オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
自由が丘、キッチンカントリーのハンガリーグヤーシュスープ
r_DSCF3641.jpg

仕事が一段落ついたらちょっと遠征して
食べに行きたかったお店が何軒かありました。

そのうちの一つがハンガリー料理のお店、キッチンカントリー。
ハンガリー料理なんて日本じゃ滅多に食べられないものね。

自由が丘は
横浜からは東横1本で渋谷に着く前に行けるわりと気軽な場所。

その駅前の自由が丘デパートには何軒か
エスニック系のお店が固まってるようなので
是非一度訪れてみたかったんですよ。

r_DSCF3640.jpg

初めて訪れた自由が丘

そして当の自由が丘デパートは
デパートというイメージからはずいぶん遠い印象でした。

雑居ビルというか
地下と1階がアメ横で
2階から上が飲み屋ビル…的な

目当てのハンガリー料理店も
どちらかというと昭和の洋食屋的な佇まい。

でも醸造されたかのような
結構いい味出した雰囲気です。

r_DSCF3648.jpg

メニューも『ハンガリー』というより
昔ながらの洋食的だよね?

私が唯一知ってるハンガリー料理グヤーシュを是非食べよ……ってあれ?

ハンガリーグヤーシュスープと
グラーシュシチューって…?

グヤーシュとグラーシュって、違う料理じゃ…ないよね?
単に後者がドイツ訛りなだけで。

多分前者がさらっとしたスープのグヤーシュレヴェシュで
後者が肉を多めにしたグヤーシュフーシュ、なんだと思う。

ハンガリーの農村の人たちが
家に戻って食事の支度をする手間を省くために
外の釜で調理できる料理として重宝したのがこの料理。

転じて軍用糧食としても利用され
二次大戦中のドイツでもハンガリー風シチューとして
採用されたとかいう話があります。

r_DSCF3647.jpg

自分の中のこだわりで
グヤーシュ表記になってる方が正義!と
スープの方を選択しました。

この黒い帽子と毛の生えた水筒って
ハンガリー特有のものだって感じですよね。

r_DSCF3642.jpg

ごく普通の洋食のトマトシチューセットっぽく見えます。
ご飯はわりと小盛りですね。

r_DSCF3646.jpg

ポテサラも普通っぽく見えますが油が違いますね。

北欧の酢油漬けに使うような味の油が使ってあって
それだけでも一際美味しく感じます。

r_DSCF3644.jpg

なんてことはないトマトシチューのようですが

…おや
トマト味というより
パプリカの風味が強いですね。

トマトって元々強い食材なのに
それに勝るくらいにパプリカ味です。

そしてキャラウェイシードが入ってますね。

おかげで黒パンにも似た風味がするんですが
それがまたまた美味しい。

r_DSCF3645.jpg

じっくり煮込まれたニンジン、タマネギに
少しですが牛肉。

あと、なんか小麦粉を練った塊みたいなのが入ってます。
マカロニの代わり的なモンかしら?

スパイス具合が他の国と違うので
結構味違って感じます。

見かけは普通の洋食的ですが
ちゃんとハンガリー料理でした。
美味しかった。

r_DSCF3638.jpg

公式ページ
参考ページ

しかし初めて来た自由が丘ですが
不思議な街ですね。

縦横無尽に入り組んだ商店街の何処も結構人が大勢いて賑わってますが

この自由が丘デパートと、更に連なる屋内のひかり街
アメ横、飲み屋街というか

実際のアメ横や、横浜橋商店街なんかは
戦後からゆるやかに新陳代謝をしつつ
昔から続いてきた商店街なんですけど

ここは1960~70年代に最先端の街だったけど
そこから完全に進化の袋小路にハマッたまま
今日まで生き残ってきたみたいな

そんなガラパゴスな雰囲気の街です。
賃料が安い、とかなのかしら?

ともあれ
生まれたときから冷凍保存されたかのような
そんなお店もまた趣き深いので
一度訪れてご覧になると楽しいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ヨーロッパ料理 - ジャンル:グルメ

コメント

ブタペストの料理店で食べると、割と澄んだグヤーシュが出てきますね。
ビーフのコンソメにパプリカで風味をつけたようなものだった気がします。

濁ってもったりしたシチュー状のやつは、ドイツ・オーストリアの影響が強い地域でよく食べました。
ザルツブルクとか、あとはザグレブとかですね。ここも含め、日本ではそっちが多いかもしれない。
[2014/01/13 21:53] URL | つちころり #- [ 編集 ]


おおー
現地で直に味わってらっしゃる方のご意見は大いに参考になります。

こっちはにわか仕込みの知識で書いてるんで
裏付けしていただけるのは非常にありがたいです。
[2014/01/14 21:27] URL | ミサイル超獣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/434-7a7e3d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR