オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、ビオッツァの自家製チョリソが入ったカジョスほか
01r_IMG_7186.jpg

フラテッロが石川町に移転した後に入ってきたお店。

バスク料理専門店という珍しいジャンルなこともあって
開店から注目してはいたんですが
1人で入るには少々敷居高いかな~

なんて思ってるうちにもう1年が過ぎ…。

ようやく重い腰を上げて宿題を片付けにかかることにしました。

02r_IMG_7171.jpg

フラテッロの時と概ね変わらない店内。
オーナーシェフ1人でまわすには広くないかなぁ、と思ったら
後から女性店員一人…奥様かな?がいらっしゃいました。

バスク地方はスペインとフランスにまたがった場所にあり
どちらとも微妙に違う料理が生まれ発展してきたのだといいます。

あんまし詳しくはないんですけどね。
でも未知の味、とっても気になります。

03r_IMG_7172.jpg

こちらは黒板のおすすめメニュー。
ヒコイワシのビ…ビ…
殿はショウ・ザマのビルバインがやる!

じゃなくて!
ビルバイーナってバスクの中のビルバオって都風の料理のことらしいです。

04r_IMG_7174.jpg

とりあえずはカヴァから
ヴィーニャ・マルティナ・ブリュットというスパークリング。

おぅ、スパークリングなのに結構強いですよこれ。

05r_IMG_7177.jpg

こちらのお店はシートチャージ有りですが
こんなタパス、前菜がついてきます。

パテはカレイ。
こんなペースト状にしてもしっかりカレイの味が感じられます。
しかもパンの下にはみ出すくらいにたっぷり。

バスク式のオムレツをバスク・オムと言い…ません。
なめらかな卵とほこほこじゃかいもの美味しいスパニッシュオムレツ。

手前はオリーブと青唐辛子の酢漬けとアンチョビを串に刺した前菜。
パンついてないからピンチョスではないんだよな。

唐辛子が酸っぱいので一口で頂いてください、とのこと。
青唐辛子とはいいつつ辛さは皆無。
オリーブとアンチョビの塩気と酢の酸味がたまらんなぁ。

06r_IMG_7178.jpg

で、こちらがヒコイワシのビルバイーナ。
ニンニクとオイルで焼いたもので
油も一緒に頂ける料理なのでバゲットもどうですかと言われてお願いしました。

…アヒージョとどう違うんだろう?と思ったらココット焼きでなく
フライパンで焼いて皿出しなんですね。

07r_IMG_7180.jpg

香草と油ひたひたに焼かれたガーリックと
パリッと焼かれたひこいわし。

アンチョビの原料でもあるわけで
これはつまみに非常によいお味です。
骨のパリパリ感も含めていい感じ。

油吸わせたバゲットもね!

09r_IMG_7187.jpg

カジョスを頂いてみました。
カジョスはスペインのモツ煮料理。

通常スペイン式だとトマトとワインで煮込むものですが
…これなんだろう? めちゃめちゃ美味しいんだけど。

でも味の系統が自分の中にある味覚で該当するものを見つけるのが難しい。
とても奥深い味。

08r_IMG_7185.jpg

カジョスに合わせて赤、フラビウムを。

軽くて果実感強しとのことでしたが
モツ煮に合わせるにはちょい酸味が強かったかな。
これは失敗。

ワインはシロウトなんじゃよ私。

10r_IMG_7188.jpg

さて、わかんない時はとっとと種明かし聞いてしまおう。

ハチノスとひよこ豆は見てわかりますが
豚足を生ハムのコンソメと香味野菜で煮込んだのがダシだとメニューから。

味つけはパプリカパウダーの3種混合。
甘めのと辛めのとスモークしたのだったかな?
そこに更にクミン入れるんだそうです。

あー!
言われてみるとなるほど納得。

自分の中でその組み合わせをシミュレーションしてみると
なるほど、こういう味になるわ。
いやー、全く思いつかなかった組み合わせ。

そしてダシに使ってる自家製チョリソーがまたべらぼうに美味い。

11r_IMG_7167.jpg

今回はお一人様ゆえホントに触りだけでしたが
これは間違いない美味しい店です。

チャングーロ(カニのオーブン焼き)とか
バスク式のイカの墨煮とか
食べてみたいものはあったんですが

ここに1品増やすと5000円越すからなぁ。
上級国民ならぬパンピーからすると
もうそれは気軽な1人飲みの範疇越えるんですよね。

公式ページ
参考ページ

こちらのお店はレストランですからね。
バルだったらなぁ。

という我儘を言ってもしょうがないので
道連れを募るしかないですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スペイン料理 - ジャンル:グルメ

コメント
バスク地方といえば
サンセバスチャン、憧れの美食の地です。
実に魅力的ですが、確かに、ちと高い。ポーション少なくしてバルにするか。
でも、本物志向のレストランで行こうという腹なんでしょうね。

ああ、スペイン行きたい。仕事をでっちあげたい。
[2016/03/29 22:55] URL | つちころり #- [ 編集 ]


 件の赤はビエルソ(BIERZO)の固有品種メンシア(MENCIA)から作られたワインですね。ラベルにそう書いてあります。
 ビエルソはポルトガルの北に位置しますのでバスクとは縁の薄い地域ですがスペイン・バスク料理だから気にすんな。
 生き生きとした酸と適度なタンニンのメンシアは自分の好きな品種のひとつですが、これがトマトたっぷりの煮込みだったら好相性だったかも。今回はめぐり合わせがよくなかったようです残念。
[2016/03/30 00:42] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]

レストランとしてきちんと商売が成り立っているのが素晴らしいです
が、バル的に使えると嬉しいなぁ。

しかしあのお店の大きさでバルにすると
客は増えると思いますが、お二人で店まわすのは無理な気がします。
[2016/03/30 20:04] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

スペインでモツ煮込みなら
当然トマトガッツリの煮込みと踏んでいたんですが…。
しかしカジョスめっちゃ美味しかったですよ。

ちなみにグラス赤のもう1つの選択肢は
ロペス・デ・ハロ・クリアンサだったんですが
そちらだったらあってましたかね?
[2016/03/30 20:16] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


 流石に商品名だけ言われても分かりませぬ。なれど「クリアンサ」で大体の当たりがつきますが。

 とりあえずググってみます。
 オーケストラの扱いなら間違いはないでしょう。
 品種的にもリオハワインの鉄板ですし、クリアンサなのでしっかりと熟成させてから出荷しています。フラビウムよりも甘みとトロみが強い、やや濃厚な味わいだろうと予想できます。
 産地であるリオハはバスク州にもまたがっているので「バスクでなくっちゃダメだんだ!」であるならこちらが理想だったかもしれませんね。

 でもメンシアおいしいのにメンシア。きっといつか好きになりますって。
[2016/03/31 23:17] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]

写りの悪い写真から見ると
Tempranillo Garnacha Gracianoと読めます。

メンシアは野菜やフルーツベースのソースで作った料理ならあってた気がします。
豚足ベースのカジョスとはちょっと相性が…、と。

美味しいワインだったとは思いますが
お子様舌な私からすると酒は料理の添え物なんですわ。
[2016/04/01 21:06] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


> Tempranillo Garnacha Graciano
 それがブドウ品種名です。順にテンプラリーニョ、ガルナッチャ、グラシアーノ。おそらく使用量は順の通り。リオハでのメジャーさ加減も順の通りです。特にテンプラニーリョはリオハを代表する品種と呼んでも差し支えはないでしょう。

 酒が主なのか従なのかは人それぞれですが、自分に取ってはどちらも主ですね。
[2016/04/15 01:29] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]

さすが本職詳しいですな
両方均等に楽しめるのがいちばんオトクだと思いますが
ワタシはまだそのレベルまで辿り着いておりませぬ。
[2016/04/15 22:48] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1236-aa9bef92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR