オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
鎌倉雪乃下、サンドイッチショップ・ピギーズのチョリパパス
r_IMG_3992.jpg

元町から鎌倉に移転したペルーサンドイッチのピギーズ
鎌倉に行った折にはいつも寄らせてもらっています。

今回はいつものおねーさんは居らず
久々にお見かけする日系ペルー人の店長さん!
夏の間は海の家で営業していたそうです。

r_IMG_3604.jpg

まだちょい暑かった時分だったのでパッションフルーツのジュースでクールダウン。

他のお店で頂いたパッションフルーツジュースって
オレンジの苦味と酸味を強くした感じの味だったのですが
こちらのはパパイヤあたりの南の国の果実のような甘みが加わってます。

これはこれで飲みやすくていいですね。

r_IMG_3614.jpg

先日頂いたパン・コン・チチャロン。
元町では頂いてる料理ですが、こちらもパワーアップしております。

厚切りにした豚肉の繊維と脂加減がイイ。

r_IMG_3989.jpg

今回頼んだのはチョリパパス。
見ての通り輪切りにしたチョリソとフライドポテト山盛りに
ペルーの唐辛子ソースとマヨとケチャップをかけたという
もろにジャンク オブ ジャンクな一品です。

r_IMG_3991.jpg

濃い味辛い味複雑に絡み合ったB級だぼだぼソースに
カリッと香ばしく揚がったイモの美味しさといったら!!

そして香辛料の効いた肉汁溢れるソーセージ。

ああ、ホントにたまらん!

大量の炭水化物と油と塩分摂取することになるわけですが
体に悪いものってなんでこんなに美味しいんだろう、と
幸せ噛みしめちゃうわけですよ!

公式フェイスブック
参考ページ

基本こってりメニュー寄りのお店なので
茹でたチキンとかツナとかのあっさり系メニューも加える予定らしいです。

元町店の時からの野望、ペルーの牛肉野菜炒め
ロモ・サルタードもメニューに加えたいと思っているそうですが
選んだヒレ肉がちょい高くて悩んでるそうな。

わりとヒマな日だったようで
この場所でどういうメニューにするといいか

店長さんと2人してあーでもない、こーでもない、ととりとめのないブレインストーミング
なんか面白いオヤツの時間でありました。

微妙にコワモテ顔だけど、ホントは話しやすい明るい店長さんです。
スポンサーサイト

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ

吉田町ハロウィン2016
01r_IMG_5774.jpg

昨年の吉田町カクテルパーティから
開き直ってかハロウィンイベントと銘打っての吉田町ハロウィン。

当日昼ベトナムフェスタin神奈川に出かけて帰ってきて
夜から再び出撃、というダブルヘッダー

まぁ遊びなんだから忙しいも何もないわけですけどね。

路面が濡れてるから雨降ったんだなぁ、なんて思ってましたが。

02r_IMG_5770バルQ

取りあえず食う!
お好み焼き屋でワインバルという面白いコンセプトのお好み焼き×ワインバルQ

イイダコのガリシア風なんてものがありました。
スペインの有名な茹でタコ料理ですね。

03r_IMG_5772.jpg

んが、じゃがいも切らしてしまったとのこと。
ということでイイダコ増量版。
普通のタコの代わりのイイダコも美味し。

04r_IMG_5768日の出サンテーズ

ちょいとステージ拝見。
最近近辺のイベントでよく見かけるようになりました日の出サンデーズ
ぬいぐるみを着ての主に懐メロ歌謡の歌演奏。

ゲゲゲの鬼太郎とか…ある意味ハロウィンにピッタリの歌ではあります。

05r_IMG_5776シルバーバック

ライブとステーキのお店というシルバーバック
前から看板見かけて気になってはいました。

06r_IMG_5778.jpg

ジャークチキンタコスなんて料理が!
ジャークチキン好きとしては見逃せません。
ひたひたジャマイカンなタレに漬け込み焼いたチキンを
トルティーヤに挟んでパクッ!

メリハリの効いたジャマイカ味にメキシカンソースも加わったタコス
ややメキシコが勝ってるバランスだけど
この組み合わせもなかなか美味いです。

07r_IMG_5775スパーダ

バー・スパーダさんは名前からするとイタリアンなのかなと思ったけど
フェイスブック見る限りだと地元密着型バーっぽいね

08r_IMG_5791.jpg

スペアリブのみそスープなんてのを頂いてみました。
まんまスペアリブを味噌汁にぶち込んだ料理でした。
こんな組み合わせでも十分美味しく頂けちゃうんだなぁ。

去年同様に今年も寒いからスープが美味いこと。

09r_IMG_5792ベイクルーム

開店早々こんなお店が欲しかった、と評判な焼き菓子等のお店ベイクルーム
夏に頂いたケークサレも美味しかったので

10r_IMG_5793.jpg

今回はサツマイモとゴルゴンゾーラのキッシュ
キッシュのベシャメルとゴルゴンゾーラの相性はばっちり
そこにサツマイモも合うんですね~。
美味しいですよ!

11r_IMG_5796.jpg

さて楽しみにしていたバンド演奏。
ホンキートーンクマン…もとい
フレンチクルーラー食べ過…ゲフンゲフン
本牧のおっちゃん達のブルースバンド、待ってました!

扮装通りのバーニングラブやら
ビートルズやら
ドゥービーブラザーズやら

自分のリアルタイムより上の世代だけどカッコいい曲を
長丁場のステージでたくさん披露してくれました

12r_IMG_5797チキチキ

吉田町の顔の一つ、イタリアンのチキチキタンタン

13r_IMG_5798.jpg

タピオカ入りのマロンホットドリンクなんてのを扱ってました
寒いからこそ嬉しいホットなドルチェ
ブランデーも垂らしてくれて寒い中温まります。

14r_IMG_5804.jpg

中央のステージで次のブルースバンドの演奏が始まりましたが
雨がどんどんひどくなって本降りの様相

15r_IMG_5802.jpg

コンディション悪くて休止してたポールダンスが瞬間披露されて
おとーさんたちも満面の笑顔。

16r_IMG_5806レーロイ

お馴染みベトナム料理のレーロイ
お子様も出店のメイン担当になるくらいに成長してらっしゃいますな。

17r_IMG_5808.jpg

鶏のおかゆ頂きました。
シンプルだけどこういうのが一番温まるんですよね。
しっかりした味もついてるけど
最後にフライドガーリックとネギと胡椒と
最後にハイミー一振り。

科調はなくても多分美味しいけど
でもこういうのもいいもんです。

18r_IMG_5809.jpg

雨がかなりひどくなったので退散。
折角のイベントを最後まで楽しめなくて残念でしたけど
短時間で十分堪能させてもらいました。

タイミングあわなくてご紹介頂いてたバンドの演奏聴けなかったのは残念だったけど
次の機会には楽しめるといいなぁ。

次に吉田町のイベントが開催されるのは、また来年のゴールデンウィークの頃かな。

その前に、今週水曜は弁天通りで関内フード&ハイカラフェスタですね。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

ベトナムフェスタin神奈川2016
01r_IMG_5726.jpg

昨年初開催となった神奈川県主導のイベントベトナムフェスタ
今年も第2回目の開催と相成りました。
会場は県庁前、と近場なんで気軽に参加できるのがいいですね。

昨年の剛力さんに続いて今年のアンバサダーはワカコ…もとい
武田梨奈さんでしたが…残念ながら写真撮影禁止なんで撮ってません。

県知事のシュミですな…まったく職権乱用だ(笑)

05r_IMG_5693.jpg

開会式終了の後象の鼻パークにて水上劇の披露、とあって
すきっ腹で会場到着から移動。

先に軽く何か胃に入れておきたかったんですが
…御覧のありさまで何処も少なからず行列中。

02r_IMG_5690.jpg

唯一すぐ食べられそうだった春巻きとコーヒーのみ売ってたブースで
とりあえず1本だけ買って移動しました。

03r_IMG_5691.jpg

150円と安い割にパリパリの生地の中
肉がしっかり詰まってて美味しかったですよ。

04r_IMG_5692.jpg

昨年あまりにショボかったベトナムランタン
今年はそれなりに数を用意してるみたいで
こちらは販売もしてるのかな?
ちょっと欲しいな。

ちなみに今年は水上劇も写真撮影禁止だってさ!
というわけでこれも写真はナシです。

06r_IMG_5705.jpg

井土ヶ谷の宿るや卒業後、元住吉で人気の
バインミー専門店タオズが今年は来てます。

近けりゃちょくちょく行きたいけど
元住吉ってあんまし用ないんですよね。
来てくれたのは有難い。

07r_IMG_5707.jpg

チャイニーズローストポークのバインミー。
ベトナムならではのクセのある美味しさを損なわぬまま
日本人にも美味しく頂ける米粉入りのバゲットの
完成度の高いバインミー。

相変わらずのウマさですよ。

08r_IMG_5709.jpg

今年はどちらもフォーとバインミー、バインセオ、と
無難なメニューに留めてるところが多かったのですが

こちらは池袋のタイ料理のお店でいいのかな?
チリまっちゃ
という不思議な名前のお店。

ドリンクメインで埋もれて目立ちにくいですが
豚串焼きと春巻きと湯葉巻きを売っていまして

09r_IMG_5712.jpg

このチキンの湯葉巻きがめっちゃ美味しかった!

パリパリI揚がった湯葉の中は
中華の揚巻とタイソーセージの中間のようなみっちり詰まった肉
そしてほのかにカレーっぽい風味が。

これはまた食べたくなる味!
明日また食べに来ようと決心しました。
オススメ!

10r_IMG_5713.jpg

こちらも実はタイ料理のお店
新宿のバーンリムパー

11r_IMG_5715.jpg

日本語表記はカタカナでパックモーユアン
英語表記ではバーン・クオン。
豚肉とパクチーときくらげの生春巻きです。

この組み合わせだと肉の添え物になりやすいきくらげがなかなかいい仕事してます。
たっぷりたっぷり添えられた香草類と一緒に食べるとたまりません。

ほんのり味のニョクマムと肉の旨味が
しっとり米粉の生地に絡んでいい塩梅。

12r_IMG_5730.jpg

今日は夜から吉田町のハロウィンに行く予定なので
食べる方はここで切り上げ。

でもちょっと気になったのがこちら。
在日ベトナム仏教徒の方々の作る精進料理。

13r_IMG_5731.jpg

全部野菜素材のバインミーとか
トマト麺とか美味しそうでしたが

この辺は明日頂きにあがろうかと思います。

14r_IMG_5729.jpg

代々木のベトナムフェスティバル等でもおなじみのチェングンコーヒー。

15r_IMG_5728.jpg

ココナッツブレンドのベトナムコーヒー頂きました。
ココナッツの香りと共に楽しむ
ベトナムならではのスキムミルク入りコーヒー。

本式にはゲロ甘なんですが
スキムミルクの量は程々に抑えて飲みやすい甘さです。

16r_IMG_5746.jpg

一弦琴の演奏とともに楽しむベトナム舞踊
華やかなおねーさんと可愛い子供たちの競演です。

17r_IMG_5703.jpg

というわけで取りあえず駆け足でレポ。

お店は他にもいさご団地の金福ストア、海老名のフォー竹、すぐ近所のモティティ、百人町のベトナムフォー
などなど来ております。
バインミーの食べ比べが気軽に出来るのがいいですね。

わりとお客さん多いのでちょいお店数多く誘致出来たらよかったんですけどね。

まだまだ夜まで続きます。
明日も開催しております。

散歩がてらにベトナムの息吹を感じてみるのも楽しいかと思います。

ベトナムフェスタIN神奈川公式ページ

さて、記事書いたし
吉田町出かけてくるか!

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

大口(神之木町)、グリルM'sのハンバーグランチ
r_IMG_3866.jpg

体調の落ち気味だった昼
ピアゴの方まで買い物に出たついで

しっかり肉でも食っておくか!と
ハンバーグ、ステーキ等グリルのお店エムズに入りました。

自分が大口に越してきた10数年前から
この近辺の代表的なお店でしたね。

でも入ったのは初めて。
京急方面だからベリーグッドマンの方が近いんですよ。

r_IMG_3854_20160928170904240.jpg

昔ながらの洋食屋の佇まいに、2階は住宅の建物。
都心部を離れた地の古い洋食屋特有の空気があります。

メニューもいかにも、でしょ?

r_IMG_3856_201609281709060a6.jpg

ソースが先にグレービーポットで出てくるあたりがもう
昔ながらのグリル屋のエンターテイメント性というかね。

r_IMG_3862.jpg

テーブルからはみ出る位置に紙ナプキンを置き
ステーキ皿を乗せて客に紙ナプキンの端を持ってもらい

お店の人がポットからソースをかけて鉄板にジューーーーっと。
ああー、昭和におけるハイカラな演出だよ。

r_IMG_3860.jpg

皮つきのジャガイモは今でも粋で通る付け合わせですが

ミックスベジの方…片栗粉入りのホワイトソースで白んであるあたりが
もう昭和の負の遺産ですわ、もう。

うわ、なつかしー。
モロ子供の頃キライだった味ですよ。

さてさてハンバーグ
ん? んん?
ソースの味がえっらい独特。
こんなステーキソース食べたことない。

r_IMG_3867_20160928170914fe0.jpg

デミグラっぽいんだけど
ブイヨンと片栗粉を軽く感じないでもない
ワインも入ってる味。

しかしそれを凌駕するように利いてる塩と醤油。

醤油だけどヨシダソースのような甘辛テリヤキソースとは遠い。
むしろしょっぱさが強く出てます。

肉は牛100%ならではの肉肉しい塊で食べ甲斐あります。

焼き加減の良さは元ハングリータイガー店長さんという経歴ならでは。
ジューシーというよりは、肉をガブッガブッと食べる感じですね。

まぁ、あたしゃ子供のころはハマッ子じゃなかったので
ハンングリータイガーの記憶はほとんどないのですが。

しかしホントに独特だなぁ、ソースの味。
決して悪いわけではないんだが…クセになるにはちょい塩気強し。

r_IMG_3869.jpg

老境に差し掛かるおばさまが1人でハンバーグ食べてたり
高齢の親子に新聞読みふける老人

…ホントに大口のソウルフードなんだなぁ、としみじみ。

r_IMG_3870_201609281709170f5.jpg

ロマンスグレイのしぶいマスターが肉を焼いて
奥様がフロア担当。

いずれは継ぐ者なく消えていくのだろうけど
それまではずっと安泰、な田舎町のグリル屋さん。
だってソウルフードだもの。

きっと子供の頃から慣れ親しんだ味だから
食べられなくなる年齢になるまでずっと好き。

参考ページ

食い処に歴史あり、だなぁ、としみじみ感じつつアイスコーヒーをすすりました。

テーマ:ハンバーグ - ジャンル:グルメ

吉野町、アワーグラスの松茸ごはん定食
r_IMG_5499.jpg

吉野町のロックバーのアワーグラス
お昼に専門店顔負けのランチを出してくれるのでお気に入り。

この日は入口の看板を見てみたら

r_IMG_5497.jpg

おお、松茸ごはんとな!

時々こういうスペシャリティもあるからチェックは欠かせませんね。
というわけで釣られて中に入りました。

r_IMG_5504.jpg

定食ということで
今回のメンツはもやしナムル、ひじきの煮物
そして黒毛和牛のハンバーグ。

ホントは牡蠣フライあたりつけようと考えてたけど
その週のハンバーグの捌けが今一つだったようでつけたみたい。

でもこれもいい肉使ってますから
味は折り紙つきですよ。

というか、こちらでハンバーグ出してる時は
積極的に寄らせてもらってますよ実は。

r_IMG_5501.jpg

ささがきごぼうと皮つきの鶏肉と一緒に炊き込んであるご飯。
松茸は主役というよりはスペシャルゲスト、という感じかな。

こちらのお店っぽく言うなら
ローリングストーンズの公演のゲストにブルース・スプリングスティーンが出て来た、みたいな

r_IMG_5509.jpg

おっと、ゴボウをどけたら大きめの切り身が出てきましたよ。
松茸の香りを十二分に活かした香り高い松茸ごはんではありませんでしたが

鶏とゴボウだけでも十分に成り立つところに
やはりピンでいい香りの松茸が華を添えてくれてるというバランス。

r_IMG_5512.jpg

春先はたけのこご飯出してくれましたし
いつもじゃないけどこういうスペシャリティが嬉しい。

もちろんいつものハンバーグやカレーやトンカツなど
毎日違うレギュラーのローテーションも美味いわけですが

r_IMG_5635.jpg

と、まだ記事上げてなかったら翌週にもまた松茸出ましたよ!

r_IMG_5643_20161026182341baf.jpg

おかずの方は新秋刀魚南蛮漬け
小松菜としめじ、油揚げのお浸し
豚ともやしのスタミナ焼き。

フツーのご飯にこのおかずだけでも十分すぎるくらい魅力的ですよ。

これはもトラベリング・ウィルベリーズ級ですな!
ジョージ・ハリスンとロイ・オービソンとボブ・ディランとトム・ペティとジェフ・リンが一緒のバンドという
豪華すぎるメンツを彷彿とさせます。

r_IMG_5638_20161026182339dfb.jpg

松茸ごはんの方は前より鶏が下がって松茸が前に出た感じで
ご飯自体にしっかり松茸の風味が乗るようになりました。

松茸を後で上に乗せ換えたりしないで
ご飯の中に埋もれているあたりに気概を感じますね。
美味しいんだから見た目だけ取り繕わなくてもOKっていう。

公式ブログ

こういう折角のタイミングを逃しちゃうのは勿体ないよ、と思います。

ブログに毎日ランチは告知されますんで
是非チェックの程を!

ちなみに翌日いくらご飯定食だったんで、また釣られていったり(笑)
その辺はまた後日。

テーマ:定食 - ジャンル:グルメ

長者町、ミーフ・バーのパプリカの肉詰め
r_IMG_5196.jpg

久方ぶりに来ました、ロシアンバーのミーフ・バーのランチタイム。
まぁ暑いと片道15分を歩いてくるのもしんどいですから。

でもようやく涼しくなって
腹ごなしに丁度いい散歩が出来る季節になりました。

r_IMG_5202.jpg

ロシアの新旧首相のマリョトーシカ。
善悪は別として個性の強い人が多いのは事実です。

r_IMG_5187.jpg

サラダ、パプリカが入ると一気に引き締まる感じがします。
薄切りしてもなお肉厚な感じがするパプリカうまい。

r_IMG_5189_2016101416154117a.jpg

オニオンたっぷりのチキンスープ。
寒くなってくるとこういう温かいスープが嬉しくなります。
こんがりのバゲットと一緒に食べるとなおさら。

r_IMG_5195_20161014161543382.jpg

メインが来ました……
パプリカでけえ!
こぶし大サイズの迫力。

肉入れて膨らんでるとはいえ
皿の上方向にどでんと突き抜けてるのが爽快です。

最近スーパーで見かけるようになったオランダ産かな?

サワークリーム入れてクリーミーになったスープが
しみじみと美味さを感じるいい味加減です。

r_IMG_5198_2016101416154689d.jpg

ナイフを入れるとなかなか刃先が進まない
見ての通りの肉厚なんですもの。

たっぷりの挽肉とこの肉厚なパプリカ一緒に食べると
いやホント美味しい。

ピーマンの肉詰めとは違って
ブ厚くて甘みのあるパプリカならではの食感と味わい。

こんなのがランチタイムに頂けるんですから
こりゃ嬉しくなっちゃいます。

r_IMG_5201_20161014161555ce5.jpg

コーヒーもホットの方が嬉しい季節。

蜂蜜とグラニュー糖に彩られた
半分パリッ、半分もちっ、なクレープ。
最後まで満足度高いご飯でした。

公式ページ
参考ページ

この日は他には白人のおっちゃんがお客さん。
郷里はどちらだかわかりませんが

ロシア人のお店のおねーさんとかわす会話はカタコト気味の日本語。
つまりロシア人ではないわけですね。

こんな光景、マンガやアニメの世界でしか見かけないよなぁ。
大抵は双方英語で話すことになるもの。

こういうちょっとした異世界な光景がまた面白かったりするんです。

テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ

反町、ダポール・コネンのアヤムリチャリチャ
r_IMG_5487.jpg

先日代々木公園で行われたインドネシアフェスに出店していたお店の中に
お店の住所が反町と書かれていたところがありました。

え?反町にインドネシア料理店なんてあったの??

ともあれ、あるというのなら
そら行ってみるしかあるまい!

r_IMG_5481.jpg

えーっと、クロスロードビル…ここだ。
反町駅脇の交差点……あ、確かに屋台に張られていたのと同じロゴマークがあります。
……って夜撮ったんでわかりませんね。

r_IMG_5479.jpg

ビルの1階の表札だとちゃんと確認できますが
しかし英語表記なんで、近く通っても気づきにくいかも知れませんね。

4階……窓にオープンのネオンがついてたから開店はしている
よし上がるか!

r_IMG_5483.jpg

雑居ビルの一室で中が見えず
意を決して開けてみるとどう見てもバーかスナックです。
賑やかな声が聞こえてくるけど日本語は一切聞こえず。

4人掛けのテーブル、8人がけのテーブルの
どちらもインドネシア人グループが楽しそうに談笑しつつ食事してます。

カウンター席があったのでそちらに座りました。
フェスにいたおかあさんがいらしたのでホッ。

もちろん日本語ちゃんと通じますよ。
今日のメニューはこのへんです、と見せてくれました。

サテ・アヤムは焼き鳥
グラメ…わかんないけど焼き魚っぽい
アヤム・ゴレンは揚げ鳥
ソト・ブタウィは、多分バタビア風のスープ料理。

r_IMG_5484.jpg

後はミーゴレン、ミーバッソ。
焼きそばか肉団子入りラーメン。

辛いのが好きなら、アヤム・リチャリチャがあるよ、と言われました。

アヤムは鳥
リチャリチャは以前インドネシアフェスで食べた魚の辛いソースがけが
イカン・リチャリチャという名前だったので

それの鳥バージョンということなんでしょう。
それでお願いしました。

r_IMG_5486.jpg

取りあえずビンタンビール頂きました。
コップは…出てこないのね。
ならばラッパ飲みだ。

こちらのメニューは全部いつもある、というわけではないようで。

r_IMG_5488.jpg

セットでついてきたスープ
一見カレー色で辛そうに見えますがほとんど辛くはありません。

鶏ダシの優しい味をベースにココナッツミルクとスパイスで味つけたものです。
どちらかというと澄ましスープ的な味。

r_IMG_5493.jpg

そしてほぐした鶏肉がたくさん入ってます。
これたっぷりに米とかでいいご飯になりそう。

r_IMG_5491.jpg

さてさてアヤムリチャリチャ。
注文からさして時間待たずに出て来たので
仕込んである料理なんだと思います。

けっこうかたく焼かれていてフォークが通りにくい。
ナイフが欲しいところだけど、まぁスプーンとフォークで崩しつつ食べてみます。

r_IMG_5492.jpg

これが…辛い!
容赦なく辛いんだけど、美味い!

キーンと赤唐辛子の効いたサンバルにプラスして
レモングラスの葉がタイ料理同様な使い方されていて
刺激は更に増します。

このガッツリ辛いソースで頂く鶏肉…
これがインドネシアのご家庭の味なんですね。

素朴と呼ぶにはスパイスガッリツなんだけど
でもご飯と一緒にガッと食べられます。

ビールじゃ癒し足りないなぁ。
ソフトドリンクも頼んだ方がよかったかも。

でもこれが美味しかったんですよ、ホント。
噛みしめると美味さと辛さが口の中にひろがってキタキタ、という感じ。

r_IMG_5494.jpg

おかあさんの話によると
こちらは日本人の下にあわせていない、現地そのままの味だそうで
近辺の在日インドネシア人がメインのお客さんのお店だそうです。

営業時間は12時~20時、お休みは月曜。
予約してあれば夜は23時までオッケー。

開店してから1年半くらいだそうで
…確かにそのくらいの期間、反町は来てなかったなぁ。

しかしイベントに出店してなきゃ知らず仕舞いでしたよ。

白楽のメラティ亡き後
気軽にインドネシア料理を食べられる貴重なお店が出来て嬉しいです。
ちょくちょく寄らせてもらおうかな。

フェススブック ローカルビジネスページ

向こうのお客さんばっかりで
ちょっぴりアウェイ感はありますが
でもそれもまた楽しいですよ。

ヤギのカレーとかがある日に来たいな。

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

第24回いいじゃんかわさき
01r_IMG_5612.jpg

昨年行きそこなっておととしぶり
川崎駅前の複数の商店街が合同で開催する一大イベント。

初日の土曜は仕事で行けなかったので
日曜の最終日の早い時間に行って来ました。

もう24回も数えるほどの息の長いイベントで
人の行き来きの最大瞬間風速は結構高いです。

02r_IMG_5559.jpg

今年も仲見世通りの入口から進んでいくと
香楽園でも羊串だけでなく麻辣串をやっていました。

03r_IMG_5560.jpg

ということで初手から麻辣串2本。
四川式の火鍋に串ごと入れて辛く煮込んだ料理。

ハチノスと湯葉と揚げがあったので
ハチノスと湯葉頂きました。

湯葉が辛さだけでなく、モツの香りをすっかり吸って
むしろハチノスよりもモツの味がするという
もちろん美味しかったですよ。

04r_IMG_5566.jpg

いつもこちらの平和通りでは豚カルビはマダンで頂いてたので
今回はチェデポの方で頂いてみました。

聞き慣れないの響きの言葉ですが
本場韓国の老舗と同じ名前みたい。

05r_IMG_5568.jpg

焼いてからちょっと時間が経って冷めてましたが
しっかり脂ののった豚の柔らかさに
甘醤油ダレの組み合わせは鉄板で美味し。

06r_IMG_5569.jpg

同じく平和通りのフィリピン料理屋パミリア
毎年様々な惣菜や焼肉類を売ってます。

07r_IMG_5588.jpg

今回はモツ煮があったので頂いてみました。
…が、これはフィリピン式でなく
日本のモツ煮ですね。

でも味噌の甘さ加減は、屋台のモツ煮ではなくて
焼き鳥屋や焼肉屋のそれでした。
かなり堂に入った味。

08r_IMG_5611.jpg

同じくモツ焼きと鶏モモ焼き。

甘めのタレにガッツリ漬け込んで
酸っぱいタレをハケでしっかりつけて
そして少し黒くなるくらいまで焼きました。

一見雑っぽく見えますが
テリテリで濃い味のついたバーベキュー
しっかり焼き込んで結構いい味してます。

09r_IMG_5578.jpg

酒のつまみに重点置いてるっぽい香蘭

10r_IMG_5579.jpg

扱ってる料理の種類は他の参加店と比べても群を抜いてます。
この写真に写ってる分で半分くらい。

11r_IMG_5582.jpg

こちらも麻辣串やってました。
ガツ、スパム、豆腐としいたけ、ホルモン、シロコロ、イカ、ホタテ、スナギモ、と
こちらも種類多く目移りしましたが
シロコロ、ホタテ、スナギモを選択。

ホタテは麻辣の味でも美味しいと知りましたが
それ以上にシロコロは柔らかくて隙間がある分、スープを中に貯め込みやすいので
よく味が沁みてて一等美味しかったです。

12r_IMG_5586.jpg

ついでに物珍しくて買ってみた惣菜。
見ての通りレバーの中に腸詰を入れてスライスしたものです。
味も見たまんまです(笑)

14r_IMG_5591.jpg

東田公園に設置されたエアトランポリン。
エアが抜けちゃったのか、子供たちが遊んでる最中に萎んじゃいました。
あー…こういうこともあるんですね。

不意のハプニングがちょっと面白そうだとか思ってしまうのは自分がオトナだからですね。
子供にしてみれば閉じ込められてトラウマになるよなぁ。

15r_IMG_5593.jpg

いさご通りの川崎信金の前ではお馴染みのエスニック店の茶屋。
こちらは店名書いてなかったけどジュティポーンかな。
閉店したという話だったけど、今どうなってるんだろう?

16r_IMG_5594.jpg

ズンドウ鍋に食材たっぷりブチ込んだ
グリーンカレーとトムヤンクンが素敵。

これは絶対美味しいぞ、と思ったけど

17r_IMG_5596.jpg

この手の屋台ではめずらしいゲーンハンレーを出していたので頂きました。
ミャンマーから伝わってきたカレー。
本来は豚肉で作るみたいですが、こちらは鶏バージョン。

ショウガとたっぷりのニンニクで煮込んでいて
タイカレーよりもベトナムやインドのカレーに近いスパイス使い。

ニンニクをふさごと煮込んでてスタミナつきそう。

まぁ、味自体にも結構クセありますが
これはまた食べてみたい。

でもお店は今ないのか…な?

18r_IMG_5598.jpg

お店の写真撮り損ねましたが多福楼でもまた麻辣串頂きました。

こちらが一番辛いけど
スタンダードな麻辣鍋のスープそのままの味なんで
面白味がないとも言えます。

でも屋台の煮込みらしい堂に入った煮込み具合は手堅いですね。

19r_IMG_5600.jpg


かき小屋 銀座の蛍
、見ての通りかき小屋の一派ではあるんですけど
何故かボルシチを売ってる。
一体何ごと??

ロシア人の奥さんが表の店番してたので間借りしてるのかなと思ったけど
注文したら「パパー」とご亭主を呼びます。
かき小屋の日本人の店員さんがよそってくれて
ハーフの娘さんらしき子がサワークリームを入れてくれました。

なんか面白い光景です。

20r_IMG_5609.jpg

んで当のボルシチもちょっと変わってます。
トマト味に鶏肉のきいたシチュー。

野菜はニンジンとタマネギこそ普通のロシア風ではありますが
サイコロカットしたじゃがいもに
豚汁にでも入れるようなざっくり切った長ネギの白と青

…実際お店の豚汁用の野菜を流用したんじゃないかという煮え具合。

というわけでなんかロシアと日本の汁ものが混ざり合ったような
ハーフのボルシチとでもいうべきか。

割り箸でボルシチ食べるのは初めてですわ。

21r_IMG_5615.jpg

〆に選んだのは横浜川崎問わずイベント常連の
アフリカ料理屋台のナイル。

10年以上前からメニューは変わり映えしない、と思ってたけど
店員さんの世代が若返って、同時に

22r_IMG_5617.jpg

今回はコフタサンドイッチがありました。
コリアンダーやパセリを入れた中東のハンバーグです。

ケバブ用のソースとたっぷりの千切りキャベツで頂くと埋もれるくらいのスパイスでしたが
これはこれで美味し。

次はファラフェルとか扱うようになってくれると面白いんだけど。

23r_IMG_5602.jpg

時間はランチタイム
和太鼓の鳴り響く広場で宴もたけなわといった様子。
でもこの後用事があるので早々に離脱しました。

ちょっと忙しかったけどしっかり頂きましたよ。
でも今回は麻辣串を中心にすっかり臓物祭りでしたね。

公式ページ

こちらのイベントはまた次は来年ですが
来週はかわさきハロウィン、その次の週はかわさき市民祭り、と
川崎はお祭り三昧ですね。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

六本木、ミーバッソのミーバッソ汁なしhot
r_IMG_5126_20161012161722e15.jpg

ン年ぶりだかの六本木
アラジンで早めの昼にしてハラいっぱいにはなっていたものの
もう一軒行っておきたいお店がありました。

インドネシアの麺料理、ミーバッソの専門店がミッドタウン近辺に出来たというのです。
食べてみたいなぁ、と。

r_IMG_5119.jpg

場所は麻布迎賓館の脇。
ミッドタウンからは道路を渡り、朽ちかけたあばらやの脇を進んでいきます。

てか最初あばらやの脇に看板が立ってたから
このあばらやが目指すお店なのか!と思ってしまいました。

迎賓館の前を通り過ぎた先に真新しい建物がありましたよ。

サンバル牛丼とかカレーも美味しそうですね。

r_IMG_5131.jpg

ファーストフード式のレイアウトの店内。
だけどお茶等、インドネシア製の賞品のお土産も置いてあります。

r_IMG_5120_20161012161725fb9.jpg

これらの野菜はバイキング的にセルフで皿に載せる形式。
常識の範囲で盛りましょう。
パクチー多めにしよっと。

その後の肉等のトッピングは基本料金では2つまで。
この日は鶏肉団子、牛肉団子、イカ団子、うずらの卵入り鶏シュウマイ、煮卵など
牛肉のスパイス炒めがあったようですが売り切れ。

r_IMG_5128.jpg

ミーは麺のこと、バッソは肉団子のことなんだから
肉団子は外せない、ということで牛肉団子。

シュウマイは美味しそうだし
煮卵も大好きなんだ、ということで100円で追加トッピングです。

r_IMG_5123.jpg

ロセラティーをサービスで頂きました。
店内のドリンクもこれ。

ようはハイビスカスティーです。
ほんのり酸味のあるお茶。

r_IMG_5127.jpg

別皿の野菜こんもり
パクチーは特に増量ですよ!
こいつを麺にあけて頂くのです。

r_IMG_5135.jpg

まぜまぜしてこんな感じ。
汁アリは鶏ガラのあっさり味だそうですが
正直バイキングの後で汁モノは辛そうだったので
汁なしの和え麺。

酢醤油っぽい酸味のあるタレに絡めて頂きます。
……、冷やして頂いたらカンペキ冷やし中華ですね、この味。
麺もスタンダードな中華麺だし。

ここまではインドネシア要素はほとんどなし。

牛肉の肉団子は大きめで弾力の強い台湾の肉団子と同じタイプで美味し。
そして予想通り鶏肉のシュウマイがまためちゃ美味し。

でも相変わらず中華寄りの味だったので
テーブル備え付けのサンバルをかけてみました。
んが、これが結構容赦ない辛さのサンバルで一気にインドネシア味!

辣油もあったので、適度に辛さが欲しい時はそちら使った方がいいかもです。

r_IMG_5116.jpg

日本人にも馴染みやすい素朴な味でしたね、ベースは。
自分に丁度いい味とトッピングを選ぶのがこの料理の醍醐味らしいんで
まぁ、まだ入り口に立ったところです。

ミーバッソ 公式ページ
ミーバッソ 参考ページ

んでこれ頂いた翌週に先週紹介したインドネシアフェスに行って肉団子入りスープ頂いたわけですが
…スープ美味しかったんで
汁なしより汁ありの方がオススメかな、ワタシ的には。

r_IMG_5141.jpg

…やはりサンバル入れ過ぎた。
味蕾を癒す為にミッドタウンでアイスクリームでも食べていこう、と目に入ったのは
パティスリー・サダハル・アオキ・パリ。
ああ、つちころりさんのブログで名前見かけた覚えがあるぞ?

季節ならではのマロンコレクションの中に
グラス・キャラメル・マロン・ラムなんてのがありました。
美味しそうなのでこれに決定!

r_IMG_5143_20161012161854c00.jpg

トルコアイスみたいに粘度が高いので
溶けて零れる心配なしにミッドパークまで持ち出せました。

って寒っっっっ!
外はアイス食べるには寒いですが
しかし美味しいです。

ラムとキャラメルのほろ苦さにしっとり甘い栗のかけら
そしてひんやりのクリーム。
オトナの味ですね。

ウイスキーボンボン並にはラムが効いてるので
小さな子供にはねだられてもあげられないアイスです。
うま。

パティスリー・サダハル・アオキ・パリ 公式ページ

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

西麻布、アラジンのランチバイキング
r_IMG_4726_2016101217232281b.jpg

スカイビューの空想脅威展を見にン年振りかの六本木行き。
ならば行ってみたいお店がありました。

イラン・アラブ料理のアラジン。
お昼はランチバイキングありなのです。

前から話には聞いていたものの、まだ訪れたことがなかったので
楽しみにしていました。

残念ながら日曜は休みですが祝日は開いています。
まぁ、もし開いてなければニルヴァーナサイーファあたりでも…お、開いてました。

r_IMG_4723.jpg

どうやら一番乗りだったようで
5分オマチクダサイ、とアラブ顔のウェイターさんに言われて
ウォーマーのフタを開けたりご飯を保温用の炊飯器に移してレディGO!

r_IMG_4727_201610121723236ec.jpg

ミックスのサフランライスはまっ黄色で豆入りノインディカ米。
日本人の感覚から遠いあたりが面白い。

真ん中は春雨のサラダ……アラブでも春雨食べるんだ?

鶏肉とジャガイモがたっぷりのシチューも日本人には馴染みやすい味。
ウォーマーにはカレーと書いてありましたが、カレーじゃないですよね。

r_IMG_4731.jpg

左側の牛肉と野菜のシチューがめちゃ美味しかった。
柑橘系の酸味がしっかり効いた味だったのが予想外でしたが
これがハマり込みそうな味。

ナスとズッキーニのサラダがまた美味しい。
このサラダと牛肉のシチューだけヘビーローテーションしたいくらいですよ!

あとは豆とタマネギのサラダ。

r_IMG_4733.jpg

こちらはウェイターさんが持って来てくれます、シシケバブ。
中東ならではの香辛料が引き立てる肉も脂もめちゃ美味い。

でもこれはさすがに取り放題は無理なんだろうなぁ。
当たり前か。

前は取り放題だったらしいです。
ひたすら肉だけ狙い撃ちにしたお客がいて止めたんだろうか。

r_IMG_4739_20161012172336a7e.jpg

薄めのナンも加えて2週目。
普通のバスマティライスの上サフラン色のミックスを乗せると
とっても中東っぽさ炸裂!

r_IMG_4740.jpg

そしてスープがめちゃ美味いんですよ。
よく煮込んで豆のコク旨味がしっかり出たところに
中東のゆかり、スマークの酸味が軽く効いてて
これもおかわりしたくなる味でした。

スープはハラ膨らませるから程ほどにしないといけないんだけど。

r_IMG_4743_20161012172339c08.jpg

デザート群。
菱形の米のかたまりはおこげと書いてあったんですが
ライスプディングみたいなものかなと思ってデザートと一緒に取ったんですが

…うん、サフランライスのおこげでした。
シチューと一緒に頂くべきでした。

若干油っぽさを感じたあたりから、油引いて焦がせる類の料理だと思われます。

茶色い方のプリンはカラメル混じりの日本人にも馴染み深いタイプ。
白い方はココナッツミルクプリンで、レモン等の柑橘系の酸味が引き締めています。

濃く入ったチャイでデザートを頂くと
美味しい中東料理の〆に相応しいゆとりある時間が過ごせました。

r_IMG_4720_20161012172341e08.jpg

飲食店ならではの冴えた作りと
イランのご家庭の味のような野暮ったくも温かみのあるご飯
その中間的な料理がバイキングで頂ける
なかなか素晴らしいランチでございました。

公式ページ
参考ページ

まぁ、六本木なんて数年に一度くらいしか用がないんだけどね。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

吉野町、蕎麦処茂のミニ刺身と鳥せいろそば定食
r_IMG_5410.jpg

吉野町の居酒屋俊が閉店した後にそば屋が入って来ました。
しかし看板の店名が……読めない(笑)
達筆すぎてA…戊…違うよな…寿……も違う気がする。

だけど開店してから早々にお昼はいつも満席。
えーー、どういうこと?

r_IMG_5400.jpg

綺麗に印刷されたメニューはチェーン店の居酒屋っぽいデザイン
とはいえ、どれも美味しそうです。

r_IMG_5401.jpg

定食類も充実しています。
これは夜少し遅くなった時の選択肢に丁度いい感じです。

しかしこの行き届いたレパートリーのメニュー
チェーン店じゃ有りえないよなぁ。
チェーンでこれだったら厨房に4人くらい必要な気がする
でも2人で回してるし

r_IMG_5402.jpg

先にタネ明かしちゃうとチェーン店じゃありませんでした。
そして泉区は弥生台の人気店の移転らしいです。

何気にはまれぽに弥生台時代の記事があります。
ああ、厨房のお2人、間違いなくそちらの記事の写真のお2方です。
親子でやられてるんですね。

r_IMG_5405.jpg

本来蕎麦の方はミニのセットなんですが
ランチタイムの日替わりメニューの蕎麦は大盛りが選べるようで
大盛りで普通の一人前だそうです。

r_IMG_5408.jpg

4種一切れずつの刺身ですがモノはよくて美味しいです。
芽紫蘇がついてるし、ネギやニンジンの切り方盛り方ひとつとってもいい仕事してらっしゃいます。

小鉢の切干のお味が丁度いい塩梅で美味しいですよ。
ちょっと感動。

r_IMG_5406.jpg

鳥せいろの汁がしみじみと美味いです。

大ぶりな三つ葉や茎野菜のアクセントもよし。
意外と鶏もたっぷり入ってます。

蕎麦屋ってあんまり入ったことはないのですが
つけ蕎麦で濃過ぎず薄過ぎず
ダシ味の美味さが感じられるのって初めて頂いた気がします。

汁ものとしても十分すぎるくらいに美味しいのですよ。

蕎麦自体は、蕎麦粉の割合の高いものの方が好きなんですが
でもこちらの蕎麦も手堅い出来です。
弥生台の時から変わってないのなら手打ちらしいですよ?

ちなみに蕎麦湯も出てきます。

r_IMG_5414.jpg

人気店といっても弥生台で開店したのは7年前。

歴史が長いわけではありませんが
駅の近くのショッピングモールの地物密着型のお店として親しまれてたそうです。

弥生台時代の参考ページ
居酒屋俊のグーグルマップリンク

旦那さんは関内の利休庵の出身だそうで
手堅く細やかな仕事はそちらゆずりだということですね。

いいお店が移転してきてくれたなぁ、と。
個人的には蕎麦屋とかはあんまし利用しない方ですが
とりあえず定食中心に利用させてもらおうかなー、と思います。

あ、でも汁美味しかったからつゆ蕎麦の方を中心に頂くのもいいな。

店名は…そうか、斜めに傾けて読むと茂だとわかりますね。
お店の名刺見るまでまったく店名読めなかったんだけど
気がついたら他に読みようないな、確かに。

テーマ:蕎麦 - ジャンル:グルメ

吉野町、おっちゃんラーメン居酒屋の肉とキャベツの味噌炒メ
r_IMG_5467.jpg

イセザキモールの7丁目から先に進んだ吉野町の通り
業務用スーパーのヨコカンや移転した郵便局の向かいに
しばらく前からラーメン屋に改装工事をしている建物がありました。

おっちゃんラーメン居酒屋、と何処にでもありそうなフツーの名前。

r_IMG_5474.jpg

開店を確認。
ランチメニューに麺類以外のものがあるのを確認して入店してみました。

r_IMG_5463.jpg

新店とは思えないこの懐かし大衆中華メニュー。
チャーシュー・アサリ丼って
チャーシュー丼かアサリ丼のどちらかっていう認識でいいのかな?
両方乗ってたりは…まさかしないよね?

r_IMG_5464.jpg

元祖とついてるサンマーメン
川崎タンタンメン
横浜タンメン

これが神奈川三大麺と書かれてますが
川崎タンタンメンってニュータンタンのことですよね?
横浜タンメンって一品香タイプのことを指してるのでいいのかな?
ラーメンはよくわかりません。

ジャージャー焼きそばとか中華ナポリタンとか
これまた出自が気になるメニューが。

r_IMG_5465.jpg

つまみ類メニューは壁にかかってます。
豚足の沖縄風ってテビチーっぽいのかな?

あと揚げ豚足があるのが珍しいです。
フィリピン料理屋で頂いたことがありますが、何気に美味しんですよね。

r_IMG_5468.jpg

取りあえず今回は肉とキャベツの味噌炒メ。
ジャパニーズ回鍋肉とでもいうべき定番大衆中華です。

スープのお椀と小鉢の和食器に
ハゲおだんごマゲの子供という中華食器定番の絵柄の取り合わせ
いかにもな場末具合が微笑ましいです。

r_IMG_5469.jpg

小鉢はしめじと菊の花とキュウリの和え物。
酸味を控えめにした酢のさっぱり具合がいい。
これから頂く油いっぱいの炒めものの口直しにピッタリ。

スープが…あれ、美味しい。
よくあるラーメン屋の油と醤油のスープっぽく見えますが
これ化調頼りでなく何か乾物からちゃんとダシとってる味がします。

これは醤油ラーメンとかもきっと美味しいぞ。

r_IMG_5473.jpg

いかにもな肉とキャベツの味噌炒め。
とろみのついた肉はやや少なめ。
ちょっとだけ甘めの味噌味のよく馴染んだ野菜類。

テキスト通りの大衆中華の味わいが美味い。

……と思ったけど、やっぱり微妙に違う。

こちらも化調と合わせ調味料オンリーのB級中華じゃなくて
やっぱり何らかのダシ味を微かに感じます。

先程のスープほど分かり易くはないですが
でも化調満載の食べた後のげふっとする感覚がありません。

でもどっちにしても食後の冷水がまた美味いのは
この手の大衆中華料理ならではですね。

r_IMG_5415.jpg

ラーメン屋と名づいてる以上は
きっとネット上の情報の出回りは早いだろう、と調べたら、あった。

参考ページ

栄来軒 NOWが移転して屋号変更しまお店だと、情報早いし細かいな!

んで栄来軒 NOWって…
ああ、吉野町駅の地下鉄出口の交差点にあった
サンマー麺にこだわったお店、とかいう看板のあったお店か!

そっか…猫舌にとってはサンマー麺って天敵みたいなモンだから
一度たりとも入ったことなかったんですよね。

スープが美味しいとわかったからには
今度は汁麺類を頂いてみるべきか…。

サンマー麺は…もっともっと寒くなってから頼んでみようと思います。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

戸部、ラ・コッペのよくばりプレート再び
r_IMG_3775.jpg

裏横浜住宅街の中にある隠れ家カフェ、ラ・コッペはとてもクオリティの高い美味しいお店。
地元民でもなければ見つけられないようなところなのに
いつもお客さんいっぱい。

その後何度か伺ってるけど入れない時はさっと他を当たれる体制で向かうのが吉。
でなければ予約はしておいた方がいいと思います。
どの駅からも距離あるから、アテにして入れないと悲しいものね。

r_IMG_3771.jpg

1時過ぎで予約客の合間に滑り込み出来ました。
前菜のキャロットラペは金色のにんじん…てか黄色ですけどね。
普通のニンジンより土臭さの少ない食べやすい味。

ペーストはツナでなく鮭。
丁度いい塩気で引き立つ味です。

スープはバターナッツかぼちゃ
これホントにスープにすると美味しいんですよね~。

かたちはひょうたん型なんで、カボチャだという気が全然しないけど。

r_IMG_3774.jpg

予約と予約の谷間の時間だったので
早々にあとでケーキを頂く計画はやめてよくばりプレート1本!

改めてこの凝りよう…とても一人だけでやってるお店とは思えません。
仕込みめちゃめちゃ大変そうですよ。
でも客としてはホント嬉しい。
これだけの料理まとめて頂けるから。

r_IMG_3776.jpg

今回のキッシュはしらす入り。
寄り集まった小さな身に丁度いい魚の旨味と塩気を加えてくれます。
日本ならではのアレンジですね~。

卵サラダが添えられて
あと隠れちゃってるけどローストポークの土台にナスとズッキーニのグリルも!
これがまた美味しい!

r_IMG_3777.jpg

今回のサラダはコロッケ……ではなく
さつまあげ……とも違うか。
さつまあげのような練り物に
コロッケのような衣をつけて揚げたものが入っています。

練り物屋の屋台か何かで似たようなものを食べたことがありますが
B級チックながらわりと美味しいんですよね、これ。
しかしサラダに併せるって手は新しいかも。

岩手の宮古市の宮コロッケというやつらしいです。

r_IMG_3778.jpg

ポテサラを伴なった、低温でじっくり焼いたっぽいローストポークは
バルサミコソースとすり下しりんごのソースが添えてあります。

どちらも甘みを基調としていながらもポークにピッタリの味。

フランス料理なんかで時々見かけますが
肉にフルーティなソースは合うこともあるんですよね。

厚切りだけどやわらかなポーク噛みしめ噛みしめ
じっくり味わいます。

そろそろ座席が空いてきたから
慌てて食べる必要なくなってきたので
ゆるりと頂きます。

r_IMG_3779.jpg

さすがにケーキ普通サイズはヘビーなので
今回もプチデザートにして〆。

ココナッツブラマンジェにマンゴーソースがけ。
アーモンドとキャラメルで固めたラスクとアイスも添えてくれるのが嬉しい。

r_IMG_3065.jpg

そうそう、以前食事の時間は取れなかったので
かき氷を頂いた時の写真を折角なので乗せておきます。

練乳とピーチゼリーをソースにして
かき氷の中には桃のコンポートがたんまり。
てっぺんにはバニラアイス。
単にかき氷、と呼ぶのが勿体ないくらいの素敵なアイスデザートでした。

8月いっぱいで終わっちゃいましたが
来年の夏は全種制覇するぞ!

公式ページ
参考ページ

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地のカマスエビ詰めとカキ生ハムカツ
r_IMG_5216.jpg

10月アタマに1週夏休みをとって、営業再開した金剛商店

休み明けだからしばらく入るのはムリかなぁ、と思ってたけど
カウンターに滑り込む余裕がありました。

先客は2名だけでしたが、予約客が次々来てあっとゆーまにほぼ満席。
相変わらずですね~。

r_IMG_5205.jpg

既に終わってる料理アリ。
タイとマスタードが辛うじて読めるけど…よくわかりません。

カマスエビ詰め!
先日伺った奪命のアニキにそんな料理がボードにあったと聞いてはいましたが
確かに美味しそうです。

よし、これをメインに据えるとして

r_IMG_5209_201610141341386ab.jpg

1品目として選んだのはカキ生ハムカツ。
どんな料理なのが想像つかないけど、そそるのは確かです。
よしそれだ!

カウンター席だと調理の様子が見ることが出来るのがいいんですよね。
カキをほうれん草で包んで、さらに生ハムで包み
そして衣をつけて揚げ
オーブンで焼いて、といろいろ手間がかかってる料理です。

r_IMG_5211.jpg

ベーコンでなく生ハムを巻いて挙げちゃうという贅沢っぷり
カキの旨味と生ハムの塩気と旨味がうまい具合にマッチして
こいつは美味いです!

生ハムは火通すとちょっとローストビーフ風になるんですね。
しかし塩気を蓄えた旨味はローストビーフとは違います。

カキグランのようなまるまるのカキとほうれん草。
揚げて丸ごと頂き!

r_IMG_5215_20161014134143458.jpg

石垣島に行ってたそうで「島時間のままカンが戻らない」なんて言ってますが
相変わらず3人分くらいの働きをしてるグンちゃん。

さてどのタイミングで注文しようか、と思ってたら
グループ客がカマスに惹かれ始めてる模様。

なくなったらマズい、と予約しました。
2つしか用意がなかったそうで、ワタシとそちらのお客さんで終了。
よし!双方丸く収まり後顧の憂いもなし!

待つこと暫し、エビを飲みこんででっぷりしたカマスがこんがり焼けて
おかしらも載せてやって来ましたよ。
なんて見事なお姿やら。

r_IMG_5217.jpg

こちらは魚ならではの塩気の蓄えかた
皮ごとよく焼けて香ばしいカマスの中に
ほぐして甘みを増した群体状態のエビ。

このコンビネーションが先程のカキ生ハムに勝るとも劣らぬ味わい。

付け合せなんてレベルはとうに越えてる土台のグリル野菜も美味しいし
この凝りよう、ホントすべて1人でやってるお店の粋越えてますね。

参考ページ

こちらでハイボール頂くと
実は結構濃いめに入れてくれるので
気持ちいいほろ酔い加減。

手元足元ちょっぴりおぼつかないけど
失敗やらかす前に帰りつける道のりだから安心。

部屋戻って手洗って着替えて、の最中に歌い出してしまうのを止められないのが困ったもんだ。
まぁ、外じゃないから多少は許されて?

出鱈目な英語でホール・アンド・オーツとか唄いつつ
酔いの余韻を楽しむ夜更けでございました。

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

浅草、クロープクルアのイッティオ パット キーマオ
r_IMG_4031.jpg

数週前に遡りますが、ソラマチでのウルトラマンのイベントに行くついでに
また浅草界隈でうまいモン食べてこー、と思い立ち

そういえばしばらく前にウズベキスタン料理のお店が出来たってハナシがあったんだ。
そこに行ってみよう………

※閉店したらしいです(涙)

r_IMG_4013.jpg

って開いてないーーーー!!
現在12時……人気のタイ料理屋モンティは多分1時間待ちだよなぁ…

ということで次善の策、タイ・ベトナム料理店のクロープクルアに入ってみることにしました。

浅草なのに和食のお店に入るという選択肢はないのかおのれは!

r_IMG_4022.jpg

浅草真っ只中、新仲見世の喫茶店の2階にあります。

代々木のベトナムフェス常連店なので名前はよく知っていて
一度行ってみたかったんですよね。

細長い店内は7割ほど席が埋まってました。
しかもその半数が白人の家族連れ。
海外の東京ガイドブックに載ってるのかなぁ?

まだまだ外は暑いので
ポット入りのよく冷えた蓮茶が美味しいのなんのって。

r_IMG_4019.jpg

ベトナムフェスで名前を知ったのでベトナム料理店だと思ってたんですが
むしろタイ料理の方が比重高いですね。

ディナーコースの内容見ても全部タイ料理でした。

r_IMG_4027.jpg

オードブル盛り合わせのついたコースでお願いしました。

隣の白人客がしきりにビューティフォーとか言ってます。
手前はたいのさつまあげ、トートマンプラー。

最初からナンプラーが練りこんであって
塩気とクセのある魚の風味がウマイ。

これ今まで食べたトートマンプラーの中で一番好きかも。

タイの焼き鳥ガイヤーン。
肉質も焼き具合よく香ばしくてこれもめちゃめちゃ美味い。
大山鶏使ってるらしいですよ。

生春巻きは中の葉野菜のシャキシャキ感がハンパないです。

味噌とピーナッツと唐辛子とナンプラーを混ぜた濃い甘辛味のタレもいい具合で
どれも完成度高いなぁ。

r_IMG_4026.jpg

青パパイヤのサラダのソムタム。
大抵のお店は細切りにするのですが
こちらはもうちょい太めに切った部分も混ぜてあります。

シャキッとした食感がまたイイ感じ。

r_IMG_4029.jpg

メインで頼んだのはイッティオ パット キーマオ
お店によってはクイティオ パッキーマオ、と表記されます。

キーマオとは酔っ払いのこと。
酔っ払いの目が覚めるくらい辛い、という意味で名付けたらしいですよ?

タイの標準的な焼きそばはパッタイですが
同じく平打ち麺を使用して辛く味付けたのがこちらのパッキーマオ、といったところかな。

r_IMG_4034.jpg

とはいうものの
そんな辛すぎるということはないかな。
際立ってはいい、丁度いい辛さの焼きそばです。

…、と思ったけど
時間おいてじわりじわりと効いてきます。

唐辛子以上にホーリーバジルが存在主張してますよ。

肉は牛肉、やや硬めに炒めて肉肉してます。
そして麺は程よく葉応えあり
程よくもっちりのいい火の通り加減。

ピーキーではないけど
食べやすさと辛さのバランスよく
そして一品一品の完成度の高いお店だなぁ、と思いました。

r_IMG_4036.jpg

デザートはタピオカミルク。
量は少ないけど味蕾を癒すのに丁度いいです。

……いや、足りないか。
もーちょいお茶飲んで

後はくりこ庵おいもやさんでアイスでも買うか。

r_IMG_4037.jpg

モンティと比べてピーキーさは足りないかもですが
高い技術で手堅く美味しいタイ料理が食べられるので
候補に入れておいて損はないです。

公式ページ
参考ページ

しかしサマルカンド開いてなかったのは悲しい。
休みがたまたまだったのか
あるいは日曜定休になったのか
それとも閉店したのか

9月末で営業していたって情報はあるから
また機会見つけて行ってカザンカボフかオシュ食べてみたいなぁ。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

ディワリ・イン・ヨコハマ2016とホッチポッチミュージックフェスティバル2016
01r_IMG_5366.jpg

先週のワールドフェスタは雨に見舞われて
ロクに楽しむことができなかったので
そのウサを晴らす為にもディワリは楽しまなきゃ、と山下公園へ。

朝は晴れてて昼前は曇り
でも昼からはまた晴れたり、と安定しない天気ではありましたが
でも秋らしい過ごしやすい陽気ではございました。

02r_IMG_5339.jpg

今回の参加店はここ数年常連に加わり始めた千歳烏山のカビール

03r_IMG_5341.jpg

こちらも昨年から加わった衆議院内にも店舗のあるガンジス

04r_IMG_5342.jpg

カルカッタムンバイは初回のころからの常連です。

05r_IMG_5368.jpg

そしてそこに今回はシリバラジが加わりました!
中目黒の名店!
これはもう重点的に頂くしかないな、と。

06r_IMG_5371.jpg

こちらは南インド専門店ということで
ナンはなくてパロタ。

タワで調理中のドーサも美味しそうだし
あと肉より魚の方が推しなんですよね。

07r_IMG_5346.jpg

というわけでスパイシーフィッシュフライ
スパイシーヨーグルトに漬け込んだイトヨリまるまる一匹を揚げたもの。
香ばしくて美味いなぁ。

そしてマトンビリヤニ。
骨付きの柔らかいマトンがゴロゴロ。
味は辛くはなくて食べ易いです。

ライタは魚につけて食べるのも美味しいです。

08r_IMG_5352.jpg

スパイシーフライドチキンと書いてありましたが
英語表記はCHICHEN SUKKA。
スッカじゃなくてチュッカですね。

インド周辺では何故か炒め物をフライと呼びます。
フライパン調理わフライと呼んじゃうのかな?
酒のつまみに丁度良さそうなちょっとスパイシーなジューシーチキン。

でも一緒に頼んだドリンクは酒でなくスクマリコーヒー。

これがコーヒーなんだけどショウガたっぷりにチャイのようなスパイスを加えた
生姜糖コーヒーともいうような不思議だけど美味しいコーヒーでした。

09r_IMG_5362.jpg

まだまだ止まらない、フィッシュヘッドカレー。
こんな屋台メシ向けでない料理を出してくれるところが嬉しい。

魚どころの南インドのマドラスならではの
鯛のおかしらをまるごとぶっ込んだカレーです。

アチャールのような酸味のある野菜カレーに
鯛のアラから出る旨味が加わって素晴らしい味。

しかしともかくメインはおかしらなわけで
先割れプラのスプーンで解体しながら食べるのには
それこそ骨を取るのに骨がおれるわけですよ。

傍目には残飯あさってるようにしか見えないんだろうなぁ……
でもめちゃめちゃ美味しいんだこれが。

食べた後の手の汚れは紙ナプキンだけじゃ拭えず
水道のあるところまで行かないといけませんでした。

10r_IMG_5373.jpg

これは夜のおかずに持って帰りました、キーマワダ。
ワダはインドのおからドーナッツ的なもの。

そこにチキンのミンチも加わると
牛と豚の合い挽きならぬ
豆腐とチキンの合い挽きハンバーグ…みたいなものになりました。

これはインドだけじゃなくて
日本でも白髪ネギと醤油ダレ添えて食べると美味しいんじゃないかな。

11r_IMG_5356.jpg

ステージではおっさんのボリウッドダンスショー。
実はみなさん、元インド駐在員の方たちだそうです。

駐在中、娯楽があんまりないので
奥さん方がボリウッドダンスにハマッてるのを見て
おっさんがダンスしてもいいじゃないか、と始めてみたのだとか。

12r_IMG_5376.jpg

そして最後にアンビカのブースでレトルトカレーまとめ買いして帰途に。
そーいえば今年はMTRの方は参加してないんですね。
あと食器屋さんが来てないのも残念。
アルミのコップまた買おうと思ってたんだけどな。

13r_IMG_5374.jpg

とまぁ、秋の午後に相応しいのんびりとしたイベントを楽しみました。

…しかしホントに今回シリバラジだけで食べてしまいました。
お前はお店の回し者か、と。

……いや本店一度行ってるとさ
中目黒のお店だから高いのよ。
だからこれだけの料理がこれだけのお値段で頂けるとあって、つい…。

一人でこれだけ食べたら
お店だとお値段3倍くらいになっちゃうんよ、多分。

それに折角のいい腕の料理人抱えたニューカマー
しっかり儲けて、来年も参加しようと思ってくれるとありがたいから、ね。

ディワリ・イン・ヨコハマ 公式ページ

さて現在6時…開催時間7時までだからギリギリ間に合いますよ~(笑)
そろそろ安売りしてるとこもあるかもね。

14r_IMG_5377.jpg

道すがら、スカンディアの一角にダイナーが出来ているのを見つけました。
今月アタマに開店したばかりっぽいです。
今度行ってみよう。
ペニーズダイナー 参考ページ

15r_IMG_5382.jpg

ついでに今年も覗いてきました、ホッチポッチ・ミュージック・フェスティバル。
日本大通は特設ステージではフィリピンの民族舞踊が披露されてました。

今年は県庁や地裁がステージじゃないのが残念。
代わりにというか、キッチンカーが大量に誘致されてちょとしたお祭り広場になってます。

16r_IMG_5385.jpg

横浜公園のステージでうたっていたのはすずきももこさん
大雑把に言うとAIKO系のソロギター弾き語りのフォークシンガー。
でも可愛い声と裏腹に東京演歌なAIKOさんと違って
もっと力強く地に足がついてる感じでいいなぁ。

17r_IMG_5393.jpg

スタジアムのビアガーデンステージで歌っていたのは如月愛里さん
甘い可愛らしい歌声ながら
歌姫と呼ぶにふさわしい伸びと張りのある歌声を辺りに響かせてました。

18r_IMG_5395.jpg

そしてちょっと気になっていたユニット、style-3!
バイオリンとコントラバス2人のインストユニット。
こさらもざっくりした言い方すると、矩形波2音の組み合わせ。

ということでちゃんとしたゲーム会社だったころのコナミサウンドを彷彿とさせて
音の構成シンプルながらも生楽器ならではのダイナミックなフレーズを聴かせてくれました。

カメラのバッテリーがあがっちゃったので
写真撮れたのはここまで。

食い物関係ではありませんでしたが
こちらも毎年ちょっぴり楽しみにしているイベントです。

来年はどんな方々の演奏が聴けるかな。

ホッチポッチミュージックフェスティバル公式ページ

いい日和の秋に散歩がてらに気軽に楽しめるイベント
来年はちょっと足を運んでみませんか?

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第7回 日本ーインドネシア 市民友好 フェスティバル
01r_IMG_5325.jpg

昨年に引き続き代々木公園にてインドネシアフェスが開催されました。
今年は天気も良く湿度も低く気温も22度と過ごしやすく
いいイベント日和ですよ。

02r_IMG_5226.jpg

……って、アレっ?
なんですかこの取り合わせ。

秋田・茨城の納豆フェス、と秋田米フェスと同時開催ということに…
実はそれだけじゃなくてスポーツオブハートとかいうスポーツ文化振興イベントも……

共通点なさすぎ!

03r_IMG_5239.jpg

そんなわけでけやき並木渋谷方面は納豆
イベント広場はスポーツ
広場前の並木の辺りだけがインドネシア、という結構限られたスペースでの開催。
でもお店はそこそこ来てらっしゃいましたので早速目黒のチャベから!

こちらのお店、以前目黒に行った時丁度お店閉めちゃってたんですよね。
同じくインドネシア料理のせでるはなが閉店
そこにチャベが移ってくるということで2店とも開いてないという悲しい目に…。

04r_IMG_5247.jpg

グレカンビン…やぎカレーです。
同じグレでも日本の大抵のお店では羊で出してるのですが
こちらはちゃんとヤギ!

ヤギならではのスジのようなコラーゲンと肉の入り混じった部位が美味し。
そしてこの汁、予想外にターメリックが効いてます。

ターメリックが色づけだけでなくその独特の香りと風味を前面に出して
そこにサンバル系の唐辛子の辛さが合わさる
なかなか面白い味わい。

05r_IMG_5264.jpg

同じくチャベでバタゴールというパンダンの屋台料理を。

魚のすり身を豆腐に包んで
インドネシアならではのカリカリの豆を含んだ衣で揚げたもの。
濃い味のピーナッツソースで頂きます。

ちょい辛ソースがカリッカリの衣に絡んで美味し。
そして……どことなく青臭い風味が。
なんだろ、笹団子みたいな草っぽさ感じるんですよね。

これがまたクセになりそうな味。
ダメな人はダメかもですが
この不思議な味わいが南洋の料理らしくてよいです。

06r_IMG_5248.jpg

ダポール・コネンという名前のお店は…場所は反町だって?!
えーー、いつ出来たの???
知らなかったですよ。

07r_IMG_5254.jpg

朝もはよからの突撃だったのでまだ準備終わってなかった模様。
メニューにpempekと書かれた正体不明の料理を注文。
お店の人が復唱したらンペンペだって。

kは発音しないんだ?

08r_IMG_5259.jpg

こちらも魚のすり身と、タピオカ粉を練って揚げたもの。
黄身が中に見えたのでスコッチエッグみたいなものかと思ったら
黄身しか使ってない模様。

これをカットしたきゅうりと一緒にダークソイソースっぽい甘辛タレで頂きます。
タピオカがむっちり餅みたいで
さつま揚げと餅をカリカリに揚げたような、これまた不思議な料理でした。

しかしこの店は地元なんだから
近いうち行ってみよう!

昼と夜でやってる人は違う模様。
昼行ってみようかな。

09r_IMG_5288.jpg

インドネシアの楽器+歌唱のステージ。
アンクルンだっけかな?

竹で作られた筒を揺らして鳴らす素朴な音の楽器。
指揮者もいて大勢で鳴らしてますが
見てると音程毎に演奏する人が違う感じ。

しかし演奏してる曲は聞き覚えのあるような……。

10r_IMG_5296.jpg

あ、インドネシア語の後日本語で歌いだしました。
これAKB48のフォーチュンクッキーか!
アイドル音痴の私でもこのくらいはわかるぞ。

というわけでスタッフの若い子とインドネシア人のドルオタっぽいおにーさんが踊ってます。
なんか面白い光景。

11r_IMG_5267.jpg

クールダウンに平塚のチンタジャワカフェへ。
インドネシアのデザートを食べよう!

12r_IMG_5269.jpg

日本語ではチェンドル・ダウェト、英語表記ではDAWET AYU。
お店のおっちゃんはアユと呼んでました…うぐぅ。

見た目通りタイでいうところのロッチョンですね。
着色した米粉で作ったゼリーをココナッツミルクで頂きます。
上にはジャックフルーツの切り身も。

いい甘さ具合です。

13r_IMG_5309.jpg

さてスポーツオブハートはスポーツのイベントのはずなんだけど
ステージではずっとアイドルグループのライブやってます。

ステージ前のアイドルさんたちは積極的に営業していて
一人ひとりお客さんに寄っていってチラシくばりつつアピール。

ああ、これがAKB以降の会いに行けるアイドル、って売り方なんですね。
ドルオタさんはこういうのでハマッちゃうんだろうなぁ。

個人的には押し強すぎて逆にどん引きしてしまいました。
ファンの方すみません。

14r_IMG_5302.jpg

前に他のイベントで見たな
エジプトのファーストフードのエジプトめしコシャリ屋さん
折角だから食べてみよう。

15r_IMG_5303.jpg

実は3年前にアフリカンフェアでエル・サラーヤが出していたのを食べたことがあるんですが
…エル・サラーヤは閉店しちゃったか。

ご飯とパスタとマカロニとレンズ豆とフライドガーリックを混ぜて
トマトソースで頂くという
中東と西洋がアフリカでごちゃまぜになった料理。

アフリカのラーメンなんて呼ぶ人もいましたが
まぁそばめしですね。

16r_IMG_5308.jpg

こんなかんじで混ぜて頂くと
ミートソース味のそばめしって感じです。
ジャンキー極まりないけど、これはこれで美味しい。

しかしキング・オブ・エジプトなんて微妙な映画とのタイアップ…旨味あるんだろうかと(笑)

まぁ、阿部寛がローマ人役やった映画が面白かったこともあったから…。

17r_IMG_5319.jpg

納豆フェスの方では秋田の観光大使として加藤夏希さんがゲストに!
うーん、ロビーナちゃんももう一児の母親ですか…ってもう17年も前だよ!

コメンテーターの人と発酵食品談議に花が咲く。

納豆といえば水戸ですが
元は秋田のお殿様が水戸での歓待のお礼に持ち込んだとか…へえー。

しかし子供産んでも相変わらずチャーミングですな。

18r_IMG_5321.jpg

わるいこはいねがー!
秋田といえばなまはげ!

親御さんは子供連れてよろこんで記念撮影してますが
当の子供は微妙な顔だったり…まぁ、そうだよな(笑)

19r_IMG_5240.jpg

再びインドネシア。
肉団子入りラーメンミーバッソの専門店ミーッバッソは六本木。
まだ記事揚げてませんが実は先週行ってきたばかり。

20r_IMG_5242.jpg

山羊の串焼きカンビンを頂きました。
濃い味の甘辛たまり醤油系でみっちりした肉。
ピーナッツのサテソースとは違う味わいもなかなか。

※コメントでご指摘頂きました、牛でなくヤギです。
牛はサピでしたね、そういえば。
羊系独特の臭みっぽいのを全く感じない調理だったので牛と思い込んでしまいました。


21r_IMG_5330.jpg

もう麺入る余地なかったのでバッソスープ頂きました。
エビ団子と鶏団子入り。

お店で食べたのより半分くらいの大きさでしたがどちらも美味しい。
そして鶏ダシの澄ましスープがかなり美味い!

あー、お店で汁なし頂いたのはちょと失敗だったような気が…。

22r_IMG_5327.jpg

10店舗ちょいしかないこじんまりしたイベントでしたが
いろいろ食べられて満足!

スレてるもんでナシゴレンだのサテだの
スタンダードな料理に全然手を出してないので
情報ニーズとしては薄いかもしれませんが
まぁ、これがウチの通常運転です(笑)

日本インドネシア市民友好フェスティバル公式ページ

明日日曜も開催しております。
滅多に食べる機会のないインドネシア料理を堪能するのも楽しいですよ。
昼過ぎにはこんな人出になってますが
朝早いうちは空いててオススメ!

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】空想脅威展
01r_IMG_4855.jpg

六本木ヒルズ52階の東京シティビューラウンジにて
空想脅威展なる展示イベントが開催されています。

シン・ゴジラのヒット周辺で
再び日本の特撮映画にちょっとだけ日の目が当たりつつある昨今だからこそのイベント。

しかし主催が角川ということで
ゴジラではなくガメラが中心のイベントです。

そーいや新しいガメラは予告編だけ作って…本編は作んないんでしょうかね?

昭和のガメラとガメラ2レギオン襲来のガメラ…
改めて並ばせてみると別モノですね。

02r_IMG_4791.jpg

開催場所が開催場所なので
展示そのものの入場料はありませんが
シティビューに昇るための料金は必要になります。

そのせいか映画そのものの展示よりは
昭和の時代から幾度となく現れた怪獣たちが破壊した東京という都市をテーマにしています。

03r_IMG_4803.jpg

倒された精密な東京タワーの向こう側にはスカイツリーの写真が…

04r_IMG_4821.jpg

平成ガメラ1作目のガメラ大怪獣空中決戦は1995年公開
ギャオスが東京タワーをへし折って巣にしたのは
スカイツリーが建つ17年も前の話ですが

2016年に再び怪獣たちが来襲したら、というシミュレーション的な展示になっています。

05r_IMG_4812.jpg

普段公開されていない森ビル所蔵の都市ミニチュア
プリンターで出力した写真と絵を元にビルや家屋を組み立てたもの。

しかしこれだけの広域に渡っての再現…一体制作にどれだけの日数がかかったのやら。

06r_IMG_4817.jpg

個々の再現はだいたいこのくらいのレベル。
しかしこれが何十mもずらずらーっと連なってるんですよ。

デアゴスティーニ辺りで売り出したりしないもんかしら。
完結までに新たな建物が建ったりしちゃうけどね(笑)

07r_IMG_4876.jpg

こちらはグーグルマップを利用しての対レギオン首都防衛シミュレーション。

仙台でのレギオン戦の後ガメラが復活しなかったという想定の元
考えられたものです。

周囲への被害を考えて精密射撃に頼るしかない陸自空自。
一定の効果は与えるものの巨大レギオンの首都圏への侵入を許してしまう。

レギオンは種子を全世界にばら撒くべく
森ビルを苗床にしようとしている。

果たして人類はガメラ抜きに
レギオンの繁殖を止めることが出来るのか…という内容です。

08r_IMG_4890.jpg

平成ガメラ3種のヘッド揃い踏み。
同一個体だけど全然顔が違うのは
平成ガメラは古代超文明の作り出した生物兵器だから、ということになっています。

どんどんヤバい相手と戦わなきゃいけないので
自らを強化していった、ということなのだそうです。

09r_IMG_4912.jpg

先程のミニチュアと同じ製法で作られた広大な模型。
巨人兵東京に現るにも使用されたモデルです。

このくらいの距離になると
もはや実景なのか模型なのかわからなくなってきます。

12r_IMG_4924.jpg

実サイズのソルジャーレギオン
こんなのが群れなして地下鉄の中で襲ってきたら怖いですよね。

ま、あたしゃケータイ持ってないので襲われないです。

しかし96年当時ならいざ知らず
持ってない人間の方が変人な今の世では
レギオンの習性について判明するのがかなり遅くなるだろうなぁ。

13r_IMG_4932.jpg

他の生物の遺伝子を取得して進化を続ける邪神イリス。
完成したばかりの京都駅の中で
史上初の室内怪獣バトルを繰り広げました。

もう全然可愛げのないデザインなのが平成ならではですね。

14r_IMG_4759.jpg

展示ひとしきり見た後は折角高いところに昇ったんで
窓から周囲の写真撮りまくりました。

15r_IMG_4790.jpg

地上200メートルもの高さになると
見える風景が全然違って感じられますね。

16r_IMG_4948.jpg

もはやカオスそのものですが
あの建物ひとつひとつに何人もの人が働いたり生活したりしてるんですよね。

コンデジでも望遠にすると人が動いてるのが見てとれます。

17r_IMG_5037.jpg

もうこの際だから500円払って更に上の屋上スカイデッキまで出てみました。
遮るもののない直の地上238mの世界です。

突風などのアクシデントを想定して
荷物と帽子はロッカーに預けることになります。

18r_IMG_5006.jpg

うーん、横浜ってどっちだっけ?

19r_IMG_5093.jpg

あ、都庁が見える。

20r_IMG_5078.jpg

50階以上の建物ともなると
メンテナンスのためのクレーン等の設備も常設です。
こういうメカは男の子心くすぐるなぁ。

21r_IMG_5011.jpg

そしてクレーン等移動用のレールも備えてあるわけですよ。
うーん、動いてるの見たい!

22r_IMG_5003.jpg

というわけで空からの景色共々十分楽しんで来ました。

まあ展示物自体はそれ程多くはないので
既にシティビュー自体に上がったことのある方からすると魅力は薄いかもしれませんが

生の風景を見つつ、怪獣に襲撃される都市の姿を妄想するのには
なかなか楽しいポイントであると思います。

空想脅威展 公式ページ
東京シティビュー公式ページ

開催は11月13日までとなっております。

虚飾の都を高さだけでなく
違った視点から見る貴重な機会だと思いますよ。

テーマ:怪獣映画 - ジャンル:映画

長者町、京味居の拉条子ほか
r_IMG_5173_20161013135632a76.jpg

ニンニクとパクチー食べたい。

そんな欲求が頭をもたげた時、仲間内で順当に思い出すのが
中国東北料理のお店京味居

夕方訪れてみると電気が半分ついているようないないような?
休憩中だったようですが、もう開店時間にはなってますので
大丈夫か確認してOKなのでいざ入店。

r_IMG_5158.jpg

おや、つまみ用の軽いメニューその他
しばらくぶりに来てみたらいろいろ増えてます。

麻婆豆腐ならぬ麻豆腐ってなんぞや?
緑豆のおからと書いてありますが
後で調べてみたら発酵させた豆汁のおからで
なおかつ羊の脂で炒めたものなんだとか……。

今回はパスしたけど、次は頼もうかな。

r_IMG_5159.jpg

料理名の添えられていない写真。
これ…羊のたたきかなぁ?
そして添えられてるのはピクルスっぽいけど。

r_IMG_5161_201610131356219fb.jpg

まぁ取りあえずは青島ビールで乾杯。
枝豆に豆もやしって突出しがいかにもですな。

r_IMG_5162_20161013135615a6c.jpg

ここに来たら頼まずにはおれない羊の串焼き。
クズ肉にクミンと唐辛子等の強いスパイスをまぶして串焼きにした
北京あたりの、日本で言えば焼き鳥的な料理です。

r_IMG_5164.jpg

そして老虎菜。
パクチーのサラダ。
パクチーがメインの料理という
好きな人には好き、ダメな人にはまるっきりダメな個性派料理。

でも我々は好きなんです、こういうの。

r_IMG_5166.jpg

糖拌西紅柿(甘)。
トマトの和え物と書いてありますが…
まぁ読んで字の如くスライスしたトマトに砂糖をかけたものです。

料理と呼ぶかも悩みどころですが
昭和の田舎のオヤツかよ!という
中国でもそういう扱いなんだと思いますが

単純にトマトに砂糖かけるだけで結構美味しかったりするのですね、これが。

r_IMG_5168_20161013135629bac.jpg

涼拌肝
羊のモツの和え物
紅油か葱かどちらかということで辛い方選択。

羊の胃袋を辣油で和えた、これも酒のつまみですね。

r_IMG_5171_20161013135631e51.jpg

久々に頂いた羊肉の水餃子。
挽き肉でなく、叩いた肉が入ってるあたりがポイント。

もっちり生地に肉汁のたっぷりのった羊肉
相変わらずウマいですよこれは。

r_IMG_5175.jpg

メニュー見た時から〆に頼みたいと思った拉条子。
ウイグル風面の炒め、とメニューにありました。

こちらは基本的に北京とその北側の地方の料理のお店なんですが
つまるとこウイグルを含む中央アジアで広く食べられているラグマンの北京バージョン的な料理。

さてお味は……これは、なんか懐かしい味わい。
昭和のエビチリならぬエビのケチャップ炒めとかの
あのトマト味です。

羊肉とトマト、そして多分後から入れて火の通りを浅くしたピーマン。
生のピーマンに近い苦味と辛さがいいですね。
そして刻みニンニクが予想外に大量に入ってます。

麺はピロピロのきしめん的な幅広麺。

子供の頃に食べたような垢抜けない味ではあるんだけど
なんか美味しいです。

ちなみにシェフのおとーさんの話によると
北京でも食べられている料理で
本来は手延べした麺を短く切って出すそうな。

そしてもう少し辛く味つけることも可だとか。
それいいな、多分辛いともっと美味しいと思います。

京味居 参考ページ


r_IMG_5181_2016101313573785c.jpg

パクチーもニンニクも十分頂いて満足……
なハズが気がついたら第一亭にハシゴしてたり…。
まったくよく食うヤツラですよ!自分もだけど。

モツの味噌が前より強めの味になってました。
前以上に台湾、中国より日本寄りな味。
だがそれがいい。

第一亭 参考ページ

そしてパタンのおかげでニンニク過多でホットになった我が身。
帰ったらよく歯磨かんといけませんね。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

大口通、武蔵屋の赤魚の煮付け
r_IMG_3740.jpg

地元大口通からちょい横にはみ出した場所にある居酒屋武蔵屋
大抵休日は出歩くことが多いので逆に近場で食べることは少ないです。
この日は雨天で出歩く気もしなかったので近場にて。

r_IMG_3739_201609201632401ff.jpg

普段エスニックを中心に食べている自分ですが
地味にそそるメニューばかりです。

開店して数年経ちますが
未だに清潔感のあるカウンターに滑り込み。

r_IMG_3741_201609201632325b4.jpg

味噌汁も煮魚のつゆも
こまめに味見しつつ整えてる板前さん。
経験測だけに頼らない真面目なタイプなんですね。

ちょこちょこ手が込んでる料理が並ぶのが和食の醍醐味でもあります。

r_IMG_3742_20160920163234240.jpg

もずく酢に卵焼きにまぐろのフレーク
ゴーヤと豆腐の煮付け、香の物。

普段あんまし進んで注文はしないけど
落ち着く味でいいです。

店内に流れるラジオと、外から伝わる雨の音
ゆるやかな時間の中で頂く和食。

いいなぁ、こういうの。

r_IMG_3743.jpg

1匹まるごとのボリュームはないけれど
しっかり骨も鱗も外した食べやすい煮つけ。

味はよく染みてるし
身はしっかりしてるし
青めの柚子皮使って香ばしい

心づくしを感じる出来栄えで
見た目以上に美味しいです。

公式ページ
参考ページ

たまには近場もいいですね。
日曜はお休みですが
それ以外の日は祝日でも開いてるので
またゆとりと心づくしを味わいに来よう。

テーマ:和食 - ジャンル:グルメ

子安(入江)、RAJのマトンララカレー
r_IMG_3361.jpg

新子安から第二京浜に下ったところにある
リーブナブルなインドカレーのお店RAJ

相変わらず増え続けている他のインドカレー屋さんと比べても
安くてウマくて使いやすいのでご贔屓にしています。

r_IMG_3356_20160909135501b47.jpg

新メニューにビリヤニが入ってますが
インド式チャーハンって!
めっちゃ開き直っとる!

まぁそれもそれで美味しそうですけどね。

r_IMG_3357.jpg

今回頼んだのは唐辛子マーク3つのマトンララカレー
ということでえらい辛かった時のためにマンゴーラッシーを頼んでおきました。
備えは万全!

r_IMG_3363.jpg

マトンララカレーは
鶏とマトンの挽肉の入ったカレーとのこと。

あかーい色に刻みショウガ乗せで相当辛いかなと警戒しましたが

r_IMG_3368.jpg

そうでもなかった。
辛さに対する耐性が普通の人でも普通に食べられそうな辛さ。

ドロッとしているのでインドカレーでありながらも
日本人好きのするカレーライスとほぼ変わらない感じに頂けます。

鶏の挽肉は思ったより少なめで
旨味コク出しの支え役みたいな扱い。

で羊の肉は叩いて少し柔らかめの塊がゴロゴロ。
挽いてはないけど、これは美味しい。
自分的にこれは定番メニューですね!

インドカレー向けに少し固めに炊いたご飯と一緒に
ガンガン胃に収まってく。

スプーンの止め処が見つからない!

参考ページ

しかもこのアラカルトメニュー、ご飯かナン付で900円だもの。
破格ですよ。

よそのお店のランチの定番にあるようなカレーは
終日600円くらいだし

そんなお値段で頑張ってるのを見ると
こちらとしても潰れて欲しくないし
応援したくなっちゃうんだよなぁ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

大船、メルカドのポルトガル風ごはんセット
r_IMG_3979.jpg

前回大船にカレー食べに行く道中で見つけたポルトガル料理のお店。

都内ならいざ知らず大船に
しかも商店街を通り過ぎた先にあるなんてビックリですよ。

店名はメルカバ…もといメルカド。
ポルトガル語で市場の意味らしいですよ。

r_IMG_3981.jpg

ってまぁ、大船市場のすぐ裏手なんですよね。
下町の市場ならではのダンボール山積みがすぐ隣りって
野暮ったい限りの立地だけど

r_IMG_3970.jpg

小さい店内はちょいと小粋な空間。
しかしイタリアンバルでもスペインバルでもなく
ポルトガル料理ってという選択が素晴らしいと思いますですよ。

r_IMG_3960.jpg

ランチタイムはパスタ2種かポルトガル風ごはん2種。
もちろんここはポルトガルで。

んで今日のご飯は鴨かタコ。
鴨もタコもポルトガルではよく食べられているそうです。
悩んだけどタコを選択。

ポルトガル語だとアローシュ・デ・ポゥボ、ってとこかな?

r_IMG_3967.jpg

粉チーズのしっかり主張するサラダ。
ポルトガルならでは、というところまではいかないけど
十分に美味しいです。

r_IMG_3973.jpg

スープは…なんだろ?
ほうれん草とケールの中間のようなシャクシャクした葉っぱと
あと濾したじゃがいもと米を使ってるのかな?

葉っぱがちょっと不思議な食感だけど
じんわり美味しい。
ひと切れ入れたサラミの風味がいい仕事してます。

…カルド・ヴェルデというケールのスープらしいです。

r_IMG_3975.jpg

パクチーを乗せるかどうか聞かれましたが
もちろんオッケー。

出来立てでグツグツいってるココット。
実に美味しそうです。

今日は長袖が必要な涼しさで丁度良かった。
真夏だとかなり汗かきそう。

r_IMG_3977.jpg

松濤のポルトゲーザで食べた米料理はパリッパリに仕上げてましたが
こちらのは炊き込みご飯というよりはむしろリゾット。

トマトは使っているけれど風味は抑え目
たっぷりのやわらかタコの入った優しい味の西洋雑炊。

アツアツ頂くのがたまりません。
これはもっともっと寒い日に食べたらもっと美味さ倍増しそう。

r_IMG_3957.jpg

ちょいとバルか居酒屋に入るような気軽さで食べられるポルトガル料理店っていうのがいいなぁ。

海外に旅行する時間はないけれど
食べるだけなら比較的近場で頂けるところまで向こうから来てくれている、と考えれば儲けもの。

干しダラのコロッケとモツ煮でも頂きながらビール飲みたい!

公式ページ
参考ページ

テーマ:ポルトガル料理 - ジャンル:グルメ

逗子、山やの山やバーガー
r_IMG_3298_20160906171814fc3.jpg

以前入った古民家改造のオステリアみちくさ
一緒の建物で営業していたので気になった山や。

お昼はバーガー売ってるんですが、夜は鉄板焼き居酒屋みたいです。
そのギャップが面白いなぁ、ということと

r_IMG_3288.jpg

古民家リノベだからこその
この古くさい佇まいがなんともいえない
いい味出してるんですよね。

特に天井の梁のあたりとか萌えですよ。
小上がりから上は畳敷きだし。

r_IMG_3296_2016090617181757d.jpg

そして調理場もお隣のみちくさ同様のむき出しの配電盤にトタン板。

んでお店の特徴でもある鉄板でバンズとかタマネギとか焼いてるわけですが

r_IMG_3299_201609061719246fb.jpg

そんな和風のお店に似合わず
フライドポテトどーん
マスタードとケチャップドバー、なアメリカンなバーガー。

しかしサラダは水菜とルッコラだというのが面白い。

r_IMG_3300.jpg

居酒屋なんでサラダ等食べるために使うことになるのはフォークでなく箸!

山盛りのポテトこそ手づかみで食べられますが
サラダは箸で食べることになるので
持ち替えるのも面倒になって箸でポテト食う!

でろーんとはみ出た目玉焼きのだらしなさが逆にこれまた萌え!

r_IMG_3302.jpg

こちら普通にビーフパテのバーガーもありますが
今回頼んだのは豚バラ煮込みのバーガーです。

ほろほろに柔らかい豚バラですが
これが醤油味ではなく甘めのカクテルソースで味付けられてるのが面白い。

テリヤキソースとケチャップを合わせた様な
アメリカンな甘辛ジャンキー味。

焼きタマネギとピクルスも美味いよ!

バーガーにして全然違和感のない味になっています。
もっとご当地バーガーみたいな垢抜けないものを想像してましたが
ジャンキーかつ完成度高くて美味し!

これアメリカもってっても受けそう。

r_IMG_3303.jpg

仕込み中の肉?の、どピンク色が凄い。
大鍋から思いっきりはみ出てるし。

これは完成品はどんな料理になるんだろうなぁ。

r_IMG_3305.jpg

まだ暑い時期だったんで、食べたら背にうっすら汗が滲んでたよ。
オープンエアの古民家で頂くお昼だからさもありなん。

夏だなぁ、という佇まいがまた美味しい。

公式フェイスブック
参考ページ

逆に冬は戸閉めても寒そうな気がするけど
日本酒と鉄板焼きで暖まるのが醍醐味って感じですね。

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

ワールドフェスタヨコハマ2016
01r_IMG_4647.jpg

秋…イベントの季節です。
9月はごたごたあって行けなかったので
それを取り戻すためにもワールドフェスタから楽しんでいこう、と思っていたのですが…

02r_IMG_4648.jpg

この有様ですよ。
朝諸々の用事を済ませて11時頃山下公園についてみりゃ
雨がパラパラからザーザーに変わりかけてきた時分。

屋外イベントな上に会場は芝と土があるんであんまし水はけよろしくなく…
ともあれ来たんだからなんか食てっこう!

03r_IMG_4656.jpg

雨空に気合の入ったケバブ屋のにーちゃんや
パエリア売るスペイン人のおっちゃんの歓声が空響きしてく…。

多分こちら初参加のお店だと思いますが
パエリアより

04r_IMG_4658.jpg

モツ煮込みの方が気になるので買ってみました。
トマトソースにひよこ豆、モツ、スジ、ソーセージ、豚足などなど

雨のせいで客数見込めないこともあるんだけど
かなり大盤振る舞いしてくれてます。

すきっ腹で出てきたのでこれがめちゃめちゃ美味かったよ。

05r_IMG_4685.jpg

ついでにクレマカラターナも頂きました。
粉末のカラメルを乗せたらハンドバーナーでゴォォォッと

あっ、風が強いから火の柱が30センチくらいの高さに!

パリパリのカラメルに
クリームはほとんど固形化せずとろりんとろとろ。
大雑把加減も屋台らしくてまた良し!

06r_IMG_4663.jpg

一応テントもいくつか立てられてはいましたが絶対的に数が足りず
傘差しながら木陰でしのぎながら食べるしかないのですよね。

07r_IMG_4661.jpg

タイ料理の屋台には雨が似合う…
なんてレベル通り越した降り方になってきましたよ。

08r_IMG_4668.jpg

代官山のパエリア専門店というと、該当するのはサル・イ・アモールかな?

2種のパエリアを売っていて、ハーフ&ハーフもできるというので頼んでみました。

09r_IMG_4672.jpg

ひよこ豆とチョリソのパエリアと
ミックスパエリアの2種。

チョリソの量自体は少なかったけどチョリソから出た旨味と
ミックスの魚介とチキンから出た旨味の違いがちゃんとご飯に反映されてました。

10r_IMG_4649.jpg

海老名のフォー専門店が来ています。
ベトナム人のおねーさんが一生懸命呼子してますが
まぁ雨ヒドイから振り返る人もいないわけで。

11r_IMG_4675.jpg

バインミー頂きました。

ダイダロスアタック
みたいな迫力!

外側なますだけしか見えませんが
中は照り焼きにしたチキンと豚耳がたっぷり入っていてなかなか美味しかったです。

12r_IMG_4679.jpg

マリアッチのおじさま方、頑張って盛り上げようとしてますが
優雅に聴き入っていられるような天気じゃなくなってます。

13r_IMG_4677.jpg

ライブペイントも屋根付きにレインコート着ての
ちょっと大変な作業になってます。

14r_IMG_4676.jpg

もうそろそろ諦めて引き上げるかな、と〆の一品はナワブにて

15r_IMG_4688.jpg

いつもインド系のブースでは食べてるタカタク。
本来はパキスタンのモツのスパイシー鉄板焼きですが
この手のイベントでよく見かけるのはチキンに置き換えもの。

ナワブは味付け比較的あっさり気味ですが
それでもまぁ美味し。

16r_IMG_4689.jpg

雨足さらに強まって来ましたのでよこはま国際フェスタにハシゴする気力もなくみなとみらい線にて帰宅。

したら晴れてきやがんの!
なんてこったい!
そんなに自分の心掛けが悪いのか!

夕方からまた別の用事で出かけないといけないので
もう一度出かけるって手もナシ。

しかし今回常連のセイロンインが来てないの!
もうそれだけでおもいっきし充実度は下がってますよ。

ああ、スリランカフェス行き損ねたのが殊更痛いなぁ。

公式ページ

明日も開催してますが
天気予報は明日も雨なんだよなぁ。

予想外れて秋晴れになってくれるといいんだけどね!

そして来年はもっといろんなお店を誘致できるよう頑張ってほしいなぁ。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

若葉町、そうる肉食堂承の牛レバ焼き定食
r_IMG_1099_20160728131451e07.jpg

起き抜けが低血圧気味だったので
昼はレバーが食べたいな、と出かけてみた韓国系肉定食のお店

店内ほぼ満員だったのですが、丁度グループが出ていくタイミングで着席。
ともあれ今日は悩むことなく牛レバー焼き決定!

r_IMG_1100.jpg

牛だけに肉厚で大きめのレバーの切り身が並んでおります。
さあ鉄分とビタミンA補給タイムだ!

r_IMG_1101.jpg

と、その前にキムチとナムルも。
スープは…猫舌だから後回し。

r_IMG_1103_201607281314493ee.jpg

甘辛+塩ダレのしっかりした味に
ねっとり感の残るレバー焼き。

こいつは美味いです。
そして気分的にすぐに血肉になってる感があるところがいい。

r_IMG_1102.jpg

表面の焼き味と中のねっとり感の両方が楽しめるのが
臓物の醍醐味の一つでもあります。

濃すぎず、甘過ぎず、辛過ぎず、と
どっちつかずでありながらも
これで正解と感じてしまうタレとモツ肉本来の美味さとのバランス。

ああ、ご飯が進むなぁ。

そして貧血気味なんて気分、どこかに飛んでいってそうです。

参考ページ

食事だけで回復するって症状は軽いのか
それともなんか慢性的な問題があるのか悩みどころだけど
まぁ気分よく帰れるのだから良し!

r_IMG_2475_20160819104014c9d.jpg

数日後カルビ焼き定食も頼んでみたのですが

脂多めで肉が噛み切り難くて…うーん、一番の主力商品っぽいのに
これはイマイチでしたね。

肉質はなりこま家のカルビ丼と同じくらい…それなら550円のカルビ丼の方がいいよなぁ。

ただタレはかなり美味かったので、ハラミ900円か上カルビ1200円を試したいところです。
値段考えるならレバーや豚カルビは結構お値打ちと思うのでそちらがオススメ。

というか、こちらに入って最初にカルビ焼き頼んで「あんまし大したことないな」と
ランチ候補から外した人は逆に勿体ないなぁ、と思ったりします。

テーマ:韓国料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、エルニョスキのアルボンディガスほか
r_IMG_3951.jpg

久方ぶりに1人飲み。
そして久方ぶりのエルニョスキ
年内閉店ということであと何度行けるやら…と、ん?

r_IMG_3936.jpg

えー!
閉店の予定が40日ほど早まってる!

何でも次にプロデュースするお店に本腰入れる前に
こちらを新たなお店にするそうで
その改装時期に都合がいいため
10周年記念イベント終了と同時に閉めてしまうそうで。

r_IMG_3937.jpg

とりあえずビールのアテにイワシの酢漬けを
バゲット乗せなんですね。

両端の尖ったピンチョス用っぽいつまようじで刺しているので
半分オープンサンド、半分ピンチョスみたいな。

r_IMG_3939.jpg

丁度いい塩梅にビネガーに浸かったイワシ。
美味いんだけど、この後の温菜にアヒージョ頼んでるんだよなぁ。

r_IMG_3941.jpg

バゲットにバゲットが被ってしまった!
まぁそれもよし!
タパスでグツグツいってるむきえびを眺めながらのビールもまた美味しい。

r_IMG_3943.jpg

むきえびのアヒージョ。
カラがついてないとエビってクセのない食材になりますね。
ニンニクと油をよく吸ってるけど

油でふやけたバゲットとむきえび食べてると
なんか海老しんじょ食べているような気分になってしまうのがなんとも(笑)

r_IMG_3945.jpg

こちらジンジャエールは辛口だとのことで頼んでみました。
ショウガのピリピリした喉ごしがたまらず美味しい。

r_IMG_3956.jpg

バゲットにバゲットを重ねて
胃の残り容量は減りつつありましたが

食べておきたかったカタルーニャ風 肉団子とイカの煮込み
アルボンディガスです。

こちらのはトマトでもデミグラでもない
肉の旨味などがよく出たちょっと不思議な味。
モツ煮ベースのソースとかなんでしょうか?

r_IMG_3953.jpg

肉団子は脂が抜けて肉みっちり。
さやインゲンとサイコロカットしたイカがお供という
これまた一風変わった取り合わせ。
自分の中に語彙ならぬ味彙のない味わい。

ああ、ハラくちくなりかけてたけど
機会あるうちに食べることが出来てよかった。

ただ、この料理に添えるイモはフライより茹での方がいいかと思いました。
揚げたイモにこのソースの組み合わせはちょっとしつこいかな。

公式ブログ
参考ページ

ああ、公式ページが既に契約解除になっとる。
なのでブログの方にリンク張りました。

んで次のこの場所は
バルというよりは食事中心のお店になるそうです。

それはそれで使いやすくなって楽しみのような。
ただスペイン料理屋ではなくなるそうですけどね。

当面はオーナーもこちらのお店に多く顔出すそうですが
自分がいなくなってもお店が回るようにして
前から計画していた別のお店とかけもちになるそうです。

そちらは残念ながら横浜ではないらしいのですが…
でもどんなお店が出来るのか気になるところです。

2杯目の生と肉団子でくちくなったハラさすりながら
新しいお店のことを予想しつつ帰途に着きました。

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ

【特撮イベント】ウルトラマン ニュージェネレーションワールドin東京ソラマチ
01r_IMG_4066.jpg

今回は食い物はなれて久々の番外編。
昨年に引き続きスカイツリーの足元、ソラマチでのウルトラマンのイベントに行って来ました。

女性スタッフに囲まれてガイさんご満悦の図……ではなくて
記念撮影にスタンバイ中のウルトラマンオーブ・オリジン。

テレビ登場に先駆けての公開になります。

02r_IMG_4078.jpg

今回の展示の目玉の一つ
ゲームでしか登場しない
ギンガとエックスの力を借りた姿ライトニングアタッカー
その等身大モデルがお目見え。

アクションのこと考えないでいいから
ゴテゴテしたデザインになっていたのを光沢仕上げで実物化。

こういうの見ちゃうと、実際テレビで活躍して欲しいと思っちゃうけど
これ可動もキビしそうだし、アクションしたら補修もきっと大変だよなぁ。

03r_IMG_4254.jpg

光線技炸裂記念撮影に駆り出されたのは魔王獣マガジャッパ

魔王獣と名のつく特別な存在のハズなのに
秘湯ならぬ水源巡りがシュミで

浸かった水がもの凄く臭くなるという
はた迷惑ながら憎めない怪獣。

昨今デザインが尖ったクリーチャー化する傾向にありましたが
こういうゆるさのあるデザインって好きだなぁ。

04r_IMG_4118.jpg

劇場版ウルトラマンX きたぞ!われらのウルトラマンで活躍したベータスパークアーマー。
今回の展示はニュージェネレーションワールドということで
ギンガ、ビクトリー、X、オーブの4人に絞られています。

05r_IMG_4203.jpg

イベントにつきもののヒーローステージ。
ギンガが主役のステージでは
怪獣に乗り移ることの出来るギンガの能力を利用して
怪獣サドラの姿で子供たちと相撲をとって遊びます。

女の子がんばる!
余裕のサドラ!

06r_IMG_4246.jpg

と、遊んでいたらステージを離れたスキに本物のサドラが現れ
暴れ出したので撃退、という流れです。
うーん、様式美だのう。

07r_IMG_4268.jpg

ウルトラマンX最終回でXをピンチに追い込んだグリーザ。

ゼットンの怖さを現代にアップデートしたグリーザは
その理解不能っぷり、暖簾に腕押しな感覚は
きっと子供にトラウマ与えるくらいに怖かったです。

悪意もなく、野望も意思さえもなく
ただただ生命を無に返す現象である、という…恐ろしい。

08r_IMG_4278.jpg

劇場版のラスボス、ザイゴーグとその配下のツルギデマーガと対するエクシードX。
絡め手や特殊能力よりも
ただただひたすらにパワーで圧倒するストロングスタイルのボスでした

09r_IMG_4089.jpg

劇場版ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!
のボス、エタルガーと戦うギンガストリウム…本編中ではこの組み合わせはありませんでしたけどね。

複数の世界のウルトラマンを封印して回るエタルガーに
平成のウルトラマン10人が一同に会して立ち向かう
純粋にエンターテイメント特化の映画は楽しかった。

10r_IMG_4362.jpg

ウルトラマンビクトリーナイトと戦うのはモルド・スペクター
83年放映のアンドロメロスに登場したボスキャラのリメイクという、まさかの登用!
昭和感溢れる悪役っぷりがナイスでした。

11r_IMG_4313.jpg

ギンガとビクトリーの合体した姿、ギンガビクトリー!
名前まんまですな。

しかしゴテッとしたインフレデザインの傾向は
円谷というより東映、石森プロ系の意匠に見えます。

隣りはギンガSの防衛隊、UPGの隊員服。
こちらは科学特捜隊の制服を現代にアップデートしたような意匠。

12r_IMG_4315.jpg

ギンガビクトリーの胸の部分をアップにすると
コンバトラーVっぽく見えます。

13r_IMG_4390.jpg

ハロウィンイベントの告知のポスター。
ネコミミのダダが可愛い(笑)

14r_IMG_4423.jpg

ウルトラマンオーブでは防衛隊をメインに据えず
SSPという市井の怪奇現象追跡サイトのメンバーがメインキャストとなっています。
つまりはウルトラQのような、怪奇現象、怪獣に相対する民間人のドラマになっています。

こちらの展示物は同メンバーの発明家の作り出した探査機やら防火装備やら。

15r_IMG_4426.jpg

オーブのライバルキャラ、ジャグラスジャグラー。

人間の姿をとったオーブはクレナイ・ガイという謎の風来坊。
風来坊っていう肩書はウルトラセブン第1話でのモロボシダンを彷彿とさせますね。

ガイ対して愛憎入り混じったストーカーのような関わり方をするジャグラー
なかなかいい味出してます。

が、スーツのデザインはこちらも平成ライダーや牙狼の怪人っぽいような。

16r_IMG_4577.jpg

今回のウルトラマンオーブは変身する力を失っており
カードに封じ込められた他のウルトラマン2人の力を借りることで変身する、ということになっています。

ウルトラマンとティガの力を借りたスペシウムゼペリオン
タロウとメビウスの力を借りたバーンマイト
新マンとゼロの力を借りたハリケーンスラッシュ
ゾフィとベリアルの力を借りたサンダーブレスター
それぞれの意匠を受け継いだデザインなわけですが

そしてこちらが真の姿を取り戻したフォーム。
平成のウルトラマンはパワーアップするとどんどんデザインが複雑にインフレ化していくのですが
逆にシンプルになるという逆転の発想。

17r_IMG_4526.jpg

さて、もういっぺんヒーローステージ。
今回はビクトリー。

ビクトリーは怪獣の力を利き腕に宿すことが出来るということで
エレキングテイルをゆらゆら動かして
子供たちに捕まえてもらおう、というお遊び。

18r_IMG_4536.jpg

捕まえた!と思ったらホンモノのエレキングだった!
というお約束!

いやー、設定を前提に練られた様式美が楽しいわ。

19r_IMG_4564.jpg

ビクトリーの得意技は蹴り技
ということでハイキック!!
着ぐるみ着た同士でこの高さはすごいね。

でもコンデジ撮影ではこれが精いっぱい。

20r_IMG_4328.jpg

ということで今回もばしばし撮影させて頂きました。
最新のボスキャラ勢揃いで新しい造形の妙が楽しめてよかったですわ。

しかし背面や角等よく見ると
実は痛んで補修した後がちらほら。

撮影の過酷さを窺わせますが
でもそんな奮闘のおかげで
毎週テレビでウルトラマンの新作が見ることが出来ることに感謝!

21r_IMG_4588.jpg

基本形態のスペシウムゼペリオンの展示がないのは何故なんだと思ってたら
押上駅方面の入口に展示。
後は外のフロアで握手会、と駆り出されていた模様。

浅草側から来て知らずに帰るのは勿体ないなぁ、と思いました。

22r_IMG_4064.jpg

バス停のサイネージにこんなのが
…ああ、しばらく前からCMに登場してますね。

髪のないウルトラマンで育毛剤の広告はどうなのかと思いましたが
…ひょっとしてサイみたく、ウルトラの父の角は髪の毛の固まったものだったり?
んなわけないか。

10月10日までスカイツリー下のソラマチで開催されています。
浅草見物のついでにウルトラマン、ちょいと見て行きませんか?

ウルトラマン ニュージェネレーションワールドin東京ソラマチ公式ページ

そして気になる特撮系イベントがもう一つ。
六本木ヒルズの東京シティビューにて現在
空想脅威展というイベントが開催されています。

ガメラの世界をメインに据えたイベントで
怪獣が都市に襲来したシミュレーションやジオラマの展示があるとのこと。
11月13日までの開催です。

こちらも忘れず行かなきゃ!

特撮脅威展 公式ページ

テーマ:ウルトラマンシリーズ - ジャンル:テレビ・ラジオ

黄金町、グライドカフェのミートソーススパゲッティ
r_IMG_3893.jpg

黄金町駅前、マンチーズの後にて仮営業中のグライドカフェ
仮といっても概ね普通に営業中なんですが

看板業者さんの都合によりまだマンチーズ表記のままだから
グランドオープンまだという…。

ブラジリアンバーベキューが売り物で
お昼はブラジリアンソーセージのホットドッグが頂けるカフェです。

r_IMG_3891.jpg

概ねマンチーズの時の内装引き継いでますが
日当たり良くて心地よく広い空間です。

春は大岡川の桜が綺麗なんですよね。

カウンターに乗ってる白い塊はパン生地ですね。
するとパンはこちらで捏ねて焼いてるんですね。

r_IMG_3888.jpg

前回写し損ねたランチメニューがこちら。

そうそう、単品850円ではなく
サラダ等付のセットが850円で
ドリンクつけると1000円の間違いでした。

r_IMG_3894.jpg

今回はミートソース頼んでみました。
なかなか充実したプレートでいい感じですね。

r_IMG_3898.jpg

カウンターに乗ってたパンが焼いて出てきました。
焼き方は軽めで外側の色の変わりはあまりなし。

柔らかいところにオイルを軽く塗って風味づけしてあります。

r_IMG_3899.jpg

サラダの予想外の充実っぷりといったら!

ローストした牛肉がゴロゴロ入ってるあたり
もはや付け合せの域を越えてます。

赤インゲン豆、白インゲン豆、オニオン、フルーツトマト
そしてアーモンドとクルミまでもが。
オレンジもサラダのうちに入るのかな?

これ十分パンのおかずに食べられますよ。

r_IMG_3897.jpg

スパゲッティはミートソースやポロネーゼというよりは
スパゲッティ・デ・カルネといった出来。
イタリアからアメリカを経由して南米のカフェテリア式、みたいな。

挽肉自体はたっぷりしていて
トマトの濃さ酸味、タマネギの甘みとかは控えめの優しい味。
味の奥行にちょっと物足りなさはあるけれど
その辺がアメリカ大陸的というか。

ブラボーのとうがらしソースを置いてくれましたが
これは大きい唐辛子の絵のラベルの割に辛さがあまり強くないので
ばばばっとかけて南米らしい味にして頂くのが丁度いいです。

南米のカフェ的な味わいでイイ!

公式ページ

本稼働になったらもっと昼充実するのかな?
でも先に夜肉食いにいかねば!

テーマ:スパゲッティ - ジャンル:グルメ

鎌倉材木座、香菜軒 寓の天然エビのカレー
r_IMG_3539.jpg

富士見台のカレーの人気店が鎌倉の古民家リノベで再出発、の香菜軒 寓
肉好きのヒトとしてはヴィーガン系って面白味がないなぁ、と思っちゃうんですが
でもここのは別!

鎌倉来る度寄らせてもらってます。
……ウソ、夏の一番暑い盛りは辿り着ける気がしなくてパスしました(笑)

台風の合間の湿度は高いけど気温の低い日にまた行って来ました。

r_IMG_3526.jpg

お、テーブルがちょっぴり大きくなってます。
これで一応5人まではかけられそう。

こちらへ来ると田舎住まいの田舎付き合いを
疑似体験出来るような感覚を楽しめるからスキ。

r_IMG_3529_2016091714090610b.jpg

おやミョウガの花が咲いてます。
初めて見たけど、ホントに見たまんまなんですね。
しかももう一つ花が咲きそうな様子です。

自分のところの畑で採ったものも
八百屋から買ったものも何故か咲いちゃったそうで
こうなるともう美味しくありませんから観賞用。

r_IMG_3531.jpg

前菜が少し豪華に!

プチトマの塩麹味。
さくらんぼみたいな瑞々しいトマト!

糠漬けもいい塩梅に漬かってます。

ゴーヤに乗ってるのはくるみとれんこんの味噌和え。
この味噌が味が濃くて香ばしくてめちゃウマ。

そして何気にしょうゆ豆が美味い!

茹でたんじゃなくて煎ったのを漬け込んだそうで
おかげで香ばしいし、醤油にいい味ついてるし
程ほどの硬さがまた美味しいこと!

あんまり美味しいんで、これ追加してお持ち帰りしちゃいました。

r_IMG_3538.jpg

今回頼んだライスはあずき入り玄米。
おこわのようなふっくらもっちり加減が美味しくてとても玄米とは思えません。

というか、これ最近メディアの推してる発酵玄米ってヤツか!
そう書いとけば更にお客の食いつきいいだろうに、奥ゆかしいなぁ。

まぁ、こんな住宅の中にひっそり小さなお店出してる時点で奥ゆかし過ぎるんだけどさ!

r_IMG_3540.jpg

パプアニューギニア産の天然エビを使ったカレー。
ココナッツとカシューナッツを使ったクリーミーで辛さは控えめ。

スパイスは4種、と限定しての
エビとズッキーニのいい味が出てます。

カレーというより東南アジアのちょっぴりスパイシーなエビ煮込み料理という感じ。
これもまた味も優しく体にも優しいカレーです。

公式ツイッター
参考ページ

こちらカレーだけでなく
野菜惣菜の盛り合わせ的なメニューもあります。
前菜に出たものの数を増やしたようなタイプになるのかな。

カレーに惹かれてやって来たわけですが
しかし次はその野菜の方を頂くのもアリだなぁ、と
そう思わせてしまうような美味しさでしたよ。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

中華街、南粤美食のネギチャーシュー冷麺
r_IMG_3418.jpg

香港街中の普段使い的な広東料理が頂ける南粤美食
前行ったとき、他のお客さんの食べてたネギチャーシュー冷麺が美味しそうでね…。

まだ暑いうちに昼出かけて食べられるチャンスを伺ってたのです。

r_IMG_3411.jpg

黒こしょうじゃがいもと牛肉炒めとか
豆とイカの炒めとかも非常に魅力的ですが
今回は初志貫徹!
冷麺だ!

r_IMG_3413.jpg

カウンターに滑り込んで、という体勢だったので目の前には丸鶏が!
うーん、目の毒。
追加注文したくなっちゃう。

r_IMG_3422.jpg

取りあえずはスープでざわめく心を落ち着けよう。
スープも炊飯器で保温するというのが面白いですよね。

ドネルケバブの屋台だとピタの保温に使ったり、と
米だけにこだわる国の出身でない人の臨機応変な使い方が面白い。

一見フツーの溶き卵と豆腐のスープのようでいて
鶏の足とか使ってると思しき滋用のある味わいがなんとも。

r_IMG_3417.jpg

冷やした麺と切った叉焼、ネギを
たまり醤油や油や砂糖などを入れたボウルに放り込み
ポリ手袋をはめた手でじっくり練るように混ぜ合わせる。

麺にしっかり味がのってるのはそれゆえですね。

r_IMG_3419.jpg

ちょっぴり甘めの醤油ダレがもうほんとによく馴染んでて麺美味いですよ!
やわらかいながらも噛みしめ甲斐もある叉焼と
ネギの辛さがまた華を添える感じ。

これはホント美味い。

参考ページ

これはネギ鶏バージョンとかも食べてみたいです。
焼きそばや焼きビーフンなんかも美味しそうだなぁ。

こちらの旦那さんの料理はもっともっと食べてみたい。
ほんと今後も楽しみでならない、いいお店が出来てくれましたよ。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR