オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、南粤美食のアヒルの煮込み
IMG_3230.jpg

香港周辺の広東料理そのままを出してくれる
中華街においても貴重なお店南粤美食

例の香港式ワンタンメン計画はどうなったのかな~と
様子を伺いに行ってみました。

IMG_3238.jpg

煲仔飯はそろそろ干し豚も終了したので新しいラインナップに。

貝柱入りも美味しそうだけど
一番下の鹹魚と腸詰と肉餅って盛りだくさんなのがそそります。

IMG_3237.jpg

ランチも黄ニラとか
ピータンと卵の炒め物っていう他所では食べられなさそうなのもそそる

でもおねーさんに鴨煮込んだのもあると言われて口の中によだれが…
前に試作品一口頂いて美味しかったから気になってたんですよ。

IMG_3236.jpg

あーー、やっちまった。
1人なのに鴨半羽。
しかも昼間っからビールまで。

おねーさん、どんどん接客上手くなってるんですよね。
客観的なお客寄りな発言するという素人っぽさをうまいこと使って客をノせるという
高等テクニックを。

おかけで昼から酒のつまみ大量にピールにって
ダメな大人一直線してしまいました。

IMG_3233.jpg

焼きも美味しかったですが
温めて食べるのが通常の食べ方なので
夏に向けては煮込みに変更。

しっかり肉厚な肉と皮はもちろんのこと
実は骨回りの脂多めの肉の隙間に
八角入りの醤油ダレがよく絡まって美味い事美味い事。

この濃い味のタレがたまらんのですよ。

紹興酒欲しくなる。

でもビール1本頂いてるので
さすがにそれはガマンガマン。

IMG_3239.jpg

食べ終わったところに鍋から上げられたスナギモの煮込み。
うっわ、これもまた絶対美味しいやつですよ。

さすがに一人で半羽食いきってしまったので
注文はできませんでしたが
これは次来た時食べたいなぁ、と
新たに野望を。

参考ページ

そうそう、肝心のワンタンメンですが決定しました。
開店1周年企画として発表するそうです。

つまり、7月から…ですかね?
7月何日に開店したんだっけ?

※コメントによると開店は6月27日だそうで、もう始まってるとのことです!実はこの記事書いたの1週間前でした…。

ともあれ、また近いうち伺って今度は頂かないとだ!

そして次来た時はスナギモはお土産にしよう。
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

日ノ出町(宮川町)、清星の清星汁なし坦々麺
IMG_3564.jpg

日ノ出町駅から野毛山方面の坂道わきに出来た担々麺のお店。
ペット美容室の下のこの空間はラーメン屋が入れ代わり立ち代わり

どれもそれなりに美味いという話だったのに長続きしないという
いわゆる魔の物件であります。

ラーメンにあんまし惹かれないワタシも担々麺なら話は別だ!
というわけで映画の帰りに入ってみました。

IMG_3561.jpg

汁ありとなしなら好みからいくとなし。
メニュー見るとありは細麺でなしは太麺、と使い分けてるみたいです。

なおさら太麺好きなので汁なしで!

IMG_3563.jpg

ストリップ小屋や場外馬券売り場等の
欲望渦巻く立地に似合わず清潔な店内で
スッキリとしたあんちゃんが丁寧に仕上げてくれました汁なし担々麺。

よく混ぜて食べてというのでしっかりまぜまぜ。

IMG_3568.jpg

食べてみると予想外にオリジナルのゴマダレのコクがしっかりしてて美味いです。

麻も辣も気持ち控えめですが
それを胡麻ダレがしっかり下支えして

それがむっちりとした太麺にしっかり絡まって
あっというまに食べつくせてしまう感じです。

好みからいくと、もーあとちょい花椒がピリッと効いた方が好きなんだけどな。
50円で辛さ増しお願いできるっぽいので
次食べるときはそちらを頼むのがいいかなと思いました。

IMG_3560.jpg

ついラーメン屋を選択肢から外してしまうタイプの自分にとって
非常にありがたい夜遅くのメシの選択肢であるので
長続きしてほしいなぁ、と思います。
…切実に。

参考ページ

IMG_3543.jpg

んで見た映画、ってヤマト2202の第二章なんですが
ブルクに2メートルくらいあるアンドロメダが飾られてます。
おおーー、かっちょえーーーー!!

精悍で無機質で、でも力強いフォルム。
未来に受け継がれるべき美術遺産だと思います、このデザイン。

IMG_3551.jpg

前作2199の理屈と整合性優先な気持ちクールな雰囲気と違い
今作はかなりヒロイックな展開。

21世紀にアップデートした前作に逆行して昭和に戻ったような熱さが心地よかったりします。

前作は個人的にはゲール(小物臭さ全開なオッサン)萌えアニメでしたが
今作はベテランアニメーター湖川友謙作画のズォーダー大帝のあおりアングルに萌えるアニメかな(笑)

あとメカはCGなのになぜか金田パースのついてるコスモタイガーⅡも!

多分最終章にあると思われる1分近いズォーダー大哄笑の作画を描かれるまで
ちゃんと御大存命しておられることを切に望みます。



雑談ついでにもう一つ
ウチと相互リンクをさせて頂いてる古美術やかたさん。
新しいHPの立ち上げにつき改めてご紹介のお願いをされましたのでこちらにて
-----------------------------------------------
京都祇園の町家で古美術骨董品の販売、買取を営む古美術やかたです。
  http://art-yakata.jp/
-----------------------------------------------

ネット黎明期のホームページを思わせる丁寧な説明付きのリンク集が懐かしい雰囲気で良いです。

横浜の食道楽ブログが町家のお店に何らかの寄与出来るのかどうかはわかりませんが
ご興味のある方は訪れてみて下さい。

テーマ:担々麺 - ジャンル:グルメ

伊勢佐木町、フォーエバーのえび団子のトマトフォー
IMG_3586.jpg

伊勢佐木町のピアゴの向かいにベトナム料理店が出来たようです。

コメントにて情報頂きました、パッタイさんありがとうございます。

店名はフォーエバー。
カリフォルニア州のガーデナに同名のお店があるみたいですが
まぁ多分関係ないと思います。

綴りはPho Everということでベトナムの麺料理フォーと引っかけてるんですね。

IMG_3592.jpg

開店当初は料理等の看板が一切なかったそうで
中身が窺い知れなかったですが

ランチの看板が立つようになって入りやすくなりました。
が、雨のせいで絶妙に値段が消えてしまっているのが(汗)

メニュー

フォー以外の料理は生春巻き、揚げ春巻き、BBQ肉団子
ブンチャーハノイやバインセオ、蒸しエビ
緑豆のチェーやココナッツ等など。

IMG_3575.jpg

前は何のお店だったかなぁ。
ちょっぴりエスニック的かつ清潔感のある店内。

……天井だけ年季が煤けてますけどね。

料理の配膳はお盆でなくワゴンを使ってるのが面白い。
ちょっと点心のお店を思い出します。

フロア担当はベトナム人のおかあさん。

IMG_3583.jpg

微妙にポイント外した写真になっちゃったな。
生野菜は別盛り。

あと漬物がついてきます。
適度な酸味と軽い甘みのさっぱりした酢漬けっぽい味。

IMG_3587.jpg

エビの香りがしっかりスープと団子から香り立ちます。

エビダンゴと言われてエビワンタンの中身のミンチ団子とか
すり身団子とかかな、と思いましたが

これは何だろう?
フワフワした軽い食感。
圧縮していないつみれと卵をあわせた様な。

タイ料理のプーパッポンカレーの
カニ身と卵の組み合わせにちょっと似てます。

なんか不思議な食感だけど
これはこれでウマいですよ。

IMG_3590.jpg

かなり細めの麺は汁ビーフンっぽいです。
スープはすごく優しい澄まし味で、しみじみとした美味さ。

トマトは生トマトを数切れ投入しただけで
スープ自体にはトマト味はなし。

科調の効いたラーメンが好きな人には物足りないもしれませんが
女性は絶対好きだろう、っていう
ちよっとホッとする味わいです。

IMG_3591.jpg

奥の席ではおねーさんが一心に春巻きを作ってらっしゃいました。
これは美味しそうだなぁ。

IMG_3593.jpg

今のところご飯モノは扱ってないっぽいです。
料理を絞り込んだフォー中心のベトナム料理店。

使いどころが豊富なタイプのお店ではありませんが
ラーメン屋が増え過ぎるよりはししんじゃないかなぁ、と思います。

グーグルマップリンク

えび団子のトマトフォー、メニュー上では900円、と
昼食べる麺の値段には微妙に高いかなとは思ったのですが

ランチタイムは概ね200円引きのお値段みたいです。

それならお値打ちですね。

次はブンチャー食べてみたい。

テーマ:ベトナム料理 - ジャンル:グルメ

曙町、クァーサイヤムのランチバイキング、再び
IMG_2803.jpg

パタナに併合したクァーサイヤムとは別に
旧店舗で始まった新生クァーサイヤムのランチバイキング。

こちらはかつて長者町にあったタイランドの流れを汲む料理となります。
だって厨房に立ってるのはタイランドのおかあさんだもの。

4年越しの待望の再開なわけですよ。

IMG_2801.jpg

「オイシイ、オイシクナイ、アッタラ、イッテネ」
4年振りに聞くフレーズが懐かしいわぁ。

タイランドと違って料理人の人数も座席数も少ないので
ややコストパフォーマンスは落ちますが
でもこれだけ頂けるんだもの、十分ですよ。

最近は12時から半くらいにかけて料理が出そろうペースになってきました。

IMG_2804.jpg

挽肉青菜春雨の炒め物は
ちょい太めの春雨のぷりんとした食感が良し。

ガパオはバイキングなのをいいことに
ホーリーバジルちょい多めによそってみる。
相変わらず美味し。

IMG_2805.jpg

この日のレッドカレーはじゃがいも入り?
……じゃない、魚のすり身だ!

気持ち酸味のある辛いカレーにすり身とタケノコが合いますね。

IMG_2806.jpg

ナスと鶏肉のレッドカレーにはそうめんを入れてみました。
そうめんというか米粉麺ですけどね。

タイではカレーにそうめんはポピュラーな食べ方です。
辛ウマ!

IMG_2808.jpg

ああそうだった。
カオマンガイがある日は、ご飯も鶏スープ炊きのが来るんだった。

嬉しいけど食べる量の配分が狂いました。
ショウガ入りの辛いソースと鶏スープ炊きご飯と蒸し鶏はめちゃめちゃ美味しいけど

うん、かなり食べ過ぎました。

この後スープも来ましたが
さすがに完食が厳しく…いや完食しましたけど。

IMG_2810.jpg

といいつつライチとこんにゃくゼリーも頂きました。

参考ページ

ハラいっぱい美味しいタイ料理が頂ける幸せといったらもう。

「ヒサシブリ、アエナカッタ、サミシカッタヨー」
いやいや1週間ぶりですって。

「マイチニ、タベニキテー」
それは腹囲と体重が大幅に増加しそうで怖いです。

相変わらずの名調子に翻弄されつつも楽しく美味しいお昼でございました。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

住吉町、DAMMのやまゆりポークのグーラッシュ
IMG_2429.jpg

桜木町の馬車道に挟まれたエリアにある小さなドイツ料理のお店DAMM
前に伺ってドイツビール、パウラナー・ヘーフェ・ヴァイスにヤられました。

美味い物目当てにお店に出かけることは珍しくないですが
酒を目当てに出かけることって、珍しいというか、初めてかもしれない。

もちろん料理も美味しいですよ。

IMG_2419.jpg

ということで一杯
こちらに来たらいきなりハーフリットルのグラスで乾杯です。

同じドイツビールのレーベンブロイだって美味いけど
パウラナーの美味さは群を抜いてますよ。

クリーミーな泡もフルーティな味わいも最高です!

IMG_2420.jpg

暖かい料理が出来るまでの繋ぎにピクルス。
出来よく美味いんだけど
ビールの美味さに対しては特有の酸味が邪魔な気もする。

ザワークラウト頼んだ方がいいかもね。
ピクルスはワイン向きか。

IMG_2422.jpg

茹でだからグリルソーセージの盛り合わせには入ってないミュンヘナーヴァイスヴルスト単品で。
添えられたマスタードは蜂蜜と混ぜてあります。
これがホントのハニーマスタード。

いろんな料理に合いそうな万能なウマイ甘辛さ。

IMG_2426.jpg

ふんわり気味の肉の柔らかさに
香草の香りとほんのりの酸味がもうホントしみじみと美味い。

理屈はいらん、もう食え!としかいえないくらい、ひたすらウマいですよこれ。

IMG_2428.jpg

ビール早々にあけちゃったので
次はイエーガーマイスターをロックで。

初めて飲む、名前だけは知ってたドイツのリキュール。
そして滅法名前がカッコイイお酒です。

56種ものハーブが使われているというリキュールは
甘く…かなり薬効臭い。
木の皮っぽい香りに濃縮された甘み。

養命酒をかなり上品にしたような…。

これはむしろアイスクリームにかけていただきたいような。

IMG_2433.jpg

今回は穀物控えめに肉でまとめ、とグーラッシュ注文。

元々ハンガリーの農夫の料理でしたが
ドイツでも人気の煮込み料理。

ハンガリーでは牛ですが
こちらはドイツ式にやまゆりポークにアレンジした料理。

IMG_2431.jpg

中華の豚の角煮に使いそうな脂身もたっぷりのバラ肉を
パプリカとトマトと刻みオニオンのソースで煮込んでいます。

ココットごと出てくるシチュータイプではなく
煮詰めたソースの煮込み肉料理タイプなんですね。

パプリカの辛さはほぼなく
むしろトマトと生クリームを基調にした濃厚ソースで頂く角煮、的な料理。
肉柔らかくて、これもまた美味しいなぁ。

パンが欲しくなってきたけど
今回はあえて付け合わせのじゃがいもと肉の上に
煮詰まったソースが余さず乗せられたので
濃厚なままに頂きました。

参考ページ

気になる料理のうち肉中心に頂いちゃったから
次来るときは穀物祭りになりそうな予感。

でもパウラナーの白ビールが飲めるならそれもまたよし!

テーマ:ドイツ料理 - ジャンル:グルメ

関内(太田町)、三熙のモツ麻婆セット
IMG_3210.jpg

例のベトナム料理屋の火事以降の顛末で
セルテからの撤退を決めた中華料理屋三熙(サンキ)

5月の連休明けに太田町パーキングの隣
ギリシャ料理のオリンピアとかのある通りのベイスターズ通り寄りに移転しました。

開店からひと月
ようやくお昼に伺ってみたら……ビックリするくらいほぼ満席です。
ええー、セルテでの営業時は閑散としてたのに。

この日はデーゲームの開催直前の時間だったせいか
ベイスターズファンのグループが大勢。

ファンサービスをやっていることもありますが
それ以外の客も結構入ってたので

つくづく立地って大事だなぁ、と。

IMG_3206.jpg

ランチはこんな感じ。
ただしシュウマイサービスと日替わりは平日のみらしいです。

営業再開にあたっては麻婆豆腐と餃子推しのお店になってましたが
モツ麻婆というのが気になったのでそちらを注文。

IMG_3211.jpg

えっ?
ラーメン付くんだ。

あ、よ見るとメニューにそう書いてあった。
いや、これは予想外のボリューム。
食べ盛り野球ファンも納得のサービスですねこれ。

IMG_3216.jpg

ラーメンは昔ながらの中華そば的な優しさのある醤油スープ。
ちぢれ麺は比較的硬めでほぐれてないけど
でもそんな塩梅も良し。

IMG_3213.jpg

麻婆豆腐の挽肉の代わりにモツの入った一品。
あ…美味い。

華隆陳麻婆のガツンと四川キターって感じではなく

油も辣油の辛さも山椒のピリピリ加減も
すべてしっかり一体と馴染んでる味です。

一見個々控えめに感じるものの
じわじわと効いてきます。

ガツンも好きだけど、この落ち着いた上品な麻辣も美味しいです。
あ、上品だけど効いてきた。

頭皮と首筋あたりに湿り気が。

そしてモツ豆腐と麻婆豆腐の合体したよう料理で
だから元からモツと豆腐は相性いいんです。

ピリ辛、ツンツン辛のモツもめちゃ美味し。

IMG_3205.jpg

結果的に、災い転じて福となす、ですかね。

理不尽な貰い事故の結果の移転だけど
中華街の人気店を上回るような盛況っぷり。

ランチ時の厨房は戦争のような忙しさとは思うけど
元重慶飯店料理長のオーナーシェフは
重慶飯店では150人分の料理を1人で担当することもあったという鉄人ですから
その辺は本領発揮…なのかもしれません。

公式ツイッター
参考ページ

夜定食もあるみたいなので
酒抜きで晩食べたい時にも使えるっていうのが有難いです。

あと余談ですが接客もおかあさん増えて良くなってますよ~(笑)

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

スリランカフェスティバル2017
01IMG_3498.jpg

待望のスリランカフェスティバルが開催されました。

この手のイベントは毎年秋に集中して開催だったのですが
デング熱以来リスク分散の為かどんどんずれて行きましたね。

02IMG_3369.jpg

昨年、一昨年と都合が合わず逃し
今年は4年ぶりに代々木公園に戻っての開催。

別に渋谷はホームグラウンドではないけど
代々木公園自体はホームグラウンドと化している自分にとってはお帰りなさい、な気分。

今年はHP上では飲食店舗がたった6店しか記載されてなかったので
ひょっとしたら大幅に縮小?と思ったのですが

そんなことはなくて毎年通り
いやここ数年で増えたスリランカ料理屋の分増えている感じです。

03IMG_3380.jpg

隅っこの方のこのお店
アハサ食堂コジコジカルパシの合同だそうで

カルパシはインド、ネパール、スリランカ等々
いろんな国のカレー料理プレートを週替わりで出す
都内のカレーマニアの注目の的のお店です。

お店が浅草での間借りから千歳船橋の実店舗での営業、と
情報は得てたものの、東京自体にあんまし出かける機会少ないので
未だに訪れられずにいたんですよね。

こら絶対お昼までに大行列になる、と来て早々買い求めました。

04IMG_3383.jpg

手羽元のカレー、レンズ豆のカレー
ココナッツ振りかけポルサンボル
じゃがいもっぽく見えるのはジャックフルーツの煮込み
うずらの卵のアチャール、キノコの炒め物
どれがどのお店の味かはわかりませんがどれも非常に美味し。

イベント用でもちゃんとバスマティライス、と本気度高し。
混ぜて食べるとキノコの辛い味付けが全てを覆ってしまうので
控えめに食べたほうが良さげです。

05IMG_3389.jpg

実店舗は小さいけど
イベントではいつも大行列の大店舗なセイロン・イン

こちらも行列出来る前にさっさと食うべし!

06IMG_3392.jpg

ホントはポークBBQも欲しかったんですがまだ出来てないとのこと。
出来るころには大行列だろうなぁ…残念。

こちらはどの料理も美味しそうで
実際美味しいから行列出来るのも無理ないんだよなぁ。

07IMG_3395.jpg

大好きなコットゥロティと
イベントのみのフィッシュフライ。

フライはイワシの素揚げ的なもの。
しっかり火が通ってて外は真っ黒、中はほこほこ。
でもスパイシーな味付けとかではないので意外とフツー。

パン生地のスパイス炒め
つまりスリランカの焼うどん的なコットゥロティは相変わらず美味しかったです。
ああ、久しぶりに頂いてちょっと感動。

08IMG_3411.jpg

麻布の焼肉屋、炭焼き屋も参加。
なんで焼肉屋が?

こちらスリランカ人が店長で
焼肉屋だけどハラル対応なんだとか。

焼肉はもちろん、スリランカカレーも美味しいそうです。
不思議なお店だなぁ。

09IMG_3412.jpg

ガリガリに衣が揚がってたロルスが気になって買ってみました。
中は魚フレークのとろみ付煮込み。

スパイシーではない味付けだったので
ちとメリハリにかけるかなぁ。

シニサンボル入りのパンが美味しそうだったので
このあと買って晩のおかずに。
とろとろ煮込みの辛いタマネギ入りで美味しかったです。

10IMG_3414.jpg

佐久のスジャータが来てます。
母方の田舎が同じく佐久なのでちょいと親近感があるお店です。

11IMG_3416.jpg

キーマカレーを頂きました。
トマトっぽい甘みのある大粒挽肉のカレー。

わりとカフェのカレー的な味わいです。

12IMG_3418.jpg

カレクックの集団が!

カレーハンター協会とかいう方々がニコ生中継を行ってました。
よく知らんけど、YOUTUBE芸人の方みたいな人なのかな?

13IMG_3419.jpg

タンビリという、ココナッツの一種を販売しているブース。
一般に知られているココナッツは白ですが
こちらはオレンジ色なんですね。

14IMG_3439.jpg

シウヘラという茨城は八千代のスリランカ料理屋さん。

つくばを中心にしてこちらの方には意外とスリランカ料理屋さんが多いみたいです。

15IMG_3424.jpg

ご飯少なめでお願いしたマトンカレー。
小さく切った羊ゴロゴロにカレーリーフの効いた辛めのカレー美味し。

ご飯は長粒米ではなかったのですが
さらさらした炊き上がりが汁気多めのカレーに合ってました。

16IMG_3440.jpg

あ、こっちのお店は肉入りゴーダンバもマトンなんだ?と
ツナフレーク入りコロッケなカトレットと
野菜ゴーダンバとマトンゴーダンバまとめ買い。

折りたたんだロティ生地にどれもジャガイモ多め。
肉は少なかったけど、ショウガが効いてる味がちょっと面白い。

17IMG_3425.jpg

フェス常連だけどいつもお店の名前がわからない
水牛ヨーグルトとキトリシロップのお店。

18IMG_3436.jpg

いつもとはいうけど、去年、一昨年と自分が参加できなかったから
頂くのは3年振りか。

水牛のヨーグルトに孔雀椰子の花の蜜をかけたミーキリ。
濃厚ヨーグルトとスッキリ甘いシロップの組み合わせは相変わらずナイス。

19IMG_3437.jpg

水道橋に店舗があるスリランカ紅茶屋のセイロンドロップ
横浜のイベントでもおなじみのお店ですね。

20IMG_3438.jpg

いつもの通りスリランカ版のチャイ、キリテを頂きました。
意外と日差し強めだったので飛ぶように売れてました。

濃いめの紅茶に爽やかスパイスとミルク
体がいい感じに冷えて潤います。

21IMG_3432.jpg

貴賓席が撤去されたので舞台の踊りを見物させていただきました。
浅黒い肌が奇麗で目の保養です。

22IMG_3495.jpg

スリランカの仮面舞踊
ナーガだと言っていたような。

頭部に蛇の頭がたくさん見えますね。
すると後ろのはガルーダかな?

派手に踊り狂う2体の怪物。
なんかウルトラマンタロウの怪獣を思わせるような立ち回りです(笑)

というか、タロウのころの怪獣が東南アジアの舞踊を取り入れてるんだろうなぁ、と。

23IMG_3448.jpg

この辺はペットの散歩コースにされてる方も多いので
象の模型の前に置いて撮影してる飼い主さんが。

犬もおとなしいし、ナイス(笑)

24IMG_3455.jpg

土産物屋の風景もエキゾチック。
丸く平べったい青いのはアンコウ?
じゃない、象か!

25IMG_3501.jpg

もういっちょ甘いものが欲しくなって
多分ランディワ、こちらも茨城のスリランカ料理屋さんのドリンクブースに。

スキンヘッドのおっちゃんたちの頭にすだれの影が落ちて
まるでそういう入れ墨かのような(笑)

26IMG_3503.jpg

ファルーダというドリンク兼スイーツ。
ローズシロップをミルクに溶いて
バジルシードとゼリーを入れたものです。

ローズというけど、イチゴジャムから酸味を抜いたような甘さ。
駄菓子的な味わいもまた良し。

27IMG_3452.jpg

梅雨時だけどいい具合に晴れて
しかも湿度わりと低めで過ごしやすかったです。

とはいえ日差し強めでそろそろ体力切れ。
コートロッジでカレーまとめ買いして帰途につきました。

意外と粉モノ多いからたくさん食べられないのが惜しいですね~。
とはいえ久々のスリランカフェス、十二分に楽しめました。

28IMG_3464.jpg

明日日曜も開催しておりますが
今のところ明日は降水確率高め。

まぁ一応梅雨入りしてるからね。
お坊さんに頼んで晴れ祈願の祈祷をしてもらうとか?

明日も雨以外の恵みがあると、いいなぁ。

スリランカフェスティバル公式ページ

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

阪東橋(伊勢佐木町)、グランドゥーカの仔羊のラグーのタリアテッレ
IMG_3358.jpg

ほぼ南区だけど一応中区な伊勢佐木町7丁目にある
気軽にイタリアンの頂けるトラットリアのグランドゥーカ

ランチ時にふと前を通りすがりに看板を見てみたら

IMG_3352.jpg

お、羊がある!
+300円、と平日ランチの予算はオーバーするけれど
たまにしかないこういうタイミングは逃したくないものです。

ということでお昼はこちらで決定。

そしてパスタ自体も+100円でスパゲッティからタリアテッレに変えられるとのこと。
ちょいとした贅沢なら更に100円オーバーも
もう構いませぬ、ということで変えてもらいました。

IMG_3355.jpg

パスタランチはサラダか前菜か選択式ということで前菜を
コリンキーの乗った小さいサラダとイサキのカルパッチョ。

ちっこいのが一切れだけとはいえ
軽く炙った皮付の身の絞まったイサキは美味し。

IMG_3362.jpg

タリアテッレとかフェットチーネとかの太めな平打ち麺大好きなんですよ。
煮込みソースにあわせるにはこの面積広めのもちもちパスタはもってこいです。

こちらのラグーはとろみ薄く汁気多めなんですね。
トマトもチーズも脇役に回って
煮崩れた羊肉から溢れるエキスをしっかりと頂ける味わいに。

IMG_3360.jpg

クセの残るほろりと煮崩れた羊肉ともちもちタリアテッレはたまらなく美味いなぁ。
こういう田舎料理的な野暮ったさには惹きつけられて止まないものがあります。

しかしこの料理に対してちょいと不満もなくも。
いや料理というより食べ方。

これだけ汁びしゃびしゃなんだから
ソースを余さず頂けるようにパンが欲しいものです。

…キョロキョロ。

誰も見てないよね?

ズズッ

肉のエキスがしっかり出た汁を頂かないのは
もはや勿体ないを通り越して罪悪と言えましょう。

はしたない、みっともないと言われようが
コイツを残さない手はありません。

ズズ

そういいいつつも当たりの様子は伺いつつさりげなく手早く。

IMG_3364.jpg

美味しかった。

食後のドリンクはピーチティ。
桃のフレーバーのついた甘みのあるお茶が
口の中をリセットしつつ、丁度いい加減に冷やして潤してくれます。

公式ページ
参考ページ

さて、前回こちらで夕焼けセットを頂いた繋がり…というわけではないのですが

ちょいと夕焼けが奇麗だったので
帰りがけにカメラを取り出してみました。

IMG_3340.jpg

虹の橋ならぬ夕焼けの橋が空に1本。
どういった光の加減でこんな風に見えるのかはわかりませんが

何処か他所の世界に通じる懸け橋のように見えなくも。

IMG_3345.jpg

数分ののち完全に赤紫に染まる世界。

ここはアビセア平沼橋
我々の知る世界とは違った未来を辿った一種の平行世界…

なんてのはないけど。

IMG_3347.jpg

橋という場所は異世界との境界線。
そんな風に思えてしまう幻想的な空の色です。

IMG_3349.jpg

トンネルだけに焦点を合わせると
こちら側とあちら側、という風に見えたりも。

トワイライトゾーンは不意に目の前にその口を開けて
我々を別な世界に誘うのです。

トンネルの向こうに美味しそうな肉圓があったら
食べずに居られる自身がないなぁ。

って、結局食べ物の話に戻ったところで
おあとがよろしいようで。

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

大口、たん熊の串盛り合わせほか
IMG_0361.jpg

地元寄りの方々からオススメされていたお店がありまして
場所は確認したままずっと宿題のまんまでした。

大口駅西口から県道に沿って北側にちょいと進んだ場所にある
昔ながらの居酒屋の佇まい。

こういう場所に入るには自分は未だに大人度が足りない、と
勝手に思ってどうも入りにくい。

IMG_0351.jpg

でも地元だし、なんてこたぁないはず!と戸を
戸を…

何故だ!こんなに戸が重いのは
こんなにも自分は苦手意識が強かったのか…

って、たまたま滑りが悪くなって引っかかってるだけでした(笑)

とりあえずは生中
お通しはかんぱちのたたきとワカメ酢

外は火が通ってて中は生のかんぱちがえらく美味い。

IMG_0357.jpg

2階に団体さんが入ってるようだったので
時間がかかるの見越して最初はたこわさ。

そういえばたこわさって食べるの初めてだったような。
刻みわさびの軽いつーんとした辛みと生タコの相性はいいですね。

これが当初罰ゲームから生まれた料理だっていうのが面白いもんです。

IMG_0360.jpg

焼き物5点盛りをお供にビールをのんびり。
いかだに皮にモモ、レバー、つくね。

こちらのお店は表面がパリパリになるような焼き方。
焼き立てはやっぱり美味い。
そしてパリパリした食感が楽しい。

つくねはほくほくふわふわタイプです。

IMG_0369.jpg

普段あんまり食べない鶏のから揚げをメインにチューハイと。
地元のカラアゲニストの評判の高いから揚げは如何なるものであるか。

これは…昨今流行りの外サクサク中むちむちジューシータイプとは違いますね。
昔の総菜屋、居酒屋にあったような

衣が皮みたいに一定の厚さでぴったり包んでいて
中の鶏はしっかり火が通っています。

IMG_0370.jpg

言わばからあげクラシック
あるいはオールドタイムからあげ、と云うべきか。

こういうタイプってすっかり冷めているものを供される場の方が多いだけに

食べるペース加減しないと火傷しそうな
出来立てアツアツは格別に美味い気がするなぁ。

サクサクというよりはパリッパリッとした衣に
しっかり歯応えの鶏は懐かしさを感じつつも新鮮。

こういうタイプのから揚げはレモン絞るのも美味いんだよなぁ。

IMG_0374.jpg

こういう普遍的な居酒屋もたまにはいいなぁ。

昭和初期の年期を感じる佇まいでもなく
かといって昨今の流行りを取り入れた若向けでもなく
すごく当たり前のお店。

それでも仕事帰りのリーマンを何年も引き寄せ続けてきた引力ってのがあるもんです。

参考ページ

そしてこういうお店は夜遅くまでやっているので
遅くの帰り途中でも安心して寄れるというのが魅力。

普通だから普通に寄れるお店は
日々の戦いに疲れた戦士たちの安らぎの場所足り得るのです。

テーマ:居酒屋 - ジャンル:グルメ

戸部、カフェ・ヤマネコのラープ
IMG_3143.jpg

夏だ!
アジアンエスニックの美味しいところ取りなカフェ・ヤマネコに於いては
6月から8月までが夏メニューとなります。

単品のスペシャリティも気になるけど
まずはランチ・ハッピーアワーメニューの制覇おば…。

IMG_3140.jpg

ミニサラダ枠はポテサラのスイートチリソースがけ。

なんかこの日はハラがえらく減ってて
ウチに帰り着くまでに保ちそうになかったので量のあるポテトが美味いこと。

IMG_3144.jpg

ラープ
ラオスからタイ北部にかけて食される肉サラダ的な料理。
鶏あるいは豚、牛を魚醤とライムと唐辛子等で和えた常温料理。

アツアツでなく生野菜類と和えるからサラダという表現をしてみました。

これを現地ではもち米と頂くのですが
つまりご飯と非常に相性よろしい料理なわけですよ。

そしてこれいつもの通り中盛り(+100円)で頼んでおります。

IMG_3146.jpg

昨年秋にプレビュー的な形で頂いたラープバーガー
概ねのこちらのお店ならではのアレンジの傾向は掴めておりましたが

こちらのラープは酸味辛味は幾分か抑えられていますが
その分煎り米の香ばしくポリポリした食感に重点が置かれています。

弾力のある挽肉に刻んだ紫タマネギ、キュウリ、パクチー、ほかほかご飯
そこに加わるパリッ、ポリッとした食感がまたたまらなく美味しい。

公式ページ
参考ページ

麺類枠が大好きなカオソーイだったのをあえてパスしてのラープ選択でしたが
こちらもやはり美味しかった。

先週が沖縄、この週はタイ
来週は台湾かインドネシアかシンガポールか
さてどちらに飛ぶのか楽しみです。

※インドネシアだった模様

テーマ:アジア・エスニック料理 - ジャンル:グルメ

中華街、錦里のわらび春雨と牛肉の煮込みほか
IMG_3286.jpg

大珍楼本館撤退の後に早々には四川料理店と焼肉屋が入りました。
なんか人を寄せ付けにくい雰囲気があったのでしばらく遠巻きにしていたのですが

ランチを始めた様なので入ってみたら
実は腕のいい料理人がいるようで美味しかったんです。

まずそのランチを紹介してから…と思ってたんですが
翌日不意に少人数で軽く飲み食い、というタイミングで即強行偵察しちゃったもんで

順序逆だけどその時の様子から先に上げちゃおう
と思い立って書いてしまいました。

IMG_3277.jpg

これは鶏と豚の珍味壺漬け。
メニューの写真見ると壺で煮込んだスープ料理のように見えたんですが
よく見たら冷菜って書いてありました。

湯気みたいなのは冷気だったのか!

鶏の足やスナギモや豚の皮を
ダイコンやセロリの泡菜に漬け込んだもの。
程よい酸っぱさと唐辛子、山椒の辛さが心地いい。

これはなかなか。

IMG_3279.jpg

四川ビーフジャーキーと書かれた料理は中国語だと灯影牛肉。

本来は明かりが透けて見えるほど薄く切るらしいのですが
こちらのはそこそこ厚めだし干し過ぎてもなく
一夜干し、くらいのイメージです。

夫妻肺片のスネ肉版、みたいな料理でした。
下にはキュウリときくらげ。
唐辛子と山椒の他に陳皮も使ってるっぽい。

期せずして酒のつまみ2連荘となってしまいました。

IMG_3282.jpg

サクサク粒コーン餅こと香脆玉米餅。
元々上海料理だったのが四川で流行って定着したもののようです。

とうもろこしに片栗粉をたくさんまぶして揚げたものなんですが
これがサクッサクで美味い事。

粉砂糖もかかっていてオヤツ感があるのですが
辛い料理の合間に食べるのにすごくいい感じです。

IMG_3285.jpg

わらび春雨と牛肉の煮込みは
見た目完全に四川の水煮のようなめちゃ辛の味を想像するのですが
香りといい、味といい……これカレーだわ。

五香粉的なスパイスを使っているのだと思うのですが
そこに辣醤、花椒等合わさるともうまるっきりカレー味なのが面白いです。

IMG_3287.jpg

一見きくらげのような黒い板春雨はわらびか入っていて
韓国の冷麺の麺にも似たシコシコ感があります。

化調も使っていますがそう悪い感じはしません。
元々花椒効いてるから舌ピリピリするのは当たり前だし(笑)

この汁に先ほどのコーン餅入れるのも美味しいんですよね~。
味の傾向的に合わないハズなんですが
インドカレーにカレーの王子さま入れるような…。
いい塩梅に中和されるというか。

ビーフジャーキーとで牛肉と牛肉が被った…と思ったものの
こちらは柔らかく調理されていて傾向はまるっきり違います。

IMG_3289.jpg

と食べている最中に京劇ならぬ川劇
変面ショーのお時間となりました。

こちらでは平日でも毎日3、4回四川の民族芸能の上演が行われるようです。

IMG_3291.jpg

最初のうちこそ扇子でちょっと隠した瞬間に顔が変わってるのですが

IMG_3292.jpg

そのうち客席にやってきて握手する瞬間にも
目の前でぽんぽん変わるのがなかなか凄いです。



もう写真撮るより見てる方が楽しくなったのでこの後撮ってませんでしたが
ハイスピード動画撮影してスローで見てみたい。

ホント瞬間でばっと変わるんですよ。
これ間近で見てみてください。

ス〇イ〇ー〇ンになったりも…。

IMG_3298.jpg

こちら豆腐料理も名物とのことなのですが
注文しなかったので折角だからデザートでも、と
手作り豆腐のカボチャソース。

あ…これ美味い。
豆の風味もしっかりあるし、しっとり濃厚で豆腐めちゃ美味い。

失敗した。
豆腐料理も頼んでおくんだった。

ほの甘いカボチャソースに固ゆでピーナッツ、白きくらげ、小豆のハーモニーも良し。

IMG_3300.jpg

こちらは黒糖シロップ。
生姜の効いた黒糖がまた美味いんです。
こちらは大麦と緑豆が入ってます。

IMG_3240.jpg

料理人の腕は非常に高いレベルで素晴らしいと思います。

しかし四川メインで大箱って…中華街とはいえ日本だと
商売として難しそうだなぁ。

本格的であればあるほど辛いから
馴染みよりも珍味感が強いし
一品一品量多いからそんなに食べられないというのが、ね。

取りあえず次は一人で昼行って豆腐料理しっかり味わおうと思いました。
あとキノコ料理も気になるなぁ。

参考ページ

ハコがハコだけに
大珍楼並みに客が入ってくれないと商売にならんのじゃないかとちょっと心配ではあります。
テレビでばんばん取り上げてもらわないといけないタイプなんじゃないかと。

今のところそういう様子はないですが

取りあえず料理は美味いし
お昼時も変面ショーは見られるので
ちょいと覗いてみるのもいいんじゃないかと。

宴会をする場合は、辛いものとそうでないもののバランスを考えて注文した方がいいかな。
今回はちと偏りすぎでしたね。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

逗子、食彩堂のお魚ランチ、スズキとサワラのソテー
IMG_2348.jpg

逗子で久々に新規開拓です。
京急新逗子駅のホームの道路向かいの半地下にある食堂。

魚ランチにいろいろ乗ったプレートランチ、それとステーキの3択
というランチの看板に惹かれて入ってみました。

道路際半地下ということで
ちょいと煤けた外見のお店は、魚中心の和食のお店か
あるいは大衆中華なのかなと思っていましたが

名目上は創作フレンチのお店みたいですよ?

IMG_2346.jpg

フロアの奥までは日が射さないので
光のコントラスト強くちょっぴりさびれ感があります。

海の手前の日焼けした路地脇の半地下
日差しの強さも暑さもここまでは入って来れない
初夏の昼下がり

なんかわびしさが逆にいい感じだぞ?

IMG_2347.jpg

光が反射しちゃってる黒板には
もうすっかり痕が残っちゃってるチョークの傷跡。

創作だけあってフレンチどころか中華、エスニック、なんでもござれなメニューが面白いです。

IMG_2349.jpg

主食枠はパンかご飯が選べるのですが
雰囲気的にここはフランスパンよりはご飯だよな、と考えてて正解!

フレンチというけど、昔ながらの洋食屋と地続きな感じの料理には
やっぱりご飯でしょう。

IMG_2353.jpg

この日の魚ランチはスズキとサワラのソテーの盛り合わせ。

気持ち小ぶりですが
焼き加減丁度よくパリッとした皮に
しっかりした身のスズキ、ふんわりのサワラ
食べ比べてそんな食感のコントラストがあるのが面白い。

下に敷いたキャベツにブロッコリー、ニンジン等に絡んでるソースは醤油バター。
この味、もう思いっきり昔ながらの洋食屋の味ですよ。

この垢抜けない味わいがまたたまらなく美味しかったりするんだよなぁ。

IMG_2355.jpg

食後にはコーヒーとプリンも。
プリンはショーラパンのランチに出るような
卵たっぷり濃厚とろとろプリン+とろとろカラメルソース

こいつは間違いのない味です。

IMG_2358.jpg

外からの見た目も中も
あんまりお洒落ではありませんが

この海に近い場所ならではの
独特の強い日差しと潮風にまみれてきたいい風化具合は
非常にいい味出してると思います。

公式ページ
参考ページ

じいさんになって楽隠居したら
午前に散歩して、夏の日差しを避けてこちらに逃げ込んで
のんびりメシ食ってたいなぁ。

まぁ、初老手前のマスターがその時まで現役でいてくれるかはビミョーなところですが(笑)

テーマ:洋食 - ジャンル:グルメ

横浜(岡野町)、イル・フオッコの"サルシッチャ"ミックスパスタ
IMG_2786.jpg

横浜駅西口からビブレやドンキのある通りへ進み
岡野町交差点をちょい過ぎた辺りにあるオステリアです。

ヌシさんがオススメされてたトラットリア・フランコに何度かランチに行こうとしたことがあるのですが
いつも満席で入れなかったんですよね。

ふと調べたら姉妹店があるそうなので
そちらに行ってみることにしました。

IMG_2774.jpg

すぐそばに倒産しちゃった例の500円ピザのナポリがあるので
そっちに目を奪われて気がつかず通り過ぎちゃいそうな、さり気ないお店です。

細長い店内はわりと奥まで続いており
12時前に既に数組先客はありましたが
でも満席には至ってないようで、ホッ。

休日お昼はパスタコースかシェフにお任せコース
あるいはアラカルト、という内容。

パスタは1400円代が2100円、それ以上は2500円、ペスカトーレのみ2980円とのこと。

結構種類があって悩みどころですが
肉でスパゲッティーニ以外のパスタで2100円…と絞り込んでサルシッチャにしました。

IMG_2775.jpg

水はちゃんとスパークリングウォーターなんですね。

フロアは丁寧だけど明るい初老の方とおねーさん。
いろいろと気のつく給仕っぷりが素晴らしい。

しかし若いグループ客に挟まれておっさん一人だとちょと気後れするなぁ。
空間が明るすぎてワタシなんぞ蒸発してしまいそうだ。

IMG_2777.jpg

前菜やパスタのソースを頂くのに丁度いいフォカッチャ
オリーブオイルが熟成されたような香りで、クセがあるけど美味い。

IMG_2779.jpg

低温調理されたプロシュートコットとアスパラのビスマルク。

流行なだけで手を出した低温調理って肉が噛み切れなくて残念なこともあるけど
こちらのはいい具合の火加減。
ちゃんとした調理のはやっぱり美味いなぁ。

そしてビスマルクは卵サラダ風の作りなんだけど
なんか根本的に違う感じ。

卵なのにモツ煮込みのような奥深い味わいに複雑な歯応え。
一体どういう調理方法なのかさっぱりわからないけど、これはすごく美味いぞ。

IMG_2783.jpg

前菜もう一品。
タラのほぐし身とジャガイモを和えてバゲットに載せたもの。
これはそのまんまパクッと頂けます。

タラって淡泊な印象のある魚だけど
調理法次第で素材の奥から旨味を引き出すような味になるんだなぁ。

IMG_2789.jpg

レモン豚サルシッチャとジャガイモ、ペコリーノチーズ"サルシッチャ"ミックスパスタ
とメニューにはありました。

ミックスってどういうことなのかと思ったら、6種類くらいのパスタを混ぜて茹でたものみたいです。
スパゲッティーニにマッケローニ、ジッリ、リングイネ…えーと、あとなんだろう?

IMG_2790.jpg

サルシッチャは弾力の強い肉がみっちみちに詰まってるし
塩とレモンがいい具合に効いていてめっっちゃ美味しい。

おお、シチリアの味だ!
いえ、塩とレモン、という組み合わせで単純にシチリアという
条件反射的なイメージです。

元々塩気強めのペコリーノチーズはしっかり麺に馴染んでいて
ソース的な汁気はなし。

はっ、そうと知ってたらフォカッチャ残しておかなくてもよかったのか!
折角なんで大きめのサルシッチャ挟んで
イタリアンバーガーにして食べてみました。

やや塩が効いてるんですが
いいイタリアンって塩がまた美味いんですよね。

フランス料理とかだと塩を感じさせた時点で料理として失敗、なんて思想もありますが
塩も旨味だとと思います。

IMG_2795.jpg

食後はコーヒーとデザートのプリン。
ケーキのようにしっかり固まっていますが
しっとり濃厚な卵を感じていい出来です。

甘み薄めなカラメルも残さず頂きたくなる味。

IMG_2772.jpg

いわゆるホスピタリティのいい、と形容されるような接客に
すごく良質で美味い料理
いいお店ですな~。

でも客が若いグループばかりだったので
場の雰囲気が明るすぎてちと眩しかったです。
リア充空間がーー、みたいな。

自分以外にオッサン客がいたら少し安心だったんだけど(笑)

たまたまだったのか、それともフランコと客層分けてるのか
どっちなんだろう?

公式フェイスブック
参考ページ

テーマ:イタリアン - ジャンル:グルメ

扇町、鼎食軒のエリンギ豚ご飯
IMG_3195.jpg

コメントにて情報頂きました台湾料理のお店です。

寿町近辺の競艇場外券売場の道路向かいなんて立地ですが
カフェ風のお洒落な内装のカウンターオンリーのお店。

いや、外にも座席ありましたっけか。

調べたら5月末に開店してた模様です。

ちなみに店名はていしょくけん、とルビが振られています。

IMG_3191.jpg

場所柄、ガラのよろしくない方々も立ち寄りますが
わりと好奇心の強いお客が多いらしく
既に常連さんっぽい方々もいるみたい。

メニューは……台湾風ドグって何?
謎の料理って何なんだ?

お、サンペイチーがあるのか!

合成

写真付きのメニューも見せてもらいましたが
1ページ1品なので、ちょいとまとめてみました。

ルーローハン、コーローハン、チーローハン、焼きビーフン、炒めうどん
台湾風ドグってのは腸詰のことらしい。

ヤクルト緑茶とはなんぞ?

デザートにはタロイモ団子豆乳プリンとかレモン寒天ゼリー
白きくらげと蓮の実のスープなどなど、面白いものもあります。


IMG_3196.jpg

コーローハンが品切れのようだったのでエリンギ豚ご飯を注文。
セットのスープはわかめと胡麻入りの澄ましスープ、とよくあるタイプですが
これがなんか地味に美味い。

IMG_3197.jpg

辛いの大丈夫ですか?と聞かれたのでもちろんOK。
台湾料理は辛いのが結構美味しいんですよね。

豚バラとエリンギにたっぷりのネギを
ニンニクと台湾の辣椒で炒めたシンプルな料理です。

台湾語だとなんて料理名なんだろう?

IMG_3199.jpg

ともあれ、この組み合わせは当然美味しいに決まってますよ!
中華と微妙に違う気がする油に地味にピリピリくる唐辛子

辛さと油っけをしっかり吸い込んだ豚に
主にニンニクを吸ったエリンギ。

こりゃあめちゃめちゃご飯がすすむいいおかずですよ。
ガツガツとあっというまに頂いてしまいました。

IMG_3218.jpg

今回はまだ他に寄るつもりのお店があったので軽く偵察で済ませましたが

鶏肉ご飯もビーフンも美味しそうだし
デザートやお茶でのんびりするのもよさげ。

またまた楽しみなお店が出来ました。

参考ページ

あとは台湾式のかき氷とか扱ってくれるようになるとカンペキです。
厨房見た感じ、かき氷用の機械は置いてなかったようだけど。

IMG_2833.jpg

オマケ
先々週くらいから大岡川にくらげが大量発生してます。
今年は例年と比べてもずいぶん多いですね。

まるで水族館みたいな光景です。

これ全部食べられたらいいのに(笑)

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

高根町、キッチンプラスワンのプリプリアンゴ入り野菜のかき揚げと麦豚肉・長い厚みあるバラ肉焼き
IMG_2859.jpg

しばらく開いていない時期があったから閉店したのかと思ったキッチンプラスワン
そんなことはなく元気に営業中です。

旦那さんの仕事を手伝ったり
料理教室をやったり、と
毎日必ず開いているというわけではないみたいです。

でも、そういう気追い過ぎない営業の方がいいお店になるってこともあるもんで
開いてたらラッキー、くらいの気持ちで臨むのがいい感じです。

IMG_2854.jpg

今回のメニューはプリプリアンゴ入り野菜のかき揚げか、麦豚肉・長い厚みあるバラ肉焼き
ではなく、両方なのか!

これはまたふとっぱらで嬉しい内容です。

IMG_2856.jpg

前菜…というか小鉢はもずく酢とズッキーニ。

水っぽさを残したまま加熱したズッキーニはネギ醤油ダレで
いい感じの仕上がりです。
こんな調理の仕方もあるんだなぁ。

IMG_2858.jpg

キャベツたんまりの味噌汁と一緒のメインディッシュは
一皿に乗りきらないボリュームです。

IMG_2861.jpg

生姜焼きとサラダの中間のようなソースに浸された豚バラは
ちょっぴり素揚げのように油をまとっています。
柔らかく香ばしく美味し。

IMG_2862.jpg

アナゴは卵をつかわない衣でネギ、タマネギ等と一緒に揚げられています。
これがまたぷりっぷりで美味い。

かき揚げのタマネギって実は苦手なんですが
こちらのは火の通り加減よく美味しく頂けました。

苦手なタマネギって悪い油吸っちゃってるからなんだろあなぁ。

IMG_2863.jpg

デザートにキーウィ頂きました。
適度に蛋白質分解しつつ、口の中もさっぱりと。

グーグルマップリンク

この週はずっと閉まったままでしたが
この日は他にも数組お客さんが来てらっしゃいました。

マーケットは小さくともちゃんとご近所で認知されてるんですね。

ご家庭のダイニングでのまったりしたお昼というのもなかなか心地よいので
こんな感じで続いていってくれるといいなと思います。

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

大口通、金剛商店138番地のラムのトマト煮ほか
IMG_3125.jpg

岡山から造り酒屋のダンナである友人が仕事ついでに上京
つうことで酒店のダンナであるアニキの音頭で金剛商店で宴会と相成りました。

今回はワイン持ち込むぞ~、というハナシになりまして
前もって余裕があればお店から歩いて5分もかからないところに住んでる
ワタシが預かるというテもあったんですが

比較的土壇場ということもあって4本もワインをかついで
日中東京近郊案内をしていたそうで…何やってんだかなぁ。

IMG_3098.jpg

今回5人なので4人コース+1品頼める勘定になります。
間違えて鶴見に行っちゃった、てへ、とか言ってるアニキに代わって注文はこちらでやることに。

IMG_3102.jpg

キムチ盛りはいつもの通りなんで写すこともないかもだけど
相変わらず美味しいです。

こちらのカツオダシの効いたチャンジャ大好き。

IMG_3105.jpg

アジキューリ刺…という色気もそっけもないメニュー上の記載ですが
西欧式と韓国式の盛り付けとレシピを美味いこと融合させたなまめかしい一品。

IMG_3108.jpg

コチュジャン系の味付けの肉厚な鯵の刺身がほんとに美味いこと。
日が暮れると寒い日でしたが
一発目に鮮魚は入れたかったんですよ。

IMG_3110.jpg

前菜と呼ぶには盛りのいいトリッパ煮。
アツアツのゴロゴロモツ煮込みをあえてバゲットの上に載せて
ガブッと口に入れるチキンレースを楽しんでみたり。

辛めのトマト味にチーズという定番に
砕いたナッツがいろいろ入ってたりというアクセントが面白く美味しいです。

IMG_3112.jpg

アナゴ焼きも前菜扱いというのが
選ぶ側としてもうれしい限りですよ。

金剛のカリふわなアナゴ焼き、めちゃめちゃ美味しいですもの。

IMG_3114.jpg

野菜タワーの状態だと中が良く見えないので崩してみる。
お、意図して盛り付けたみたいなわりと見栄えいい感じになりました。
巣ごもり風?

正体の良く知れぬ肉厚な葉野菜、ちょっとクセあるけど美味いですな。

IMG_3117.jpg

カジキグリルはネギタルタルみたいなソースの味が合って
これまた美味。

土台のグリル野菜のあしらい方がまたイイんですよね。

IMG_3120.jpg

何度か狙ってて逃した豚ポルケッタ。
豚バラに香草を載せてぐるぐる巻きに縛って焼き上げたイタリアの料理です。
豚1頭まるまる使う豪快なレシピもあるそうな。

仕込んだそれを更にパン粉と香草で焼いたもの。
肉の旨味が塩気が脂がもーたまらん!

これはまたそのうち行って1人で丸かじりしよう!

IMG_3122.jpg

ラムのトマト煮。
こちらからだと大量のソースに埋もれて姿が見えませんが
トップの写真がその反対側にあたります。

メインにはやっぱり羊ですわ!

IMG_3128.jpg

全員分取り分けるために崩してみたら
ナイフがまったく要らない、フォークだけでほろほろ崩れます。

スジの脂の混じる肉も、赤身中心の部分も
もうほんとにたまらん美味さで感無量です。

辛めのトマトソースに併せて土台にクスクス使ってあるのがまたイイ。
ローズマリーの香りも相まって中東からフランスに差し掛かるような味わいです。

IMG_3129.jpg

1品追加は〆の炭水化物で、と思ったけど
もう1品いっちゃいますか、という誘いに乗って鶏パイ焼き。

鶏と何のパイだったっけな…ワイン3本にスパークリングもあけて
結構酔いまわっててもう覚えてませんが
パイの中でホクホクに焼きあがった鶏がめちゃめちゃ美味しかった。

IMG_3131.jpg

〆の1、牛と芽ニンニクの炒飯。

炒飯とはいうけど、こちらも米がなんかクスクスっぽい。
そこに韓国式の味付けの薄切り牛肉に芽ニンニク。
更にオムライスよろしく薄焼き卵も。

でも辛さのバランスは韓国のようでもあり、インドネシアのようでもあり

中国なのか韓国なのか中東なのか東南アジアなのか
これは正しい無国籍料理だなぁ。
はっきりしていることは、これは美味しいってことだ!

IMG_3134.jpg

そして最後は韓国式の冷麺。
ツルシコの麺に優しい冷たいスープが冴える。

遠方からの客を持て成すのに都内の有名店の予約をとる必要ナシ!
我々には金剛商店がある!

とまぁ、そんな感じです。

参考ページ

持ち込んだワインのことにも触れるべきなんですが
詳しくないワタシが拙い知識でなんか書いてもまた無知を披露するだけなんで…
いろいろ頂いておいて甲斐ねーなと思ってるかもスマヌ、アニキ。

酒屋のダンナとしてはいい料理にはリーズナブルなワインだけでなく
ちゃんといいワインとで味わいたかった、とのこと。

IMG_3121.jpg

品はいいのに何故か捌けずコレクションになってた秘蔵(?)ワインはどれも美味しかったです。
持ち込み料1本あたり1500円になりますが
それでもあえて敢行した価値はありました。

テーマ:ダイニングバー - ジャンル:グルメ

羽衣町、くぬぎ屋のミックス ワンタンスープ 醤油 小
IMG_2100.jpg

16号沿いのツタヤの隣り
あえてワンタン麺、でなくワンタン屋がオープンしたのは1年ちょい前。

きっと場所柄、一見の客に麺出せとか言われたり
結局曲げて麺出すようになるんじゃないかと思ってたのですが

どっこい今でも麺なしで続いてます。

んで昼時ちゃんとお客入ってるんだから
成功と言えるんじゃなかろうか。

IMG_2097.jpg

ハラかなり減らしてる時には物足りないので
幾分か満たされて小腹が減った、というタイミングに丁度思い出して入ってみました。

ワンタンの種類2種、スープが醤油か塩。
ワンタンは2種混合のミックスが選べるのでそちらで

IMG_2105.jpg

こうしてカウンター越しに
ワンタン作成の様子が見ることが出来るのがまた良し

結構肉たっぷりの餡で期待が高まります。

IMG_2099.jpg

芽が開いたかのようなチンゲン菜の置かれ方がナイス。
ラーメンの丼の中に、ミックス小で頼んだ場合ワンタン3+3コ。
この見た目だと下に麺が入ってそうだけど
入ってないというのが逆に新鮮です。

IMG_2101.jpg

オリジナルは肉たっぷりの餡に
山芋…じゃなくて大根か!

小っちゃく角切りにした大根のシャキっとした歯応えと
むっちり詰まった肉餡のワンタン、なかなか美味いです。

エビの方は肉の餡を半分にして、そこにむき海老1匹。

肉餡の半分よりエビは小さいので
ボリュームはオリジナルより小さくなりますが
そこはぷりんとした茹でたてエビでトレードオフですね。

IMG_2096.jpg

スタンダードに醤油にしたところ、あっさり目のラーメンスープ味でしたが
塩は鶏ダシの気持ちこってり系の味なんだそうで
次はそちらを頂いてみたいと思います。

公式フェイスブック
参考ページ

お店としてのキャラが立つ、というだけでは
商売続けていくのは難しいと思うので
この立地でこの商売の方向性は間違っていない、という証なんでしょうね。

あとこの辺在日中国人の方もそれなりにいらっしゃるので
日本人ほど「麺がないと」という拘りがない、とかもあるのかも。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

野毛、羊流しの羊めしほか
IMG_2846.jpg

野毛大道芸に出店していてその存在を知ったジンギスカンのお店。
開店から少しずつサイドメニューが拡充されつつあるようで

その辺が特に気になっていたのであえて期間を開けての初訪問。

IMG_2837.jpg

羹屋の2階へと階段を昇ってみると
おや、これはいかにもな飲み屋雑居ビル

ちょっぴり腰が引けますが
羊目当てにえいや、っと気分あげて入ってみます。

IMG_2838.jpg

への字カウンターだけの小さなお店。
こちらは注文のシステムが決まっているようです。

選べるお通しはポテサラ、スパサラ、正露丸から選択。
正露丸はシャレで入れてるみたいです。

そしてまずはジンギスカンをお試しサイズ(60~70g)か一人前(100g)注文。
そこからアラカルト、みたいなことになっているようです。

それがこの店の作法なら、従いましょう、とゴローちゃんよろしくポテサラと一人前注文。

生は19時までのハッピアワーなら199円だそうで
飲む時は早めの時間から、な自分にとってはとっても有難いです。

IMG_2841.jpg

人少なめな曜日だということもあってか
100gオーバーした大盤振る舞い。

見事な赤身ですね。

IMG_2844.jpg

もやしは付属。
ジンギスカンはあんまり食べる機会がないので
もう初心者としてやり方を教わりつつの土手作り。

副店長さん?が丁寧に教えてくれるので
ジンギスカン初の人でも問題なく頂けますよ。

肉……ああ、これはいい肉です。
安いラムだと噛み切れなかったりしますが
ほどほどの焼き加減でも柔らかく美味しい。

オージーの質のいい肉を使っているようで
つまり一般的なお店でいう普通と上を
最初から上だけしか扱わないというポリシー。

食うのに夢中になっちゃって焼いた肉撮るのをすっかり忘れるくらい美味かった。

北海道定番のベルソース、ソラチソースよりぽん酢で頂くのが美味しかったです。

IMG_2847.jpg

メニューにあった羊めしを頂いてみました。
牛丼の羊バージョンとのことですが

北海道物産展でよく頂く松尾ジンギスカンの丼を
めちゃめちゃいい肉に変えたような感じです。

B級な仕立ての一品だけど
あからさまに肉の質がいいのがわかっちゃう。

IMG_2848.jpg

サービスで頂いた枝豆と高菜の和え物。
おー、これ星海湾で気になって注文したけど品切れだったやつだ!
枝豆と高菜、めちゃめちゃ相性良くてウマいわ。

これ次あたら単品注文したいな。

IMG_2851.jpg

そして羊餃子を頂きました。
ぽん酢と秘伝のタレ、と書かれた中国東北地方っぽい唐辛子と
油脂などを混ぜたっぽいタレつけて頂きます。

IMG_2853.jpg

自宅で仕込みして持ってくる都合で冷凍なんだそうですが
でも皮はもちもちだし、肉はむちむちだし
これもめちゃ美味し。

京味居の水餃子に近いですが
肉の質でいけばこっちが上!

これ仕込みたてだったら、皮とかもっと美味いだろうなぁ。

IMG_2836.jpg

ラーメンやらカレーやらも気になってたんですが
もうおなかいっぱいなんで今回はムリ。

でもこのクオリティなら、確実に再訪します。

ジンギスカンの肉からめちゃめちゃ美味かったから
お替わりお願いしたい衝動もあったんですが

最初に最低限注文するシステムだから
次また食べればいいかな、と。

公式ブログ
参考ページ

心残りを残しておく方が、次の楽しみも増えるってもんです。

これであとは羊煮込んだスープとかの料理があるとサイコーなんだけど。

テーマ:ジンギスカン - ジャンル:グルメ

若葉町、クァーサイヤムのゲーン・デー
IMG_1838.jpg

相変わらず看板はパタナ、クルゥアパタナ
クァーサイヤム、と複数の店名が混在しています。

曙町の店舗の方も営業再開した今となっては
どの店名で呼ぶべきなのか改めて迷ってしまいます。

パタナ、と呼んでおいた方が区別ついていい気もするけど…うーん。

美味しいタイ料理が食べられるのならどれでもいいのですが
しかしここ暫く週に3度くらいはお昼タイ料理の日が続いてますよ。

IMG_1837.jpg

ランチのサラダ枠に今回出たのは揚げ野菜的なもの。
ニンジンとピーマンと…たまねぎかな?にスイートチリソースをかけたもの。

サラダとしてより、お通しとして食べたくなるような料理だなぁ。

IMG_1839.jpg

おっつけメインも出て来たので全部盆に載せてみました。
相変わらず充実のセットなのが嬉しい限りです。

IMG_1842.jpg

レッドカレーだとは思うのですが
赤の色合い薄し、こころもちクリーミーな感じ。

味は四川の坦々麺のように胡麻ペーストをつかっているかのような味わい
これは、好きな味だ。

むしろ普通のレッドカレーより好き。
ソムタムでオバチャンが調理した時に味わった
そしてパタナの閉店直前に味わったタイプ。

IMG_1844.jpg

しかもナスがちゃんとマクアプロ。
緑色の丸ナスですよ。

日本のナスで代用したのも美味しいですが
やっぱり本場式は格別ですね。

味についてはフツーのレッドカレーと違う料理なのか
地方による違いとかなのか。

通称レッドカレーはゲーン・ペッと書かれることが多々
こちらのはゲーン・デーと書かれていたので違うものかと思いましたが

実はレッドカレーはゲーン・ペッ・デーンと呼ぶのが正しいらしいです。
デーンが赤の意味。ペッが辛い。ゲーンは汁。

つまり表記が違うだけで同じ料理らしいです。
ココナッツミルクの量の違いなのかなぁ。

IMG_1843.jpg

デザートはカボチャのココナッツミルク煮
そしてジュースは今回はアイスコーヒーです。

ああ、こちらに来て初めて正体の知れたドリンクにあたった(笑)

旧店舗参考ページ
新店舗参考ページ

まだまだランチメニューの半分も制覇しておりません。
つまりこれからもまだ新たな味に出会い続けることが出来るわけで
お昼時の訪問が楽しみでなりません。

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

ベトナムフェスィバル2017
01IMG_3083.jpg

今年も代々木で開催されましたベトナムフェスティバル
本当は土曜に出かけてレポすれば日曜にそれ見て出かける方がいるかもですが
土曜日、最高気温32度、日曜は26度………うん、土曜はヤメだ(笑)

代々木公園って体感気温的に道玄坂+2度くらいなんで
無理したらへばりそうなのでくじけて日曜にしました。

02IMG_2959.jpg

会場到着10時40分頃
今回はちょっと出遅れましたね。
タイフェスほどではないものの、もうお客さんいっぱいです。

03IMG_2976.jpg

高田馬場のベトショップと早稲田のベトバルの共同ブース
こちらのお店が一番メニューが異彩放ってた感じでした。

04IMG_2983.jpg

気になったのはオススメメニューの
豚ひき肉とベトナムハーブの腸詰揚げ。

タイのソーセージとも違う独特の香草使いで
めちゃ香ばしく美味いです。

05IMG_3016.jpg

タニシの串焼き。
別のメニューではサザエの串焼きと書いてあったんだけど、どっち?

多分食用に出来るタニシを大量に仕入れるのは難しいと思うので
サザエで代用してるんだと思います。

独特のもきゅもきゅコリコリの食感に
刻みニンニクと唐辛子の辛い味付けがイイ。

貝にこんな味付けは初めてだけど美味いですわこれ。

06IMG_2994.jpg

あっちこっちにもう行列が出来ています。
並ぶのが面倒なヒトとしては
並ばずに面白そうな料理を探そう、と躍起になるのです。

07IMG_2997.jpg

店名はマット・トロイ、とあるけど
パンフ見るとカフェサンズと書いてあります。
どちらも検索してもかからず。

08IMG_3002.jpg

スックシックガーという鶏のソーセージ。
中にニンジンやグリーンピースが入ってるあたり
ちょっと巻き揚げっぽいところもある不思議なさっぱりめのソーセージでした。

09IMG_3005.jpg

バインミー ハントルン。
こちらもお店の詳細不明。
多分ハノイのハントロン地区から名前を取ってるんだと思うんですが。

10IMG_3007.jpg

ベトナム風サラミ、というのが面白そうで買ってみました。
サラミというけど香辛料も強くなく乾燥させた様子もあんまりなし。

肉肉した肉団子でしたので
むしろベトナムの皮なしシュウマイの一種ではないかと。
むっちりしてこれも美味しい。

11IMG_3009.jpg

こちらも馬場のオリエンタルテラス

馬場ってミャンマーだけでなく
いろんな人種の坩堝なんですね。

12IMG_3011.jpg

豚肉角煮のティットコーンか、ピリ辛チキンサラダのゴイ・ガーか
どちらか悩んだ末、想像のつかないゴイガーを…。

ピリ辛サラダというか
もやしとニンジンとチキンの甘酢和え、唐辛子もあり、な感じ。

鶏肉えらい少ないし…料理的に突き出し感が否めない。
これで500円は高いわ。
フォーでも添えて一人前って気がする。

ああああ、角煮頼むべきだった。
他の人が食べてるの見たら、600~700円払っても良さそうな内容だったんですもの。

13IMG_3017.jpg

何処のお店だか忘れちゃいましたが
こうして山と積まれてる料理、そそるなぁ。

14IMG_3018.jpg

池袋のフォーチュン
ここはほかのお店よりも値段付けが低めでした。

15IMG_3019.jpg

カニうどん400円なり。
ようはベトナム料理のカニみそとトマトソースの汁ビーフンの変形的なものだと思うんですが
カニっぽさはほとんどなし。

短く切ったうどんのような麺を
とろみのある甘辛スープで煮込んだもの。

カニこそかすらないものの
ハムに鶏肉に揚げパンに具材その他いろいろで
安くても食べた人を満足させようという気概に溢れた料理でしたよ。

16IMG_3031.jpg

そろそろラストにバインミーで〆よう、といろいろ物色
元住吉のタオズ
現在営業休止状態のT.G.T.キッチンも来てましたが

大久保百人町のベトナムバインミーに決めました。

17IMG_3033.jpg

焼豚とパテのバインミー。
珍しくこちらのバインミー、パンも具材もアツアツです。
チリソース味が強くてパテの存在感なし。

使ってる具材はベトナム式のレシピなのに
まったくベトナム感のない味。

むしろフランスの街角で売ってそうな
ちとヨーロピアンなサンドイッチでした。

18IMG_3028.jpg

在日ベトナム人仏教会のブース
こちらのメニューはすべて精進料理です。

19IMG_3030.jpg

デザートは別腹
チェバマウというチェーっぽいデザートを頂きました。

ゼリーと白いんげん豆と粟とタピオカなどをココナッツミルクで煮て
氷でガツツリ冷やしたものです。

上に大量に氷乗ってるので、どうやって食べようかと。
手の熱で氷溶かしつつ味わいました。

さっぱりしてて程よく体が潤います。

20IMG_3053.jpg

最後にステージイベントをちらりと
フルートの演奏に合わせて女二人、はしゃいでる様を表すような
傘を持っての踊り。

21IMG_3059.jpg

舞台終わってのカーテンコールなので
どんな演目をしたのかわかりませんが

このノースリーブのアオザイみたいなの…アオザイと呼んでいいのか?
伝統的に存在する衣装なのか否か。

ともかくちょっとエロいな(笑)

22IMG_3062.jpg

そしてアオザイショー。
色っぽさでは他の追随を許さぬ民族衣装と言われてますが
すごく健康的な美しさですね、これは。

23IMG_3012.jpg

と、そんな感じで楽しんで来ました。

ベトナムフェスティバル公式ページ

次回は来年になりますが。
現在18時ですので、上げた直後に見てればまだ間に合う、か(笑)

あとは今年も多分横浜で秋にベトナムフェスタをやるんじゃないかと。

あと再来週は4年ぶりにスリランカフェスが代々木に帰ってくるっ!

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

北仲通、Mr.ヨーロッパのプレートランチ、豚バラのコンフィ 【イベント】ファイナルファンタジー30周年プロジェクションマッピング
IMG_2243.jpg

嗚呼素晴らしきかなお子様大人様ランチ
ヨーロッパ各国の美味しいとこ取りなMr.ヨーロッパのプレートランチで頂ける取り合わせです。

IMG_2242.jpg

西欧スタイルのまな板的なプレート、万能ですね。
シャルキュトリー直置きとか、サンドイッチとかにもとても似合う。

そしてMr.ヨーロッパという国の国旗…この旗が立つだけでなんでこうテンションあがるんだか。

IMG_2248.jpg

サラダはいつもおなじみのタイプですが
ポテトがカリフラワーに変わってます。
料理名称溺れたカリフラワー。
つまるところシンプルな蒸し煮なんですが、シンプルに美味し。

IMG_2247.jpg

旗が立てられているのはデザートのムース・オ・ショコラ
控えめなチョコの甘さとほろ苦さでこれもちょっぴりオトナ味。

その隣はフォアグラ入りパテ。
バゲットと併せて頂くと独特の脂気が生地に欝って良い。

IMG_2245.jpg

これは初めて頂きます、豚バラのコンフィ。
ひたひた油に漬かって鉄皿ごと加熱された豚バラ。
油マシマシの肉と脂頂いてると黒ビールが欲しくなります。
ザワークラウトの酸味で口の中をリセットしつつパクパク。

IMG_2244.jpg

牛スジのペンネ。
コンフィと同じプレートのせだけにわりとさっぱり仕上げにしてありますが
それでも肉のエキスの出た汁にむっちりペンネが合う。

汁気は細麺に比べるとペンネには絡め難いので
そこはスプーンで補ったり。

IMG_2251.jpg

アイスコーヒーでクールダウン。
マスターと近辺のお店の情報交換とかしてみたり。

食道楽、相通ずるものがあるってワケでございます。

公式ページ
参考ページ

さてオマケネタ。
ゲームのファイナルファンタジーが生誕30周年ということで
地元横浜と提携してのイベントをやっております。

IMG_2882.jpg

東横にラッピング電車が走っております。
とはいえたった1台だけなんで、たまたま乗った電車がソレでラッキーでした。

IMG_2925.jpg

クイーンズスクエアのフラッグがディシディアになっております。

11のシャントット博士と9のスタイナーって組み合わせとして面白いなぁ。
一方的に博士の実験に無理やり付き合わされる図が浮かぶ。

それはそれとして5年前のパシフィコのヴァナフェスは楽しかった。

IMG_2891.jpg

そしてインターコンチの壁面にプロジェクションマッピング
海洋都市ヨコハマ 龍神バハムート、襲来。

ということでまずは歴代ナンバーのカウントダウン。

IMG_2909.jpg

でぶチョコボが山ほど降ってくる!
連鎖して消えそう(ゲームが違います)

IMG_2914.jpg

バハムート襲来す!
インターコンチが98メートルだから
全幅100メートル超えくらいにみえるワケですよ。

こいつは迫力あります。

IMG_2935.jpg

キャーー、リューサーーーン!
FF11現役竜騎士プレイヤーとしてはちょっと肩入れしちゃう。

まぁ、この映像はFF14のモデルを使用して作られているのですが。

IMG_2950.jpg

バハムートに一度壊滅されて治るヨコハマ。

街壊すことにOK出してくれた横浜は鷹揚でいいですな。
まぁ、開港150周年に一度怪獣軍団に破壊されてますから、その辺は、ね。

明日11日の晩もプロジェクションマッピングの上映が行われます。
ちょっとだけ違ったみなとみらいの風景を眺めてみるのもオツかもしれませんよ。

ファイナルファンタジー30周年公式ページ

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

阪東橋(白妙町)、釜飯と炉ばた焼 隼の松花堂弁当 牛ばら大根炒めと鮪頬肉竜田揚げ
IMG_2116.jpg

最近は医大通り周辺の飲食店が充実してきたので
すっかり吉野町まで歩いて行かなくなりました。

というわけで今回も医大通りので松花堂弁当です。

IMG_2115.jpg

比較的近場でこれだけのものが頂けるんだもの
遠くまで歩いてくこととないよなぁ、と。
外が暑いとなおさら。

運動不足にならないよう、高気圧が去ったらまた歩こうっと。

IMG_2117.jpg

今日はお吸い物が一層美味しい気がします。
中に豆腐と、いわしつみれ…というよりはいわしハンバーグ的なものが入っていて
それがダシとなって味深めてるのかな?

IMG_2118.jpg

煮びたしに添えられるフルーツがオレンジでなくパイナップルに。
和の中にパインって取り合わせはなんか面白い。

こちらのナスは何気に美味いんですよね。

IMG_2120.jpg

揚げ物枠の竜田揚げにはマグロのほほ肉が来ました。
ちょっぴりクジラの竜田揚げを思わせますが
ほほ肉だけに柔らかさ美味さ上だなぁ、と思ったり。

軽く梅酢のような酸味の効いたタレが乗っていて美味い。
タレまみれになった下の刻みキャベツがまた美味い。

IMG_2119.jpg

牛ばら大根は薄切りにして崩してあるので
ちょぴり牛丼のようでもあり
そしてスジ煮込みのように脂とコラーゲンがたっぷり。

そこがまたいい塩梅なんだよなぁ。
脂を吸った大根もまた良し。

公式フェイスブック
グーグルマップリンク

味にも見た目にもちょっとした技と心づくしが効いていて
落ち着いて気持ちのいい接客もあって

こういうお店で平日に昼頂けるというのはホントラッキーだなぁ、と思います。

テーマ:松花堂弁当ランチ - ジャンル:グルメ

蒲田、ソルマリのグンドゥルックスープほか
IMG_2217.jpg

大久保界隈で増殖を続けるネパール料理専門店群
そのうちの一軒が蒲田に支店を出しています。

そこ、ソルマリにまた行きたい行きたいと思いながらまた日が過ぎ

数週前の金曜の夜の会社帰りに辛抱たまらず
突発的にそのまま蒲田まで食べに出かけました。

IMG_2203.jpg

前回同様に奥のテーブルではネパールの若衆が既に出来上がってる感じ
こちらも取るものも取りあえず生ビール。

突き出しのアチャール、ネパールの漬物が美味しいこと。

キャベツがまたいい。
自宅の冷蔵庫に常備したいくらい
ネパールのスパイスとの相性良いいです。

IMG_2206.jpg

料理が出来るまでまだ時間があるようで
セット用のサラダまでオマケ頂きました。
これは箸休めに丁度いい。
基本辛いモンばっかり頼むから。

IMG_2208.jpg

セクワ盛り合わせ。
つまるところネパールの串焼きの盛り合わせです。
串からは抜いてるけど。

チキン、マトン、ポーク、手羽
後ホントはスナギモが入るはずなんだけど
どうやら切らしてるっぽくてナシ。

IMG_2210.jpg

しっかりネパールのスパイスでマリネして焼いた肉はどれも美味し。
でも基本よく焼きなこともあって固め。

でも実は一番安い食材の手羽がいちばん美味しかったと思います。

先の方のカリカリに焼けた部分のスパイスが美味く
あと脂ののった皮やナンコツ、といろんな部位が混ざってるからこその豊かな味わい。

IMG_2213.jpg

モモは普通のモモ、揚げモモ、スープモモの他にあった
エベレストモモというのを頂いてみました。

あ、冷製スープ入りなんだ。
摺り胡麻入りのちょっぴり酸味のあるスープのちょっと不思議な味がいい。

IMG_2215.jpg

モモの中の肉の餡はほんのりカレー的な味つけ。
アツアツのモモを冷製スープというかソースで頂くのもわりとオツです。

上に載ってるネギやパクチーが予想以上にいい仕事してます。

IMG_2220.jpg

続いてジブロ。
羊タンです。

羊ならではの豊かな旨味を蓄えた肉の中でも
特に柔らかく調理されたタンと、ナンコツのコリコリした部分の食感のコントラストもよく
めっっっっちゃウマ。

ネパールならではの刺激的な辛さもイイ。

IMG_2218.jpg

最後に初めて食べるグンドゥルックスープ。
ネパールの干し野菜なんだそうですが
これが高菜に似ています。

しかし日本や中国で食べるのとは違い
しっかりパサパサカスカスになるまで干したものを煮込んで戻したもの。

腐葉土の中の葉っぱを食べる虫の気分
…と書くとマズそうに思えるかもしれませんが
これがまた意外とイケる珍味なのが不思議。

多分木の実やスパイス…山椒とかで色と味つけた味が濃く辛いスープに
カスカス干し野菜に大豆にパクチー

高地に住むネパール民族ならではの知恵の息づいたような
ちょっと不思議な味。

こういうのは横浜界隈じゃ食べられないんですよね。
改めてまた食べに来たくなりました。

参考ページ

テーブルにつっぷして沈没してる若者もいるネパール若衆グループの一人が立ち上がり
足元おぼつかない様子でこちらにやって来ました。

ニッカと笑って拳を目の前に突き出し

応えるようにこちらも拳を出して合わせました

…なんかオモシロイぞ、この空間。

海外に旅に出なくても出たかのような
ちょっと貴重な体験が出来ちゃうこういうお店、大好きだ。

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

曙町、富寅馬の四川回鍋肉
IMG_2179.jpg

麻辣湯のお店寅馬に引き続き華隆餐館の仕掛ける四川料理のお店富寅馬
メインは牛肉麺ですがお昼は定食もやっています。

華隆には回鍋肉ってなかったからどんな料理になるのか気になってやって来ました。

IMG_2186.jpg

晩酌セットなんてのが出来てます。
ディープな四川のお店ならではの、ちょっと気になる料理名が

脆皮叉焼は皮つき豚バラ焼き。
枝豆の左側の蚕豆って蚕とは関係なく、空豆のことです。
爽口木耳はきくらげを唐辛子やニンニクであえたもの。

重庆豆花の庆の字は慶のこと
つまり重慶の辛い豆腐和え料理らしいです。
よだれ鶏の豆腐バージョン的なものかな?

IMG_2180.jpg

そうして壁の料理に思いを馳せている間に定食一式来ました。
ああ…、これは陳建民アレンジのジャパニーズホイコーローですね。
四川って書いてあったのになぁ。

IMG_2181.jpg

今回も辛さ控えめな大根の四川漬けと
スープは海苔にニンジンが入ってる豆腐スープ。
ちょっと福建寄りな味です。

IMG_2184.jpg

本来の四川の回鍋肉は野菜は芽ニンニク、葉ニンニクを使った料理ですが
陳建民が日本に紹介した時にアレンジし
キャベツを使う料理になりました。

こちらのは更にピーマン、タマネギ、パプリカと加わる
完全に日本の中華料理屋で定着したタイプ。

味つけも辛い豆板醤ではなく、甘い甜麺醤を使ってます。

つまるとここちらのお店を開店させる時に雇った料理人が
日本式の回鍋肉に慣れていたとかいうパターンなのかな?

そうと割り切れば十分に美味しい回鍋肉ですし
そしてボリュームもかなりありすので、満腹するくらい頂き事が出来ますよ。

ご飯はあえてお替りしませんでしたが
2膳はかたいです、この量。

IMG_2185.jpg

大半は野菜だから食べ過ぎたといっても
そう健康に悪影響はあるまい、と。

もっとも、辛さが欲しくて途中から辣油かけたから
油脂分はちょい多めに取っちゃったかもです。

参考ページ

汁なしの杏仁豆腐もまた美味し。

さて、次は魚香レバだな。
回鍋肉が日本式だったので
魚香の味もその系統である可能性大だけど
取りあえず食べてみないことには始まりませんから。

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

逗子、ベケットのスズキのソテー
IMG_1677.jpg

逗子に来たら絶対寄りたいガストロパブのベケット

も一つ寄りたいお店は、相変わらず行列中でして。
でもこちらのお店も来る度客増えてる気がするなぁ。

カウンター席でマスターの手際を御拝見させて頂きながら料理待ち。

IMG_1671.jpg

今回のサラダはカッテージチーズ入り。
活きのいい地野菜とトマトの爽やかさにチーズのコクが加わって美味い。

IMG_1675.jpg

スープはいつもの枝豆のポタージュ。
そろそろ暑いから冷製バージョンになってます。

IMG_1676.jpg

スズキのソテーは長ーいアスパラをふんだんに使ったタイプ
珍しくちょこちょこ焼き加減を調整してた魚は
焼き過ぎずのふんわり仕上がり。

IMG_1679.jpg

ソースはサルサ味だけど
トマトに絡む香草の味が南米とは全然違ったチューン。
むしろこれ中東風じゃない?という味なんだけど
これがまた刺激的で美味し。

IMG_1682.jpg

大クスクスは名の通り大きめで
むしろ大粒麦みたいで
普通のクスクスそのものよりも個人的に好みです。

これだといわゆる「小さなパスタ」というよりは、米のご飯とほとんど変わりない感じ。

サルサなんだけど中東、アフリカっぽい
ちょっと刺激的な辛さが馴染んでウマい。

肉料理枠が厚切りポークのハニーマスタードソースだったので
最初散々悩んだけどこっち頼んで正解でした。

もちろん肉頼んでも正解ではあったとも思いますけどね。

公式ページ
参考ページ

マグリブとラテンアメリカのコラボ…
パンチの効いたイカしたビートでございました。

テーマ:魚料理 - ジャンル:グルメ

中華街、ショートトリップのシャシリクほか
IMG_2161.jpg

成田発カタール航空トルコ直行便…ならぬ
中華街発ショートトリップ、アジア中東味の周遊。

仲間内で訪れようと思ってたけど
どうにもスケジュールがあわないうちに月日が流れてしまったので

んなわけでまたお1人様晩酌です。

IMG_2148.jpg

口火はポルトガルのビール、サグレスで
新鮮なホップの香りとレモンのような柑橘系の酸味、と形容されますが
スッキリ爽やか系の口当たりのいいビールです。

IMG_2149.jpg

ファラフェルが品切れということでフムス。
こちらはヨルダン料理扱い。

ひよこ豆にニンニクやクミンを混ぜて作ったペースト。
マッシュポテトならぬマッシュビーンズって言い方で通じるかな?

クリーミーな豆ペーストの中にクミンやパプリカのスパイシーさが引き立つ。
ピタパンと一緒に食べると一層オツです。

IMG_2156.jpg

イシュケンベチョルバ
羊の胃袋を使ったトルコのスープです。

バター、ニンニクのコクにレモンの酸味。
でもしっかりモツの匂いがします。

というか、刻みオニオンもたっぷりに、モツも細かく刻んであって
クラムチャウダーのアサリをモツに入れ替えたような、そんなスープ。

中東感はまったくない、馴染みのあるようででも実はぜんぜんない面白いスープ。

二日酔いに効くそうですよ。

IMG_2162.jpg

叩いた羊肉をスパイシーな漬け汁に漬け込んでマリネしてから焼いたシャシリク。
これはウズベキスタンの串焼き料理です。

IMG_2164.jpg

しっかりスパイスが染み込んだ肉をしっかり焼いて
気持ち固めな羊肉は
噛めば噛むほど口の中に香辛料の味が染み出して来て美味いです。

IMG_2167.jpg

そして羊のハツ(心臓)のヒマラヤ岩塩焼き
味の基本は岩塩なのでシャシリクに比べるとシンプルな味わい
レモンをかけると一層引き締まります。

IMG_2171.jpg

こちらも比較的硬めの焼き加減。
もう全然ハツという気がしない、肉肉した噛み応えです。

少し残しておいたフムスとピタパンと併せて食べると一層美味いです。

IMG_2176.jpg

こちらはサービスで頂いたロクム。
トルコに旅行されたお客さんのお裾分けだそうで
貴重なお土産をありがとうございます。

甘みの濃いドライフルーツ的な味。
ゆべしをもっと固く煮込んでフルーティにしたような感じです。

公式ページ
参考ページ

そんな感じで東欧から中東寄りをちょいとひとっ飛び楽しんで来ました。

海外旅行したいなぁ、という気持ちがあれど
なかなかそうもいかないので味だけ楽しんで来ます。

気軽に使えるのがこちらのお店の嬉しいところ。

幾つかこういうお店をまわってると
それだけで世界各地を巡れる気がします。

テーマ:中東料理 - ジャンル:グルメ

関内(相生町)、賢記の香港海老雲呑麺
IMG_2438.jpg

先日見つけた香港式雲呑のお店。
香港式と聞いては捨て置けませぬのですよ。

店頭に金メダルかけた腕組みシェフの写真が飾ってるあたり
昨今の新華僑系の食べ放題店を彷彿とさせて
名前だけの似て非な可能性が高いな、とは思いましたが

でも実際に食べずに評価するのはよくない、ということで
食べてみました。

IMG_2437.jpg

名目上は雲呑麺専門店というわけではないのですが
日本人の嗜好に併せて麺がメインのような売り方になってますが

もちろん麺抜きでの注文も可能、ちなみに差額80円。
味は塩か醤油。

ワタシとしては香港のゴワゴワのゴムっぽい麺かどうかが焦点なので麺で注文。

IMG_2439.jpg

傾斜のついた丼使用で
量は多く見えるけどそうでもない。

ああ、九条ネギらしい美味さが発揮されてます
日本人的な素材のこだわりが出てますが
そーじゃないんだよなぁ。

塩スープの味はスッキリしていて普通に美味い
シンプルだけど日本人好みしそうな味。

IMG_2442.jpg

ワンタンは大ぶりではないけど
一つの包みの中にエビが数匹まとめて入っています。

これはぷりぷりしてて美味いですね!
いい感じいい感じ。

IMG_2445.jpg

麺はゴワゴワしててなかなか香港チック。
すいません、勝手に見損なってて。
ちゃんと香港式を再現しようとしてるんですね。

でも…再現…なんだよなぁ。
似ているようでどこか違う。

店内の能書きによると、国内製麺業者に依頼して作ってもらったものなんだそうですが

つまり、製麺所のプライドとして
「これ以上香港式再現しようとしたら、日本人の嗜好的にマズくなるじゃん」という
プライドが邪魔したのではないかと。

あとそう、スープがなんか違うんです。
雑味がないスッキリし過ぎた味で

…うーん、香港もう長いこと行ってないから
何がどう違うかハッキリ言えない。

IMG_2448.jpg

と、自家製辣醤を入れてみてわかりました。

そうそうそう、干しエビダシがないんだよ!
これがないから違って感じるんだ。

麻辣醤と辣醤の2種がカウンターに置いてあって
麻の方はほぼラオガンマーなんですが

辣醤は干しエビのダシがキッチリ効いててすごく美味いんですよ。

これ入れるとグッと香港の味に近づくんだけど
当然ながら辣醤だから辛くなるんです。

唐辛子のない干しエビ味の塩味が楽しみたい、という人の場合は
香港式再現は果たせぬ夢であったか。

IMG_2415.jpg

うーーん、思ってたよりいいセンいってるだけに惜しい!
香港本場の代償行為にはあと一歩及ばず。

というよりは、香港の雲呑麺を
日本人の味覚に合いやすい形に変えたもの、ということなのかも?

広く受け入れられやすい商売としてはそちらの方が正しいんですが
…こちらの望んでいたものとはちょっぴり違ったと、それだけのことではあります。

でも雲呑は美味かったし
肉野菜とか海老焼売雲呑とかも試してみたいですね。

参考ページ

このお店が呼び水になって
横浜に本場式の香港式雲呑麺のお店が出てくれないものか。

あとは南粤美食に期待するしか!

テーマ:香港料理 - ジャンル:グルメ

鶴見本町、コキス・ローストチキンのクリオヤ前菜盛り合わせ
IMG_0967.jpg

鶴見のペルー料理店、コキス・ローストチキンへ久々に行きました。
最近土日にセットメニューがあるということで
そちらを頂いてみること前提で。

IMG_0963.jpg

スペイン語は学生時代に第二外国語で選択したものの
まったく覚えてません。

クリオラ…クリオジャ、スペイン語圏の南米人だったかな
エントラダは入口…入門みたいな意味だろうか?

カウサ・レレナ…まったくわからず
パパ・ア・ラ・ウアンカイナは茹でじゃがにチーズソースをかけたもの。
アンティクーチョはハツ焼き。

コンボ・マリノは多分シーフードセット。
チチャロン・デ・カラマリは多分イカフライ
ティラディド・デ・ペッシェはよくわからんけど魚料理
チャウファ・デ・マリスコス…チャウファはチャーハンのことなので
多分海鮮炒飯。

このあとハシゴする予定なのでチャーハンはパスだな
ということでクリオジャ入門セットにしました。

IMG_0964.jpg

あ、何だ日本語メニューもあったのか。
エントラダは前菜の意味だったのか!

酒も飲まずに前菜だけ注文……ヘンかもしれないけど、まぁいいや。

ちなみにディラディードはヒラメのカルパッチョの唐辛子ソース的な料理みたいです。

スズピロ・ア・ラ・リメリャーというのは生クリーム乗せプリンっぽいものみたい。
これは名前から全然想像がつかなかったわ。

IMG_0973.jpg

来ました。
まぁ、前菜ですな。
お店をあとでハシゴする前提での
これはその前菜と考えよう。

IMG_0969.jpg

パパ・ア・ラ・ウアンカイナはペルー料理の代表の一つ。
茹でじゃがとゆで卵の自家製マヨがけ、といったところです。
チーズ入りマヨの優しい味。

IMG_0970.jpg

アンティクーチョはハツのバーベキュー。
下味のついた柔らかいハツは当然美味い。

添えられたパセリで作ったチミチュリソースは辛くはなく
ペーストにするとクセのないバジリコソースみたいなもんです。

IMG_0971.jpg

カウサ・レレナはマッシュポテトのケーキみたいなもんです。
クリームもたっぷり使ったマッシュポテトに
チキンのブツ切りのマヨ和え。

ロシアのニシンとジャガイモのミルフィーユサラダと
原典は同じなんじゃないかと。

美味しかったけど
ペルーだとこの手の前菜っぽいのは何を飲みながら食べるのが正しいんだろう?

公式フェイスブック
参考ページ

インカコーラ?
クスケーニャ?
ピスコ?
どれも何か違う気が。

ペルーにもワインはあるけど
こちらのお店では扱ってたかなぁ?

取りあえずは軽く済ませて
このあとインド料理食べに行きました。
11時台だったので、これは朝食よ朝食。

そのうちガッツリとコンボセットの方も頂きに上がろうっと。

テーマ:南米料理 - ジャンル:グルメ

曙町、クァーサイヤムのランチバイキング
IMG_2390.jpg

モールを隔てた先の若葉町のパタナに移転したと思っていたクァーサイヤムですが
ふと入口を見かけたら旧店舗の方にランチ営業の看板が

IMG_2386.jpg

えっ?えっ?
食べ放題とな?
確かに閉鎖直前に次は食べ放題やると告知はあったらしいのですが。

こっちは食材店になってたと思ったらまたテーブル運び込んで
また営業再開なんだ?

それじゃあ若葉町の方のお店はどうなるん?
フツーに営業してるみたい。

ともあれ入ってみよう。

IMG_2396.jpg

食べ放題の営業時間は11時から17時までとなっておりますが
12時10分の時点でガパオとカオマンガイのみ。

ちなみにこの写真は40分頃撮ったものです。

IMG_2389.jpg

料理はまだ出揃ってないようでしたが
ゆっくりしてってね~、と。

フロアはこちらの店舗時のクァーサイヤムのフロアにいたおねーさん。
シェフ2人はパタナの方に移動になったわけですが

その後に入ってきたのは元サラタイのシェフのおかーさん。
お久しぶり~、と挨拶して料理をぼちぼちと。

ガパオは鶏と豚ごちゃまぜで軟骨混じりのコリコリした部分が美味し。

IMG_2391.jpg

グリーンカレーは辛さは適度に控えめ。
丁度出来立てのアツアツが頂けるタイミングだったのが嬉しいです。

IMG_2393.jpg

カオマンガイはちゃんと鶏ダシ炊きしたご飯が出てきます。
鶏肉はセルフで取ってソースかけたので見栄え悪くてすみません。

このショウガの効いたソースがめちゃめちゃ美味いのですよ。

IMG_2394.jpg

そして揚げたてカオマンガイトード。
こちらもコリコリの軟骨混じりの肉がさらっと揚げられていていい感じ。
先程のショウガソースはこっちにも合います。

IMG_2399.jpg

んでスープはさっぱり系のわかめスープに胡麻パラパラ
こちらも鶏肉入り。

ウォーマーにまだひとつ空きがあったので
あともう一品は出て来たんだろうけど
もうおなかいっぱい。

残念だけど胃の容量的にも
昼休みのタイムリミット的にもあとわずか。

IMG_2400.jpg

デザートのプチゼリー食べる余裕はなかったけど
頂いたスイカは美味しく頂きました。

参考ページ

しかしまぁ、アロイ・タイがクァーサイヤムとインムアロイの2店に別れて
そのあとクァーサイヤムがパタナに合流。
そして空いたクァーサイヤムの店舗にはサラタイのシェフが後を継ぎ…、と

更に更にフクザツカイキな状態になって来ました。

これ、今はクァーサイヤムが2店舗ある、という認識でいいのか
それとも若葉町の店舗はパタナと呼ぶべきなのか
もうわけがわかりません。

グーグルマップ上だと2軒ある扱いに…。

わけわからないけど
でもタイ料理の美味しいお店の数が増えたということだけは確かです。

気がついてみれば、今週は3回もタイ料理食ってるし。

毎回調理のスタートは気持ち遅めな様子なので
時間に余裕のある方は13時くらいから出かけるのがいいかも?

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

川崎、母米粥のお粥鍋セットコース
01IMG_2332.jpg

広州の名物料理に母米粥という
お粥をベースにしたしゃぶしゃぶ風の鍋料理があるそうです。
そして川崎にその専門店が出来たようで、取りあえずの強行偵察。

02IMG_2315.jpg

場所は川崎区の南町あたり
つまるところ、再開発から洩れた風俗店の立ち並ぶうらぶれた地域の真っ只中。

閑散とした様子の店内でしたが
どうやら、ぶらり途中下車の旅で紹介されたようで
ぐるなびとかで予約したらしいお客が数組。

03IMG_2314.jpg

んでそれ記念したセットというのがあるようです。
手書きで1)、2)、3)、4)と分けて書いてあるから
それぞれの具をカッコの中から選ぶのかなと思ったけど

聞いてみたら全部入ってる模様。
ならばそれで行ってみやしょ。

04IMG_2316.jpg

コンパクトなボンベ式のガスコンロの上に鍋。
粥とは言いますが、完全に液状化して粒は残っておりません。

運ばれてきた時点ではまだ冷たし。

05IMG_2317.jpg

ひとり頭2000円チョイだというのに
なかなかいい具材がてんこもりに来ますね!
エビにホタテにイカ、タコ、肉団子

06IMG_2318.jpg

ホンビノス貝にアサリ。
ホンビノス、殻つきだとでけえ!

07IMG_2323.jpg

カニにサザエにホッキ貝。

こんな様子ならテンション上がってしかるべきなんだけど…
ちょっと問題なのは、粥そのものには味ないんですよね。

自家製の海鮮醤、XO醤出してくれるので
それで味をつけるとまぁ美味いんですが

IMG_2330.jpg

…粥の恩恵は何処に?
美味さの根本は海鮮醤な感じなので
なんか釈然としない。

あるいは粥に最初から味をある程度つけておくべきなんじゃないかと思ったり。

ちなみにこちらは鍋の土手に出来上がったおこげを剥がしたもの。
身離れ?がいいな!
この焦げが美味いんだよなぁ。


08IMG_2325.jpg

鍋にレタスというのがいかにも中国ですね。
あとは青菜にえのきにしいたけ。

09IMG_2326.jpg

最後に豚と鶏の薄切り。

10IMG_2331.jpg

最後に自家製の油条、つまり中華式の揚げパンが出て来たのですが
これがなんかえらく美味い。

粥屋にあるカスカスなタイプでなく
お麩とフレンチトーストの中間のような
中身の詰まったもっちりサックリっぷり。

これを鍋に入れて煮こんだら
これがびっくりするくらいに美味い。

11IMG_2334.jpg

というわけでにーさんにーさん、お代わりお願いします!
来たら早々に鍋に放り込む!

12IMG_2337.jpg

グツグツ煮込む!
なんか異様にテンション高くなってまいりました。

薄いと思っていた粥ですが
散々海鮮に野菜に肉に、とエキスを吸わせて育ててきたおかげで
粥がめちゃめちゃ美味しくなっております。

鍋というよりもはやフォンデュ…を通り越して
グラタンというかリッボリータというか
そんな上品なものではない何か。

しかし味は福建の海鮮お好み焼きを遥かに上回る海鮮のダシと味の効いた粥。
ふわとろの揚げパンがめっさうめ~!

育てよ!カユ

13IMG_2338.jpg

揚げパンがなくなってからはおこげが楽しめます。
インドのドーサ、スリランカのホッパのような
パリパリの米粉せんべい

あるいは粘度の高いゲル状の美味い何か。

味の濃縮が進んで海鮮ダシの美味さは更に絶好調。

14IMG_2341.jpg

ほぼ後を残さず完食致しました。
これ鍋の食い終ったあとの風景じゃねーよな!

しかしそうか…この料理
しゃぶしゃぶの方はあくまでダシ取りの前菜であり
最後の揚げパン突っ込んでの粥こそがメインディッシュだったんだよっ!

……いくらなんでもそれはないか。

これどういう食べ方するのが正しい作法だったんだろう?
広州で食べた方教えてプリーズ。

15IMG_2339.jpg

闘い終わった後の甘味が心地よい。
メニューにチーズ入りサツマイモなんてのがあって
ちょっと気になりましたが
油条お替りしてハラ膨れたのでもう入りません。

16IMG_2312.jpg

ヒトサラ店舗ページ
参考ページ

ヒトサラの紹介分だと料理に対する一家言ある感じで
ぶらり途中下車の旅でも多分そんな感じで宣伝されたことと思いますが

正直なところ大型チェーン安居酒屋並にスキありまくりな部分もちらほら。
しかしそれを補って余りあるほど、最後の揚げパン粥は美味かった。

同意してもらいにくい楽しみだとは思うんですが…
我々の意地汚さのレベルがまた上がってしまったなぁ。

テーマ:鍋料理 - ジャンル:グルメ



プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR