オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
浅草、モンティのカイヨーマー・ガパオクロッとポッピア・ホンテー
r_DSCF0549.jpg

ソラマチでウルトラマンのイベントがあると京急のつり広告で知り
おもちゃ屋巡りと併せて行ってこようか、と突然朝思い立って出かける。

昼は…前に師兄が浅草駅前地下にディープなタイ料理屋があるって言ってたのを思いだして
そして確か向かいにベトナム料理屋があったハズ。

それからベトナムフェスでお馴染みのクロープクルアも浅草駅前だったな、と思い出して
そこまで考えるともうワクワクして、居ても立ってもいられず京急に飛び乗りました。

けど……行き当たりばったりだったんで、場所の確認してなかったんだよなぁ。

フツーの人はケータイ端末持ってるから出先で調べてもいいんだろうけど
私未だに持ってないんですよね。

当のタイ料理屋モンティは見つけられたものの開店時間に既に行列。
お向かいのベトナム料理のオーセンティックは臨時休業。
ここにたどり着く前にクロープクルアを探してたんですが見つからず。

この後探し回っても見つからなそうな気がしたんで
諦めて行列の椅子に座ることにしました。

r_DSCF0541.jpg

しかしまぁ、こんな場末感の強い立地だとは思わなかったなぁ。
銀座線の改札一角から伸びた地下道の中なんですけど
結構外は涼しいのに地下道の中めちゃ暑いんですよ。

ラーメン屋に居酒屋食堂等の排熱が外に抜けなくてこもっちゃってるのね。
改装なんて余地のない昔ながらの地下道内にひしめく食堂。
ここだけ昭和40年代にタイムスリップしたみたいです。

そんな空気の中に、更にタイの雑居ビルから
そのまんま来たみたいなお店が入ってるんだもの。

ここは昭和であって同時にタイでもある
時空の吹き溜まりのような異世界なんです。

r_DSCF0542.jpg

屋台のロースター見本みたいなのが置いてあります。

ともあれ、プラスチックの椅子に座りつつ
回されるメニューを眺めて食べるものを考えつつ
気長に待ちましょう。

タイの単調な音楽がエンドレスで流れてて
暑くて、トランス状態に入ってしまいそうです。

r_DSCF0544.jpg

開店して最初の客が丁度埋まった状態から5人目くらいだったけど
結局1時間近く待ちました。

でも、待ってる間に注文済みだったので
席に着いてから10分もせずに料理来ましたよ。

しかし、こんな立ち食いそば屋の厨房くらいの規模で
よくも先程のメニューにあるようなディープなタイ料理を作りあげちゃうもんだなぁ。

r_DSCF0546.jpg

先に来たのはポッピア・ホンテーという海老のすり身と挽肉の揚げ物です。
ホントはガパオっぽいものだけのつもりだったんですが

1時間近くも待って麺飯1つだけも寂しいし
その麺飯が辛かった時の逃げ場も作っておかねば、と思ったので。

r_DSCF0547.jpg

パリッパリの揚げたて衣の中は柔らかいすり身。
これがエビの風味がキッチリ出ててめっちゃ美味しい!

こんな美味しいすり身揚げ食べたの初めてかもしれない。

テーブル備え付けのナムプラーつけると美味しいけど
つけると海老の風味が弱まるので
何もつけない方がいいと思います。

小皿に盛ってあったソースはスイートチリソースかと思いきや
蜂蜜ソースです。
甘いんだけど、これは後で来るメシの避難場に残しておくのに丁度いい。

r_DSCF0552.jpg

一見ガパオご飯とそんなに変わりないように見えるカイヨーマー・ガパオクロッ
揚げガパオ炒めと書いてありますが
これはピータンとホーリーバジルを揚げたものが入っています。

素揚げしてパリッパリのホーリーバジルも結構美味しいもんですね。
風味の出方がまたちょっと違っている。

r_DSCF0551.jpg

こういう色が濃いめに出たガパオって好みなんですよね。
あっさりした鶏肉より辛みも味もしっかり乗った豚肉ガパオは最高に美味しい。

r_DSCF0554.jpg

この黒いのがピータン揚げなんです、と言ってもよくわからないか。
火を通すことで強いクセは引っ込んでますが
やっぱり普通の卵とは歯触りがぜんぜん違います。

しかし……食べ続けていると、やっぱり辛い。

一口一口はそんなに辛くはないんだけど
じわじわと効いてきます。

やはりタイ料理だなぁ、と実感します。

お隣のお一人のお姉さまは辛いよと念を押されたバミーモンティという
多分カオソーイのオリジナル版と思われる料理を召し上がってらしたんですが
余りの辛さに茫然とトリップしているかのような様子でした。

私は何でカオソーイ頼まなかったかというとですね。

待ってる間、油と唐辛子の香しい香りを背中に感じていたんですが
それともう一つ。
もの凄い芳しい香りが時々漂ってきていたんです。

炊飯器開けた時だったんですね、それ。
日本の食堂で使っているのと同じような大型の炊飯器だったんだけど
開けた瞬間、ジャスミンライスの香しさがむわっ、と溢れ出していたのですよ。

そりゃ、メシもの頼むしかないよなぁ、と。

r_DSCF0555.jpg

二品だけだったけど、ボリュームがあって辛くて、すっかりおなか一杯になりました。

写真を見てわかると思いますが
もの凄いお店だったなぁ、と改めて思いました。

近場のJ's Storeも凄いけど
ここはその遥か先を行ってるなぁ。
ホントにここは異空間だもの。

タイ料理がお好きな方は、ここは絶対行ってみるべきだと思います。
しかしそんなお店がなんで浅草の地下にあるんだろう?

参考ページ

但し、辛さの方もかなり容赦ありません。
知らないで入ると大変なことになると思います。

ちなみに私も食べてから4時間後に胃腸がかなり活性化いたしました。
食べる生薬のタイ料理…やっぱり効くなぁ。
食べた後に緊急避難場所が確保できないところに行くのは避けた方がいいと思います。

そしてこのお店に限っては
「辛いですよ」とお店の人に言われた場合
本場のタイ料理に相当の耐性がある人以外は
虚勢を張らずに「控えめで」とお願いするべきかと思います。

「本場通りに」とか「辛くして」と言った場合どんな地獄を見ることになるか…

しかし…また食べに行きたいなぁ。
道連れ連れて夜行きたい気もするけど
ここはマジで人を選ぶと思います。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:タイ料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/715-19b3a680
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR