オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
バリオフィエスタ・フィリピンフェスティバル2013
01r_DSCF1780.jpg

去年から秋に山下公園で開催されるようになったイベントです。
こういう海外のフェスって大抵は大使館かイベンターによる開催なんですが
こちらは在日フィリピンコミュニティが主催になります。

そんなわけで、文化交流と日本へのフィリピンの周知を図ることより
身内みんなで盛り上がれ~、っていうのがメインのイベントなんですな。

パンフも日本語は表紙だけで
中身は9割5分以上英語だったり。

開催時間も朝9時からなんだぜー!

でも今日は午前どうしても抜けられない仕事があって
なんとか駆けつけられたのは1時半過ぎ。

03r_DSCF1720.jpg

もう何処も彼処も行列が出来てます。
昼抜いてきたからおなかすきまくり。
もうこうなったら並ぶしかないさー!

02r_DSCF1742.jpg

ああ、こうして肉焼いているのを見ると
ハラの虫が疼く疼く。
さて、何処から攻めよう?

イベントの趣旨ゆえ
軽いものをハシゴして、よりもボリュームたっぷりのお弁当ばかりなので
厳選しないと胃に収まらないのですよ。

04r_DSCF1714.jpg

とりあえず行列短めのサンミゲールから
ここはフィリピンのビールメーカーが出したお店みたいですね。

ごはんとおかず別に頼めるなら
ご飯抜きでメヌードとかいう聞いたことない料理を頼んでみましょうか。

05r_DSCF1716.jpg

豚肉とレバーの普通でクセのないトマトソースシチューです
じゃがいもとニンジンも入ってるけど煮込み過ぎず軽く芯が残る感じ
日本人の感覚からしても普通の家庭料理的な出来です。

06r_DSCF1718.jpg

六本木のお店、ニューナナイズ
オベントーのセットはごはんとおかず2品
これは都合がいいですね。

結構行列長いけどよしここで…
When will you buy? Imadesho! とか書いてあるし

英語とフィリピン語でしかメニューが書かれてなかった去年と比べて
今年はちゃんと日本語表記もある!

よし、これを機会に料理名覚えておこう

ジニサン・カンコンは中華でおなじみ空芯菜の炒め
パンシット・ビホンはビーフン
アドボは…他に言い様ないか、肉の煮込み料理です
シシグは、豚の頭の部位の炒め煮みたいなもの
カルデレータはビーフシチュー
レチョンパクシウィ……なんだろ?

シシグは缶詰でしか食べたことないし、一度ちゃんとしたのを食べてみよう!
あとレチョンなんたらっていうのの正体を確かめよう!

07r_DSCF1723.jpg

ごはん切らしちゃったそうなのでかわりにビーフンが出ました。
これがちょっと変わった風味がします。
かるーい酸味と辛味が加わった、ベトナムやタイとも違った
でも食べやすいお味。

シシグは貧しい家庭が豚肉がマトモに買えないので
安く売られていた頭を買って
ほほ肉、耳、皮を細かく切って調理したのが始まりなんだとか

ホワイトソースで煮込まれた中のほほ肉と耳の部分の軟骨の食感が面白い
……って、辛っ!!!
ホワイトソースでぜんぜん赤くないのに辛いって意表つかれたわ!
でも美味しいな。

レチョンは豚のことパクシウは酸味のある煮込み料理のようです。
よくある豚足の煮込みに足以外の部位も一緒に煮たようなシチューですね。
酸味はそんなに強くなく食べやすい料理です。

08r_DSCF1724.jpg

長く並んだのでついでにバーベキューも頼みました。
チキンで頼んだんだけど、豚と合い乗せにしてくれたみたいです。
勝手に変えられちゃったとはいえ、これはちょっと嬉しい。

中華のたまり醤油みたいな濃い目のタレによく漬かった肉が美味い!
ホントに濃い味だけどそこがいい!

ただちょい冷め気味なのが残念。
持ち帰ってレンジでチンして食べようかな。

09r_DSCF1725.jpg

メルバ・パラフォックス
ここでもオベントーのセットがあります。
オベントーって言葉は国際語になりつつあるみたいですね。
アジアやアメリカの一部では普通に使われてるみたい。

対してカカニン、と書かれているのがおかず1単品とごはんだそうです。
ここは料理の材料が全部書かれています。

r_DSCF1726.jpg


カレカレ…牛肉、ハチノス、サヤインゲン、茄子、チンゲンサイ、ピーナッツ、バゴオン
レチョンパクシウ…豚肉、レチョンソース、胡椒、ローレル、醤油、酢、砂糖
メヌド…豚肉、ポテト、にんじん、レーズン、ピーマン、トメトソース、レバースプレッド
カルデレタ…牛肉、ポテト、にんじん、チリ、ローレル、ピーマン、トメトソース、レバースプレッド
ボピス…豚肉のハツと肺、にんじん、ベニノキ、チリ、生姜、ローレル
ディヌグアン…豚肉、豚の内臓、豚の血、獅子唐、酢

トメトソースは誤記ではありません、念の為

お菓子も解説してあるな
ピチピチ…キャッサバで作られてモチモチした食感
ビビンカ…フィリピンのココナツケーキです
ビーコ…フィピンのライスケーキです
ギナターング・ハロハロ…バナナ、里芋、薩摩芋、タピオカ、ココナツミルクで煮込んだデザートです
サピンサピン…ココナツデザートともち米の重ね
クッチンタ…米粉と灰汁水で作られたゼリーです

こういうのは今後の参考になるからありがたいです。

10r_DSCF1728.jpg

見た目はどれもこんなぐっちゃりな感じですが
結構おいしかったりするんですこれが

さっきの内容から2品…カレカレを…
「カレカレないの。明日ネー」
残念、じゃあカルデレタを
「クァルデルェェェェタ、ネ」
舌巻いての発音なんですね。

あとディヌグアンを
「ディヌグアン、いいのネ?」
何ですか、そのもの珍しいそうな目は?
「ディヌグアン、スキ?」
好きですとも、去年食べたけど美味しかったし、とサムズアップ
「オー、メズラシ…」
更に珍獣を見るかのような目で見るのやめてくださいよー

11r_DSCF1729.jpg

てなわけでディヌグアン大盛りにしてくれましたよ

まぁ、豚の血使って、更に酸味もあるんじゃ
フィリピン人ならいざ知らず、日本人で好きとかゆーのは
珍しいんでしょうけどね。

血だけど生臭い感じでなく
イカスミとかのコクに似た感じがします

獅子唐の辛さがちょっぴり
そして酸味のある不思議なソースで煮込んだ豚バラとモツ
独特のクセはあるけど美味しいですよ。

カルデレータは軽く辛さのあるビーフシチュー。
スペイン料理のシチューとほぼ変わらない感じです。

これは普通に誰にでもオススメできる味です。
軟らかく煮込まれた牛肉とじゃがいもと汁の相性よく美味しいです。

12r_DSCF1731.jpg

ようやくおなかが落ち着いたので
まずはステージを見学。

なんかマリョトーシカを思い出すような衣装ですね。
フィリピンって暑い国だってイメージがあるけど
ロシアみたいな民族衣装もあるんですね。

13r_DSCF1737.jpg

こちらも何処の国の衣装なんだかよくわからない
いろんな文化の混ざりあった感じがしますね。

17r_DSCF1710.jpg

アナズトレーディング
料理ブース、パンやデザート売りのブースなどいろいろな形で参加しています。

18r_DSCF1749.jpg

カリとかいう飲み物を買ってみました。
パインが香る不思議な飲み物、と但し書きが。
普通にパイン味の炭酸飲料です。

成分見ると、麦芽、ホップ、パイナップル香料、とか
ビールなの? ノンアルコールドリンクって書いてあるけど
アルコール成分0.01%とも書いてあります。

19r_DSCF1751.jpg

料理の紹介は今後の資料になるので撮っておこう。
ウチの料理を好きにならぬ人などいようか?
日本一のフィリピン料理店へようこそ!
とは大きく出ましたね。

20r_DSCF1759.jpg

”スペシャル”パラボックって料理どんなの?って店員さんに聞いてみたら
「パラボック、これネ」と料理の写真を指差してくれました。
いやいやいや、写真見てもよくわかんないから聞いたんだってば

「スペシャルな料理ネ、オイシイヨ!」
いや要領を得んわ!

というわけで頼んでみました。

スパゲッティ?
米粉とタピオカの麺っぽいですね。
カレーか何かのようなソースは
ココナッツミルクベースで、全然辛くなくて
…むしろしょっぱい??

この風味は干し海老と干し魚だな。
中華のハムユイのように干し魚を調味料として使ったんですね。
いやー、なんか不思議な味です。

今までの食の経験から何々に近い、とかの形容がしにくいわ。

これはこれで美味しいけど
万人にオススメできる味かというと微妙な気もする。

と思ってたのに、それ何処で売ってました?と外人さんに聞かれ
答えたら早速買いに行っちゃいました。
騙された!とか思ってませんように!

21r_DSCF1760.jpg

結構なボリューム食べてしまったので
そろそろ〆のデザートかな、とお菓子のブースで
また正体不明なお菓子に手を出しました。

カバレンレストラン、って名前のブースだったかな?

ハロハロの一種ということでいいのかな?

ゼリーと…くにゃりとした食感はジャックフルーツかな?
のココナツミルクがけのデザートです。
ココナツミルクのデザート特有の田舎臭い匂いがしますが
普通に美味しい味です。

ただ、この毒々しい色は一体何由来なんだろう?

22r_DSCF1765.jpg

協賛のブースは銀行や旅行会社やコンドミニアムを扱ってる不動産屋やら、と
庶民にあんまし用のない会社トコばかりで
取り合えず伝統文化的な面が面白いので撮ってみましたが
ここは何の会社なんだ?

23r_DSCF1768.jpg

ステージが異様に盛り上がってたのでちっょと行って見てみました。
なんか江南スタイルのおっちゃんみたいな人がラップを歌うと
大して広くないステージなのにどこぞのアリーナかと思うくらい
キャーキャー声援が飛んでいます。

知らないけど有名な人なんかな

Youtubeにも大量に曲がアップされていて
フィリピンでは有名なラッパーみたいです。



しかし江南スタイルの人みたく
面白アジア人って認識で間違ってない気はする。

24r_DSCF1774.jpg

アンドリュー「Say Ho-!」
観客「ho-!」
アンドリュー「Say Hey Hey Ho-!」
観客「Hey Hey Ho-!」

いや…そのフレーズ…
与作は木を切る~♪って歌いたくなるから!

25r_DSCF1776.jpg

この山車というか人形もフィリピンの伝統文化なんだと思いますが
日本人の感覚からすると微妙にキモいです。
まぁ、でもそれが異文化ってモンだから。

26r_DSCF1754.jpg

そんなわけで秋の穏やかな日差しの午後を楽しく過ごさせていただきました。
馴染みのない料理、馴染みのない文化を味わう醍醐味が
地元で楽しめる嬉しさよ。
来年も楽しみだなぁ。

そして、来週はアセアンフェス
再来週はワールドフェスタ
その次はディワリ・イン・ヨコハマ、と
まだまだ秋の山下公園の楽しみは続くのです。

以前紹介した秋のイベントカレンダー参照のこと

明日日曜も開催しております。
地元で異文化の並に触れる機会、是非楽しんでくださいませ

公式ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:フードイベント - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/330-29bba1c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR