オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、東北人家の豚バラとじゃが芋のキムチ炒め
r_DSCF6231.jpg

こちらのお店は去年のゴールデンウィーク後の開店という
比較的新しいお店です。

名前が示すとおり中国東北地方料理を得意とする
中華街では稀有なお店ということで
開店時から一部注目の的でした。

中華人民共和国が成立時に朝鮮族の自治州となった
延辺地方の料理を扱っています。

そんな経緯で中華と韓国料理の中間のような特徴なんですですよね。

伊勢佐木町界隈では延明やら青香延があるので
そちらをご存知の方はまったく馴染みがないわけでもないと思います。

r_DSCF6229.jpg

さて開店当時は平板な中華料理ばかりだったり
東北地方料理を含むお得なランチは平日のみだったのですが
最近は休日でも頂けるのがありがたいです。

何を食べよう…。
極太麺のやきそばも気になる。
キムチ炒めねぇ…普通な気もする。

典型的な東北地方料理の
インゲンじゃが芋豚の醤油炒めも捨てがたいけど

でもあえて今回は豚バラとじゃがいものキムチ炒め
中国語だと辣白菜炒土豆、を注文しよう。

r_DSCF6230.jpg

新メニューが追加されたので撮っておきました。
ラム肉の土鍋煮込みラーメンとか気になる!

r_DSCF6232.jpg

さて来ましたよー。
白菜の漬物にわかめとたまごのスープがついてきます。

r_DSCF6235.jpg

この一見タケノコのスライスに見えるものは
もちろんじゃがいもです。
実はえらい量じゃないか?これ…

辛そうな赤い色合いですが
韓国料理のキムチポックムのような色合いとは違います。
さてお味は…。

r_DSCF6233.jpg

うん、うまい!
これ頼んで正解!

油の感じも風味も、ぜんぜん韓国のキムチ炒めとは違います。

云うなれば韓国の場合はですね

キムチのパワーを信じろ!
全ての食材をキムチの支配下に置くのだ!

って料理なんです。

こちらのキムチ炒めは

辣醤とかニンニク等の調味料も使った上で
更に風味を豊かにするためにキムチを登用している感じです。

ベクトルがまるで違うわけですよ。
複数の文化圏が混在する土地で生まれたからの料理なんですね。

いやぁ、しかしひたすらイモ、ひたすらイモです。
ドイツ人並にじゃがいも食いまくる料理です。
それでも風味が複雑でぜんぜん飽きずいただけるのがいい。

美味しかったです。

r_DSCF6236.jpg

小ぶりな杏仁豆腐がついてきます。
口の中をさっぱりとして
ご馳走様でした。

r_DSCF1994.jpg

ちなみにこちらは去年夏にいただいた
羊とダイコンの煮込み。
ちょっと味的なパンチが弱かったのが残念でしたが
今回の料理はとても美味しかったです。

r_DSCF6228.jpg

店内に村長室と書かれたドアがあるのですが
……トイレだったか。

若い店員さんの接客態度にちょっとだけ不安があるけど
そこはまぁ目を瞑ろう…。

前述した延明や青香延でも見かけない料理があるので
その辺食べに来たいです。

参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/135-78bca009
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR