オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
高根町、お好み焼きカフェ 叶の豚たまお好み焼き、ネギトッピング
DSCF8092_R.jpg

阪東橋の住宅の中にひょこっと営業している
お好み焼きカフェ叶という不思議なお店
一度伺ってその魅力にあてられて
再びの訪問です。

DSCF8087_R.jpg

広島お好み焼きはそばよりうどんの方がスタンダードだと聞き
今回はうどんで頼んでみました。
更にネギ盛りのトッピングで!

関西のと違い、具は混ぜないで
生地は薄めに敷いておきます。

青海苔や鰹粉をぱっぱと振って
うどんも別に直に鉄板に乗せて焼きます。

DSCF8088_R.jpg

山盛りキャベツとネギ、天カス投入。

DSCF8089_R.jpg

ひっくり返してキャベツも鉄板で焼いて
うどんは崩しておきます。

このあと鍋蓋を被せて少し蒸して
その間に別に卵を白身黄身混ぜて伸ばします。

DSCF8090_R.jpg

卵が焼けてきたらうどん、キャベツと生地を乗せ
ひっくり返したらほぼ出来上がりです。
食べやすいようにこてで切り

DSCF8091_R.jpg

ソースとトッピングのネギをかけて出来上がりです。
終盤は早業なので写真を撮るタイミングが…。

うーん、美味しそー!

確かにこの味、そばよりうどんの方が合うような気がします。
おたふくソースの濃厚な味で食べるうどんは焼うどんともまるでちがいますが
もちもちしてておいしいです!

出来立てアツアツをはふはふ言いながら食べるの最高ですな~。

ずっと関東住まいの人間からすると
このジャンキーさはおやつであるとか
祭りの露店でいただく食べ物という感覚があるんですけど。

広島ではご飯として食べるのが普通
麺を入れて作るのも当たり前。

具と生地の元の小麦粉を混ぜて鉄板で焼くのがスタンダード
で、麺を入れるのはモダン焼きというバリエーション
という大阪式を間接的な知識として知ってはいる。

そのへんの文化圏の違いから来る
カルチャーギャップがなかなか面白いですね。

休憩時間いっぱいまでのんびり
ママさんとお喋りとかして過ごすのも
このお店の醍醐味のひとつ。

ご馳走になりました。

DSCF8094_R.jpg

次はイカ天トッピングしようか
それとも豚の替わりに牛を頼んでみようか

私の食のバリエーションにも
こうしてお好み焼きが食事として
きっちり刻み込まれることと相成りました。

参考ページ

しかしもうじき暑くなりますね~。
いや、もう既にそれなりに暑いんですけど。

冷房がついていないんで
夏に向けて暑くなる一方かもしれません。

建物の向きのお陰で意外に風が抜けて
そんなに暑くはなかったんですが
風のない日は、結構汗だくで頂くことになるかも?
まぁ、それも一興だな!

とはいえ
売り上げよければそのお金で冷房つけるかも
とかいうハナシもあるので
こうして勝手に宣伝して客を増やし
冷房つけてもらおうかと目論んでいるのです。

暑いときはママさん、母屋に避難してる時もあると思うので
迷わず入店してインターホン押しましょう!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:お好み焼き - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/195-b43343bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR