オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
西蒲田、喜来楽(シライル)の排骨飯ほか
DSCF7346_R.jpg

春先に訪れて以来、すっかり魅せられてしまった
蒲田の素敵な台湾屋台料理屋喜来楽(シライル)で再び宴会の話が持ち上がりました。

今回はお休みの人、地元の人で先にやってるから
来られ次第後から店に合流してくれ、ということに。

02DSCF7329_R.jpg

多少の違いこそあれ
仲間内みんな餓鬼道まっしぐらなメンツです。

ほっといたらすっかり出来上がって料理がなくなってしまうかもしれない!
急げー! とばかりにバーボンロードを通り抜けます。

03DSCF7331_R.jpg

前回は京急蒲田から歩きましたが
後から調べたら
横浜からJR京浜東北線に乗り換えた方が
早いだけでなく運賃も安いことに気づきました。

なんだ、前回はソンしたのか…。
まぁ一度は蒲田要塞見たかったし、その為だったと思えば

04DSCF7332_R.jpg

趣のある飲み屋街を通り抜けた先に
一件の赤提灯のごとくぽっと現れる
目指す先のぱらいそ!

01DSCF7335_R.jpg

やっぱり既に出来上がってるじゃないですかやだー!
メニューにないその日限りの料理もなくなりつつあります。

さて、ビールを注ぐが早いか箸を伸ばすぜー!

05DSCF7334_R.jpg

前回なかったヘチマと鶏団子の煮込みです。
日本人の琴線に触れる優しい味わいですね。
辛ーいタレをかけて頂くのもまたオツです。

と、私が到着してから大体2分おきくらいに
次々メンツが到着します。

差し向かいからスタートして
数分で次のメンツが登場って
それなんてロイヤルランブル
6人で打ち止めだからむしろエリミネーションチェンバー

最後の一人になるまで食い続ける
サバイバルデスマッチの幕開けです。

あ、私の入場曲はI Won't Do What You Tell Meでお願いします。
バドワイザーを2缶あけてガッと一気飲み。
いや、台湾ビールしかないけどね。

06DSCF7336_R.jpg

まずは緑筍から。
クセやえぐみのまったくない美味しい竹の子です。

07DSCF7337_R.jpg

こちらはコブクロ。
すっごいコリッコリで噛むのが楽しくなるほどの食感です。
いいねいいね!
キュウリとニンニクでさっぱりといただきます。

08DSCF7338_R.jpg

またも竹の子の煮物。
このお店でいちばんオススメしたい料理ですね。
ナンコツつきのスペアリブと、挽肉と一緒に煮込んだ料理。
そして煮込んだ汁がまたうまいんだ!

当然の如くルーローハン頼んで汁かけご飯にしちゃいますよ。
お店のオバチャンも私もそれやるよ、美味しいからね、と。

うんオバチャンとは仲良くなれる!
そう確信した!

10DSCF7342_R.jpg

ルーローハンに茶葉卵がどかどかと載っているのが嬉しいですね~。
ご飯スキーがいたので
更に先ほどの煮込みの残り汁用に別のご飯までサービスでいただきました。

素敵なサービスですわ。
たかが茶碗一杯のご飯とあなどるなかれ!
欲しい時に欲しいものが出されることこそ最高のサービスなのですよ!

09DSCF7339_R.jpg

こちらはハラミ。
例の工研烏酢と刻みショウガで味つけています。
ショウガ自体はそんなにピリピリしないです。

味をくどくないようにしたウスターソースと
ホースラディッシュ風のショウガと合わさって
台湾版ローストビーフ的ですね。

ビールがすすむわー。

11DSCF7340_R.jpg

ルーローハンについてきたたくあん。
味が強すぎず、挽肉の汁を吸ったご飯に馴染みます。

12DSCF7341_R.jpg

皮つき豚バラ。
皮のあたりのとろんとろんの肉がたまりません!
これとご飯だけでも十分楽しめそうです。

13DSCF7343_R.jpg

これぞ屋台料理という感じのやきそば。
特別なことはないんだけど
これが美味しいんだなぁ。

14DSCF7344_R.jpg

揚げ焼売。
皮のカリッカリ度がたまらんのです。
安っぽさも含めて好きだなぁ。

15DSCF7345_R.jpg

パイコーハン。
ルーローハーンなどと比べると
ちょっと値が高くなりますが
(といってもそれでよその店並みの値段ということです)

挽肉やら茶葉卵やらたくさん載ってて
もう見た目だけで嬉しい料理です。

16DSCF7347_R.jpg

更にサービスで卵追加。
卵大盤振る舞いですよ。

実は作り過ぎて余らせてたんじゃないの?というくらい。
もうヘビの如く丸呑みしちゃうよ?

あつあつでなおさら美味しい。

17DSCF7348_R.jpg

〆の麺類に大腸麺線。
このとろみスープがまたたまらないですわ。

モツのコクに魚粉の柔らかい風味が合わさって
今まで食べる機会もなかったのに
ソウルフードになりそうな
心にグッとくる味です。

もちろん工研烏酢の風味を加えても美味しいです。

18DSCF7349_R.jpg

ラストに炒飯。
強すぎない胡椒の風味でいい塩梅の味です。

いやー今日も食べ過ぎた。
飲んで騒いだ。

気がついてみればまたバーワン(肉圓)とか食べ損ねた。
でもまた来ればいーじゃん。

お店のおとっちゃん、おばちゃんの笑顔に送り出されて
また近いうちに来ようと思うのでした。

公式ページ
参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:台湾料理 - ジャンル:グルメ

コメント

ここ、気になってるんですよ。蒲田にこんなお店があったとは。家族と行くのはちょっと厳しい感じがするのは気のせいですかね?
[2013/05/03 23:10] URL | 南区のデブぅ #- [ 編集 ]


基本的に屋台の延長的なお店ですけど
料理美味しいし、店の人の人柄も良いので
行ってみれば馴染むんじゃないかなと。

少しずつ家族を慣らしていって
楽しさを共有できるようになるのも
オツなんじゃないかと思いマス。
[2013/05/04 09:15] URL | ミサイル超獣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/173-27776031
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR