オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
新大久保(百人町)、ネパール居酒屋モモのネワリ・カジャ・セットほか
r_DSCF9784.jpg

新宿界隈で集まってる連中と合流して夜食べようという話になりました。
前もって時間、人数が分かってるならウィグル料理でも食べたかったんですが

ギリギリまで予定が流動的だったので大丈夫そうなお店に、ということで
新大久保のネパール居酒屋モモに決まり
予約の時、日本語の聞き取りにちょい不安があったけど
ちゃんと席用意してくれてました。

ビールは瓶が小さいから1本ずつ頼んじゃえ、ということで
左からネパールアイス、ゴルカ、リアルゴールドです。

最後の、栄養剤と間違えてしまいそうな名前ですが
ちゃんとしたネパールのビールです。

2瓶ずつ頼んだらこれオマケだよー、とゴルカ追加してくれて
サービスいいな!と感嘆するも
実はゴルカ2本頼んだら1本オマケするよ、と壁に英語で書かれたポスターが!

何だ、特別じゃなく通常サービスだったのか。
と、いいつつこの後も追加のビールはゴルカに。

個人的にはネパールアイスが一番美味しかったと思ういます

r_DSCF9785.jpg

ビールにあうつまみをちょろちょろと
これはスクティ、羊のジャーキーを野菜と炒め和えしたものです。

ジャーキーというからカチカチかと思いきや
充分脂ののって柔らかい部分もあったりします。

メンツの半分はテーブルトークRPGで遊んできた帰りのこともあり
「冒険者って火が使える時は保存食こんな風にして食べてるんだろうな」なんて話題が出たりします。

多分中世ヨーロッパベースのファンタジーならスパイスは貴重品だろうから
塩のキツい肉をスープのダシにしつつ、乾パン浸して食べてるんじゃないかな。

本式ネパール料理なので少し塩の強いカレー味。
パクチーやニンニクの風味に、噛みしめると羊の脂が口に広がっていい感じ。

r_DSCF9786.jpg

こちらはブトゥワ。
羊の内臓の炒め物です。
軽く揚げるようにして調理してあります。

腎臓なんかも入っていて
その辺は結構クセキツいけど
ビール飲みつつのつまみには丁度よさげ。

r_DSCF9787.jpg

こちらはインド・ネパール料理店でもお馴染み
中華の影響を受けて作られたネパール式小龍包のモモ。

ちょっと辛いゴルベラアチャールに漬けて頂くのがネパール流ですが
鶏の挽肉の旨味の詰まった餡にもクミンの風味が効いてます。

r_DSCF9788.jpg

ネパール式の前菜盛り合わせ的なネワーリ・カジャ・セット
でも実はカジャというのはティータイムのおやつのことを指すそうです。

ネパールは1日2食だけど
それとは別に2、3回お茶と一緒にこんな感じのおやつやモモを食べるそうです。

てことは酒と一緒に晩飯に食べるのは向こう流とは違うことになるんだ?
でもつまみにいい感じの取り合わせです。

手前からダイコンの漬物ムラコアチャール
左真ん中はこれも羊のスパイス蒸しマリネ

どちらも美味しいんだけど
大分調味がかぶってきているので
口の中がカレー味で充満中。

奥はバトマスサデコ
これも豆の和え物なんですが
パリパリの食感は完全に節分の豆です。

しかし食べてみるとこれが
今まで食べたどの料理よりも…辛いっ!!

しかしこの辛さは……唐辛子でも山椒でもない。
ニンニクだっ!!

この辛さはパタンどころじゃないよ、と久住昌之みたいな台詞が出てしまいます。

子供の頃から慣れ親しんでいる食べ物に異質な味つけがついてると
結構ビックリしますね。

右の丸いのはバラ。
エミネパールではネパール風お好み焼きと説明されていてふんわりしていたんですが
こちらのは結構もっちり。
コロッケと大根餅の中間のような出来でした。

下の白いのはチウラ、干飯です。
半蒸しした玄米を乾かして臼脱穀機で平らにつぶした物です。

日本人の知る米とはずいぶん勝手が違いますが
これがパリパリとした軽い食感が美味しく、結構イケます。

だけど予想以上に量が多くてハラ膨れますね。

r_DSCF9789.jpg

こちらはパングラ。
砂肝の炒め物ですが、スクティと完全に味が被ってます。
そして結構しっかり火を通してるんで
砂肝特有のコリコリ感よりもカチカチ感強し。

r_DSCF9790.jpg

こちらはエッグバラ。
先程のバラを卵と一緒に焼いたもの。

目玉焼きの底のパリパリを積極的に味わいとして取り込んでいるのがまた不思議。
ほかの国だと敬遠されるよねぇ?

r_DSCF9791.jpg

〆のカレーということでまずはアル・ボディ・タマ・カレー。
じゃがいもとササゲ豆と竹の子のカレー。
ササゲ豆というか、これも節分の豆の煮込みっぽい。

しかしこのカレーの特徴は竹の子を発酵させたものを調味に使っている点。
メンマのようなクセのある風味が結構ウマいんですよ。

r_DSCF9792.jpg

マトンカレー。
肉は赤身でなく骨まわりの
脂ののったゼラチン質を含む部分の肉を煮込んであるので
羊の味も一層のっています。

ちょい塩気強めで、植物系油脂を使っていない
さらりとしたカレーだけどこれがまた美味いんですよ。

r_DSCF9793.jpg

スパイスの効いたスープに浸して柔らかくなったご飯と
骨からこそげる様に食べる肉がたまりません。

r_DSCF9794.jpg

カレーと一緒に頼んだご飯の量が多かったので
じゃあもう一つカレー頼もうよ、と注文したのがこちら
アル・チャナカレー。

見た目はさっきのアル・ボディ・タマと見分けつきませんが
豆は黒ひよこ豆を使っていて竹の子は入っていません。
さっぱりしたスープにぽくぽくの豆満載です。

というわけで

普段食べているインドのカレーや料理と似ているようでいて
実は結構違った味のネパール料理での宴会でした。

結構飲み食いしたと思っていたけど8人で会計1人頭2500円ちょい。
安いな!

まぁ、基本的に辛めのものばかりで
箸休め的な料理に欠け気味ではありますが
ビールと一緒の飲み食いには非常にいい料理ばかりでしたよ。

参考ページ

下のハラール食材店では、店員のネパール人とお客さんの黒人が日本語で会話していました。
両者の意思疎通に一番手っ取り早いのが英語でなく日本語だというあたりが
この界隈の面白いところだなぁ。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ネパール料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/667-49db8116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR