オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、天龍菜館のおまかせコース その2
DSCF6587_R.jpg

昨年末ぶりに中華街最後の秘境天龍菜館を訪れました。
秘境と云えど開拓が進み、昔に比べれば秘境度は落ちたわけですが

…ああ、そういえばトイレが使えるようになったのも大きいですね。
警察署を挟んで反対側にある公衆トイレまで行くのは面倒ですもの。
って、飲食店の記事で真っ先にする話題じゃないっすね…失礼。

訪れてみると、このお店には似つかわしくない
洒落た黒いカジュアルスーツを着たおっちゃんがお出迎え。
若い人から店番変えたのかな?

しかし…微妙に先代のシェフに似てます。
お爺様が石仮面かぶって若返ったと言われても信じてしまいそうな。

今回は2000円でお任せにして
あえて量を抑えておいて

予算オーバーになったら新たに追加注文するという
そんな目論見で頼んでおいたのですが
さてどんな塩梅になるのやら。

DSCF6586_R.jpg

壁を見るとまた使い勝手のよさそうなメニューが追加されています。
叉焼飯でなく叉焼蛋飯というあたりが香港出身の料理人らしいチョイスですね。

DSCF6588_R.jpg

いつもの酔っ払い鳥からスタート。
今日は漬かり具合がいつもよりよくて
当たりの日だったみたいです。
酔っ払い鳥なのか蒸し鶏なのかわからない日もたまにあるんで…。

DSCF6589_R.jpg

これがティーソーサー取り皿。
ちなみに飲み食いに来ると
このソーサーの上にビール用のコップが乗せられて
テーブルに置かれます。

洗い方はいつもよりは綺麗だったけど
もう我々も慣れたモンでウェットティッシュ持参です。

DSCF6590_R.jpg

のっけから好物の調理法の揚げ豆腐が来ました。
XO醤と炒めた刻み野菜がもう最高なんですよ!

DSCF6591_R.jpg

続いては焼き小籠包。
肉汁たっぷりで、酢や醤油なくても十分美味しく頂けます。
先程の酔っ払い鳥のタレをキープしておいて漬けるのもまたおいしいです。

DSCF6592_R.jpg

春巻き。
何気にここ点心も美味しいんですよね。

DSCF6593_R.jpg

おーい…大根餅だよ~。
自ら望んで同じ調理法の料理がダブってしまった…
をやったことがありますが、お任せでもダブるんですが。
いや好物だからそれも嬉しいんですけどね。

けど、大根餅をこういう風に揚げて刻み野菜炒めトッピングって
料理の仕方するのは余所で食べたことないです。

DSCF6594_R.jpg

酒のつまみ的な砂肝の煮込み。
これもちょい辛い味がついていて
大根餅同様にビールが進むな~ヤバイ。

しかし、妙にビールが美味い。
温かくなってきたせいもあるんでしょうかね?

DSCF6595_R.jpg

青梗菜とイカの豆鼓炒め。
発酵臭強め、味も濃い目のここの豆鼓炒め大好き!

DSCF6596_R.jpg

何かスープを、とリクエストしたところの
鶏の足のスープです。

DSCF6597_R.jpg

腿から先がでーんスープの中に鎮座居ましてるわけで
滋養が十分染み出ていてうまい!
こういう中華のスープはやっぱり好き!

DSCF6599_R.jpg

海老のピリ辛揚げ。
あははー、お任せでも3品同じ調理法が揃ったよ!
ある意味我々の好みをちゃんと把握しているともいえるわけですが。
しかしやっぱりこれは美味しいのぅ。

DSCF6600_R.jpg

豆苗炒め。
うまいんだがそろそろ箸の運びが鈍くなってるのです。

DSCF6601_R.jpg

本日の炒飯は前よりもパラリとした仕上がりでうまし!
しかし…もう…結構胃袋の余白が…。

DSCF6602_R.jpg

ってところでカニ焼売。

DSCF6603_R.jpg

焼売。

DSCF6604_R.jpg

エビ揚げ餃子、と3種の点心が同時に置かれます。

うわーい!
また頭の中ではゲームのボス連戦のBGMが鳴り響いてきます。
やっぱりこうなるのかー!!

どれも素晴らしく美味いんだが…
こうなると土山しげるの漫画の主人公並みのスキルが要求されるようになってきます。

まぁ、しゃーないということで
残りはおみやげにして持ち帰りです。

DSCF6605_R.jpg

サービスの杏仁豆腐。
今回は苦味少なめの普通の作りでした。
が、生姜を使ってるみたいで
それがいい味になっていました。

DSCF6606_R.jpg

馬鹿の大食いどもを丁寧に送り出してくださる当代シェフ。

しかし…今回は作戦失敗であったようです。
量を抑えること前提に予算下げ気味にして
アラカルト追加という予定で
その旨おっちゃんに伝えてはあったのですが、アレか…

決められた予算内でお客を満腹にさせられないのは
中華の料理人にとっては沽券にかかわると
そういう意識なんですかね?

初めから全品アラカルトにするか

こういうものが食べたいんだけど
そうすると予算はどうなるの?と相談するとか

そんな方法がよかったんではないかと考えるに至りました。

さすがにもう若さに任せて食いまくれるほどの年齢じゃないもんで
美味しいと苦しいは紙一重って…SMじゃあるまいし
そんな楽しみ方は
もう卒業せんといかんワケですよ。

参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華料理 - ジャンル:グルメ

コメント

あらまぁ~ これは美味しそぅな品の数々ですね ♪
2000円という予算なのにすごい量ですし (笑)
ん~ とりあえずは 叉焼蛋飯 をいただきに行ってみます
[2013/04/11 07:52] URL | 小径のヌシ(^-^) #HvhRBukU [ 編集 ]


満腹になってもらおうというシェフの心意気ですわ。
それに応えられるだけの若さがもーないんですけどね。

叉焼蛋飯、いただいたらどんな味か教えてくださいね♪
[2013/04/11 20:50] URL | ミサイル超獣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/151-1f274359
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR