オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
【特撮イベント】ウルトラマンフェスティバル2013
01r_DSCF0607.jpg

毎年夏に特撮ファンとしては外せないイベントがあります。
7月末から9月1日まで池袋サンシャインシティで開催されている
ウルフェスこと、ウルトラマンフェスティバルです。

当然のことながらお子様向けイベントなんですが
現存する着ぐるみスーツの怪獣やら
ブロップ(特撮で使用されたミニチュアモデル等のこと)が見られる機会でもあるし

新旧のファン全てに訴えかける燃える展開のアトラクションステージは
ぶっちゃけ予算の他いろいろ制約の多いテレビ本編よりも面白かったり

そんなわけで今年も行ってまいりました。

以下また折り曲げますので続きをどうぞ!
02r_DSCF0429.jpg

今年は久々の新しいヒーロー、ウルトラマンギンガを引っさげての開催となります。
現役のテレビシリーズを持つということの強さを改めて知りました。
いや、例年より倍増しのお客さんがいたんだもの、もうビックリですよ。

ちょっと見て回るの大変ではあるんだけど
いつも以上に多くの子供達がウルトラマンを好きになってくれる機会があるのは嬉しいです。

03r_DSCF0426.jpg

ウルトラマン45周年だった一昨年はウルトラマンの全話を振り返る内容
去年は同じくセブンだったのですが
今年は銀河史上最大ウルトラモンスターパーク開園!と名を打ち
可能な限りの大量の怪獣が展示されています。

イラストマップでも昭和後期から平成にかけての
いわゆるあんましメジャーでない怪獣の絵が上がっているのにワクワクですよ。

04r_DSCF0424.jpg

まずは大型のバルタン星人。
分身に使用されているのは旧シリーズのソフビとウルトラアクトの2代目バルタンなので
その大きさがわかるというものです。

05r_DSCF0682.jpg

ウルトラQの『カネゴンの繭』の回のラストシーンの再現ジオラマ。
やっとの思いで人間に戻った金男少年が家に帰ったら
この子にしてこの親有り、銀行の騒動のドサクサに紛れて金をくすねた
父親と母親もカネゴンになってしまっていたというオチのシーンです。

06r_DSCF0436.jpg

こんな風に部分だけの展示の怪獣もいたりします。
実際に着ぐるみを触れる機会も滅多にないので嬉しいですね。
握手にぎにぎ楽しい。

もっとも触らないでと看板に書かれてる着ぐるみに触ってる子供どころか
大人も沢山いるんですけどね……。
去年毛がむしられたベムスターを見たときはちょっと悲しくなりました。

おまえらカネゴンやテツオンみたく怪獣になってしまえ!

07r_DSCF0446.jpg

陸の怪獣パークではしっぽだけのマグラを抱えた80先生とユリアンがお出迎え
人多い…だけど着ぐるみも沢山でワクワク

08r_DSCF0450.jpg

こちらは海の怪獣パークということでウルトラマン対グビラ
後ろにちっこいレイキュバス
シオマネキとウチワエビを併せたようなデザインなだけに
水族館的なディスプレイも似合います。

09r_DSCF0455.jpg

メビウスを苦しめたロボ怪獣のインペライザーと組み合うのは
アニメ番組ザ・ウルトラマンのジョーニアスという面白い組み合わせ。

しかしスーツデザインのセンスが最低だった80年前後の
映画『ウルトラマン怪獣大決戦』で初登場したスーツ版のデザインを
いつまでも踏襲するのはカンベンしてもらいたいもんです。
今の技術ならもっとアニメに近く且つカッコイイデザインに出来るだろうに。

10r_DSCF0466.jpg

ちょ!
何このマイナー怪獣総進撃的な取り合わせ!
グロテス星人、アトランタ星人、アングラモンにアリブンタ
ケンタウルス星人にグラナダス、アンチラ星人にザイゴン

人形劇っぽいデザインで作られてますが
こんなマイナー勢、ふれあいステージで使われたとも思えないし
新規に悪ノリで作ったんだろうか?

ケムール人がちょっと見切れてます。

11r_DSCF0473.jpg

このガメロットは可愛くデザインしてるとゆーのに
本編のスーツよりずっとカッコイイとゆーのはどゆーことだね?

カロリンはともかくサーリン星人ドドル博士は
特撮好きな人ならこの役名に記憶がなくても誰が演じたか丸分かりですね?
仮面ライダーの死神博士でおなじみ天本英世氏です。

12r_DSCF0492.jpg

現存するブロップ、スーツが処狭しと並べてありますが
更に数合わせにバンダイのソフビやらエクスプラス社の大怪獣シリーズの改造品も

でもメシエ星雲人とかオクスターは商品化されてたっけなぁ。
いいなぁ、欲しい。

13r_DSCF0539.jpg

手前のバルタンは初代バルタンの生みの親飯島敏宏氏自ら監督したエピソードの
ウルトラマンマックス版、タイニーバルタン。
20億ものバルタンをウルトラマンに滅ぼさせてしまった贖罪なのか
近年のバルタンは友好的で、なんとバルタンは可愛い女の子…なんです。

隣のミラクル星人はなんと最新版のソフビシリーズのラインナップ入りが決まってます。
ひょっとしてギンガ後半に登場するんでしょうか?

14r_DSCF0554.jpg

ウルトラマンマックスはアングルによっては目つきが微妙。
スラン星人はバルタンを狙ったようなデザインだけどメジャーになれませんでしたね。

15r_DSCF0559.jpg

チキチキマシーン猛レースで知られるハンナバーベラプロダクションで製作された
ウルトラマンUSAの3人が見守るのは
円盤生物デモスにキングトータス親子
そして生まれたてのレオゴンが可愛ええ

16r_DSCF0685.jpg

毎年会場の真ん中を走るウルトラトレイン、今年はウルトラマンですね。
去年のナースはちょっと乗りたかった(笑)

17r_DSCF0570.jpg

空の怪獣ゾーンということで怪獣の飛行形態をイメージしたブロップが沢山飛んでいるかのような展示。
平成怪獣ばっかりですが、カッコイイなぁ。

平成とはいえ当時のものが現存してるとも思えないし綺麗だし
新規に作ったのかな?
それともレストア品?

しかしこれだけ出来の多いのがたくさんあるんだから
映像に撮ってテレビなり映画なりに使うといいと思うんだけどなぁ。

19r_DSCF0595.jpg

破壊されたキングジョーブラックとスカーレットは
大怪獣バトルNEO本編で使用されたものかな?

20r_DSCF0599.jpg

メビウスに登場した新しい円盤生物ロベルガー
東国原知事が声を当てた妙にカッコイイリメイクの施されたバット星人
見切れてるドラゴリーは映像本編で使用されたモノですね。
バックには去年も見かけた展示用のガンダー。

21r_DSCF0614.jpg

ゼラン星人はさすがに復元だと思うけど
L85星人ザッカル、ゴースドン、ズルズラーらウルトラマン80の怪獣のマスクは
もしや当時モノ?
うおおスゲェ!
ドサクサに紛れてこんな貴重なモンが見られるからウルフェスはやめられん!

80の怪獣なんて展覧会、博覧会的なイベントではほぼ黙殺されるマイナー存在だからなぁ。
そしてビデオ版ウルトラセブンのバンデラスとか
オーストラリアとの合作ウルトラマングレートのコダラーも
こんな機会じゃなきゃ見られないよなぁ。
てか、よく保存してあったなぁ。

22r_DSCF0686.jpg

ハリウッド合作のウルトラマンパワードのパワードレッドキングじゃん!
もともと目の落ち窪んだデザインだけど
経年損傷のせいでミイラみたいになっとる。

そしてこのサイモン星人の子供ってウルトラマンエースの当時モノ?
うわぁ、これもスゲエ!
80のタブラとかデビロンも残ってたんだ。
見切れてるのはティガの怪獣だったと思うけど忘れた。

23r_DSCF0673.jpg

先程言ったふれあいステージというのは
こちらのサブステージで行われる人形劇です。

御伽噺をモチーフにしたギャグ調の内容で
観客の子供に話しかけたりしつつすすめられていきます。

ブースカの拾った桃から生まれたウルトラマンモモタロウが
ケムラー師匠の元で修行し
悪さをする鬼が島のバルタン退治に行くとか
そういうお話。

24r_DSCF0647.jpg

こちらはウルトラライブステージ。
久々の現役テレビ新シリーズをひっさげて
一時復活したウルトラヒーローとギンガ本編がリンクした内容。

ギンガでトリックスター的な役割を果たしている
バルキー星人の声は本編と同じです。

25r_DSCF0639.jpg

飾ってあるスーツと違って
電飾も光ってアクションするウルトラマンはやっぱりいいなぁ。

26r_DSCF0656.jpg

今年の巨大タイラントはステージを縦横に歩き回ります。
アクションの幅が広がって一層面白いなぁ。

27r_DSCF0650.jpg

映像本編で見られないヒーローの共闘と絡みがきちんと描かれるのが
このライブステージの醍醐味!

ぶっちゃけもうライブステージの脚本の人に本編書いてもらった方がよくね?とかいうレベル。
今年も十二分に楽しませていただきました。

子供だけでなく大人も楽しめてしまうのがウルフェス。
いやー、300枚くらい写真撮って
危うく電池なくなるところでした。

9月1日まで開催していますので
子供の頃の気持ちを取り戻しに出かけてみるのも如何でしょうか?

ウルトラマンフェスティバル公式ページ

そしてライブステージはDVDも販売されています。
本編以上に熱く!燃える!内容ですので
ご興味のある方はご覧下さい。

円谷関連ショップか怪獣デパートの通販でしか扱っていないのですが
昨年度のものは一般販売もされています。

ウルトラマン THE LIVE シリーズ ウルトラセブン45周年記念 ウルトラマンフェスティバル2012 スペシャルプライスセット [DVD]ウルトラマン THE LIVE シリーズ ウルトラセブン45周年記念 ウルトラマンフェスティバル2012 スペシャルプライスセット [DVD]
(2012/12/05)
特撮(映像)

商品詳細を見る


テレビシリーズがレギュラー化してくれるよう
もう少し特撮の予算が拡充されますよう
頼まれもせずこうして地道に身勝手な広報活動を行ってみたりして(笑)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ウルトラマン - ジャンル:テレビ・ラジオ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/285-aa41e56f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR