オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
新大久保(百人町)、ソルティカージャガルのマトンライスほか
r_DSCF4436.jpg

物好きなエスニックファンの間で静かに噂になっているお店がありました。

新大久保の両替商兼食材店のウラでコッソリ
本格的なネパール料理が食べられるらしい、と。

行ってはみたいけど
電車一本でさっくり行ける場所ではないので
なんか口実がないと…と二の足を踏んでいる状態でした。

ヒマを持て余していた東京方面の師兄に
こんな店があるんだが?とメールしたところ
行ってみようじゃないかとノってくれたので
出かけることになりました。

背中を押してくれてありがとう!

で、新大久保駅を降りてみると
人出がえらい多かったです。

コリアンタウンも賑わっている様子で
これで閑古鳥とか言ってるんだから
ブームのピークにはどんな様子だったんだ?

しかし我々の目指す先は横道の百人町通り。

一歩通りに入るとスパイスの香しい臭いが鼻孔をくすぐります。
辺りはハラルフードの食材店
インド料理とケバブのお店
その先も食材店、飲食店。

ぶっちゃけどの店も美味しそうだけど
我々の目指す店は何処なのやら
どれも怪しげで判別がつきません。

r_DSCF4426.jpg

食材店の先にあるマンションの2階に両替商の看板が!
ひょっとしてあそこなんじゃね?

確信の持てないままに階段を昇り

r_DSCF4440.jpg

入口はいると両替所

r_DSCF4441.jpg

食材店

ウワサされている内容に該当しますが
ホントにここでいいのか?

アジア系の犯罪映画に出てくるようなおっちゃんに
食事できますか?と聞くと

頷いて
どう見てもバックヤードに見えるカーテンを開いて
中に案内してくれます。

ヤクか武器の密売でもするんじゃないかと
エスニッククライムサスペンスの映画の舞台に紛れ込んだような気分。

r_DSCF4429.jpg

洗面台の陰で調理しております。

レストランなんてもんじゃありません。
怪しすぎる。

しかしスパイスの香しい匂いにうっとり。

これ…香港の重慶マンションの前にいた
怪しげなインド料理のワゴンを思い出します。

いろんな国のバックパッカー御用達の安宿の集まり。
だけど宿の店員と泥棒が内通しているとか

防火設備がないから
火事の時窓から飛び降りたとか
昔の『地球の歩き方』には数々の怪しい伝説が記されていました。

レートのいい両替商があるので
香港に来る度訪れた場所ですが

いつも横目で見て…というか鼻が注意寄っちゃってた
怪しげなインド料理のワゴンが気になっていましてね。

一度食べてみたいと思っていたものの
衛生的にオススメ出来ないという話だったので
涙を飲んでスルーしていました。

まぁ、近年大分キレイなショッピングセンターになっちゃったらしいんだけど。

r_DSCF4428.jpg

その心残りが日本国内で果たせる日が来るなんて
思ってもみませんでしたよ!

そんな店でも食べログに写真が載ってたりするので
予め英語のメニューと辞書とグーグル首っ引きで
計画立ててきたり

ああ、匂いのおかげもあるけど
アドレナリン異様に分泌されてきた!

r_DSCF4431.jpg

まずはつまみにアル・サデコ
じゃがいものスパイス和え物的なもの。

フェヌグリークの風味の油とスパイスがジャガイモにあって美味しいの。
それと、塩の味自体が日本で慣れているものとぜんぜん違います。

r_DSCF4432.jpg

ギディフライ
フライと書いてあるけど揚げ物でなく炒め物であるのは
中国におけるたっぷりの油に浸かった状態で炒める
「爆」という調理に通じるものがあります。

んで、コレ何に見えます?

羊の脳みそなんですね、これが。

白子のカレー炒め的な料理で
ふんわりしていながらも独特の味わいで美味しいです。

昼間なのにビール欲しくなりますよ。

こんな珍しい食材も
居酒屋の一品値段で頂けちゃうのよ。

r_DSCF4434.jpg

ネパール料理の定番
中華の影響を受けて生まれた料理モモ。

大抵のお店では小龍包スタイルの包み方なんですが
ここのはまるっきり餃子。

でも中は鶏挽肉みっちり。

サイズ自体は普通の餃子だけど
我々の知る餃子の概念を覆すくらいに
中にはみっちりの肉餡が詰まっています。

油はほとんどありません。
でも肉の旨味はたっぷり。

そしてそして
このソースがめっちゃ美味しいです。

程よく辛いソースは
多分岩塩と山椒とコリアンダーと唐辛子と…

あと何だかわからないけど
ともあれ山椒の旨味の引き立つカレー的なソースです。

このソース、売ってたら持ち帰りたいっ!

大抵のネパール料理屋ではゴルベラアチャールという
トマトとニンニクとショウガを油で煮つめたソースを使うのですが
それとは味の傾向が全く違いました。

r_DSCF4435.jpg

アルーパラタ。
カリフラワーが切れているらしくアルーゴビパラタがないとのことで頼みました。
じゃがいも入りの薄餅。

薄い小麦粉の生地にマッシュポテトを挟んで焼いたものです。

結構オイリーで
焦げ付きもちょっとあったりで
屋台料理的な雑な味わいなんだけど
これがまた美味しかったりします。

チヂミにちょっと似てるかな。

さっきの山椒ソースつけたりするとまたウマイ。

r_DSCF4437.jpg

夜も外食の予定だったので抑え目にしておこうとかと
ちょい悩んでいたのですが
どうにも辛抱たまらんなぁ、と

1人1つマトンカレーを頼んでしまいました。

ライスと一緒にちみっとした小皿が出て来ただけだったので
一瞬えっ???と途方にくれましたが

r_DSCF4438.jpg

ちゃんと別にカレーが来ましたよ。

小皿は先ほどの山椒ソースと同じもので
お好みで混ぜて味を作ってくれということなのね。

んでカレー
我々の知るカレーとはまたずいぶん違ったタイプの料理です。

インドカレーどころではないさらさらスープに
骨付きの羊肉がゴロゴロ。

カレーというよりは
羊煮込みスープ。

やわらかく煮込まれた羊は
日本人に馴染みのあるスジ煮込みに似た感じなのですが
コラーゲンや脂はありません。

そう、羊はあえて脂身を外した部位を煮込んでいるんですね。

だけど骨からじっくり煮込んでいるから
羊の旨味は十二分にスープに出ています。

油っ気はほとんどないのに美味いんです。

インドカレーのギーのような
乳製品を使わずに作ったカレー。

料理のベクトルは全然違うのだけど
マジ美味すぎる!!

r_DSCF4439.jpg

ご飯はジャポニカ米のようですが
そんなことは一切気にならない。

今まで食べたことのない
でも美味しすぎる味にもう
脳内麻薬出まくりですよ!

これも塩若干強めなんだけど
我々に馴染みのある塩とはぜんぜん違う味なんで
しょっぱいとは思わないのが不思議。

ヒマラヤの山小屋で
現地の羊飼いに料理を振る舞われているかのような
高山地帯に住む民族の食事だなぁ、って
そんな風に感じる味なんです。

さっきのソースを混ぜて頂くとまたこれが美味しくって
たまりません!

r_DSCF4427.jpg

今まで何度か
現地風
日本じゃないみたい

みたいな表現を使ったことがありますが

ここは、その辺のレベルを遥かに超越したお店です。
五感で味わう異国エンターテイメント空間です。

チャクラ開きまくり
アドレナリン分泌しまくり

楽しすぎて美味しすぎて
脳のてっぺん辺りから汁が溢れ出してるような感覚。

このあと散歩して夜も別のお店で食べたんですが

家に帰ってからも疲れてるハズなのに
なんか興奮冷めやらぬ気持ちで寝付けませんでした。

いやもー、マジで楽しかったわぁ。

公式フェイスブック
参考ページ

しかしこのお店を最初に紹介してくれた日本の方
一体どういう経緯でこの店を知ることになったんでしょうか?
ネパール人の友達からの紹介とか、そんな感じなのかな?

わからないけど、よくぞ教えてくれました!と感謝したい。
まさか香港での怪しい心残りを晴らしてくれるお店が日本国内にあるなんて!

近場じゃあないけど
また行きたい。

居酒屋値段で
五感をヒマラヤに吹っ飛ばしてくれる
こんな店そうはないと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:エスニック料理 - ジャンル:グルメ

コメント

 重慶マンションのカレー屋さんですが、未だに口にした事ございませぬ。
 理由は簡単で「ほかに食するべきものがたくさんある」からな訳でして。
 衛生的に、というお話ですが、伝聞の中に「友人にすすめられたのでテイクしたが油が合わなかったようで胃がもたれた」というのがありました。香港在住で四川好きな方のレポートだったので参考なまでに。

 香港カレー事情といえば最近は街市(公営マーケット)のテナントで良質のイスラム料理店が増えつつあると聞きました。ぶちゃけ羊バラ肉カレーの類ですね。
 他にも九記の模倣店とイスラム系の交点みたいな麺店とか出現しているようです。もともとおでん系との交点もあった牛バラ界ですが、麺飯問わずモツに大根、更に雲呑みたいな状況。

 胃袋のキャパの問題で訪問の機会もまだないのですが。なにせここ二年九記すら行けてないという。
 再デビューお待ちしております。
[2014/03/18 02:58] URL | 奪命流星 #yjwl.vYI [ 編集 ]


重慶マンションに後に正式に出来たインド料理のお店で食べた人の話しだと
小麦粉の質が悪すぎてナンが不味いとのことでした。

イスラム系のお店は気になるなぁ。
すっかりまとまった休暇が取れなくなってしまったのが恨めしい。
香港行きたいなぁ。
[2014/03/18 12:53] URL | ミサイル超獣 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/484-9db6e1cb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR