オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
浅草橋、ジョンティのシュークルトほか
r_IMG_7251.jpg

2016年身内の今年最後の忘年会は浅草のアルザス料理店、ジョンティで行いました。
前半で既に暴虐の限りを尽くしてますが
まだまだ宴は終わらない。

r_IMG_7245_2016121215361929a.jpg

既にマンステールチーズを頼んでいるからにはゲヴェルツトラミネールだ!
ということで、確かにクミンに合いますよ、このワイン。

だからカレーにも合うんだ、という話が。
いや今カレーは食べませんが。

ライチの香り、胡椒の香り、などと言われますが
どちらかというと柑橘系っぽいような?

香りがめちゃめちゃよく
あと爽やかかつ濃密な甘さ加減が美味い。
ほとんどデザートワイン

むしろこのワインでゼリーとか作って欲しいです。

r_IMG_7246.jpg

前回も頼んだけど塩豚とレンズ豆の煮こみ
これも主に塩と豚の脂気だけで十分にご馳走、という見本のような
シンプルながら旨味溢れる料理。

r_IMG_7247.jpg

脂身側と反対側から見るともはや別料理。
ともあれとろとろの口解けの肉と
塩と脂ののったレンズ豆だけで最高!

r_IMG_7249.jpg

シュークルトはもちろんキャベツ増量で。

ベーコンのような脂をたたえた豚バラに
発酵したキャベツの軽い酸味に
ソーセージの熟成味

こちらもそれを受け止めるじゃがいもの存在が頼もしい。

r_IMG_7253_20161212153615254.jpg

肉から溢れ出た旨味がまた肉に戻ってくる感じの煮込み
数々の素材の味わいが混然一体となった汁がまた美味くてですね。

r_IMG_7257_2016121215361531a.jpg

4本目はドメーヌ・ローヴ、アルテンベルグ・ド・ベルグビーテン
いわゆるペトロール香と言われる、ちょっと灯油っぽい香りのあるタイプ。
でも外気に触れてしばらく経つとちょっぴりまろやかになってきます。

r_IMG_7258.jpg

さて、ラストはアルザスならではの料理、ベッコフです。
でっかいココットのフタはパンでキッチリ止めるというのが特徴の一つ。

その昔アルザスで女性が川に洗濯に行くとき
あるいは教会に行く日
前の日に仕込んでおいた鍋を馴染みのパン屋に預けておいて

パン屋は余りのパンでフタを閉じて
パンを焼き終わった窯の余熱で煮込んだという
生活の知恵的な持ちつ持たれつの関係から生まれた料理だそうです。

r_IMG_7259.jpg

フタをあけたらまたクミンをまぶしたジャガイモで
二重にフタをしているのが面白いですね。

r_IMG_7260.jpg

鶏豚取り混ぜてほろっほろに煮込まれてて
まぁシュークルトや塩豚煮込みと内容被ってるといえば被ってるんだけど
こちらもシンプルな味つけながら
食材の旨味の循環が活きてる感じで
しみじみと美味いです。

昔のアルザスの生活が溢れ出るようなエピソードが
またいいスパイスになって料理を楽しめるようです。

r_IMG_7269_20161212153730e3b.jpg

そしてまたデザートを上から順に全部一つずつ、で〆るわけです。
フォレノワール、プリン、クリーブリュレ、グラス・オ・マール

ワイン版の酒粕ケーキ的なグラス・オマールは
前ほどむせ返るほどの酒の強さは感じない気が
…するのは酔ってるせいかもしれないな。
美味すぎる。

r_IMG_7270.jpg

パン・デピス、タルト、クグロフ。
5人で7つのデザート
もう空族の食卓のような奪い合いで、コーヒーが来る前にほぼ全部なくなる有様でした。

というわけで後半戦も暴虐の限りを尽くしまくりました。

そこそこ高いワインを4本もあけたんで会計も等分したら結構な額にはなったんですが
大師兄がそこは酒はこっちで持つ、と大人の心意気を見せてくれました。
ゴチになります。

ワイン通の大師兄とアニキによると
料理の美味い店でも酒のグレードがそこまで高くなかったり
あった場合も値段が高いということで

どちらのグレードも高く釣り合いつつ
酒の値段が抑えられているお店はそうそうないよ、とのことで

高いワインを買っても飲むのに理由が要るとか
料理と併せてこそのワインだから
カネ出すくらいなんでもない、と剛毅なことをおっしゃる。

ワイン通にはワイン通なりの悩みがあるんですね。

参考ページ
参考ページ

んなカンジで宴会の恥はかき捨て、とばかりに欲望のまま突き進んだのですが
なんか上客として扱って頂いてる…みたい?
今日びビンテージ寄りのワインとかガバガバ飲んでくれるお客もそういないだろうから…かなぁ。

とはいえ、それは大師兄ら男気あってのことですので
改めて感謝しなくては、です。

ゲヴェルツ美味かったっす。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フレンチ - ジャンル:グルメ

コメント
まさに肉祭り
いやどれもこれも実にうまそう。
アルザス料理って、ドイツ料理がフランス寄りになったのか、
フランス料理がドイツ寄りになったのか、まあ両方ですが。
とても魅力的ですよね。
[2016/12/14 23:11] URL | つちころり #- [ 編集 ]

異なる文化の溶け合う地だからこそ
生まれる料理もまたエキゾチック
豪胆かつ洗練という相反する要素を併せ持ってるのがステキです。

こちらランチもやってるんですよね。
アルザス料理をお昼に…というのも贅沢…食べに行きたいなぁ。
[2016/12/15 21:32] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1493-fb548488
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR