オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
スリランカフェスティバル2013
01r_DSCF1620.jpg

秋の代々木公園のフェス第2弾、スリランカフェスティバルです。

スリランカって国にはどんなイメージがあるでしょうか?
インドの南の島国、沢山の世界遺産、紅茶、そんなところかな?

ここ数年ずっとこのフェスに行き続けてる私からすると
コットロティを生み出した国って印象が強いです。

見識偏りすぎだ!

インドに近いけど
インドとはまた全然違った美味しい料理が楽しめるので
毎年楽しみなイベントなのですよ。

02r_DSCF1522.jpg

ワールドフェスタヨコハマの常連店でもあることで
横浜の一部の人にも馴染みのあるセイロンイン

アサイチで到着したのにもう行列が出来てます。
空いたタイミング計ろうとか小ざかしいこと考えてるといつまでたっても食べられないので
ここはひとつ並んでみます。

03r_DSCF1528.jpg

店員の衣装や調理場の様子ひとつとっても美しいのだもの
フェスで人気店になるのも納得です。

毎年ランカフェスとワールドフェスタで食べているのに
毎度新メニュー投入して目移りさせるのだもの
目移りしてしょうがない。

いやそもそも直接お店に行けよってハナシもありますね。
一度伺わないとな。
渋谷よりは近場だし。

04r_DSCF1529.jpg

今年の新メニューのひとつホームスタイルカレーセット。
チキンカレー、カシューナッツカレー、オクラ炒め
ポルサンボーラ(みじん切りのココナッツとモルジブフィッシュ等のふりかけ的なモノ)、パパドが乗っています。

一度にいろいろ食べられるのは嬉しいですね。
これをまぜまぜして食べるのがスリランカの家庭流なんだそうです。

06r_DSCF1532.jpg

ということでまぜまぜ。
見た目綺麗じゃなくなりますが、いろいろ味が混ざり合って美味しいです。

ポルサンボーラはココナッツのシャクシャク加減にツナフレークの食感が混ざって
ちょっとだけ甘い味が沖縄のにんじんしりしりに近い感じです。

チキンは揚げたものが入ってるんですね。

バランスよくいろいろ食べられるスリランカ流
流行るといいなぁ、と思います。

05r_DSCF1530.jpg

こちらも新メニュー、すなぎものシチュー。
去年のワールドフェスタでは炒め物として出されましたが
それを押し進めた感じの料理。

基本スリランカらしいココナッツミルクとマスタード味のカレーシチューなんですが
カルダモンの辛さがかなりくっきりついた刺激的なお味です。
桂皮やレモングラスもゴロゴロ入ってて

今までに食べたことのない不思議な、でも美味しいシチューで
軟らかく煮込まれたスナギモと絡んだ味がたまりません。

07r_DSCF1533.jpg

こちらもワールドフェスタの常連、セイロンドロップ
毎年水出し紅茶で喉を潤してくれますが
今年は料理も出しています。

08r_DSCF1544.jpg

てかこちらもホームスタイルカレー。
チキンカレー、冬瓜のカレー、アチャール(漬物)、そしてモルジブフィッシュ。
モルジブフィッシュはスリランカ版かつおぶしなんて言われます。

ハガツオなのでなおさらかつぶしに近いけど
日本のカツオとは微妙に種が違います。

これを燻製して天日干しして、日本と同じく調味料として使います。
スリランカのカレーにはこれが使われていることが多いようです。

セイロンインに比べると盛りがちょい少ないけどこちらも美味しい。
カレーの味がやわらかめで癒しの味ですが
アチャールの酸味が強めなので混ぜると酸味勝ち気味。

08r_DSCF1537.jpg

茨城は常総のランデワというスリランカ料理のお店。
亀仙人街という怪しげなところにあるそうです。

09r_DSCF1551.jpg

ピーマンカツレツという一風変わったスリランカ風コロッケを
一口食べたらブッシャーーーーーッッッ!!!!

ヒャッハーーー!!!
汁が大量に飛び出してきたなっしーーーーー!!!
シャツがびしょびょなっしーーー!!!

はっ!
気が動転してふなっしー口調になってしまったっ!!

衣の中はピーマン、そしてその中は魚フレークなんで
汁が飛び散る要素まったくないと思うんですが
何の汁なんだろう??

ちょっと冷たい部分があったので
調理途中に冷凍保存していたのだろうと推測。
解凍されたピーマンの細胞が破損し水分が衣の中に貯まっちゃったんだろうね。
予想外。
美味しいんだけどね。

10r_DSCF1552.jpg

一緒に買った牛肉ゴーダンバ。
ナンをもっと薄くしたような生地に牛挽肉と
マッシュポテトとモルジブフィッシュとスパイスを練った餡をぐるぐる巻き込んだ料理です。

これもスリランカを代表する軽食です。
美味しくて腹持ちもいい。
……胃の許容量はまた減るわけで。

11r_DSCF1539.jpg

赤坂のエフズ・デリ
こちらの売り物は米粉クレープのホッパ。
インドのドーサと近い食べ物ですね。

お椀方の鍋に米粉をひいて、ほどよく焼けたらポン
と取り出すだけのシンプル料理なんですが
調理に結構時間がかかって行列中

シンプル料理なのに何故かって?
異様に成功難易度が高いからですよ!

焼け過ぎたり、穴が出来たり、焼いてる途中で折れたものは
容赦なくポイポイ捨てられています。
見ていると、5コに1コくらいは失敗しています。

プレーンだと1コ50円と安いんですが
これやるだけ赤字になるんじゃないかと心配。

12r_DSCF1550.jpg

これはエッグホッパ。
半熟にもいかないくらいの卵を入れて焼いたもの。
上の方はパリパですが
下はぺろぺろ。

調味料も使わないシンプルな駄菓子的料理です。

13r_DSCF1556.jpg

荒川沖のバナナリーフ
何故か茨城にはスリランカ料理の店が多い?

14r_DSCF1558.jpg

スペアリブ1つ250円と安いのですが
2本入ってるよ!
大盤振る舞い嬉しいね!

いい焼け具合の豚スペアリブに
スパイスの効いたチリケチャップソースがまたウマイ。

15r_DSCF1561.jpg

ちょっと近づきすぎて紹介には微妙なアングルですが
他に写真撮ってなかった!
毎年キトリシロップ売ってる業者さん。

16r_DSCF1560.jpg

ミーキリっていう水牛のヨーグルトです。
孔雀椰子の花の蜜なキトリシロップをかけて頂きます。

水牛はチーズにすると普通の牛乳との違いがハッキリ出るんですが
ヨーグルトだとほとんど違いわかんないですね。

自然な蜜の甘さとコクの強めなヨーグルトが美味しいです。
焼き物に入れたままのご提供で
入れ物持ち帰ろうかと思ったけど
持って帰ってどーすんだ?重いし、と思いなおしてごみ箱へポイ。

17r_DSCF1563.jpg

青山のタップロボーンという妙な響きのなまえのお店。
初参加かな?

序盤にカレーセット2皿もいったせいで
好物のコットロティをまだ全然食べてないじゃないか!
でもそろそろ胃の許容量的に打ち止め、〆の一品になるなぁ。

ということでお初の店で注文。

18r_DSCF1566.jpg

先程のゴーダンバと同じくの薄く伸ばしたパン生地を
肉野菜スパイスと一緒に鉄板で炒めて
刀削麺用の刀にも似たハケでダンダン!と細切れにした料理です。

パン生地の炒め物ってどうなの?と思われるかもしれませんが
これが焼きそばのように日本人の好みにも合う
もちもちのおいしい料理なんですよ。

スリランカフェスでは毎年あちこちの屋台からこの料理を仕上げるときの
鉄板に刃をダンダンと激しく打ちつける音がまた楽しみでもあったりします。

唐辛子などの辛いスパイスの刺激は控えめですが
様々な香りに下支えされたもちもち生地と肉野菜の炒めのハーモニーが
たまらなく美味しい、大好きな料理の一つです。

お初の店だけど、やっぱり美味しいわ。

19r_DSCF1567.jpg

お酒で〆るかな、とヨコハマトレーディングという業者さんのブースにて
ナリケラという、なんかまぬけな言葉の響きの酒を頂きました。

20r_DSCF1568.jpg

椰子の実から作った酒なんですね。
白濁はしていない透き通った無色のお酒をモヒートにして飲みます。

口当たり軽く、ほのかにココナッツの甘みと香りが感じられめけど
意外にさっぱりしていて美味しいです。
でもこの風味はあんまし続かなかったり。

モヒートのソーダと柑橘とミントは余計だったかもしれない。
ロックで直の味を味わった方がよかったかも?

21r_DSCF1572.jpg

そろそろお昼の時間で結構盛況な様子です。
多いと見るや机と席を追加設置している運営側はいい感じですね。
美味しい料理をいただけて今年も楽しめました。

22r_DSCF1564.jpg

と、行列が出来る前に集中して食べた後は
のんびりステージを見させてもらいましょう。

本日渋谷の気温は29℃。
先週より2度低くて風もあって過ごしやすいので
疲れずに見て回れました。

日が射すとまだまだ汗かきますが
でも過ごしやすい。

23r_DSCF1588.jpg

ステージはインドの舞踊よりも艶やかな印象ですね。
民族色を残しながらも程よく西洋のセンスを取り入れた衣装の美しさもいいですね。

We are Sri Lankanという英歌詞の曲が頻繁に使われています。
スリランカ・エアラインがプロモーション用に作った曲みたいですね。

ウィー・アー・ザ・ワールドっぽい大勢の歌手による曲で
クインシージョーンズ的なゴージャスなアレンジとドラマチックな曲展開で
露骨にアメリカナイズな曲だけど盛り上がらざろう得ないっ!

24r_DSCF1596.jpg

こちらは舞踊家目指して勉強中の10代の子たちによる演技。
東洋南洋の舞踏って手の動きの美しさが特筆ですね。

25r_DSCF1600.jpg

おにーちゃんバク転中!
こういう軽業が間に入るのもスリランカ舞踊の特徴のひとつみたいですね。

26r_DSCF1616.jpg

西洋のドレスの影響を受けた色鮮やかな民族衣装が美しい。
特に、大きく開いた背中が美しかったんだけど
タイミングあわなくてぜんぜん写真に撮れてねぇーー!!

27r_DSCF1534.jpg

充分踊りを堪能したあとはお土産を買いましょう。
毎年レトルトを買いあさってる中野のコートロッジ
なんか摘むものも買って帰ろう。

ちなみに写真は朝撮ったものなのでまだガラガラですが
この時はそこそこ人並んでました。

28r_DSCF1571.jpg

ということで野菜ゴーダンバとパンケーキ。
パンケーキは刻んだココナッツとハチミツを生地で巻いたものですが
めっっっちゃ甘めぇぇぇぇ!!

29r_DSCF1570.jpg

帰り際に入り口に置いてあった象の人形をパチリ。
よく出来てますね。
池に見立てた噴水には水がちろちろと流れてます。

子供達が見入ってしまうのも頷けます。

30r_DSCF1573.jpg

と、いうわけで今週も十二分に楽しんで来ました。
明日日曜も開催していますので
普段接する機会の全然ない異国の文化と味を楽しみに出かけるのは如何でしょうか?

先ほどのWe are Sri LankanをYoutubeで見つけたので貼っておきます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

コメント

行ってきました。昼ごろだったのでどこも長蛇の列・・・
お目当ての「椰子ノ花蜜」KITHURU TREACLE]をゲット
これ本当に蜂蜜より美味しいです。なかなか普段売ってないので。
[2013/09/22 10:29] URL | kinchan60 #- [ 編集 ]


ココナッツと違い孔雀椰子は人工的に増やせず
またちょっと条件が変わると蜜を出さなくなったりで
安定して出荷することが難しいんだそうです。

でも天然の黒蜜の自然な甘さはホント甘美ですよね!
[2013/09/22 19:55] URL | ミサイル超獣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/323-b3893c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR