オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
伊勢佐木長者町、エルニョスキのフィデウア他
DSCF5186_R.jpg

※閉店しました。

黄金町から阪東橋にかけてのうらぶれた町並みにひっそりと出来たスペインバル。
流行りから当時も名ばかりのバルが乱立していた時代
ここもそんなモンなんでしょと思ったらこれが大間違い
本格的でレベルの高い料理を出すと聞いて
気になったものの未訪のままはや7年……もうそんなに経つのか!

時が立つのは早いもんです。
最近ようやく友人を引っ張り出す機会を得たので
積年の食欲を晴らしに出かけました。

DSCF5181_R.jpg

まずはタパス5品盛り合わせ。
手前からシコイワシの酢漬けにカルターニャ風焼きナス。
どちらもさっぱりしてて美味いです。

真ん中のハモンイベリコは固めかなと思ったけど意外にやわらか
ワインとあいます。

DSCF5180_R.jpg

ぐるっと回ってコロッケ。
普通のコロッケとクリームコロッケの合いの子の様な食感。
中に刻んだハムが入っていて、その濃い味がいいアクセントで美味しいです。

そしてジャガイモのアリオリソース和え。
これマジでうまい!
ソースがいい!
ジャガイモによくあって美味いです。
もしアスベルがここにいたら「長靴一杯食いたいよ」って言ってると思います。
そこまでいかなくても1人で3人前くらい食いたいわこれは。

DSCF5182_R.jpg

後にくる煮込み料理を十二分に味わうために前もってパンコントマテ追加注文。
一見ジャムトーストですが
擦りおろしトマトとオリーブオイルを塗ったバゲットです。
もちろんソースを拭うためのマストアイテムです。

DSCF5184_R.jpg

ハチノスの煮込み。
直方体にカットされた内臓ももうトロットロ。
バゲット浸して食べるのもうまうま。

DSCF5185_R.jpg

ヨーロッパの酒場では定番の料理、鱈のフリット。
さくさく柔らか。
カルターニャ風のソースがまたいい味です。

DSCF5187_R.jpg

ショートパスタのパエージャ、フィデウア。
噂に聞いたコイツを食べに来たんですよ。
濃厚な魚貝出汁の味はここでしか味わえないと伝え聞いたので
いつか食いたいと思ってたのです。

この醤油のような濃い茶色のルックスが美味くないわけがない!
てか、見た目ほとんど焼きそばですけどね。

たまたまハマグリがきれているのでエビ2種になります。
いいよー、いいよー心ゆくまでエビ味わえますもの。

DSCF5188_R.jpg

1人用の皿に盛るといっそう焼きそばの様な色。
さてお味は……。

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 おれは スペインバルで パエージャを 食べていたと 思ったら
 いつのまにか 中華焼きそばを 食べていた

 な… 何を言っているのか わからねーと思うが 
 おれも 何をされたのか わからなかった…」

いやいやいや、断じて安っぽい味ってわけじゃないんですよ。

こ……こんなに濃厚な海老ミソの味は…今までに味わったことがない…
火を通した海老の頭をひらいてむしゃぶりついた時のような濃密な味が
麺の一本一本ひとつ残らず全てから感じられるッ!

こんな濃厚な味にするためには、いったいどれだけの
海老の頭をひらいて作ればいいんだか、全く見当もつかねーぜ!!

だがッッッ!
本当にスペイン料理にはこんな味が存在するというのかッッッッッ!

しいて言うなら
上海ガニのミソを使った焼きそばに感覚は近い。
だが、こんなにもッ、こんなにもッ、こんなにも濃密なミソは
生涯味わったことがねぇ!

そもそもうまみ、って概念を持ってるのは日本人だけだ。
中華には概念はなくともそれを操ってみせるだけの深い歴史と多様性がある。

だが西洋料理にもこんなにも濃厚なうまみを感じる料理があったなんてよォ!
俺は改めて世界の広さに感動を禁じ得ねぇよジョジョ!

なんか納得のいかない気持ちはあるんだ。
納得はいかないんだがあまりにうますぎるッッ!!

うますぎて幸せすぎて脳内麻薬で顔がトロトロになっちまうーー!!

そしてこのコンニャクみたいな四角い塊は一体何なんだ!
しいて云うなら……イカなのかこれはッ!
イカがこんなにも柔らかくなっちまうなんて!

まさかここの主人、新手のスタンド使いかっ!

ゴゴゴゴゴゴゴ

はっ!

あまりにも美味すぎて
頭の中が億泰とポルナレフとシュトロハイムでごっちゃになってしまいました。
ジョジョ知らない人にはごめんなさい。

しかし料理1つでこれだけアタマおかしくできるんだから
十分元はとった上におつりまで来たというものです。

ここのパエージャ類は1人で注文できるような値段じゃありませんが
いい店なら値段の高い料理は
高いだけの理由があるということを改めて感じました。

素晴らしすぎます。
ブラボー! おおブラボー!!

DSCF5191_R.jpg

脇のテーブルに置いてあった調味料ですが。
もうラー油にしか見えません。

r_DSCF5221.jpg

夜1人で外食したりする習慣はないのですが
通ってしまいたくなる誘惑にかられます。

そうそう外食費用をひねり出す余裕もないんですが
がんばって稼ごう。
おいしいもの食べるために。

公式ページ
参考ページ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:スペインバル - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/68-95a4da76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR