オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
吉田町、スパルタのドルマダキア
DSCF4759_R.jpg

前回のエントリーに書いた通り抜歯して間もないので
噛み切りにくいものはパス。
でもここ数日動物性蛋白が足りなかったので肉が食いたい!

ならギリシャ料理のスパルタでパスティッチョでも食べようか
もしハンバーグがあればそっちかなぁ
と思っていたところ
今日は変わり種があるようです。

ドルマダキア………。
日本人からすると聞き慣れないであろう名前です。

でも怪獣の名前でもなければ
新型バーチャロイドでもありません
葡萄の葉でご飯とひき肉を包んだ家庭料理です。

葡萄の葉……って食べられるの?

DSCF4756_R.jpg

とか考えつつ前菜のサラダを頂きます。
今日はルッコラ多めでうれしい。

ルッコラって、調理法はそれなりに多くありますが
実はいちばん美味し食べ方って
つまみ食いだと思います。
何もつけないでそのままかじっても美味しいんですよね。

DSCF4758_R.jpg

本日のスープはモツのスープです。
モツをダシにした汁というと日本のモツ煮込みが頭に浮かびますね。
こちらはハチノスからコクとレモン系のさわやかな味が相まって美味いです。
しかし、歯抜いたあとに触らないよう、反対側でくにくにと噛まねば。
あ、予想以上にやわらかく煮込まれてる。

DSCF4760_R.jpg

はいメインきました。
ドルマデスというのが普通の詰め物料理の名前で
小さいとドルマダキアというそうです。
ますます怪獣の名前っぽいなぁ。
親怪獣ドルマデスと子怪獣ドルマダキア…。

なんか笹団子っぽく見えますよね。
レモンソースがかかってなければ剥いて食べるのかと思ったところです。
食べてみると、やわらかいです。
桜餅の桜の葉より更にやわらかい。

色の濃い目の葉なので
よく食べる青菜の様な旨味はありませんが
かといって余計なクセがあるわけでもなく
普通にいただけます。

DSCF4763_R.jpg

中はごはんと羊の挽肉。
羊の旨味がぎゅっと中で凝縮されてうまいです。
羊の挽肉は本当に濃厚みっちりで大好き。
さっぱりしたレモンソースと葉の組み合わせも悪くないですね。
ソース多めなので、もちろんバゲットでこそげて残らず頂きますよ。

こういう、ランチではレアな料理をひきあてて、来て正解でした。
今までもスペアリブとか
ミートローフとか
カラマリ(イカ)のフライとか
ユベッチ(米状パスタのグラタン)とか
滅多に出ない料理がたまに来るのですよ。

けど葡萄の葉が食べられるのは驚きでした。
硬いものだと思ってたし。
若葉なんだそうです。
ギリシャだと瓶詰で売っていたりもするそうな。

そしてこの料理を自動で詰めて巻く機械なんかもあったりするそうな。
なんか異文化感を感じられてこういう話は面白いですよね。
向こうでは大量に作ることもあるくらいな料理なんですね。

日本でもコンビニ弁当等の工場だとおにぎりの自動製造機があったりするし
それはそれで海外の人から見るとすごく面白いものなのかもしれません。
いや、我々日本人自身でも面白いかなぁ。
炒飯製造機とか、大人の社会科見学で見たりしましたし。

それはともかく、日本で中々お目にかかれない
海外の家庭料理とかを出してくれる店は嬉しいですね。
これからも異文化交流(主に胃の中)に努めるべく食べ歩きたいと思います。

スパルタ ホームページ
参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ランチ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/40-d96f8891
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR