オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
新潟出張編 中央区弁天、えびす鯛の天然ブリのお造りほか
r_IMG_6101.jpg

またまた新潟出張編を差し挟みます。

用事を済ませた晩
打ち上げだ、と選んだ先は新潟の居酒屋グループよね蔵のお店の一つ。
新潟出身の同僚から美味いと聞いていたもんで

r_IMG_6100.jpg

お通しは何種類かの具材から選べるタイプ
ホタテやらハタハタやら魚介の美味しそうなものを取り揃え
碁盤のような黒い石の入った鍋にいれてグツグツと。

かにみそ頂きました。
うめー。

r_IMG_6098.jpg

またも注文したのっぺ。

ウチの親が作る正月の雑煮は
サトイモゴボウダイコン等の野菜を煮込みあと鮭を入れて
最後にイクラを熱い中にとと豆と呼んで放り込むものでしたが

新潟、長野方面の郷土料理だから近いものがあるんですね。

懐かしさがこみあげてくると同時に
ちゃんとレシピ聞いておくんだったなぁ、と後悔しました。

こちらももちろん美味しかったですよ。

r_IMG_6104.jpg

お造りで選んだのは
新幹線の中でも今旬です、と伝えられていた天然ブリとのど黒。
身が厚くてよく脂がのっててめちゃウマいブリ。

関東に住んでいてもポピュラーな魚ではありますが
いいモノを新鮮なまま頂くとこんなにもグレード高いのか、と!

そしてのど黒は皮を軽く炙ったお造り。
アカムツの一種だそうですが、鯛をもっと引き締めたような食感で
これももう、ホント口福です。

r_IMG_6105.jpg

豆撰のジャンボ油揚げ。
岩船産の大豆で作った油揚げは
水分がすっかり飛んでカリカリになっています。

ややカスカスな歯応えではあるんですが
でもこれが妙にウマい。
酢醤油とショウガとネギとかつぶしと頂くとサイコーです。

r_IMG_6107_20161111170547306.jpg

特大しいたけの炭火焼。
山の幸なのに焼き貝のような香りがするのはなんでなんだろ?

ともあれこれも炭火焼でしっかり美味さ蓄えつつの肉厚でイイ。

r_IMG_6109_20161111170549ce6.jpg

一見人面瘡かアジアの石造のように見えるのは
帛乙女(きぬおとめ)という里芋を焼いたもの。

里芋のねっとり感と焼かれてほくほくした感覚がたまりません。
皮は捨てるように皿を出されましたが
これ皮も意外と香ばしくて美味しいですよ。

r_IMG_6111.jpg

そして〆に松茸と栗の胴鍋ご飯。
銅鍋って書いてあったけど土鍋な気がするな。

鍋炊きしただけに松茸の香りがむおっと立ち上ってたまりません。
ややクセのある松茸でちょい水っぽい炊かれ方でしたが
もうこの香りだけで昇天しそうです。

だし汁もつけてくれましたが
こちらも松茸のお吸い物のような味。

2合もあったんですが、あっとゆーまに胃に収まっちゃいましたよ。

r_IMG_6117_201611111706269a3.jpg

居酒屋グループのお店、と侮っていましたが
どれも料理の出来といい、鮮度といい、レベル高いです。

昔の商家のような作りなのに
BGMが安っぽいジャズなのが場違いなのがアレですが
料理は美味いです。

えびす鯛 公式ページ
えびす鯛 参考ページ

この日は平日だったんですが
宴会の団体客でいっぱいでしたよ。
人気店みたいですね。

r_IMG_6118.jpg

腹ごなしに散歩してたら駅ビルにこんなお店の看板が!
ブリティッシュパブでジョースターって
あのジョースターさんなのかい?!

ジョースター 参考ページ

r_IMG_6115_2016111117054620e.jpg

駅前から続く並木道は銀杏がライトアップされていて見事でした。
ということで新潟の夜は更けていく。
スポンサーサイト

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

北仲通、オステリア・アウストロのソルトブッシュラムとレンズ豆のラグーソースタリアテッレ
IMG_6664.jpg

先日の関内フード&ハイカラフェスタに出店していたイタリアンのお店。

郵便歴史博物館の手前あたりにあるお店なのですが
ジビエを積極的に扱ってるということで
ちょっと前から気になってました。

実は他のお店に行く道すがらだったのですが

IMG_6657.jpg

羊のラグーのタリアテッレ!
もうそれだけで入るには十分たる理由です。

足取り軽やかに入ってみると
角地のこじんまりとしたオステリア。

IMG_6662.jpg

ジビエのお店だけに鹿などの骨が飾ってあります。
お客はそこそこ入ってました。

開店10周年なんて書かれた花が飾ってあったり。
…知りませんでしたが、もうそんな長いこと続けられてたお店なんですね。

IMG_6658.jpg

早速パスタのランチを頼んでみました。

セットで付いてきた前菜は
小魚のエスカベッシュ、カブのマリネ
キャロットラペ、カリフラワーの冷菜

…何だって言ってたかな、香味の強めな葉野菜。
わさび菜とかに近い感じで
クセが強いけど美味しかった。

白いのは脂身の燻製かな?

ルーマニア料理のお店で脂身の塩漬けとか頂いたことありましたが
アレは味気なかったけど、こちらは燻すことで十分に美味くなってます。

カリフラワーはひよこ豆のペーストと合えてあり
キャロットラペはクミンが効いてます。

トータルでどれも美味しいんですよ。
スパイスの加減が絶妙です。

ジビエという難しい食材に熟練することで
香草などの使い方は完全にマスターした、って感じなのかな。

IMG_6665.jpg

ちょいといいイタリアンのお店って
パスタ皿の余白がえらい大きいんですよね。

写真に撮るとずいぶん小さく見えちゃうし
量も少なく見えるのが難点なんですが…。

IMG_6666.jpg

でもラグーはめちゃウマかった。

羊ならではの味とトマトとチーズの組み合わせは絶品だし
平太麺のタリアテッレはやや固めの湯で加減。

もっちりというよりは
練った小麦粉などの結びつきが口の中で解けていく感覚がなかなか。

こういう麺の作りと湯で加減、大好きだ。

IMG_6670.jpg

濃く入ったコーヒーと
デザートはババとかいったかな。

サバランの一種で
生地にこれでもか、とたっぷり甘いラム酒が染み込んでます。
シンプルだけどめっちゃ美味いんですよコレが。

そして皮ごと食べられるマスカットも
程よい甘さ加減が絶妙。

余り気味になったラム酒はコーヒーに入れて頂いちゃいました(笑)

IMG_6673.jpg

飲食店の立ち並ぶ通りから一本外れた
人通りの少ない港寄りの場所ですが

気づかないところに結構いいお店があるもんだなぁ、と改めて感じました。

公式ページ
参考ページ

今回は羊を選びましたが
ランチからイノシシだの鹿だのカルガモなんてのがあるんですよね。

イベントで頂いたイノシシの煮込みも美味しかったし
そのへん狙い撃ちで頂いてみるのもいいなぁ。

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

日ノ出町、サンライズタウンカフェのサンセットカレー、ハンバーグトッピング
01IMG_6637.jpg

9月頃から日の出薬局脇に
「肉」と書かれた立て看板が置かれるようになりました。
人を惹きつけるキャッチーな一言です。

看板に従って奥に進んでみると
長らく屯茶屋の看板のみが残ったままの廃墟が
スチール張りの綺麗な壁に塗り替えられていました。
しかもアメ車のトランザムが半分埋め込まれてます。

いかにもアメリカンなカフェの様相。
ガラス戸から覗ける店内もアメリカンバーらしいネオン等に彩られてます。

土日は昼から営業しているということなので
昼に伺ってみました。

02IMG_6607.jpg

赤と黒に彩られた極彩色の壁と床
ミラーボールにレーザーが回っていて
更にベティちゃんグッズに彩られた店内。

そんなアメリカンな雰囲気通りのスタイルのいいおねーちゃんがお出迎え。

ダーツの置いてあるカウンターバーの1階もよさげでしたが
2階席も空いてるようだったので
様子を知りたくて上がってみました。

吹き抜けなんですね。

03IMG_6612.jpg

2階席もすっかりベティ一色、むしろベティカフェと呼んだ方がいいくらいです。

04IMG_6615.jpg

ソファ席もあり。
これだけ席があるけど昼から来てた客が自分一人なんで
貸切状態ですよ。

06IMG_6608.jpg

ランチはカレーかパスタのセットがあります。
パスタは生麺なんですね。

グランドメニュー注文もあり。
ちなみにビールはハワイのコナやプリモ
ブルームーンやサミュエル・アダムスなどのアメリカのビールもいろいろ。

スタンダードにカレーを注文するも
「肉」の一言に惹かれて来たからには
ハンバーグをトッピングするしかあるまい!

07IMG_6618.jpg

先にサラダと、ドリンクはジンジャエールで。
色薄めで甘めのジンジャーエールでした。

08IMG_6638.jpg

珊瑚礁とかのタイプのカレーですね。

日本のハワイアンダイナーも割とこのタイプのカレー多いですよね。
近所だとサンアロハとか。

色の濃いデミグラっぽいカレー。
辛さは控えめ。

肉野菜をしっかり煮込んだ色合いで
特にタマネギ強し。
刻みタマネギ大量に使って甘さが出ています。

09IMG_6639.jpg

しかしハンバーグ、焼き過ぎで表面黒いですね。
その昔ハワイで食べたガリンガリンに火を通し過ぎたロコモコを思い出して
ちょっとヤな予感がしたのですが、その予感は外れ。

外こそカリカリですが中はほこほこ柔らかめのパテ。
決め細かく挽いているけどつなぎなしの牛肉。
目は細かいもののちゃんと肉肉したいいハンバーグでした。

あえてアメリカンな調理のいいところ悪いところを
どちらも取り入れて、のスタイルなんですね。

ただ、カレー自体は具材のかげかたちもないタイプなんで
プレーンで頼んだらちょっと面白味はなかったかもしれません。

ハンバーグ頼んで正解!
最低でも野菜は頼んでおいた方がいいかな。

10IMG_6641.jpg

デザートもアメリカンダイナー的に
カラフルなアイシング乗せのカップケーキと同サイズのクリーム乗せ。

たまにはこう徹底してアメリカンなスタイルを楽しんでみるのもいいですね。

11IMG_6600.jpg

場所柄京急が駅に到着するとアナウンスが聞こえてきたりしますが
でも駅からすぐの場所でオールドタイムアメリカンな雰囲気にどっぶり浸かれる
なかなか面白いお店だと思います。

ちなみにポイントカードが3店共通、なんて書かれてたけど
他にも支店あるのかな?

聞くのすっかり忘れてましたが
なんとなくバービーのカフェ、ピンクホリデーカフェの系列なんでない?
コンセプトが似てるし…と思ったら
やっぱりそうでした
あともう一店舗は、どこなんだろ?

近所のドラゴンキッチンがピンクホリデーと経営者一緒だと聞いたような気がするんだけど…。

そーいえば黄金町バザールに使ってる建物の中に
そろそろゴールドタウンカフェとかいう似たような名前のお店がオープンしてるはず。
関係は…あるのかな?

公式ページ
参考ページ

12IMG_6646.jpg

向かいにまたなんかお店作ってるっぽいけど
こちらは何のお店なんだろう?
飲食店かどうかも不明です。

テーマ:スタイリッシュカフェ - ジャンル:グルメ

大口通、田中屋の天ぷら付花菱そば
r_IMG_6832.jpg

田中屋といえば大口の誇る老舗の蕎麦屋です。
元々は馬車道に開店したのが慶応二年という…
つまり今年で150年ですよ!

そして大口に移ってからは65年もの間
近隣の主にご年配の方々の憩いの場となっていたんですが

r_IMG_6827_20161127160826849.jpg

なんと今月閉店してしまうとのこと。

十分に繁盛してはいたのですが
もう店主が高齢のため引退だそうです。

一度は次の世代が継ぐことも考えていたそうですが断念
やはり飲食店業は向いてない人にはキツいですからね。

自分がこちらに越してきてからずっとあったから
いつまでもあるように錯覚してしまいましたが
そうではないんですよね。

r_IMG_6833.jpg

閉店の噂はもう広まっていたようで店内は満席。
ちょっと待つことになりました。

長いこと続けているとそれなりに顔見知りになっているようで
会計時にお客さんと女将さんとの間に丁寧なお礼のやり取りが交わされていました。

さて、頼んだのは5つに小分けされた蕎麦が様々な薬味で食べられる花菱に
天ぷらをセットしたもの。

光景的にちょっと面白いですよね。

r_IMG_6834.jpg

天ぷらはややもったりした揚がり方。
単品や盛りに合わせるよりは
汁蕎麦や天丼に合わせた方がよさげ。

でも、この野暮ったさが昔ながらのフツーの蕎麦屋らしくて
味わい深いとも言えます。

r_IMG_6835.jpg

実は出かける直前まで風邪で臥せっていて
暫くお粥生活だったもので
もう蕎麦だけでめちゃめちゃ美味しい。

ちょい甘めの濃い味のそばつゆで頂く
水で〆た蕎麦が美味い事に感動。

甘いそばつゆとの相性が絶妙なとろろそば
山菜そばはスプラウト入りというのが昔の蕎麦と違うところ
シンプルにそばを味わう海苔
青菜の乗った糸鰹は胡麻の風味と相まって予想外の美味さ。

r_IMG_6836.jpg

辛みのとれた大根おろしのなめこおろしがまた心の落ち着く味。

飛びぬけた技が光るわけではありませんが
老舗だからこその食べてて安心できる感じ

野暮ったいところも含めて心に染みる気持ちになるのは不思議なもんです。

r_IMG_6837.jpg

甘めのそばつゆは蕎麦湯にもまた合うというのが再発見。
あつーい蕎麦湯が胃にじーんと染みます。

店がなくなるのを惜しむ客と
あくまで明るく感謝を述べる女将さんとのやりとりを傍らにしばし寛ぎました。

r_IMG_6840.jpg

さすがに行列はなくなったものの、既に3時にもなろうとしているのに
ほとんど空席なし。

愛された横浜有数の歴史を持つ庶民向けの蕎麦屋
その長い長い歴史が間もなく終幕を迎えようとしています。

公式ページ
参考ページ

と感慨深く思いふけったものの

今年の年末は年越しそば…何処に買いに行ったものかなぁ、と
ふと考えてしまう自分が情けなし。

テーマ:蕎麦屋 - ジャンル:グルメ

戸部、カフェ・ヤマネコのウンパルとさつまいもパフェ
IMG_6756.jpg

タイ・ラオス・ベトナム・インドネシア・台湾等々
アジアンエスニックの美味しいところを頂けるカフェ・ヤマネコ

秋の長期休暇を終えて営業再開してから
またちょくちょく利用させて頂いてます。

ランチおよびハッピーアワーメニューのポイントカードも貯まったので
それを使うのと、まだ頼んでいなかった秋の限定メニューを頂こうという腹づもり。

IMG_6754.jpg

こちらはインドネシア料理のウンパル。
うねった細長い皿がなんか面白いですね。
いかにもバリ的。

写真に撮るときはアングルに困る形ではありますが(笑)

インドネシア版の牛焼肉といったところ。
牛、ナス、牛、ナス、と互い違いに盛られています。

IMG_6758.jpg

柔らかーく調理された牛と秋ナスの相性バッチリ。
唐辛子や黒コショウ、レモングラスをココナッツオイルでまとめ
しっかり辛いけど旨味もしっかり感じる味わいでメチャウマ!

正直ご飯が欲しいところでしたが
後で頼むパフェは炭水化物満載なので涙を呑んでガマンの子。

ちなみにこちらはスラバヤ出身の方から教えて頂いた本場仕込みだそうです。

スラバヤといってもチェーン店のことではなくて
東ジャワ州の州都である港湾都市のことです。

お休み中、そちらの方にお礼言いに行ってたりもしてたとのこと。

IMG_6763.jpg

さて、貯まったポイントカードで注文しましたさつまいもパフェ。
英語表記だとUbi Parfe

ウビはインドネシア語でさつまいものことなので
こちらもインドネシアのスイーツということになりますね。

IMG_6761.jpg

上のアイスはもちろんさつまいも味
中は予想通りさつまいもの切り身にクッキーにスポンジケーキという
炭水化物増量パフェ。

こりゃご飯代わりに食べられるくらいにハラに貯まりますわ。

パフェ食べるにはもう寒い時期でしたが
甘過ぎない自然な素材をメインに配したパフェは
糖分が体に染みる感じで美味しかったです。

公式ページ
参考ページ

秋限定メニューは11月いっぱいまでです。
終了までもう僅かですので、食べてみたいと思った方は駆け込み注文を!

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、いそごのとんかつ定食
r_IMG_6474_2016111513405319a.jpg

数週前にイセザキモールにとんかつ・天丼のお店がオープンしました。
前はおたからやだった場所かな。

時期的にアレですな。
葉野菜、特にキャベツの超高騰時に開店なんて
とんかつ屋にとって死活問題的な…タイミング悪すぎるというか。

定食屋的なお店ではありますが
経験のそれなりに長そうなおっちゃんが調理
アシスタントは日本人と中国人のオバちゃんお2人。

r_IMG_6467.jpg

意外と店内敷地広い割にテーブル数は控えてるので
ずいぶん余剰空間が広い印象。

お弁当、お持ち帰りもやっているメニューはこちら。
ちなみに目張りしたメニューはなかおち丼とかきあげ定食。

r_IMG_6469_20161115134050b30.jpg

リーズナブルですが上々の出来栄え。
カラシを添えた小鉢に白菜漬け。
味噌汁は豆腐、なめこ、わかめ入り。

他のお客さんの注文の時に
「キャベツ大盛りもできますよ~」なんて言ってるけど大丈夫か?(笑)

まぁ、開店早々にしみったれたこと言ってたらお客つかなくなるものね。
つくづく大変な時期ですよね、今。

r_IMG_6471.jpg

何にせよ主役のトンカツは揚げたてで美味いわけでして。
ソースとキャベツとカラシとご飯でガッツリ食べるのがたまんないわけですよ。

カツ丼の卵とじも
弁当に入れてちょい衣がしんなりしてきたヤツも
それはそれで美味いわけですが。

r_IMG_6475.jpg

そこそこ肉厚のロース。
千歳町にあったこころに比較的近く
でもこっちの方が厚み揚がり具合とも上かな。

純粋にお昼の選択肢が増えたことを喜びつつ
あと長続きして欲しいですね。

r_IMG_6476_2016111513410680c.jpg

場所的にはすぐ近所にやよい軒があったりとかして
お店の佇まいがコンビニエンス的で客層被せて来たように感じられますが
頑張ってお客横取りして欲しいところです。

今後落ち着いてきたらメニュー増えるのかどうかは…どうだろう?

いそごグーグルマップリンク

r_IMG_6478_201611151341052cd.jpg

さて、あと新店発見
…というかまだ開店してませんが
6丁目のウィークリーマンションの1角にタルトとコーヒーのお店が開店するっぽいです。

マーガレットタルトコーヒー・グーグルマップリンク

マーガレット タルト コーヒーというお店みたいです。
でもオープニニングスタッフ募集の張り紙がしているあたり
まだ開店までもうしばらく待つことになりそうです。

テーマ:とんかつ - ジャンル:グルメ

新潟出張編 五泉市、冨士屋の里いも麺の濃厚魚介つけ麺
IMG_6088.jpg

忘れた頃の新潟出張編続き。
場所的にニッチ過ぎて参考にならないかもれしませんが用事先の五泉市。

新潟市から遠くもないけど近くもない
信越本線、磐越西線を乗り継いだ何もない田舎駅。

用事が済むまで時間がかかるので昼はしっかり食べておきたい
しかし商店街…と呼ぶにはまばらな駅前通り。

一軒の昔ながらの定食屋がすぐに見つかりましたが
……他に、選択肢なさそうだな、と
時間もないので入ってみました。

r_IMG_6087_20161111135326e40.jpg

中も見るからに昔は観光地としてそこそこ人が入ってたけど
今は見る影もなし、という風情の

観光地の写真やポスターの貼ってある田舎食堂。
バラエティ番組に見入ってるオバちゃんが応対。

カツ丼、しょうが焼き、オムライス、ハンバーグとエビフライ
等々、いかにもなメニューの他に

里いも麺なるものが推されてます。
結構バリエーション多い。

r_IMG_6089.jpg

この辺里いも名物なんですかね。
折角だからその流れに乗るか、ということで
オススメの濃厚魚介つけ麺をチョイス。

つけ麺で麺が湯に浸かったままなの、初めて見ました。
湯切しないのは寒い地方だからなんですかね。

r_IMG_6090_201611111353301ac.jpg

手打ちっぽい、ちょい太めなよれよれちぢれ麺。
麺の密度にバラつきあるあたりがいいですね。

微かに里芋の香りがするような気がします。
気がする、くらいだけど。

r_IMG_6091.jpg

ネギ、水菜、チャーシュー、煮卵の入った濃厚魚介つけ汁。
これが、意外と美味しい。

魚粉たっぷりのスープは都会でそこそこ流行ってた
濃厚魚介つけ麺のスープと比べて遜色なし。

麺はもうちょい固ゆでの方がそれっぽいけど
まぁ11月も過ぎてるし、茹だってもアツアツな方が有難いかな。

ツルシコピロピロな麺は
濃厚な汁と合わさると里芋成分がどのへんにあるのかわからなくなりますが
でも、十分にいけてます。
美味しいじゃん。

r_IMG_6094.jpg

こういう田舎食堂というと
昔ながらの醤油と油だけのスープに
ネギと、メンマではなくシナチクと呼ぶ、とナルトが入っているような
昭和ラーメンくらいしか選択肢ないもんですが

先程のメニューの通り和節やらブラックやらざる中華やら
辛みそとんこつ等々

美味いのが田舎で普通に食べられるというのがまた侮りがたし。
垢抜けない佇まいだけど、垢抜けたラーメン五泉にあり!

参考ページ

テーマ:つけめん - ジャンル:グルメ

白金町、むらき屋一本橋店のもつ煮丼
r_IMG_6512_20161117154602eef.jpg

日ノ出町方面、東北大飯店の隣りにあるもつ焼きのお店
むらきの支店が黄金町と南太田の中間地点のガード脇に出来ました。

本店の方はランチやってたようなんですが
気づいて行ったら先週から止めたみたいな張り紙があって泣いたんですが

一本橋たもとのこちらは昼から通し営業だそうで
つまりは昼から飲めるお店なんですが
テイクもあるし

r_IMG_6502.jpg

看板の通り丼モノを昼に頂くこともできるわけで
爆メシとか気になるなぁ。

r_IMG_6505_201611171545516a4.jpg

こちらは毎日が縁日、というコンセプトのお店のようです。
でもどちらかというと天井の簾とか海の家っぽいですね。

メニュー貼り紙が多すぎて圧倒されます。
飲みに来た時ならいざ知らず
昼入ると目当てを探すのに迷い込みそうです。

r_IMG_6506_20161117154553b67.jpg

奥にはセルフのわたあめやらポップコーンやら。
これはもう大人の駄菓子屋ですね。

r_IMG_6517_20161117154620a28.jpg

お通しにこんなくじ引きもついてるみたいだし
飲みに来るのも楽しそう。

r_IMG_6509.jpg

さて、今回頼んだのはもつ煮丼。
お昼は大盛り無料。

飲み処の丼だとボリュームは控えめなのかと思ったら
大盛りにしたら思ったよりたっぷりです。

付属のモツ等から煮だしたっぽいスープが結構美味いです。

r_IMG_6511.jpg

ご飯だけじゃなくモツ自体もたっぷり。
臭いもモツ焼き屋ならではのモツモツした臭いがたまりません。

r_IMG_6514.jpg

半分近く食べたかなと思ったらまだまだこんなたっぷり。
やわらかモツによく汁の染みたご飯。
ネギに紅ショウガに七味に混ぜて食べると幸せですわ。

ちなみに大将曰く最初から辛くするのも選べるそうです。
次は狙ってみようかな。

r_IMG_6501_201611171546050d8.jpg

もう11月ですっかり寒いのに
このお店の周りだけ夏の風景に感じるのがなんかおかしい。

橋のたもとのちょと面白いお店です。
むらきはもつ焼き屋なんだから
夜にもつ焼きで軽くひっかけていくのもよさそうです。

大岡川沿いだから
桜の季節にはちょっと外に席出して花見酒もいいですね。

ぐるなび店舗ページ
参考ページ

テーマ:もつ焼き・焼きとん・煮込み - ジャンル:グルメ

御徒町、羊香味坊のラム串五本セットほか
01IMG_6697.jpg

お店の存在を知ったのは開店の2か月くらい前。
赤レンガで秋開催された音楽イベント、ブルーノートジャズフェスティバル
開店に先駆けての参加、ということで味わったのが最初。

折角だから行ってみないかと誘われてホイホイ御徒町へ。
グランドオープンは11月アタマとのことでしたが
10月末には開いてたみたい。

今ではすっかりファンの多い味坊一派のお店なだけに
開店時間早々に飛び込むつもりが既にお客さん一杯です。

02IMG_6710.jpg

……って、14時開店じゃなかったの?
あ、ネット上の情報が既に古くなってる。
13時開店でしたよ。

もう1階はお客さんいっぱいな辺りが
早くも人気店となりつつある様相。
クローズドな情報は既に出回ってるってことなんですね。

03IMG_6691.jpg

メニューはこんな感じ。
羊香の店名通り羊肉が中心ですが
アヒルもやってるみたいですね。

まぁ、鶏が食べられない友人と一緒なので今回は羊オンリーで。

04IMG_6692.jpg

汾酒ハイボールなんてのがあったので珍しいから頂いてみる。
白酒(パイチュウ)ベースなだけにハイボールでもわりと強いですよ。

軽くスピリッツらしいキツさは感じるけど基本的に飲みやい。
でも酔いまわるのは早めです。

05IMG_6694.jpg

前菜に自家製板春雨の冷菜。
結構もっちりたっぷりの板春雨。

ゴマダレにちょっとクセのある香りが加わってる…なんだろう?
このタレで冷やし中華食べたいな。

06IMG_6695.jpg

羊香水餃、ラム肉とパクチーの入った水餃子です。
添えられた黒酢と合いますな。
しかしちょっとちっちゃいな。

07IMG_6696.jpg

5本盛りの内訳は
ショルダー、ショルダーとキノコ、レバーの網脂包み
ランプと山芋、ネック。

単品の場合は2本からで
どれも400円前後なので
普段よく頂いてる京味居などと比べると割高ではあるんですが

その分明らかに肉の質がイイです。
ジューシーでスジも少なく
クミン等のスパイス薄めでもラムの香味しっかりで美味い!

08IMG_6699.jpg

薬味が6種類もあったので全部まとめて頼んでみました。
ちなみにどれも50円也。

奥からパクチー、きのこ醤、山椒醤油
落花生と唐辛子の粉醤、焼き唐辛子の粉醤、発酵唐辛子の醤

粉末になったピーナッツの甘さと唐辛子の組み合わせがなかなか。
きのこ醤の油と旨味の組み合わせもいいですね。

…これ持ち帰り出来ないもんだろうか?

09IMG_6701.jpg

ちょっと野菜分が足りないと思ったので老虎菜を頼みました。
パクチーも青ネギも肉厚。
ピーナッツ入れてるのもいい感じ。
青唐辛子は控えめ。

先に行った人の話だと味噌ダレとのことでしたが
今回のは醤油ダレのようでした。

10IMG_6703.jpg

よそのお店ではなかなか頂けない
羊ランプ肉のロースト。

モモと腰、お尻のあたりの
よく動く部位だけに肉質もしっかり
噛みしめると美味し。

ちなみに人数いれば1本丸々1.5kgとか食べられるようですよ。

11IMG_6705.jpg

この日の日替わりメニューからもやし炒め。
もちろんこの料理も細切れ羊肉が入ってます。

ジンギスカンじゃないけど、羊ともやしの組み合わせは鉄板ですよね。

12IMG_6709.jpg

魚羊湯。
白身魚とラム肉を煮込んだスープは湯飲み茶碗サイズ。

羊の香りはしっかりのってるけど
魚も併せることで意外とさっぱりめの味です。

13IMG_6707.jpg

〆に羊香炒飯。
炒飯にパクチーという組み合わせは初めてですがなかなか。
羊肉に羊の脂が合わさって、個人的にはとても好み。

羊肉と米、これに勝る喜びはないよなぁ。

余ったスパイス類入れたりして食べるのもアリ。

14IMG_6679.jpg

まぁそんなわけで
充分に味わい尽くして堪能しましたが

ただ、ちょっと会計高め。
味坊本店の量と値段のバランス考えるとちょい割高ではあります。
…と思ったけど、前行ったの10年くらい前だから記憶アテにならんか。

まぁ本来の羊串が安いクズ肉を美味しく食べるために
アクの強いスパイスをしっかり使っているのに対して

こちらは質のいい羊肉をしっかり味わう方に特化しているので
割高はやむを得ないのかもな、とは思うけど。

でも少人数でちょこちょこ食うにはこちらの方が向いてるかなと思います。
あと休日の昼間から気軽に羊が食べられる、という上では非常に有意なお店。

最近すっかり秋葉とかいかなくなりましたが
軽く流してからこっちで頂くのもアリかも。

参考ページ

あとは予約取れず逃した味坊鉄鍋荘に行ってみたいもんです。

テーマ:羊肉 - ジャンル:グルメ

川崎(中幸町)、アジ庵美味 1・2・3の肉と卵の煮込み定食
r_IMG_6438_20161114114451629.jpg

今年の6月に代々木公園で開催されたベトナムフェスティバル
アジ庵美味 1・2・3という聞き慣れない名前のお店が出店していました。

昨年12月に川崎の幸区にオープンしてたみたい。

ちなみに読みはアジアンビミ モー ハイ バー
ベトナムのビールのバーバーバーは333と書かれてるので
モーが1、ハイが2の読みなんだと知ることが出来ました。

お店の場所はラゾーナの裏手の一本裏手の通りです。

r_IMG_6446_201611141144481c9.jpg

「食・酒・人
出逢ったことに
まず感謝!」

なんてキャッチフレーズに、こんな名前のお店ですから
なんか居酒屋チェーン的だなぁ、と思ってましたが

近所の日本人のオバちゃんおっちゃんが
お店のベトナム人のおかあさんと世間話してたり、と地域密着型のお店です。

華僑や台湾の方が日本に入り込んで町の大衆食堂を営む立ち位置に
そのまんまベトナム料理屋が来た、みたいな。

r_IMG_6424.jpg

地域密着型だけにランチメニューもわりと豊富。
ベトナム式ヒーフシチューのボーコーをご飯だけでなくフランスパンで食べられたり
フォーだけでなくブーンボーやフーティーユが混じってるのがいいですね。

r_IMG_6425.jpg

お弁当もやってるみたいです。
和食中華以外にベトナム弁当って選択肢…いいなぁ。
セット以外の昼に頼める料理はフォーの炒めものやら
和え麺のブンチャーやら鶏肉のソテーやら

逆に夜のメニューは昼からそんなに増えない感じ。
1.3、4倍になるくらいかな。

r_IMG_6445.jpg

でもベトナム鍋ってのは面白そう。
薬膳効果のあるスープで野菜海鮮等煮込んで
〆の麺にはうどんのような米麺のブン…いいなぁ。

r_IMG_6432.jpg

お盆の代わりに網籠で出てくるのがいいですね!
普遍的な定食なのになんか気分盛り上がる。

スープが中華の薬膳スープっぽい味と香りです。
メニューにフォーが薬膳、と書かれてたんですが
基本のスープがこの味なのかな?

フェスで頂いたたけのこそばが薄味だったんですが
スープこちらにしておけばよかったのに。

r_IMG_6434.jpg

揚げ春巻きとサラダ
春巻き用のタレもサラダのドレッシングも
ベトナムのお酢ベースの汁をやや薄めた味。

スイートチリソースの甘辛酸をあたり柔らかにしたような
このほのかな味加減がなかなかいい塩梅です。

r_IMG_6437_201611141144441f2.jpg

日本、中国、ベトナム、フィリピン等々
アジアのあちこちの国の定番の料理豚肉と卵の煮込み。
しっかり煮込んで味の染みた肉と卵の組み合わせは素敵ですね。

メニューにはコム・チュンと書いてありましたが
チャーハンがcom chien
この料理はcom trung
コムが米でトゥングは卵だったような?

脂少なめの部位を醤油ダレでじっくり煮込んだ豚。
ホントは脂もたっぷりしてる方が好きですが
これはこれで美味しいです。

r_IMG_6439_20161114114453192.jpg

お茶かコーヒーはセルフで飲み放題。
〆のコーヒーにベトナムコーヒーというのが
大衆食堂的な佇まいには似合わないながらも気分がリッチになるサービスです。

おかあさんは「どんどん飲んで~」と笑顔。

r_IMG_6448.jpg

奥の席はプーさんとパンダが卓を囲むお子様向け仕様。
なんかいいね(笑)

r_IMG_6421.jpg

というわけで予想外にいい感じのお店でしたよ。
開店から1年経たずして地域に完全に溶け込んでる
優しい家庭的な味のベトナム料理が楽しめるお店。

公式ページ
参考ページ

川崎に来たらまた寄りたいお店が増えちゃったなぁ。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

川崎(小川町)、スパイスクラフトのノンベジタリアン・クラフトミールズセット
r_IMG_6403_2016111413331714b.jpg

川崎にはインド料理の美味しいお店は

八重洲のエリックサウスの系列のエリックカレー
タンドリーチキンとバターチキンカレー発祥のモティマハール出身のシェフがいるアロック
元スーリヤの店長さんのお店ネイナ

のあたりわ今まで何度か通っていたのですが
3年前にインドやドバイと渡り歩いてきたシェフのいるお店があると知り
…えーっと、TAJ

と、検索していたらもう一つ気になるお店がラ・チッタデッラに出来ていたみたいで

r_IMG_6398.jpg

9月にオープンしたそのお店はスパイスクラフト。

チネチッタと同じビルの2階の細道の一番奥にぽつんとあるそのお店
ヒマそうなシェフが外に出てきて「ドウゾー」なんて言ってる佇まいは
いかにもインド・ネパール系の量産店のようですが…

看板見てわかるようにミールズがあるし
なんとランチからドーサが食べられるぞ!

という南インド料理メインのお店なんですよ。

r_IMG_6410.jpg

あれ、カウンターだけの小さなお店?

r_IMG_6408_20161114133326db9.jpg

と思ったら反対側に階段アリ。
2階席もあるんですね。

r_IMG_6400.jpg

サラダは胡麻ドレの普通仕様ですが
ラッシーに…シナモンが入ってます。

あら、面白いアクセントでいいお味。

r_IMG_6402.jpg

ドーサとミールズと散々悩みましたが
一皿でお店の味がたくさん味わえるミールズを選択。

ナンでなくチャパティがついてる辺りが
逆に南インド料理としての本気を感じます。

ご飯もちゃんとバスマティライスですよ。

r_IMG_6404.jpg

右からインドの野菜の炒めポリヤル
…サブジとかのカレー炒め的な料理大好きなんですよ。
野菜カレーのクートゥはココナッツミルクがしっかり効いててコク深い。

昨今東京方面は南インド料理のお店が増えてますが
とうとう川崎にまでこんな料理出してくれるお店が降りてきた!

ランチ定番数皿をまとめただけのなんちゃってミールズじゃありませんよ!

スパイスの味香りもしっかり効いてますが
素材本来の持ち味もしっかり活かした料理になってます。

r_IMG_6405_20161114133323dd3.jpg

ヨーグルトサラダのライタに
デザートはなんて名前だったっけな
ハルワだっけ?

乾燥ココナッツ削り出しとかセモリナ粉の極細麺状の集まりに
カシューナッツ等を混ぜたほの甘いスイーツ。

甘過ぎなくてよかった(笑)

r_IMG_6406_20161114133325ada.jpg

右から豆と野菜の旨味がきちんと溢れてるカレー、サンバル
タマリンドと胡椒の効いたスープ、ラッサムの酸味と辛みの具合がいい
そしてクリーミーなルーに柔らかい肉のマトンカレー。

色合いで見分けつきにくいですが、どれも味の傾向がしっかり違ってて美味し。

サンバルとラッサムはどちらも酸味と辛さのバランスがいい出来
マトンカレーはクリーミーな優しい仕上がり。

スパイスに関するボキャブラリーが貧困で
なかなかこの美味しさを伝えるのが難しいですが(笑)
どれも美味しい南インドらしい味わいでした。

r_IMG_6411.jpg

お店を出る時に店長さんと思しき方が
「アロックにもいらしてくれましたよね?」と

あっ!アロックのフロアにいた
インド人なのに英国紳士っぽい感じの方でした。

あー、ここアロックの系列なんですね。
そらシェフの腕は折り紙付ってことですよ。

というか、顔覚えられてたとは…。

ラ・チッタデッラ店舗ページ
参考ページ

というわけで夜は甘くないドーナッツのワダやら
インド式のお好み焼きウタパム
ドーサも数種類
同じく鉄板で焼くパン、パロータ
他のお店でなかなか見かけない料理も多々。

鉄板のタワがあるからインドの鉄板焼き料理も楽しめます。

ううむ…また川崎で気になるお店が増えちゃったよ。
まぁアロックの系列なら、どちらかを選べばいいんだけど。

あとTAJもまだ結局行ってないんだった。

テーマ:インドカレー - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、エルニョスキのお別れパーティー
r_IMG_6579.jpg

※閉店しました。

黄金町という微妙な立地ながら
10年もの間素晴らしいスペイン料理を振る舞ってくれた素敵なエルニョスキ
10周年と同時に閉店することとなりました。

まぁ、マスターが次のステップに進むための発展的散会みたいなモンですので
門出を祝いつつ、名残惜しみつつ、みたいな気持ちでパーティに参加。

通常営業のうちにもーいっぺんくらい行っておきたかったんですが
もー予約一杯だったんですよね。

パーティは予約不可なので逆に飛び込む余地あり、というわけで!

普段頼まない生ハム、サルシッチャ、チョリソの盛り合わせ。
この塩気脂気で酒が進みます。

r_IMG_6585.jpg

前金払ってフリードリンク、フリーフード。
メニューはこんな感じ。

始まって当初は料理は注文して作ってもらう余裕はあったんですが
そのうちどんどんお客さん増えてきて余裕がなくなり
料理出来次第回してくような感じになりました。

r_IMG_6581.jpg

とはいえ最初から大変なようだったので
基本便乗スタイルで頂いてきました。

コロッケ…ハムと鶏とチーズの入った香ばしいクリーミーなコロッケ。
人多いので1人1本でしたがしっかり味わって頂きました。

r_IMG_6583.jpg

タコのガリシア
タコがほんと柔らかいこと!
そしてタコの旨味も吸った油にまみれたジャガイモがたまりません!

ああ、通常営業のうちに一皿独り占めしたかったよ。
美味すぎる。

r_IMG_6595.jpg

料理出るまで時間かかるので軽めな酒でつないできました。
ガウァとかクララ(ビールのレモネード割り)とか。

あと普段は飲んだことのないマリブとかカンパリとか。
…よく考えたらあんまり弱い酒じゃないな。

サングリアの赤はシナモン効いてて美味し。
これも前から飲んでおくんだったよ。

r_IMG_6588.jpg

出来立てほこほこのラザニア。
トマトとチーズと挽肉とむっちり生地で温まります。

r_IMG_6589.jpg

バゲットに串刺しされたイワシの酢漬けは
淡い酢油に使った具合良し。
青魚ならではの皮回りがまた美味いんだ。

r_IMG_6591.jpg

1人だと頼む術のないパエージャ。
アルデンテ的な米の仕上がりがメチャ美味い。

写真撮り忘れてたけどあとイカスミのパエージャも出ました。
イカスミならではのコク味の出具合がイイ。

r_IMG_6596.jpg

そろそろ材料のストックがなくなり始めた、ということでチーズ。
普段頼まないけど、やっぱり美味いなぁ。
他の料理より酒が進みがちなのが困ったもんだ。

r_IMG_6598.jpg

そしてローストビーフ。
脂具合がよくてほんっっっっとにとろとろ。
それでいてちゃんと噛み切れる赤身、たまらん!

肉によく合ったグレービーはウマい脂と混じって
紙皿に残った分も頂いちゃいたくなる。

公式ブログ

…ということで早い時間から来たおかげでガッツリ美味いところ頂けました。
いつもお客が少なそうなタイミング狙い撃ちで入ってたので
大入り満員の中で頂くのは新鮮でした。

そしかかなり飲みすぎました(笑)

明日、明後日もパーティ。
そして終了と同時に閉店です。

土日だから混雑が予想されますが
まだ間に合う最後の大花火。

悔いを残さないように伺ってはいかがでしょうか?
しっかり料理味わいたい方は早めに行かれることをお勧めします。

しかし初日からこんな飛ばして
明日明後日は食材とか酒とか大勝負なんだろうか?(笑)

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地の黒毛和牛グリルほか
01r_IMG_6539.jpg

しばらく人数集めての宴会が出来ずにいましたが
久々に4人ほど連れだって金剛商店での宴を敢行することが出来ました。

全員のスケジュール調整のために3週間近く前から予約入れてたんで
指折り数えるくらい待ち遠しかったですよ。

02r_IMG_6519.jpg

相変わらずどれも美味しそうで
どう組み立てるのか悩み処。

もちろん上から順に頼んでも満足できるけど
悔いは残さないためにも欲望の強い者が
これが食べたいあれが食べたいといいつつの選択。

03r_IMG_6524.jpg

料理が出来るまでキムチでも
スタンダードに塩辛と白菜キムチ。

こちらで頂くまではビール、酒のアテに
キムチという組み合わせも美味いって知りませんでしたよ。

04r_IMG_6525.jpg

ダイコンキムチとらっきょうキムチ。
らっきょうが予想外に美味い。
これは発見。

05r_IMG_6526.jpg

我々的に定番のエビトースト。
エビのすり身をトーストに載せて揚げた
中国から東南アジア方面の各地で食べられている軽食。

油吸ったパンと淡いスイートチリソースとエビすり身の相性良し!

06r_IMG_6529.jpg

アスパラフォアグラ。
今の時分、白アスパラ何処で仕入れてるのかと思ったらペルー産だそうです。
白アスパラ炙って頂くというのもなかなか。

フォアグラが予想外に大きくて質もわりといいのが素敵。
肥大した内蔵脂肪がウマいし、卵も黄身の色の濃いイイ卵です。

07r_IMG_6530.jpg

久々の宴会なんでワインはボトルで頂くことにしました。
ノヴェラム シャルドネ。
辛口というけどなかなか飲みやすい。
安めのワインならしいけど香りも味もいいですね。

08r_IMG_6532.jpg

タコアボガド。
扱うお店も少なくはない組み合わせですけど
味つけに面白味のないお店も多いのも事実。

こちらはチーズと合わさったソースがイイし
ピンクペッパーのアクセントがまた心憎い。

バゲット添えてくれるのも非常に嬉しい。

09r_IMG_6535.jpg

今日はアヒージョがないのかな、と思ったら
広島のいい牡蠣が入ったのでポワレとなったそうです。

大ぶりな牡蠣って大味?
そんなことはなくいい品。
そして火の通り具合が絶妙。

ぷっくりした中心の部分だけでなく
こんがり焼け目のついた端の部分が
身がしっかりしててメチャウマ!

10r_IMG_6537.jpg

料理の傾向はちょい被るけど
美味しそうだったので頼んだサワラマスタード焼。
身はほっこり、皮はパリパリで香ばしくてこれも素晴らしい出来。

当然のことながら土台にしているグリル野菜が美味い。
この日はグリルしたダイコンが格別に美味かったですよ。

11r_IMG_6533.jpg

他のお客さんが注文していた黒毛和牛のグリル。
こんなグリル用の鉄鍋あったんですね。

外食って家庭ではあんまり見かけない調理具なんかを
拝見することが出来るのも醍醐味。

…そしてブ厚めな牛ブロック見てたら注文せざるを得ないワケで。

12r_IMG_6538.jpg

この見事な赤身!
口の中でとろけるいい焼き加減。
グリルの美味さとローストビーフの美味さいっぺんに、しかも厚切り!

ボリュームもあるので4人で分けても
一人一人満足できるくらい頂けました。

13r_IMG_6541.jpg

今回一番感動的に美味かったのはこの鶏のマスタード焼き。

マスタードにマスタードが被ってしまった注文ではありますが
こちらはかしら付の胴まるまるをコンフィしたような漬け込みで仕込み
パン粉、香草つけてしっかりグリルしたもの。

これがもう、ホント感動的に美味かった。
パリッパリの香ばしい皮に
むちっと、しっかりした歯応えの肉!肉!

これはまた狙い撃ちで食べに来たい!

14r_IMG_6552.jpg

白の後の赤2本目。
1本目は何飲んだんだか忘れました(笑)

スペインのオノロ・ベラはフルボディだけど甘み強くて飲みやすいです。
ラベルがなんかジョジョっぽいという意見が(笑)

15r_IMG_6545.jpg

〆にタイカレーリゾーニ。
米型パスタで作ったキリッとした辛さのあるリゾット風。
使ってる具材は鯖なんですがこれがまた味にえらいあってる。

トマト仕立て、粉チーズ、リゾーニはイタリアから
タクライ、バイマックルー等の刺激のあるハーブはタイ
鯖はトルコ辺りでは食べるけどイタリアでは……メジャーじゃないけど食べるみたいですね。

ともあれコクのある味と辛さと鯖独特の風味が
うまいこと三位一体の味わいで完成度高し!

16r_IMG_6548.jpg

最後に食べるにはちょっと重いけどギャレット。
仲間内で食べたことあるの自分だけだったんで
みんなにも味わってもらいたく注文しました。

シャッキリほくほくコンガリの3拍子に分けて焼け上がった細切りジャガイモ。
ブルーチーズとあわせてメチャウマ!

17r_IMG_6553.jpg

これは仕込中でまだ今日頂ける状態じゃなかったけど牛ハツ。
牛だけあってモノはデカいですね。
700kg前後の体を支えるキモですからね。

翌日頂けるんだったら
2連チャンで来ちゃおうかと考えたくなります。
どういう調理法で頂くことになるのかな。

18r_IMG_6549.jpg

つうことで、1人だと2.5皿がいいとこですが
4人だと計10皿かたい。
ワインも3本あけた。

美味いところをガッツリ頂くことが出来ました。
1人じゃ注文できない素敵な料理の数々も
仲間と一緒なら頂ける!

これが絆の力だ!
数の暴力とも云うな!

参考ページ

さて、張り紙の通り例年
年末年始の休みが長い代わりに
12月は月火も営業しておりますよ。

来月も食べに来ちゃおうか、と
散々飲み食いした胃の膨らみもへこまぬうちから皮算用している我々なのでした。

食欲という名の絆で結ばれた頼もしい仲間たちだぜ!

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

冬の新潟出張編 健康寿司海鮮家 CoCoLo東店
甘エビr_IMG_6121

って、孤独のグルメじゃあるまいし…

でもせっかく所用で新潟行ってきたので
ついでにちょいとウマイもんも食べておきたいな、ということで

不定期に出張編を放り込みますので
普段と違った切り口を楽しんでいただけると幸いです。

1皿目、とろっとろの甘エビがもう、たまらん美味さですよ。

r_IMG_6124_201611101721223f4.jpg

早朝出発の昼前到着
ヘンな時間帯だとお店はまだ開いてないかな…と思いましたが
駅ビル内の土産物屋や飲食店はわりと開いてます。

有難い、と新幹線出口改札出てすぐのあたりにある
健康寿司 海鮮屋という回転寿司屋さんに入りました。

名前からするとチェーンのろくでもないお店っぽく感じますが
魚の美味い日本海の台所のひとつ新潟だけあって
地物、新潟や佐渡で水揚げされたネタも数々扱ってるんです。

舟ベラr_IMG_6122

舟ベタって初めて名前聞きました。
闘魚のベタの親類なんでしょうか?

切り身にすると環形動物の一種のように見えますね。
このまま海泳いでいそうな(笑)

実はタマガンゾウカレイというカレイの仲間のようです。

カレイを小魚にしたような…
キスなんかの刺身に近いところも。

こちr_IMG_6125

こち…だったっけ?
回転寿司って写真だけだと何だったかネタ思い出せなくなるのが困ったもんだ。
脂がのって歯応えのある肉質が食べ甲斐がありました。

しかしここ数年寿司とかいっても
スシローくらいでしか食べないようなビンボー舌だから

このクラスの気軽な寿司屋でさえ
普段知ってる味からすると驚天動地ですよ。

あじr_IMG_6126

アジはポピュラーなネタだけどこれも新潟産
地物の新鮮なネタはそれだけで美味しいです。

柳カレイr_IMG_6130

柳ガレイ
柳と云うだけあって身が長いですね。
一見イカのようですがクセのないカレイ。

スシローだとカレイって軽く火通してあるやつしかないからな。
てか、多分カレイじゃなくて深海魚だと思うけど。

のっぺr_IMG_6132

〆にのっぺ。
新潟の郷土料理の一つです。
のっぺい汁と同じものかと思ったら違うんですね、知らなかった。

短冊切りまたは角切りにした野菜類
内容は家によっていろいろ違いはあるみたいですが
サトイモは外せないみたいですね。

こちらのはタケノコ、まいたけ、しめじ、かまぼこ、しらたき等が入ってます。
とろみがありますが、これは片栗粉でなくサトイモ由来みたい。

あとからイクラを乗せるのがポイント。

田舎料理のようでありながら
京料理のような垢抜けた部分も合わさった美味しい煮物です。

r_IMG_6119_20161110172121c79.jpg

そんなわけで朝食代わりの寿司。

回転寿司なんですが
時間が早いこともあってか一皿も回っては居らず
普通に注文して頂ける、いい環境で食事できました。

朝10時から夜9時まで通し営業なので
駅弁買って待合室で食べるよりずっといいメシが選択できるのが有難いです。

出張の際には是非。

r_IMG_6137.jpg

すぐ近所の売店でご当地アイスがあったので頂いてみました。
コシヒカリ入りのアイス。

しかし米の味以前に植物油脂がちょっと強すぎでした。
イマイチ。

r_IMG_6196.jpg

ということで追加、ブルボンのルマンドは全国区なのに
ルマンド入りのアイスは限定商品なんですね。

アイスモナカの中にルマンドが4つ入ってるような作り。
おかげでただのアイスもなかより高くて、税込243円とかだったかな?

味もアイスもなかにルマンドを入れたというそのままですが
しかしそれだけで十分すぎるくらい美味しい。

ちなみに現時点で新潟県、富山県、石川県、福井県のみの検証販売だそうで
評判良ければ全国区かな?

テーマ:回転寿司 - ジャンル:グルメ

吉野町、蕎麦処茂の山菜カレー南蛮とコロッケとアジフライ
r_IMG_5685_2016110416003145f.jpg

弥生台の人気店が吉野町に移転して来ました、蕎麦処 茂
しっかり手をかけた料理と手打ちそば、ダシ汁の美味さ
メシ処不毛の地と言われて久しかった吉野町の救世主となりつつあります。

r_IMG_5680.jpg

んなわけでまた来ちゃいました。
他に行くつもりだったんだけど
山菜カレー南蛮、の文字に惹かれちゃったんだものしょーがない。

ご飯の陰に隠れちゃった副菜はポテトサラダ。
スライスしたリンゴが入ってるクリーミーな仕上がりが
なんとも懐かしい味だけどこれまた美味し。

r_IMG_5684.jpg

揚げたてアジにコロッケ
蕎麦屋、惣菜屋等のスタンダードな作りですが
手堅くアツアツほくほくで美味しいです。

r_IMG_5683.jpg

カレーはスタンダードなカレーうどん等の作りより
ややそばつゆの割合高し。

しかしこれがなんとも美味い!
そばつゆ自体のダシ味の美味さとカレーのバランスが素晴らしい。

そばつゆってこんなにもカレーと相性がよかったのか、と
改めて目から鱗が落ちるくらいの美味さを発揮してくれます。

そして山菜独特の軽いえぐみがまたいいアクセントになってて
自分の中のカレー麺類に新たなページが書き加えられた思いです。

参考ページ

メニュー見たら11月からは牡蠣蕎麦なんかもある様子。
もう11月ですし!
これは是非とも頼まねば!

テーマ:蕎麦処 - ジャンル:グルメ

反町、ダポール・コネンのグレ・カンビンとイカン・クネン
r_IMG_6263.jpg

インドネシアフェスに参加していてその存在を知った
反町のインドネシアレストランダポール・コネン
また行って来ましたよ。

r_IMG_6256.jpg

カラオケバーなんじゃないの?という指摘
その通りです。

よかったらどうですか?と勧められたけど
さすがにインドネシア語の歌はわかりませんわ。

r_IMG_6257.jpg

この日は前回と違って先客ナシで静かなもんでしたが

在日インドネシア人はイスラム教徒も多く
ハラルのお店がないか同郷のネットワークで情報を共有していたりするそうで
そんなわけで結構グループで来たりすることも多いんではないかと。

r_IMG_6253.jpg

お、今日はコップがついてきた(笑)

r_IMG_6260.jpg

何を食べようか、ママさんの料理の説明を聞いてるうちに
ピンと来たのは羊のカレー、というフレーズ。
そら絶対食べたいやつですわ!

ということで注文。

r_IMG_6264.jpg

こちらはサービスで頂きました
メニューにはない日替わりでイカン・クネン
イカンは魚、クネンは黄色かな?

アジにココナッツカレーを刷り込んで焼いたものですね。
前回のリチャリチャに比べると
日本人の知るカレー粉に近い味のバランス。

でも黄色い唐辛子とかバッチリ乗ってるし辛い。
辛いけどこれめっちゃウマい!

もっと淡泊な料理かと思ったけど
これは次またあったら頼みたくなる美味さでしたよ。
頭までバリバリ食べちゃいました。

r_IMG_6261.jpg

グレ・カンビン
グレがシチュー的な煮込みモノ
カンビンは山羊、あるいは羊。

シンガポールのラクサのようなココナッツカレー味です。
こちらも辛いけど、でもスプーンが止まらん!

r_IMG_6267_201611111638240b1.jpg

羊の香りもバッチリ、そらそうですよ。
こんなに骨まわりの肉ゴロゴロ入ってるんだもの。

背骨の間の肉とか剥がすにはやっぱり手を使わざるを得ないですが
こそげてたべるのがまた美味しいんですよ。

ティッシュは置いてませんが
カウンターの客側に流しがついてますので
そちらで手を洗うのがよろしいかと。

r_IMG_6268.jpg

辛い物食べた後のクールダウンにお茶を頂きました。
インドネシアの定番の清涼飲料水
テボルトという甘いお茶です。

ジャスミンティがベースだというのですが
紅茶にジャスミンちょい足して、とうきびで甘くしたような紙パックのお茶。

初めてだけど懐かしいような
それでいて新鮮な味でした。

フェイスブック・ローカルビジネスページ

今回も満足な美味さでした。
こういう味知っちゃうと、スラバヤなんていけませんわな。

辛いんだけど、でもウマい。
まだまだ食べてない料理を求めて通っちゃう気がします。

r_IMG_6269.jpg

反町から京急方面に抜ける道の途中にこんな看板が。
こんな場所にもオタク向けバーがあるんですね。

飲食店のヴィレッジバンガード、世田谷ベース、中野ブロードウェイを目指して、なんてフレーズまであったり。

シムスホリック公式ページ

そのうち覗いてみようかな。

テーマ:インドネシア料理 - ジャンル:グルメ

戸部本町、シャンティ・デリのチェティナード・マトン・ワルワル
r_IMG_5661.jpg

インド・ネパール系のお店が増え始めたタイミングに出来たお店の一つですが
こちらはネパール交じりではなくインド料理オンリーのお店。

ランチタイムのカレーこそ普通ですが
単品メニューには南インド料理が混じってたり、と侮れないところがあります。

r_IMG_5656_20161031182927761.jpg

ビールはメニューにブラックイーグルがあったのですが
今は入荷してないとのことでキングフィッシャーのみ。
うーん、残念。

r_IMG_5660_20161031182928fa0.jpg

野菜が不足がちだったので
カレーが出来るまでのつなぎにスペシャルサラダを注文。
カチュンバルですね。

タマネギ、キュウリ、トマト等をサイコロカットにして
黒胡椒その他のスパイスで和えたインドのサラダ。

ところどころクリーミーな食感が混じります。
ひよこまめが入ってるんですね。

r_IMG_5662_20161031182931f09.jpg

ナンはボリュームいっぱいでもっちりした
日本でのインド料理のお店の標準的な焼き加減。

カレーはチェティナード・マトン・ワルワルというのを頼みました。
ワルワル…どういう意味なんだろう?
ロボワルの掛け声でないことだけは確かだ。

r_IMG_5664.jpg

たまねぎとトマトで仕上げた羊肉たっぷりのドライカレー。
煮詰まったような凝縮されたカレー…好きなんですよね。

ちっこい葉っぱ、カレーリーフが大量に使われてる辺りが
非常に南インドらしい風味で好み。
あと刻んだ青唐辛子などのキリッとした辛さもイイ。

たまねぎの甘さとトマトの軽い酸味よりも濃厚かつ刺激的な辛さが勝つカレー
美味いなぁ。

r_IMG_5648_20161031182933208.jpg

刺激が強いこともあるけど
やっぱりでっかいナン一つあるとあっとという間にハラ一杯になっちゃいますね。

米より原価が安めなこともあるんだろうけど
このナンでハラ一杯にしてあげようという心意気が
日本での晩酌にインド料理って選択肢を閉ざしてる気がしなくもない。

美味しいものを少しずつ、って使い方も出来ないもんだろうか、と
そう思ったりします。

公式ページ
参考ページ

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

2016酉の市 一の酉、夜の部
01r_IMG_6310.jpg

昨日昼にあげた昼の分に続いて夜の部です。
写真は見ての通り福美の前のトック行列の様子です。

次回の開催は23日、休日ですので
昼も夜も更なる行列が予想されます。

トック自体より、オマケで入れられるキムチが本命みたいなモンですね。
福美のキムチはダントツで美味しいですから。

しかし振る舞うキムチをあれだけ大量に漬け込むのって
ものすごく大変な気がします。

…そーいえばもう牡蠣キムチ売ってるんだった。
今年は買ってみようかな。

02r_IMG_6311.jpg

中華美食から華美楼に名前が変わったけど
お店の様子はほとんど変わってません。

03r_IMG_6313.jpg

腸詰は自家製だそうです。
いつも売ってるハーブソーセージに比べてやや中身の密度薄めですが
水飴使用の甘めの中華式の腸詰はやっぱり美味しいです。

04r_IMG_6317.jpg

福蔵寿司も地味に毎年酉の市注目のお店の一つです。

05r_IMG_6318.jpg

今年は漬けマグロ巻き。
そこそこ大きめのを漬け汁にしっかり浸して一本150円。
コストパフォーマンスいいし、大きさ的にも手ごろです。

06r_IMG_6321.jpg

昼に続いてアヴァンティでトリッパ。
夜はイタリア式のモツ煮込みが追加されてましたよ。

屋台のモツ煮と違って中身全部モツ!
去年より味もボリュームもパワーアップして
いろんな部位の入ったトマト味のモツに、粉チーズが合う。

07r_IMG_6330.jpg

いつもながら屋台の出回る通りは移動が大変です。
まぁ牛歩の歩みの要因はお互い様なんだから
あせらずのんびり。

08r_IMG_6328.jpg

夜はあいてるソムタム。
この日ばかりはお店の中も、外に出したテーブルにもお客さんが溢れてます。

メニューは概ね毎年通り。
カレーにタイ式のモツ煮に焼き鳥、ソーセージ
ラープにソムタムに春雨サラダ、ガパオ、ネーム(生ソーセージ)などなど。

09r_IMG_6327.jpg

こんなでっかい焼き鳥が頂けるのもこちらならでは。
焼きたてアツアツうまうま。

10r_IMG_6371.jpg

ラープ・ガイ。
鶏肉ミンチサラダです。

肉と皮とスナギモと取り混ぜて
酸っぱ辛いドレッシングで頂くタイ北部とラオスの料理。

これ好きなんですよね。
食感のそれぞれ違った部位の合わさった美味さ。

ビールのアテにも、ご飯に合わせても美味しいですよ。

11r_IMG_6275.jpg

福美か延明かどちらかでは頂きたいな、と
再び出向いたけど

やっぱり行列は避けて延明へ。

ちなみに写真は昼撮ったものです。
夜は人多すぎて…流れに飲まれたまま撮り損ねました(笑)

12r_IMG_6342.jpg

水餃子頂きました。
キムチとザーサイ盛り放題。
もはや水餃子だかなんだかわからない絵柄になっちゃいましたが
水餃子とキムチの相性だって悪くありません。

体しっかり温まります。

13r_IMG_6336.jpg

今年のお面のラインナップはこんな感じ。
ややブームに遅れての充実の妖怪ウォッチ

戦隊やプリキュアは人数多いから場所とりますが
人気下位側のキャラってどの程度捌けが見込めるんだろうなぁ。

新ライダーのエクゼイドはお面としてはとても子供に似合ってます。

14r_IMG_6344.jpg

久々に興味ひかれたテキ屋屋台。
もともと少数派だけど更に扱う店も少なくなった揚げもんじゃ。
横浜橋出店は4年振りだとおにーさんが言ってました。

15r_IMG_6349.jpg

仕込み済みでなく餡を記事に載せて
こうして折りたたんでいく様が見られるのが醍醐味です。

16r_IMG_6358.jpg

キッチンペーパーのように見えた生地も揚がってみるとこのとおり。
パリパリサクサクのこの状態
ブラジルのパステルを彷彿とさせます。

考えてみればパステルと揚げもんじゃも異母兄弟的なものなのかもしれませんね。
南米に入植した日本人の始めた屋台料理だという話ですし。

17r_IMG_6361.jpg

タマネギや桜エビなどを使った和風とろみスープの詰まったもんじゃ。
チーズとキムチとネギの選択でネギ選んだのですが

味の傾向からしてチーズは合うのかな?
キムチは良さそうな気がします。
ネギは相性いいけど合い過ぎて地味な組み合わせかもしれません。

18r_IMG_6368.jpg

熊手売りの向かいの串カツ屋台
そーいえば黒はんぺんってまだ食べたことなかった。
100円なんで食べてみました。

19r_IMG_6369.jpg

思えばその存在を知ったのは静岡のローカルアイドルの漫画のつぶららでした。
黒はんぺんうまいらー。

白いはんぺんのふわふわ加減とは違って
青魚を使ってるので身が詰まってて
関東人からするとこれはんぺんなんだ?さつまあげじゃないんだ?という感じ。

串カツ屋だけに衣ばっちりつけてソースによく浸して
これもなかなか悪くない味です。

20r_IMG_6364.jpg

と、夜になってからまた雨が降ってきたので退散。
寒さがなおさら堪えますね。

二の酉は23日。
休日だから一日ゆったり楽しめますが
その分客足も増えそうな予感。

タイミングあえばまた出かけたいと思います。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

酉の市速報 2016年一の酉
01r_IMG_6298.jpg

SNSじゃなしに速報は大変ですよ。
今年も一の酉の様子を最速で……他にやる人がいないだけのハナシだ…お送りします。

02r_IMG_6276.jpg

昼前に雨はあがったものの寒いです。
金曜なせいかは知りませんが、福美のトックは既に行列が!
少し後にはも行列なくなってましたが。

03r_IMG_6279.jpg

アバンティは昨年と同じ生ハムのほかにミートソーススパ
ソーセージ、そしてアサリとムール貝のワイン蒸しを出してました。

04r_IMG_6282.jpg

アサリと小さめとはいえムール貝もたんまりで
満足感高い一品。
スープがまた美味いこと!

05r_IMG_6280.jpg

中国東北料理も扱うことになって再出発の華星。
初の酉の市出店は串焼きと麻辣串鍋で数々の食材扱ってます。

06r_IMG_6285.jpg

東北だけあって羊の串焼き出してますよ!
もち美味い!

07r_IMG_6286.jpg

そして多分羊モツ、これも美味い。
あー、串にピントあってないっ!

08r_IMG_6287.jpg

宝水産は昼はまだサバの焼き寿司を出しているだけでした。
しっぽの細い部分が来ているのは350円、まるまる身が来てるのは380点。

09r_IMG_6289.jpg

ふっくらの身に脂がのってこれもウメー!

お店横にテーブル出していたので
夜は他にも何か出してるんじゃないかと思いますが。

10r_IMG_6291.jpg

正直屋は毎度の通り格安のフグのから揚げ
今回は運よくありつけた!

11r_IMG_6292.jpg

例年より身が大きいのがヒジョーに嬉しい。
ふっくらほくほく、揚がり立てでいい塩梅。

12r_IMG_6274.jpg

昨年は一の酉では何も出してなかった市場食堂ですが

13r_IMG_6302.jpg

今年はいわしつみれ汁。
しっかり身の詰まったいわしダンゴと優しいスープ美味し。

14r_IMG_6293.jpg

台湾料理の銭爺も酉の市がとても楽しみなお店です。

15r_IMG_6299.jpg

これだけいろいろ惣菜というか、酒のつまみ…?出してくれますから。
どれも美味しそうで目移りします。

16r_IMG_6307.jpg

牛スネ肉は外せませんね!
筋肉とコラーゲン質の丁度よく合わさった部位の醤油煮込み。
大好き!

今回はご亭主も顔を出していて
パクチーと豆板醤も乗せる用指示してくれてました。

17r_IMG_6308.jpg

そして久々に復活の大腸麺線。
台湾の屋台料理の定番、モツ煮込みソーメンです。
1コだけど牡蠣もつけてくれます。

モツのダシの出たとろみスープと麺の組み合わせがたまりません。
モツも入ってます。
クセのある豆板醤をしっかり混ぜて辛くして頂くのもイイですね。

18r_IMG_6290.jpg

他には松井水産がイカ焼きとうなぎの肝焼きを出してました。

灘屋、ソムタムはまだ準備は出来てなかった模様。

というわけで今回はニューカマーメインで攻めてみました。

余力残しておかないと
夜何も食べられなくなるし。

と、いうわけで夜の部は夜半か明日アップします。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

逗子、マッチポイントのビーフカレー
r_IMG_3845_201609281746590d3.jpg

逗子市役所の向かいの通りにあるバー。
ランチタイムのカレーが気になっていたけどまだ入っていませんでした。

夜、用事の帰りに無性にカレーが食べたくなって初めて入りました。

r_IMG_3839.jpg

喉がカラカラになってましたが
酒飲む気分でもなかったのでノンアルコールカクテルのサラトガクーラーを。
…何故サラトガ?

小学生の頃突発的に超大型空母にハマり
その印象がありましたが、元々はアメリカ独立戦争所縁の地の名前です。

こちらのお店ではノンアルコールモスコミュールなんて紹介されていましたが
ジンジャーエールにライムを絞ったガーネット色のカクテルです。

キリッとした辛さとほんのりの甘みと酸味。
アルコール抜きでも十分美味しいです。

r_IMG_3844_2016092817470563f.jpg

野菜を食べておきたかったのでつまみに頼んだのは
オクラの柚子胡椒和え。

気持ち固茹でのオクラが美味い。
柚子の香りは飛んでるけど、ピリッとした辛さと醤油のバランスはいい感じ。

r_IMG_3847_201609281747007aa.jpg

メインはビーフカレー。
これは珊瑚礁系、ということでいいのかな?
いや珊瑚礁で食べたことないけどさ、見た目似てるし。

レタスのサラダに使われているドレッシングはコールスローのそれ。
マヨネーズの優しい味で、レタスもちょっとだけ揉んでるような?

ちなみにこれはレタスやキャベツが高騰する直前くらいのハナシです。

生クリームを軽くかけたカレーはデミグラ系カレーの色合いで
トロトロとシャバシャバの中間っぽい。

r_IMG_3848_201609281747013a8.jpg

食べてみるとサラサラした感じがあるけど
いわゆる洋風カレーをベースに
粉チーズの旨味とコクが前面に出ています。

これはチーズ好きな人にはたまらないカレー。

だけどパプリカ系の辛さもしっかり。
食べているとじわ、じわ、と汗が首筋に。

牛肉は予想外にたっぷりでとろとろに柔らかい三枚肉。
これは結構満足感高い、美味しいカレーです。
また食べに来たくなりますね。

r_IMG_3851.jpg

参考ページ等見てると、チキンは鶏モモ一本入ってるようで
あ、次はそれ頂きだな。

公式ブログ
参考ページ

しかしいずれ珊瑚礁にも食べに行って比べてみないことには。

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

長者町、じゃんかれのジャンクカレースタンダード
r_IMG_5976.jpg

福富町、長者町界隈を通り抜けてる最中
エイトセンターの入口にカレーののぼりが立っているのを見つけました。
あれ、こんなところにカレー屋ですと?

前に誰かが紹介してたような…横浜泥酔のmoudaさんでしたね。
ってもう1年以上前の話だったか!

まぁ場所柄のぼり見かけても多分パチンコ屋だろう、と
認識外になっちゃってるんだろうなぁ。

r_IMG_5966.jpg

ともあれ飲み屋街なんて縁がなかったから
その中でもディープなエイトセンターの一番奥なんて
なかなか入りづらくてちょっと躊躇しました。

ちょいとアメリカンなお茶目グッズに彩られた
カウンターのみのスタンディングバー。

会計もキャッシュオンデリバリーなんで
立ち呑み屋兼カレー屋って感じ。

こんなメニューがあるあたりも、いかにもでしょ?

r_IMG_5970_201611051252201d6.jpg

カウンター奥に並んでるのはマンガかと思ったらレトルトか!

この店の経営母体で作ってるのか
どこかから仕入れてるのか
いずれにしても怪し過ぎる。

r_IMG_5971.jpg

なんつーか、ヴィレッジヴァンガード的なセンスのお店なんで
ああいう空間が好きな人には楽しいと思います。

当のヴィレヴァンの作ったバーガー屋は無難過ぎてツマラないんだけどね。

r_IMG_5967.jpg

カレーに備えてドリンクはビールでなくジムビームジンジャー。
名前のまんまジムビームをジンジャーエールで割ったハイボールです。
この組み合わせはなかなか。

ジンジャーエール自体は甘めだったのが残念ですが
これを辛口使って、金剛商店並に酒濃いめで入れてくれたら
かなり美味しい組み合わせになりそうな気がします。

r_IMG_5974.jpg

こちらのジャンクカレーというのは
ドライカレーをタコライス的に作って混ぜて食べるジャンキーな丼メシ。

じっくり炒めた挽肉とタマネギ、ピーマンにカレー粉を混ぜ
ちぎりキャベツとグリルソーセージをご飯に乗せた
ちょっとまかないメシ的な一品です。

ちなみに目玉焼きはお初向けサービス。
クーポンくれるので次持ってきたらまた無料で乗せてくれるって寸法です。

r_IMG_5979.jpg

んでもってカウンターには様々なソース類が乗ってるので
自分で好みの味を作り出すのが面白いですよ、と。

個人的にはメキシカンハーブソルトと
グリーンペッパーソースの組み合わせがいい感じと思います。

r_IMG_5978_20161105125230892.jpg

んなわけでまぜまぜ。

作ってくれるのはフーターズとかの店員風のおねーちゃんだけど
野郎メシ的なワイルドな仕上がり。

ちなみに店長さんがハワイに住んでいたころに
母がよく作ってくれた料理がベースになっているとか。

挽肉と野菜のカレー炒めという鉄板な組み合わせに
ちぎったキャベツとご飯が合うこと。

ソーセージがデフォルトでついてくるのも嬉しい。

ジャンキーだけどそこがいい。

r_IMG_5965_20161105125234198.jpg

つまるところ大きくひねるところないので
ご家庭でもカンタンに真似できる料理であるといえばそうなんだけど

接客慣れしたおねーちゃんとの会話を楽しみつつの酒とカレーとか
気軽に楽しめる面白いお店ではあります。

公式ページ
参考ページ

飲みの〆炭とかに
酔った頭で後先考えずにホットソースだぼたぼかけて
辛さで一気に酔い冷めた、みたいな道行きもまた面白そうです。

ちなみに一時期昼営業もしてたそうですが
現在は夜のみだそうです。

ともあれエイトセンターって初めて入りましたよ。
これを足掛かりにもっとディープな方向に…行くかどうかはわかんないけど(笑)

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

山下町、マレーアジアンクイジーンのホッケンチャー+ミニチキンライス
r_IMG_3721.jpg

久方ぶりのマレーアジアンクイジーン
横浜でマレーシア料理を頂ける貴重なお店です。

しばらくぶりに来たらメニューがちょっと統合されて少なくなってるっぽい。
ローストラムのせライスとか美味しそうだったんだけど。
また食べずに消えてしまったメニューが…残念です。

休日のお昼だったんで
サラダ、ドリンク、デザートバーのついたランチセットをまた選択。

r_IMG_3717.jpg

スープは溶き卵と野菜。
セロリの味がちょっと乗っていて、前より美味しくなってます。

サラダはドレッシングにもう一工夫欲しいとこ。

r_IMG_3720.jpg

チキンライスはいわゆるシンガポールチキンライス。
表面がテラテラになったスチームドチキンに
最初から甘醤油系のソースにつけられてます。

ご飯はちゃんとジャスミンライスなのが嬉しい。
複数の薬味が楽しめないミニはちょっと残念ではありますが
手堅い美味さは魅力です。

r_IMG_3724.jpg

ホッケンチャー、漢字だと福建炒。
やや汁だくの福建式の炒めそば。

福建料理店に行くとこれのオリジナルは必ず頼んでしまうくらい大好きですが
福建のそれは長崎ちゃんぽんの祖先でもあるといえます。

つまりホッケンチャーは長崎ちゃんぽんの異母兄弟ともいえるんじゃないかなーと。

こちらのはニラ玉たっぷりなのが面白いです。
海鮮の旨味を吸った汁にニラと卵が合わさって

一見大衆中華的なところもありますが
太麺を煮込みそばのように汁気と飛ばして炒めた麺というあたり
食感が独特で面白いです。

r_IMG_3726.jpg

具材としてのイカエビの量はいまひとつですが
汁と卵にしっかり味はのっています。

添えてあるライムを絞って
サンバルソースを混ぜてみると
一気に味は東南アジアに飛びます。

ピリ辛さと酸味のある焼きそば。
四川とは方向性がまるで違った
熱い海沿いの国ならではの味がたまらなく美味いです。

この料理のジャンルがクロスオーバーして変化していく過程が
面白く美味しく楽しいところで
だからついこういうお店に入ってしまうんですよね。

r_IMG_3731.jpg

デザートは杏仁豆腐仕様のマンゴープリン。
マンゴーの風味自体はほとんどないけれど
これもいかにも東南アジアのデザートって感じの味でなかなか。

公式ページ
参考ページ

テーマ:マレーシア料理 - ジャンル:グルメ

大・羊フェスタ2016
01r_IMG_6027.jpg

コメントで週末に羊フェスなるイベントをやることを教えて頂きまして

ホントは日曜に行こうかどうしようか迷ってて
土曜に様子見てレポしてくれ、って要望だったのかもしれませんが
土曜は仕事で出かけられなかったんですよ、すみません。

そんなわけで日曜の午前中、開催地の中野まで行ってきました。
帰りにブロードウェイ寄れるな、と。

こちらのイベントの主催は羊齧協会という
営利団体ではない一般の羊フリークの集まりです。

身内で数々の羊を食べるイベントを開催していたようですが
好きが高じてとうとうフェスまでやるようになっちゃったという。

02r_IMG_6037.jpg

羊好きとして聞いたことがあるあのお店、この店が一堂に!

こちらは大森のネパール料理屋タカリバンチャ

メニューは羊のすいとん
羊のモモ(水餃子)
カプセ(羊のカレー)とチウラ(干し米)。

03r_IMG_6039.jpg

すいとんで温まることにしました。
なんかこの日、寒かったんですよ。

晴れてたけど完全にビルの影で
しかもずーーーっとビュービュー風が吹いてました。

すいとんのような塊ではなく
なんか塩も砂糖も使わない小豆粥っぽいとろみのあるスープに
ダイコンと羊肉が入っているというシンプルな料理です。

04r_IMG_6040.jpg

武蔵小山のアイリッシュバーSeamus O’Hara
シェイマスと言われるとWWEの赤毛色白の巨人を思い出してしまいます。

05r_IMG_6041.jpg

土曜は早々に売り切れたというアイリッシュシチュー。
とろとろにとけたジャガイモと羊肉の組み合わせは抜群!
こら美味いですわ。

06r_IMG_6035.jpg

中華茶房8の青山店
秘宝館のような怪しげな内装と
宴会向けの大ボリュームの現地屋台料理が頂ける中華のお店。
こちらも好きモノには外せないお店です。

07r_IMG_6046.jpg

羊スペアリブの煮込み
肉がとろとろでたまりませんわ。

醤油に唐辛子を漬け込んだ辛い汁がまたウマい。
しかし風でキャベツが飛ぶ! どうにもならんわ。

目の前で横倒しになったスチール椅子が
風にあおられてズリズリ動くくらいの突風なんだもの!

08r_IMG_6047.jpg

味坊集団は神田のガード下のラーメン屋のような佇まいながら
黒竜江省出身のオーナーの作る東北料理に魅せられてファン急増中。
味坊、味坊鉄鍋荘、羊香味坊と増えた店舗それぞれから料理人が来ています。
オーナーも自ら来てますよ。

09r_IMG_6034.jpg

红焖羊肉、ラム肉と大根の醤油煮込み。
HPには干し筍も使っているように書いてありましたが
カレー味の煮込みに変わってました。

でもカレーというほど風味はなく、ちょっと麻辣の煮込みでした。
ゴロゴロの角煮は食べ甲斐があります。

10r_IMG_6055.jpg

赤坂の白碗竹筷樓、このお店の名前は初めて聞きました。
こちらもディープな北京料理のお店なんですね。

11r_IMG_6057.jpg

羊肉バーガーこと羊肉夾馍。
叩いて炒め煮にしたような羊肉を焼餅に挟んだ料理。
仕上げに煮込み汁を軽くかけるあたりがミソ。

パリッパリの焼き加減の餅がウマイし
美味さのしっかりのったやわらかほぐれ肉がまた美味。

これはいずれお店の方も行ってみないとだ。

12r_IMG_6061.jpg

こちらはお店ではなく日本麻辣党という秘密結社(笑)
つまるところ、こちらも有志の集まりによる出店です。

13r_IMG_6063.jpg

干鍋羊肉という四川の辛い煮込み料理。
告知では猪血糕と米肠子のトッピング別売りのようでしたが
全部まとめてセット。

豚の地の煮凝りと糯米を合わせた
ちよっとお揚げのような塊と
羊肉と糯米の入ったソーセージ入り。

これが美味いんですが……麻辣党を名乗るだけあって本気で辛い!

水が欲しいけど
うかつに歩き回ると突風で手から紙皿が吹っ飛びかねないので
まずはガマンして干した唐辛子共々全部食う!

唇をぷっくり腫らしながら自販機を探す……ああっ!何処にもない!
コンビニ発見……えー!工事のため休業だって。

みず…みず……
探し回って会場の反対側にようやくコンビニ見つけて一息(笑)

14r_IMG_6067.jpg

中央ステージではジンギスカンのゆるキャラ、ジンくんのパフォーマンス。
なかなか可愛いです。
食材だけど(笑)

15r_IMG_6075.jpg

日本中の羊スキーの集まるイベントではありますが
ほとんどのお店は並ぶことなくすぐに料理を買うことが出来ていました。

並ぶのは食券売り場と、お店では唯一、こちらラムバサダーのみ。

こちらもお店の母体はなく
オーストラリアの食肉生産者集団を代表する組織から任命された大使の集まり。

16r_IMG_6069.jpg

この豪快なオージーラムの調理
こりゃ当然みんな魅せられて並びますよ。

そしてただでさえじっくり焼くのに時間かかるところ
風強くて火力が安定しませんし。

17r_IMG_6077.jpg

タイミング悪くちょっとだけ小さい塊が来ちゃった。
でも香りといい味といい、たまりませんですわ。

添えられたディップはババガナッシュという茄子とゴマディップらしいです。
ゴマの脂コクはしっかり出ているけど、味はわりと淡泊。
バゲットに塗って食べたいですね。

18r_IMG_6083.jpg

正直都内の食券制イベントというと
新宿の肉フェス等の悪名のおかげで懐疑的になっていましたが

営利団体でない、有志のイベントだからこそ
来てくれたお客さんに楽しんでもらおうという運営の頑張りが感じられましたし
魅力的なお店が多々来ていたので楽しめました。

食券1枚300円でほとんどの料理が2枚ということで
割高といえば割高ではあるんですが
でもたらふく羊を頂けて満足です。

不満に思うようなら、このイベントは向いていない、ということなんじゃないかと。
コミケ同様、買い手も客でなく参加者、と心構えるべきなのかもしれません。

しかし熱意持ち出しの手作りイベントなので
知名度が高くなって来場者がグッと増えたりすると
イベントとして破綻しかねない危うさは多少ありますね。

羊メインだからそこまで大きくはならないだろうという予想が出るのは
ホッとするべきなのか、残念と思うべきなのか
ちょっと悩みどころではあります。

公式ページ

ともあれすっかり羊臭くなった体を抱えての帰途となりました。
うーん、しやわせ。
周囲の人…匂ったらゴメン。

……会場の外に出たら日が照ってて暖かいよ!
しかも電車乗ると暑い!

11月開催だと、陽のあたる会場の方がいい気がするなぁ(笑)

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

第39回市民祭り
01r_IMG_5994.jpg

文化の日の終わった週末
またイベントが目白押しなんですが
本日はお仕事抜けられず涙飲みつつ仕事

どのみち川崎に用事があったので終了間際に駆けつけ、となりました。

02r_IMG_5986.jpg

入口のイベント広場ではアイドルのライブ中
次が最後の曲です~、とか言ってますが
まぁ見てる余裕はナシ。

残された時間は30分ちょい。

03r_IMG_5988.jpg

まだまだお客さん多いですが
でもほとんどの方がもう既に帰途にあります。

もう日も落ちかけちゃってるし。

04r_IMG_5992.jpg

ブラジル式のバーベキューやら軽食やら扱ってるお店
ブラジル式コロッケのコッシーニャを頂きたいなと思って注文
のぼりにはコシニャー、看板にはコンシヤ…どう注文したらいいものやら。

05r_IMG_5997.jpg

焼きおにぎりではありません。
ましてや白黒饅頭でもありません。

方や揚げ甘め、方や揚げ過ぎなだけです。
ほぐしたチキンの入ったもちもちコロッケ。

まぁ乾きモノは食べてる時間も惜しいのでお持ち帰りです。
昼ヌキで来てるのでハラは減ってますが
まぁ、止む無し。

06r_IMG_5995.jpg

茶思味と書いてジャスミンと読む
川崎区役所裏手の台湾料理のお店です。

今回は麺線とか茶葉蛋は置いてないのですね。

07r_IMG_6000.jpg

ということで水煎餅、いわゆる焼き小籠包と腸詰を頂きました。
揚げネギと揚げニンニクがまぶしてあるのがこちらのお店式なんですね。

標準的な台湾の屋台料理の鉄板な料理です。
こちらもお持ち帰りで。

08r_IMG_5996.jpg

川崎に2店、蒲田に1店あるホルモン焼きのお店おさやん
しかし本店と総本店って…どういう区分けなんだ。

看板メニューのホルモン焼きは既に売り切れです。

09r_IMG_6002.jpg

ということで韓国式の鶏カルビ焼き的なもの
タッカルビ頂きました。

これは容器から汁が溢れるのでその場で頂きました。
コチュジャンのコク比較的薄めだけど唐辛子はしっかり効いてる。

いい炒め煮具合の鶏としんなりした野菜が美味いです。
こういう料理は出来てから時間が経っちゃってもなお美味しいからいいね!

10r_IMG_6003.jpg

ふるさと交流広場の熊本ブースは馬推し。
馬の煮込みに串焼きにソーセージ、とすべて馬肉ですよ。

11r_IMG_6004.jpg

馬か鍋という名前の煮込み。
馬肉にスジにモツに
終わり際だからかかなりの大盤振る舞いでボリュームあります。

脂をすっかり取り払った煮込みなのか
臭みは全くないけど脂コクの旨味もあんましない

モツも入ってる煮込みなのにあっさり味噌仕上がりという不思議な出来。
まぁそれでも美味しかったけどね。

12r_IMG_5999.jpg

丸山印度カレーとかいう聞いたことのないお店。
検索してもスパイシー丸山しか出てきませんが
多分何の関係もないんだろうなぁ。

13r_IMG_6008.jpg

ドライカレーに温泉卵乗せというスタンダードな仕様。

粗挽き肉たっぷりの弾力が嬉しくなる仕上がりでしたが
ただ辛さがほぼないのでラグーライスとでもいうべき料理になってました。

それでも美味いっちゃ美味いんですが
もっと辛さ追求すると更に美味くなると思うんだけどなぁ。

14r_IMG_6013.jpg

というところでスピーカーから蛍の光が流れてきました。
あら閉会10分前?
と思ったらもうすでに終了時間でしたよ。

この辺りのブースはもうとっくに入り切れなお店も多々あったので
既に片付けを始めてましたが

15r_IMG_6015.jpg

しかしまだまだギリギリ許されるまで売り切ろうというお店も
氷見の大漁鍋
混む時間帯には行列も出来る、カニの入ってる鍋を毎年出しているのですが

「とうとうすり身汁になっちゃいました、100円でーす」と

16r_IMG_6014.jpg

完全に鍋の残り汁状態ですが
100円ならそれもいいか、と頂いてみました。

ちいさいつみれがちらほら
あとは白身の魚が数切れ。

カニなんて影も形もありませんが
それでも十分に汁にエキスは流れ出てますので
十分美味しかったです。

17r_IMG_6017.jpg

そろそろゴミ箱も回収に入っちゃってるので
片付けのおっちゃん追いかけて引き取ってもらいました。
もうとっくに終了時間なのにすまんね~。

ということでホントに駆け足で終わってしまいましたが
相変わらずの賑わいでした。

公式ページ

明日日曜が今年最後の開催となります。
競輪場一帯全部使っての大規模なお祭り
秋晴れの中存分に楽しめるイベントですよ。

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、ベイタイムの横浜バーガーセット
r_IMG_5956_20161104145224e60.jpg

伊勢佐木町の松屋とふたごの間の2階に続く階段。
ここは確か初夏の頃に原価酒場というお店になっていたような…

いつの間にかバーガー屋に変わってました。
見切り早いな!

r_IMG_5953.jpg

気になって入ってみたのですが
店内の内装は原価酒場の時とほぼ変わらず。

それにランチ時のドリンクバーに使ってる容器、コップ等もそのまま
ビール等アルコールのラインナップもほぼ変わらず。

r_IMG_5948.jpg

メニューのレイアウトも基本同じな気がします。
と、いうことは、経営一緒で看板掛け替えただけ、ってコトなのかな?

バーガー類はハンバーガーのバリエーションでなく
フライドチキン、ベジ等中身が変わります。

ベジはひよこ豆のペーストを揚げたものということは
なんとなくファラフェルっぽいものと見ていいのかもしれない。

r_IMG_5949.jpg

アラカルトはテリヤキやポークカツが加わるようです。

r_IMG_5952.jpg

摘まむものに関してもバーガー屋にあるものにほぼ限ってるんですね、今回。

r_IMG_5960.jpg

んで基本の横浜バーガーのセット。
コンソメスープ、サラダ、フライドポテトは原価酒場時代と味ほぼいっしょ。
料理人も一緒ってことですね、多分。
手堅い出来です。

r_IMG_5957.jpg

バーガーは150gのボリュームのあるパテに
厚切りの燻製ベーコン入り。

基本ケチャップ、マスタード等はつけずに
ベーコンの燻し味とパテに元からついてる下味で頂くバーガーです。

スモークしたベーコンの風味が
多分合挽きだと思う柔らかいパテにしっかり乗ってリッチな味わい。

なかなか完成度の高い組み合わせの美味いハンバーガーだと思います。

r_IMG_5963_2016110414524073c.jpg

ただ、ランチタイムから1000円オーバーになると
クアアイナバビーズ等みなとみらいにあるとても肉肉したバーガーがライバルになるわけで

スモーキーな厚切りベーコンがそれを補って余りある味ではありましたが
ベーコン要らないから1000円に下げて、と言われると立つ瀬ない感じ。

和牛使っているのもセールスポイントのようですが
バーガーとして食べるならオージー、USでも別にかまわないような。

ホットペッパー店舗ページ
参考ページ

でも女性グループ客がわりと入ってたあたり
実はこの場所、バーガー屋需要あった、ってことみたい。

夜はブリティッシュパブさながらにパイントサイズのギネスやキルケニーが飲めるということで
あとはどれだけ夜のお客を引きこめるかですね。

周囲の環境に似合わず、なかなか落ち着いたいい雰囲気のお店ではあるんですよ。

テーマ:ハンバーガー - ジャンル:グルメ

第4回関内フード&ハイカラフェスタ
00r_IMG_5876.jpg

今回で4回目となる、関内弁天通りとメディアセンターの辺りを中心に行われる
関内まちづくり振興会主催のイベント。
今回も楽しみにしておりましたよ。

そんなに広くはない通りですが
この日ばかりは出店のテントで賑わい、人通りもグッと増えます。

もちろん私はもっぱら食う方に専念です。

02Ar_IMG_5868.jpg

新山下のドンキの向こう辺りにあるバー、フタ・バ
山手近辺というと雙葉学園がありますが、店員はあんちゃんだから関係ないか(笑)

03Ar_IMG_5870.jpg

ハワイ料理のお店というわけではないそうですが
ロコ家庭料理のチキンヘッカという鶏の煮込みが美味しそうだったので頂きました。

醤油と鶏ガラダシのオイリーなちょっと和風交じりの煮込み。
よく煮込まれた鶏とガラの脂でめっちゃウマ。

04Br_IMG_5879.jpg

北仲通のオステリア・アウストロ
ジビエのランチもあるということで気にしてたお店だったんですよ。

てか、今回弁天通り外からも誘致してるんですね。

05Br_IMG_5881.jpg

ということで早速イノシシの煮込みを頂きましたよ。
しっかりガッツリ煮込まれてほろりと崩れるくらいのイノシシ、美味し!

臭みはなく、ヨーロッパの郷土料理的な味わいや良し。

06Cr_IMG_5885.jpg

仲通り脇道の隠れ家的ロケーションのビストロマール

07Cr_IMG_5888.jpg

鶏と羊のクスクスを頂きました。
鶏の煮え具合がすごくマグレブっぽい
向こうって焼くにしろ煮るにしろ、こういう風味のある仕上がりになるんですよね。
何が違うんだろ?

添えられた辛いディップとソースを混ぜて頂くともう
堂に入った北アフリカの味になって美味し。

イタリアンとフレンチの店なんですよね。
意外な引き出しが…。

08Dr_IMG_5890.jpg

ステイツは太田町、景記の隣のビルの2階っぽい。

09Dr_IMG_5895.jpg

牛スジのワイン煮込みを頂きました。
おお、肉肉したスジがゴロゴロたんまり入ってて
これがもうとろっとろでたまらん!

10Er_IMG_5904.jpg

関内アペロは地産地消のフレンチのお店。
GALAと同じビルですね。
GALA自体は今回参加してないっぽいですが。

11Er_IMG_5906.jpg

パテ・ド・カンパーニュがえらい美味そうだったんですもの。
これが見た目と名前にピッタリの田舎風の荒々しいパテ。

細かく練り過ぎてない
ブツ切り肉をレバーと油脂と力任せにグッとまとめた様な塊なのがめっちゃイイ!

12Fr_IMG_5910.jpg

厚労大臣賞まで取ってるような日本料理の店空海
でもわりかし親しみやすい料理も出してるようで。

…カニクリームコロッケは特性うにソース…だと…!

13Fr_IMG_5913.jpg

祭りメニューでもちゃんと後からカニ肉のトッピングまでつけてくれちゃってますよ。
酒が欲しくなるような濃厚なウニの味がします。

あー…今すぐ人気のないところに行って紙皿ぺろぺろ嘗め回したいわ。

14Gr_IMG_5917.jpg

アンテナアメリカはアメリカのクラフトビールの輸入会社ですが
吉田町の興産ビルの5階にビアバーも持ってます。

しかしネーミングが…トーピード、ファットタイヤ、レンジャー、スナップショット
シトラデリック、パンプキック…さっぱりわからんわ!

15Gr_IMG_5919.jpg

ファットタイヤは初心者向けと言われたんだけど
ハリボーのシュネッケンみたいな味だったらどうしよう?と思って頼めませんでした(笑)

んで飲んだのはカボチャの絵の描かれたパンプキック
カボチャの味はしなかったけど、シナモンとナツメグが香って
ビールなのに焼き菓子のような風味のあるスパイスビール。

なかなか面白い味でしたよ。

16Hr_IMG_5928.jpg

テントなしにテーブルだけのお店で出していたのは水餃子。
セロリ餃子とエビ餃子と白菜餃子。

お店の名前はCOCORO……エステ屋じゃん!
中華のお店じゃない…てことは後でお店で頂くことは出来ないわけで

まさかエステのコース受けたら、サービスで水餃子がついてくる…とか
んなわけないよな。

17Hr_IMG_5932.jpg

ということでセロリ水餃子頂きました。
300円だけど6コ、と大盤振る舞い。

ラオガンマーつけて頂いたこともありますが
セロリっぽい感じはほとんどなし。
豚挽き肉とモチモチ皮のウマい水餃子でした。

18Ir_IMG_5866.jpg

羽衣町のコンパスはまだ今年開店したばっかりでしたね。
気にはなってたんですが、ランチ平日以外もやってくれればなぁ。

19Ir_IMG_5935.jpg

カンパチと平政と浅利のアクアパッツァ。
ヒラマサ好きだから頼まないわけにいかないのですよ!

アクアパッツァとはいうけどトマトは使わず
塩と魚介のダシだけでまとめたシンプルかつ優しい味。
むしろヒヨコ豆が入ってなかったら日本の魚汁で済んでたんじゃないかという。

優しい味で〆ました。

20Jr_IMG_5901.jpg

ヴェールパル ナオミ オオガキという長い名前のお店は
宇都宮にあるプロヴァンス・アルザス料理のお店の2号店だそうで。
ミスターヨーロッパのある通りの角に作ってたお店か!

21Jr_IMG_5931.jpg

もう食べきれないので後はお持ち帰りして食べた分です。
メゾンカイザーのパンを使った特製パテサンド。

これが美味かった。
たっぷりしたパテもさることながら
自家製マヨネーズとピクルスの味のバランスが素晴らしい!

枝豆のようで枝豆でない三角の緑色の豆はピスタチオかな?
これがまたいいアクセントで美味しかった。

22Kr_IMG_5921.jpg

住吉町のフレンチ、リパイユ
こちらも気にしつつもいつも通り過ぎてたお店でした。

23Kr_IMG_5938.jpg

南仏カスレ風サンド。
煮込みをパンに挟むというヨーロッパらしい料理です。
ほろほろに崩れるくらいよく煮込んだ豚とソーセージを挟んだだけのシンプル料理。
だけどこれがまた素晴らしく美味しかった。

昼もずいぶんいいもの頂いたはずなんだけど
夜のサンドイッチ2品の美味さに持ってかれた感じです。

24r_IMG_5893.jpg

そんなわけで
今回弁天通り外からもずいぶん魅力的なお店が集まって
他にも気になりつつも逃したお店がちらほら。
1日じゃ回り切れませんわ。

ということで次回はまた5月頃だと思われるのですが
また待ち遠しいイベントでございました。

コース出すようなフレンチのお店とか
気軽にサンドイッチとか食べることが出来る機会ないものね。

関内周辺のお店の見識を広げるのに格好のイベントだと言えましょう。

フード&ハイカラフェスタ公式ページ

25r_IMG_5945.jpg

馬車道まつりも同時開催中でしたが、すっかり素通り。
今年はJRAが例年以上に積極的に頑張ってて
馬車の数が例年より多かったような?

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

黄金町、グライドカフェのローストポーク
r_IMG_5524.jpg

黄金町駅前、マンチーズの後に入ってきたグライドカフェ
開店はしているけどグランドオープンはまだなんです。

サーファーズカフェのような佇まいですが
夜は南米風のバーベキューをやっています。

というわけで夜肉を食べに行きたい、と訪れてみました。

r_IMG_5514.jpg

グランドオープン前なんでメニューはまだそう数多くはないですが
でも今回は肉!と気持ちは決まってますので。

r_IMG_5517.jpg

生ビールはサッポロ。
この位のサイズのジョッキならワタシの場合
肉焼けるまで十分持ちせられます。

ゆっくり飲みましょう。

r_IMG_5521.jpg

生のお供に頼んだのはポテトサラダ。
意外とボリュームありますね。

トルティーヤチップスに千切った自家製パンにリンゴ。
マヨでクリーミーなポテサラの中にはソーセージの切り身もゴロゴロ。

こちらも肉焼けるまで長い付き合いが出来そうです。

r_IMG_5525.jpg

頼んだのはローストポーク。
通常は岩塩でシンプルに味つけたものだそうなので
オプションでサルサチーズをつけてみたのですが

…こんな凄いのがきちゃうとは思わなかったですよ。

r_IMG_5526.jpg

スライスオニオンにチーズも入ってるサラダは
シンプルだけど爽やかな酸味のきいてる南米風のドレッシング。

r_IMG_5527.jpg

炭水化物枠はこちらも自家製パンを使ったガーリックトーストと
ポテトサラダはかぶっちゃったな、と思ったけど
マヨは少なめでソーセージもなしのシンプル仕様。

r_IMG_5533.jpg

しかし凄いのはこのポーク。
こんなにガッツリチーズかける料理だとは思いませんでした。

ローストポークというよりピカタ……

いや、むしろピザの生地の代わりに豚を使った肉ピザとでもいうべきか。

チーズの味の濃さがサルサの酸味も豚の旨味も凌駕する
いい意味でも悪い意味でもアメリカンな大雑把さの溢れる料理でした。
これはこれで美味しいけどね。

肉の美味さを味わうにはチーズは余計かもしれないなぁ。

公式ページ

岩塩で焼いて
チーズなしにサルサだけ添えてくれる、というのが一番有難い組み合わせじゃないかな、と。

10月に聞いた時点ではグランドオープンは来月、とのことだったんですが
もう11月…もう決まったのかな?

ずいぶん悠長なあたりが頼もしくもあり
他人事ながら心配にもなったり(笑)

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、バラッカのワンプレートランチ
r_IMG_4695.jpg

イセザキモールの中ほどにある
比較的外人客多めのオープンエアーなバー、バラッカ

こちらカレーがわりと美味しくて、いつも伺う時はカレーオンリーだったのですが
ちょいと気分が変わって、まだ食べたことのないプレートランチを頂こうと決めて入りました。

r_IMG_4701.jpg

『肉料理、シーフード、野菜料理など数種類の惣菜をバランスよく
 かつボリュームよく一皿にまとめました。
 ワインやビールのおつまみとしても最適です。』

軽く前菜盛り合わせ的なものが来るかと思ったら
なんか凄いのが来ちゃったぞ?

むしろバイキング形式のお店で一皿に盛れるだけ盛ってみた、的な。

ミネストローネは野菜たっぷり
さらにゴボウ入りで食べるスープ。

r_IMG_4700.jpg

軽くオリーブオイルを塗ったトーストに
リーフサラダ、豆のサラダ、キャロットラペ、サワラのフライ

r_IMG_4699.jpg

カポナータにカボチャのマリネにレンコン

タンパク質のみならずビタミンに食物繊維も
たっぷり美味しく頂けるプレート。
素敵!

r_IMG_4698.jpg

キノコのマリネにチキンのトマト煮込み、オムレツ

いやホント、バランスよく万遍なく盛り合わせてありますよ。
やや炭水化物不足ではありますが
昨今のトレンドは炭水化物少なめだからそれはそれでよし。

前菜盛りの代わりに頼んだとしても2、3人分くらいの量はありますので
1人分のランチとしても申し分ない量です。

あー…ビール頼みたくなるなぁ、これ。

特に豆、カボチャ、キノコあたりがめちゃ美味しい。

公式ページ
参考ページ

カレーでなくこっち選択もアリですね!

基本昼からも飲めるバーではあるんで
人によっては気後れしがちな環境ではありますが
慣れると心地よくもあります。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR