オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
真砂町、三熙のトマト焼きそば
r_DSCF0742.jpg

関内駅前セルテ6階の食堂街は関内という繁華街の駅前ビルであるにも関わらず
田舎のジャスコ(…って今はもうないんだっけ?)の食堂街的な
ちとうらぶれた雰囲気があるんですよね。

でもそんな雰囲気の中にベトナム料理のモティティ、タイ料理のボァトゥンという
結構な実力店が控えてたりするから侮れない。

そしてもう一つ
ちょっと気になっていたお店がありました。
中華料理の三熙です。

r_DSCF0741.jpg

見た目、どちらかというとうらぶれた、のカテゴリーに加わりそうな
一昔前の中華料理屋さんな空気なんですが
これが意外な実力店だったりするみたいだからまたわからないもんで。

酔華さんのところで書かれてたトマト焼きそばが美味しそうだったので
試しに寄ってみた次第です。

r_DSCF0743.jpg

昔ながらの中華スタイルではあるんですが
素性の良さっぽいものは見た目から滲み出てる……ような気がします。
ざっくりやっているようでいて、やはり昔慣らした腕前は誤魔化せない、的な。

重慶飯店の料理長をしていた方が料理人だというのもなるほどな、と感じます。

お味の方も
昭和の中華の味でありながらも地味に味わい深い。
そしてちゃんとトマトの旨味が中華の味と馴染んでいて美味いです。

r_DSCF0745.jpg

中華もトマトもどちらもわかりやすい味だけに
注意しないとただ安っぽい味になりがちなんだけど
美味しいんですよこれ。

中華風のタマネギやニンニクの味とトマトの酸味がマッチしてる。
生のトマトも使ってあるけどぜんぜん違和感なく馴染んでいます。

そしてお値段のわりにぷりぷりのエビがたんまりで満足感も高し!

麺は昔大衆中華料理で頂いた焼きそばと同じくの細いもの。
あんまし好きではなかったハズなんだけど
やっぱりいい料理人の腕にかかると美味しいもんなんだなぁ、と再確認。

r_DSCF0748_201410141550135fe.jpg

参考ページ

参考ページには「食べログ評価はそんなに高くありませんが」と
お店自らかなりザックリ書いてるな!

「ホールスタッフはサバサバしたお母さん達の接客ですが」とも

はい、確かにざっくり過ぎて大丈夫かなぁ?とちょい不安になりましたよ。
でもこれ、中国本土の接客態度だな。

そう理解してみればなんてこたぁないんだけど
初めての人は面食らうと思います。

味の傾向も、昨今のエッジの効いた華やか?な中華に比べると
昭和風の地味な傾向であるのは否めませんが
町中中華の叩きあげともまたちょっと違った腕が味わえるお店です。

そんなお店なんで、年配の方連れてくと喜んでもらえるんじゃないかと思います。
ああ、こういう中華が食べたかったんだよ、って顔ほころばせてくれるんじゃないいかな?

余談ですが、店名のあまり見かけない「熙」の字は
主に人名に用いる字で、輝くとか喜ぶとかの意味を持つらしいです。
輝、嬉、起などの字に当てられてるんだとか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/722-4f623b1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR