オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
【特撮イベント】大ゴジラ特撮展
01r_DSCF9043.jpg

今回も前回に引き続き
夏休み企画としてシュミの特撮系イベントのことを書きたいと思います。

ギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版ゴジラの公開中
池袋サンシャインシティにて大ゴジラ特撮展が開催されました。

副題はゴジラ60年激闘伝説。
そう、ゴジラが誕生してからもう60年も経っているんです。

怪獣映画というジャンルが既に過去のものとなった今再び
新しいゴジラが世界中でヒットするという事態は
怪獣ファンにとっては嬉しいニュースですね。

02r_DSCF8976.jpg

夏の池袋といえばウルフェス!
ウルトラマンフェスティバルと同じくのサンシャインシティでの開催とあって
当然の如く両方ハシゴしてきました。

03r_DSCF8977.jpg

まず表に控えているのは平成版のゴジラvsキングギドラに登場したゴジラザウルス。
太平洋戦争時に南洋の孤島に出現した
水爆の放射能で巨大化する前のゴジラという設定です。

微妙にアロサウルス的なバランス。

04r_DSCF8996.jpg

こちらも平成版のゴジラVSモスラ。
アングル下げて撮ると、ちょうど柵が手前の建物から
80メートルのゴジラを見上げるような構図になっていい塩梅です。

05r_DSCF9083.jpg

ウルトラマンの怪獣のスーツをイベントで散々見てきましたが
やっぱりゴジラはそれに比べて更に表面が緻密だし
めちゃ重そうです。

第1作目のゴジラは総重量100kgを越えていたそうです。
その重さが逆に巨大感を上手く表す作用をしていたという逆転の発想から
伝統的にゴジラは重そうに作ってるんですね。

逆にウルトラシリーズはいわゆる怪獣プロレスと言われるような
格闘の激しさを主眼に置いい軽量化を目指した作りに向かっていきます。

06r_DSCF9004.jpg

ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃のスーツ揃い踏み。

撮影不可のコーナーにはデストロイア版のゴジラや
モゲラ、スペースゴジラ、ベビーゴジラ、ミレニアムゴジラ、機龍
スーパーX2や5メートルサイズの自衛隊駆逐艦

その他昭和シリーズで使用された電車やヘリなどのミニチュアも展示されていました。

07r_DSCF9007.jpg

このバラゴンはめっちゃキュートですね。
こんな近くから撮れちゃう。

本編でもゴジラに全然歯が立たないながらも
懸命に自分の役割を果たそうと奮闘する姿が健気でよかったです。

ちなみにゴジラとの大きさの対比をつけるために小さく造形され
中に入ったスーツアクターは女性だったそうです。

08r_DSCF9012.jpg

護国三聖獣とかいう設定のため
宇宙怪獣ではなくゴジラから地球を守る聖獣の一体となった
金子版キングギドラ。

おかげで凶悪感が薄れ、伝承上の龍のイメージに近づけたデザインになっています。

もっとも、本来検討段階の脚本では三聖獣はバラゴン、バラン、アンギラスの三匹の予定だったそうで。
話題性に欠けるという理由でボツになったんですが、そちらで見たかったなぁ。

09r_DSCF9014.jpg

怪獣マエストロ品田冬樹の手によるゴジラは
ミレニアムゴジラが爬虫類の獰猛さを前面に出したデザインに変わったのに対し
初代のゴジラに近づけたデザインに戻しています。

そしてこのゴジラ重量感も増し
自力で立てないので土台を設えてあります。

10r_DSCF9015.jpg

初代に近いとはいっても、やっぱり全然違いますね。
太平洋戦争で死んだ人たちの怨念の集合体という設定なため
白目だし、相当な無慈悲っぷりを発揮したゴジラです。

11r_DSCF9018.jpg

モスラもより昆虫感が強くなっていますね。

12r_DSCF9032.jpg

こちらは東宝におけるゴジラシリーズ最終作
ファイナルウォーズの怪獣たち。

13r_DSCF9038.jpg

まさかのヘドラ復活。
よもやこんなマイナーな怪獣が再びスクリーンで見られるなんて!と狂喜しましたが
昭和でゴジラを散々苦しめたヘドラが瞬殺される様は逆にギャグとして突き抜けていました。

14r_DSCF9042.jpg

X星人の最終兵器モンスターXと
ファイナルウォズ版ゴジラ。

それまでのゴジラとは大きく違い軽量化された
一回り小さい俊敏な動きを可能としたスーツで
この2匹の戦いは怪獣プロレスどころか怪獣カンフーの域でした。

15r_DSCF9062.jpg

空の大怪獣ラドン。
白目だけど結構愛嬌のある顔してます。

16r_DSCF9063.jpg

デモニックなクリーチャーを得意とするイラストレーター、韮沢靖のデザインによるガイガン。
初代のガイガンもかっこよくて大好きですが
韮澤版も凶悪さに拍車がかかってカッコよくて好きです。

17r_DSCF9110.jpg

ファイナルウォーズ版のアンギラスは犬っころみたいなまぬけな顔立ちがキュートです。
ラドン、キングシーサーと三匹がかりでゴジラに挑んだけどあえなく玉砕。

18r_DSCF9078.jpg

やっぱり間近で怪獣が見られるのはいいなぁ。
もうそれだけで幸せです。

白髪のおじいちゃん達が思い出話をしながら回っていたり
子供はもちろん、女性がカメラ構えて怪獣を克明に撮っていたりと
対象年齢層の広さを感じました。

開催期間ももうそろそろ終わり、17日までになります。
子供の頃の脅威と憧れの対象に会いに行ってみるのは如何でしょう?

イベント公式ページ

さて今回のギャレス版ゴジラですが
個人的にはすごく楽しめました。

CG技術の発展は元より
60年の間に世界が多くの災害と戦争を経験し
それを作り上げて映像化する手腕にも長けてきた
今だからこそ作れる怪獣映画が見ることが出来たのが何より嬉しい。

CGでどんな映像にも新鮮味がなくなってきた今
怪獣映画っていうのはハリウッドの救世主足りうるかもしれません。

初代のゴジラの持つシリアスなテーマも引き継いではいるものの
むしろ昭和後期のぼくらのゴジラを再現しようとしているのが
個人的にはツボでした。

東宝の平成ゴジラは一貫して破壊王でしたがもう飽きました。

日本人が作る限り初代の呪縛からは永久に解き放たれることはないだろうし
キングギドラやガイガンと戦った頃のゴジラが見られるのは
むしろ嬉しいのです。

事実次回作はモスラ、ラドン、キングギドラが出るという話ですし
今からもうめっちゃ楽しみです!

次回はウルフェスのことを書いて夏休みシュミ特シリーズを終えたいと思ってます。
Bグルネタに戻れよ!とおっしゃる方もおられるかもしれませんが
まぁ、暫しお待ちくだされ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ゴジラシリーズ - ジャンル:映画

コメント

映画ゴジラ観に行ってきました!
昭和初期のファンとしては見過ごせないと…
白髪頭の同輩が多かったのには笑えました。(笑

次回作 期待してしまいますね、出来ればモスラの幼虫に出演して頂きたい!
[2014/08/16 12:51] URL | いその爺 #- [ 編集 ]


2018年公開だそうですから
それまでは白髪頭のご同輩共々に壮健でいなければいけませんね(笑)
[2014/08/16 19:41] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


ちょっと前にBSプレミアムで2週間ぐらいゴジラの映画特集を組んでしましたね (^-^)

[2014/08/18 08:03] URL | 小径のヌシ(^-^) #SFo5/nok [ 編集 ]


見てました(笑)
地上波やケーブルでいろいろ放送しまくっていたので
録画用のディスクを買い込んでゴジラ漬けの日々を過ごしてます。
[2014/08/18 20:19] URL | ミサイル超獣 #gpPih1yM [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/650-e9768c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR