オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、ミーフ・バーのトマトベースのごった煮スープと、ポテトとキャベツの水餃子
r_IMG_1047.jpg

ロシア料理のランチが頂ける貴重なお店ミーフ・バー
まだ食べたとこのない料理が飛び出すのが楽しくてまた行ってきました。

いつものおねーさん、珍しくメガネかけてました。
普段はコンタクトなんだそうで。

r_IMG_1044.jpg

野菜のレイアウトはロシア的だけど
胡麻ドレがコンビニで売ってるような在り来たりな味なのが残念。
おねーさん的にブームなんだろうか?

r_IMG_1048.jpg

メニューにトマトベースのごった煮スープとかいう書き方が出来るくらいには
日本語堪能なんですね~。

これは多分初めて夜に伺った時に食べた
サリャンカのランチバージョンなんじゃないかな。

ボルシチよりも歴史の浅いウクライナ料理なんだそうで。

r_IMG_1051.jpg

細かく切ってくたくたに煮込まれたキャベツ、ニンジン等がたんまり
味のしっかりしたベーコンとトマトで調味されていい塩梅の味です。
肉入りミネストローネ的。

田舎料理っぽい感じがいいなぁ。
スメタナを混ぜてクリーミーにするのがロシア式。

夜食べるとこれにディルなんかの香草や牛肉が入ります。
というわけでこれはランチバージョンなんですね。

r_IMG_1053.jpg

もう一つのポテトとキャベツの水餃子。
見た目は中華の水餃子と似ていますが
調理の仕方はむしろおやきですね。

ボルシチと並んでウクライナを代表する料理のワレニキーと表記するとなんJ語っぽいですが
ヴァレーヌィクと書いた方が発音近いのかな?

皮がもちもちの焼き餃子みたいな料理です。

むしろ何処に水の要素があるのかと思ったら
本来は茹でで食べる方がポピュラーらしいです。

r_IMG_1055.jpg

半分にカットして写そうとしたのですがうまくいかないので
ナイフで上の部分をカットして開帳してみました。

クリーミーなマッシュポテトにベーコンと黒胡椒入り。

添えられたスメタナとケチャップは外につけるより
こうやって開いて中に塗り込んだ方が美味しい感じ。

まぁ、行儀はわるいんじゃないかという気がしますが。

r_IMG_1056.jpg

こちらはキャベツとニンジン入り。
というわけで2種類の具材の組み合わせが楽しめました。

中国東北地方のニラ玉餃子に近い感じです。
大陸は地続きなんだなぁ、と感じる料理でもあります。

r_IMG_1060.jpg

デザートのクレープはラズベリーソースがけ。
程よい甘みと酸味で好みの味。

クレープがちょっとだけオイリーなのがロシア流なのな?

公式ページ
参考ページ

お昼に伺うにはちょい距離がありますが
腹ごなしに少し長く歩くのにいい季節です。

今のうちにしっかりロシア料理頂いておこう。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ロシア料理 - ジャンル:グルメ

コメント
ボルシチは
ボルシチ(ボルシュ)の赤はビーツですよね。寒い時期の食べ物だろうし。
ウクライナにトマトというルートは、バルカン(トルコ)経由なんじゃないかなぁと思います。

ウクライナはポーランド位の緯度だから、トマトも採れるんでしょうね。
[2015/10/22 23:04] URL | つちころり #- [ 編集 ]

トマトって食用の歴史浅いのに
世界中の料理にずいぶん影響を与えましたよね。
植物の「美味しい」は種の繁栄に大きな役割を持つのだと改めて感じます。
[2015/10/23 21:52] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1080-2a1b094c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR