるようになったって感じでしょうか?

チープな大衆中華ではあるけれど
そこに中国内地への里帰りを果たしているところがあります。

こんな店だけど麻婆豆腐にちゃんと花椒入れてるらしいし。

家族が華僑系マレーシア人をお客に連れて来た時は
酸筍に魚入れたスープ作ってもてなしたなんて話も。

あー、食べたいな~、それ。

日本人は一番美味しいところ料理する時捨てちゃって勿体無い。
一番美味しいのは骨まわりだよ、と力説。

そういうところも含めて愛嬌溢れるおやっさんです。

r_IMG_6473.jpg

汁ビーフンなんて久しぶりに頂きましたよ。
ほのかな酸味とメンマのような発酵味のするスープ
それを吸っていい塩梅のビーフン。

チープながら美味し!

参考ページ

路傍にひっそり咲く遅咲きのリンドウのようなお店
……いや、そんな上等じゃないな。
公園の便所裏に咲くタンポポのような……さすがにその表現はヒドいな(笑)

福満園や味臨軒のような、家郷菜とはいえども料理店ならではのクオリティ、ではなく
ホントに福建の路傍のフツーの家庭のような
チープでありながらも味わい深い料理が楽しめる稀有なお店です。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

白妙町、肴や建の牛ほほ肉の煮込み
r_IMG_5572.jpg

医大通りの平日のお昼時
おねーさんの威勢のいい呼び込みが聞こえるのがここ、

雑然とした店内にどんどん人が集まってきて
和気あいあいとしている様は、下町人情食堂っぽい雰囲気。

r_IMG_5573.jpg

この日の日替わりは牛ほほ肉の煮込み。
こら大当たりの日ですな!

しかし懐石弁当的な器で出していながら
その中にお茶碗入れるという使い方がなんとも。

r_IMG_5577.jpg

キャベツたっぷりの味噌汁が美味しくてお替りしちゃいました。
今日は納豆でなく生卵をお願いしましたが
やけに黄身が黄色い、ちょっと高そうな卵ですよ。

たまたまいつも使ってる安い方の卵が売り切れで
仕入れのお店から代わりにいつもよりいいやつを出してもらったとのこと。

うん、味が濃厚で美味しいですよ。

r_IMG_5575.jpg

かぼちゃにほうれんそう、奥にはがんも、と
不足しがちな栄養を家庭的な味で頂けるのがいいですね。
こういうの、時々体が求めるんですよね。

r_IMG_5574.jpg

やわらかーな牛ほほ肉たっぷり。
洋食屋もかくやというデミグラに生クリーム
とろりとたタマネギもめちゃ美味しい。

弁当箱入りで箸で食べるから
デミグラが残りがちになるのは
コッソリご飯を投入して絡めて頂きます。

あっ……相席になってしまった。
コソコソ。

参考ページ

数そんなに多く用意してないということもありますが
日替わりも弁当もあっという間に売り切れて

大体いつも12時40分くらいに早々にオーダーストップになっている
隠れた人気店なんです。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

西池袋、大沪邨のスペアリブの黒酢炒めほか
01r_IMG_6626.jpg

本場そのまんまの上海料理が食べられるお店ということで
前々からチェックしていた池袋の大沪邨。

そういいつつも実は味坊鉄鍋荘の予約が取れなかった。
次点候補にしてた高格が日曜お休みだった

という感じで流れ流れてこちらに落ち着いたんだけど

まぁ行きたかったお店だからいいのだ!

待ち合わせの時間ちょい前についたら誰もおらず
同じく時間守ってきたもう一人と…お店入ったら
「早めについたんでもうはじめちゃった」とか抜かしてやがる!
きーさーまーらー!!

その時の私の心象風景といったら、こんなかんじデスヨ。
20分前について刻限まで外うろついて時間をつぶしてた俺の気持ちを考えろー!

誰が待ち合わせ前にはじめるに言い出したか、と
醜い責任のなすりつけ合いを肴にまず生をガーっとあおりました。

r_654258_2199491085_7large.jpg

まぁ、食べさしの画像あげてもご覧になる方とお店に失礼ですので
先に食ってたメンツの撮った写真を借りてUPしておきます。

上海味噌味アヒル…お店のHPと色合いがぜんぜん違いますね。
味噌というけど、アヒルの醤油ダレ煮込みみたいな感じ。

ほろほろに煮込まれてて美味いです。

r_654258_2199491062_137large.jpg

香菜と推し豆腐の胡麻和え。
地方問わずに中国で広く親しまれている前菜メニューです。

r_654258_2199491070_209large.jpg

空豆の葱香り。
こういう地味な料理が食べたかった!

とろみのついた葱油のソースで炒め煮した空豆。
皮ごとパクパク頂けちゃいますよ。

r_654258_2199491068_93large.jpg

上海風蒸し鶏は名古屋コーチン使ってるみたいです。
骨まわりの肉と皮がウマいところに
付属のちょっぴり甘めのネギ醤油ダレがまたいい味です。

06r_IMG_6627.jpg

既に無くなっていたスペアリブの黒酢炒めを再注文してもらいました。
黒酢?炒め?どっちでもない気がします。

とろとろっとした黒いソースは甘いんですが
これ砂糖入れたソースというよりは水飴使ったものっぽい気がします。

叉焼や腸詰に使われる水飴ソースを更に煮詰めたらこんな感じかな?って味
スペアリブも長いこと漬け込んで煮込んで凝縮されたかのよう。
これがなんかえらい美味いです。

これはソース自体も楽しみたいと思って
花巻がないか聞いてみました。

上海人に伝えるのに四苦八苦しましたが
「マントウ」でなんとか通じた模様。

開いた皿を片付けに来てもこの皿だけは死守しました。

07r_IMG_6629.jpg

煮込みマコモ。
こちらも同じくの甘めのソース。
しっかりめに煮込まれたマコモのコリコリした食感が美味。

08r_IMG_6630.jpg

金ニラと牛肉炒め。
金ニラというのは黄ニラとは違うんだろうか?

黄ニラほどには青が抜けてはいないニラ。
半分ネギみたいでしたが
牛肉のめっちゃやわらかい調理と適度な塩加減でこれもかなりウマいです。

09r_IMG_6632.jpg

板春雨と高菜の煮込み。
これも大好きな料理。
こちらの春雨はダイナミックに太めで
かつ原料の緑豆っぽさが強く出てて食感よし。

そこに高菜漬けのいい酸味と塩気が加わってたまりません。

10r_IMG_6634.jpg

ようやく花巻来た!
6人で4つ…多いか少ないか悩み処だったんですが
これはまたずいぶんボリュームある花巻です。

饅頭の皮のみの蒸しパン的な花巻。
これで先程のスペアリブのタレ頂くと…予想通りめっちゃウマい!

しかしこれだけの料理を頂いた後で
パンにタレつけたのが美味いと言っちゃう俺らってどうなのよ?

11r_IMG_6635.jpg

油ふの肉包み。
肉団子を湯葉のような薄めの麩で包みこんだ料理。
家庭料理のような垢抜けなさがまたいい味わいです。

12r_IMG_6639.jpg

魚のスープは是非食べてみたかった!
イシモチが一匹まるまる入っている高菜スープです。

フナ使ったのを食べてみたかったけど
イシモチがフナになるだけでお値段倍になっちゃうからな。

13r_IMG_6640.jpg

使い込んでる土鍋は結構深め。
相当に料理のエキスが沁み込んでるよなぁ、と思います。

14r_IMG_6641.jpg

こちらも高菜漬けの酸味と塩気に
魚まるまるのダシのいい味が出ていて
体にしみじみと感じる滋味の味です。

15r_IMG_6643.jpg

デザートはどうしよう、と考えて
結局先程のスペアリブ3皿目と
ナズナと肉入り上海風揚げワンタンを頼みました。

ワンタン皮を揚げて酢醤油ベースのタレにつけて頂くと
中華というよりベトナム方面の料理っぽく感じます。

16r_IMG_6645.jpg

そんなわけで遅れて来た分を取り返すようにひたすら食っていた感じです。
もーこれ以上入らん、というくらいに頂きましたよ。

まだまだ田鰻やら魚の煮込みやら臭豆腐やら
食べてみたい料理はたくさんあれど
胃袋が受け付けるのはこのくらいが精いっぱい。

ちなみにこちらはお店で使ってる電卓です。
デコし過ぎ(笑)

17r_IMG_6615.jpg

ちなみにすぐ隣りのビルに羊の丸焼きが頂ける聚福楼があったり
もーちょい駅寄りにヨルダン料理の月の砂漠があったりします。

公式ページ
参考ページ

池袋の辺りもいろいろと異国のマイナージャンル料理の吹き溜まりでもあるんですね。
こちら共々また行ってみたいなぁ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

西荻窪、大岩食堂の4種のカレープレート
r_IMG_6302.jpg

一昨年の秋に西荻窪にエリックサウス卒業組の人が
南インド料理店を開店させたというニュースが入って来ました。

横浜在住の人間からすると西荻は遠いいよな
で終わってしまうところなんですが

酒屋のダンナであるアニキから
お得意さんが独立したのでお祝いがてら宴会をしに行こう、とお誘いがあり
次の週に…という時からアニキが日曜休みが取れなくなり
結局1年以上伸び伸び。

r_IMG_6297.jpg

その後も機会なさそうだったので
こちらもJRのスタンプラリーのついでに遠征して来ました。

西荻の駅すぐ近くの高架線下のスペースに商店街があり
その中にありました。

途中信号を渡るところだけ屋根がないので
駅から一切濡れずに、というわけにはいかないのが残念(笑)

テーブル2卓とカウンター、キャパは14人くらいの小さなお店です。

でも貼り紙がしてあるように、ちょくちょくイベントを開催して
インド方面の食文化の発信基地にもなってるみたいです。

ラダック料理のランチプレートなんて食べたいなぁ。
月曜の昼限定とか…さすがに無理だけど。

r_IMG_6294.jpg

先払い方式で注文します。
3種は日替わりと豆カレーとサンバルのセット
4種だとそこにラッサムとヨーグルトが追加されます。

r_IMG_6315.jpg

この日の日替わりはこんな感じ。
野菜枠のロマネスコのカレーなんて面白そうだけど
カキ食べたい!
ということでハラは決まり。

r_IMG_6299.jpg

ちょいとしたミールズ状態の4種盛り。
プレートが木なのがインド式とちょっと違うところ。

パパドはかなり油でツヤツヤ。

r_IMG_6301.jpg

トマトベースの軽く酸味のあるラッサムは
インドの味噌汁的存在。
野菜カレーはナスを中心に各種。

どちらもインドらしい鮮やかなスパイス使いを見せつつも
いたずらに鮮烈さに溺れず、一般の味覚に馴染ませるラインで留めてる味。

確かにエリックカレーの系統です。

r_IMG_6300.jpg

しっかり豆の旨味エキスの出たダルカレーに
溶けてほぼペースト状になった刻みタマネギに浮かぶ牡蠣のカレー。

r_IMG_6306.jpg

牡蠣は大きめのものが5つ。
皿の大きさに対しての牡蠣の占める量が多いですよ。

スパイスと牡蠣のマリアージュというよりは
素材としての牡蠣そのもののぷっくり感を前面に出した感じ。

r_IMG_6310.jpg

チャイもついてきます。
この器で出されると
宙でカップから受け皿に流してまた戻して、ってやりたくなるなぁ。
そこまでアツアツじゃないのでこのままで十分ですけどね。

r_IMG_6314.jpg

ついでにマンゴークルフィも頼みました。
こちらはスパイスは入れず、練乳とマンゴーの丁度いいバランスの甘さ。
カシューナッツとレーズンが入ってます。
しかしレーズンがカッチカチだな!

r_IMG_6293.jpg

窓に映り込んでいる青を見ればわかる通り
お向かいはローソンです。

つまり駅前でコンビニエンスな立地。
フツーならカレースタンドか立ち食いそば辺りがあるような場所に
本格的な南インド料理店があるわけです。

なんて贅沢な!

公式フェイスブック
参考ページ

店長さんはお休みを取ってはインド方面に旅行に行って来て
長期間現地を彷徨いつつ、そこで得た経験を味に活かすという…

あるイミ味の修道士ですね。

俺より美味い奴に会いに行く、みたいな。

改めて思うのは、こういうお店…横浜近辺に来てくれないかなぁ。
まだまだ絶対数圧倒的に少ないんですよ、ホント。

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ

関内(相生町)、モンテの魚介のポワレ、焦がしバターソース
r_IMG_5868.jpg

関内ホール脇の細道、ぼんふぁむの並びにあるビストロです。
お昼時はわりと人気店で、お客さんいっぱいで入れなかったことが何度か。
何度目の正直だろうなぁ、ようやく入れました。

r_IMG_5863.jpg

オーナーシェフと奥さんでやってるのかな?
フロアの奥さんがよく気の回る人でサービス等いい感じ。

r_IMG_5862.jpg

こういう絵描けるって強味ですよね~。
いろいろ気になってしまいます。
土鍋焼きのウニ飯…美味しそうだ。

r_IMG_5861.jpg

この日のメニューはこんな感じ。
ジャンルは絞らずなんでも、なんですね。

関内より海寄りのエリアの洋食系としては割と価格抑え目です。
その辺もお昼客が多い理由でもあるんでしょうね。

r_IMG_5866.jpg

サラダは中東っぽくドレッシング2種がけ。
これいいね!

乳白のサワー味と野菜ベースのオレンジ
合わさるとこれが2倍どころじゃない相乗効果醸して美味しいんですよね。
そして千切りのニンジンがまたこれに合うんだ。

このサラダは当たりです。

r_IMG_5870.jpg

メインに頼んだのは魚介のポワレ。
有頭エビとベビーホタテ、そして鰯の3種が盛ってあります。

高温のバターでこんがり焼けた魚介美味し。

元々肉料理用に生まれた調理法ですが
魚の方が美味さ引き立つと思うな。

r_IMG_5877.jpg

スナップえんどうとポテサラ付。
バターはバゲットで拭って食べるよ。

エビはもちろん頭部解体して味噌までしっかり味わいました。
アタマ有りならやらいでか、ですよ。

r_IMG_5880.jpg

ドリンク付なので〆のコーヒーでゆるりと過ごしました。

ボリューム的にはやや足りない感がありましたが
後からきたおば様方はみんなワイン頼んでました。

そうか…ランチだけどそういう使い方されてるお店なんですね。
だからいつも混んでるんだ。

r_IMG_5860.jpg

…あ、前菜500円で頼めるサービスもあったのか!
それ頼めばよかったなぁ。

公式ページ
参考ページ

もーちょぃお店の評価するのに材料足りなかったから
次来た時は前菜もお願いしよう。

…夜来てウニ飯食べたい気分も…。

テーマ:ビストロ - ジャンル:グルメ

末吉町、ペリートのタイ風つくね
r_IMG_5095.jpg

黄金町脇道のダイニングバー、ペリート

洋食とタイ料理をメインとしつつ
ランチには多方に及ぶエスニックやら創作料理屋ら出てくる
ちょっと面白いお店です。

今日はタイ風つくね、ということで即そちらを頼んだのですが

r_IMG_5094.jpg

ガパオライスならぬガパオサンドなんて面白いものもあったんだなぁ。
あと卵サンドがゆでじゃなく焼きなのも貴重です。

r_IMG_5096.jpg

タイのつくねといえば、レモングラスの葉に巻いて作るイメージがあります。
タイ語でなんて言うんだろう?と調べても引っかからなかったけど
代わりにこんなもんが!

捏造の捏の字とか一体どっから出て来たのやら…
それを精査もせずそのまま商品化するとがヒド過ぎて笑うわ、こんなん。

r_IMG_5097.jpg

おあげの味噌汁に
菜の花ともやしとニンジンのお浸し風サラダ。
菜の花がなかなか美味しい。

r_IMG_5101.jpg

こういうでっかいつくねこそタイ風ですが
ナンプラーでなく焼き鳥に使うような甘く煮詰まった醤油。

そして焼きネギ!焼きナス!
カンッペキに和風にふってますがな!

しかしこのネギとナスがめっさ美味しいんだよなぁ。

r_IMG_5098.jpg

つくねの方もタイで使うようなスパイスは一切使ってなく
これはもう完全なジャンボつくねになっています。

丁度いい焦げつきのつくねに、醤油ダレ
やっぱりメチャ美味しいんだようなぁ。

卵の黄身もソースに合わせてあります。
みっちり具合の鶏挽肉のつくねと一緒に頂くとなお美味し。

タイ要素全く感じないけど、でも美味しかったんだからよし!

r_IMG_5103.jpg

久し振りに食後はココア頂きました。
食後をのんびり過ごせるのもこのお店の魅力です。

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

大口(入江町)、ダイニング信のれんこんソースの和風ハンバーグ
r_IMG_5536.jpg

スポーツクラブのメガロス手前にある食堂、ダイニング信
夜でも美味しい定食類が頂けるとあって、結構重宝してます。

晩メシ時に向かいのカチャカチャカフェとメニューを見比べたんだけど
どちらも日替わりはハンバーグ
カチャカチャはデミグラ、信はれんこんソース。

何だろう、れんこんソースって?
ということでハラは決まり。

r_IMG_5537.jpg

小鉢にサラダにデザートに、と嬉しくなっちゃうセットです。
赤ダシの味噌汁久し振りに頂くなぁ。
美味い。

r_IMG_5538.jpg

自家製っぽい胡麻、醤油、オニオン等入りらしいドレッシングがまたいい味。
あとオマケとはいえこちらのもちもちの豆乳プリン、これも大好き。
どういう配合でこんなもっちもちになるんだろうなぁ。

r_IMG_5540.jpg

アツアツのハンバーグの上でゆらゆら踊る刻み海苔が香ばしい
上の白いのがまるでとろろのように見えますが、これがれんこんソース?

摩り下ろしてるっぽくとろろに近いです。
でも粘度はそんなになし。
ふんわりしているけど、れんこんらしいシャッキリしたところも感じます。

r_IMG_5544.jpg

味つけはとろみ醤油系。
味自体は淡泊になりそうなれんこんのすりおろしに合わせるためか
ちょいと濃いめの味つけ。

これがいい具合の濃さでめちゃめちゃ美味しい。
アッツアツのハンバーグをはふはふ言いながら頬張る嬉しさと言ったら!

非常に満足感高い和の膳でした。

参考ページ

この日はお客少なめでしたが
日によっては親子連れ客が沢山入っていることもあります。

飲み助だらけのお店でないことが安心だということなんだと思いますが
もちろん酒やつまみの類もあります。

個人的にはやはり夜でも定食アリなのが嬉しいですね。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、今人の中華風焼きうどん
r_IMG_4906.jpg

山東菜館という中華の中でもちょっと独特な地方料理の扱いのあるお店今人
まぁ基本はフツーの町中華なんですけどね。

お昼に目の前を通りかかったら日替わりランチに
中華風焼きうどんなんてあったので興味津々で寄ってみました。

中華でうどん……うどんは日本産ではありますが
奈良時代のころ中国から持ち込まれた菓餅をアレンジしたものだと言われていますので
関係ないってワケでもないんですよね。

r_IMG_4902.jpg

グランドメニューにこんな料理があります。

鳥冬はうどんの中国での当て字です。
日本の麺料理として中国で食べられるところもあるみたいで。

r_IMG_4904.jpg

タンタンと書いてあるからには辛いのかな?
見た目はまるっきり日本の焼きうどんと変わらないですが…

r_IMG_4908.jpg

しかしこれが意外とピリ辛の味つけ。
辛くなさそうだったのに辛い。

辛いのが食べたかったので個人的には嬉しかったんですけどね。

たまり醤油っぽいコクのある甘めの醤油味に
辣醤っぽいピリピリした辛さがじわじわ。

r_IMG_4911.jpg

赤いのは唐辛子?と思いきや普通にパプリカ。
具材は他には細切りした豚に煎り卵にキャベツ、モヤシ等。

日本だと卵は彩りのためにソースに絡ませ過ぎずに
黄色い色彩を添えるのに使うもんですが
こちちらはグルテンミート扱い並にがしがしソースに馴染ませて真っ黒。

でもこのガッツリ油と調味料と馴染ませて
高火力でガガッと炒めた肉と野菜とうどん。

やはり美味しいです。

参考ページ

中華料理屋ってだいたい在日中国人のおっちゃんがやってるイメージですが
こちらは料理人も給仕もわりと若めに見える方々。

開店してから1年も経ってないこともありますが
まだまだ若々しいお店です。

店舗自体は前から中華料理屋居抜きだから
フレッシュな感じはぜんぜんないんですけどね。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

鎌倉市御成通、スパイスハウスペペのマサラライス
r_IMG_6038.jpg

御成通の終わり際の横道をちょい進んだ先にあるスパイス料理のお店ペペ
イチオシメニューのマサラライスというのがどうしても食べたかったんです。

r_IMG_6022.jpg

今回は店頭の看板の限定メニューに牛めし、とな。
スパイスは関係なさそうだ。

マスターの話によると1945年に新橋で初めてお店を出した時はすき焼き屋だったそうで
五條って名前はそれなんですね。

つまり、牛めしは開店当初の復刻メニュー的なものなのか。

r_IMG_6024.jpg

今回もお水はシナモン水。
心地よい香りのするお水です。

r_IMG_6026.jpg

先に来たのは薬膳スープ。
黒酢とクコの実と生姜と長ネギ入り。

焼肉屋のスープにちょいと似た味ですが
黒酢とショウガの風味が非凡な味に。
そしてクコの実を口に含んだ時のほのかな甘さが
またいい味加えてくれるんですよね。

r_IMG_6032.jpg

サラダのドレッシングは飲めるくらいに軽めにしてあるので
スパイスも辛くないのでたっぷりかけちゃってください、とのこと。

r_IMG_6035.jpg

ざんざんかけて頂きましたよ。
ホント辛さは控えめな配合だけど、食用増進する香りと味です。

r_IMG_6037.jpg

マサラカレーではないマサラライスです。
シャバシャバなスープはカレーといっても差し支えない辛さの
ちょっとオイリーなスープ。

上にトッピングしてあるのはハラペーニョの酢漬け。
青唐辛子ですが、これはそんなに辛くはないのでパクパクイケます。

r_IMG_6039.jpg

薬膳的な考えなんですかね。
これ鶏の食べられる部位ぜんぶまとめて少しずつ、な組み合わせです。
モモも胸もレバーもスナギモもひと揃えでワンセット。

スパイシーな味付け加減がとてもよく、美味しいですこれ。
キーンとはこないけど、じわじわ体が暖まってくるのを感じる。

r_IMG_6040.jpg

これは…スプーンがとまらんっ!
うまい、もっと食べたい。
ハマる味です。

いろんな部位が混じってるからこその鶏のダシの美味さもあるし
最初はオイリーかなと思ったけど
口から体内に抜けていくスパイスの心地いい風がたまらん!

いつしかうっすらと汗をかいてました。

店を出ると外は刺すような風が吹き抜けていたけど
スパイスの効果で十分耐えられそうです。

参考ページ

何処となく昭和の頃の本格インド料理店の味って感じだけど
これはクセになるなぁ。

また食べたくなる味。
鎌倉にお寄りの際は是非に、とオススメしたくなるスパイス料理です。

ホント美味しかったぁ。

テーマ:創作料理。 - ジャンル:グルメ

関内(常磐町)、サバイクラパオのカオソーイ
r_IMG_5933.jpg

横浜のカオソーイ食べ比べ再び。
HP見た限りでカオソーイを扱っているタイ料理屋でまだ食べていないのは
ベイスターズ通りにあるサバイクラパオ
久方ぶりに入りました。

r_IMG_5930.jpg

平日夜に訪れると、他にお客がいなかったので店員さんもまったりムード。
シェフはいつぞやのイケメン好青年でなく
ボクサーっぽいGIカットのあんちゃんでした。

こちらのメニューは日本語訳した料理名とタイ語なんで
タイ語の音だけで記憶してる料理知識が半分役に立ちません。

カナー入りチャーハンっていうのは面白いですね。
カナーというのはカイランのことです。

r_IMG_5931.jpg

おっ、冬限定でトムセーブがあります。
タイのちょっと辛いモツ煮込み。
これも美味しいんですよね。

r_IMG_5935.jpg

ともあれ今回はカオソーイだ!
おお、こちらのカオソーイは赤い。

独自色強めな味ってことなんでしょうか。

r_IMG_5938.jpg

箸箱から箸出してみると、後ろの方がこんな作りになっています。
これは後ろ側を菜箸代わりに使うのに向いているかいないか…。

r_IMG_5936.jpg

お味は…よそのお店よりちょい辛め。

最初にカオソーイならではのカレー粉っぽい風味がきますが
その後に続いてくるこの辛さは、レッドカレーの味だ。

本式のカオソーイではないということになりますが
でもきっとシェフが「こうした方が美味しいよね?」と加えた独自の味なんじゃないかと思います。

その工夫、イエスだね!
美味しいですよこれ。

r_IMG_5940.jpg

レッドカレー…つまりゲーンペッ寄りのカオソーイ。
中華麺との相性も良くてイイ感じです。

具材は紫タマネギにキャベツにもやしに青ネギに鶏肉。
そしてライム代わりのレモンとパクチー。

タイの高菜漬け、パカッドーンは入ってないんですね。
そこはちと残念だけど、なくてもないなりに美味しいからOK。

公式ページ
参考ページ

変則的ではあるけど
現時点で横浜市内で頂けるカオソーイとしてはこれが一番好みですね。

横浜の外なら川崎のムーハウかなぁ。

テーマ: お鍋 スープ 味噌汁など - ジャンル:グルメ

四谷坂、タシデレのロサルセットと【おまけ】スタンプラリー
r_IMG_6284.jpg

またJRのウルトラマンスタンプラリーにかこつけて東京遠征。
カバンに入れっ放しの宿題(地図のプリントアウト)から選んだのは
チベット料理のお店、タシデレ。

お店の存在を知ったのは、昨年の国際フェスタ
チベット交流会のブースにてチラシを配っていたのを貰いました。

場所は市ヶ谷、靖国通りの防衛省の前!
なんかミスマッチなロケーションですね。

r_IMG_6273.jpg

行った時期は丁度チベットの正月にあたる時期、ということで
店内にはお供え物がしてありました。

揚げ餃子の化け物みたいなのが!
あれホンモノなのか飾り付け用のイミテーションなのか…はて。

r_IMG_6272.jpg

ランチはこんな感じ。
チベット料理のお店ではありますが
インドカレーも扱う必要アリな辺りがネパールと同じなんですね。

チベット版肉じゃがのピンシャ
チベット版小龍包のモモ
チベット版すいとんのテントゥク

と、モモ以外は食べたことのない料理で気になりますが

r_IMG_6267.jpg

年に5日間だけの正月料理が頂ける日にたまたまあったので
ここは一つお祝いに乗っかってみることにしました。

r_IMG_6270.jpg

夜のメニュー。
羊とダイコンのスープ美味しそう。

r_IMG_6271.jpg

モモはネパール・インド料理屋で普通に見かけますが
元々チベットからネパールに伝播した料理です。

チベット仏教は牛肉ってオーケーなんですね。

r_IMG_6275.jpg

要予約ですが鍋料理もあるみたいです。

r_IMG_6276.jpg

料理より先にお菓子の方が来ました。
お菓子が前菜的な立場になるんですかね?

デシというのが甘いお粥、とのことでしたが
お粥というよりはおこわですね。

くるみとレーズンが入っていますが
実質甘いのはレーズンだけです。

カプセというのは揚げ菓子
中国の麻花(マーファ)とほぼ同じです。

バター茶は塩味のミルクティ。
バターバターした感じはなく
塩の代わりに砂糖入れれば十分ミルクティで通用します。

r_IMG_6281.jpg

お馴染みのモモ。
こちらもほぼ中国の水餃子と同じです。
豚挽肉から溢れる肉汁を閉じ込めたもちもちの生地美味し。

ちなみにチリソースと醤油が出されますが
チリソースはネパールのゴルベラアチャールと違って
トマトとタマネギから作った西洋的なチリソース。

だけどほのかに山椒の辛さもします。

スンラブは日本や中国でもお馴染みのダイコンとニンジンの漬物。
塩気も酸味も控えめの優しい味。

r_IMG_6282.jpg

そしてドトゥクは豚の挽肉入りの麦粥。
挽肉たっぷりで麦はどろどろにとけています。

味つけはシンプルに塩だけで
その塩もかなり控えめ。

粗食というか素食というか
すっごく素朴な料理ですね。

r_IMG_6265.jpg

といわけで肉は使うものの僧侶の国らしく
なべて素朴な料理のオンパレードでした。

防衛省前となると客層はどんなだろう、と思ってたけど
女性客でほとんど埋まっていました。

ロハス的にウケがいいのかしら?

公式フェイスブック
参考ページ

各種イベントに参加したり主催したり、と
日本におけるチベット文化の発信基地的なお店でもある様子。

しかし俗っぽい自分としては
あぶらのよーく乗った羊肉のたっぷりした料理を頂きたいところです。


さて、おまけでJRスタンプラリーの様子からちょいとウケたのを貼りますね。

r_IMG_6408.jpg

今回の有楽町はバルタン星人Jr
Jr本人同様にノリノリ過ぎる。
やるな有楽町駅!

r_IMG_6406.jpg

Jrだからこそ「フォッフォッフォッ」ではなくフハハハハなんですね。
地味にマニアックですよ。

r_IMG_6405.jpg

ちなみにウルトラファイトでははさみをとって木刀持ってたりしましたね。

r_IMG_6403.jpg

生命の概念さえ理解し得なかった初代バルタン星人に比べると
えっらく俗っぽいのがジュニアの特徴。

そしてその限りなきチャレンジ魂は5代目、6代目へと受け継がれていきます。

JRウルトラマンスタンプラリー公式

開催期間は26日までです。
さすがに全駅制覇するつもりはないけど、都区内パス有効な場所は回っておこうかな、と思ってます。

テーマ:アジア料理 - ジャンル:グルメ

末吉町、さんきゅーのシーフードカレー
r_IMG_6151.jpg

黄金町方面の阪東橋バス停前のパチンコ屋三益球殿。
パチンコに興味は全然ないのですが、とある日

r_IMG_6141.jpg

1階入り口の方にこんな張り紙がしてありました。
ちょっと気になっちゃって、お昼をここで頂くことにしました。

r_IMG_6147.jpg

居酒屋、と書いてありますが
ほぼカラオケスナックですね。

こちらに入ったのが初めてなら
この建物自体、入ったの初めてですよ。

いかにもスナックのママ的なおばさまが迎えてくれます。
お客さんはパチンコらしいおじさん方。

お昼だけどスナック的な会話がなされてるあたりが立地なりだなぁ。
パチンコ勝った負けただのって話題が中心になりがち。

r_IMG_6143.jpg

店名のさんきゅう通り
つまみのお値段は390円均一みたいです。

チキチキボーンって、日清のアレか!

r_IMG_6144.jpg

昔ながらのカレーにはらっきょうと福神漬けがつきもの。
ポテサラ、ハムが入ってるのがいい。

r_IMG_6150.jpg

プラ食器で出てくるあたりがちょっと給食的。
イカ、エビ、アサリのシーフードにしめじの入ったカレー。

辛さはほとんどナシのご家庭タイプ。

r_IMG_6149.jpg

懐かしの味に浸りつつ頂くジャパニーズカレーです。

シーフードが入ると代わりに野菜がないのがちょっと残念だなぁ。
もっともっと家庭チューンの野菜ゴロゴロのカレーが食べてみたい。

r_IMG_6142.jpg

情報なし
住所表示代わりに三益球殿のHP貼って気がつきましたが
三益ってさんきゅーでなく「みます」って読むのか!
初めて知ったよ。
だから略称MQなのか。

知ってる人からすれば今さらでしょうけど
目の前を通り続けて10数年、初めて知る事実。

サンキューだから中のお店もさんきゅーなのかと思ってたよ。

お昼から500円でスナック的にママさんとの語らい等など楽しめる人には割安。
酒飲まないとイミねーじゃん、って意見もありますわな。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

吉野町、アワーグラスの海老フライ&串かつ定食
r_IMG_4795.jpg

ロックおやじのロックバー、アワーグラス
ロックだけどメシうまいぜ!
OK!

ブログ覗いたらメニューは

国産上豚ロース串カツ
(アスパラと新たまねぎを挟んで)&
海老フライ手作りタルタルソース添え定食

とのこと。

先日ハンバーグ優先して串カツ食べ損ねたから
今度はフライ攻勢にチェックインだ!

r_IMG_4796.jpg

カツオだしのしっかり効いた味噌汁にどんぶりめし
自家製のソースと従えて
やってきましたのはジェェェェェムズ・ブラウンッ!もとい
串かつに海老フライ。

r_IMG_4798.jpg

屋台の二度づけ厳禁の串かつとは違う
本格的なトンカツ屋顔負けのでっかい串かつ。

新たまねぎにアスパラを伴った上ロースの見事なコンビネーション
サクサクに揚がった衣に自家製ソースも官能的。

r_IMG_4801.jpg

海老フライも自家製タルタル
酸味の少ないまろやかな味。

ランチのエビなんて、大抵のお店は衣厚めにして誤魔化すもんだけど
こちらのはロックおやじこだわりのしっかり身の詰まった満足サイズ。

数量限定だから出来ることではあるんだけど
海老フライ食べたくなったらここ、って選択肢も十分アリだと思えてきましたよ。

r_IMG_4802.jpg

コーヒーに甘納豆がこちら流のクルージングタイム。
バラード聴きつつ心穏やかに〆たいもんです。

公式ページ

この日はライブ録音の市民のためのファンファーレがBGM。
アーロン・コープランドの作曲したアメリカのオーケストラスコアですが
あれ?ELPってマスターのシュミっぽくない気が…と思ったら
続く曲はどう聴いてもストーンズのホンキー・トーク・ウィメン。

該当するアルバムを検索かけてたらこちらがヒット
すっかり少ない情報で曲探し当てるのが楽しくなってます。

スティックスもカバーしてるんですね。
というかELPより前にやってたのか。

テーマ:串カツ - ジャンル:グルメ

みなとみらい、ムンバイのバーベキューセット
r_IMG_4884.jpg

みなとみらいのマークイズ地下1階食品館にある
インド料理屋のイートインムンバイ

立ち位置の中途半端なマークイズのしかも食品売り場となると
ガッカリな内容なんじゃないの?という大方の予想を覆して
実は意外と良質なインド料理屋だったりします。

インド系イベントでは結構お馴染みのお店です。

r_IMG_4883.jpg

カウンターに乗ってるガネーシャ像…
これラップトップか!

流石IT大国インド。
神様もしっかり電脳化の流れに馴染んでおります

つーか二人並んでると「流石だよな俺ら」とか言ってそうですよ。

r_IMG_4885.jpg

カレー2つ選択のセット、一見量産型インド・ネパール系のお店と変わりなく見えますが
実はカレーの入ってる皿がちょっとだけそれらのお店より大きめ。

サフランライスは少なめだけどナンは十分大きくて丁度い焼き具合。

r_IMG_4886.jpg

カレーはチキンとマトンを選びました。
それぞれちゃんと色が違うので
ベースのカレーから違うものだとわかります。

スパイスもそれなりに効いてて濃さも味もしっかり
肉もたっぷりで、イートインにしては十分すぎるくらいのクオリティです。

r_IMG_4890.jpg

イチオシなのはタンドリーチキン。
セットのチキンってみみっちいサイズのことが多いけど
こちらのは十分な量でふっくらしたヤツがつきます。

肉の質も焼き上がり具合も味もそこらの量産型より頭飛び抜けてますよ。
これ頂くだけでも十分な価値ありです、こちらのお店。

公式ページ
参考ページ

食品館なんで弁当もうってますが
ナンもチキンもやっぱり
温め直すより圧倒的に焼き立てが美味いので
使うとしたらイートインで食べることをお勧めします。

テーマ:インド料理 - ジャンル:グルメ

曙町、めしや七福の豚の生姜焼き定食
r_IMG_6241.jpg

中郵便局からイセザキモールに向かう途中の横道
玉仙亭の並び、アロイ・タイの向かいに居酒屋兼めし処が出来ていました。

開店ホヤホヤの時期に塵壺日誌にて紹介されていました。
相変わらずメチャ早ッッ!

r_IMG_5711.jpg

実はこちらも継いで何度か訪れていたましたが
記事にするのは初めてですね。

新しいお店なのに懐かしい
温かい雰囲気が良いなと思ってたのですが

r_IMG_5956.jpg

最初の紹介は「こちらならでは!」
という料理が見つかった時がいいかな、と温存してました。

r_IMG_6239.jpg

開店当初3種しかなかった定食が、今ではこんなに。

ハムエッグ定食って昨今見ないですよね。
そういうのもあるの、いいなぁ。

r_IMG_6240.jpg

定食に先駆けて先付が来ます。
切干、卵焼き、厚揚げ
どれもめし処の手作りならではの丁度いい味加減。

そして春雨の中華風サラダ…これ懐かしー。
春雨に冷やし中華っぽいタレと錦糸卵とハムを混ぜたサラダ。

これ最近はスーパーの惣菜くらいでしか見かけないですよね。
こちらも濃すぎず酸っぱすぎずの味わいがイイ!

r_IMG_6242.jpg

今まで品数多くともさほどボリュームはなかったのですが
生姜焼きならいけそうだ、とご飯の量大盛りで頼みました。

正解だった、ボリューム結構ありますよ。
食べ甲斐あるなぁ。

味噌汁も揚げ、ダイコン、ニンジンの具満載。

r_IMG_6245.jpg

ポテサラも美味い。
でもじゃがいものフライとかぶってる?
と思ったらサツマイモのフライでした。

で、メインの生姜焼きがメチャ美味いのですよ。
肉もたっぷりですが
上に乗ったタマネギもたっぷり。

これに絡んでるタレの濃い味がとてもイイ。
ショウガだ!という一歩ギリギリ手前で踏み止まり
甘辛味に心地いい味わいを加えてくれています。

r_IMG_6246.jpg

子供の頃ってタマネギはとろとろに火が通ってないとダメだったんですが
こちらのシャッキリ感を僅かに残す火の通り方…美味すぎる。

ああ、タマネギ沢山食べられてしあわせ。
肉もたっぷりでしあわせ。

心もち粘度高めのタレが豚肉とタマネギにのって
ほとんど残さずにタレ味わい尽くせます。

まぁ、余ったら余ったでキャベツに吸わせて食べる楽しみもあるんだけどね。

r_IMG_6247.jpg

ふいー、おなかいっぱいでございますよ。

食後にコーヒーのサービスもあります。
昭和っぽくアメリカンですけどね。

r_IMG_5962.jpg

開店からひと月ほど
ますます温かいもてなし感が増していくお店
オススメです。

参考ページ

開店して間もないのに
長年営業しているかのような円熟感はなんなんだろうなぁ。

というか新規でこういう昭和的な居酒屋めし処ってタイプのお店は貴重ですよね。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

真砂町、関内のんきのしろたれ他
r_IMG_5929.jpg

先日遥か堀切まで出かけて行って人気店ののんき
感動的な美味さのもつ焼きを堪能して来た記憶もまだ新しく

関内に姉妹店があるんだから、そちらの様子も伺ってみなくちゃ、と
少し前の平日に出かけて行きました。

r_IMG_5920.jpg

取りあえずまずはかけつけ焼酎ハイボール。
一杯180円からあるのですが
こちらは大ジョッキ360円、氷なしでお願いしました。
お通しはちぎりキャベツ。

r_IMG_5921.jpg

通常メニューはこんな感じ。
おっ、ハツモトがあるじゃないですか、やったー!と注文

r_IMG_5922.jpg

最初に頼んだタンとハツモト。
あら、見た目本店のと違うな。

焼き加減は上々
いい炙り具合で十二分に肉の旨味が凝縮されている感じです。

r_IMG_5925.jpg

ねぎまはハラミ肉とネギの組み合わせ。
1本から頼めるのがお1人様には嬉しい。

r_IMG_5926.jpg

本店でも見かけなかったタンモトを頼もうと思ったら売り切れ
ということでカシラ頂きました。

r_IMG_5927.jpg

最後にのんきの代名詞と言えるしろたれを。
こちらはモツについた焦げ目加減がいい感じで
この品が一番本店に近い出来かな。

……なんでここまで本店との比較についてあまり言及しなかったかというと…。

焼き加減、十分上手いんですよ。
上手いんですけど…

こちらが「上手い」なら
本店はもはや「神業」レベルなんです。

いくらクリリンや天津飯が強いと言っても
フリーザやセル相手にはどうにもならない…と。

しかも焼き加減の上手さだけじゃなくて
肉の質、量、鮮度、どれもズバ抜けてるんですよね。

きっと仕入れに関しても最良と言えるルートがあるんでしょう。

本店との比較するは酷、という結論です。

r_IMG_5919.jpg

十分にもつ焼き屋として十分美味いことは確かです。
でもやっぱり別モノと言わざるを得ないなぁ。

こちらだけで「人気だっていうけどのんきもそれほどじゃないね」って言う人は
是非堀切まで出かけて欲しいな。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

ああ…また堀切まで行きたくなってきた。
もしくはあのレベルのお店探さないとなぁ。

テーマ:もつ焼き・焼きとん・煮込み - ジャンル:グルメ

中華街、華錦飯店にて魚介三昧
r_IMG_6214.jpg

宴会の人数が揃いそうだったので中華街へ
更に大師兄も来られるということで
気分大きめになって華錦飯店で食おうということになりました。

r_IMG_6198.jpg

大師兄とは香港の南丫島の水上レストランで海鮮食べた仲ですから!

さすがにこちらは生簀ではないですが
魚屋の店先で獲物を選んで調理してもらえるというのは
きっと楽しんでもらえると。

人数多いもんだからカネのこと気にせず皆我がままに注文し放題だ!

r_IMG_6202.jpg

先にピータン豆腐。

r_IMG_6200.jpg

このサイズの海老は多分中華街でも一番安く頂けるんじゃないかと思います。
そのまま食べても美味しいですし
ニンニク醤油ダレを出してくれるので
それをつけてもまた美味し。

r_IMG_6207.jpg

今回は初っ端から紹興酒。
ザラメと話梅出してくれるので、梅入れてみました。

r_IMG_6204.jpg

念願のマテ貝!
海岸で採れる竹ヘラみたいな2枚貝です。
これなかなかお目にかかれないんだよね。

r_IMG_6208.jpg

1枚でこの十分なボリューム。
揚げて香味野菜を乗せた調理。

びにょーんと伸びる身。
旬にはちょっぴり早いけど、それでも美味いですよ~。

r_IMG_6213.jpg

牡蠣はいつもの通り福建風のお好み焼きにして頂きました。
そしてピータン豆腐にはピータンが足りない、とピータン単品でも頼んでたり。

r_IMG_6215.jpg

蒸し魚にしてもらったのが何だって言ったかな
グチだったっけか?
コウギョの仲間だと言ってたんですが
香魚だとアユだし、煌魚だとチョウザメだし、公魚だとワカサギだし
黄魚?

イシモチがむっちりしている身なのと違って
こちらはとろーんと柔らかい食感。

香味醤油ダレの味がまたたまらん!
もちろんご飯を出してもらってたっぷり汁吸わせて頂きました。

r_IMG_6218.jpg

こちらはコチの煮付け。
煮付けとはいうけど
日本のとは違って焼きと煮るの中間くらいの感じ。

中華の紅焼という調理法に近いものなんじゃないかな?
店長曰く田舎料理なんだそうです。

見た目は深海魚だけど、身がかなりしっかり詰まってます。
普通こういう切り身って1皿1つなイメージなので
こんだけ切り身ごろんごろんなのは新鮮です。

r_IMG_6221.jpg

そしてあなごのフリッター。
店先で見事な大きさの物を選んだので
揚げると更にボリューム増して凄いことになってます。

r_IMG_6226.jpg

ぷりんぷりんの身とサックサクの衣の間には紅麹がつけてあります。

砂泥に住む魚だから臭みを取るために生まれた調理法ですが
紅麹の独特の風味と塩気が非凡な味わいになっていてサイコーに美味い!

r_IMG_6227.jpg

スープを頼むのを忘れていたわい、と海鮮とろみスープを
魚介ダシと生姜の味で体が暖まります。

r_IMG_6229.jpg

トドメの一撃!
海鮮汁ソバ。
こちらも魚介の旨味が濃縮された汁に浸かった麺が美味いこと。

参考ページ

こちら支店がオープンしたので
サービスの質が分散されることになるんじゃ、と心配しておりましたが
どうやら杞憂のようです。

接客上手のおねーさんはいませんでしたが
初めて見る中国の訛りの抜けきってないにーさんは丁寧で誠実な接客でした。

ともあれやはりこちらの醍醐味は魚屋で選んで調理頼むことですね。
魚屋料理店兼業の店長さんのアドバイスもあるので
初めて頼まれる方でもきっと楽しめるんじゃないかなーと。

蒸し魚とかは人数必要ですけどね。

でも6人こんだけ大物食って
紹興酒は3年もの2本にビール、ソフトドリンクで
1人アタマ5000円越えません。

南丫島や西貢と違ってぼったくられる心配もないし(笑)

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

蒲田、ロイラのネパールターリセット
r_IMG_5767.jpg

JRスタンプラリーの台紙を取りに行くために蒲田まで出かけようとして
…さて、ついでに何か手頃なランチのアテはあるかな、と調べてみたら
ランチにダルバートの扱いのあるネパール料理屋がオープンしたらしい。

ならばいってみよー!と蒲田駅から外に。

r_IMG_5747.jpg

お店は3階なんですが
エレベーター乗った瞬間にもう、香しい匂いがするんですよ。
スパイスだけでなく、発酵調味料の独特の香りが!
これは期待できそう。

店内に入ると、こら明らかにスナックの居抜きですね。

r_IMG_5746.jpg

ランチメニューはこんなところ。
よくあるお店同様にインドカレー中心ですが
ネパールターリ、という名前でのダルバートがあります!

r_IMG_5751.jpg

あら、ピンボケっちゃったい。

モモやチョウメン、アチャールやセクワまでなら概ねのインド・ネパール系でも扱ってますが
つぶした干し米のチウラや、内臓炒めのブツワ
そしてネパール式のスープカレーもちゃんとメニューにあります!

r_IMG_5755.jpg

ドリンクのマンゴーラッシーやサラダはよくあるタイプですが

r_IMG_5757.jpg

これこれ!
こちらのターリーはちゃんとマトンもネパールのスープカレーですよ。

実はお隣の大森駅近くのタカリバンチャでもほぼ同じものは頂けますが
そちらと遜色ない内容です。

r_IMG_5764.jpg

ダイコンの漬物ムラコアチャールはクセのない食べやすい味。

豆のカレーは…
ニンニクとネパールの岩塩の効いた塩気の強い味。

少々しょっぱいけど、そこがまた美味しいんだよね。

r_IMG_5763.jpg

ほうれん草炒めのサグプデコは結構たっぷり。
こちらもニンニクが効いてますが
風味が中華とはぜんぜん違うんですよね。
これも美味しい。

マトンは骨付きの弾力の強い部分。
これを骨からこそげる様にとって食べるのがいいんですよね。

スープ状のカレーも独特のスパイスと岩塩効いてる。
クセになる味なんですよね~。

r_IMG_5743.jpg

惜しむらくはタカリバンチャより山椒の効きが弱いこと。
あとゴルベラアチャールが添えてあるとよかったんだけどね。

サグプデコ多めだし、肉の量ややこちらの方が多めだというのが軍配かな。

大森より蒲田の方が用事のある確率高いから
そういう意味ではこの地にあるのは有りがたいですね。

参考ページ

場所は蒲田西口右手の斜め道をちょっとだけ進んで
もち月とダンススタジオの間の通りをちょっと進んだ先。

3階にも入口にも看板がありますので
そちらを目印に入って下さい。

この調子で本格的なネパール料理
もっと横浜方面に下ってきてくれないかなぁ。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

鎌倉市御成町、バーチーズのUS牛タンプレート
r_IMG_6018.jpg

年末の昼過ぎに鎌倉の御成通を歩いていたら
住宅地に曲がる角にBBQランチとか書かれた紙がかかっていました。

紙が雨に濡れて店名が分からなかったのですが気になっていたので
年明けてから、今度はお昼前に様子を見てみました。

細い脇道はお店があるような通りには見えませんでしたが
喫茶店やこちらのお店が、住宅地の中にひっそりとありました。

さて、どんな様子かなと、伺ってみたら
山男のような立派なヒゲの店長さんがランチもやってます。どうぞ、と出て来られて
これも何かの縁かな、と入ってみることにしました。

r_IMG_6005.jpg

まだ真新しい炭火焼グリルBBQバー。
なかなかいい感じの雰囲気です。

r_IMG_6003.jpg

現在のランチメニューはこんな感じ。
ホントは今日はペペで食べる予定だったんで
一番軽そうなものを頂こう。

軽そうに見えるのはチキンラップロールだけど
イモが量ありそうな気もするんで、牛タンにしよう。

r_IMG_6008.jpg

セットのスープは鶏ダシの白菜とバジル入り。
いい味出てるところに、生バジルの香りがいいアクセント。

r_IMG_6019.jpg

なかなかいいカンジのプレートが来ましたよ。
牛タンって仙台風の焼きかシチューくらいしか食べる機会ないので
アメリカンな焼き方って逆に珍しいです。

r_IMG_6015.jpg

グリル野菜はじゃがいもとカブとヤングコーン。
炭火焼した野菜って結構美味しいんですよね。

特にヤングコーンがいい具合の甘さがあって、めっちゃウマ。
ヤングコーンだけつまみでまとめて注文して食べたくなる。

r_IMG_6014.jpg

塩胡椒の加減が何処となくアメリカン。
素材の旨味を十二分に引き出す影ながらのバランスでなく
ワイルドに齧り付け、というタイプの牛タン。

こういう食べ方もいいね。
胡椒の効きが肉の旨味にあいの手入れてる感じかな。

r_IMG_6021.jpg

お値段考えると、ソフトドリンクは込みであって欲しいな、と思っちゃうけど
まぁその辺は鎌倉値段かな。

でも駅近辺にはあんましない、炭火焼グリルのお店。
昼とか夜の飲み食いに新たな持ち駒が増えたというところですね。

英語でしか表記のなかったBarchie'sという店名の読みはバーチーズのようです。
店主が千葉さんなのでって……シャレかい!

山男然とした外見のわりに物腰柔らかな店主の接客もいい感じ。
その辺もやはり鎌倉ナイズってところなんでしょうか?

公式フェイスブック
参考ページ

調べてみたら年末ギリギリに開店したばっかりなんですね。
まだまだフレッシュなお店。
今後が楽しみです。

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、鳳凰楼点心舗のトマト海鮮ラーメン
r_IMG_4589.jpg

しばらくの間営業を休止していた鳳凰楼点心舗
営業を再開したら中華風クレープとか
ちと気になるメニューが入口のガラス戸に貼ってあります。

r_IMG_4587.jpg

現在提供されてる定食はこんな感じ。
本店と同じです。

r_IMG_4590.jpg

試してみたのは定食にはないトマト海鮮ラーメン。

中華料理、麺類でトマトを使うのは
本場ではさほど珍しいわけでもないのですが
日本であまり見かけませんよね。

トマトはわりと素材を選ばず合わせられて
しかも美味しく頂ける食材ではあるんですが

でも相性よくするためには香辛料調味料等のバランスを考えなければならない
簡単なようでいて難しい側面もあります。

r_IMG_4591.jpg

んで………うん、タンメンにトマトピューレ缶叩っ込んだだけだわ。
色合いといい、ヘタだけ解けずに残ってる具合といい
トマト缶ですね。

ベースのタンメンは塩味のベーシックスイタル。
海鮮とはいうけど、イカの切れ端2つとハマグリ4つ。

具が足りない分は鶏肉で補填してあります。
あと野菜はチンゲン菜。

r_IMG_4594.jpg

味としてはタンメンにトマトピューレ合わせただけという
それ以上でもそれ以下でもない味です。

まぁ、それでもフツーに頂けてしまう辺りがトマトの強みでもあり
弱点でもあり…というところかな。

バジル入れるとか
タマネギとニンニク炒めて合わせるとか
ちょっとひと工夫すると格段に美味しくなるんですけどねぇ。

参考ページ

ホントは件の中華クレープ、蛋餅果子らしきものも食べてみたかったんですが
2階に上がったら意外とお客さん多くて
ちょっと時間が怪しかったので今回は流し。

今度時間がある時に頼んでみようと思います。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

阪東橋(浦舟町)、ライジングサンのおふくろの味ランチ
r_IMG_6109.jpg

普段昼時にあまり利用しない浦舟方面を歩いていたところ
南区総合庁舎の向かい側、Cafe House 彩味玉の入っているビルの隣りの
スナックにランチの看板がかかっているのを見つけました。

r_IMG_6115.jpg

11月から、ってそこそこ前からやってるんですね。
500円というのは有りがたい値段設定です。

外食の多い自分にとってはおふくろの味、というのも
なかなかいいポイント。

r_IMG_6114.jpg

しかもバイキング形式ですよ。
500円でバイキング、破格です。
よし今日はこちらで決まり!

r_IMG_6106.jpg

2人がけテープル3卓、カウンター5席くらいだったかな?の
よくあるこじんまりしたカラオケスナック。

非常に家庭的的で健康的な料理がカウンターに並べられています。

r_IMG_6107.jpg

鍋そのまんまの気取りの全くない置き方。
でも500円なんだもの、十分です十分。

r_IMG_6108.jpg

目新しさはなくとも、体がこういうご飯をほしがる時はあるもんです。
飲んだ翌日とかね。

そして食べたい量を自分で計れるのもバイキングならではの強み。
家庭料理で、500円なんだから元をとる、とか気張る必要ぜんぜんナシ!
体の力を抜いて食べれるご飯です。

r_IMG_6112.jpg

蕗と筍の煮物
ブリ大根
じゃこ菜
ひじきと豆の煮もの
切干

濃すぎたり薄すぎたりしない家庭的なチューニング。
非常にフツーな味で、非常によろしい。

r_IMG_6110.jpg

味噌汁はえのきとしめじ入り。

クリームシチューは野菜の種類多め
肉はチキンでなく豚だというのが面白い。

コーンの味が強めかな?
家庭向け的に乳成分弱め、ちょい薄めな仕上がりではあるんだけど
でも食べてるうちに体が求める感じ。

なんかいくらでも食べられそう。

r_IMG_6117.jpg

ランイジングサンって店名がいかにもだなぁ、と思ったら
フィリピンの国旗がありますね。

おかあさん、普通に日本語喋ってたから日本人かと思ったけど
もしかしたらフィリピン人かハーフかも?
顔をまじまじと見たわけじゃないから記憶があやふや…。

個人的にはフィリピン料理も混ぜてくれると嬉しいけど
それは浦舟界隈の客層遠のかせることに成りかねないから
これで正解なんだよなぁ。

マピオンリンク

参考ページありませんので
マピオンのページ貼っておきます。

来週から南区総合庁舎の業務が始まるから
いきなり混み出すかもしれないなぁ。

テーマ:バイキング - ジャンル:グルメ

中華街、東北人家新館の羊の背ガラ肉の鍋セット
r_IMG_6073.jpg

中華街にはまだ少ない中国東北料理というジャンル
その中でも鍋に特化した東北人家新館

今回は羊鍋を食べるべく来ました。

r_IMG_6075.jpg

こちらはお1人様からでも鍋が頼めるのがいいですよね。
2人だったので2人用で頼んでみました。

来ると同時にもうグツグツ煮えております。
準備万端OK!

r_IMG_6074.jpg

背ガラ肉、ということはつまりバックリブ。
蛇腹状の部分が主ですが
ちょいと顔覗かせてる部分の骨の大きさからすると仔羊かな?

r_IMG_6077.jpg

基本背骨にこびりついている肉を食べる料理なんで
箸と指でこそげつつ頂くことになります。
あちちちち。

しかし美味い。

r_IMG_6079.jpg

鍋セットとのことですが、背ガラ鍋に限っては野菜等はナシで
バックリブ一本という内容なようです。
と、途中まで食べて他に皿来ないので気づきました。

ならばまずは薬味にパクチー。

r_IMG_6082.jpg

続いて太春雨に湯葉
この辺の具は羊の旨味をすくうのにいい具材です。

r_IMG_6083.jpg

さらに薬味は韮花醤と腐乳。
ニラの花の塩漬け味噌と中華版の豆腐よう?
どちらもクセはあるけど煮込みや炒めの味つけとして抜群の美味さを発揮します。

前回は腐乳は白い液状タイプだったんですが
今回は紅麹で赤く染まった固形。

r_IMG_6086.jpg

野菜はレタスをチョイス。
ああ…もう鍋やるともはやマトモに写真撮ってないですね。

鍋物にレタス、という組み合わせは日本人からすると奇異に映りますが
中華の鍋では湯がくようにして頂くと美味しいんですよ。
腐乳なんかの濃い味にも合うし。

…日本式の鍋でもポン酢につけたりすると合いそうな気もしますけどね。

r_IMG_6084.jpg

まだ食い足りない、ということで羊肉の薄切り150gを2セット。

r_IMG_6085.jpg

軽いからいくらでも食べれちゃう気がするね。

と、まぁ
今回前菜とか〆とか抜きに徹頭徹尾鍋だったんで
写真の見栄えとしては今一つでしたね。
うーむ。

r_IMG_6087.jpg

突き出しのピーナッツほとんど手をつけてなかったところに
韮花醤と腐乳が余ってたので
漬け込んで食べてみる。

これはウマイ。

北門通りの土産物屋で
賞味期限間近の腐乳安売りしてたりするので
あれ買ってきてウチで落花生つけてみようかな。

ヒトサラ 店舗ページ
参考ページ

入店した時は先客0だったのですが
次々中国人のお客が来て、全員鍋物を頼んでました。
東北方面から出稼ぎに来てる人たちなんでしょうね。

この日、中華大通りをタクシーが列なして走ってました。
なんかあったんでしょうか?

テーマ:鍋料理 - ジャンル:グルメ

横浜橋、ピーの鯖カレー
r_IMG_5648.jpg

今日も通うタイ料理店主のおとっつぁんのフリーダムなカレーの店ピー

概ねの料理食べたところに
「今日は珍しいのがあるよ」というのでオーダー。

r_IMG_5143.jpg

階段の途中でかしこまってにゃーにゃー鳴いてたねこ。
しばらく前までわきまえてた感じだったんですが。

r_IMG_5145.jpg

もー最近はすっかり慣れたもんで平気で降りてきてまとわりつき。

つまり、階段の上からしきりににゃーにゃー言ってたのは
「そっち行ってもいい? そっち行ってもいい?」
「だめって言われないから行っちゃうよ」
って、そんな感じだったんでしょうね。

r_IMG_5649.jpg

さて、おとっつぁんオリジナルのサバカレー。
一時期流行った缶詰モノのとは違って揚げてあります。

r_IMG_5650.jpg

それはそれとして今日のカレー、独特な匂いがします。
これ発酵したタケノコですね。

匂いがダメな人も多いかもしれませんが、これ好きなんですよね。
独特の酸味と塩気とこの匂い。

鯖の臭みを消しつつ味わい深くなるこの組み合わせはいいなぁ。
とても美味しいです。

r_IMG_6069.jpg

すっかり人の膝の上を定位置にしちまいやがって。
いや、ウェルカムですけどね。

今日はお手つきダメだぞ。
タマネギ入ってるからな。
赤血球壊しちゃうからいかんのですよ。

人懐っこい子だから
もう猫カフェいらずですね、ここ。

参考ページ

おしやべりが止まんない愉快なおとっつぁんと
癒し系ママさんと
もふもふ担当しろいちゃん

人によって合う合わないはあるかもしれませんが
楽しい隠れ家カレーです。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

野毛(花咲町)、雅の鶏モツ煮ほか
r_IMG_5978.jpg

中華街や関内界隈で飲み食いした後は
大抵腹ごなしに横浜駅まで歩いてるんですが
途中、成田山の前辺りを通ってます。

先日初めて入ったイタリアンのアイユートと同じく気になっていたお店、若鳥焼きの雅。
横浜泥酔で何度か紹介されていて、入ってみたかったんですよね。

満を持しての入店です。
雑誌でも紹介されたとあって混んでて入れなかったらどうしよう、と思ってたけど
空いてたよ、よかった。

r_IMG_5970.jpg

取りあえずは小手調べ、と
角ハイと手羽焼きのお得なセットから。

カウンターでゆるりと飲みつつ鶏が焼けるのを待ちました。

そうそう、お店の人は
先日アイユートでお見かけしたご夫婦?で間違いなかったですよ。

r_IMG_5973.jpg

店主が食鳥処理免許を持っていて捌き立て。
そういうお店って結構高かったりするんですがこちらはリーズナブルなお値段が魅力。
こちら角ハイとセットで700円ですよ。

捌き立てということもあって手羽はむっちむち。
ああ、食材の鮮度高いのの焼き立てってこんなに美味しいモンなんだなぁと、ちょっと感動。

香りもなんか独特。
なんだろ、鶏なのに磯の香りがするのはなんでなんだろ?
ついさっきまでサザエでも焼いてたみたいな匂いがします。

これは別に鮮度の問題は関係ない気がする。
塩かなぁ?

r_IMG_5975.jpg

ぼんじりを辛みで。
コチュジャン味のぷりんぷりんなぼんじりも美味い。

ああ、チャクラ…ではなく食欲が全開になってくのを感じます。
調子出て来た。

r_IMG_5977.jpg

鶏モツ煮を頂きました。

これがまためっちゃウメーーー。

トリモツ煮って食感も味も地味な印象があるんですが
こちらはハツをメインにコリコリした食感が楽しめます。

そして余所のお店のゆうに3倍はモツ入ってますよ!
1.3倍じゃなくて3倍です。

さらに旨味の出た汁がほんっっっと美味いの。
鶏の脂以外の旨味の部分がよっく出てて
それがじんわり体に染み入る感じ。

r_IMG_5983.jpg

も一つサービス品、角ハイと骨なし手羽から揚げ。

揚がり具合もよし
肉はやわらかーで、天然のチキンナゲット状態。
クズ肉の塊ではないからむちっとした歯応えがありつつ柔らかくて、最高ですわ。

こら、モモで頂いたら絶対にウマいに決まってます!

r_IMG_5986.jpg

〆の炭水化物につけ麺。
こちらのスープは鶏油の旨味が美味く出つつもあっさり仕上がり。

r_IMG_5989.jpg

ちぢれ麺もむっちりシコシコで美味い。

惜しむらくは、これスープが先程のモツ煮の汁と同じものだったらなぁ。
したらもっと美味しいに違いないと思います。

公式フェイスブック
参考ページ

お会計は3000円割ってます。
リーズナブル!

まぁ、一人だと食べれる量こんなモンですよね。

ここはあえて心残りを残すことにしました。
もも焼き、ももから揚げ。

絶対美味いと思うんだけど
さすがに今日は胃に入らない。

絶対次来て頼もう、と心に決めつつお店を出ました。

しかしいいお店の割にお客少ないですね。
野毛界隈で飲み食いしようってんなら
こちら行かないのは勿体ないと思いますよ。

小さいお店だし
行列出来る様な繁盛店になったらお客としては困るわけですが
でもオススメだ!

テーマ:鶏肉料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR