オナカスイタ
食べたいときに食べたいものを食べ、書きたいときに書きたいことを書く駄ブログ                          主に横浜周辺の外食やらフードイベントのこととか
中華街、許厨房の黒椒鶏排
r_DSCF2037.jpg

中華街で上質な台湾寄りの中華料理が頂ける許厨房
ちょい前の話ですが、またランチの時間に伺って来ました。

平日2時までに間に合わない時や
土曜に中華街に行った時などには重宝します。

r_DSCF2038.jpg

サラダのドレッシングはあっさりめ。

スープは白菜と卵が入っている澄ましスープなのはよくありますが
わりかしいいダシが出ていて美味しい。

キチン質のかけらがちょっと入っていたから
カニでダシとってるんじゃないかな。
身はなかったけど、それでもいいお味です。

r_DSCF2040.jpg

さて黒椒鶏排はチキンステーキと但してありましたが
どちらかというと見た目はユーリンチーですよね。

揚げた衣でしっかり覆われていて
醤油ダレと野菜の敷かれた皿に乗っているあたり。

でもタレに油も酢もほぼ使っていないようなので微妙に違うのですよね。

それに厨房から聞こえてきた調理しているの音は
ジューっとフライパンで鶏を焼いている時のものでした。

ステーキのように焼いてから衣つけて揚げてるのかな?

同様に酔華さんもポークステーキと書かれた魚香猪大排を食べてきたそうで
中華圏では排骨をステーキと言うんでしょうかね?
謎です。

r_DSCF2043.jpg

パリパリに揚がった衣にネギ、ニンニク、胡椒を加えて更に香ばしく
鶏モモもいい塩梅に火が通っていて
ガンガンご飯がすすむ素晴らしいおかずです。

こういう料理って屋台や安食堂のようなチープさも味のうちって印象なんだけど
こちらの出来栄えはなんか何処となく上品なんですよね。

味のバランスがいいのかな?
揚がり加減?

そう印象づける要因がどの辺にあるのかよく分かりかねるんだけど
でもそう感じます。

r_DSCF2044.jpg

自分の知ってる台湾料理は屋台よりのものが多いので
こういう味は貴重かなと思います。

参考ページ

一押しメニューに牛肉刀削麺がありましたが
こちらのお店はもともと麺は普通の中華麺です。

能書きによると
この料理の主役は麺でなく牛肉の方で
それを一番美味しく頂けるものを求めて刀削麺に至った、とありました。

気になるなぁ。
刀削麺なんて強力なものを使っていながら主役でない、と。
今度来た時はそちらを頂いてみようかな。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:中華 - ジャンル:グルメ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://onakasuita99.blog.fc2.com/tb.php/807-763aac34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ミサイル超獣

Author:ミサイル超獣
横浜在住のいやしんぼ
80年代の洋楽や
特撮が好き
記事一覧表示はコチラ



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



カテゴリ



最新トラックバック



FC2カウンター



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR