オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、華錦飯店にて魚介三昧
r_IMG_6214.jpg

宴会の人数が揃いそうだったので中華街へ
更に大師兄も来られるということで
気分大きめになって華錦飯店で食おうということになりました。

r_IMG_6198.jpg

大師兄とは香港の南丫島の水上レストランで海鮮食べた仲ですから!

さすがにこちらは生簀ではないですが
魚屋の店先で獲物を選んで調理してもらえるというのは
きっと楽しんでもらえると。

人数多いもんだからカネのこと気にせず皆我がままに注文し放題だ!

r_IMG_6202.jpg

先にピータン豆腐。

r_IMG_6200.jpg

このサイズの海老は多分中華街でも一番安く頂けるんじゃないかと思います。
そのまま食べても美味しいですし
ニンニク醤油ダレを出してくれるので
それをつけてもまた美味し。

r_IMG_6207.jpg

今回は初っ端から紹興酒。
ザラメと話梅出してくれるので、梅入れてみました。

r_IMG_6204.jpg

念願のマテ貝!
海岸で採れる竹ヘラみたいな2枚貝です。
これなかなかお目にかかれないんだよね。

r_IMG_6208.jpg

1枚でこの十分なボリューム。
揚げて香味野菜を乗せた調理。

びにょーんと伸びる身。
旬にはちょっぴり早いけど、それでも美味いですよ~。

r_IMG_6213.jpg

牡蠣はいつもの通り福建風のお好み焼きにして頂きました。
そしてピータン豆腐にはピータンが足りない、とピータン単品でも頼んでたり。

r_IMG_6215.jpg

蒸し魚にしてもらったのが何だって言ったかな
グチだったっけか?
コウギョの仲間だと言ってたんですが
香魚だとアユだし、煌魚だとチョウザメだし、公魚だとワカサギだし
黄魚?

イシモチがむっちりしている身なのと違って
こちらはとろーんと柔らかい食感。

香味醤油ダレの味がまたたまらん!
もちろんご飯を出してもらってたっぷり汁吸わせて頂きました。

r_IMG_6218.jpg

こちらはコチの煮付け。
煮付けとはいうけど
日本のとは違って焼きと煮るの中間くらいの感じ。

中華の紅焼という調理法に近いものなんじゃないかな?
店長曰く田舎料理なんだそうです。

見た目は深海魚だけど、身がかなりしっかり詰まってます。
普通こういう切り身って1皿1つなイメージなので
こんだけ切り身ごろんごろんなのは新鮮です。

r_IMG_6221.jpg

そしてあなごのフリッター。
店先で見事な大きさの物を選んだので
揚げると更にボリューム増して凄いことになってます。

r_IMG_6226.jpg

ぷりんぷりんの身とサックサクの衣の間には紅麹がつけてあります。

砂泥に住む魚だから臭みを取るために生まれた調理法ですが
紅麹の独特の風味と塩気が非凡な味わいになっていてサイコーに美味い!

r_IMG_6227.jpg

スープを頼むのを忘れていたわい、と海鮮とろみスープを
魚介ダシと生姜の味で体が暖まります。

r_IMG_6229.jpg

トドメの一撃!
海鮮汁ソバ。
こちらも魚介の旨味が濃縮された汁に浸かった麺が美味いこと。

参考ページ

こちら支店がオープンしたので
サービスの質が分散されることになるんじゃ、と心配しておりましたが
どうやら杞憂のようです。

接客上手のおねーさんはいませんでしたが
初めて見る中国の訛りの抜けきってないにーさんは丁寧で誠実な接客でした。

ともあれやはりこちらの醍醐味は魚屋で選んで調理頼むことですね。
魚屋料理店兼業の店長さんのアドバイスもあるので
初めて頼まれる方でもきっと楽しめるんじゃないかなーと。

蒸し魚とかは人数必要ですけどね。

でも6人こんだけ大物食って
紹興酒は3年もの2本にビール、ソフトドリンクで
1人アタマ5000円越えません。

南丫島や西貢と違ってぼったくられる心配もないし(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

私も週末行ってきたばかりですが、次に頼む品の勉強になりました。
ゆでじゃなくて蒸し海老、今度つくってもらおうっと。アナゴのフリッターや煮つけもいいですね。メモメモ・・・
[2016/02/08 20:19] URL | るる♪ #CjlWd7YA [ 編集 ]

清蒸鮮魚
ものすごく美味しいですよね、ここの。
でもなぜか、香菜は頑なにないんだよなぁ。福建では使わないんですかねぇ。
[2016/02/08 23:00] URL | つちころり #- [ 編集 ]


 蒸し物の魚はなんだっけ?
 後で末弟が情報を寄せてくれる事でしょう。

 同じ漢字文化圏ですが、あちらとこちらの生物層の違いなのでしょうか漢字名で判断すると結構吃驚させられる事があります。
 例を出すと件の香魚ですが日本ではご存知のとおり鮎。ではあちらの鮎はと言えばナマズを指します。鯰の字は和製漢字だと聞きました。

 アナゴは紅麹と聞いて決定。如何にも福建らしい料理じゃないですか。
 コチはこれ広東料理だと揚げてから濃い目にしっかりとニンニクと一緒に煮付けるんじゃないかなと思いながら食べてました。
 知らない場所の郷土料理ってワクワクしますよね。

 南丫島や西貢もそうぼったくったりはしませんけど、注意してないと死んだ材料使って来たり。まったく油断大敵ですよぅ。

 あの日、いつものお姉さんお休みだったのかな。予約時に応対してくれたみたいですが、声がすごくかわいいのね。電話通してはじめて気づきました。
[2016/02/08 23:03] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]

欲望にリミッターかけない仲間がいると
こういう時に非常にありがたいです(笑)

あなごのフリッターは中華だと普通かなと思ったら
紅麹付だったりしましたから。

この調子で中国の地方料理の真髄に触れられてくといいなぁ。
[2016/02/09 00:07] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

いやまったくナゾですなぁ
確かに福建料理で香菜を今のところ見たことないような気も。
うーむ。
[2016/02/09 00:14] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

未だ思い出せませんが
柔らかい身が非常においしゅうございました。

ぼったくりというか「アワビ、アワビ」と言われたりとか
品数増やされたりとかはありますよね。
その分には美味しいからいいんだけど。

お姉さん、日曜夜でいらっしゃらないのなら、支店の方に異動してるのかなと思いましたが
そういうわけでもないのか。
[2016/02/09 00:20] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

ゴメンなさい
蒸しでなく茹でだったかも。
[2016/02/09 00:22] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


◇香菜
 いわれてみるとそうかもしんない。でもパセリの代わりに添えてあった気もしたり。
 こんどよく注意してみます。

◇清蒸魚
 最初の訪問時に香菜が載っていないので尋ねたところ、「福建式は香菜を載せない」とのお話を店長さんがしてくださいました。その時に広東式、浙江式との違いもお話もしていただいたのですが忘れてしまったよ。ダメダメですな。
 あたしは香菜と葱をしこたま載せてご飯と食べるのが好きです。

◇白灼蝦
 「茹で海老」とか「海老の湯引き」とかの名称で知られていますが、蒸すか茹でるかはお店の方針なんでないかと。
 西貢での唯一の目撃例は蒸しでした。皿に海老並べて金属のふた載せて蒸したらそのまま提供。フタがある時はきっと蒸しですね。
 「へぇー、実は蒸してたんだ」と感心したのですが、また別のお店では塩茹でしたのか塩味が強い。あとは海水産と淡水産の違いとかあるかも知れませんね。
[2016/02/09 02:39] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]


私はてっきり蒸しの方が
コイチだと思っていました。
http://www.zukan-bouz.com/suzuki2/nibe/koiti.html

で煮付けの方は赤くてビロンとしてたのでコチ系かと思ってました
[2016/02/09 02:43] URL | #- [ 編集 ]

おねえさん
あの二人がどっちに出ているのか、それが問題ですね。。。
そちらに行きたいです。
[2016/02/09 08:04] URL | 酔華 #ddR3FFao [ 編集 ]

いつものことですが
飲み食いで浮かれて間に結構大事なことを失念していますなー。

メモもとった方がいいだろうかと思いつつ
そこまでするのもどうだろう、と堂々巡り中です。
[2016/02/09 21:17] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

お、見た目近いですね
コイチ…別名にグチとありますから、記憶に合致するような気がします。

煮付けの方はコチで間違いないです。
見るからに底生魚な姿を魚屋で拝みましたから。

コメントどうもありがとうございます。
[2016/02/09 21:25] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

おねーさん
はい、すっっっごく気持ちわかります。
しかし一番それを確認しやすいところにいるのも酔華さんですよね(笑)
[2016/02/09 21:29] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1186-9c997cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR