オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
山下町、デリー・ダイニングのランチバイキング
01r_DSCF7164.jpg

中華街のスタジアム側の入り口あたりにあるインド料理屋さん。
ネパール系でない純粋なインド系で
ランチからビリヤニの頂けるこの界隈では貴重なお店です。

何度か利用させていただいています
平日だけでなく休日もランチバイキングが楽しめるようになって
それを食べたいと思いつつも機会を逃していました。

10代20代のころならいざ知らず
体調がよくおなか減ってる時でないとバイキングはなかなか…ね。

02r_DSCF7155.jpg

つーわけで結局このお店でバイキング頂くのは初めてになります。
メニューの内訳は

【本日のノンベジカレー】
チキン・アチャリ

【本日のベジタリアンカレー】
ベジタブル・コフタ

【シェフの気まぐれカレー】
アルー・ゴビ

【本日のサイドディッシュ】
レシミ・カバブ
ベジタブル・パコラ

03r_DSCF7161.jpg

と、ここまで見てお気づきでしょうが
他所のインドカレーのお店にあるスタンダードメニュー一切ナシ!

カレーバイキングのお店だと
大抵バターチキン、野菜カレー、卵カレーかキーマカレーとか
その辺と相場が決まってますが

ここはその辺の定番を外したモノが頂けるのが嬉しいんですよね。

04r_DSCF7159_201406151609145f1.jpg

タンドリーチキンではないレシミカバブ。
実はこの料理お店によってモノが違いすぎるので
ホントはどういう料理?と言い難いのですが

ここのはタンドリーチキンよりは辛さを抑えた
チキンのモモ肉のバーベキューのようです。

とはいえ程よい辛さに酸味にメティなんかが使ってあって
非凡に美味しい味に仕上がってます。

隣の揚げ物はベジタブルパコラ。
インド風の野菜の天ぷらです。

細長いのでナスかなと思ったら
ムング豆や野菜のすり身を半分
それとジャガイモを薄く重ね合わせて揚げたものみたいです。
意外と手間かかってる料理。

05r_DSCF7158.jpg

右側はアルーゴビ。
シェフの気まぐれ枠ですが
ここは基本的にドライカレー系が来るようです。

アルーはじゃがいも、ゴビはカリフラワーのこと。
というわけでその2つの野菜のカレー炒め的な料理です。
こちらもメティがふんだんに使われていますね。

ドロッと煮込んだカレー以外のこういう料理も結構好きなんで嬉しいです。

06r_DSCF7157.jpg

ノンベジのチキンアチャーリ。
アチャールはインドにおける漬物で
スパイシーなマスタードオイル漬けのピクルス。

漬物を煮込み料理に使うって四川の泡菜なんかと同じ発想ですね。
その酸味がうまいことカレーの味に清涼感を与えて
夏にはなおの事美味しいカレーになるのです。
チキンの煮込み具合もとてもいいです。

隣はベジタブルコフタ。
野菜ダンゴカレーなんて解説もありますが
コフタという言葉自体中東の肉団子であるキョフテと語源は同じですね。

それを野菜で作ったというあたり
これもある種の精進料理?

レンズ豆をベースに丸め込んだダンゴがカレーに煮込まれると
かき揚げそばのかき揚げ状になるんですね。

そこにクリーミーさ強めでこちらも酸味の爽やかなカレーが合わさると
非常にいいお味になります。

いやー、どの料理とってもランチで頂けることは稀な
非常にレベルの高い美味しいカレーですわ。

07r_DSCF7162.jpg

ナンは焼きあがったものを即出してくれます。
ピザのようにまんまるに焼いたものをカットしたタイプですが
これも綺麗に焼けてます。

薄めだけど薄いなりにもっちりしとして美味しい。

08r_DSCF7166.jpg

サービスということでインド式のライスプディングを頂きました。
これがちょい甘めですが、それに加わる酸味がまた絶妙なバランスで

刻んだココナッツのシャキシャキ感と
バスマティライスで作ったドロドロのコントラストも面白く
新鮮な味わいでございました。

ホントに非凡だなぁ、このお店は。

09r_DSCF7160.jpg

カレー食べて首筋に流れる汗さえも心地いい。
なんか体から毒素が抜けていくような気さえするよ。
いや、気のせいなんだろうけど。

食後にラッシーかチャイでも頂こうかと思ってましたが
デザートですっかりおなか一杯で水分も入らなくなっていました。

まぁ、もう若くないんだから
2人前も食わなけりゃいいってハナシもありますが
貧乏性と言いましょうか。
ちなみにトップの写真は2杯目のものです。

でもそれだけじゃなくて
あまりにも美味しいから
胃のキャパがあるならもっと食べていたいという気分でもあったんですよ。

もう、横浜界隈でカレーバイキングといったら
ここ以外の選択肢はあり得なくなりました。

だってどの料理も他所では味わえない素晴らしい出来だったんですもの。
今まで逃してて損した気分。

まぁバイキングだからといって元をとろうと食いすぎる必要ないんですよ。

元からプレートランチ頂いたと思えば
1人分で充分気分的に元をとった満足感ありますから。

この近辺でお昼頂けるなら利用しない手はないと思います。
だって、折角他にもお客さんいたけど
バイキング利用したの自分ひとりだけだったんだもの。
勿体無さ過ぎる!

多分あとで店員さんのお昼になるんだとしても
これだけ工夫されてる料理の数々を素通りするのは
お店にもお客にも損だと、そう思ってしまいます。

公式フェイスブック
参考ページ

フェイスブックでは毎日バイキングのメニューが更新されています。
ぱっと見てちょっとでもヨダレが口の中に溢れた方は是非GO!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:カレー - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/596-a3cdebbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR