オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木町、龍鳳の鶏肉と冬瓜のうま煮
r_DSCF4178.jpg

実は子供の頃は中華料理が苦手でした。
食べると嫌なゲップの出る悪い油と薄い塩醤油の味付け。
ダマになって味のない片栗粉や熱湯さながらで火傷しそうな餡。
きつね色をはるかに通り越しかつ油が抜けてなくてぺっしゃりした揚げ物。

新興団地郡の数少ない中華料理屋でのたまの外食はそんな感じでした。
なんのことはない、今にして考えれば単にマズい料理屋でしか食べたことが
なかったというだけのハナシなんですが…。

そんな幼少期の記憶から長いこと中華を敬遠してたり
友人に連れられて中華の美味しさに目覚めてからも
いわゆる昔ながらの中華には縁遠いいままでした。

r_DSCF4180.jpg

伊勢佐木町のこのお店は老舗で
前から見かけてはいたものの古い佇まいから同様に敬遠していたんですが
最近にわかにここ美味しいよという意見が聞かれるようになりました。

で行ってみたらホントに美味かったわけですよ。
子供の頃にこういうものが食べられていれば…うわーん!
とかやり場のない悔しさが…。

r_DSCF4177.jpg

ランチの週代わりに入ってきた鶏肉と冬瓜のうま煮。
オーソドックスな昔ながらの中華な上、正直地味な料理です。
強烈なパンチも目新しさもない。

日本の家庭料理にも似たやさしい味。
白湯に浮かぶはやわらかく煮込まれた鶏モモと手羽
しっかりと味を吸った冬瓜に白菜に春雨ときくらげ。

なんてホッと出来る味なんだろう。

子供のとき食べたかったとさっき書きましたが
子供の時分じゃこの優しさはわからんかもなぁ。

そしてメインの他にはおしんこと昆布煮と定番の中華スープ。
お味がいいから美しい郷愁を感じさせるなぁ。

店内も年季を感じさせるけどべたついた空気がなくて清潔なのがまた素晴らしいですね。
店員さんも年季が入っているからこそ逆に安心できる空気を纏っています。
ランチ時は結構年配の方々を中心に混んでいますが、さもありなん。

r_DSCF4179.jpg

ランチタイムサービスは普段はコーヒーですが、この日は杏仁豆腐があったので頼みました。
寒天多めの作りなのになんで美味しいんだろう。

乗せられたクコの実がほんのり溶けている汁は
既製品のお決まりの杏仁豆腐の汁とは違ったやわらかさがあって美味しいです。

癒されつつ午後の仕事をがんばろうと思うのでした。

龍鳳ホームページ
参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/10-b3883ce9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR