オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
福富町仲通、キャンドゥのチェロケバブクビデ
DSCF5266_R.jpg

※閉店しました。

夜営業のお店に入ってみよう大丈夫怖くないシリーズ(なんだそりゃ)
ネットで調べてみて気になっていたペルシャ・トルコ料理のお店キャンドゥです。

時々チャンスを伺ってみたけど開いてなかったり
それが何度かあると余計に気にかかってしまうというもの。
そうか、焦らしプレイか…やってくれるじゃないのさ、うふふのふ。

ということでようやく開いてるのを見たのでささっと入ってしまいました。
ミルコ・クロコップを半年くらい温泉につからせてふやけたようなおっちゃんがお出迎え。
看板には2010年日本国際料理大会チャンピオンの店とか書いてあるけど…
中華街の新華僑のお店の煽り文句かよ!

DSCF5262_R.jpg

さて……何食べようか……メニュー見ても何が何だか…。
やっぱりケバブ系が多いようだけど
あんましお目にかかれない煮込み系の料理も捨てがたい。

散々悩んでるとおっちゃんが「お客サン、ハジメテ? ならコレがオススメよ」
と、セットメニューのチェロケバブクビデというのを勧めてくれました。
ゆっくり悩みたい気分もあったのですが
見た感じ料理一筋こだわりぬいた、というよりは
ゆるそうなお店な雰囲気もあったので
ここはささっとお勧めに乗ってしまうのが吉かなぁ、と思いそれを頂くことにしました。

「飲み物ドウシマスカー?」とお酒、ソフトドリンク系を列挙します。
正直酒飲み物より食い物!なので水で、と答えました。

……500ミリペットボトルのミネラルウォーターが出てきました。
そう来たかっ!!
まぁいいか…。
後で当人も冷蔵庫からペット出して飲んでたし
海外が長い方なんでしょうなぁ、多分。

実際料理人として各国を転々として、日本に来る前はドバイにいたとか。
また余所から誘いがあるので、こっちの店はイランの家族を呼んで引き継いでもらおうと思ってるとか
そんな感じらしいです。

DSCF5265_R.jpg

「今日サムイからネ~」とサービスでスープを頂きました。
トマトベースのハーブの効いたスープです。
ニンジンやらネギやらエノキやら大麦やらが入ってします。
エノキって向こうでも食べるんだ?
調べたらイランでは普通に食べるみたいです。
ほほー。

DSCF5267_R.jpg

ごはんは水少な目にぱっさり炊いた山盛りインディカ米。
乗っけたバターはさーっと溶けたので混ぜて頂きます。
いやこれが結構ウマイ。
日本の米と全然違う食感が、外見のこともあってか、しらす食ってるような気分に。
バターも悪い感じはしなくてちゃんと馴染んでます。

DSCF5270_R.jpg

さて、お肉の方は羊の挽肉の串焼き。
これがまた面白い食感です。
えらくきめ細かい挽肉でやわらかくて
でも、加工していない肉の様な食感もあって
チキンナゲットを羊で作ったらこんな感じになるのかなぁ、的な。
いい焼き加減で香ばしく、いい油が出ててもうホントにうまい。
値はそれなりにしたけど一人でたんまり食べられるのが嬉しい。

まぁ
メニューに出ていたみたいにごはんにはサフラン使ってないし
肉の皿ににはピクルス乗ってないし…食べログの写真だとただのキュウリだったみたいだし。
水はコップなしでペットのまんま。

料理店らしい細やかな気配りはあんましないお店なんですが
でもそこいらへんが向こうの普通の店っぽい…。

いや、実際に行ったことがあるわけじゃないけど
そう思っていた方が気分的に都合がいいから、そう思っておくことにします。

店主は後に訪れた友人しらき方と一緒におしゃべりしつつごはん食べてます。
料理一筋というよりは、いろんな国を渡り歩くのに
料理が出来ると都合がいいからそうしてきた、的な感じもします。
それだからこその面白い店、と割り切って楽しめる人にはお勧めします。

とりあえず、料理がわからないと悔しいので
メニューの料理を自分なりに調べてみました。

メニュー写真も再掲しておきましょう。
DSCF5262_R.jpg

ジュジェケバブ → 鶏の串焼き
ケバブゴールガンドム → 調べてもわかりませんでした。見た目はパプリカと一緒の串焼きみたいですね。
ケバブチェンジ → 多分綴りはChenjehが正しい。
            イラン語を無理やり英語にして更に日本語で書いてるのでワケわからんのですよ。
            ラムチョップらしい。
ケバブバクティアリ → 多分バフティヤーリーのこと。イランの遊牧民風ってことなのかな。
              見た目チキンと羊の合わせっぽい
ケバブネギニ → 挽肉と鶏で巻いた串焼き。
ケバブバーグ → 羊ヒレ肉。
ケバブロレット → 不明。見た目丸いからルーレットのように丸めた肉、かなぁ。

カツレツ → 多分カツ。
シャンディズ → 骨付き牛肉のステーキ
キョフテタバリージ → キョフテだから肉団子。タバリージは人名でヒットするので何々風、の意味かなぁ。
モージェベリアン → モージェは鶏。ベリアンも人名でヒットするので同様かな。鶏の丸焼きですね。
ミールザーガーセミー →ナスの炭火焼ペーストガーリック風味。
バギャリポロ → バガリポロ、イランの炊き込みご飯。
シェカムパレ → 不明。見たまんまナスの肉詰めかな。
ドルネケバブ → ドネルではありません。ドルマ。ピーマンの肉詰め。

25番以降のチェロは正しくはChelow。ペルシャのライスらしいです。ご飯セットって認識でいいかと。

ゼレクシュポロバーモルグ → 鶏肉の炊込み御飯
バギャリポロバーマヒシェ → スネ肉の辛い煮込みと炊き込みご飯
コロシュテゴルメサブジ →ゴルメサブジはハーブシチューのこと、コロシュテは不明。
コロシュテカラフス → 牛肉と葉野菜(あるいはセロリ)の煮込み。
ゲイメバデムジャン → ゲイメがシチュー、バデムジャンはナスらしいです。

ペルシャ料理のサイトやら英語のWikiやら検索しましたが
今はこれが精一杯です。
大量にあるケバブがどの程度違うものなのかはさっぱり。
次は煮込み食べたいな。

DSCF5271_R.jpg

が、長いこと営業してないかもしれません。
次来た時はお店がなかったりするかもしれない。
でも旅先で入ったお店のように、2度と入る機会はないかもしれなくても
出会ってよかった、面白かった、美味しかった。
そんなタイプの店じゃないかなと思います。

福富町裏道にひっそりとあります。
おしゃべりな主人がいろいろ面白いお話聞かせてくれるかもしれません。
気分だけでも海外旅行、なお店です。

参考ページ
しかし店名はCANDUなのかCAN DOなのかどっちだ!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:世界の料理 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/73-d81e25ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR