オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
能見台、ガネーシュのランチミールズ
r_IMG_0798.jpg

東京のカレー関連のムックが刊行されれば
東京でないのにほぼ必ず取り上げられるこちらのお店、ガネーシュ

前回牡蠣カレー食べて以来ですが
こちら方面に用事があったのでこの機会逃すべからず、と昼に寄ってみました。

お昼まわってきたあたりから込み出して満席に。

ほとんどのお客さんはカレー単品にバスマティライス
そしてラッサムも忘れないという猛者ばかりでしたよ。

r_IMG_0792.jpg

頂いたのはインド式プレートランチのミールズ。
ランチに頂けるカレーのほとんどを一気に味わえる素敵な一皿ですよ。

ライスは料金上増しでバスマティに変更可能ですがあえてジャポニカ米のままで
周りの注文の様子見るに…嗚呼ワタクシにわかでスミマセン。

しかし香りがかなり強いですね。
カレーというより漢方そのもの。

漢方を食事に取り入れたのがカレーと言えなくもないので
まさに医食同源、って実感する香りですよ。

r_IMG_0797.jpg

温泉卵っポイのがついてくるのがちょっと変わってます。
しっかり煮込んでありますけどね。
まぁ卵を半熟だ生だ、なんて食べ方できるのは日本が不思議なんで。

ほんのりスパイシーな味わいだけど
優しい感じなので、これは箸休めになります。

キャベツのボリヤルにココナツチャトニ、タマネギのアチャールは
ミールズを自分好みにカスタマイズするアイテムです。

r_IMG_0796.jpg

南インドではポピュラーなトマトスープのラッサム。
こちらのはカシューナッツと合わせた濃厚なトマトの味
そしてと酸味のバランスがよくて美味です。

キーマはドライカレーどころか
ほとんどそぼろレベルの水分飛ばした作り。

スリランカのボリヤルはモルジブフィッシュとココナッツの削り出しふりかけですが
これはそれを肉でやっているという感じ。

カレーリーフその他の香りと刺激が食欲増進します。

r_IMG_0795.jpg

チキンカレーはたまたまなのか
具に見えたほとんどが骨とローリエとニッキだったのが悲しい。
ナンコツまわりの肉は美味しいですけどね。

タマネギの甘みとスパイシーさのバランスが絶妙。

乾燥させたり挽いて粉にしたものではない
ホールスパイスの香りと刺激がダイレクトに効いて格別です。

…と思ったらマトンカレーは更にその上のレベルだった!
これはベクトル違えど、タイ料理レベルのスパイシーさです。

ホールスパイスの鮮度に拘ってるから出来る芸当だなぁ。

明治時代に歌川貞秀がこれ食べてたら
「その味、鮮烈なり」と評したんじゃないかな。

唐辛子や胡椒頼りではない
多種多様なスパイスが味蕾以外の場所を刺激しまくり。

こんな辛いカレー初めてかも?

さすがにこれだけで一皿食べるのはキツそうだなぁ、と思ったけど
そのうち名残惜しくなってきそうな予感もあります。

r_IMG_0800.jpg

ほとんどのお客さんがリピーターっぽい様子だったけど
これは病み付きになりそうな味だものなぁ。

日をおいた今でも
あの鮮烈な味は忘れられません。

公式ページ
参考ページ

新鮮なスパイスの効いた本格的なインドカレーをメインにしながらも
カニを1匹丸々使ったナンドゥマサラや牡蠣を使ったオイスターマサラ等
いろんな旬の素材を柔軟に取り入れるフットワークの軽さもこちらのお店の魅力です。

変化球ながらも完成度高いですしね。
来年こそは限定期間中にナンドゥマサラ食べに行かなきゃ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1061-6677f701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR