オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
福富町東通、金満楼の干竹の子と豚肉の炒めほか
IMG_4223.jpg

中華系新規開拓。
アニキが福富町に気になるお店があるというので乗ってみました。
美紀のすぐそばの福建料理店。
前も福満楼という福建料理のお店でした。

今はもう美紀もないくなっちゃいましたね。

IMG_4218.jpg

メニューはノーマルな中華の後ろに四川の欄
そしてその後に福建の欄あり。
福満園グループを彷彿とさせるようなレイアウトです。

福建菜ばかり注文したので
おねーさんが大丈夫?と聞いてきました。

聞いてくれるのは有難いですね。
大好きだから本場式でお願いします、と言えますから。

日本人客相手だから気を利かせたつもりで酸筍とか酸菜などの
クセのある素材を控えめにされちゃうのは悲しいですもの。

IMG_4226.jpg

特製醤油漬け盛り合わせ、滷味拼盆。
つまるとこルースイ漬けの前菜盛り合わせです。

予想外にたっぷり乗ってます。
2人で食べるには多いな!

鶏の足にガツに豚耳にレバー。
そのまんまでもしっかり味付いてますが
添えてくれたニンニク蜂蜜唐辛子のソースにつけるとなお美味し。

IMG_4224.jpg

これが食べたかった!
竹の子と豚肉の炒め、笋干炒肉。

コリッとした食感と色合いから
キノコかあるいはマコモ等の菌類っぽい感じさえしますが
これはタケノコ。

タケノコと豚とピーマン、パプリカ、唐辛子を炒めた料理。
燻製のように旨味の凝縮されたやわらかタケノコと肉の脂と油のよく合うこと。

これはご飯欲しくなる料理です。
めちゃウマ。

IMG_4228.jpg

福建なら海苔料理も食べたい、と頼んだのが
岩海苔と豚肉の煮込み、紫菜悶肉。

悶えるの字は、多分火ヘンがつくのが正しい表記だと思います。
煮込みの一種。

見た目はほとんど桃屋のごはんですよですが
もっと素朴な味つけです。
とろんとした海苔に豚肉と唐辛子とニンニクとセロリ入り。

海苔から栄養を取れるのは日本人だけ、なんて言いますが
福建人も普通に食べてるし
イギリスの一部地方では煮込んでパンに塗って食べるところもあるとか。

これもご飯欲しいぜ。

IMG_4231.jpg

丑の日だったからってわけじゃないけど
前から一度食べてみようと思いつつ逃していたうなぎの天ぷらを頼んでみました。

中国語だと炸海鰻。

かりんとうのような揚げ具合は中国、特に福建ならではですね。
ほとんどガヴァドンAの群れだ

IMG_4232.jpg

パリパリの衣の中は
紅麹で赤く染めたうなぎの切り身。

骨も残ってますが
アンコウの骨みたいなヒゲっぽい骨。
フワフワかつむっちりな身の口解けが良いなぁ。

これも先程の前菜と同じような
ニンニク蜂蜜ソースをつけて頂きます。
うま。

IMG_4233.jpg

ボリュームも多めだったので
たった2人だとご飯モノにたどり着けないなぁ、といいつつ

ピーナッツ入り揚げもち餃子
花生餃子をデザートに頼んでたり。

これがまた摩訶不思議な味わい。

IMG_4235.jpg

サツマイモ入りの餅に包まれているのは
砕いたピーナッツと白胡麻と黒糖と芹?パクチー?

そこにカレーっぽいスパイス
丁子とシナモンあたりだと思うのですが
もう我々の舌にはカレーとしか感じられない。

カレーっぽいのに甘い揚げ餅餃子。

そしてモノによってカレー味の濃いもの
サツマイモの風味の強いもの、といろいろ。

皿見ると餃子の大きさが2種あるように見えます。
多分作った人が違ってて
一緒に冷蔵していたんだろうなぁ。

明らかにクセの違いが出てるのが面白い。

IMG_4243.jpg

お店の外に蒸し牡蠣料理の扱いがあることを書いたポスターが貼ってあったのですが
こちらの似顔絵…東神奈川にある山海楼という中華料理店の店長の似顔絵ロゴと一緒!

ローカルな話題で通じる人が少ないかもですが
つまりそこの系列店なのかな?
東神奈川に支店で牡蠣小屋も出してるし
そういう繋がりなんだろうなぁ。

IMG_4217.jpg

中華街だと福満園の本店も
味臨軒もだいぶ洗練されてきたので

伊勢佐木界隈のこの辺りのお店の方が
素朴な福建料理が頂けるのです。

美味しいから、もーちょい認知得てもいいと思うんだけどな
福建料理。

参考ページ

しかし、生ビールはダメでした。
伊勢佐木界隈の他の中華料理屋同様
清掃が甘いらしく味に違和感が。

華隆といい、どうもその辺だけはアカンのですよね。
いずこも料理は美味いのに。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント
山海楼と言えば
ご指摘の牡蠣小屋といい、怪しい商売を神奈川区から港北区にかけて手掛けているイメージですが。
新華僑も抱き込んで、今度は福建料理ですか。しかも割と本場っぽいですね。意外な展開です。
[2017/07/26 22:25] URL | つちころり #- [ 編集 ]


 おお、早速記事になっておる。美味かったのだから仕方がない。

 遅刻しそうなんで急いでたんですよ。ひさしぶりにあの道を通ったんですよ。
 ところが「福建料理」なんて看板が出ている。これは尋常ではない、誰だって足を止めますよ。また表に出してる料理写真が福建推しです。しばし見とれてしまいした、遅刻しそうだったけど。

 客層は福建人華僑を狙っているのか。ただし料理名は日本語表記。そこを解せぬが何はともあれ尋常でないことだけは確か。
 といった次第でお声掛けをさせていただきました。ほかに付き合ってくれるひといないし。

 いやそれにしても美味かった。
 どれも良かったけれど特にあの干し筍は絶品でござんした。これは是非とも布教するべき。こんな美味いもん早々ないね。
 こんなに美味しいのに何故に流行らぬ福建料理。

 人数集めてまた行きましょう、と言いたいのだけれどご無沙汰してるので味臨軒にも行きたいですね。
[2017/07/26 22:53] URL | 奪命流星 #SFo5/nok [ 編集 ]

まだ胃袋若かりし頃は
ランチバイキングのお世話になったりしたこともありました。
中華料理の深層部に触れるにつれ足が遠のいたのですが
よもや10ン年の時を経てまたお世話になろうとは。
[2017/07/26 23:22] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]

数本裏手の雲南菜扱いのあるお店も気になりますな
この界隈、まだ入ったことのない福建系のお店もまだ数軒あったりします。
しかし味臨軒もまた行きたいし、悩ましい。
[2017/07/26 23:30] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/1715-044c3845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR