オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
関内(弁天通)、川香苑の海老のチリソース
r_DSCF8876_20150817163002f01.jpg

関内のディープ系四川料理店の川香苑
ランチメニュー制覇中につきまた行ってきました。

今回はエビチリ。
エビチリは陳建民が作った料理と言われていますが
正確には干焼蝦仁という四川料理を日本向けにアレンジしたものです。

こちらのランチメニューでの中国語の表記が干焼蝦仁だったので
本来の料理が楽しめるのかな?

r_DSCF8875.jpg

前菜はレンコンと唐辛子とキクラゲと青菜の冷菜、とザーサイ。
辛さはそう大したものではありませんが、じわじわ効いてくる感じ。

r_DSCF8877.jpg

定番の溶き卵スープも杏仁豆腐も
こちらのお店のものはワンランク上の味です。

いい味わいのスープにとぅるんとぅるんの杏仁。

r_DSCF8878_20150817162957439.jpg

エビチリはということこんな感じ。

たっぷりのぷりぷりの海老に
タマネギ、枝豆、クワイと一緒に加熱したもの。

干焼というのは、加熱して水気を飛ばす、みたいな意味合いっぽいです。

r_DSCF8879_20150817162959262.jpg

しかし味つけは予想外に酸味が強いです。
酢豚に唐辛子加えたような、酸っぱ辛い味。
ちょっとビックリです。

自分の知るエビチリとはだいぶ違うなぁ。

ちなみに夜のメニュー見ると表記は干焼蝦球
蝦仁はむき身の小さいエビだというので

蝦球だとカラ付でもっとでっかいって意味なのかな?

そして汁の赤みがもうちょい強そうだったので
辛さがもうちょい強め…なのかな?

頼んでみないことにはわかりませんが。

参考ページ

お値段のわりにエビはたっぷり
揚げワンタンの皮の皿とかで誤魔化してない
お値打ちなエビチリでした。

しかし酸味の強さは予想外だったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1048-52e25c07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR