オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
蓬莱町、エミネパールのテュクパ他
r_DSCF9128.jpg

ヒマな時に、近年増えたインド・ネパール系料理のお店の
カレーとタンドリー、ナン以外のメニューについて見比べたりしていました。

カレーならどこでも食べられるし、なんか他に面白そうなもんないかなー、と調べていたら
2年ほど前に開店して一度ランチに行ったっきりのエミネパール
メニュー見たらちゃんとしたネパール料理が結構あるじゃないですか!

モモやチョウメンくらいなら他にも扱っている店はあるんですが
チョエラや何種ものアチャール、セクワ、スクティ

そしてテュクパという聞いたことのない麺料理があるっぽい。
しかもどれも結構安いです!

r_DSCF9123.jpg

取りあえずはチョエラとじゃがいものアチャール
酒のつまみというか前菜というか、そんな扱いの料理を注文。
飲まずに前菜つまむのもアレなんでビールを頼んでみる。

折角なのでネパールのゴルカというビール。
酒飲みでないので、そんなに違いは判らない。

r_DSCF9124.jpg

サービスでパパドが出ました。
パパドってバイキングありのインド料理のお店で
ついでに食べるくらいの印象しかないなぁ。
でもパリパリと酒のつまみにするには丁度いいかもしれない。

てかチョエラもアチャールもつまみのクイックメニューと思ってたんですが
作り置きでなくて一品一品ちゃんと注文受けてから料理してるんですね。
今までフェスとかでしか食べたことないから…。

r_DSCF9125.jpg

チョエラ来た~!
鶏肉も野菜もたっぷりよ!
こんなのがワンコインでおつり来ちゃう!

ネパールフェスなんかで食べて以来すっかり虜になった料理です。
ネパールの祭事料理で肉のスパイス和え的なもの。

インド料理との決定的な味の違いは
特に油の味にあります。

ちょっと韓国料理の和え物に使うごま油に感じが似ていますが
このお店のメニューを見てようやくわかりました。
マスタードオイルなんですね。

これのおかげで辛い一方でなくまろやかな感じもして
とても好みの味になるんですよね。

r_DSCF9127.jpg

こちらはアルコアチャール。
アチャールはインドの漬物を指す言葉です。

しかし何故かネパールでは和え物など含めていろんな料理がアチャールと呼ばれています。
日本人的な感覚でいえば、肉じゃがも漬物、と呼んでいるようなものか。
なんでそんな風になったのは謎。
今度ここの店長さんに聞いてみようか?

それはともかくとして
このカレーポテトサラダも美味しいです。

これもワールドフェスタに出店をしていたネパール料理のブースで食べて以来
すっかり虜なのでございますよ。

でっかい胡麻のようなメティ(馬草の種)がポイント。
インド料理に比べると辛過ぎないほどよいスパイシーさがよいのです。

r_DSCF9129.jpg

取りあえずつまみを食べつつ腹具合を探っておりました。
ホントはセクワというネパール風の焼き鳥も食べようかと狙っていたのですが
思ったより2品の腹持ちがよかったので
メインとして狙っていたテュクパという麺料理を注文。

ぶっちゃけカレーうどんですな。
しかし日本のカレーうどんに比べるとオイリーな感じ。

こちらもマスタードオイルでのばしてるのかな。
本格的なインドの料理ほどではなく
まろやかな感じにのばしてあるので食べやすいです。

見ての通り野菜もたっぷり
お値段も手ごろだし、あえてカレーを注文でなく
カレーうどんのお店に行くのでなく、これをメシに頂くの
結構いい選択肢なんじゃないかと思います。

身近な料理に似ていながらも
こういう独自のエスニック料理って
非日常感が刺激になって美味しく、そして楽しいですね。

r_DSCF9130.jpg

さらにデザートにラルモンというスイーツを。
インド系のフェスで食べたのと基本的には同じタイプですね。
牛乳、小麦粉、豆、ココナッツで作った団子を蜂蜜で浸したもの。

フェスで食べたのは甘すぎて辛かったのですが
これは砂糖の入っていないヨーグルトと頂くので
丁度いい塩梅です。

日本で頂くデザートの多くは汁が甘くて
炭水化物は甘くない場合が多いですが
こちらは逆なのが面白いですね。

r_DSCF9121.jpg

そんなわけで
いろいろとネパール独自の料理をたんまり頂きました。
満足!

2年前にギリシャ料理のスパルタと入れ替わりに開店したお店ですが
実は更にその3年くらい前に中野でネパール料理専門店として開店したものの
苦戦して結局閉店になってしまったという過去があるそうです。

インド料理にした方が商売としてやりやすいとアドバイスされたものの
ネパールの料理がやりたかったので、どうしても納得がいかなかった、とのこと。

こちらに移ってからはいい感じに軌道に乗り
昨年末に戸部に支店も出して、そちらも軌道に乗って
いい2周年を迎えようとしていたところ

つい先日泥棒に入られたそうです。
この2年で一番悲しい出来事だったと仰っておられました。

とまぁ、結構お喋り好きな店長さんなんですな。

中野の時は上手くいかず負のスパイラルにハマっちゃったけど
こっちではいい感じになってたので
気分良くして、お客さんにもっといろいろ美味しいネパールの料理食べてもらいたい、と
下降していた気分を上向きにするため、って考えもあったんでしょうが
始終にこやかに、お客には細やかな気配りを、と頑張っておられました。

昨今ブローカー紛いのインド・ネパール料理店の多い中で
こんな風に頑張っておられる方もいるんですねぇ。

公式フェイスブック
公式ツイッター
参考ページ

さっき書いたのとほぼ同じ内容はブログにも書かれてますね
公式ブログ

また応援したいお店が増えちゃったなぁ。
しかし胃袋も予算も限界はあるんだ。
自分のペースで応援させていただきます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/242-47d175c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR