オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
アフリカンフェスティバルよこはま2013と大岡川桜祭り2日目
r_DSCF6511.jpg

昨日に引き続いてまたアフリカンフェスティバル
大岡川桜祭りをハシゴして参りましたので
ご紹介したいと思います。

r_DSCF6529.jpg

昨日の暴風雨は何処へやら。
気持ちの良いピーカンの晴天。
風は時々強いけど気持ちのいい過ごしやすい休日です。

r_DSCF6513.jpg

というわけでまずは赤レンガから。

開始が11時と遅いこともあってか
開場直前はちょっぴり行列ができていました。

ステージはパーカッショニストの
ムクナ・チャカシゥンバさん率いるコンゴのグループ。

ジャズギターやサックスも絡めて
ジャズとレゲエが先祖帰りしたような民族色豊かな
面白い音楽でした。

r_DSCF6526.jpg

こちらは打楽器ジャンベのワークショップ。
と、この辺で時間を潰しつつ
フードコートの料理の準備ができるのを待ちました。

r_DSCF6505.jpg

早速昨日のリターンマッチとばかりにアンゴラブースへ。
牛テールの煮込みをいちばんに頂きました。

r_DSCF6506.jpg

ごろごろ入っている牛テールはとぅるんとぅるんに
やわらかく煮込まれて
脂ものってすんげー美味いですよ!

うん、今日来てよかった!
このためだけにわざわざ足運んだ甲斐がありました。

これまたやわらかく煮込まれたオニオンと
西洋料理的な上品な味のトマトソースがまた美味い。

ご夫人の趣味のレベルは遥かに超えてます。
ホテルの料理長とかやっていてもおかしくない腕前ですよ。

r_DSCF6510.jpg

こちらは同じくアンゴラ大使館ブースの
白身魚のパーム油炒めと書かれてましたが
フライですね。
白身の魚なんだけどシャケのフライみたいでした。

添えられているライスは先ほどのと違って
ニンジンやレモンと炊き合わせてあります。
この酸味がまたフライと合うんです。

そして野菜はオクラのシチュー。
モロヘイヤのようにとろみが十二分に出た調理具合。
だけど不快でなく、日本料理にも似た
しっとりやわらかな出来上がりです。

r_DSCF6512.jpg

オーヴィレッジのローストポーク。
うん、普通(?)アフリカ料理ってこんな見た目だよね。

外見からは美味いのかマズイのかよくわからない。
強烈な個性の味に負けそうだったり
あるいはハマってしまう味だったり。

火はしっかり通ってるけど骨付き豚の甘みが感じられました。
骨ついてるのに、むしろチャーシューっぽくて。

添えられてるマンダジ(アフリカ式揚げドーナツ)は
やはり微妙に甘いけど
辛いソースと合わさるとまた美味しいです。


r_DSCF6532.jpg

気が済んだので
陽気に誘われそのまま大岡川へ。

日の出町側にフリマが出ており
音楽の演奏も例年通り。

まぁ、飲食店はぜんぜんでしたけどね。

r_DSCF6534.jpg

秀武館ではこれまた例年通り
甘酒と田楽を売っていました。

r_DSCF6535.jpg

毎年の定番、甘酒をいただきます。
ここのは甘さより塩の方が前に出ている感じ。

むしろ、甘さなくして粕汁としていただきたい気もします。
豚バラやダイコンと食べたら美味しそう。

甘酒を頂きながら歩いていくと
桜祭り中止の看板が……

日の出町側と黄金町川で統制がとれてないってことなんでしょうか?

ちなみに町内会は土壇場まで準備してたけど
中止になったため
大鍋で煮込んでいた豚汁が全部無駄になったとか
近所のおばさまがおっしゃっておりました。

なんかホントに裏目裏目ですねぇ、今年は。

r_DSCF6558.jpg

というわけでまたもや初音町春祭りへ。
本日は陽気のせいか昨日の3倍くらい人が来てました。

r_DSCF6540.jpg

ヨコハマハムのハム盛り合わせの方をチョイス。
5種類のハムとベーコン、リエットが紙皿からはみ出る盛り方。
どれもホントに美味しかったですよ!

r_DSCF6552.jpg

二代目カフェスターではスコーンやらカレーを売っていました。
キーマカレーを試してみました。

r_DSCF6554.jpg

値段の割に多めに盛ってあります。
キーマカレーというよりドライカレー的でした。
たくさんの挽肉と更に同量のたんまり刻み野菜。
これがいい感じの食感で
ほどよいスパイシーさ加減。

濃い目のターメリックライスと相性抜群で美味しかったです。
こちらのメニューは土日に出ることもあるみたいなので
覚えておこう。

r_DSCF6541.jpg

できることなら〆は桜そば、といきたかったのです。
今日は麺コミュニティセンター開いてるかな?開いてるかな?
開いてた!!

r_DSCF6544.jpg

実は先週桜が散る前に、とコッソリやってたみたいなんですけど
本日も少量売り切りでやってました。

しかも少量なんで全部手打ちですよ!
打ってるのを目の前にして中でゆるりといただけます。

r_DSCF6545.jpg

小量なおかげか
例年より桜色分強し!
そして蒸篭にのせられた茹でたてそばからも
ほのかーに桜の香り。

r_DSCF6547.jpg

うん。やっぱ手打ちはコシが段違いです!
噛み応え、喉越しの違いは素人にもわかりますよ。
来てよかった~。
例年以上に美味しいのをいただけるとはラッキーです!

r_DSCF6550.jpg

逆に、蕎麦湯は今年はイマイチ桜の香り薄め。
あれですかね?

手打ちだと湯で加減が違ったりとかで
麺から香りが抜けにくいとか
そういうことなのかしら?

例年はそばとそば湯が等価なカンジでしたが
今年はそばが主、そば湯が従でした。

と、ここで〆ですが
お土産に持ち帰った品紹介。

r_DSCF6572.jpg

アルジェリアブースのクスクスサラダ。
レモンと酢の酸味がさわやかにしめてくれていいお味。

キッシュやらギモーヴやらも売っていて
どちらも見覚えのある見た目でした。
ワールドフェスタ常連のフランスブースのとこの店ですね。

ちなみにブラン・ド・ミュゲというフランス料理のお店とのことでした。
登録してある姉妹店のル・ジャルダン・ゴロワの方じゃないんですね。

r_DSCF6571.jpg

タンザニアブースのキーマカバブとマンダジのセット。
カバブは挽肉がかなりきめ細かく挽いてあって
それが揚げてあるアフリカ版メンチカツという感じですね。
でも油っこくないのでさっぱりしていて美味しいです。

マンダジはレンジで温めたらもふもふの食感で美味しかったです。
温かいドーナツっていうのもアリだな。

r_DSCF6575.jpg

そしてアンゴラブースのバナナケーキとピーナッツケーキ。
バナナはしっとり系のパンケーキで
ほどよい甘さとプディングのようなバナナと相まって
これまた美味しかったです。

……が、ピーナッツケーキは………。
これはちょっと異文化過ぎました。

ピーナッツバターにも似た甘さなんだけど
同時に塩辛く
更に唐辛子の辛さも強く

パンケーキといえばパンケーキなんだけど
ピーナッツの含有量がえらい多め。
砕いた大量のピーナッツが口の中の水分を奪って
ヌガーのように口の中に滞留充満。

水の助けを借りないと口の中から喉に動かず
…コレ水の貴重な国で食べたら
窒息する人出るんじゃないだろうか?

もしゃもしゃ食べちゃいけなくて
実は一つまみくらいにちぎって
ちょびちょび食べるものなのかなぁ?

日本に餅という毎年窒息者を出す食べ物がありますが
餅とピーナッツケーキで交流を図っても
お互い分かり合えない気がするなぁ…。


さて、少し前に春先のフードイベント情報を載せましたが
その時は知らなかったまた新たな情報

今月26日から5月6日までの間
赤レンガ倉庫にテントを出して
ヨコハマ フリューリングス フェストという
ドイツの春祭りを行うそうです。

去年の春なのにオクトバーフェスティバルとは違うのかな?
こちらも様子見てみたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/148-4dab6d27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR