オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
長者町、東北大飯店の東北風酢豚定食
r_DSCF4270_2014021316032377c.jpg

最近ちょくちょく利用している東北大飯店ですが
またランチのメニューがちょい変わっていました。

r_DSCF4269.jpg

表面はわりと一般的な大衆中華。
ホロモはホルモンのことですね。

r_DSCF4268.jpg

お、東北風酢豚がありますね。
しかし中国語名が茘枝肉ではなく鍋包肉となっています。

ということは自分の知っている東北風酢豚とはまた違う料理だということですね。
となれば、知らない料理を食べたがり病に火がつきます。

r_DSCF4271_20140213160325ba6.jpg

中国のケーブルTVでよくわからないバラエティを見ながら
しばらく待つと料理が来ました。

揚げ加減は茘枝肉と似ていますね。

ボリュームはたっぷりだけど
野菜は千切りを僅かに入れただけ。

酢はとろみを一切つけず
春雨サラダのドレッシングのような
さっぱりした甘酢だけで味をつけています。

r_DSCF4274_20140213160326fa8.jpg

漬物は板春雨のキムチみたいなものになっています。
こちらもちょっと酢の酸味が入ってるような感じ。

r_DSCF4275.jpg

カリッカリの揚がり具合は
ほぼ茘枝肉と同じなのですが

噛みしめてみてもほぼ肉の味を感じません。
というか、むっちりして、噛むと伸びるのは餅っぽい。

ちょっと咸水角(ハムスイコー)みたいな感じ。
揚げ餅餃子とか言われる点心のヤツです。

カリッとしたあとにもちっときて
面白い食感。

甘酢はちょい少な目なので味が足りません。
醤油と辣油つけた方がよさそう。

しかし……あえて半分かじって中のぞいても
やっぱり肉が少ない。

頭の中が酢豚で肉モードになっていただけに
この肩すかしはちょっと残念であります。

r_DSCF4277.jpg

あとで調べたらハルピン料理なんだそうです。
清朝の道台府で外国人ゲスト(主にロシア人)に振る舞われた料理だと。

トマトケチャップをベースにした甘酸っぱいソースだったそうなので
日本のケチャップを使った酢豚は広東の古老肉と
こちらの料理がごっちゃになって出来上がったものなのかもしれませんね。

味薄かったり、肉少なかったりするのは
家庭料理化する過程で簡略されていったもの…なんだろうなぁ。

ネットに上がってるレシピ見る限りだと餅は使ってないようだし。

色々と知るきっかけになって面白かったけど
…満腹にはなったものの
肉を食いたい欲求を抱えたまま戻ることになりました。

晩メシは肉にしよう
と、昼食べたばかりで夜のことを考えていたり。

参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/475-6c561a4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR