オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
大口通、金剛商店138番地の大山鶏、貝の煮込み
IMG_0656.jpg

4月になってからまた週6日営業に戻った金剛商店
初日は相変わらず予約客で埋まっていたみたいですが

翌日覗いたら…あ、席にリザーブ用の皿が置いてないから空いてるんじゃ?
ということで久々に余裕もって入ることが出来ました。

予約なしで三々五々やって来た男性客4人目
久々に居酒屋トークに花が咲くってもんです。

女性客来ないねぇ、みたいな。

IMG_0649.jpg

今回も選択に悩むメニュー
下の見切れている仔牛ローストはブルーチーズソースだったかな。

大山鶏貝煮込み
いつもの飲み会メンツだと鶏がダメな人と貝がダメな人がいるから
一人の機会にこそこういうのを楽しんでおくのが吉だな。

何より大山鶏ですもの、モノがいいから一層美味しいだろうなコレ。

IMG_0650.jpg

前菜はタコのグリル。
いつも通りサラダと前菜盛りを兼ねた数々の野菜盛り沢山です。

IMG_0653.jpg

こちらはマリネも美味いんですが
肉厚なタコをお得意のジェノベーゼ+ピンクペッパーで誂えた
この味すっかり自分の好みとして定着済み。

IMG_0657.jpg

ででーんと半身くらいのサイズのでっかいモモのグリルは
むっちり肉感溢れて噛み応えよし
美味さも格別。

ちょいとグレード高いフレンチのお店でないと味わえなさそうな料理が
こんなに気軽にカウンターで楽しめるのが金剛のいいところです。

鶏に貝を併せるというのもなかなか面白いですよね。

IMG_0658.jpg

大山鶏の相棒に選ばれた貝は
長年ハマグリのパチモン扱いを受けていたけど
最近ちゃんとした名前で呼ばれるようになってきたホンビノス貝。

ハマグリに比べて繊細さが足りないとは言われますが
和の淡い味わいと違って乳化した白ワインベースのソース?での煮込みなら
むしろ適材として豊かな身で楽しませてくれます。

肉厚なおかげでボリュームもある大山鶏のオマケに甘んじてません
噛みしめるとじゅわっと口の中に旨味が。

IMG_0659.jpg

仕込んでるでっかい丸い塊は大山鶏のバロティーヌだそうで
うわ美味しそう!

翌日の前菜と聞いて2日続けて伺いたくなりましたが
予約客で概ね埋まってる…いや、1人分だけ空いてるかな、とか
心乱されるなこりゃ。

参考ページ

この日はまた8時辺りから当日予約のお客で埋まっていきましたが
ともあれ、それまでは久々にまったりした雰囲気。

お店としては忙しいくらいお客さん一杯なのが有難いところでしょうが
今日のようにフラッと入れてまったり飲めるタイミングもあると個人的には嬉しいなぁ。

それぞれの思惑すべてがうまいこと噛み合うってわけにはいかないものか。
スポンサーサイト

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR