オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
楠町、ラ・フォンテの牛肉のトマトラグー、自家製ピチ
r_DSCF3953.jpg

横浜駅周辺の飲食店を新規開拓しようと散歩中
カマストラというとてもパン屋とは思えぬ有名なパン屋を見つけ

これがあの一部で有名なカマストラか、初めて見た
と感嘆していたところ、その隣りにイタリア料理店発見。

メニューの中にある自家製ピチ、という言葉に惹かれる。

ピーチでなくピチ、一体何?
その疑問の答えを知るべく入店。

小さいながらも地中海の飲食店を思わせる
天井や柱の隅が湾曲した角のない白壁。
居抜きじゃないってことですよね。

シェフ一人で切り盛りしてるけど
昼から予約客や飛び込みのお客であっという間に席が埋まります。

駅から遠いいけど繁盛してるんですね。
1人で全部オペレートするのは大変そうだなぁ。

r_DSCF3952.jpg

セットの前菜
鯖のマリネと
バーニャカウダ
そしてサラミ

どれもなかなかの出来栄えです。
イタリアで修行してきたタイプのシェフと見た!

バーニャカウダソースは自家製なのかな?
アンチョビというより、鰯のなめろうみたいなディップだったのが面白く
美味しかったです。

r_DSCF3954.jpg

ピチというのはトスカーナ地方の
太めのスパゲッティとのことでした!

自家製なせいもあってか
えっらいぶっとい麺です。

タリアテッレやフェットチーネなんか比べ物にならないくらい

うどんというか、手打ちのほうとうや刀削麺みたいです。

r_DSCF3955.jpg

ちょい味濃い目のミートソースのようなラグーに
この麺がよく馴染みます。

ともかくもっちりもっちりの麺が美味しい!
コシの強いうどんのようでありながら
パスタの小麦粉の使い方だから
両方のいいとこ取りです。

見かけこそソフト麺風ですが
こいつぁまず食べてみてよ!とオススメしたくなる麺です。

ソースが心もち塩加減強めだったけど
まぁ許容範囲。

日本人の感覚からすると麺類って
ソースまたはスープと麺が等価な感じだけど

これはもう明らかにこのもちもちの麺こそがメイン!
って特徴的な食感なんですよね。

個人的にはこの麺でラグマン食べてみたいのぅ。

r_DSCF3956.jpg

コーヒー、ポーションはマリームだけど
紙袋に入った砂糖はちゃんとブラウンシュガーです。

r_DSCF3950.jpg

ピエモンテやカンパーニャで修行したシェフのお店らしいです。
そーいえばピエモンテはバーニャカウダの本場だっけな?

いやー、一昔前と違って
本場で修行してきたシェフの店も最近は結構多いんですよね~。

実は日本はイタリアに次いで
世界で2番目にイタリア料理のおいしい国だそうですから。

もちろん店は選ばないとですが。

公式ページ
参考ページ

こちらの名物は羊のラグーのピチだそうで
羊のクセをわざと殺さず料理したものらしいです。

む!微妙にタイミング外したか。
そちらの方を頂きたかったなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:パスタ - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/451-d6b91d79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR